5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

神社と風水の関係

1 :??:02/09/26 10:30
神社とお寺の設置場所と風水には関係があるらしいですね。
いろいろな町の地図で調べてみると面白いのですが、どのような法則があるのでしょうか?

2 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/26 10:48
2 ゲットぉーーー!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(´´
     ∧∧   )      (´⌒(´
  ⊂(゚∀゚⊂⌒`つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
        ̄ ̄  (´⌒(´⌒;;
      ズザーーーーーッ


3 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/26 11:01
神道、陰陽道、呪禁道、柔道、剣道、茶道、香道 etc.
道に通ずるものは総てTAOなり道の教えなり。

仏道、宿曜道、国道、北海道、東海道、中国自動車道、太平天国道
はしらん。

4 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/26 13:50
>>3
尾崎直道はどうよ?


5 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/26 15:06
ぎゃははは。

6 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/27 02:35
織田無道は?

7 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/27 11:55
>>2-6
まじめに答えてYO!

8 :( ;‘e‘)チャーニィたん ◆e3mZfiBU :02/09/27 13:41
( ;‘e‘)<レイラインで納得しなさい

9 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/27 13:56
>>3
つっこみますが
仏教、道教、儒教もふくみますですがなにか?
それをタオイズムといいますがなにか?

10 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

11 :あげ厨:02/09/27 18:14
>>9
ぼけねたでしょ。>>3は。

12 ::02/10/02 20:34
なぜか知らないが 書き込んでいる人には変な人が多い。(*_*)

13 :オモクソ:02/10/02 20:50
>>まえ

ちみもな〜

14 :あげ厨:02/10/02 20:55
すまんこったです。マジレスをするつもりだったに、雰囲気で流されたっす。雰囲気作ってくれっす。

15 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/02 21:05
風水って結局なんだ?
ここに何かを置けばいい感じ。とか、そんな程度か?



という程度のレスを期待しているのか? あげ厨は

16 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/02 21:10
和室にベッド置いてますがいけませんか?

17 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/02 21:25
http://homepage1.nifty.com/OMEGAPOINT/myth/israel/page4.htm

神道の基本は上記のURLです。

18 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/02 22:25
三橋一夫 著 神社配置から古代史を読む―古代史の聖三角形 六興出版

なんかどう?

19 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/02 22:29
>>3
鉄道は?
極道は?

20 :??:02/10/04 15:10
18>三橋一夫 著 神社配置から古代史を読む―古代史の聖三角形 六興出版

なんかどう?
読んだ 読んだ。結構面白かった。
古墳や古代の都市計画で風水の影響が強いってのは有名な話。神社なんかも影響あるのかな〜と思っている。
実際 地図で調べてみると近所の山頂から ちょうど南南東の所(真南から30度の角度の所)に寺や神社があるのです。
他にも いろいろあるけど 誰か何か知らないかな〜・・とうことで

21 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/25 19:37
age

22 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/04 06:02
明治神宮は風水的に非常に良いらしいのですがどうなんでしょう?

23 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/04 16:06
           /∵∴∵∴∵∴\
          /∵∴∴,(・)(・)∴|
          |∵∵/   ○ \   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           |∵ /  三 | 三 |   / うるせー!!
          |∵ |   __|__  | 
           \|   \_/ /   \__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            \____/,-っ   \   そうか!よし!殺す!
          /⌒ヽ/   / _)       \       
          /   \\//           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          /    /.\/         ‐=≡   ∧ ∧
         /   ∧_二つ        ‐=≡   ( ´Д`) 
         /   /           ‐=≡_____/ /_
        /    \        ‐=≡  / .__   ゛ \   .∩
       /  /~\ \      ‐=≡  / /  /    /\ \//
       /  /   >  )    ‐=≡  ⊂_/  /    /  .\_/
     / ノ    / /       ‐=≡    /    /
    / /   .  / ./          ‐=≡   |  _|__
    / ./     ( ヽ、          ‐=≡  \__ \
   (  _)      \__つ           ‐=≡ / / /
   . ̄         ``)         ‐=≡  // /
               `)⌒`)     ‐=≡ / | /
                ;;;⌒`)    ‐=≡ / /レ
               ;;⌒`)⌒`)‐=≡ (   ̄)


24 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/04 16:11
つまんねえな

25 :謎のトライアングル ◆c67jyZa4xw :02/11/08 22:05
>>18
参考文献upありがとうございました
さっそく読んでみました

私は、真言宗を中心とした寺社の配置を調べています
               ↓
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1030289900/71-

26 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/18 22:52
高田郡向原町にある火の宮についての情報求む

27 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/21 03:27
あげ

28 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/21 19:58
…………風水と神社じゃ発祥が違うじゃん
なんで日本の神様祭る所に中国の占い関係して来るの?
陰陽道が出てきてからは関係するかもしれないけど
陰陽道って節操ないし

29 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/21 20:57
>>28

 馬鹿モン! (゚д゚)
 これだからオマエは無知だというのじゃ!

