5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【恐怖】山にまつわる怖い話 巻の二【戦慄】

1 :底名無し沼さん:02/06/27 03:40
前スレに引き続き、超常現象的なものから
事故・遭難に関係するものまで、
幅広く「怖い話」を聞かせてください。
前スレリンクは>>2以下に

2 :底名無し沼さん:02/06/27 03:41
前スレ(PART1)リンク

山にまつわる怖い話
http://ton.2ch.net/test/read.cgi/out/975776239/

3 :底名無し沼さん:02/06/27 16:23
夜中にテントの中で目が覚めると、外からフラッシュをたかれた様な「まぶしいっ」
といったような感覚がする時があるけど、あれはなんなんだろう?
ただ単に遠くで雷が光っているだけ?

4 :底名無し沼さん:02/06/27 22:03
>>3
オレは時々、ハイマツの陰から小さいフラッシュを焚かれる事がある。
カメラか?と思って振り向くと何もない。
高山での酸欠の一種だと思っている。
それがまた、岩場では皆無なので、ボーッとしている時に酸欠が出やすいのかな?と。 

5 :底名無し沼さん:02/06/27 22:56
網膜剥離の前兆ですな。

6 :底名無し沼さん:02/06/27 23:04
写真週刊誌カメラマンがキャンプ中の誰かを張っていただけでしょう。

7 :底名無し沼さん:02/06/27 23:06
夏ならペルセウス流星群の火球の可能性大。
マイナス10等程度の爆発が結構ある。

8 :底名無し沼さん:02/06/27 23:08
前スレ読んでて思い出したんだが高校山岳部の時すげー怖い思いをした事があった。
でも、そういうことがあったのは思い出したんだが、どんな怖い思いだったか
どうしても思い出せない。

テントの周りを歩き回る足音ぐらいなら過去に一度遭遇したことを思い出せるんだが…。
テントの中で仲間と「おい、あれやばくない?」とか小声で盛り上がった。

9 :底名無し沼さん:02/06/27 23:09
北朝鮮の核実験ニダ

10 :底名無し沼さん:02/06/27 23:19
>>7
んなにたくさんはないよー。
やっぱり雷じゃないの。


11 :底名無し沼さん:02/06/27 23:39
火球は雷に似ているよ。
雲があっても光るし、影がハッキリ映るほどの明るさになる。
正月頃ならオリオン座流星群がある。
とにかくどえらく明るい。
ぴかぴか光るのでなく、予期せず、ぴかっと輝く。一晩に必ず光るという訳でないが、
ピーク時には2、3個は一晩に見られる。

12 ::02/06/27 23:39
おお、思い出した!山じゃなくってサバゲーやってたときだ。
部室のテントやコンロ一式無断で借りたんだった。
(ちなみに当時部長&部員複数もサバゲー参加)

でも、なんだったかは思い出せない。


13 :底名無し沼さん:02/06/27 23:42
>>8
アルツハイマーさんですか?

14 :底名無し沼さん:02/06/27 23:45
前スレで
1988年ごろ比叡山で学生が強姦殺人事件の話がでてたけど
殺人ならともかく強姦されるなんてひどい話だと思った。
空手の名手(記憶違い)なのに殺されたなんて信じられなかった。
近所の山に登るのが好きだった厨房だったけど記事よんで怖くなって
独りでは登らなくなった。山に入ると雰囲気がかわるので
人の心もかわるのでしょうか。いまでも陰鬱な事件です。
やっぱりこの事件が一番怖かった。合掌。

15 ::02/06/27 23:47
ううむ、まだらボケかもしんない。

ひょっとして前スレ読んでる内に「おれにだって怖い話ぐらいあるぞ」
とか無意識に思い込んじゃっただけかもしんない。と、自分を疑いはじめてる

16 :底名無し沼さん:02/06/27 23:50
山での怪現象って結構自然現象がおおいというよ。
驚く前に科学する態度が求められるな。
外部現象か疲労から来る自分の頭の異常事態か、ヨーク自己分析しようね。
あと、ニッテレの日曜日の20時からの番組は怪奇現象の科学的説明が面白いから
必見だね。

17 ::02/06/27 23:52
雲母坂なら夜中酔っ払って連れ三人でヘッドライトなんかも一切持たずに
延暦寺まで登ったことあるなあ。

途中で見た山腹の誰もいない遊園地の照明がシュールだった。
事件がおきたのはその一年ぐらい後だったかなあ。

18 :底名無し沼さん:02/06/28 00:07
夜中、大文字山に登ったら、結構人と出会うんだよね。
夜景が綺麗、お勧めだよ。
俺は麓から20分だった。

19 :およよ:02/06/28 00:29
へぇー
そうなんだ


20 :底名無し沼さん:02/06/28 00:35
>>8
過去に、どうしても説明のつかない、空白の時間はありませんか?

21 :幽霊はなぜ現れる?:02/06/28 00:40
http://www.athome.co.jp/academy/psychology/psy03.html

22 :底名無し沼さん:02/06/28 01:41
>>8
目の大きな銀色の肌の人とは出会いませんでしたか?

23 ::02/06/28 08:29
おおお、思い出した。実はあんとき、わざと目ばっかり狙う奴がいて、
そんでぶちきれてそいつを殺(略…






ってのはうそで、やっぱ思いだせん。
ネタでした。ってことにしとくよ。

ちなみにおれ、肌銀色だよ。地球の奴ら灰色灰色って失礼なんだよな。

24 :底名無し沼さん:02/06/29 00:53
>>11
正月は四分儀だよ。(今はりゅうだけど)
オリオンは10月。
テントを照らすほどの火球ならば、影が出る。爆発したりしてね。
影が出るほどの火球は、それほどないよ。
-5等級より明るくないと、まず影はうつらない。
じゃなきゃ、-4等クラスの金星でも影が出る。(そういう話もあるけどね)
テントの中で、金星がまぶしいなんて話はあまり聞かないな。
しし群は特異だったんだよ。92年のペルセ群も85年のジャコビニも
あれに比べれば、前座でしかないよ。生涯の火球数を一日で更新したよ。

後は自分で確認して。
日本火球ネットワーク。
ttp://www2.cnet.ne.jp/c-shimo/NewFB.html

25 :底名無し沼さん:02/06/29 23:45
>>14
覚えていますけど、被害者の方は早稲田の二文の学生でしょ?
学士入学してた人。あと、空手の名手じゃないんでは?

26 :14:02/06/30 02:41
>>25
そう早稲田の生徒さんだった。
なんか空手みたいな護身術なスポーツができたと新聞に
かいてあった気がするのです。

27 :なので・・・・・:02/07/01 05:12
>24
球電という現象の可能性も。まあ滅多にないけど、山なら・・・・・

28 : :02/07/01 11:14
テントの周りを忍び足で歩き回る足音がしたので、そっと覗いてみると
キツネでした。

29 :およよ:02/07/02 21:57
漏れも時々瞳孔ひらいてるが!?
・・・Sのせいか?

30 :底名無し沼さん:02/07/03 00:27
>>26
伝統系の空手の黒帯(2段か3段か4段だったと思う)
所属団体も知ってるけど、これ以上は書かない。
いくら空手やってたって、下り坂で後ろから襲われたら大抵はだめぽ

31 :底名無し沼さん:02/07/03 03:38
幽霊か何か知らないが、夜間登山してる時は
生きた人間に会っても驚くよ。
向こうが一人なら尚更。

32 :およよ:02/07/07 01:50
>>31 (禿笑ヒ

33 :底名無し沼さん:02/07/08 17:28
あげー

34 :底名無し沼さん:02/07/08 17:53
ブロッケンの妖怪なら見たことあるぞい

35 :およよ:02/07/09 22:58
女房の観音様

こえぇ〜ぞぉ〜

36 :底名無し沼さん:02/07/19 13:46
age

37 :なろ:02/07/23 23:52
はいよ!
ttp://www.39001.com/cgi-bin/cpc/gateway.cgi?id=Ryuji

38 :底名無し沼さん:02/07/24 15:00
聞いた話なんですが、お爺さんが町へ行った帰り道
山を通って来たらしいのですが、その時に
白い着物を着た気の狂った若い女に出会ったそうです。

とても恐かったらしいです。

39 :底名無し沼さん:02/08/04 13:30
ジェイソンが出そうなキャンプ場知りませんか?

40 :底名無し沼さん:02/08/04 13:34
知りません。終了!

41 :o:02/08/04 21:50
age

42 :底名無し沼さん:02/08/04 21:52
もう25だし、一生見ないんだろうなと思ってた矢先
近所の踏み切りで見ちまった。

43 :底名無し沼さん:02/08/04 21:58
↑SL?それとも踏切番の旗振り?


44 :底名無し沼さん:02/08/04 22:00
↑子供
SLは休日の秩父鉄道で普通に見れる。

45 :底名無し沼さん:02/08/04 22:37
子供が..? 子供の..?

46 :底名無し沼さん:02/08/05 01:28
とある、南からの下山中、長い林道をとぼとぼ歩いていると、下から上がってくる親子?が向こうに見えた。
もう夕方で暗くなってくるのに?と思っていたら、カーブの死角で見えなくなった。
すれ違う距離まできたが、見当たらない。(人里まで2時間の距離)やっぱ遅いから、戻ったかな、とも思うが、けっこう健脚の私が
追いついてもいいのにとも思う。脇道は無い状況。
不思議に思って歩いていると、頭上で枝の折れる音が。
山側の斜面を見上げると、かなり上の大木に、その親子が枝に腰掛けて、無言で遠くを見ていた。
なんか、この世の者で無い感じがして、心臓がドキドキ、走ってその場から離れました。
まあ、物理的には可能だけど、不自然な体験でした。

47 :底名無し沼さん:02/08/05 01:39
>46、うわっ何気に怖い。

48 :底名無し沼さん:02/08/05 21:09
>>46
サルでしょ?(藁

49 :底名無し沼さん:02/08/13 19:27
お盆ですし、age

50 :底名無し沼さん:02/08/13 19:36
>>46
単なる木登り好きの親子じゃないのか。

51 :高尾山にて:02/08/14 11:37
もう2〜3年前のことだけど、高尾山から陣馬に抜ける途中の影信山付近で、
どうみても50歳以上のオババが白粉(おしろい)で顔を塗り固めて、ミニ
スカートのセーラー服姿で山道を歩いていた。頭にはリボンまでつけて、
明らかに女子学生のいでたち・・・。
あまりにも異様な雰囲気だったので思わず彼女の顔を見たとき、バッチリ
目と目があってしまった。そのとき、彼女は、シナをつけてニコッと微笑み
かけてきたのだった。
俺は、あまりの恐怖に下を向いて早足で通りすぎたのは言うまでもない。
あのオババは男アサリのためにあんな格好で山に来たのだろうか?
思い出すたびに身も心もティムポも縮み上がる体験だった。


52 :底名無し沼さん:02/08/14 11:49
貴重な体験でありますね、機長!

53 :底名無し沼さん:02/08/14 11:54
>>51
その後、セクースの最中にオババの顔が浮かんで来て
萎えてしまったなんてことはなかったか?

