5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

伝統芸能をなぜ守る?

1 :Fahrenheit99:02/05/05 17:30
伝統芸能を守る必要はなぜあるのだろうか?

2 :Fahrenheit99:02/05/05 17:34
夜につめを切ってはいけない、
と言われたのと同じような感じで
伝統芸能は守らなければいけないもの、
と言う感覚が私たちの中にはあると思います。

一部ではその消え行く伝統芸能を守るために、
多額の税金が使われたりもしていますね。

3 :Fahrenheit99:02/05/05 17:35
不思議に思った事はありませんか?

4 :Fahrenheit99:02/05/05 17:49
国民の大半の支持を得て
その(一部の)伝統芸能を守ることに
税金が投入されているとは思えませんね?

伝統的であると言うことが、
そんなに現代の芸能より重要なのでしょうか?

私は若い人間なので、
将来的により多くの人間、
世界中の人々に楽しんでもらえるような
文化の育成に努めたほうが
合理的ではないかと考えていますが、
違う意見を是非お聞きしたいのです。

5 :重要無名文化財:02/05/05 17:50
マジレスしてみます。
Fahrenheit99氏の趣旨と違ってたらスマソです。

私が考える「伝統芸能を守らなきゃいけない理由」は二つです。

ひとつは、無形のものだから。
古くからあるものには、有形のものと無形のものがあります。
有形のものは、(絵画とか土器とか)、保存する場所があれば残ります。
でも伝統芸能のような無形のものは、伝える人がいないと残りません。

もうひとつは、日本の文化財だから。
世界各国にも伝統芸能のようなものがあるはずですが、
時代とか支配者が変わったことで、廃止されたものも多いそうです。
数百年もの歴史を持つ伝統芸能っていうのは、日本特有なのだと思います。

っていうレスで、いかがでしょう?

6 :重要無名文化財:02/05/05 17:56
伝統芸能を堪能しての結果、こうゆう趣旨になったのかえ
なんかいじめられたりしたの?
>1は?

7 :5です:02/05/05 17:57
一部の伝統芸能だけに税金が投入されているということには
疑問を持ってますけれどね。

8 :Fahrenheit99:02/05/05 17:58
歴史的な深さでは、
そもそも中国に遠く及ばず。

現在日本の伝統芸能では、
世界中の人々に楽しんでもらえる
可能性のあるものは
少ないのではないかと思います。

9 :重要無名文化財:02/05/05 18:02
現代の芸能より重要だから守っているというわけではないのでは?
ただ伝統芸能と今呼ばれている芸能の数々は、長く続く日本の文化の一部
として存在している訳ですよね。文化の保存、だから仏像を守るとか、
かやぶき屋根の家を守る、とかそういうのとかわんないんじゃないの?

それに文化の一端として今まで続いてきたものが消失されてしまうと、復活
させるのは容易じゃない。特に芸能は。あとさ、世界中の人々に楽しんで
もらえる文化の育成、とは言うけれど、それが新しいものに求められると
言い切れる?勿論伝芸に求められるとは言い切れない。わからないけれど
歌舞伎にしろ能楽にしろ何にしろ、今まで続いてきたって事はそれなりの
魅力も意味もあるわけじゃない。伝統芸能を守る事が合理的でない、とは
言えないんじゃないでしょうか。

10 :5です:02/05/05 18:03
私はある和楽器を習っているのですが、
その原型は、そもそも中国(唐)から渡ってきたのに、
中国にはすでにその楽器は存在しないそうです。
(現代向きに改良されたものだけが残っているそうです)

最近までの学校教育で、伝統芸能がないがしろにされていたから
可能性が見出せないのでは。

11 :重要無名文化財:02/05/05 18:03
文化財だから。日本の文化を大切にすることは国民の合意でしょう。
民族のアイデンティティなんですから。

神社仏閣は形があって、伝統芸能は無形という違いがあるだけ。
日本人は形のあるものには金を出すけど、形のないものには
金を出し渋る、という“伝統”もあるけどね(藁

12 :重要無名文化財:02/05/05 18:06
新しい文化も振興してますよ。振興される価値があるかどうかは
別の判断。

それは伝統芸能と同じことです。


13 :重要無名文化財:02/05/05 18:26
俺の習ってるやつなんか明治維新の関係でで曲が随分消えてしまったよ。
譜面が残ってもそれを演奏できないってのは、すごく悲しいことだ。
そういう面でも保護して欲しいと思うのは欲だろうか?

14 :重要無名文化財:02/05/05 19:15
あまり右翼チックに民族のアイデンティティ持ち出すのもどうかと思うが・・・
(伝統芸能の多くは戦時中自称愛国者に遊芸と言われて迫害されてるし)
個人的には仏像や建物などの「モノ」より日本固有の生物種の保護に近い気がする。

15 :重要無名文化財:02/05/05 20:18

イリオモテヤマネコくらいに保護してほしい・・・
                  後継者不足。

16 :重要無名文化財:02/05/05 22:04
日本の伝統文化がなくなると、
海外の国から日本は独自の文化ももっとらんのんか!?と
驚かれ、白い目でみられてしまうでしょう。


17 :Fahrenheit99:02/05/05 22:14
マジレス感謝致します。

くどいかもしれませんが、
私は“なぜ守るべきだ”と
感じるのかを不思議に思っているのであって、
守る必要がないとは思っていません。

無形ものだからと言うのは、
確かに一理あると思います。

しかし“文化だから”と言うのは、
だめですね。
“なぜ文化を守る必要があるのか?”
を伺っているのですから。

18 :重要無名文化財:02/05/05 22:16
文化保護政策を講じることによって、先進国気取りしたいんじゃないの

19 :Fahrenheit99:02/05/05 22:27
>>6
文化をランキングしているものは
なんなのか、気になったのです。

国を挙げて守られているもの、
そうでないもの、の差は
歴史があるのか、無いのか、
そういった基準なのでしょうか?

20 :重要無名文化財:02/05/05 22:28
>>17
このスレ、おもしろいですね。
私も改めて考えてみています。
17さんは、絶滅が危惧される生物を保護している(これも保護するべきという
漠然とした認識がありますよね?)理由はなんだと思いますか?
そして、そのことに賛成ですか、反対ですか?

21 :重要無名文化財:02/05/05 22:30
何か板違いな方向に逝ってないか?

22 :重要無名文化財:02/05/05 22:36
>>21
ごめんごめん。
自然にまかせておけば、すたれてゆく可能性の高いものを、
何故、国を挙げて(地球を挙げての場合もあるが)保護するのか、
という共通項がある、と思ったものだから。
そして、その共通項は、伝統文化の保護論のカギになるのでは、
と思ったのです。。

23 :Fahrenheit99:02/05/05 22:36
>>9
なぜなぜ小学生みたいですけど、
なぜ萱葺き屋根を守らないといけないのですか?

一度失った文化の復活は大変でしょう。
しかし、復活させる理由は何ですか?

普段は気に留めていないものでも
いざ無くなるとなると、
寂しい気分になるものです。
そういう気分は判ります。

24 :重要無名文化財:02/05/05 22:43
>>23
温故知新って感じで理解すればいいんじゃないの?

25 :重要無名文化財:02/05/05 22:47
>>22
了解。そこらへんの話たのんます。

26 :Fahrenheit99:02/05/05 22:59
>>11
民族のアイデンティティとか宗教関係は
できるだけ切り離して考えたいのです。

個人的には、
長い時間(交通・通信手段の発展)とともに
家族・血筋のID→部落・民族のID→地方のID
→国家のID→世界のID?
へと移り変わり、
より小さなグループのIDと言うのは、
将来的にはより大きなものに
飲み込まれるでしょう。

今でも田中家のアイデンティティ、
山本一族のアイデンティティなどは
あるかもしれませんが、
大きな意味は無くなっていますね。

27 :重要無名文化財:02/05/05 23:01
人文版に逝け

28 :Fahrenheit99:02/05/05 23:18
絶滅が危惧される生物を保護するのは、
比較的、理解しやすいです。

生態系のバランスが崩れれば、
多くの影響を広い範囲にわたって
長期間及ぼす事になるでしょう。

従って、誰もが政治的にも経済的にも
神経質にならざるを得ません。

しかし、この世にもう数個体しか
残っていない種を残す為に数億円を
使う事は多分に感情的な事で、
残す残さない、の決定は不透明ですね。

ゴキブリが絶滅しそうになっても
保護するのでしょうか?
(一部にはゴキブリが好きな人もいるみたいですし、)

29 :重要無名文化財:02/05/05 23:20
またスレ違いかよ・・・
伝芸と関連付けて語ってくれないと、レス付けたくないよ。

30 :Fahrenheit99:02/05/05 23:39
>>13
>>24
温故知新って素晴らしい事ですよね。
昔ながらの楽器が無くて、
当時を再現できなかったり、
楽譜が無いのは非常に残念です。
子供達に多くの熟成された文化を
体験させる事は良い事だとは思っています。

しかし、これも残念なことに
多くの現代人は実際のところ
新興(?)娯楽文化にしか関心を持っていないのです。


31 :20,22:02/05/05 23:41
>>28
スレ違い続きで悪いんですけど、
>生態系のバランスが崩れれば、
これって、そうなのかなあ?
滅びていく生物は、そのまま自然に滅びさせることこそ、
自然の生態系なのでは?
少なくとも、人間が登場するまでの地球はそうだったわけでしょ?
だから、人間がある特定の生物を保護することは、自然な状態とは
言えないと思うんですよ。
別に人間による自然破壊のせいで、絶滅の危機に瀕している生物
ばかりじゃないはずだし。

だから、
>自然にまかせておけば、すたれてゆく可能性の高いものを、
何故、国を挙げて(地球を挙げての場合もあるが)保護するのか
という点において、伝統文化の保護とある種、やっぱり似ている
と思うんですけどね。

32 :重要無名文化財:02/05/05 23:43
なんだ、自分が語りたくってスレ立てたのか。
伝芸じゃなくてもいいんだー


33 :重要無名文化財:02/05/05 23:44
再現つったって昔のとおり再現できはしないよ。
音なんて消える物。楽譜だって変遷する物。
音はあくまで昔の名残が少し残っている、位に考えたほうがいい。
体験は音だけでなく他でもできる。

日本人が新興娯楽文化にしか興味を持たなくなり始めたのは
いつくらいからだと考えているのですか?
>>30

34 :重要無名文化財:02/05/05 23:46
>>29
漏れはスレ違いとは思わないな。結構痛い所を突かれた気がする。
個人的には単純に好きな芸術ジャンルが「偶然」伝統芸能に属すものだから
それが何らかの形で保護されてるのはラッキーなことだとは思うけど
そうすると>>1の問いに答える術があまり思いつかない。

35 :重要無名文化財:02/05/05 23:49
あのさ、文化とか芸術ってのは、
洋の東西を問わず、昔っから
時の権力者とか金持ちの保護を受けて
育てられてきたもんでしょ。
伝統芸能もその文化・芸術のひとつ。
それを時の権力者ってゆーか、国が保護するのは
当り前のことだと思うんですけど。
わざわざスレ立てて議論するほどのことなの?

36 :重要無名文化財:02/05/05 23:52
>>34
論理が飛躍しすぎていないかって事が言いたかった。
たとえ話にしても、伝芸と絶滅危機にある動物を一緒にしても
果たして適当か?とかね。
それに、じゃ1は自分の発した問いの答えはどう考えてるんだよ、
とも思う。
独りよがりな語りがしたいから書いているのではないかと邪推してみたり。

37 :Fahrenheit99:02/05/05 23:54
>30つづき

伝統芸能には色々あるのでしょうが、
現在の国民のそれに対する需要と、
保護され具合、税金の使われ方、
に乖離を感じます。

伝統芸能を保護していけば、
いつの日か世界の多くの人達が
楽しめるような娯楽に
成長するのでしょうか?

もしくは現代人にも楽しめるような
工夫改良がもっともっとあって良いのでは?

38 :重要無名文化財:02/05/05 23:55
で、1、「伝統芸能を守る必要はなぜあるのだろうか? 」って
いう問いへの答えはどうよ。
自分のスタンスを明らかにしろ。
そうでないと議論できない。

39 :重要無名文化財:02/05/05 23:59
あ、ついでに>>37もどう思っているの?
一人で悦に入って講釈たれていないで答えれ。

40 :Fahrenheit99:02/05/06 00:04
確かに私の疑問の解答を
ここの方々に押し付けたり
自分が納得しやすい方向に持っていくのは
良くありませんね。

でも今まで皆さんに書いて頂いている事は、
少なくとも私にはとても参考になります。

41 :36=38=39:02/05/06 00:06
乱暴な書き方をしてスマソ
でも、君の意見が聞きたいのは本心だよ。

42 :重要無名文化財:02/05/06 00:11
>>1
答えになっとらんぞ

43 :Fahrenheit99:02/05/06 00:12
>>35
どうして時の権力者が伝統芸能を
守る事が当然なのか?