 神道すらも、道教の深い影響を受けているのだ。
 っていうか、天皇という語自体、神道という語自体、
 道教から来ておる。

 神仏習合以前に、道教なくして日本の宗教はありえぬので 
 あります!
 我々が自覚・意識していないだけで、日本の宗教の血肉と
 なっているのであります!


30 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/24 21:13
 

31 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/25 16:36
伊勢の猿田彦神社(庚申さま)…とかだと、「風水」というか「陰陽道」と神道
の関係というか関与を伺うこととかできまつ(ドクター○パの受け売りぢゃないよ)
社殿の向きや、都市造りなどに「風水」は全体に考慮されているらしいでつ

>>28
信仰の発祥は違えども、神社の建造には大きく影響を受けてまつ
しかも、むかしは「占い」というより「学問」というべきだったかもでつ
(諸子百家のうちの一つ)


32 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/26 00:03
>>31

 特に、平安京とか、ちゃんと風水考えた
 立地らしいですしな


33 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/26 02:48
江戸は京に習って様々な物の配置を京に似せ言霊で見立てたんだっけ?
それによって魔の入り込みなんかを押さえる結界を作ったとか。
西に大道、南に汚地と言う風に。風水について詳しくは分からないけど。

34 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/26 05:35
>32
それは俗説ですね。
風水はそんなに古い時代のものではありません。

35 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/26 08:10
>>31
風水って諸子百家にあったっけ?
陰陽家のことだったりしないよね?

>>all-α
風水と陰陽道をごっちゃにするのやめよう!


36 :31:02/11/26 11:55
>>35
>31は>>28へのレスでつ 陰陽道のことについて書かれていたので

ただし厳密にいうと「風水」ってものにも陰陽道の考えは仕込まれている
ように思いまつ ざっと概念で語るでも過去に於いてはある程度「学問」
であった側面は否定できないと思いまつ ただ、自分も風水術とか習得する
までに至っているわけでもなく、あまりエラソーなことは言えませんがスマソ

>>32
それはフツーに日本史でも習いますたよね 

>>33
ドクター○パが著書でそんなこと書いてますた 江戸初期に家康はお抱えの
僧侶(崇伝?とか天海上人とか?)がいろいろそーいうアドヴァーイスを
してたとかなんだとか よくわかりませんが、その後実際栄えたわけだから
それなりに良かったんでせう。。(表鬼門に神田明神、裏鬼門に山王日枝神社
というのも何か風水の本で見ますた)

37 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/26 13:11
東京(江戸)と風水を考えると結構ヒットしますね

ttp://www.mlit.go.jp/kokudokeikaku/daishu/online/lec44.html
ttp://www.harashobo.co.jp/online-shimada/shukan/backnumber/index65.html


38 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/26 13:49
>>37
上の方のしとは、本屋の風水コーナーでとってもよく見る人でつね
売りこみ方的には○パとタイマソ張ってるってかんじで

上野東照宮は逝ったことありまつ 日光東照宮との比較も面白いでつ
徳川幕府初期の歴史かじるとまた面白いハケーンもありまつけど(また板違い)
鶴岡八幡宮の真北というのは知りませんですた ○パは江戸の北方鎮守だと
いう説は言ってたかと思いまつ 陽明門の真上に北極星&北斗七星が…つう
のも有名でつよね 「守りを固める」つうことで北方位を重視したということ
だったかと思いまつでし

39 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/26 13:53
んー なんかこう書いてるとやはり○パの信者のようでつね 確かに著書は
いろいろ読んでいまつが あの方は風水に絡めて神社に参拝するように薦めて
いるのでつよ それで自然に見てしまいまつ ちなみに深見○○?氏の著作なども
目を通します(藁

40 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/26 14:53
@ノハ@
( ‘д‘) <久留米に、ズバリ風水神社いう神社があるんやけど、
        これはどういう神社なん?
ttp://members.jcom.home.ne.jp/1614661501/jinja/tanboo/kurume3/fusui/fusui.htm