54 :底名無し沼さん:02/08/15 05:15
何が怖いって、昔、無謀にも樹海突っ切り歩きを実行した時に見た、真っ赤なハイヒールが
揃って倒れた木の上においてあるのを見た時が怖かったよ。回りどこにも吊れそうな感じの枝ないし、
持ち主がどうなったのか、いまだにすごい気にかかる。

55 :底名無し沼さん:02/08/19 01:08
>>46
寸又川???

56 :底名無し沼さん:02/08/19 04:59
>55
長野県側なんだけどね。易老の帰り。でも普通そういう状況なら、自分のほうに目線を向けても
いいと思うんだけど、無視、無表情なんだ。小学生っぽい子供も無言。おかしいよね。
ふー。

57 :底名無し沼さん:02/08/19 07:21
醜いエロリッバアにせまられたとき

58 :底名無し沼さん:02/08/19 22:07
金玉にヒルが吸い付いていた時は血の気が引いたよ

59 :底名無し沼さん:02/08/21 23:55
>>56
へたに視線合わなくてよかったと思う。

60 :底名無し沼さん:02/08/22 03:33
>>56
こんな感じ?
(´_ゝ`)(´_ゝ`)

61 :底名無し沼さん:02/08/22 03:48
>>46
親子心中決行の時に行き合わせたのでは?
そういう時の母親って朦朧としてる(高山障害じゃなく心の病気で)
その後誰のものとも死体2体が見つかりませんでしたか?

62 :底名無し沼さん:02/08/23 14:52
山じゃないんですけど、昨夜このキーボードをカチャカチャ弄っていたら、
直ぐ隣で聞き覚えの無い男の声で、ブツブツ言ったり、うめいたり、
15-20分くらい声がしていました・・・。

・・・恐ろしくて、振り向けませんでした。(出入り口のドアの手前あたり。)

63 :底名無し沼さん:02/08/23 14:58
自衛隊を退官したヤツが「考えたいことがある」って言って
恐山でキャンプした。彼曰く
「夜中に地面の中から赤ちゃんの泣き声」
「寝苦しいので起きると老婆が胸の上に乗って首締めてた」
彼はホラや冗談を言うタイプじゃないから恐いです。

64 :底名無し沼さん:02/08/23 17:03
>自衛隊を退官したヤツが「考えたいことがある」って言って
>恐山でキャンプした。

そもそも、そういう素養があると思われ。

65 :2チャンねるで超有名サイト:02/08/23 17:06
http://s1p.net/qqwert

 携帯対応

男性より女性の書き込み多し
女性性65%男性35%割合です
穴場的サイトです。
幼い中高生直アポ直電
OL〜熟女迄の出会い
 聞ける穴場サイトです
 

66 :底名無し沼さん:02/08/23 22:39
>>63
怖がらせて、君に飛びついてきて欲しかったのだと思う。自衛隊員はアレだから。

67 :底名無し沼さん:02/08/24 07:00
た、隊長う! たっ、只今から洞穴へ突入して参ります!!
いけっえええええーーーーー!!

(・・・いやーーーん!)

68 :底名無し沼さん:02/08/24 17:40
>>62
どうせ、およよのしわざだろ。
よくあるこった。

69 :底名無し沼さん:02/08/24 17:43
すんません、おろくってなんですか?

70 :底名無し沼さん:02/08/24 17:46
舌伊

71 :底名無し沼さん:02/08/24 17:52
>>70
どうも。なんでおろくなんだろ。。。

72 :底名無し沼さん:02/08/24 21:10
62です。

マジです。本当の話です。
ドアの手前についたてがあって、そのついたてとドアの間で、
人の気配っていうより、はっきり声が暫くしていました。
ただ、音がこもって何を言っているのかハッキリとはしなかったのです。
床が軋む音で、少し動いているのも分かりました。

この前は、部屋の明かりをつけずにスタンドでキーボードを打っていましたが、
今日は、部屋の明かりをつけて、キーボードを打っています。(笑)
結局、床の軋むバチバチいう音が消えて気が付いたら、その人の声も消えていました。

起きていての事なんで、夢ではありません。

73 :底名無し沼さん:02/08/24 21:19
>>63
恐山でキャンプ?宇曽利山湖の湖畔でキャンプしたのかな。
ロケーションは悪くないが、硫黄の臭いが体に染み付きそうだ

74 :底名無し沼さん:02/08/24 21:20
・・・あっ・あなたの、後ろに、も・・・。

イヤああああああっーー!!

75 :底名無し沼さん:02/08/25 15:30
>>63
やたらむし キャンプしてよいのか?あそこは。

76 :底名無し沼さん:02/08/25 23:31
>72
その状況からすると、↓の写真と同じ現象かもしれない。

http://www4.inforyoma.or.jp/~marjie/image01.htm

写真の真中上方のドアの青いシートらしきものじっとみつめていると分かるよ。
それがなにか。

77 :底名無し沼さん:02/08/26 00:38
>>76
よくわかんないっす。
なまくびが載ってる?


78 :底名無し沼さん:02/08/26 00:54
>>77
しばらくじっと見てると・・・・??(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


79 :底名無し沼さん:02/08/26 01:22
見てしまったのね。
スパイウエアで有名な写真だろう。
専用ソフトで除去しよう。

80 :底名無し沼さん:02/08/26 01:23
>>77
ビビターヨ!!

81 :底名無し沼さん:02/08/26 01:38
>>79
スパイウエアなの?
ただのgif動画じゃないの??


82 :底名無し沼さん:02/08/26 23:22
( ゚Д゚) ゴルァ!
もっと恐い話を書けやい!!

83 :底名無し沼さん:02/08/27 00:53
>>82
ご飯を食べました。
しかし何とそのご飯は三日前のご飯だったのです!

84 :底名無し沼さん:02/08/27 00:54
↓オチ

85 :底名無し沼さん:02/08/27 00:58
でも僕はグルメなので、5日前のご飯しか食べない主義でした。

86 :底名無し沼さん:02/08/27 00:59
↓次でオチ

87 :底名無し沼さん:02/08/27 01:07
ャノミズ
つーことは水道橋。

88 :底名無し沼さん:02/08/27 01:13
>>84
>>83で落ちてるんだけど・・

89 :底名無し沼さん:02/08/27 03:44
護身用も兼ねて、研ぎ減りして美術的価値のなくなった短刀を持参している。
気合を兼ねて、ウオー!と小枝を薙いだら、反対側から登山者が歩いてきていた。
完全にびびって顔面蒼白でした。ごまかして「修験の修行中です」と言ったら、
もっとびびっていた。ちょうどオウムが騒がれていたので、110番されたらどうしようかと思った。

90 :底名無し沼さん:02/08/27 08:07
ワラタ

91 :名無しさん@3周年:02/08/27 09:09
>>89
そういうことってあるよね。

92 :底名無し沼さん:02/08/29 01:08
>>91
やめてよ。まじで。

93 :底名無し沼さん:02/08/31 01:37
雲取の避難小屋で、夜、先輩が寝ていたところ、
気がついたら、5−6人の人が音も立てずに入ってきていて、
真っ赤な雨具を来たまま、避難小屋の真ん中で円になって体操をしていたそうです。
寝ぼけていたのでそのまま寝てしまったけど不思議だったと言っていました。
ただの夢だと思うし、たいしたことないのですが、現地で聞かされたので怖かった。

このときは夜間歩行訓練で、真夜中に奥多摩小屋のテントを撤収して避難小屋に
移動したのですが、その途中に、きらりと光るものが!
半年前に消息を絶った方の捜索依頼の看板でしたが、
しろくぼやけた横顔の超アップと、山道を遠ざかっていく後ろ姿の写真で、
ぞっとしました。


94 :底名無し沼さん:02/08/31 02:09
ゴキブリの成長 (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

http://www.asahi.com/business/update/0830/006.html

95 :底名無し沼さん:02/08/31 05:36
>>93
夜間歩行してるヤシが夜間体操してるヤシを怖がるなよ(w

96 :底名無し沼さん:02/09/04 00:24
富士山5合目の賑やかなところ(お店とかホテルがあるとこ)行きました、
そんときロータリー向こうから足を怪我した軽装の女性があるいてきたんです、
足からダラダラ血を流しながら。私が柵のとこに腰掛けて
治療しなくて大丈夫かなとか考えてたら、近寄ってきて、思いっきり
顔を覗き込むのね、キチガイさんかなとかおもって相手にしなかったら
急にでっかい声で
「あんた私のこと見えてるでしょうっ」
ってどなられた、びっくりして逃げ出したんだけど
あれはなんだったんだろう?今となっては、本当にそんなことをあいて
がどなったのか、聞き違えなのかもわかりません…

97 :底名無し沼さん:02/09/04 03:06
>>96
キチガイさんだったのではないでしょうか?

98 :底名無し沼さん:02/09/04 03:43
>>96
もったいない、うまくやればその後ハァハァできたのに

99 :kani:02/09/04 10:07
>>96 「あんた私のこと見てたでしょ!」だったかも・・・

100 :底名無し沼さん:02/09/04 13:33
>>96
そんなときは「お前、俺のちんこ見たがってるだろ」
ぐらいのナイスな切り替えしをしてやるべき。

101 :底名無し沼さん:02/09/04 13:37
>>100
( ゚д゚)ポカーン

102 :底名無し沼さん:02/09/04 19:43
>>100
( ゚д゚)ポカーン

103 :名無しさん@3周年:02/09/04 20:19
>>100
そんなことしたら始まっちゃうかもよ。
そして裸の男の死体が発見されるという罠。

104 :底名無し沼さん:02/09/05 22:52
>>100=勇者

105 :底名無し沼さん:02/09/05 23:33
>>96
そいつ霊だろ。
そういう霊はよくいる。
でも,相手にしないで無視するのが一番だが。
変に相手すると数ヶ月付きまとわれる可能性あり。


106 :底名無し沼さん:02/09/06 00:18
霊なんているわけがないから何にも怖くない。
たとえ目の前に現れて話しかけて来ても俺は信じないYO!
いるんだったら俺の前に出て来いってんだ。




いや、やっぱり来ないでいい。


107 :底名無し沼さん:02/09/06 00:22
この間の8月,亡くなって10年以上経つじいちゃんが家に帰ってきた。
お盆だからお墓から戻ってきたらしい。
見たけどぜんぜん怖くなかったよ。お帰りなさいという感じだった。


108 :底名無し沼さん:02/09/06 00:35
霊って自分が死んだ事は知っているのかな。

>>107
来年も会ったら10年以上の間何してたのか聞いてみてYO

109 :底名無し沼さん:02/09/06 00:57
>>108
じいちゃん、暇つぶしに108に祟っていたって言っていたよ。

110 :kani:02/09/06 10:19
「山にまつわる」 からだんだん離れていく、怖ひ・・・

111 :¶ ¶ ¶ ゲット:02/09/06 12:39
だな?

