5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

練習方法について、アドバイスください。

1 :STR:2001/07/01(日) 02:01
はじめまして、私はママさんバレーのコーチをしています。
まだ駆け出しなので練習方法のことで、皆さんのアドバイスをください。
 レシーブフォーメーションの時の前衛のカバーリングとブロッカーの
練習で、なにかいい練習方法ありませんか?

2 :名無し@チャチャチャ:2001/07/01(日) 05:12
チーム自体がどのくらいのレベルで
また、あなたがどの程度の知識と経験を持ってるかで
アドバイスなんちゅうもんは違って来ますので
先ず状況を知らせないとレスが集まらないと思います。

3 :名無し@チャチャチャ:2001/07/01(日) 05:22
>>1
全裸練習

4 :STR:2001/07/01(日) 18:39
情報を追加します。
チームのレベルは地域では中の上くらいで、メンバーの9割が経験者です。
 チームスタイルは、オフェンスでは、ライトオープン1枚、クイック1枚、セミ1枚
レフトオープン(平行)1枚のレフト攻撃が主体です。
 レシーブは、相手のストレートアタックをブロックで潰しておいて、クロス方向に
打たせてレシーブの上手い選手が拾うというようにしています。
私の方は、セッター出身で中学までしかプレーはしていませんでした。

5 :名無し@チャチャチャ:2001/07/02(月) 14:54
9人制の場合、中衛の選手がラストの3つめのボールを相手コートに返すとき
チャンスボールで返しがちですが、余程乱れていない限りオーバーハンドで、
ドライブをかけて返すべきです。
ママさんバレーにおいてはポイントゲットに繋がる有効な武器になります。

6 :名無し@チャチャチャ:2001/07/02(月) 15:00
アンダーでパスの練習の際、2人ともアンダーでやってませんか?
アンダーは、位置の悪いボールをあげる技術なのですから
アンダーであげたボールは、オーバーで受けるというやり方に切りかえないと
実戦で仲間の選手のいい位置に送ると言う基本概念が希薄になり悪影響です。

7 :名無し@チャチャチャ:2001/07/02(月) 15:07
味方の選手がアタック、ブロックをする際には
その選手を中心にした円の円周上に必ず入り、
そしてそこで必ず一回しゃがむという練習が効果的です。
低い姿勢を取るというフローが身に付きます。

8 :名無し@チャチャチャ:2001/07/02(月) 15:09
サーブカットをする選手は予め決定しておくべきです。
そうする事により、アタッカーは攻撃に、他のレシーバーは
三手先のレシーブに備えられるからです。

9 :名無し@チャチャチャ:2001/07/02(月) 15:13
ママさんの場合、体力と時間の制約がありますので
いかに複数の意味合いを兼ねた一回の練習をするかと言う発想に
切りかえれば、自ずと練習法は見つかる筈です。

10 :STR:2001/07/02(月) 22:27
>>>5 ありがとうございます。 ちなみにラストボールは、後衛の選手か、
よほど乱れない限りオーバーで返すか、打ち返すようにしています。

>>>6 ありがとうございます。 基本練習の一つとして参考にさせていただきます。

>>>7 ありがとうございます。 アタックフォロー・ブロックフォローにおいて、
その選手を中心に円形の守備をとる事はしています。 ただブロックの吸い込みや、
一度ブロックに当たった場合のフォローをする、練習方法ありませんか?

11 :他スレの1         :2001/07/02(月) 22:30
>>5

付け加えさせて頂くとボールはなるべくコートの奥に返すのが効果的。
レシーバーからセッターまでの位置が遠くなる程正確に帰る率は
低くなります。これは鉄則です。

あと、9人制の場合サーブで勝敗が決まるといっても過言ではありません。
どのチームもサーブ練習に裂く時間はせいぜい5分位だと思いますが、
思い切って練習時間の1/3程サーブの練習に費やしてよいと思います。

さらに、9人が9人とも違うサーブを打てれば効果的です。
尚、大切なのは1stサーブです。
無理にサービスエースを狙いにいかず8分の力で相手の弱い所に打つことが基本です。
結果的にはサービスエースを量産することになります。