また、いつの事だか判らないのですが、
昔の権力者が守っていたものは
その当時すでに“伝統”芸能だったのですか?

44 :重要無名文化財:02/05/06 00:12
>確かに私の疑問の解答を
>ここの方々に押し付けたり

回答は出ているのか? 漏れには見えなんだ(藁

45 :Fahrenheit99:02/05/06 00:20
私の個人的なスタンスは
>>4
にある通りです。

スレを立てた目的は、
私と違う意見を聞きたい為です。

私の考え方がいかに幼稚で
浅はかで間違いあるかについては
所詮自分で気付くしかないので、
より多くの人の考え方に触れたい、
と思った次第です。

46 :重要無名文化財:02/05/06 00:20
>>1に質問です。
>“なぜ文化を守る必要があるのか?”を伺っているのですから。
>昔の権力者が守っていたものはその当時すでに“伝統”芸能だったのですか?
「文化」というものを国家が守ること自体が、疑問なのか、
「何故伝統文化を、特に守るのか」が疑問なのか、どっちですか?


47 :重要無名文化財:02/05/06 00:24
>>1
幼稚で浅はかで間違いな考えと言っているんだったら
問題点はすでに見えてるんじゃないの?
んじゃ、どんな点が幼稚で浅はかで間違えていると
思うのか?おしえて。


48 :5です:02/05/06 00:24
>>37

現代人の多くが、伝統芸能に見向きもしないというのは確かですけれど、
それは、伝統芸能の存在が告知されていないのも一因だと思うんです。

そういう意味では、津軽三味線の吉田兄弟とか、狂言の和泉元弥とかは、
(好き嫌いとか、芸の巧拙は別として)
そういう芸能の存在をアピールしたという功績があると思ってます。

伝統芸能の保護が、世界の多くの人達の「娯楽」に「成長する」とは考えていませんが、
日本の文化として、もっともっと、
日本で暮らす人が伝統芸能に目を向けるような工夫は、確かに必要ですね。
海外留学をした人は、
「留学前に、茶道や歌舞伎や能のことを少しでも勉強しておけば、
現地の人に日本の文化のことを説明できたのに」、なんて言いますから。

49 :重要無名文化財:02/05/06 00:25
それに、何でこういう問題に興味を持つようになったのか?
これも知りたい。

50 :Fahrenheit99:02/05/06 00:25
>>44
自分なりに納得する解答ができても
押し付けるつもりは無い、
の間違いでした。ごめんなさい。

51 :重要無名文化財:02/05/06 00:28
伝統芸能の存在がアピールされていないから興味がもたれない、
というけれど、本質的な問題はもっと他にあると思う。
明治・大正時代は伝統芸能の方がむしろ幅を利かせていた
状況があったんだよ。
昭和に入ってから廃れ始めた。
これはどういう意味を持っているのだろうか?

52 :重要無名文化財:02/05/06 00:29
文化を優性劣性で語っても意味無いじゃん。

53 :重要無名文化財:02/05/06 00:31
釣られてるぞ

54 :重要無名文化財:02/05/06 00:31
ん、何が?1たんも人が悪い(藁

55 :重要無名文化財:02/05/06 00:32
4の「世界中の人々に楽しんでもらえるような文化の育成云々」に関してですが、
日本文化が好きな外国人の方は沢山いますよ。
(一口に伝統芸能っていうと広くなってしまいますがね。)
伝統芸能が日本でちゃんと守られれば、喜ぶ人は沢山いますよ。

私は歌舞伎・文楽が好きですが、オペラも好きです。
オペラの本場は海外です。わたしは個人的な好みで、日本人がうたうオペラは好きじゃないんです。
これからは違ってくるかもしれないんですが、日本人の国民性が出て、
情熱的なオペラは外国人には叶わないんです(少なくとも私にとっては)
本場のものが好きなんです。

それと同じで、日本の伝統芸能は日本にしかないわけで、
それを日本で保護しなかったら、日本文化が好きな外国の人は悲しみますね。

日本人ができる「世界中の人に楽しんでもらえる」のって伝統芸能じゃありません?




56 :重要無名文化財:02/05/06 00:34
世界中の人々に楽しんでもらえる文化なんてあるの?
不可能だよ。

57 :Fahrenheit99:02/05/06 00:36
>>47
自分の考えの間違いには
自分で気付くしかないな、
と言う事です。

58 :重要無名文化財:02/05/06 00:36
>51 昭和になって 西洋社会と肩を並べるため 西欧化したからではないでしょうか?
それで第2次世界大戦で負けたのが止めですよね。

59 :重要無名文化財:02/05/06 00:40
>>43
ちゃんと読みなよ。どこで昔の権力者が
“伝統”芸能を保護していた、なんて書いてるよ?

文化・芸術は努力すればちゃんと食べて
いけると決まっているわけではない職種だから、
才能がある、可能性があると思われる人々には
公的あるいは私的なパトロネージュが行われてきた。
でなきゃ、食べていけない可能性が高い世界に入る人は
うんと減ってしまうし、文化的な発展は大いに遅れたはずだよ。
現代の日本で国の保護を受けているのは伝統芸能だけじゃない。
西洋から来た芸術や文化だって保護されてるよ。
なんで伝統芸能だけ、保護しちゃいけないのさ?

60 :重要無名文化財:02/05/06 00:41
>>57
循環論法。煽ってるのかな(藁

>>58
>昭和になって 西洋社会と肩を並べるため 西欧化したからではないでしょうか?
それは明治時代からすでにある動き。
伝統芸能界だってそういう動きは明治以来見せていたが、
なぜか廃れることは無かった。
戦争は重要なファクターかもね。

61 :55:02/05/06 00:43
>56
言葉が足りなかったところがあります。
伝統芸能が「世界中の人に楽しんで貰える」とまで思っているのではありません。

伝統芸能を保護することは、海外の人のためにもなるのでは?と思っているわけです。

1さんに質問なんですが、
税金を文化の保護に使う事自体はOKなんですよね? 
だとしたら、伝統芸能の代わりにどんなものに税金をつかったほうがいいと思っているのでしょうか?

私は単に 伝統芸能が好きなだけなんです。
ただ、多数決で聞いたら、ジャニーズと演歌に税金が投入されるのでは?
 


62 :重要無名文化財:02/05/06 00:45
>>4

>国民の大半の支持を得てその(一部の)伝統芸能を守ることに
>税金が投入されているとは思えませんね?
そもそも、国民の大半の支持を得られるようなものならば、
特に国家が守らなくても、すたれてはいかないんじゃないでしょうか?

>伝統的であると言うことが、そんなに現代の芸能より重要なのでしょうか?
どっちの方がより重要とかいうことでは、ないと思います。
現代の芸能は、国が守らなくてもすたれないけど、伝統芸能は
すたれる可能性があるから、守ってる、ということでしょう?

>将来的により多くの人間、世界中の人々に楽しんでもらえるような
>文化の育成に努めたほうが合理的ではないかと考えていますが
数の問題ではない、多数決で、ものの価値は決まりませんよ。
何も、答えを出さなくてはいけないものでもないので、
いろんなジャンルが共存していた方が、豊かではないですか?


63 :重要無名文化財:02/05/06 00:47
1頑張って答えを書いてね。

64 :重要無名文化財:02/05/06 00:48
>>55
漏れは>>4の書き込みを見てそう書いたの。
ゴメソ誤解させちゃったね。

65 :重要無名文化財:02/05/06 00:50
>>63
頑張るなよ。もううんざり。

66 :重要無名文化財:02/05/06 00:51
>>65
そうだな(藁
ごめん煽っちまった。

67 :重要無名文化財:02/05/06 00:52
>>59
43もなんかずれてるけどこの答えだと今度は
民主主義国家において芸術の保護をする際
誰がどういう基準で保護すべき分野を判断すればいいのか?という面倒な問題に発展する予感。
>>60
生活が著しく変わったからじゃないか?
戦後の庶民生活の変化は明治維新以上のものがある。

68 :重要無名文化財:02/05/06 00:53
結論:62の答えがすべて
1、納得してください。

69 :60:02/05/06 00:59
>>67
>生活が著しく変わったからじゃないか?
>戦後の庶民生活の変化は明治維新以上のものがある。
同意。
こういうことを書こうと思ったのだが、言葉が足らんかった。
大正から昭和への移行期に、生活や文化の一大転換期があったと漏れも思う。

70 :重要無名文化財:02/05/06 01:17
黄金厨ってやつはよ・・・

71 :重要無名文化財:02/05/06 02:08
>>1 >>4
62です・・
みんなにけっこう叩かれちゃってるみたいですね。
私はこのスレ面白いと思いますよ、着眼点が。
いろいろ考えてみて、今の時点での私の考えを62で書きましたけど、
別にあなたを叩こうと思ったわけではないです。
1さん、または他の誰からでも、納得いく反論が出れば、また
それも面白いと思います。
そもそも、そういう目的のスレですよね?

72 :875:02/05/06 02:14
>>71
叩いているんじゃないよ。
1がピントの外れた回答をしてしまうからいらいらする面があって。
あまり誠実な感じもしないし、チョト不信感があるの。

73 :Fahrenheit99:02/05/06 14:36
伝統芸能ファンが集まるところで、
まるで守る必要が無い、と言うような事を書けば
気分を害する方がいるのは当然ですね。
すみません。
もう頑張るな、と言う人もいるし、
適度に返信させて頂きます。

74 :Fahrenheit99:02/05/06 14:55
>>55,56,61
私は比較的、仕事柄、海外経験は
あるほうだと思いますが、

日本にまつわる話としては
伝統文化の話より
映画、日本食、TVゲーム、アニメ、政治、宗教、
等の方が盛り上がりますね。

珍しい趣味を持つことがかっこいい、
と言う風潮が特にヨーロッパにはあるので、
日本の伝統芸能に興味のある人は
日本人を見つけたらその話をするでしょう。

しかし、それらは我々が意識しているほど
ポピュラーではありません。



75 :重要無名文化財:02/05/06 14:56
>>1
>伝統芸能ファンが集まるところで、
>まるで守る必要が無い、と言うような事を書けば
>気分を害する方がいるのは当然ですね。
>すみません。

内容は気にしなくてもいいんじゃないの?
ただ、レスの書き方とかは考えてもいいかもしれないけど。

>もう頑張るな、と言う人もいるし、
>適度に返信させて頂きます。

マイペースでマターリいきましょう。
ただ、聞かれたことにはまめに答えたほうがいいと思われ。

現時点での君の考えは4で提起したことと変化は無いのかな?


76 :重要無名文化財:02/05/06 15:00
>>74
でも、ヨーロッパの伝統芸能に漏れたちも本格的に興味を持つことは
あるのかね。一般的に、いわゆるクラッシック音楽とかでも限定されたものに
表層的な興味がいっている現状があると思うが。

77 :Fahrenheit99:02/05/06 15:14
>>59
私もあなたにちゃんと読んで欲しい。
昔の権力者が“その当時の芸能”を保護していたのであれば、
現在の権力者は現代芸能を保護するだけではないのか?

>>67の指摘ももっともだし、

保護しなければ食べていけない、
と言うのは民衆の支持を得ていないと言うことでは?

ようするに一部のニッチなファンのための娯楽になっている
一部の伝統芸能をなぜ他の人々までが残したい、
と感じているのか不思議じゃありませんか?
と伺っているのです。


78 :重要無名文化財:02/05/06 15:23
>>77
漏れは59じゃないがおまえ横柄だな。そんで読解力も無い。
保護されていたのは「その当時の芸能」だけじゃねえよ。
「その当時」に存在していた芸能だって、以前から綿々と
受け継がれてきたものだってあるだろ。
さまざまな起源(発祥地・発祥次期)を持つ芸能が並列的にあると考えたほうが
妥当だろうよ。

79 :重要無名文化財:02/05/06 15:24
てめえは一体何が言いたいんだ?
デムパにしか見えねえよ。

80 :Fahrenheit99:02/05/06 15:24
>>62
国家が守らなければ廃れてしまう文化を
守る必要があるのか、
と言う疑問に対する意見にはなっていないですね。

>数の問題ではない、多数決で、ものの価値は決まりませんよ。
>何も、答えを出さなくてはいけないものでもないので、
>いろんなジャンルが共存していた方が、豊かではないですか?