112 :底名無し沼さん:02/09/06 16:02
先代の木曽駒ヶ岳7合目の避難小屋は出る(出た)と聞いたことがある。
寝るときにきっちり閉めておいたはずの戸が夜中に起きて見ると開いているそうな。

再建後はどうかしらん。8月に泊まったときは何もなかった。

113 :SSE:02/09/06 19:22
そこは尾根の一本道。
だいぶ暗くなってきたが、まだ薄昏なので足元も10m先もよく見える。
今日は大岩の付近で野営しようと思った瞬間、
 
 
 
 
「ああああああああ」
 
 
 
 
 
 
という男の声が。ギョッとして辺りを見まわすが、何も、誰も確認できない。
空耳か? ラジオは付けてないし、携帯ももちろん電源off。 
しばらくその場にいたが、その後
とにかくこの場を離れようと思い、早足で30分ほど歩き野営予定の大岩へ。
ザックを降ろし、まず水を一息。そういえばここまで水の補給をしていなかった。
体中に水が染み渡っていくのが判る。ちょっと横になろう。寝袋を敷き、その上に寝る。
あぁ、今年も山に来てよかったなぁ... と想いに耽っていたら、また、


「ああああああああ」


という声が! 2回目だ。しかも、叫び声やうめき声ではないのが今度はよく判った。
声に抑揚はあるのだが、「変な」大声なのだ。でも、人間の、それも若い男性の声
であるのは間違いなかった。さっきの所からはかなり距離がある。「何か」がいる。
背中に一筋の冷や汗が流れる。そして、後ろを振り向

114 :底名無し沼さん:02/09/06 19:34
それ、多分近所の精神病院から脱走した人だよ。

115 :底名無し沼さん:02/09/06 20:29
>>113
「ああああああああ」

北の国からの主題歌を歌うさだまさしの声だろ。

116 :底名無し沼さん:02/09/06 22:16
>>115
ワロタ。
今、北の国から放映中age

117 :108:02/09/06 23:06
>>109
があん。
ごめんなさい。もうしません。ゆるしてください。

118 :底名無し沼さん:02/09/06 23:08
>>113

もったいぶらずに続きキボーン
 
 
 


119 :底名無し沼さん:02/09/06 23:16
4人組のパーティーがひとりずつ霊に襲われて死んでいき、最後の一人も
夜明け前に殺された、という話を山岳部の夏山合宿で聞いた。
(憶えていないがとても詳しく具体的な話だった)

俺はふと「みんな死んだのならその話はいったい誰が伝えたのですか?」と聞いた。

先輩はとたんに不機嫌になったYO!

120 :底名無し沼さん:02/09/06 23:44
>>115
藁た。
確かに怖い。

121 :底名無し沼さん:02/09/07 01:33
>>115
泣けちゃうよ…



122 :底名無し沼さん:02/09/07 02:40
>>115
明日、何人か死ぬかもしれぬ。
もちろんテレビでだが。
漏れも泣きそ。

123 :底名無し沼さん:02/09/07 23:27
age

124 :底名無し沼さん:02/09/07 23:30
あげ

125 :底名無し沼さん:02/09/07 23:43
>>115憶えてないんなら書き込むな

126 :底名無し沼さん:02/09/08 00:26
>>119
テープレコーダーに録音されてた に決まってんだろ!!

それより疑問は、何故新聞に載らないのかだ。

127 :底名無し沼さん:02/09/08 01:02
小雨の降る中、蝶が岳から横尾へ下山していた。
うっそうとした樹林が続き、歩き始めて2時間くらいたったとき、
樹木の間に山小屋が見えた。はっきりと。
コースタイムは3時間くらいのはずだから、?とは思ったんだけど、
急いで降りたからもう着いたのかな?と思い歩くスピードをあげて急いだ。
でも歩けども歩けども山小屋には着かない。何で?どうして?と思いながら
さらに1時間くらい歩いて、やっと横尾の小屋についた。
着いてみてびっくり。それは1時間前に見た(まぼろしの)小屋そっくりだったのです。
怪奇現象?とびびりながら翌日会社に行ったら「それは自然現象だよ」、と。
雨の降る日や、湿度の高い日は、水分が光の屈折を変えて、本来見えるはずのないものが
目の前に見えたりするんですと。
ちょっと安心しました。

128 :底名無し沼さん:02/09/08 02:02
>>127
雨の降る日や湿度の高い日に、街のビルが近くに見えるなんてことは、
経験ないなぁ

安心してる場合ではないと思われ

129 :底名無し沼さん:02/09/08 03:28
>127
たぶん、疲労や感覚遮断状態などからの幻視と思われ。
>128さんのいうとおり、自然現象だったらこわい(w


130 :およよの代理:02/09/08 04:20
Sのやりすぎだっつ〜の

131 :底名無し沼さん:02/09/08 07:01
>>29,>>130
おまえら冷たくなって山なんか登ってんのかよ?
しかもそんなもんシラフばっかの山板でアピールして
自分がなんだか偉くなった気がしたかい?(プッ

薬板逝って笑われてこいや。



132 :底名無し沼さん:02/09/08 13:17
>>131
(゚д゚) ?

133 :底名無し沼さん:02/09/08 13:17
127に書き込みをした者です。
でも、下山途中に見たまぼろしの小屋は、
本当に横尾の小屋そのものだったんですよ。
屋根の色も、壁の色も、本館・別館とあるのも同じ。
横尾の小屋をそれほどまじまじ見たことは、それまでになかったし、
やはり自然現象なんだろう、と自分の中では思っているんですが。
目の前と行っても、2,3メートル先という感じではなくて、
50メートル位先に見えました。
砂漠の蜃気楼のしくみはよく知りませんが、
蜃気楼みたいなもんなんだろう、と思いました。
砂漠は乾燥しているから、水との関係はよく分かりませんが。。。


134 :底名無し沼さん:02/09/08 13:23
>>133
それを自然現象と信じて疑わないあなたが怖い。

135 :底名無し沼さん:02/09/08 13:37
>>133
私は怖い話と認定しまつ

136 :底名無し沼さん:02/09/08 14:39
>>125
>>115憶えてないんなら書き込むな
ハァ?(゚д゚)
アフォ?

137 :底名無し沼さん:02/09/08 16:55
>>136
113の打ち間違いじゃないの?
途中で止めてるからだろ。

138 :底名無し沼さん:02/09/08 17:51
その小屋は実はホバー移動できるんだよ。でなきゃ、山の中に立体映像発生装置が
あちこちに仕掛けられてるんだ。21世紀に霊もないだろ。21世紀らしい答えを考えようぜ!


139 :底名無し沼さん:02/09/08 20:16
『21世紀』ねぇ...
 
なぜに『21世紀』なんだろ

140 :底名無し沼さん:02/09/09 04:13
同じ夢を見た。何回も。

どこの山か不明だが登山中、樹林に囲まれたとてもきれいな小屋を見る。
休憩しようと、その小屋に行き、入り口のドアを開ける・・・・・
そこでいつも夢は終わり。

しばらく経って、某山に初めて登った。
登山道を歩いていると、なんだか初めての感じがしない。だんだん夢の記憶が。
どきどきしながら登って行くと、樹林の中に、夢と同じ小屋が見えた。
あ!と思い、近づく。
ドアを開けた。ここまでいつも見た夢と同じ。汗が出てくる。

すると感じのよい青年が出てきた。「すみませんこの小屋、閉めるので片付けしてるんですよ」
という。まだシーズン中なのに。なぜと聞くと、ココのオヤジが精神的にまいってしまい、入院
してしまったとのこと。話しは続く。
「いやあ、なんでも幽霊が出ると言ってねェ。足音がして小屋のドアが開くと、だれもいない。
そんなのが続いたらしくて・・・・・」




141 :底名無し沼さん:02/09/09 18:20
↑エロゲーのオープニングですか??

142 :底名無し沼さん:02/09/09 20:44
>>121
冬の羅臼海岸で、毛布一枚でビバークする純君に
感動したのか?
それとも、流氷の上を歩いて帰ってきたトド漁師か?
キタキツネじゃないんだから。

143 :底名無し沼さん:02/09/09 23:09
>>140
アンドレ・モーロワの短編だね。
山ヤをなめてはいけない。

144 :底名無し沼さん:02/09/09 23:17
>>142
あら捜しのつもりかしんないけど、元道民としてはリアリティのない
話とは思えないな。実話で漁師が流氷に乗って救出された話もあるし。

145 :底名無し沼さん:02/09/10 01:50
age~


146 :底名無し沼さん:02/09/10 15:37
人が聞いて怖いかどうかはわからないが、当時の私はちょっと背筋が寒くなった出来事。

あれは奥武蔵野のどこかを日帰りで歩いてきた帰りだった。
晩秋だったので、のんびりしていたら、いつの間にか夕闇が迫ってきていた。
車道に出て西部秩父線の駅までの道を歩いていた時だ。

車もほとんど通らず、他に通る人もいない沢沿いの曲がりくねった道を独り
歩いていて、ふと振り返ると十数人のグループがはるか後方から歩いて来る
のが見えた。やはりどこかの山へ登ったハイキングの人たちかと思い、はじ
めは気にも留めなかった。
ところが少しして振り返ると、その距離があまりに近づいているので驚いた。

自分がそんなにのんびり歩いていたのかと少し足を速めたが無駄だった。
やがて集団は凄い速さで近づいて来て、一人一人の姿がはっきり見えた。
60代くらいの夫婦かと思われる品の良い男女を中心に30〜40位の男女
数人と小学〜高校生くらいの子供数人。なんとなく、老夫婦とその子供夫婦
と孫たちという感じがした。お互いにこやかに談笑していて、それだけ見れ
ば良いファミリーのようなのだが、しかし、足だけはまるで宙を翔けるよう
にして、一糸乱れず、一団となって歩いて行くのが異様な感じだった。

不思議なのはいくらかでも登山ぽい格好をしていたのは、じいさんとばあさ
んだけだったこと。後のメンバーは旅行カバンのようなものを下げているか
と思えば、大きな魔法瓶を持った男性などがいた。

道の反対によけて呆れながら見送る私の方など見向きもせず、集団はあっと
いう間に遠ざかり、やがて見えなくなった。しばらくして駅に着いたが、
前の列車に乗ったのかどうか、すでにその人たちの姿はなかった。

五木寛之の『風の王国』を読んだのはそれから少ししてからだったと思うが、
あれを見たので、今もそういう伝統を持つ人たちがいるのかもしれないと思っている。

147 :底名無し沼さん:02/09/10 22:03

怖い。もう山行って後ろを振り返れない。。。。

148 :底名無し沼さん:02/09/10 22:09
>>146
こんにちわぁーと声かけてみりゃいいじゃん。
これだから2ちゃんヒッキーは。
それでもまったく無視してたら怖いが。

149 :底名無し沼さん:02/09/10 22:11
>>17
146はこの家族がサンカかと思っているわけだろ。
サンカを意味もなく怖がるのは人権侵害だぞ。

150 :146:02/09/10 23:00
>>149

いえ、むしろ畏敬しています。自分の家系もサンカだったらいいのにと思って
調べたことがあるほどです。可能性としてはありうるのですが、はっきりした証拠
がなくて残念です。


151 :カヌー乗り@working:02/09/11 11:41
じゃあオイラも一つ、和歌山の山奥の川を1人で下って
キャンプして寝ていたらテントが外から手で押されたみたいに
中に丼鉢ぐらいの大きさでふくらんだ。 
風はほとんど吹いてないのに、そこだけ、ゆっくりとふくらんで戻った。
人が来ているのかも知れないと外をライトで 照らしたけど誰もいない。
(゚д゚)コワー 
川からでないと来れそうにない河原だった。いまだ正体はわからず。