41 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/26 18:25
>>40
これは初めて知りました 自分的に興味のある時代とは違うようなので
沿革などちょとわかりまぬが 下のほうに「猿田彦大神の碑」というのが
出ていて興味をひきますた >>31で書いたのがまさにソレってわけで

http://www2.convention.co.jp/sarutahiko/html/shrine/goannai.html
こちらはオフィシャルサイトでつ 

http://www.city.kyoto.jp/kamigyo/kmg_tree/tree_2/tree_2_A/tree_3A/SA_03.html
>桓武天皇はこの神の託宣によって平安遷都を決意され,延暦12年(793)勅願によって
>社殿を造営されたと伝えています。

こんな記述もありまつね 面白いでつ 「平安京」にはやはり…と思いますた

42 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/26 22:45
>36
>ただし厳密にいうと「風水」ってものにも陰陽道の考えは仕込まれているように思いまつ 

でも陰陽道は中国にないやん

43 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/26 23:43
>>42
うー 今のいわゆる「陰陽師」のあたりのこと言われてるのでせうか
えと自分的に言いたかったのは「陰陽五行説」とかそのへんのものでつ
安部清明ももちろんこの知識を習得した上で、独自の才覚で日本独自の陰陽道を
確立されたのではないでせうか ちょと言葉の捉え方に誤差があるようでつ
以後気をつけます

44 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/27 00:04
@ノハ@     >>41
( ‘д‘) <なるほど、猿田彦神社には方位石が置いてあるんやね。猿田彦神社が
      方位除の御神徳があるいうんは、やはり道案内の神様やったからやろね?
風水神社の方は、↓でリンクを貼った方違神社みたいなモンかとも思たんやが…。
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1018588766/678

せやけど、ウチも陰陽五行と陰陽道をゴッチャにしとったな…。教科書風に言うと、
陰陽五行思想が日本に移入されて、古代末期に陰陽道になったということになっとる
みたいやね。まー似たようなモンやいう気もするけど。猿田彦神社のサイトはなかなか
充実しとるな。神主さんがオモロイ人のようやね。

45 :陰陽道:02/11/27 00:14
天体の運行や方位から国家や個人の吉凶禍福をうらなう技術、またはその信仰的思想や理論。
「おんようどう」「いんようどう」ともよむ。
その思想と理論の源流は古代中国周王朝に成立した易で、日月と木火土金水(もくかどごんすい)
の陰陽五行(いんようごぎょう)説を基礎に十干十二支説がむすびつき、天文や暦の知識もくわわ
って、未来予知のよりどころとなった。

わが国では6世紀初頭に中国から朝鮮をへて伝来し、聖徳太子は冠位十二階や十七条憲法の
制定に陰陽道をとりいれている。天武朝(672〜686)には吉凶をうらなう専門職が中務(なかつかさ)
省の陰陽寮として創設された。職務は卜筮(ぼくぜい)・天文・暦・時刻のことをつかさどり、陰陽寮
には長官の頭(かみ)の下に陰陽師や陰陽博士、暦博士・天文博士、陰陽生・暦生・天文生などが
おかれた。
882年(元慶6)には陸奥鎮守府に陰陽師がおかれるなど、平安時代以降、地方にも配置されている。

46 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/27 00:15
陰陽道は福をまねき、災いをさけるために、いつ・いかなることをすべきかを説き、また時と
方位から吉凶をうらなった。さらに国家安泰のための改元を進言した。
そのため、社会や個人の行動を細かく律することとなった。改元を例にとると、平安前期ま
では中国と同じように、吉兆現象で改元する、陰陽思想による祥瑞(しょうずい)改元での元
号名が多かった。
しかし、国風文化の隆盛とともに陰陽道も日本化し、兵乱・天変地異などの凶兆現象で改元
する災異改元がおこなわれるようになった。藤原氏は権力安定のために陰陽道による禁忌
をよく利用した。

10世紀後半〜11世紀後半の摂関政治の時代にこうした宮廷陰陽道が確立してくる中で、賀
茂忠行・保憲父子という陰陽道の名人がでて、保憲の子の光栄(みつよし)と弟子の安倍晴
明は傑出した後継者として知られた。以後、賀茂・安倍両家による支配がつづき、陰陽頭も
両家からでた。

武家政権の成立後は、幕府の職制の中にも大きな位置を占める。陰陽思想は中世を通じ武
家にも浸透し、合戦での方角・日時の決定にも利用された。他方、公家では朝廷の神祗的行
事の陰陽道化がいっそうすすみ、物忌(ものいみ)、方違(かたたがえ)は有職故実化された禁
忌としてひろくおこなわれた。

Microsoft(R) Encarta(R) Reference Library 2002. (C) 1993-2001 Microsoft Corporation.