個人的な感情としては、ごもっともだと思います。
でも、民主主義と言うのは
少数派の意見を抹殺するものです。

81 :重要無名文化財:02/05/06 15:25
>77
私はこのスレ初書き込みですが、
とりあえず62と75に対する返信を早急にしたほうがいいぞ。
まじめにレスしている人をないがしろにしたら興醒めしちまう。

また書き方のせいなんだろうけど、なんか反論のための反論に陥ってる気がする。


82 :重要無名文化財:02/05/06 15:27
誠実になってくれよ。
詭弁ばっかり弄するんじゃなくてさ。
ロジックだけで話をするなよ。

83 :重要無名文化財:02/05/06 15:28
>民主主義と言うのは少数派の意見を抹殺するものです。
あんたこれものすごいこと言ってるぞ。
ちょっとこの板じゃなくて他のところで勉強しなおしたほうがいいぞ。
マジでGW厨だぞそれじゃ



84 :重要無名文化財:02/05/06 15:29
それ共産主義だろ(ワラ

85 :Fahrenheit99:02/05/06 15:30
>>71
全くその通りです。
叩きでも、煽りでも結構ですので
色々ご指摘ください。

86 :重要無名文化財:02/05/06 15:30
国際人(ワラとしての自分の見識の高さを見せたいんじゃないの?

87 :重要無名文化財:02/05/06 15:33
はっきりいって『芸能』というのは、生きていくのに不可欠なものではない。
個人レベルだろうと、国家レベルだろうと、貧しさの最中には、
文化も芸能も芸術もあったものではない。
歴史と伝統に立脚した『家』の継承者だとて、食詰めていれば
その歴史と伝統を象徴する品々を金銭に替えることだってあるんだし。

時の権力者や為政者や富裕層が、伝統であろうとなかろうと、
『文化的なもの』を庇護したいというのは、
対外的に見た場合『文化的教養度の高いさ=豊かさ』の顕示
にも繋がる政治的意図もあるか思う。

だから、為政者の価値観と、一般市民の価値観が異なってると、
一般人が見向きもしないものを国が御蚕包みでヨイヨイヨイ・・・
ってこともありうるわけだよね。

成立の初期から為政者の心を捉え庇護された『ハイソな文化』もあれば、
誰にも守ってもらわなくても、爆発的なパワーをもち、
大衆の心を捉えるものもある。
弾圧を受けつつパワフルに一般人の心をつかんだものが、
100年200年たつと、お上の意に適った『芸術』になることもある。

現代の日本のエライ人に、「児戯にもひとしい」と思われている事も
100年たったら、『日本が世界に誇る伝統文化』になるかもしれない。
『伝統』とか『文化』とか『芸術』なんて、
時経て見なければ分からない部分も多々あると思う。

88 :Fahrenheit99:02/05/06 15:40
>>75
そうですね。
マイペースでいきたいです。

今のところ、>>4から
スタンスは変わっていませんが、
私の考え方、書き方に嫌悪感を持つ人が
多い事は認知できました。


89 :重要無名文化財:02/05/06 15:45
1のレスのずれ方が気になって気になって(w
どういう方法でつないでいるんだろう?
それとも、タイプスピードが異様に遅いのだろうか?

90 :Fahrenheit99:02/05/06 15:49
>>76
あまり無いのではないですか?
仰る通り表層的だと思います。

91 :重要無名文化財:02/05/06 15:50
うーん、わざとかな?
それか考え考えタイプしてるから遅いとか。

92 :重要無名文化財:02/05/06 15:52
>>90
それと君の述べている74の事象とは同じようなもんじゃないの?
例えが不適切。

93 :重要無名文化財:02/05/06 15:52
ほらまた・・・(w
いま、15:50過ぎだよ(w細かいようだけど。
76さん以降のレスは読んでない、のかな?

94 :重要無名文化財:02/05/06 15:53
レスを読んで必死に重箱の隅をつつこうとしているのだと思われ。

95 :重要無名文化財:02/05/06 15:55
なんだかなぁ・・・あまりにもタイミングを逸しているので、
読むの馬鹿らしくなってきた。
結構面白いかと思ってたんだけど。
1以外の人が面白い意見を言ってくれてるだけみたいね。

96 :重要無名文化財:02/05/06 15:55
>>89
そうね。
話がどんどん先に進んでるのに、また戻って、
「どの話だっけ?」ってなっちゃうから、めんどーです(w

97 :重要無名文化財:02/05/06 15:57
マターリもいいけどさぁ・・・
議論ふっかけるようなやり方で展開してきた以上は、
もう少しタイムリーに答えてくれないとねぇ。
ほんと「めんどーです」だよ(w。

98 :重要無名文化財:02/05/06 15:58
>>97
同意。1は喧嘩腰なのにとろいのがね(ワラ

99 :Fahrenheit99:02/05/06 15:59
おそレスすみません。
レスを読んで必死に重箱の隅をつつこうとしています。

100 :重要無名文化財:02/05/06 16:00
人文板でも相手されないかもな。
あ、だからここに来たのか(W

101 :重要無名文化財:02/05/06 16:00
「書き込む」をクリックする前に一度リロードするといいのにね。


102 :重要無名文化財:02/05/06 16:00
>>99
大爆笑。
何人か1がいる様子。

103 :重要無名文化財:02/05/06 16:03
1は黄金厨と認定します。

104 :重要無名文化財:02/05/06 16:04
この、レスのタイミングの悪さは、1の頭の固さ、柔軟性の無さを、
如実にあらわしてると思われ。
どんなに話が進んでても、順番に答えていく几帳面さ、というか、
融通のきかなさ(w
そのわりには、ちょっと都合のわるいものは、微妙に飛ばして、
レスしてないようにも・・
>>31に対するレスが見てみたい。
でもきっと、ものすごーく、あとのことになるんだろうな・・

105 :重要無名文化財:02/05/06 16:05
一人語りのオナニースレだね。

106 :Fahrenheit99:02/05/06 16:05
>>87
このような意見が出てきて良かった。

では今の保護政策は国民と乖離があると。

107 :重要無名文化財:02/05/06 16:05
今ちょっと、過去の1のレスの時間をチェックしてみた
1時間前後しないとお返事できないみたいね。
なんだかな(w
せっかく面白く読ませていただいてたのにぃん♪
これ以上は待てませんわ。では、失礼 ε=ε=┏( 〃^_^)┛

108 :重要無名文化財:02/05/06 16:06
31へのレスなんてないんじゃない?
都合がわるいだろうから。
どっかの院生とかかな>1

109 :重要無名文化財:02/05/06 16:07
>>107
かわいい!
待たなくてもこっちでどんどん進めていって、どこまで
引き離されるか見てみたいよ。

110 :重要無名文化財:02/05/06 16:09
>>106
もう、展開がわかんないよ(ワラ
倣岸不遜なのに気の毒に見えてきた。

111 :Fahrenheit99:02/05/06 16:09
>>83,84,
民主主義を勉強してください。

112 :重要無名文化財:02/05/06 16:10
>>111
レスの付け方を勉強してください。
喧嘩の売り方を勉強してください。

113 :重要無名文化財:02/05/06 16:11
>>111
重箱のすみのつつき方を勉強してください。
111じゃ、逆切れにしかみえんよ。

114 :87:02/05/06 16:14
>>106
勝手に纏めないでくれます?
>今の保護政策は国民と乖離があると
現代に限らず、権力者や為政者のやってることが大衆に指示されるとは
限らんでしょうが。
世間に出てくるや否や、時の為政者の心を捉え、
社会の上層の人々の前でしか披露されなくなったものでさえも、
権力と富を握った人間の手で庇護されることで今に伝わってることもあるんですよ。
そして、それを、現代の庶民が愉しむことも出来るわけ。
一方で大衆を熱狂させ為政者に弾圧されたものが、いつの間にか
現代においては国家の庇護を受け、文化干物化してることもあるでしょ。
『世界中の人を愉しませる』なんて事は実際はありないわけでね。
「ゲージュツ」とか「ブンカ」とかいうものは、
それが大衆的であろうと、貴族的であろうと、大なり小なり
『偏屈』な面を多分に持っているんですから、
長い目で見る必要があると思うといいたいわけよ。

115 :重要無名文化財:02/05/06 16:14
>111
必死だねえ。104で言われたことが悔しくて歯軋りしながら
書いたんだろ?
まだまだレスを付けるべき部分は沢山あるよ。
前に遡ればもっともっと。ご愁傷様。

116 :Fahrenheit99:02/05/06 16:16
>>113
そうですか?
ここで民主主義の説明をしろと?

117 :重要無名文化財:02/05/06 16:18
>>116
外れてんだよてめえのレスはヴォケが。
そんな枝葉より他に答えるべき問題は幾らでもあるだろうが。
てめえどこの院の厨だ?

118 :重要無名文化財:02/05/06 16:18
>114
すまん。1がすっごい哀れに思えてきた(w
せっかく、87で味方が見つかったと思ったのに
その人に反論されるなんて、もう哀れでおかしくてもう(激笑

119 :重要無名文化財:02/05/06 16:18
私も遅レス。。ちょっと気になったもんだから。
>>80
>でも、民主主義と言うのは少数派の意見を抹殺するものです。
何かを、選んだり決定したりする場合は、悲しいかな、そうでしょうね。
じゃないと、話が進まないし。
でも、趣味・嗜好は、別に少数派だからといって、抹殺される必要は
ないんじゃないですか?

120 :重要無名文化財:02/05/06 16:19
>>118
味方に見えた?
漏れにはそうは見えなかったYO!
根本的に述べていることが違う。

121 :重要無名文化財:02/05/06 16:21
>119
1は意図的に極論ばかり書いているようだ。
何を言っても無駄だよ。

122 :87=114:02/05/06 16:21
>>118 え?あたし、なんか残酷なことしました?

123 :重要無名文化財:02/05/06 16:22
>120
いや、>106のコメントは
もう>87を味方と思ってるようにしか感じなかったということで。

124 :重要無名文化財:02/05/06 16:23
>>123
片思いってわけか(ワラ
切ないねえ。

125 :重要無名文化財:02/05/06 16:23
ついでにゆーと民主主義は少数意見の抹殺はしません。
顔洗って出直せ

126 :Fahrenheit99:02/05/06 16:23
>>114
だから長い目で見れば、
廃れた伝統芸能が何れ日の目を見るとでも?
その為に税金で保護しろと?

たとえば世間では
ディズニーやハリウッドの映画、
Jazzやロックなどの音楽を
『世界中の人が楽しんでいる』
と表現しますが?

127 :87=114:02/05/06 16:27
>>126 
>だから長い目で見れば、
>廃れた伝統芸能が何れ日の目を見るとでも?
>その為に税金で保護しろと?
私はこんなこといってませんが?
言ってないことで絡まれても答えようないです。


>たとえば世間では
>ディズニーやハリウッドの映画、
>Jazzやロックなどの音楽を
>『世界中の人が楽しんでいる』
>と表現しますが?
あなたの言う『世間』とあなたの言う『世界中』って
ずいぶん狭いんですね(w

128 :重要無名文化財:02/05/06 16:28
>>126
てめえは視野が狭いんだよ。
読解力がないのも自分で何度も晒さなくても(ワラ

129 :重要無名文化財:02/05/06 16:29
かぶった・・・
1の考える世界的な基準ってどんなの?
まさか欧米圏だけじゃねえよな(ワラ

130 :重要無名文化財:02/05/06 16:30
世界中の人が楽しむのは各自の住処・生まれた土地土地の伝統音楽であることが多い。
なぜならば、テレビやラジオのない土地もあるからだ。

131 :重要無名文化財:02/05/06 16:31
もぉ、なんだぁ、子どもだったのねぇ・・・(w
今日はGW最終日だものねぇ。
┐( -"-)┌ ヤレヤレ


132 :重要無名文化財:02/05/06 16:31
蛇足だか音楽に限んないよ。
自国から出たことのない人も多いもんね。

133 :Fahrenheit99:02/05/06 16:33
交通手段や通信の発達で、
今後文化や娯楽は激しい競争に晒されます。

人々の余暇が突然増えるわけではないので、
必然的に需要の無いものの流通は減り、
既存のものと新規のものの
競争が将来的には世界中の人々の効用を高め、
資源の有効活用になるのではないでしょうか?

民主主義のもとでは
民衆の支持を得られないものを
無理に残す必要はありません。

しつこいようですが、
民主主義は少数意見を抹殺します。

134 :重要無名文化財:02/05/06 16:33
話芸もそうだよね。

135 :重要無名文化財:02/05/06 16:33
自分は嫌われているの自覚してるんだもんな。
被害者面すんなよ。自分で喧嘩売ったくせに。
「今日のところは勘弁したる!」って言いながら
逃げていくところが目に浮かぶ。

136 :重要無名文化財:02/05/06 16:34
競争って概念を持ち出すなよ。
変なドイツ語のコテハンもキモイ。

137 :重要無名文化財:02/05/06 16:35
衆愚って言葉しってる?

138 :重要無名文化財:02/05/06 16:37
植民地主義的な考え方だな、1の思考は。

139 :Fahrenheit99:02/05/06 16:38
今日のところは勘弁したる!