152 :底名無し沼さん:02/09/11 14:15
それ、熊だよ

153 :底名無し沼さん:02/09/11 16:02
吉田戦車だろ
テントを「むっ」とおすのがすきなんだって

154 :底名無し沼さん:02/09/11 16:03
こないだ聞いた話

20年ほど前ある山岳部のパーティが南アルプス南部を縦走していた。
予定より大分遅れてしまい途中で日が暮れ縦走路で幕営することになった。
荷を下ろしていると少し離れたところから若い男らしい声が聞こえてくる。
「ひとりで怖いからだれかこっちへ来てくださいよー」
何度も聞こえたがもう荷を下ろしてしまっていたので「みんなここにいる
から大丈夫だよ」とだけ返事してその声の方へはだれも行かなかった。
翌朝声の主らしい人物はどこにも見当たらないしどう見てもそこに前夜だれ
かが野営したらしい痕跡はまったくなかった。

もし声のする方へ行っていたら・・・

155 :底名無し沼さん:02/09/11 18:12
それはドラえもんのように微妙に浮いて歩くことのできる透明人間だよ。怖くない怖くない。

156 :底名無し沼さん:02/09/11 19:25
>>154
いかにも作り話ポーイ

157 :底名無し沼さん:02/09/11 19:43
好みとしては何気ない地味な話がコワイ。
(自分で体験したわけではないけど)
たとえば吹雪の中を3人で必死に歩いていて、途中で
誰か合流してきて4人になったと思っていたら避難小屋
に着いたらやっぱり3人だったとか、そんなの。
ただの錯覚かもしれないけどね。


158 :底名無し沼さん:02/09/11 20:17
俺なんか、昔毎晩誰かが添い寝してる気配とかあったんだけど、
起き上がると気配が消えちゃうとか、飯食ってたら、目の前を
西洋のシーツお化けが横切っていったとかあるんだけどね。子供の頃。
いまじゃそういうの見ないなあ

159 :底名無し沼さん:02/09/12 00:46
富山から雲の平に何度かいったけど、太郎山から薬師沢の所に降り立つ
所でいつも胸騒ぎを感じました。すごく不思議で、あたりを見回しては
なんか景色に原因でもあるのかと考えました。でも景色は素晴らしいだけ
でおかしくはない。でもなんだか落ち着かない。僕にとってはミステリー
スポットです。



160 :底名無し沼さん:02/09/12 09:20
>>159
かなり前に一度しか行ったことないけど、そういえばその辺で変な感じがしたような覚えはあります。
怖いというほどではなかったけど、誰か他にいるような(当方単独)見られているような感じでした。

161 : :02/09/12 16:12
ハイキングで周りに人がいなくなった時、何故か不安になることが多々ある。
河の音と風で揺れる林の音と、葉の合間をぬって差し込む太陽の光、
これと15時以降という時間が加わると不安になって怖くなる。

162 :底名無し沼さん:02/09/12 18:57
そりゃ、動物としての本能が正しく働いている証拠

163 :怖くなんかないYO!:02/09/13 19:55
私が幻を見ただけの全く怖くない話をひとつ。

秩父の大洞川を3人で遡行していた。キンチヂミを過ぎたころ、大きな岩の前に
人が休んでいる。
距離にして20mくらい先・・・。大江賢三郎みたいなメガネで、赤いザックは
シングルストラップのとても古いタイプ。30歳くらいにみえる。
「ズイブンと古風なスタイルだな〜。でもまだ若い人だな
20年前くらいのICIのカタログに載ってたザックだ。よし、聞いてみよう」
・・・と思った。
  
大岩の前にヘツルところがあったので一瞬視界から見えなくなった。
で、大岩の前に着くが、その人はもう居ない。その先にも・・・
「あれ、ここに居たさっきの人どうしたんだろ?」皆に聞くと
「え?ここには誰もいなかったよ」

う〜む、あんなにハッキリと幻を見ると却って怖くないもんです。
誓って、全く、全然、怖くなんかないです。
キンチヂミのあたりで滑落者がでるなんてのも全くのデマです。

164 :底名無し沼さん:02/09/14 01:11
>163
そういえば、西丸震哉のエッセイで、幽霊の登山者を発見して、その顔を確認しようと
近づく話しがあった。(スゴイw 怖くないんだなぁ。
でその顔は? 本読んでね。


165 :底名無し沼さん:02/09/14 01:37
単に、みんなそんな遠くのおっさんに興味が湧かずに記憶のかけらも残らないほど気にかからなかった
だけだと思うが・・・。

166 :怖くなんかないYO!:02/09/14 01:55
「山歩き山暮らし」の中の横尾の岩小屋の話かな?でも顔は確認してないね。
他にもエピソードに事欠かない人だから、別の話かもね?どの本か知ってます?

あっそうそう163の最後に「・・・と思うことにしている。」の一文を追加
しといてください。
さて、もう寝ないと・・・・



167 :怖くなんかないYO!:02/09/14 02:07
と思ったけど、レスがあったのね。
>>165
たったの20mくらい先だからそれはもうハッキリみえましたよ。グレーの
ニッカボッカとチェックのシャツを着てました。
で、入渓地点には前夜泊でそこにはそんな人いなかったし、当日は一番先だった
しね〜。
でもまあよくある話だと思うのであまり気にしてませんや。


168 :底名無し沼さん:02/09/14 08:56
すごいクラッシクな格好で山へ行くのが趣味、という人もいるかもしれない。
親父さん譲りの道具かなんかで。
俺んちにもあるんだけど、今度やってみようかな。

169 :底名無し沼さん:02/09/15 19:38
>>164
○ッ○ル○ン○ーでしょ?
「釜石の幽霊」は怖かった。

>>166
「山とお化けと自然界」西丸震哉:中公文庫:1990
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/detail/-/books/4122017572/contents/ref=ed_toc_dp_1_1/250-2113021-0823411

170 :底名無し沼さん:02/09/15 22:25
釜石の、怖い・・・

171 :底名無し沼さん:02/09/16 13:18
>169
紹介ありがとう

172 :底名無し沼さん:02/09/16 16:55
>○ッ○ル○ン○ーでしょ?

 アッ!ルパンだーでしょ?

173 :底名無し沼さん:02/09/16 21:08
まあ山屋なら西丸は読んでいる人多いでしょ。
でもたしかに釜石の水産試験場の話しは怖かったなぁ。(w

174 :底名無し沼さん:02/09/16 21:27
ハッスルさんぺーでしょ?

175 :底名無し沼さん :02/09/18 02:24
赤岳の真教寺尾根をまだ暗い明け方登っていたとき、
林の中に生首がぶら下がっているのを見て腰を抜かしたことがある。
・・が良く見るとマネキンの首。
こういうのを、”悪質ないたずら”というのだろう。
兎に角不愉快だった。

176 :底名無し沼さん:02/09/18 13:38
>173
たのむ。その話キボンヌ

177 :173ではないが:02/09/18 13:51
>>176
思い出そうとするだけでも怖い

178 :底名無し沼さん:02/09/18 14:12
ひいぃっ聞きたいよぅ

179 :底名無し沼さん:02/09/18 14:40
夜の山で突然赤ん坊の泣き声が聞こえたけど、よく聞いたら発情期の猫の声だった。

180 :底名無し沼さん:02/09/18 17:46
>>173
ずいぶん前に読んだのでうろ覚えだけど、毎晩毎晩同じ場所で女の幽霊に会って
好奇心から話しかけたり、本当に体が透けてるかどうか、バットかなんかで殴って
みたりして、とうとう取り憑かれて寝付いてしまったって話じゃなかった?
さしもの西丸さんもあぶなく連れてかれるとこだったらしいけど、普通そこまで
しないよな。

181 :カヌー乗り@working:02/09/18 20:08
>>173-180
補足すると取り憑かれて日に日に痩せて、上司に理由を話して
釜石から逃げ帰った。それで憑依現象は治まったが後日、
町の占い師に「あなたの後ろにいる髪の長い女性は誰?」
って言われる。

182 :底名無し沼さん:02/09/18 22:04
>>181
つまり、怖いのは心霊商法で金を巻き上げようと企む町の占い師と言うお話ですか?

183 :底名無し沼さん:02/09/27 22:43
北アのテント場で出るというところはありますか?


184 :底名無し沼さん:02/09/27 23:14
出るよ。町内会のグループが。
ドリフの効果音の笑い声と同じ声が聞こえてくるよ。

185 :底名無し沼さん:02/09/27 23:16
だみだぁこりゃ。

186 :底名無し沼さん:02/09/29 00:25
単独キャンプしてたら40代後半位と思われるババアがテントに勝手に入ってきて
「3万でいいわよ。」とかいいやがった。腹が立つやら鳥肌が立つやらで、
かなりの恐怖話だと思うよ。

187 :底名無し沼さん:02/09/29 04:07
>>186
それは、押し売り・・・

188 :底名無し沼さん:02/09/29 13:21
どっぺるげんがーって、頭痛持ちの人がよく見るものらしいよ。
ひらたくいうと、脳がイカ(以下略

189 :底名無し沼さん:02/09/29 13:55
クサイ?

190 :底名無し沼さん:02/09/29 14:07
ブー!
正解は「飯」です。

191 :底名無し沼さん:02/09/29 14:19
>>180
もし、幽霊じゃなくてちょっとおかしい人だったら、
西丸さんはどうしたんだろう?
暴行傷害で捕まるぜ。

192 :底名無し沼さん:02/09/29 14:34
>>191
西丸さん自身が、ちょっとおかしい人だからね。
実際その時も、精神科医だったお兄さんが様子を見に来てくれて、家へ連れ帰っ
てくれたんで助かったらしんだけど、お兄さんは西丸さんが、本当におかしくなっ
たと思ったらしい。

193 :底名無し沼さん:02/09/29 14:37
幽霊とエッチする話もあったような気が・・・・・・。

194 :底名無し沼さん:02/09/29 19:22
>>192
西丸さんを直接知っている人に「会ってみたい」と
聞いてみた事があるが、結構クセが強く、
人の好き嫌いが激しいのでシロウトにはお勧め
できないという話だった。結局怖気づいてあきらめた。
書いているものを見ればそんな感じはするけどね。

195 :底名無し沼さん:02/09/29 19:44
>>194
だろうね。私も本だけのファンで満足です。

196 :底名無し沼さん:02/10/05 00:06
>>194
マスメディア(放送含む)には昔から西丸ファンが多いよ。



197 :底名無し沼さん:02/10/12 13:34
誰か話してくれ。あげ

198 :底名無し沼さん:02/10/12 14:39
何かくれる?