また、サーブは出来るだけ後ろから打つこと。これも、距離が長ければ長いほど
相手は取りにくくなります。

ママさんの場合、強力なサーブを持ったチームはそれだけで地区の優勝くらいは狙えます。
サーブの重要さを再確認して頂ければ幸いです。

12 :STR:2001/07/02(月) 22:34
>>>8 ありがとうございます。 サーブカットは基本的に後衛の3人と
     中セン・中衛の両サイドの選手がするようにしています。
     サーブカットのフォーメーションは、前から2−4−3という型を
     とっています。

>>>9 ありがとうございます。 おっしゃるとおり練習時間が短いのと少ないのが
     悩みでもあります。 現在、週に一回2時間(実質1時間半)ってところです。
     

13 :他スレの1         :2001/07/02(月) 23:01
ブロックの吸い込みフォローですが基本的に吸い込んだボールの
フォローというのはとても難しいと思います。
それよりも吸い込み難いブロックを練習した方が良いと思います。

ブロックの際あごを引く。たったこれだけで吸い込みは飛躍的に
減少するでしょう。その際目線はしっかりボールを追っていることが
重要です。

14 :名無し@チャチャチャ:2001/07/03(火) 05:29
ママさんには向かないかもしれませんが
吸い込みに反応する練習は、
1)選手は壁に向かってレシーブの構え
2)コーチはその後ろからボールを壁にあてる
3)選手はそのボールをレシーブ
というのが効果的です。
ブロックの吸い込みのボールへの反応は難しいというアレルギーを
死角から来るボールにすかさず反応するという練習で払拭できるはずです。

15 :名無し@チャチャチャ:2001/07/03(火) 05:35
>>10
>>>7
一回しゃがむというのが大切です。
低い位置からボールを見れば、それだけ時間ができます。
その際、深くしゃがんだままだと次のムーブに移れないので
一番低い位置に近いところで、動ける高さを見つけるところに
意味があります。

16 :名無し@チャチャチャ:2001/07/03(火) 05:40
そちらのチームは分かりませんが
ママさんの特徴として腰が高くなっちゃうというのがありますから
>>7や>15のような練習は入れたほうがいいと思います。

17 :他スレの1:2001/07/03(火) 12:45
>>15

プレートしては物凄く正しいと思います。

だだ一つ懸念する事はこのプレーは非常に怪我をしやすいということです。
その怪我とはズバリ、アキレス腱断裂。
私自身、目前で5件の現場に遭遇しました。
アキレス腱は全治まで実に半年、運動が出来るようになるまで最低一年かかります。
ママさんバレーではあまりお勧めできないと思います。

18 :15:2001/07/03(火) 14:56
>>17
そうですね。
やめたほうが無難だと、私も思います。

・・・どうしましょうか、吸い込みのフォロー。

19 :       :2001/07/04(水) 00:18
>>18

実際試合で吸い込みが起こるのは多くともいいとこ3回くらいでしょう。
しかも、吸い込みはそのままのスピードで落ちるのがほとんどなので
これを拾おうとするのは世界レベルでもちょっと不可能でしょう。
仮に吸い込みのフォローの練習をしたとしても拾えるのはこのうち一回
拾えれば上出来だと思います。
ママさんの場合練習時間が限られていますので、こういった確率の低い
プレーの為に、貴重な練習時間を裂くことはあまり効率が良いとは言えません。

それならばいっそ、13で書きましたように初めから吸い込まないようなブロック
練習をした方が現実的だと思います。

20 :STR:2001/07/04(水) 03:10
>>>みなさん
     
アドバイスありがとうございます。 吸い込みに関しては、やはりフォローするのは
難しいので吸い込みを減らすようにブロッカーに技術を上げるようにいしていきたいと
思います。 リバウンドは、ママさんはやはり腰が高くなってしまうので低い位置での
レシーブを身に付けるような練習をしていきたいとおもいます。 自分で考えていた対策で
だいたい合っていましたが、他の意見はどうか聞きたかったです。
「レシーブは腰を落とす!」 やはり基本ですね〜
   

9 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)