140 :重要無名文化財:02/05/06 16:39
あああ、やっちゃったよ133で自爆って感じね(w

141 :Fahrenheit99:02/05/06 16:39
>>137
「市場の失敗」と言う言葉なら知っています。

142 :重要無名文化財:02/05/06 16:40
>>141
あれ、逃げたんじゃなかったの?
キャップくらい付けろよ。

143 :Fahrenheit99:02/05/06 16:41
>>136
変なドイツ語ではありません。

144 :重要無名文化財:02/05/06 16:41
いや、だから>139は偽者でしょう

145 :重要無名文化財:02/05/06 16:41
>>143
じゃどういう意味?これくらいすぐに答えてくれるよね。
それとも1時間後かな?待てないよお。

146 :重要無名文化財:02/05/06 16:42
>1ってさあ、日本のどこかの(特に山間部など)
郷土芸能とかをやってる人のとこにも
そんなもん必要ないんじゃ、ゴルァ!町内会費のむだじゃぁ!って
殴りこむのかなぁ?
そこんとこよろしく。

147 :Fahrenheit99:02/05/06 16:42
では、そろそろ逃げます。

148 :重要無名文化財:02/05/06 16:42
この後絶対1が
「キャップってなんですか?」
と発言する!

149 :重要無名文化財:02/05/06 16:42
>>144
わかっているよ(ワラ
偽者が出てきたらキャップくらい付けろやってことを
煽りをいれつつ言いたかっただけ。

150 :重要無名文化財:02/05/06 16:43
>>136
だよねえ・・
>>133
>今後文化や娯楽は激しい競争に晒されます。
競争って・・どんな?
売り上げとかそういうこと?
それは芸術・文化の本質とはかんけいないことだし。
文化同士の競争ねえ。
なんか、優劣つけたり、決着つけたりしなくちゃいけないことなの、
文化って。


151 :Fahrenheit99:02/05/06 16:43
今日のところは勘弁したる!

152 :重要無名文化財:02/05/06 16:44
>>150
1の頭にはマーケティングという概念しかないと思われ。

153 :重要無名文化財:02/05/06 16:44
>>133
だから伝統芸能を保護しろって意見かと思ったyp
民主主義のぜい弱さを上げておいて、それを肯定しろとは・・・
サイコパス決定!

154 :重要無名文化財:02/05/06 16:45
で、キャップは付けられそう?
テストしてもいいんだよ(ワラ

155 :重要無名文化財:02/05/06 16:48
しっかし。
「民主主義は少数意見を抹殺する」なんてアホな事言ってるのがすごい(w
蛇足だが、民主主義は少数派の意見をも包括するのが正しい。
日本の民主主義の誤った洗礼を受けた厨房だと言うことが証明されましたね。


156 :重要無名文化財:02/05/06 16:50
自分が流行り物しか興味がないからって
伝芸不要!みたいな意見が吐けるのがすごい。
寛容でないね。

157 :重要無名文化財:02/05/06 16:50
>>146確かにねぇ。
たとえば、伝統工芸品の中には日本の大衆の支持を得てない物、
結構あるよね。でも、政治家は海外要人へのお土産にこういうの使うんだよね。

国のエライさんからしてみたら、国民の多くが
「うわっ高っっっ!おまけに手入れが面倒、使い勝手悪っ。
いらんわ、こんなん・・・」
と思うものでも、「わが国にはこんなに精緻な工芸品がございます」
って感じで、外交上必要だったりするんだよね・・。
そ、これこそが対外的に国の文化度を示す行為にもなりうるわけ。
だから、国の庇護と大衆の支持が一致しなくてもしかたないのよ。
お上の意図するところと、大衆の望みが一致しないなんて当然じゃん。
お上への反発意識が新しい「何か」を生むこともあるんだし。
で、時が立つとそれをお上が庇護して、また新しいものが生まれて・・・
文化的活性化を促すためにこの手の摩擦は必要よ。

158 :重要無名文化財:02/05/06 16:54
何でも合理的か否かで割り切っていたら文化が
存在できる余地がないのでは?
伝芸に限らず現代の芸能文化も。

159 :重要無名文化財:02/05/06 16:56
伝芸ヲタの漏れとしてはジャニーズやアムロなんかの流行者の方が不要だ(w

160 :重要無名文化財:02/05/06 16:57
そうね。1君いろんな考えの人がいるってことだ。

161 :重要無名文化財:02/05/06 16:58
>>157-158
感涙にむせんでおります。
これぞ日本人らしい発言でござりますな。

162 :重要無名文化財:02/05/06 16:59
1、いなくなっちゃった?
>>104で言われたことが悔しくて、無理矢理頑張ってみたけど、
疲れちゃった?
それとも、キャップ練習中かな?

まあ、これだけのレス、1人で相手にするの、大変だろうけど。
っと、ちょっと、情けごころ(w

163 :重要無名文化財:02/05/06 17:00
>160
いやたぶん1はそれでは納得せんぞ。
「民主主義は少数意見を抹殺する」
というような奴だ。
多様性を受け入れられる度量があれば、こんなゴネてない。

164 :重要無名文化財:02/05/06 17:04
>163
わかってるよ。でも言っておきかったんだ。
言わないよりは言ったほうがいいと思った。
すぐには理解できなくても、あとで思い出して
もらえたらと。

でも今の漏れの関心はコテハンの意味のほうだ(ワラ

165 :重要無名文化財:02/05/06 17:06
Fah・ren・heit
[ファーレンハイト]華氏,カ氏((記号)F)

だって

166 :重要無名文化財:02/05/06 17:09
・・・銀英伝厨?>>1

167 :重要無名文化財:02/05/06 17:09
>>165
ありがとう、本人より早かったね。
でも>華氏,カ氏、と言われてもようわからん。
私、頭悪すぎ?

168 :重要無名文化財:02/05/06 17:10
>>166
なんか銀英と関係あるの?
漏れ銀英わかんないんで教えてよ。

169 :重要無名文化財:02/05/06 17:10
>>165
華氏99度って摂氏何度?

170 :重要無名文化財:02/05/06 17:12
銀英伝にファーレンハイトって軍人出てくるよ

171 :重要無名文化財:02/05/06 17:12
>>169
あ、そっかー、そういうことね。
やっぱ私、頭悪すぎだ・・

172 :重要無名文化財:02/05/06 17:15
>>169
そうですか。漏れ、辞書調べてみたものの何で
その名前か1の意図がよくわからなかった。

>>1
で、華氏99度なのか銀英伝オタなのか答えれ。

173 :重要無名文化財:02/05/06 17:15
>>170
え?どんな人なの?
1の意図としては、そっちっぽいのかな?

174 :重要無名文化財:02/05/06 17:16
こりゃ完璧に逃げたっぽい

175 :重要無名文化財:02/05/06 17:17
みなさん、黄金厨のおもり、おつかれさまでした。

176 :重要無名文化財:02/05/06 17:17
つまんないね。あれだけ威勢がよかったのに。

177 :重要無名文化財:02/05/06 17:18
>>162
ってか、>>151って、ひょっとして本物だった?!

178 :重要無名文化財:02/05/06 17:18
>>177
まさか!

179 :重要無名文化財:02/05/06 17:20
>>170

Adalbert von Fahrenheit
水色の瞳。下級貴族出身で,食うために軍人になったと広言している。
機動性に富んだ速攻の用兵に定評があるが,迎撃戦ではやや粘りに
欠けるともいわれる。その貴公子然とした容貌からは,先制攻撃を得
意とする猛将とは思えないが,リップシュタット戦役の際はブラウンシュ
ヴァイク公の理不尽な出撃命令に断固反対するなど,一本筋の通った
良将である。回廊の戦いでは同じタイプのビッテンフェルトと組んだこと
が徒になったか,らしさをみせられぬまま敗れた感がある。旗艦アース
グリム(第1巻・第1章)
002年 1月,マル・アデッタ星域会戦。4月30日,「回廊の
戦い」で戦死。死後,元帥


180 :重要無名文化財:02/05/06 17:21
>迎撃戦ではやや粘りに欠けるともいわれる

ワラタ

181 :重要無名文化財:02/05/06 17:22
>>180
禿藁!

182 :重要無名文化財:02/05/06 17:23
もう少しで最後の書き込みから1時間だから
帰ってくるかもしれないね。

183 :重要無名文化財:02/05/06 17:30
>>169
だいたい摂氏37.2度。
平熱ってとこかな?

184 :重要無名文化財:02/05/06 17:33
微熱?

185 :重要無名文化財:02/05/06 17:35
>機動性に富んだ速攻の用兵に定評がある
んじゃなかったのかよーう!

186 :重要無名文化財:02/05/06 17:43
そんなヘタレなFahrenheitたんが好き(はあと

187 :重要無名文化財:02/05/06 17:46
英伝ネタやめれ

188 :重要無名文化財:02/05/06 17:48
ゴメソ99が抜けていた(鬱
銀英ネタしたわけじゃないよ。
これも1が出てこないのが悪いんだな。

189 :重要無名文化財:02/05/06 17:49
間つなぎなんだろうけど
もうしばらくは出てこんだろう・・・

190 :重要無名文化財:02/05/06 17:49
変なドイツ語じゃないって1はムキになっていたから
銀英がハンドルの由来ではないかと書いてみるテスト

191 :重要無名文化財:02/05/06 18:15
>>190
可笑し過ぎ!!!
(ってか哀しすぎ・・・

192 :重要無名文化財:02/05/06 18:21
ディオールだったかな、とにかく、
海外のファッションメゾンのメンズフレグランスにも
ファーレンハイトってあるよ。

193 :重要無名文化財:02/05/06 18:24
じゃ、1ってお洒落さん?

194 :重要無名文化財:02/05/06 18:30
SNKのコスプレサークルにもそういう名前のとこがある様子。

195 :重要無名文化財:02/05/06 18:35
ただの1叩き(からかい?)ネタは、つまんない・・
なんだかんだ言って、スレ主催者がいないと、つまんないのね。

196 :重要無名文化財:02/05/06 18:36
そりゃそうだ。
漏れは叩いてないよ。別に。
単に1のこと知りたいだけ。1が出てくるまでのつなぎって
程度。

197 :重要無名文化財:02/05/06 18:46
野球が国民的人気スポーツだった頃は、
ビジネスが高度経済成長時でも、
ゆっくり時間を掛ける熟慮型思考で、
和魂洋才の精神だったと思う。
サッカーが人気スポーツとして近年台頭して来てからは、
世の中全体が疾走して瞬時に膨大な情報量を仕分けし、
即断、即決しなければならないので、
逆転の発想の洋魂和才にシフトして来ているのかも…

そういえば茶どころ県はサッカー強いですねぇ。
静岡、埼玉

スレ違いスマソ

198 :重要無名文化財:02/05/06 19:26
>>197
ごめんね、サッカーとか野球とか、別にあんまり関係ないと思うな、私は。


199 :重要無名文化財:02/05/06 19:51
ビジネスをサバイバルウォーの世界に変えてくれちゃったのは、
あめちゃんなんだけどさ、今更恨み言逝っても始まらないから、
これからは日本人各人が自衛でなんとか切り抜けようっちゅーわけよ。

のんびりルーチンワークやってた弥生時代以来続く農耕民族型社会から、
縄文時代並みの狩猟民族生活に逆戻りね(藁
田畑耕してればよかったのが、いきなりジャングルに放り出されたわけ。

サバイバルが熾烈になるから、自分のペースでする仕事が好きな人は、
NGO、NPOに入るか、SOHOすればいいわけ。

しかし、高収入で高度な技能、知識を有する人でも、
精神構造が脆弱な人が少なからずいる。
そんな人がカルトに入信したり、湯奈母魔亜になったりする。
それを防ぐために、産学協同でメンタルヘルス教育も同時進行で、
進めなければならないと思われ。

伝統芸能を始めとする芸術に親しむのは、
繊細な感受性を育むと同時に、心の安らぎ、魂の解放につながると思うよ。
オフは大切。なくちゃダメダメ(藁

200 :198:02/05/06 19:54
>>198
遅レスでスマソ

199を続けて書きたかったけど、
違うことしてたのよん(藁
オフに芸術に身をゆだねるお勧めをしたかったの。
好き嫌いはあるだろうから、
やるやらない、見る見ないはご自由に…かな?