199 :底名無し沼さん:02/10/12 17:06
あげるから書け。

200 :底名無し沼さん:02/10/12 22:43
あれは私が高校の山岳部員だった頃のことだ。小屋に着きサブリーダーだった私は
サイト料を払い、主に何処にテントを張ったらよいか聞いてみた。トイレの近くは
臭うかもしれないので、離したほうがよいとのことだった。
週末にもかかわらず他のパーティはまだいないようだった。それにしても気持ちの
いいテン場だ。多すぎず少なすぎずの林と笹の台地で安眠できそうだ。
ただ、4つのテントをマトメテはるためにはトイレの近くにならざるをえなかったが、
特にみんなからは文句はでなかった。

夕食・歓談も終わり、それぞれのシュラフに入り眠りについたが、夜半になり
「ギギギギ〜、バタン。」


しばらくするとまた
「ギギギギ〜、バタン。」

・・・誰だよトイレの扉を閉めなかったやつは・・・・
丁度尿意を催したこともありトイレに行き、もう安眠を妨害されないようにしっかりと
扉を閉め、再びシュラフにもぐりこんだ。

15分もたっただろうか  「ギギギギ〜、バタン。」
隣で寝てる奴から文句がでた。当然だ。オレもうるさいので閉めにいったくらいだ、
しっかり閉めたさと説明したが、信じていないようだった。
私の後に外に出たものはいない・・・こういう静かな夜は他のテントのチャックの
音が聞こえる筈だからだ。
そして何より不思議なのは風が全く吹いていなかったことだ。
その後も4.5回、同じ音がしたように記憶している・・・。

201 :底名無し沼さん:02/10/12 23:04
そんなことがあってから半年も経ったころだったろうか。
ニュースでとある山小屋の主人が若い女性を殺してテント場のトイレの近くに
埋めていたということが伝えられていたのは・・・。

そしてその小屋の名前は紛れもなく私達がテントを張った富士見平小屋だった。
間違いなくそのとき女性はソコにいたことになる・・・。
また、小屋の主人がトイレのそばにテントを張らない方がよいと言ったのも
うなづけたのだった・・・。

あの音は私達に居場所を知らせたかったのだろうか。




202 :底名無し沼さん:02/10/13 07:13
>>201
居場所ったって、殺害現場&死体遺棄場所は富士見平から少し瑞牆へ登ったところだよ。
事件当日にはテン泊のパーティーがいくつかいたから、あんなところで殺すわけないし。
女性がトイレにたったとき誘い出したのは事実だが。

203 :底名無し沼さん:02/10/13 08:22
>>202
出所してきた犯人さんですか?

204 :底名無し沼さん:02/10/13 14:05
キャンプ場の夜のトイレなら俺も怖い体験がある。
男子便所入ったらさあ、個室の中から、2人ぶんの荒い、ハァハア言う、
男のもだえ声が聞こえて来るんだよ。あれは怖かったね。

205 :底名無し沼さん:02/10/13 14:09
>>204
それは怖いね。太い腕がぬっと出てきて連れ込まれたらもっとコワイ。

206 :底名無し沼さん:02/10/14 10:26
怖い話もっときぼん〜ぬ
>>204みたいなのじゃなく正統派たのむ

207 :底名無し沼さん:02/10/14 10:58
>>206
先日、南アでテン泊したときにカレーでも食うべとアルファ米にお湯を注いだ。
カレーだから白米のつもりだったが、よくラベルを見たら山菜おこわだった。
おー怖わっ。

208 :底名無し沼さん:02/10/14 13:39
>>207
南アフリカ?

209 :ボキャブラ天国:02/10/14 13:44
>>208
南ア 治安 安定

なぁ〜んちゃって…


はいパクリです逝って来ます。

210 :底名無し沼さん:02/10/15 01:45
このスレ、2ちゃん公式ガイドにこの板の良スレとして出てたよ。

211 :底名無し沼さん:02/10/15 02:03
>>210
俺も見たよ。
で、有名コテハンが「顔も名前も105円」「無頼派」
「古田亜未」w

212 :底名無し沼さん:02/10/19 01:59
麻婆春雨が150%増量品だったため、鍋からあふれた。


213 :底名無し沼さん:02/10/19 02:40
知人に聞いた話。
昔グループでキャンプに逝った、
夜トイレに行ったら天井から仏さんがぶら下がってたそうでつ。
若い女性の自殺だったそうでつ。
その後は警察を呼んでキャンプ場中大騒ぎになり
すぐ帰りたいけど暗い中で撤収も出来ず散々だったそうでつ。


214 :底名無し沼さん:02/10/19 20:18
私がまだうら若き乙女だった頃の北八でのある小屋での話。
なんでだか夕食が済むまで各自部屋に入れてもらえなかった。
消灯時間の9時近くなって、やっと二階の部屋に案内された。
単独者(私も単独)や夫婦者を含む数組の登山者が6〜4・5
畳の殺風景な畳敷きの部屋にそれぞれ入った。
部屋には薄暗い赤電球はあったが、間もなく点かなくなり、
仕方なくヘッドランプを点けて寝支度をした。

そして深夜。し〜んと静まり返った闇の中で、ミシ、ミシ、ミシ
と廊下の床が鳴る音がして私の部屋の前で止まり、続いてカリカリ
カリ・・・という音が。
私の部屋の廊下との境の障子を誰かが外から引っ掻いている・・・
ひえー、な、なんなんだ。
だれだ?こんな悪ふざけをするのは・・・

食事の時に一緒だった単独行の暗い感じの男性が隣の部屋に
入っているのを思い出した。
まさか・・・ね。でも、もしそうだったら、どうしよう!
結局、途切れ途切れに音はしつこく続き、朝までろくに寝られ
なかった。

翌朝、窓から差し込む光の中でよく見たら、その障子はなぜか
丈夫なセロハン紙で張られてあり、一ヶ所、縦に裂けて破れた
穴があって、そこに少しの風が吹き込むたびにカリカリと大袈
裟な音を立てているのだった。
その上、小屋自体が古くて隙間だらけで、少しの風でもあっち
こっちミシミシと音を立てるようなのだ。

「おはようございます。よく寝られましたか?」
廊下に出ると隣室の青年が声をかけてきた。
えっ、夕べ見たよりさわやかそうな人じゃんか。
変なこと疑ってゴメンネ!お兄さん。

215 :底名無し沼さん:02/10/19 23:11
>>214
思い込みの激しい人ですね。


216 :底名無し沼さん:02/10/20 00:19
>>215
ハハ。でも若い女の単独行には男の人にはちょっとわからない怖さがあるのよ。
経験から言って、なあんにも知らない頃はかえって怖くないんだけど、いくらか
でも知ると怖くなるのよ。(何をかって?そりゃ、あーた・・・)
あれはその頃のこと。
ほんとのオバサンになっちゃえばもうコワイもんなしだけどね。

217 :底名無し沼さん:02/10/20 09:56
根暗ブサイクほど自意識過剰な罠

218 :底名無し沼さん:02/10/20 09:58
>>214
読んでてこっちが恥ずかしくなったYO!

219 :底名無し沼さん:02/10/20 16:02
>>216
男には絶対わかんないって。あきらめて自営だね。

220 :底名無し沼さん:02/10/20 16:28
>>216
なあんにも知らない頃のあなたに出会いたかった

221 :底名無し沼さん:02/10/20 16:34
アルプス一万尺小槍の上で・・・・
これは怖い・・・
http://www1.kcn.ne.jp/~houou/haiji2.swf

222 :底名無し沼さん:02/10/20 17:33
いや!
      名作だ!
            感動したーーーーーーーー!

223 :底名無し沼さん:02/10/21 10:21
なかなか、実体験の怖い話って出ないね。
山へ行ったからって、そうそうお化けに会うわけじゃないってことか・・・
話は聞きたいけど、自分が会うのはやっぱりイヤだな。(^^;)

224 :底名無し沼さん:02/10/21 11:40
なかなか、実体験の怖い話って出ないね。
山へ行ったからって、そうそうパンパカするわけじゃないってことか・・・
話は聞きたいけど、自分がネタになるのはやっぱりイヤだな。(^^;)


225 :底名無し沼さん:02/10/21 13:00
まねっこケンちゃん!

226 :底名無し沼さん:02/10/21 17:13
なかなか、実体験のエッチな話って出ないね。
山へ行ったからって、そうそうパカパカするわけじゃないってことか・・・
話は聞きたいけど、自分ができないのはやっぱりイヤだな。(^^;)


227 :底名無し沼さん:02/10/21 20:08
>>213
でつって書きたかっただけぢゃん。

228 :MINTIA:02/10/21 21:51
5年位前に北海道の利尻山を踏形ルートから登った時、
尾根ずたいの登山道を登っていると、谷の下のほうから
「助けてくれ」って声がしたけど。それから呼びかけても
返事がないので、そのまま気が付かない振りをしてきてし
まった。今でも時々気になるな!

229 :底名無し沼さん:02/10/21 22:36
>225
ケン・鈴木か?

230 :底名無し沼さん:02/10/21 23:00
age

231 :底名無し沼さん:02/10/21 23:03
山より歌舞伎町の方が怖いな

232 :底名無し沼さん:02/10/21 23:07
歌舞伎町より饅頭の方が怖いな

233 :kani:02/10/22 10:08
場所は言えないけど、登山道の外れで人間の大腿骨見つけた・・・・

234 :底名無し沼さん:02/10/22 10:18
人間の大腿骨くらい何だ、俺なんか・・・以下略。

235 :底名無し沼さん:02/10/22 10:48
>>233
kaniさん、場所は言えないとかいっている場合ですか。
警察に電話しましょ。

236 :カヌー乗り@working:02/10/22 14:56
オイラも大腿骨なら河原で二回ぐらい見たことあるよ。
「これは鹿だな!鹿の骨だ」って事で自分を説得して
少し離れたテントを所に立てています。

はっきりした体験といえば狐火っていうのを見たことがある。
崖下の対岸に20cmぐらいの黄色いような緑のような火の玉が
地上約2mでゆらゆら、止まる、ゆらゆら、止まるってのを見た。
雑貨屋のおばちゃんに話したら「狐火やね」とても軽く言う。
人気がなく人工の明かりのない所にはそんなのがいるのねん。
西丸震也の本に100個ぐらいの火の玉が飛ぶ話しがあるよね。

237 :kani:02/10/22 15:11
>>235さん、通報も考えたんですが、年代が非常に古そうだったのと、
周囲を捜索しても他に何も無かったので、事件性は無いと思い、
密かに仲間のザックに忍ばせてプレゼントにしました。

238 :底名無し沼さん:02/10/22 18:16
通報も考えたんですが、年代が非常に古そうだったのと、
周囲を捜索しても他に何も無かったので、事件性は無いと思い、
密かに砕いて結核の友達に薬としてプレゼントにしました。


239 :底名無し沼さん:02/10/22 20:30
山で白骨死体は見たくない。お肉が残っているのはなお!
(パロる?期待してるよケンちゃん!)

