5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【遅報】ジロ・デ・イタリ〜ドーピング

1 :カ-サグランデ:2001/06/12(火) 04:47 ID:oDHyMN2.
自転車=ジロ・デ・イタリアで大規模な薬物疑惑捜査
http://news.yahoo.co.jp/headlines/reu/010607/spo/13023801_japan_41033_1.html

2 :ああ:2001/06/12(火) 05:00 ID:WCCuIWS6
恒例だね

3 :ツール:2001/06/13(水) 16:41 ID:MUeqkYQ2
3ゲット!

4 :名無しさん:2001/06/13(水) 16:46 ID:WQKbnaGw
日本の野球でもサッカーでもドーピングしまくってるんだろうな。

5 :名無しさん :2001/06/13(水) 16:47 ID:k96hptRw
>>4
じゃあ何であんなにフィジカル弱いんだ?

6 :名無しさん:2001/06/13(水) 16:49 ID:xFvqX6Ro
 世界を多から、あるいは一から考えるならば、作られたものから作るものへということはあり得ない。世界を機械的にあるいは合目的的に考えても、かかることがあることはできない、否、作るという如きことも入れられる余地はないのである。然るに多が自己否定的に一、一が自己否定的に多として、多と一との絶対矛盾的自己同一の世界においては、主体が自己否定的に環境を形成することは、逆に環境が新なる主体を形成することである。時の現在が過去へと過ぎ去ることは、未来が生ずることである。歴史の世界においては単に与えられたものというものはない。与えられたものは作られたものであり、自己否定的に作るものを作るものである。作られたものは過ぎ去ったものであり、無に入ったものである。しかし時が過去に入ることそのことが、未来を生むことであり、新なる主体が出て来ることである。かかる意味において、作られたものから作るものへというのである。歴史的世界において主体と環境とが何処までも相互否定的に相対立するというのは、時の現在において過去と未来とが相互否定的に対立する如く対立するのである。而して現在が矛盾的自己同一として過去から未来へ動き行く如く、作られたものから作るものへと動き行くのである。而してそれは同時に個物がモナド的に世界を映すと共に逆に世界のペルスペクティーフの一観点であるという如き、多と一との絶対矛盾の自己同一の世界であるということである。かかる世界において作られたということから、作るものが出て来る、而してまた新に作り行くのである。

7 :名無しさん:2001/06/13(水) 16:50 ID:WQKbnaGw
>>5
全体のレベルが低いから。
どんぐりの背比べってやつ

8 :ツール:2001/06/13(水) 16:51 ID:MUeqkYQ2
>>6
同意。

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)