201 :重要無名文化財:02/05/06 20:43
華氏微熱サンは、
伝統芸能が世界に通用する「娯楽」になったり
多くの人の「楽しみ」になったりするなら、
保護する意味が見出せると思っているのかな。

娯楽や楽しみの要素がある伝統芸能もあるけれど、
そうじゃないから保護が必要なのだと思うな。

202 :重要無名文化財:02/05/06 20:58
楽しみや娯楽だけでは文化は語れんよ。
そこに保護する意味を見出すのも変な話。

203 :重要無名文化財:02/05/06 21:05
みんなが楽しいと思うもので、娯楽性が豊かなものなら
わざわざ保護する必要もないわけだし。
保護したから、楽しくなったり娯楽性が生じるわけでもないし。

204 :重要無名文化財:02/05/06 21:07
華氏微熱さんね・・・
みんなこうやって親切にレス付けてくれてるんだよ。
今どうしてるのか?GWも終わって逃亡?
立て逃げはよしてよ。

205 :重要無名文化財:02/05/06 21:24
まあねえ、1さんだって、2ちゃんばっかしてるわけでも
ないだろうしさ、出かけてることだってあり得るわさ
逃げたとは限らないけどさ

・・また来るかな・・ちょっと不安


206 :重要無名文化財:02/05/06 21:29
他板にもスレ立てて、そっちがいそがしいーんじゃん
>1。

207 :重要無名文化財:02/05/06 21:35
>>206
なるほどー
でも、だいたいが伝芸板で、こんな論議ぶちかまそうだなんて、
喧嘩したかった(自分の論客ぶりを試したかったとか?)としか
思えんのだけど
多くの賛同を得られるとは、まさか思ってなかったでしょ
なのに、途中でイヤになっちゃったんだろうか

208 :重要無名文化財:02/05/06 21:50
ウヨ坊ー、外務省北米1課を売国奴呼ばわりして、街宣車走らせるなYO(藁
北米2課(んなのあんのか?)のカナダ担当部署、欧州、アジア担当部署が、
国民の期待に応えて愛国心溢れる仕事してくれっからYO
そう言うことなら、喜んでみんな税金払うぜぇー

とんでもなく板違いスマソ
突っ込みなしね(藁
逝ってきます

209 :208:02/05/06 21:52
をっと、ゴメンYO
アフリカ、オセアニア、その他の国担当さんも頑張ってね>外務省さん

210 :重要無名文化財:02/05/06 21:55
>>74
海外経験が豊富だそうだけど、わざわざ日本に来ている外国人と
話したことはない? 彼等の多くは日本の伝統文化・芸能に敬意を持ってて、
当の日本人があまりに自国の文化を蔑ろにしていることにショックを受けてるよ。
日本に来ている外国人の多くは外資系の企業に勤めていたり、
西洋志向の人が多い英会話教室で教えていたりするし、
友達や恋人はクラブや何かで知り合った人が多かったりするから、
日本の伝統文化・芸能に詳しい人が自分の周囲で見つからないらしい。
現代の日本にもう武士がいないことは知っていても、
サムライ魂を持った人間には会えると期待して日本に来ても、
そういう人がなかなか見つからない。どうしてもっと自分達の文化を
大切にしないのか?と聞かれたことが何度もあるよ。
伝統文化・芸能に税金を使うなんて勿体ないと彼等から言われたことはない。

あなたのように視野の狭い、偏った考えの持ち主が海外に出て行って、
日本人の代表のように思われているのだとしたら、とても恐ろしいと私は思う。

211 :重要無名文化財:02/05/06 22:06
>>206
どこに立ててるの?おせーて。

212 :重要無名文化財:02/05/06 22:06
>>210
鋭い、禿同デス

213 :重要無名文化財:02/05/06 22:10
>>210
確かに。
サムライ魂云々はともかくとして(ワラ
古くから綿々と受け継がれているものに畏敬の念があるようだ。
彼らの多くが自国の文化も大切にしているし、他国の文化にも
敬意を表している。

214 :206:02/05/06 22:11
捜索中ーー
ひまだなー、漏れって。(悲すぃ

215 :重要無名文化財:02/05/06 22:13
>>206
がんがれ!漏れもメシが終わったら捜索するYO!

216 :重要無名文化財:02/05/06 22:15
見つかった?脅威の小宇宙でのたれ死にの新しいスレは。

217 :5です:02/05/06 22:46
>>210
禿同です。
私が和楽器を習い始めたのって、
海外経験のある人や、日本で学ぶ外国人の言葉が発端だったので。
それで、自分で興味の持てるものを探したのですが、
なかなか情報がなかったので、(インターネットが市民権を得る前だったし)
もっともっと、国が伝統芸能に予算を使ってくれれば、と思っていました。

友達とか同僚に演奏を聞いてもらうと、
「自分も何か習い事したかったのに(お琴や三味線)機会がなかった」という人が
少なからずいます。(多数とは言いませんが。)
その意味で、伝統芸能をアピールする機会がもっとあれば、
もっと発展する余地もあるんじゃないかなって思うんです。

218 :重要無名文化財:02/05/06 23:09
でも情けないよね、自国の文化に関心がなく、
外国の方に気付かされる漏れたちは。
どうしてこんなことになったんだろうな。

219 :重要無名文化財:02/05/07 00:19
>>74
あと、話題の選択というのもあると思う。
たとえばイギリスから来た人と話をするとき、
相手によって話題を変えるんじゃないかなあ。
相手がビジネスマンならトニー・ブレアの話題を振る。
威勢のいい若者だったらマイケル・オーウェンの話を。
キャピキャピした女の子ならウィリアム王子のことを。
知的な雰囲気の人だったらシェイクスピア悲劇について。
誰でも相手によって無意識のうちに話題を選んでいるはず。

1さんは仕事で海外に行くことがあるらしいから、
政治経済関係とか、ビジネスにつながりそうなアニメとか、
そういう話題が多くなる傾向があるんじゃないかと思う。
私は逆にアニメの話題は振られたことがないです。

220 :重要無名文化財:02/05/07 00:19
終了の予感

221 :重要無名文化財:02/05/07 00:20
アニメがビジネスにつながるか?
単なるオタだから振られているんじゃ(ワラ

222 :重要無名文化財:02/05/07 00:25
>>219
それって話をする人が話し相手の文化について精通
(というか勉強していて理解している)から選択が
可能なのでは?
そこまで他国の文化を理解している人は一般に少ないと思う。

223 :重要無名文化財:02/05/07 00:40
>>222
それほどおおげさなことでなくって、
単に話題を選ぶんじゃないかってことです。
たとえばビジネスマン相手に芸術の話をするより、
政治経済の話をする人は多いだろうって程度です。
しつこく例を挙げたのでかえって混乱したくさい。ごめん。

それから、日本のアニメは欧米でものすごく
ビジネスになってるよ>>221
オタである可能性は否定しないけどさ。

224 :重要無名文化財:02/05/07 00:49
>>223
了解。漏れもチョト混乱していた。

日本のアニメ、欧米やアジアでも人気あるよね。
セーラームーンがイタリアで人気がありすぎて、かの地の学者が
セーラームーンを視聴すると同性愛者になる原因になるとか
トンデモ学説を出したりするくらい。

スレ違いスマソ

225 :重要無名文化財:02/05/07 01:07
もうどうでもいいことじゃん
1はいなくなったんだし
終わりにしようよ

226 :重要無名文化財:02/05/07 01:11
しょーもな
尻切れとんぼ
結局駄スレだったっつーことね

227 :重要無名文化財:02/05/07 01:15
実は1が名無しで書き込んでたりして(藁

228 :重要無名文化財:02/05/07 04:39
桃太郎が泣いてるYO

うぇ〜ん、ミッキーがハジキ持ってオイラを虐めるんだよ〜

機関車トーマス、タンタン、トッポジージョ、助けてくれ〜

※注 こんなオイラもディズニーマンセー(藁
ワーナーのカートゥーンネットワークch中毒、ヤヴァイ

229 :重要無名文化財:02/05/07 05:23
教育板に書くのコワイんで、ここにコソーリ書くわ(藁
だってあそこ、先生バカーリ集まってんでしょ?
コピペは自由にしていいYO

勉強嫌いの消防、厨房、公房はこう考えてはどうだろう?
エデュケーション=リーサルウエポン ちと大げさ?(藁
生き抜き、闘いに勝つ為に勉強するのじゃ。
生きる事自体が戦なのだ。
もうごまかさないで、ハッキリ言っちゃっていいと思う。

でも勉強(あるいは仕事)のみでは精神が荒廃し、心が乾いてしまう。
心を養う為に、スポーツ、芸術の存在意義があると思うよ。

それと今じゃ、そこらのあんちゃん、ねえちゃんも海外に留学するでしょ?
イタ飯、フレンチ、パン、お菓子、リカーショップの2代目なんかそう。
彼らが、華道、茶道、武道を教えてよって、留学先のおじちゃん、おばちゃんに、
せがまれる場合が往々にしてあるんじゃないかな?
そんな時に伝統芸能を最低限度身につけておくと恥をかかないで済むYO
一国の大使より強力な民間外交を果たせると思われ。
勉強しながら、日本の文化を広報してもらおう。
日本人の若者は海外に出たら積極的に、母国に恩返ししてほしい。

230 :229:02/05/07 05:27
漏れはウィーンのANAホテルウィーンで、
お琴抱えて走り回る和服のご夫人を目撃した事あるYO

伝統芸能身につけるのは、大変かもしれないが、
学校の音楽部関係のクラブ活動で邦楽部があってもいいね。
歌舞伎、能、狂言、落語は最低鑑賞会を義務付けるとかしないと…

231 :重要無名文化財:02/05/07 09:41
>>229
留学方向に意識が向いていて、本来日本の伝統的なことになど
特に興味を持っていない人に、「恥をかかないために」付け焼き刃で
勉強した程度のことを、「これが日本の文化です」と、
広報などしてもらいたくない。
言語などと違い、今の日本では、特に自分で興味を持って勉強したり
しない限りは、日本の伝統文化は身に付かない。
悲しいことだけど、その日本の現状・事実を伝える方が、正しいと思う。
見栄をはって、大して知りもしないことを伝えられたり、
偽物を披露されたりしたくない。
>一国の大使より強力な民間外交を果たせる
のだから、尚更。

232 :重要無名文化財:02/05/07 09:43
茶席にBGM流すとかナントカいうスレもあったよねぇ。
あれなんてその典型かと>>231

233 :重要無名文化財:02/05/07 09:47
>>231-232
それだからこそ、意識しない義務教育下の早いうちに、
子供の頃から親しませたほうがよいと思う。
甘ちゃんかもしらんが、1意見とゆーことで。


234 :重要無名文化財:02/05/07 10:06
皆さんの意見を色々読ませて頂いてますが、
空論が多くてどうも腑に落ちない。
「外国に対して恥ずかしい」とか、
「日本人のアイデンティティの核だから」とか、
相対的な、また抽象的な価値観以外に、
何か伝統文化に対する、地に脚の着いた意義付けはないものか?
「自分にとっての伝統文化とは?」という、
懐疑と愛憎とを見据えた、自己認識に基づく意見が知りたいでーす。

235 :重要無名文化財:02/05/07 10:13
>>233
ところがね・・・
そもそもその義務教育で音楽教える先生が、付け焼き刃だから
もうどうしようもない。
西洋音楽と、邦楽は、いまの時点で激しく「精神的」に異文化で、
それぞれが、お互いを認めないっていう方向で教育された
(そういう考えを植えつけられた)人が多いわけよね。
もちろんそうでない人も多いだろうけども。
心の底では、「邦楽なんて程度の低い音楽」なんて思っている
音楽の先生も少なからずいるわけよ。
それが、ここへきてお国の決定で、大した準備期間ももらえずに
いきなり邦楽を授業に取り入れなくちゃいけなくなった。
邦楽に対して偏見を持っている可能性の少なくない人たちが、
国の方針に従う為に、それこそ付け焼き刃で学んだ程度で、
まっさらな小学生たちに邦楽を教える・・・・
このことは、真に邦楽を、日本の文化を大事に思う者として、
決して喜ばしいことではないと感じる。


236 :重要無名文化財:02/05/07 10:15
>>234
1ハケーン!