240 :底名無し沼さん:02/10/26 16:03
今まで一番恐かった登山は、ある年の大晦日の深夜に、一人で登った日光のある山だな。
遠くに響く「ボーーン、ボーーン」という鐘の音を聴きながら、真っ暗な樹林帯を
一人で歩くのはナカナカの凄みがあったな。

あまりに恐くなったから、俺は得意の英語を大声で喋り始めたよ。日本人ってのは英語
コンプレックスが強いから、英語を聞けば霊も逃げるんじゃないかと思ったわけよ。(今
考えても幼稚な発想。)

結局その夜は山頂で寝袋一つで寝ちまった。翌朝目覚めたら、初日の出を拝む為に早くに
登って来たおっさんがいて、俺が寝たままで、「明けましておめでとうございます」って
言ったら、気味悪がって物も言わずに去って行ったよ。


241 :底名無し沼さん:02/10/26 16:19
>>240
そらおっさんの方が怖い体験だよ。

242 :底名無し沼さん:02/10/26 20:04
>>240
元日の早朝に日光の山に登ったら、山頂に寝袋ひとつで転がってるやつがいた・・・・
たしかにちょっと、コワイな。

243 :底名無し沼さん:02/10/26 20:15
>>242
俺もあの時登ったんだが、最初オロクかと思ったよ。

244 :底名無し沼さん:02/10/26 23:59
漏れは以前一回だけ山小屋で働いた事があるんだが、そこにいた先輩の言う事には
XX小屋には女の子の幽霊がたまにでるんだそうだが(先輩以外はそんなこと言わ
ないのできっついタイプではないと思う)、朝食のメシ炊いてる時に耳元で何か言う
から「うるさい」と言ったら消えたそうだ。
あんま恐くなくてスマソ

245 :底名無し沼さん:02/11/03 13:52
>233-239
ほんとに人間の大腿骨だったか?
山にケモノの骨なんかザラだからね。
人の大腿骨は二足歩行のせいか骨盤と関節する骨頭部が発達してて四つ足と結構形が違うが、見る人が見ないと結構わからんぞ。

246 :底名無し沼さん:02/11/03 20:59
>>245 >見る人が見ないと結構わからんぞ。

始末した本人だからわかるんでは・・・

247 :底名無し沼さん:02/11/04 00:04
>246
それは怖い・・・・。

248 :底名無し沼さん:02/11/06 16:35
1年ぐらい前に某都心近郊の山で銃口を突きつけられたことがある。
なんでもいのしし狩りをやっていて犬が吠えたからいのししだと思い込んだらし
「いのしし見つけたら大声出すか伏せないと弾があたるよ。散弾だから」
ていうかいのししと人間の区別くらい犬に教えろよ

249 :底名無し沼さん:02/11/06 19:51
>>240-243

怖い話というより、笑い話


250 :底名無し沼さん:02/11/07 09:58
別板からの転載ですが、以下の文章を読んで下さい。

「親父の話で、たぶん20年以上前のことだと思いますが。。。
厳冬期に数人で山に(どこだったかは忘れたゴメソ)登ったが、
吹雪で進むことができなくなって山小屋に避難した。
他のグループと一緒に天候回復を待ったけれど、
数日経っても一向に回復する気配が無い。

と、別グループの一人が、自分が降りて救助を呼んでくる、
と言い出した。
もちろんみんなは止めたけれど、その人は押し切って出て行った
翌日、ようやく回復したので外に出ると、少し離れたところに
色のついたものが見える。
距離にして100Mほど。
見に行くとテントが張ってあり、中には一人で出ていった人が
冷たくなっていた。。。

そんなに近くても戻れないんだ、と子供ながら山の恐ろしさを
思い知りましたね。
そんな漏れは雪山未経験(; ´Д`)コワイ- 」


こんな事(100mでも戻れない)って実際あるんですか?
そんなに冬の山は怖いんですか?
霊よりこういう事の方が怖いんですけど・・・



251 :底名無し沼さん:02/11/07 10:03
>>250
南極でブリザードの中、犬にえさをやりに行って遭難死してる。
吹雪くとマンザラでもない。

252 :kani:02/11/07 10:34
>>247 もう時効さ。 って
(大腿骨なら素人でも解るよ)

私は実際ハンターに発砲された。弾丸はマジで「ピュン」って音がする。
友達の銃砲店に聞いたら「とりあえず何か動いたら撃つでしょハハハ」だと・・

253 :底名無し沼さん:02/11/07 10:37
>>251
マジっすか?
登山の経験が無いもんで・・・


254 :251:02/11/07 10:45
マジ。昭和基地でのこと。3年後くらいに、すぐ近くで遺体がみつかるんだが
風向きが一定なら〜わからんでもないが、吹き荒れると・・・
わからなくなる。

ホワイトアウト=白・しろ・シロで方向を見失う。
こんな感じ
http://oba.ducub.com/yama/yamaski/2001/ibuki/ibuki05.jpg


255 :253:02/11/07 12:00
>>254
ちなみに濃霧の場合はどうなるんですか?

もし、ホワイトアウトで方向を見失ったら
やっぱりみなさん、死を覚悟するんでしょうかねぇ・・・

素人考えですが、方位磁石は無理なんでしょうか。w
当然持ってると思うんすけど。

256 :底名無し沼さん:02/11/07 14:21
5年くらい前の話。初夏に剣山荘に泊まった。
10畳くらいの部屋に女性6人くらいの相部屋だった。
剣山荘って、皆出発が早いんですね、朝3時頃から起きだし、
4時前には同室の人、皆出発してしまいました。
残ったのは私一人。
広い部屋に私一人。怖くなって、眠れなくなってしまい、
こういうときに限って、山岳遭難でなくなった方の霊とか考えちゃうんですよね。
怖くて怖くて、部屋を出て、入り口のところで一人で朝があけるまで座っていました。


257 :底名無し沼さん:02/11/07 16:55
>>255
ホワイトアウトしたら死を覚悟するしかないね。

10年前に仕事の関係で北海道で生活した時の話だが、北海道に引っ越した年の冬に生まれて初めての吹雪って奴を経験したんだよ。
外が荒れてきた時に、外に繋いでいた犬が寒がってるとかわいそうだから、中に入れようと思って外に出た訳よ。
なんとか犬小屋まで辿り着いて振り返ったら玄関が見えないんだな(w
「確かこっちの方向だったはず」
と思って、数歩歩いたら完全に方向を見失ってさ、歩いても歩いても玄関につかないんだよ。
その時思ったよ…「ヤバイ、死ぬかも」って。

幸い、犬が紐を引っ張るんで、その方向に進むと玄関に戻れたから生きてるけどね。

「吹雪の時に移動しちゃいかん」って心底痛感したよ。

258 :底名無し沼さん:02/11/07 17:00
>256
座ってるくらいなら出発しちゃえば良かったのに
暗がりに座り込む256を見て他の部屋の人が怯えてたかもよ(w


259 :底名無し沼さん:02/11/07 17:15
>255
死は覚悟しないよ。ビバークの準備するだけ
…だって、雪なんか年に1度数センチも積もるかなー?って
軟弱平地に住んでるんだもーん。
磁石があっても自分の位置が確認できなきゃ無意味だ罠

んで、小屋泊りは初めてだった自分が屋久島の高塚小屋で泊った時の事
寝る前は月夜だったのに、夜中トイレに立とうと小屋の戸を開けたら
足元の雪の深さも解らないんじゃ?ってほどガスで真っ白だった。
数メートル先にあった『トイレ →』の看板なんかとても見えない。
とりあえずランタンをつけて小屋の窓辺に置いて行ったけど
僅か20m以内のトイレからでも方角を見定めて目を凝らさないと
その明りさえ分からないくらい。
夜明け前に出発する予定だったけど
結局ガスが若干ましになった8時近くまで小屋に留まってしまった。
お陰で宮之浦岳山頂付近に来た頃には気温が上がりすぎて
腐れ雪何度も踏み抜いて散々だったけど

山を降りてから同小屋で「夜中にトイレに行って遭難」つー例が
結構あるらしい(30メートル程下の水場で遺体発見、てのもあり)と聞き
ちと納得してしまった。

260 :底名無し沼さん:02/11/07 20:12
>>252
山なんか行かなくても、千葉の印旛沼の流れ出し、「印旛新川」に船出して釣りしてると、
庭先からカモ撃つ地元の馬鹿農家の散弾で撃ち殺されかける体験がしょっちゅうできるよ。
鳥が飛び立つと、パーンって音がして、船の近くに散弾がボチャボチャ落ちてくる。
無論、猟なんかしていいばしょなわけが無い。多分、地元警察もとっくに知っているだろうが、
知らん振りしているのだろうと、地元のおっさんに言われた。

261 :底名無し沼さん:02/11/08 00:46
>>250
千畳敷でロープウェイ乗り場から50mのところで遭難、というのがありませんでしたっけ。
あれは雪崩だったかな。

北海道の平原みたいなところで、同じパーティの女の子が用を足そうと少し
離れたところで急に霧が濃くなり、ホワイトアウトの状態に。
はじめて笛が役に立った。
歩いていても先頭が道をはずれていくし、平原は怖いと思った。


262 :底名無し沼さん:02/11/08 00:50
木曾駒は実にヤバイよな。
秘かに去年の冬山事故ワーストワンじゃないか。

263 :底名無し沼さん:02/11/08 11:12
急に霧が出るのも恐いが、急に霧が晴れるのもかなり恐いぞ。
俺むかし、濃霧の中でキジ撃ってたら、後ろから笑い声がしてきた。何だと思って振り向いたら、
霧がスッカリ晴れてギャラリーが笑ってた。

264 :底名無し沼さん:02/11/08 12:39
>263
がはは、想像しただけで笑える。

265 :not250:02/11/09 20:18
>>261
そんなのあったあった。
ケーブル駅からいったん下ったらしい、やられたのは。
千畳敷はお椀のような地形で、登山道はフォールラインを横断するからな。
今年の五月に行った時、スキーリフトのお爺さん(木こりみたいな人)に聞いてみたら、
「あ〜あの、パンパカの、そこガ、そこでやられたガ」と教えてくれた。

266 :底名無し沼さん:02/11/09 20:26
>>265
「パンパカ」もすっかり日本語として定着しましたね。

267 :底名無し沼さん:02/11/09 21:54
5年くらい前の冬に西穂に登ってる最中、
30mくらい先男性が木を背に座って身動きせずぐったりとしてるのを見た。
友人に確認すると、確かにあれは人だよってことで、もしかして遭難者かと
近寄って行くと、なぜかいるはずの人がそこにいない、で、ルートに帰る最中
急にホワイトアウトに見舞われて、完全に迷ってしまった覚えがあります。
仕方なく登るのを断念してやみくもに下へ下へと降りていったら、上高地温泉ホテルの
露天風呂のところに降りてきました。しかし、あの人はどうしたのでしょう。



268 :底名無し沼さん:02/11/09 22:19
>>267
あなたの後ろにいるのが見えます・・・。

269 :底名無し沼さん:02/11/09 22:27
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

270 :底名無し沼さん:02/11/09 22:34
「見えるぞ・・・私にも敵が見える!」

271 :底名無し沼さん:02/11/09 22:41
「見えるぞ・・・青森湾がみえる!」
「安の木森、賽の河原、大峠、小峠を超え、田茂木野まで一気に踏破する!」



272 :底名無し沼さん:02/11/09 22:55
267です。もうひとつ私の経験談です。やはりこれも5年前くらいの冬の平日月曜に
行者小屋に行ったとき、いつもはにぎわってるテント場も誰もいなくて
私一人だったんです。昼間は国定公園一人占めやん!って喜んでいたのですが
夜になってすっごい吹雪になったんです。で寝てますと、聞こえるのは吹雪の音と
テントが風でぐにゃぐにゃとまあよくここまで曲がるもんだと関心するほどだったのですが
夜中1時くらいにふと目が覚めたんです。外はあいかわらず吹雪いてるようでしたが、
なんか違う音が聞こえるんです。で、耳をすますとなぜか
山の稜線方向から女性の叫び声が聞こえたんです。助けてーって何度も繰り返し言ってました。
行者小屋はすでに閉じて誰もいないはずだし、それに聞こえる方向があきらかに山のほうから聞こえてくるんです。
幻聴かなと意識をしっかりとして聴いてみても聴こえました。
大体、こんな夜中の吹雪の最中に下山するわけないだろうし、昼間は確かに
私しかこの辺りはいなかったのも確かで、ほんとこれには背筋が凍りました。
次の日も吹雪で結局誰も登ってこないし、一人ラッセルするのも面倒だと
いうことで、結局テントたたんで下山することにしました。
30分くらい下山したところで、一人の女性単独者とすれ違ったのですが
すれ違いざまに顔をみようとしたのですがどうしても顔が確認できませんでした。
でも体系からして確かに女性でした。挨拶をしましたが返事はなく
相当疲れている様子でした。こんな吹雪の中、一人で大丈夫なのかな。
てゆうか下山してから夜のこととオーバーラップしてぞっとしました。
一人では山に行くもんじゃないですよ。




273 :底名無し沼さん:02/11/10 01:12
>>272
しかし、女性の悲鳴を聞いて、お隣の赤岳鉱泉や美濃戸の小屋に通報しなかったのですか?
ちょっとその辺だけ解せなくて。

274 :底名無し沼さん:02/11/10 01:21
以前、山で会った人に自前の心霊写真を見せてもらった。
その人はよく山で怖い体験したり、記憶が無くなったりするらしい。
でも、誰も信じてくれないから写真を撮るようにした、とのこと。
何枚かあった写真のうち、一番怖かったのは、
大きな木からポロシャツを着た男が斜めにニョキっと生えてるものだった。
話を聞くと、どこかの山で下山中に記憶がなくなり、
意識が戻ったところで撮った写真だという。
合成写真か?? とも思ったが、
他の写真は3つくらいの黒い点が「人の顔に見える」という程度のお粗末さで、
そんなものを心霊写真だとする人間だから、合成のテクはないと思えた。
「こんな写真をいつも持ち歩いてるんですか??」と聞くと、
「こういう写真を見せると、みんなが喜んでくれるから」と言う。
「単独で登るのはヤバイんじゃないですか!?」と言ったら、
「俺、友達が少ないから……」と笑った。
確かにこんな人が友達にいたらキモいと思った。陰気な感じだったし。
あの人は今日もどこかで誰かに得意げに写真見せてるのかな??
もう死んでたりして。
って、怖くなくてゴメンね。

275 :底名無し沼さん:02/11/10 02:12
>>274
>もう死んでたりして。

あなたの後ろにいます

276 :底名無し沼さん:02/11/10 20:50
>>274
>その人はよく山で怖い体験したり、記憶が無くなったりするらしい。
この時点で医者行ったほうがいいな。
脳に障害があるのに、霊的ななんとか、とほったらかしにしておいて手遅れになった
らまずいもんな。転換かなにかか?

277 :底名無し沼さん:02/11/10 20:51
>>260
同志ハケーン!

消防の頃に296の北側の小竹(?)付近の山林で遊んでたらぶっ放された。
「私有地に入るな、糞ガキ!」と逆に怒られた。。
学校通う途中によく雉も見たなあ。野ウサギも見たことある。

278 :底名無し沼さん:02/11/10 21:17
>>277
田舎は町中でもぶっ放されるときがあるYO

去年2月、仙丈の帰りに、桜の名所で有名な高遠城に遊びに行きました。
当然一面雪で、踏み跡をぶらぶら散策していると、鋭い銃声が!
2,30m前方でじいさんが、猟銃を肩に落ちた鳥を拾う姿がありました。
踏み跡を無視して歩いていたら…((;゚Д゚)ガクガクブルブル

田舎・オフシーズンとはいえ、かなりの観光地、広い城跡とはいえ、街
なかにある公園で住宅地にも隣接しており、我が目が信じられませんで
した。雪原に残る血の跡が恐かった。

結構な音がしたし、街には交番もあったけど、何の騒ぎにもなってなか
ったから、>>260同様きっとめずらしくない出来事なんだろうなあ。

279 :底名無し沼さん:02/11/10 21:51
>>278
城跡公園は、大抵都市公園の指定を受けてると思うのですが、
鳥獣保護及狩猟ニ関スル法律には、都市公園での狩猟禁止を
明確にうたっています。(他事例としては、墓地、自然公園の
特別保護地区、宅地、作物が生育している畑、など)
多分それ、違法捕獲だと思います。

ただ、街中でも、鳥獣保護区や銃猟禁止区域になってなければ、
矢先(目安は300m以内だけど、もっと広いことも)に道路や家が
ない限り、銃猟は可能なんだよね。そういう意味では注意必要かも。

280 :底名無し沼さん :02/11/28 22:56
age

281 :底名無し沼さん:02/12/07 22:16
山で精神病院の名前入りスリッパを履いた、パジャマの男に会ったときは怖かったよ

282 :底名無し沼さん:02/12/08 01:28
OS win2000
キーボード ドライバを消して再起動したら
エラー音と共に
Dritek KeyCode Message Receiver
The Driver has been lost or uninstall incompletely!
Please open the Control Panel,click the Add/Rmove Programs icon and select the uninstall program for fullunistalltion. Install it again from your master disk if necessary.
という メッセージがでます・・。

キーボードドライバは 後に設定できまして 今も正常に動いているとおもいます。

どうすればいいのか・・まったくわかりません。教えてください。

283 :学会は偽善者の集まり!:02/12/08 01:40
悪質で陰険な嫌がらせを繰り返す偽善者集団創価学会!!
悪質で陰険な嫌がらせを繰り返す偽善者集団創価学会!!
悪質で陰険な嫌がらせを繰り返す偽善者集団創価学会!!
悪質で陰険な嫌がらせを繰り返す偽善者集団創価学会!!
悪質で陰険な嫌がらせを繰り返す偽善者集団創価学会!!
悪質で陰険な嫌がらせを繰り返す偽善者集団創価学会!!
悪質で陰険な嫌がらせを繰り返す偽善者集団創価学会!!
悪質で陰険な嫌がらせを繰り返す偽善者集団創価学会!!
悪質で陰険な嫌がらせを繰り返す偽善者集団創価学会!!
悪質で陰険な嫌がらせを繰り返す偽善者集団創価学会!!
悪質で陰険な嫌がらせを繰り返す偽善者集団創価学会!!
悪質で陰険な嫌がらせを繰り返す偽善者集団創価学会!!


284 :底名無し沼さん:02/12/08 02:07
おまいらおちけつ

285 :底名無し沼さん:02/12/08 12:45
山は意外と危険!

286 :底名無し沼さん:02/12/08 15:52
山は厳しい父であり優しい母である

287 :底名無し沼さん:02/12/11 21:55
子供のころ、富山の田舎に帰ったんだな。
村のお寺とか鎮守の社とかある、典型的な農家の集落だった。ある時、僕は一人で出歩いて村の中を探検したんだな。
そして、屋敷と屋敷の間のふと見付けた路地を入って行った。集落の家の大体の造りは、表道に面して門があり、
庭木のある前庭、母屋、奥に土蔵という風になっているんだ。僕が入って行った路地の先は、数件の家に囲まれた、
屋敷裏の小さな空き地だった。土蔵が周りにあって、数本の木が立っている、共同の薪割り場みたいな変な場所だった。
僕は何か興味を引かれ、木戸を乗り越えて入った・・・。
僕が、そこで見た物は、真っ赤な血だった・・・。
切り株の上が、べったり血で濡れていて、コンクリートブロックが乗っかっていた。こ、これは何なんだ?
・・・血とブロック・・・切り株・・・・、悪魔の儀式か?・・・。僕は異様な物を見た気がして、一目散に逃げ帰った。
路地の両側の家が、みな残虐な悪魔的な家に見えて、路地を出るまで気が気でなかった。
あれは一体何だったのだろう?・・・あんな場所が実際にあるとは・・・何かの儀式だろうか? 僕は、何を見たんだ?
怖くて誰にも言えず、一人で悶々としていた。だが、気になって仕方なく、2日後くらいにまた行ってみた。
今度は、木戸をよじ登って覗き見ただけだ。切り株の上の血はそのままだったが、ブロックは無くなっていた。
そして、最初は気付かなかった、白い羽根が無数に散らばっているのを発見した。・・・ああ、ひょっとしてこれは、
ニワトリをつぶすと言うことが行われたのかも知れない・・・と思った。農家だから、そんな事もするんだろう。
そう思うと、少しホッとした。解らないままにして置くのは凄く怖かったから、合理的な解釈を求めていた。
小学2年の夏の事だった。



288 :底名無し沼さん:02/12/12 00:01
すっげえ細長いヒルが張り付いてたのは怖かった

289 :底名無し沼さん:02/12/12 02:46
まだまだ可愛いヒヨッコだった学生時代、 上から人が落下してきてビックリ。
すみません、と言って去られたから無事のようだった。
さらに、自分も滑落経験アリ。
まじ走馬灯ってあるんだね。
何が起きたか一瞬分からず、頭真っ白だったが、ある瞬間ハッとして草をつかんだ。
しかし、加速がついてて止まらない。何度か草をブチブチちぎって、やっと止まったよ。
標高低い草の斜面で助かったが、あのときハッとしてなかったらと思うと・・・。

290 :kani:02/12/12 18:11
取引先の社長に「この前○○山に行ったただろう」と言われた。
「邪魔しちゃ悪いと思って声掛けなかったヨ、ハハハ」だって・・・
もっと悪いわい!

291 :底名無し沼さん:02/12/12 21:48
>290
ごめん、わかんなかった。
後から言われるのが嫌って事?それとも単独で行ったのに、って…?

292 :底名無し沼さん:02/12/13 04:08
>>291
きぢ撃ってるトコを見られたんじゃないの?

293 :底名無し沼さん:02/12/14 06:26
>きぢ撃ってるトコを見られたんじゃないの?

たぶん写真も撮られてる。


294 :底名無し沼さん:02/12/16 09:17
>きぢ撃ってるトコを見られたんじゃないの?
この間ネットで見た。

295 :bloom:02/12/16 09:19

http://www.agemasukudasai.com/bloom/

296 :底名無し沼さん:02/12/16 20:54
 確か、雲取から飛竜山にかけて縦走していたときだったけど、
 「過激派が爆弾の実験をしていることがあるので、怪しい音・人物を見かけたら
110番して下さい。」
 という看板があった。まじでぞっとした。
 学生運動の頃には、大菩薩や妙義なんかにアジトがあったらしいね。 

297 :底名無し沼さん:02/12/16 21:55
(((;゚д゚)))ガタガタブルブル

298 :291:02/12/17 18:04
なーんだ、290は独りで行ったのに
「彼女美人だね、体弱そうだけど」って言われたのかと思ったよ。
良かったね

299 :底名無し沼さん:02/12/18 20:29
恐怖】山にまつわる怖い話 巻の二【戦慄】
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1039622601/l50
相互リンク。

300 :底名無し沼さん:02/12/18 23:40
八王子・鑓水ツアーしない?