237 :233:02/05/07 10:26
>>235
いーっ、現場ではそんな事になってるの?
カナーリ、ヤヴァイ(藁
まいったな〜
これも生みの苦しみの為に乗り越えなきゃならない、過渡期なのかなー

238 :重要無名文化財:02/05/07 10:42
>>237
結局芸能そのものに愛情や敬意を感じてなんかいない人の方が多い。
>>210的な意見が結構正論らしくまかり通ってるけどそれこそまずい。
海外で自己主張しそこなったコンプの捌け口に使うのはやめて欲しいものだ。
そんなわけで>>231に同感。

239 :重要無名文化財:02/05/07 10:43
基礎的な躾などと同様に「文化」を教えると言うのは、
公の教育機関では限界のあることだよね。
どうしたって、家庭の教育力が問題になる。
戦前と違ってピアノやヴァイオリンは現代では
庶民でもやるメジャーなお稽古だが、邦楽となると・・・、
単なる知識として子どもの頭の中に注ぎ込むってだけじゃ、
「伝統文化を大切に」と言うところまでは至らないものね。
嗜みのある親を持つ子はそういう点非常に恵まれていると言える。
階級分化を加速させることにも繋がるかもしれない。
それが悪いとはいえないけどね。

240 :重要無名文化財:02/05/07 10:48
>>239
近頃の伝統芸能を支える高所得者層の顔を見るべし。
たしなみのある親なんて皆無。
端的に言って着物着せて喜んでるだけみたいなところがある。
残念ながら(?)日本の階級差は所得のみだから分化したところで
文化に対する貢献度は残念だが期待できない。

241 :239>240:02/05/07 10:56
いや、今現在所得を得てる世代じゃなくてさ・・・。
嫌味や皮肉じゃなく、「嗜み深い」人ってのは多くはないけど、
いるとは思うんだ。で、学校でもそういう「文化」方面の教育に
力を入れるようになると、そういった方面に造詣深い家庭は
注目されることになり、経済的に豊かな家では、
それを見習おうと、猿真似かもしれないが、一応動き出す可能性もある。
「じゃ、うちも、子どもにコレコレさせよう、なに、金はある」(w
ってなる可能性よ。
親が所得が高いだけの俗物でも、その所得ゆえにそういった教育を
子どものうちに受けることが出来るとしたら・・・
そりゃもちろん、「親そっくりの似非教養人」
が多く育っていく弊害も多々ありましょうが、
良い師匠にめぐり合って、自分の親の間違いに気付き、
所得のみではない内実の伴った若い世代が育つかもしれないな、と。
それはつまり、世代の交代に連れて階級分化が進む、ことになるっしょ。

242 :重要無名文化財:02/05/07 11:03
>>239
あ〜公の教育機関には、どうにも重荷なのかなー。
では地域的な視点から見てどうだろう?
大阪、京都、金沢は見聞きする話では、
個人レベルでの邦楽の稽古が盛んなようだ。
どこぞのスレでガイシュツだが、
大阪には公立高校に邦楽科があるらしい(伝聞)。
関東ではとくに芸能者の家でない限り、
上に挙げた地域と比べると盛んではないかもな。

>>240
スキー、テニスと同じで形から入る人が多いっちゅ事ですか(藁
ハァ〜

243 :242:02/05/07 11:06
>>241
おぉ、瞠目のご意見頂戴仕る(藁


244 :重要無名文化財:02/05/07 11:13
でも、(あまりに子どもじみた正論で赤面しちゃうけど)
社会全体で子どもを育てる。良い伝統を次世代に託す。
ってそういうことだと思うな。長い目で社会全体を見ると言うか。
ダメダメな親の子でも、親以外のイイ大人を見ることチャンスが
たくさんあれば、ちゃんと育つと思うし・・・。
ダメな親とダメな学校教育しか知らずに育つより、
同じ家庭で育っても、同じ学校に通っても、
日本のいい物を伝えるちゃんとした大人に接する機会があれば、
柔軟で素直なうちに、そういう機会をたくさん与えたら、
その世代は、ずいぶん、変わる、と、期待したい。

245 :重要無名文化財:02/05/07 11:22
>>244
うん、それが平和を維持する、
小さな1歩へ踏み出す事なら同意するよ。
やっぱ楽しく生きてお金を儲けたいもんね(藁
平和を維持するのも命がけなんだと、初めて知った漏れだった。

246 :重要無名文化財:02/05/07 11:24
むづかしいはなしを・・・・・

247 :重要無名文化財:02/05/07 11:28
え?あ、ごめん、簡単すぎてムカついちゃった?
もっと形而上的な話をするスレだったの?
でも、私も思ったことを一つだけ。
幼稚園や小学校低学年の子達って、ホント素直だよ。
顔が赤うなるようなベタな正論でも「○○はいけないんだよ、
そんなことをするのは、恥ずかしいことだよ」なんて、
真剣にまっすぐ言えちゃうんだよね。こういう時期の教育って、
確かに大事だと思う。

248 :重要無名文化財:02/05/07 11:30
>>238
231ですが・・・あなたは日本の伝統芸能や文化に、愛情や敬意を
持っていますか?

249 :重要無名文化財:02/05/07 11:31
>>246
スレから外れてスマソだが、
漏れみたいな人間がたくさんいるのが当たり前で、
漏れなんかが珍しがられない日本に早くなってほしい。
今の漏れの状態は異常だよ(藁

250 :重要無名文化財:02/05/07 11:37
一概には言えないけれど、高所得者にとっての
伝統芸能は娯楽なんだよ。プロになるならまだしも。
公の教育機関にそれを求めても、子供達の受け入れ態勢が違うだろ。
高所得者の家庭の子供には、早くから色々な知識を与えられるから
選択肢は広がるだろうし、伝統を守るというより新発想が
生まれやすくはなるかも知れない。
それはそれで面白いと思う。

結局は、温故知新と言うように昔ながらの伝統も生き残らなければ
比較のしようもない。現代人には、逆に新鮮さも与える事もあるし
日本人の心は、そう今も昔も根本的には変わらないと気づく事もある。
歴史を知る事は大切だと思う。


251 :重要無名文化財:02/05/07 11:38
ねえねえ、1が消えてから、ここ、良いスレになってきてない?

252 :重要無名文化財:02/05/07 11:55
西欧マンセーではないつもりだけど。
例えばフランスでは、大きな組織のトップや著名な政治家などは、
大抵、富裕層の出身なんだそう(もちろん例外もあるけど)
フランスの私立学校って言うのはアメリカやイギリスは言うに及ばず、
日本と比べても、それほど金嵩のかかるものではないから、
お金があるから名門私学に行けてエリート街道まっしぐら・・
と言うことではなんだそう。
じゃ、なにかと言ったら、「文化」マンセーのおフランスでは、
社会的成功を収めるにはどうしたって、学科教育では身に付かない
『教養』と呼ばれる面が非常に大切なんだとか。
で、そうなると、家中に大量の書物、楽器、美術品があり、
それらと“戯れる”ことのできる祖父母や両親を持った子は、
そうでない子に比べたら、スタート地点が大幅に違う、と。
そりゃあ、そういう教育を受けた上で、鼻持ちならないスノッブに育つ人は、
どこにでもいるから、それが全面的に『素敵ですわね♪』とは言わないけど
文化だ伝統だとなると、結局は、家庭の教育力に行き着くよね、やはし。

253 :重要無名文化財:02/05/07 12:02
>>252
ハァ〜タメ息
手近な所で博物館、美術館見学教育に力入れる、
観劇、コンサート鑑賞させるぐらいしか、
思いつかないのが情けない。

254 :重要無名文化財:02/05/07 12:08
おフランスって左翼系の政治家もブルジョワのボンやお嬢だものね。
キャビア・ゴーシュとか言うんだっけ?

255 :重要無名文化財:02/05/07 12:09
>>252
同意。身分格差は日本より欧米のほうが激しいかもね。

悲しいけれど学校に文化教育を期待してもだめだよ。
特に音楽教育のジャンルはもう全滅に近い状況だから
何とかなればいいと思うけど・・・
音楽教育の現場が233みたいになっているし。
教員の養成方法が煮詰まっていると思う。
戦後になって日本音楽(雅楽以来の)への取り組みが劇的に変化してしまい、
昔のことがどんどん忘れられて(意図的に?)いっている。
本当に伝統が風化するのは早いから、早急にこの問題は
取り組まれなければまずいよ。

256 :重要無名文化財:02/05/07 12:10
>>253
でもそれでいいんじゃない?
まずははじめることが重要。

257 :重要無名文化財:02/05/07 12:17
伝統が風化するのはマズイ?

258 :重要無名文化財:02/05/07 12:19
>>257
貴重な文化が死んでいくのは見てて忍びないと思うが
何か?

259 :重要無名文化財:02/05/07 12:19
補足。それも世界的に見て貴重なものだったとしたら?

260 :重要無名文化財:02/05/07 12:22
>>252
文化的再生産の問題だね。
さて日本文化を教養という概念にうまく組み入れることができるだろうか?
例えば能観て謡習うのは武士、歌舞伎観て清元習うのは町人というように支える芸能と階級は
密接につながっていたわけだけど今は伝統芸能全般がお上品という勘違いが広まっちゃってる。
肯定していいとは思わないけど良家の子女が日舞や三味線習うなんて下品、とか
そういう感覚がないまま新たな階級分化が進むとかなり間抜けな状況になっていくよね。
この点が既存の芸能への悪影響になりかねない。
その辺りがお茶やお花と違って結構面倒な問題だと思う。

261 :重要無名文化財:02/05/07 12:27
>>260
うーむ、階級文化を絡めるのでなくてほかの道は探れないのかな?
それこそ時代錯誤だよ。
階級文化等の基礎知識を頭に入れておけば変なことには
ならないのでは?
既存の芸能への悪影響ってどんなのよ?

262 :重要無名文化財:02/05/07 12:30
伝統芸能っつたって能と歌舞伎ち三味線と琴と日舞ばかりじゃねーだろ。
室町以降のものしかないのかよ。


263 :重要無名文化財:02/05/07 12:30
>>261
逆説的に非常に時代錯誤なことを言ってみたんだけど
その基礎知識をうまく伝える方法が必要だね。
悪影響ってのはつまり、、下品な良さってあるでしょ。
スリリングで生臭い部分。そういうところが無くなってくと
非常につまらないものになるのはいやだな、ってこと。

264 :重要無名文化財:02/05/07 12:33
>>262
とりあえず一般的なものを出してみただけ。

265 :重要無名文化財:02/05/07 12:35
>>263
そうね。基礎知識を伝えるのは難しい。
その基礎知識も実践している人たちと、研究している人たちの
間では乖離しているところがある。
下品なよさ、ってそればっかじゃないと思うが(ワラ
良くも悪くも上品だというイメージがあるのが
現在の芸能の姿なんだろうね。

266 :重要無名文化財:02/05/07 12:38
発祥当時は下賎のするものとされている芸能だって
時間が経つごとに上品(ハイソなもの)とされることも往々にしてある。
それが芸能。

267 :重要無名文化財:02/05/07 12:40
品と言う言葉で上と下をつけると難しくなるけど、
成立のきっかけが
『酒席に侍る(時には色も売る)女性達が座敷で披露する技芸』
から始まったものでも、
その辺は柔軟に捉えていくことは可能じゃないかな。
江戸期以前の身分階級意識を再興するわけじゃないし。

お茶だってお香だって、もともとは男子のたしなみで、
女子の入門を禁じてた。でも現在では女性のほうが多い。

私はむしろ、せっせと働く高額納税男性と、優雅にお稽古に励むその妻、
という構図のほうに問題を感じる。
男女を問わず、高所得者の実に多くが多忙過ぎて
芸事を愉しむ余裕を持たないという現状も『文化』の発展の妨げかと。
富裕層・有産階級が出来てしまうなら出来てしまうで、
そういった高額所得の男性諸氏の文化教養度の向上と貢献を
ぜひ、期待したいっすね。それこそ昔の『旦那衆』的な。

268 :重要無名文化財:02/05/07 12:43
>>267
なぜに高額所得者?
最初の段落は禿同だが。

269 :重要無名文化財:02/05/07 12:47
接待ゴルフ(今は以前より大分減ったが)やるより、
地位のある男は自宅で『茶事』を催し、呼ばれた人は
道具や掛け軸や茶室や庭のことを知らないと恥かくぅ。
でも、呼ばれるのはステイタスだから、がんばる!
という状況になる、なんていう状況もいいかなぁと。
奥様やお嬢様のサロン的お稽古が役に立つ機会にもなるし(w
袴を着けたお坊ちゃまが半東なぞしてると可愛いし(w
ま、これは冗談としても

270 :重要無名文化財:02/05/07 12:49
>>269
まあ、それもいいかもしれんが、ステイタスって概念で
伝統芸能の活性化を図るのは歪んだ方向になりそう。
それこそ階級文化の再現にしかならないと思うが?

271 :重要無名文化財:02/05/07 12:49
>>268 階級分化を絡めてレスしてる人があったから。
文化の庇護にはお金もかかるし、余裕のある方には、
ぜひ、その手の方面のバックアップを願いたいじゃないですか。

272 :重要無名文化財:02/05/07 12:50
ウーン、どうも私はここの皆さんとは考え方が違うようです(当然?)
勘違い伝統芸能が台頭して権力を手にしてゆく様もなかなか
カッコイイとか思ってしまう。 

273 :重要無名文化財:02/05/07 12:53
>>271
なるほど。現実的な問題だな、金の問題は。
漏れもスケールの大きいパトロンの出現を望むよ。
成金には難しいかもしらんが(ワラ

274 :重要無名文化財:02/05/07 12:53
>>272
勘違いって?どんなの?

275 :269>270:02/05/07 12:53
うん、誤解される書き方だったね。
ステイタスだから憧れるってのは、
私もよろしくないとは思ってる。
でも『ステイタスだ』とでも思わないと、
それに関わろうとしない人もいるでしょ。
始まりはそれでもいいかな、とね、思ったの。
ステイタスだと思って、現在の大人たちが
芸道に励みだし、わが子にもそれをと動き出す。
子どもの世代には、もっと内面的なものを伝えられれば、とね。
伝統だとか、文化だとか、芸術だとかって、
二、三代かける気で取り組んだほうがいいように思った。

276 :重要無名文化財:02/05/07 13:00
>>275
なるほど。
取っ掛かりとしてはありかもな。
ただ階級文化の再現につながりうる、非常に危なっかしい要素を
はらんだものになりそうだけど。

ステイタス以外に取っ掛かりとしてありうるファクターはあるかなあ。
内面の豊かさの追求、癒し(漏れこの言葉は好きじゃないけど)とかか?

277 :重要無名文化財:02/05/07 13:01
>>272
違わないよ。もともと芸能ってそんなもんだよ。
今様なんてそうじゃん。

278 :重要無名文化財:02/05/07 13:07
>>274
例えば、今の音楽の先生が教えた場合の邦楽とか。

279 :重要無名文化財:02/05/07 13:13
>>278=>>272
274ではないが
そういう意味だったの?>勘違い伝統芸能
それが台頭して権力を手にするのが・・・カッコイイ?


280 :重要無名文化財:02/05/07 13:16
芸術とか元々感性や想像力から生まれてくるもんだから
教師が教えたものを鵜呑みにするようなのは、センスがない
と思って良いと思う。今時、がっこの先生に期待するような
親は少なくなったよ。悲しい事に。学びたいなら専門家だよ。

高額所得者にとっては、伝芸を娯楽にするのがステイタスかも知れない。
自分達の仕事はあるんだから、遊びで良いよ。
その中から、何かを学べたらまた楽しいしね。
実際、ゆとりがないと幅広くは楽しめない。


281 :重要無名文化財:02/05/07 13:25
>>278
272です。
そりゃ違うだろ(ワラ
面白くない回答だな。

282 :重要無名文化財:02/05/07 13:28
>>280
ガッコ以外で啓蒙(ワラに取り組めそうなところはあるのか?
普通の人だったらいきなり専門家のとこに行くのも億劫になるような。

283 :重要無名文化財:02/05/07 13:54
そうかな?その人が欲さんとする度合いだと思いますけど。
段階を踏んで行けば良いのでは?

284 :282:02/05/07 14:02
専門家もいいが、もっと間口が広げられたらいいと思う。
インフォメーションがなければ興味ももてないだろうし。
そんな程度の意味で書き込んだんだよ。

285 :重要無名文化財:02/05/07 14:12
今までよりかは小学校・中学校(特に私立)では授業に取り入れてるけれど。
例えば具体的にどうしたいの?


286 :重要無名文化財:02/05/07 14:12
授業に取り入れてるっていっても質が問題だろ。

287 :重要無名文化財:02/05/07 14:15
じゃ、今はどういう風に授業に取り入れられてるの?
教えている先生たちは日本音楽の勉強しているの?

288 :重要無名文化財:02/05/07 14:31
子供達(家族)に外に出て貰って専門家を尋ねたりレポート取らせてる。
あと地域のボランティアの人たちを呼んで講習会をしたり。
それで上質を求めたいなら無理。今ゆとり教育問題(学校週五日制)で
それどころじゃないし。お受験版とか行ってみたら?頭痛いよ。

289 :重要無名文化財:02/05/07 14:36
がっこじゃ望めないってわけね。ふうん。
そんなに大変なら伝統教育はやらない方がましなんじゃないの?
教える方が余裕もなくてお受験で必死なら教わる方も不幸。
悪影響しか出ないんじゃないか?

子供の時分から余裕もないし、文化的なものに触れることも少なければ
ますます文化的な教養は身に付かなくなっておしまいだね。

290 :重要無名文化財:02/05/07 14:39
上質がむりってそれは違うんじゃねえの?
取り上げる時間は少ないながらも工夫次第で
密度の濃い時間が持てるはず。

291 :重要無名文化財:02/05/07 15:03
ん〜、だから学校選びが大変なの。
現実を見てきてるからね。それで何度悩まされたか。
皆に気に入られるような物なんて無理。
諦められないならもっと回りも協力してくださ〜い。
貴方の言う上質とはどんな物なんでしょう?




292 :重要無名文化財:02/05/07 15:05
>>290
うん、それはやり方次第で何とでもなる。

論議がかまびすしい学校週五日制だって、
この先どんな劇的な変化を遂げるかもしれないよ。
先の事までは分からない。

293 :重要無名文化財:02/05/07 15:08
>>291
>ん〜、だから学校選びが大変なの。
>現実を見てきてるからね。それで何度悩まされたか。
>皆に気に入られるような物なんて無理。
>諦められないならもっと回りも協力してくださ〜い。

よくわかんないな。あなたはどういう関係の人で
何をしているのか。
みんなに気に入られるもの云々っていうのも?だし。
そういう風なことは書いてないよ。
協力つったって何だかわからんものにはできんだろ。

294 :重要無名文化財:02/05/07 15:09
先生は選べないよ。当たり外れ。

295 :重要無名文化財:02/05/07 15:09
深刻になってもしょうがない
嵐がすぎるのを待つことも大切876

296 :295:02/05/07 15:10
スマソ誤爆です・・・

297 :重要無名文化財:02/05/07 15:11
学校での芸術教育は音楽や美術考えればわかるように
伝統芸能以前にあんまりうまくいってないよね・・・

298 :重要無名文化財:02/05/07 15:12
>293
私も貴方が求めている物やどう言う関係の人かわからない。


299 :重要無名文化財:02/05/07 15:12
>>297
禿同。


300 :重要無名文化財:02/05/07 15:15
>>298
私は伝芸関係のことを研究いるの。音楽の方。
で、今の音楽教育がかなり偏った内容に行きがちなのが
気になる。
もっと伝統芸能のよさを取り入れた教育が行われれば
いいと思う。

これでいいだろ。さあ、あんたの番だ。

301 :300:02/05/07 15:16
うお、タイプミス。スマソ

302 :重要無名文化財:02/05/07 15:20
何か1っぽい書き方じゃねえか?>298

303 :重要無名文化財:02/05/07 15:21
邦楽走者がボランティアで出向いても教務の人が妙な反応を示すこともしばしば。
邪魔者扱いする学校もある。

304 :重要無名文化財:02/05/07 15:23
>>303
それは学校側から望まれて?
それとも押しかけ?

305 :重要無名文化財:02/05/07 15:25
それがまた「望まれて」教育委員会からも請願されて〜(泣

306 :重要無名文化財:02/05/07 15:27
>>305
気の毒だったねえ。
何でかな。どんな感じの応対をされるの?

307 :重要無名文化財:02/05/07 15:29
>>303
邦楽走者って・・・どんな人?

308 :重要無名文化財:02/05/07 15:30
>300
私は地域のボランティア活動をやってる位。
けれど教育者の実態を知っている。
面倒な事になると逃げる人は多いよ。中には熱血先生もいるが。
みんな自分が可愛い。それは親も。誰かのせいにすれば済むとかね。
だから大きな流れを変えたいなら、動かさせれる様な人間になるか
そういう環境を探すしかないと言いたかったんだけど。
何度も言うけれど、伝芸だけでなく子供の教育自体が危うい世の中。

では、伝芸の良さをどういう風に伝えたいのですか?

309 :重要無名文化財:02/05/07 15:34
>>291=>>298=>>308は、どうやら普通に良い人らしい。
ちょっと文章力がないだけで・・・。

310 :重要無名文化財:02/05/07 15:36
すみませーん。

311 :300:02/05/07 15:39
>>308
変な書き方になって失礼。
ボランティアですか。素晴らしいことです。
実践・鑑賞もいいけれど、歴史的な側面をもっとレクチャーできる
環境があればよいと思っています。
研究の分野が非常に停滞しているので、おまえらの怠慢だといわれれば
それまでですが。
子供の教育が危機的な状況にあるのは嘆かわしいことですね。

312 :重要無名文化財:02/05/07 15:51
>308
そういう風にはとれなかったぞ。
変な煽りかとオモタヨ(藁

>309
いい人か?ああいう風に書き込むヤシが。

313 :重要無名文化財:02/05/07 15:54
>300
そうですね。歴史は大切な事。ご先祖様あっての自分(笑)。
けれど、今までの流れを変えるのはとてもパワーがいるんですよ。
反感買う事を承知で行かないと。最後はひとりになってたりしますよ。
良い事を素直に良いといえる人は少ないですね。心で思っていても・・。
教師の質は簡単に変えられない。教師も一人間だし、
それを言うとキリが無いけれど、まず人と仲良くなって
核心を突くのは、それからだと思いますね。
徐々にですが、動きはありますけれどね。

314 :重要無名文化財:02/05/07 15:56
>308
愚痴ってんじゃねーよ
面倒なことは人のせいにしがちとか何とか行っているが
そんなこと書いてあったか?
よく読めや
1と同じになるぞ

315 :300:02/05/07 16:02
変な雰囲気になってますね・・・

>>313
レスありがとうございます。

>けれど、今までの流れを変えるのはとてもパワーがいるんですよ。
>反感買う事を承知で行かないと。最後はひとりになってたりしますよ。
これは実感しています。音楽の現場では歴史をあまり重視していない
雰囲気があり、結構きついです。
でも少しでも積み重ねていくしかないので、仲間とこつこつやってます。

教師の質というのもそうですが、その教師を養成する現場が
もう少し良くならないかと思います。
現実に学校に勤務し始めると、また難しい問題があるのかもしれませんが・・・

316 :重要無名文化財:02/05/07 16:03
>>313
心に染み入るレスです。
感激しました。

317 :重要無名文化財:02/05/07 16:03
なので教育を変えるのは難しいと言いたかったのですが?

318 :重要無名文化財:02/05/07 16:05
>>317
どこへのレス?

319 :重要無名文化財:02/05/07 16:07
>315
そうですね。継続は力なり・・それが一番大変な事ですが
頑張りましょうね。
>316
ありがとうございます。


320 :300:02/05/07 16:14
>319
ありがとうございます。

学校と親と地域とが連携して、教育の現場が少しでもいい状況に
なることを願っています。
私も少しでもそのお役に立てるよう努力したいと思っています。
恥ずかしながら、まともな日本音楽の通史ってないんです。
これじゃ教育現場もどうしようもないですもんね。
308さんも大変そうですが頑張ってくださいね。

321 :重要無名文化財:02/05/07 22:25
たしかに、日本の音楽の歴史を記したものは、
どこかしら不十分だなぁと思います。
ほんとに伝統を守っている人のことを知らないで書いていたり。

これからの世代、その次の世代の人たちには、
少しずつまともな通史をまとめていってほしいし、
そのためには、まずは今存在している形の伝統を、保護してほしいな。

322 :重要無名文化財:02/05/07 23:08
邦楽は盲人が支えている部分も多く口伝えで来たから(例外はあるけど)
文献資料が少ないよね。通史といっても結局穴の多い物にはなるだろう。
邦楽の現状を理解するにはそんなに役立たないかもしれない。
(それでも大いに価値があるのは言うまでもないけど)
そういう意味では>>321の言うことに共感できる。

323 :重要無名文化財:02/05/08 10:52
>>321
現状の芸能の保護、通史の完成が平行して行われるのが理想なのでしょうね。

>>322
文献史料は豊富だよ。
楽譜は言わずもがな、貴族日記とか公的記録とかさ。
現状を理解するにもヒストリカルな視点は必要だと思われ。

324 :323:02/05/08 13:03
補足。
公の記録などでカバーしきれない部分はあるね。
そういうことを322は言いたかったんだろうと思う。
そこらへんが通史を書く上の最大の課題かもしれない。
とはいっても記録が残っているものでも研究が手付かずの部分も
膨大。
ちなみに盲人音楽の研究も結構あるよ。

325 :重要無名文化財:02/05/08 18:26
そろそろネタ切れかも

326 :重要無名文化財:02/05/09 00:10
8日に国立劇場の日韓宮中音楽交流演奏会ってのに行ったんだけど
韓国の音楽もいい音、とは感じられるんだけど
やっぱし日本の雅楽のほうが身体になじんだよ。
お互い、披露しあえる伝統文化を持っているってことは
いいことだと思ったよ。



327 :重要無名文化財:02/05/09 00:32
>>326
>お互い、披露しあえる伝統文化を持っているってことは
>いいことだと思ったよ。

いいこと言うね。感激しちゃった。
いいこと書いてんだからageたらいいのに。

328 :重要無名文化財:02/05/09 01:38
>1
見てる?