301 :底名無し沼さん:02/12/19 20:59
西丸震哉さんの本に出てきたヒトダマって不思議だった
一度見に行きたい

302 :底名無し沼さん:02/12/21 11:55
なんか怖い話教えてください。

303 :底名無し沼さん:02/12/26 08:56
トンネルが目の前で崩れました

304 :底名無し沼さん:02/12/27 17:48
>>301
御岳へ見に行きました、書いてある通りでした、寒かったです。

305 :底名無し沼さん:02/12/28 00:08
25歳。
去年まで金無し君だったけど、オンラインカジノとパチンコで
二年で350万貯めた。一度やってみなよ。
初回のみだけど、1ドル以上のチップを買えば30ドル(4000円くらい)貰える。
もらうだけもらってプレイせずに換金することもできるし、ルーレットで赤か黒に
思い切って賭けてしまえば50パーセントで二倍になる。
金なきゃオフラインでゲームすればいいだけ。暇つぶしになる。
ビデオポーカーとかスロとか色々あるのでマジでお勧め。
http://www.imperialcasino.com/~1h4n/japanese/


306 :底名無し沼さん:02/12/29 02:51
>>304
詳細キボンヌ

307 :底名無し沼さん:02/12/29 08:09
人がケンカしている様な声が遠くから聞こえ
望遠レンズを向けると

ナタでメッタ打ちにされていました

308 :底名無し沼さん:02/12/29 08:18
関東近辺のたいして田舎でないところでも猟銃ぶっ放してるハンターが多い。

千葉の山の中はこの時期狩猟解禁でいたるところでパンパンやってる。5年前に
養老渓谷方面を歩いてたら銃声としばらくして近くの鉄塔にカンカン当たる音が
した。慌てて大声で「おーい、こっちに人がいるんだぞ〜」と叫んだら「だいじょぶ
だいじょぶ、死に弾だから当たっても平気だぞ」などと返事してきた。たまった
もんじゃないんで文句言いにいったら「この辺は狩猟許可区だからあまり入るのは
感心しないな」と地図見せられた。
警察に相談したらもちろん人に向けて打つのは違反だ、被害に合う前だったら管轄役場
の産業課に文句言えばいいと言われた。で、とりあえず最寄りの役場の産業課
に電話すると「12/15〜2/15が解禁期間で終了後反省会があるから議題として取り上げる」
そうな。でも当事者はどこの誰かも分からんから意味ないよな。
なんか銃が急に自分の周囲に近寄ってきたようで恐くなった。

309 :底名無し沼さん:02/12/29 08:56
市原市は姉ヶ崎から少し車でいったあたりですらそんな感じだよ。
団地の裏山で音がしてて、スズメをおうニセ発砲音かと
おもってたら、しばらくして散弾銃の空薬莢が落ちてるのを
みつけたりする。

310 :底名無し沼さん:02/12/30 00:42
猟友会なんて、所詮、基地外だからね。わざわざ面倒な手続きまで受けて
銃を撃ちたがり、何かを殺したがるような連中にまともな話が通るわけがない。
今日見た新聞にも、納屋で冬眠していた熊を、警官隊が騒音で山に追い返そうと
したのが、街の方向に熊が移動してしまったと言うだけの理由で、待機していた猟友会は
閉めたとばかりに熊蜂の巣だってよ。附近住民は全員避難済みであるにもかかわらずだよ。

311 :底名無し沼さん:02/12/30 01:21
ネパールでマオイストと昼食を一緒に取った。

312 :底名無し沼さん:02/12/30 23:51
今日奥多摩へ行ったが銃声が三発聞こえた
鹿も見た(俺まで撃たれるだろう!!)

313 :底名無し沼さん:02/12/31 00:55
奥多摩のどの辺りよ?

314 :底名無し沼さん:02/12/31 16:12
奥多摩、ハイキング道多いし、狩猟できる場所なんかほとんどないんじゃないの?

315 :底名無し沼さん:02/12/31 17:01
◆毎年約1万人も韓国・朝鮮人が大量に帰化しているというのに、
在日の数がほとんど減っていない。(ニューカマー含む人口)

        1998年   1999年  2000年
在日人口   638,828   636,548  635,269 人

その約1万人のうち日韓・日朝結婚が年間約8500組。
混血も相当数産まれており、ハーフだけで既に20万人近くも。
これではいつまでも韓国・朝鮮人の日本人汚染が続く。
1952年から累計約27万人も帰化し、売国奴もどんどん増えていく。

また、不法滞在の韓国人は56000人で外国人で最も多い!

◎外国人帰化数
http://www.moj.go.jp/TOUKEI/t_minj03.html

316 :底名無し沼さん:02/12/31 17:02
だから何?

317 :底名無し沼さん:02/12/31 17:06
だから何だっ!
って言ってんだろ!
ボケェ!

318 :底名無し沼さん:02/12/31 17:07

早くカキコしろ!
オタッキー野郎!


319 :底名無し沼さん:02/12/31 17:08
多分↑【およよ】だな

320 :底名無し沼さん:02/12/31 17:28
315は姦酷人?

321 :312:03/01/03 11:15
>>313
遅レスごぬん。
長尾谷で一発 棒の折付近で二発。
鹿を見たのはヨコスズ尾根

322 :底名無し沼さん:03/01/03 16:33
足慣らしのために、石尊・官ノ倉山から臼入山へ山歩した。途中、西の方から
季節はずれの花火の音が聞こえた。臼入山頂に着いたら、イノシシを追うハン
ターが入れ替わり立ち替わり現れた。308の話を実感した。

323 :底名無し沼さん:03/01/03 17:11
知人の話だと、以前は狩猟解禁になると丹沢のちょっと入り込んだところで
ャ系の人が猟銃とか、あるいは銃刀法違反の銃を撃つ練習として
鹿とかを撃っていたようで。(もちろん無許可で)

324 :底名無し沼さん:03/01/03 18:48
レーザーで鹿を撃てば、とりあえず犯罪にはならないよね?

325 :底名無し沼さん:03/01/04 14:16
エアガンだと乙種または丙種免許がいるけどね。
ついでに、狩猟区でも、登山道(民家、田畑は勿論)を越す形での発砲は
違法。藪漕ぎ中は自己責任だが、登山道として地図に載っている場所で
あれば、法律違反だと文句を言っても大丈夫。

一応。散弾銃は発射後勢いが急速になくなるので、まっすぐ撃たれない
限り、例えば一度弧を描いて落ちて行くタイミングなどでは、小石を
投げたのと威力は大差ない。>>308の死に弾は、これを指したんじゃ
ないかな。
ただし、小石が当たればケガするのは当然なので、安全とは勿論言えない。

326 :325:03/01/04 14:24
補足。
散弾の弾は、一粒1mm程度のパチンコ玉みたいな感じです。
子供のくうきてっぽうから撃たれた感じを想像すればよし。

イノシシやシカはライフルを使うので、散弾と違って、多少離れても
威力ある。これは要注意。
目安では矢先300m以内に人がいないのを確認してから撃つことに
なってるけど、そんなの守ってるヤシいないだろうな。
最近のライフルは800mとか平気で飛ぶし。

327 :底名無し沼さん:03/01/05 21:25
いつか奥武蔵の淋しい山でハンターにいきなり出くわして驚いたけど
おじさんより連れてる猟犬の方が血走った目をして怖かったな。

328 :底名無し沼さん:03/01/05 23:07
>>325
少し違うよ。
エアガンと言っても空気銃と認定される物は狩猟する場合乙種免許が必要。
丙種でも申請したら出来ますが。
田畑を越す場合超える場所に「公道」が無い場合はOK

林道はゲートが閉じてる場合に限り公道とは見なされないです。

散弾の弾は種類によって大きさが違いますので大きさは仁丹大からパチンコ玉の大きさ
まで色々あります。

イノシシでも鹿でも散弾銃で猟を行えます。
スラッグ弾(サボット)と言う一発弾で150Mまでなら鹿を倒せます。

300m先をなんて記述は無いです。
安土、要は空に向かって撃たない事。水平撃ちでも先に盛土など安全を確かめて発砲です

329 :底名無し沼さん:03/01/05 23:08

ちなみにライフル弾は3000m飛びます。
安易な考えで書き込まないようにして下さい。


330 :底名無し沼さん:03/01/06 08:58
>>327
禿同!!

331 :山崎渉:03/01/08 20:32
(^^)

332 :ル弾:03/01/10 21:36
禁断の田代峠奥

333 :底名無し沼さん:03/01/11 00:41
2月15日まで(狩猟期間)は、オレンジ系統の帽子を被って登ると良いかも?
ttp://homepage3.nifty.com/JHA/2huntinginfomation-basicstyle.htm

334 :底名無し沼さん:03/01/15 01:48
蠶蠶蠶髏勧醴藹韲菅莢べ⊇∃Ц它∬⊇羽讙蠢蠶葢温輻蠶醴諸荻Y呈シ隴醴醴醴醴醴蠶蠶蠶蠶
髏蠶鬮醴鐔醴露媛どベ   ベS辷Щ坦旦鏥醴蠶`驩讒髏鬪舜悠⊆ジY停o躔醴醴醴醴蠶蠶蠶蠶
醴醴蠶蠶齬醯譴甜Ρ       `∃Ш珀伽躇鉗メ髏醴髏體芦サY川ジベ介Y蹄ヲ霾醴醴醴醴蠶蠶蠶
蠶醴髏髏髏醯佼三、      ベ∃滋譴靄謔醴噬ッ¨       ``ベ⊇川浴壮穉隴肅メ醴醴蠶蠶蠶
蠶盛護燗燗鷦妓冖マ∴、      ベ俎罎靄躇諚牧べ              ベ⊇川衍掘雁隴躔醴醴蠶蠶蠶
蠶醢世鎰鋸謐幽廷レ、          沼貍隴謡鈷⊆゛                `ベ∃氾狛挧鍠薩醴醴蠶蠶蠶
蠶蠶蠶靉咒謐醴蠶蠶醢止        ∃堀鍠狽拔シ`∴               ベベ川Y珀掘鐫鉗メ醴蠶蠶
蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶醴髏髏蠢=@     ‘氾荘珀召Κ`∴、                ベベ川Y壮掘隴醴醴蠶蠶
蠶蠶蠶蠶蠶蠢蹟蠢蠧熨醴影        ベY珀笠に∴3、                  `ベ介衍衒鐫醴醴蠶蠶
蠶蠶蠶蠶蠶醪攤J蠡J髏’         ‘∃衍衒旦Щ辷゛                   ベ∃衍衒鋸鉗メ蠶蠶
蠶蠶蠶蠶蠶蠶記鷦騾粳”            ベY珀狛錐自.                    ベ∃衍珀鍠疆醴蠶蠶
蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠢,``                `ヨ召Y定ネ此                   ベ∃汾珀掘儲醴蠶蠶
蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶監                   ベ交ベヨ疆齔                  ∴S⊇浴衒鍠譴醴蠶蠶
蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠢』                  ベ三ヘベ鴪彭                ベ⊇⊇氾衒掘儲醴蠶蠶
蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶ル                  ∃川シ  ヅ’                 ベベ3氾珀伽疆醴蠶蠶
蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶』                  `当癶、        、  u∴     ベベ⊇Y珀雄醴蠶蠶蠶
蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶鬮。                  ″  シ  、uムЩ糴庇     ∴シ⊇汾衍儲醴醴蠶蠶

335 :底名無し沼さん:03/01/16 09:05
何これ?

82 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)