329 :重要無名文化財:02/05/09 02:27
1に見ててほしいね。

330 :重要無名文化財:02/05/09 22:58
少数意見は抹殺されるものです。って1は
言ってたから自分の論説にもとづいて
自主回収しちゃったんだね。

331 :重要無名文化財:02/05/09 23:00
そりゃさびしいね

332 :重要無名文化財:02/05/10 00:59
それほど深い知識も考えも無しに、竹槍で突っ込んできたようなコだったね(w。

333 :重要無名文化財:02/05/10 01:03
1をしみじみなつかしむスレ。

334 :重要無名文化財:02/05/10 01:08
>>330
そういう意味では一貫した姿勢だったか。
無鉄砲だったけど、潔いかな。

335 :重要無名文化財:02/05/10 06:31
サンバッ!

336 :重要無名文化財:02/05/13 22:43
途中まで読んで挫折。
もちょっと面白くなりそうなスレだったのに・・・
1は夏休みになったらまた戻って来てね。


337 :重要無名文化財:02/05/13 22:45
えらい待つな。

338 :重要無名文化財:02/05/13 22:50
やさしくしてあげるっ!

339 :重要無名文化財:02/05/13 23:14
橋下問題でこのスレの存在意義がでてきたかも

340 :重要無名文化財:02/05/17 00:56
1は無視で良スレに・・

341 :重要無名文化財:02/05/27 09:44
送料無料

342 :重要無名文化財:02/05/29 01:26
   
     
          彡ミミミ彡彡ミミ
         ミミ彡ミミミ彡彡ミミミミ
       ,,彡彡彡ミミミ彡彡彡彡彡彡
      ミミ彡彡゙゙゙゙゙""""""""ヾ彡彡彡
      ミミ彡゙         ミミ彡彡
      ミミ彡゙ _    _   ミミミ彡    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ミミ彡 '´ ̄ヽ  '´ ̄` ,|ミミ彡   < 小泉です 保守です !!  
      ミミ彡  ゚̄ ̄' 〈 ゚̄ ̄ .|ミミ彡     |______________________
       彡|     |       |ミ彡
       彡|   ´-し`)  /|ミ|ミ                          _.. ‐ァ=r‐''⌒゙二ニ二つ
        ゞ|     、,!     |ソ                      _. -‐ '"´  l l    r゙二ニ二つ
         ヽ '´ ̄ ̄ ̄`ノ /                 . -‐ ' "´        l ヽ  、 ヽ_ 二ニつ
          ,.|\、    ' /|、   ―  -‐ ' "´/`゙ ーァ' "´  ‐'"´         ヽ、`ーテヽJ
     _.. -‐''フ|フヽr-‐ ''''フ. ̄「´  ̄   /   /                __.. - '-'"   
  . ‐ '7    く/|〉-rへ. /   l     l   /            . -‐ '"´
 /  /    / |  | / ` <´        ', /      _.. -- ' "´
./   /    ヽ .| /    / iニニニ}  / 、   _,. -‐'"
    l iニニl ヽ|/   /     ノ        `/


343 :重要無名文化財:02/06/11 08:51
定期あげ

344 :重要無名文化財:02/07/23 01:08
元彌みたいなアホがもてはやされるならわざわざ守る必要なし。


345 :重要無名文化財:02/07/23 01:32
>>344もてはやされていませんが、何か?

346 :量産型夏厨:02/07/29 22:49
で、伝統芸能っておいしいの?

347 :。。。:02/08/05 01:40
伝統芸能とか、昔の文化とかなんで守っていかないのか、私も疑問です。
なんの役にたつのか、これって精神論にしかながれないのか?
新しいものが古いものよりもいいものだっていっぱいあるでしょ?
でも、なんでめっちゃ大切風なのいつも?


348 :重要無名文化財:02/08/05 01:41
>>347
萌えたから。

349 :重要無名文化財:02/08/05 01:45
あのう・・単純に。
私達は昔の事を知りません。
だから、返って昔の文化は新鮮に感じます。
で、それがもっと知りたいのか知りたくないのかに
別れると思うんですよね。
ただ、過去より未来の方が興味がある人が多いのではと思います。

350 :重要無名文化財:02/08/05 01:48
>347
昔の芸能や文化を全部守ろうというわけではない。
守らなくてもいい物はいつの時代でも朽ちるにまかせてきた。


351 :重要無名文化財:02/08/05 03:22
伝統芸能を守るといっても、国民一人一人に守れというわけじゃない、
価値があると認めている人だけが守っているだけだよ。
価値がないと思う人は守らなくてもいいけれど、価値があると思って
守っている人を邪魔しちゃいけない。

352 :重要無名文化財:02/08/05 03:25
>>347
寺院とか宗教なども古き良き時代のまま残っていますね。
それと同様に考えてみてください。

353 :重要無名文化財:02/08/05 03:33
それに、古いものに価値観を見出した場合、いきなり古いものを作ろうって言っても無理なわけで…

354 :重要無名文化財:02/08/05 03:42
外交上でもね。必要なのよ。民族のアイデンティティとして。
おっきな看板。宣伝費。

355 :重要無名文化財:02/08/05 03:55
多分、英国(米国でも)だったら大学出てシェイクスピア知らない人は
いないだろうけど、日本だったら大学出てても歌舞伎や能狂言知らない
人は多い。
そこらへんで外国から馬鹿にされやすいんだよなあ。日本人って。



356 :重要無名文化財:02/08/05 03:59
そーいや、アメリカの歴史って歌舞伎や能狂言の歴史より短いんだよなー。
そんな国のヤシに馬鹿にされるぐらいなら、歌舞伎見るぞ。

357 :重要無名文化財:02/08/05 04:15
伝統芸能と、神道か禅について一くさり説明できるといいよね。
外人に対して日本という国を説明するとき。

358 :重要無名文化財:02/08/05 04:19
明治時代に館山漸之進という人がいました。平曲(平家琵琶)の演奏家で、伝統芸能の保存を国に再三、働きかけ、
それで、東京音楽学校に邦楽調査課が設置されることになりました。
つまり、こういう人がいたから、伝統芸能を守るようになったわけです。
でも、今、平曲は、名古屋にわずかに伝承者がいるくらいで、館山さんの伝えた系統は途絶えてます。
守ろうとしても、習おう見よう聞こうという人がいなければ、伝統芸能は仕事にならないわけですから、途絶えてしまうわけです。
能が伝わってるのは習う人がいるから、歌舞伎が伝わるのは見る人がいるから、だからプロが成立し、
伝統芸能が伝わるわけです。
伝統芸能であろうと、新しい芸能であろうと、その芸能に自分の金を出す人がいるから守られるわけです。
公務員が伝承してる雅楽は、少し違いますが。



359 :重要無名文化財:02/08/05 04:22
でも雅楽って皇室があぼーんしたら、いっしょにあぼーんしそう。

360 :重要無名文化財:02/08/05 04:25
皇室はあぼーんしません。

361 :重要無名文化財:02/08/05 04:27
皇室典範いじれば解決。しばらくは皇子誕生の可能性を様子見、
皇室典範改訂は世論も含めてすでに根回しすんでる。

362 :重要無名文化財:02/08/05 04:28
皇室の雅楽は室町時代にあぼーんしかけましたが、大阪四天王寺と奈良の社寺の雅楽のメンバーを補強して再建し、明治時代に東京に移りました。
今も、プロではないですが、京都、大阪、奈良には雅楽が残っています。
皇室があぼーんしても、この3つの雅楽は残るでしょう。


363 :重要無名文化財:02/08/05 04:33
皇室があぼーんしても、外交儀礼としての晩餐会とかは必要ですので、
雅楽部の所管が変わっても残るんじゃないですかな?


364 :重要無名文化財:02/08/05 04:33
モトヤが狂言界の喉に刺さった魚の骨と同じく、
雅楽界の魚の骨は討議だね。

365 :重要無名文化財:02/08/05 04:36
ちなみに、中国の京劇は清朝が作ったようなものですが、皇帝があぼーんしても
残っていますし、公務員の京劇員もいますな。


366 :重要無名文化財:02/08/05 04:38
トーギは、「雅楽界」の外の人になりましたが?


367 :重要無名文化財:02/08/05 04:44
>>366
一般大衆の認識はまだ雅楽界の貴公子でそ。
モトヤンみたいな超大失態はしないし。

368 :重要無名文化財:02/08/05 04:52
伝統芸能から派生した芸能はいろいろありますからね。
それが価値あるものなら残るし、もし本流を危うくしてしまうなら
所詮、本流がその程度のものだった・・・・ということでしょう。


369 :重要無名文化財:02/08/05 04:54
新舞踊のこと?

370 :重要無名文化財:02/08/05 04:59
新舞踊も一時はイキオイがありましたが・・・・

30年後に残るとは思えません。歌舞伎舞踊は残るでしょうけど。


371 :重要無名文化財:02/08/05 05:01
ほとんどネズミ講システムだよな。日舞と茶道と華道って。

372 :重要無名文化財:02/08/05 05:04
どうなるのか見物なのが和太鼓ですね。

指導要領で日本の楽器を教えることになったものの、日本の楽器なんて
まるでわからない音楽教師は、太鼓なら鳴らせると思って、和太鼓を
取り入れる・・・・・おかげで、各地で和太鼓が大流行のようですが。


373 :重要無名文化財:02/08/05 05:08
>>371
箏もそうでしたね。
でも、親ネズミにならなくていいけど、習いたいという人が増えたことと
ある程度の芸がなければ親ネズミになっても子ネズミが集められないので
崩壊しかけていますね。



374 :重要無名文化財:02/08/05 05:08
もともとたくさん残ってるんだよ。地域の芸能で。
とりあえず音出すのにそうテクニックはいらないし。
そういう意味では、リズム楽器の和太鼓とともに
旋律楽器の箏も俄然クローズアップ。
笛や尺八は難しいよな。音出すの。

375 :重要無名文化財:02/08/05 05:14
和太鼓や箏という日本の楽器で、無国籍な音楽を演奏することは、新しい音楽
としてはオモシロイと思うのですがね。
ただ、それを伝統芸能だと勘違いしないでほしいものです。


376 :重要無名文化財:02/08/05 05:17
教える側が今まで全く触れたことのない領域。
正しく伝わることはまずないよ。
せいぜい1ヶ月4〜5時間の授業の中でのこと。


377 :重要無名文化財:02/08/05 05:55
成果があるとしたら沖縄県ぐらいかなぁ・・・・・・・

ところで、漏れの知り合いで伝統芸能を教えられそうなやつで教員
(免許のみも含め)って、国語と社会が多いんだな。
音楽教師はオペラごっこやってるようなのが多い。
実際、現場じゃ、国語教師が音楽を教えるってのはいいんだろか。



378 :重要無名文化財:02/08/05 07:42
伝統芸能といっても、たとえば歌舞伎の場合、今は、明治以降にソフトも
ハードも大幅に改変されたスタイルでしか見ることができない。
極端なことをいえば、歌舞伎座で見られるのは昭和以降の型ばかり。

379 :重要無名文化財:02/08/05 07:57
政治と文化は切り離して語れないからにぇ
時代にそって変わってゆくものれす

380 :重要無名文化財:02/08/14 01:29
宗家という肩書きが欲しいからざます。

381 :重要無名文化財:02/08/14 11:45
私、子供の時毎年お囃子やってたよ。子供会でかりだされたんだ。
太鼓とかは和太鼓とか使ってたけど、笛はソプラノ笛で楽譜はドレミと書いてあるやつだった。
太鼓は集団の中で年齢が高い男の子がやって、その他大勢は笛。
(太鼓やりたかったのに女の子は駄目だと言われて悔しかった覚えが・・・)
今でもお囃子のメロディー覚えてる。横笛ではなくソプラノ笛だから、正確なメロ
ディーではないんだろうけど・・・土地土地で聞こえてくるお囃子のメロディーを
聞いたとき「あ、このへんうちで吹いてたメロディーと似てる」とかわかって面白い。

でも、今の都会じゃこういうことできないんじゃないかなあ・・・人集まらないだろうし。
大人になって同年代の人に聞いてみたら、お囃子やったことある人なんて少なかったし。
ある程度格式張った舞台でやるような芸能は金出せば残るかも知れないけど
地域密着型の小さな伝統って、廃れてく一方なんじゃないかと思う。
社会的なものが変わらない限り。

382 :重要無名文化財:02/08/14 22:52
単純に伝芸面白い。
今につながっているということを気付く瞬間が特に


383 :重要無名文化財:02/08/15 08:59
好きです ハァハァ

384 :test ◆nrw5KbzE :02/09/24 00:32
test

385 :test ◆GpSwX8mo :02/09/26 23:35
test

386 :test ◆EMrmvKLI :02/09/26 23:35
test             

387 :test ■nrw5KbzE:02/09/27 01:17
test

388 :test ◇nrw5KbzE:02/09/27 01:20


389 :重要無名文化財:02/10/09 02:56
京都に生まれ育ったから。ここでは伝統芸能は骨董ではありません!
でも若いうちは教育しなきゃ大事さに気付かない。。

100 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)