47 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/27 00:18
風水に関しては、この本が一番よさそうです。
ttp://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1032588354/361

48 :pow:02/11/27 00:35
ここって陰陽道やなくて、風水の話題やよね? >諸賢

>>43
> ちょと言葉の捉え方に誤差があるようで

四神相応、陽宅風水、隠宅風水、(家相)、(地相)
鬼門、裏鬼門、庚申信仰、北斗信仰、宿曜道、道教、神道、陰陽道、陰陽五行思想、
ここらへんの語の定義が各自違うのでは?

pow的にはいわゆる風水は、初めの三つまでかなと。(家相、地相はさらに定義があいまいだから...)
そうすっと、>>31は庚申信仰と神道は関係あっても、風水との関係は?やないかと。
# 庚申を広めたのは園城寺系の密教僧。ってことは陰陽道と神道の関係もそれだけではなんともいえん。

鬼門と風水も直接関係ないと思うんだが。


49 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/27 01:08
いろいろ勉強になります 新たなハケーンいろいろ

>>44
リンク先の方見ますた これはおそらく、、それこそ平安期の「陰陽道」の
影響が結構つおいのかなと思いますた
わたくしがヲチしております観点は、もちょと古い時代… んで、地域としては
安倍清明にもゆかりのある若狭方面だったりしておりまつ

>>48
えと、自分的には「庚申信仰」そのものといわゆる風水とかの関連とかはほぼ
ないという考えでつ あくまでもその派生による民間信仰の域ではないでせうか
ただ「かのえさる」のような「概念」はそのまま「陰陽五行」とかとかのもの
ですし、そもそも八方位に於ける十干・十二支というか陰陽とか八卦とかまあ
そんなの諸々だいたいごちゃまぜに言われているとは思いまつ
そもそも「四神」それぞれの「色」に陰陽五行は反映されていませんか

>鬼門と風水も直接関係ないと思うんだが。
厳密な風水術にさほど詳しくないのでどこまで正確かは自信がないでつが、
そこまで厳格に線引きをしなくても良いようなふうに自分は思いまつ
(陰陽の気が乱れやすいよ〜みたいなだからそこに神社やお寺を…としたという
ことで、このスレの主旨にも合っているとも思いまつ)

50 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/29 02:29
 

51 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/30 02:46
あげ

52 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/12/02 01:18
age

53 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/12/02 15:04
若狭国一の宮は「若狭彦神社・姫神社」といい、御祭神はそれぞれ
「彦火火出見尊」と「豊玉毘売」だそうでつ(わたすはこのあたり名前を
ぜんぜん覚えられないのでアレなんでつけど)

「彦火火出見尊」というのは「海彦山彦伝説」の「山彦」だというのは
どこの説明でも書いてあるのでつけど それがどうしたというか いまいち
ピンとはきませぬよね

んで 「彦火火出見尊」で検索してみると
http://www.town.kirishima.kagoshima.jp/jp/09/09-01/09-01-a.htm
例えばこんなページがひっかかりますた

他にもhttp://www.bd.wakwak.com/~p-plaza/rekishi/c_03-04.htm
こんなんとか 細かいところはちょと読み飛ばして、気が付くのは、どちらとも
偶然というか「猿田彦神(社)」とか「天孫降臨」ていう言葉が目を引きますた


54 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/12/02 15:04
いづれも九州地方のようでつ
一方、若狭地方というのはここはここで、半島との行き来が古来よりあったのは
既に有名ではありまつ また最近では安倍清明ブーム?で密かに注目されている
らしい、と

http://www.tvk.ne.jp/~mugiya/wakasa.htm
こんなのとかいろいろ 「暦会館」のあたりに安倍清明のこと書いてまつ



もう一つ注目してるのは、ここは「御食国(みけつくに)」といって朝廷に
食物を調達していた地方だったらしく(他に伊勢や淡路などがあるらしい)
聖徳太子ゆかりの「膳臣(かしわでのおみ)」はこの地の国造だったそうでつ

古代史は踏みこむとややこしいでつが、けど拠り所としては「古事記・日本書紀」
ていうのが一番古い文献ということになると思うのでつが 各所の神社というのは
その時代の前後に意図的に編成されたという経緯があると思いまつ
言わば、中央集権化の機関として利用されたという点でつ 明治期の国家神道は
これに近かったのではないかと睨んでいるのです

55 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/12/02 15:05
日本古来からの「自然崇拝」っていうか 「アニミズム」とか「シャーマニズム」
とかと 大陸・半島系の「学問体系」あるいは「(宗教的)思想」が融合した
経緯とか時代…という側面で 自分は古代史とか神社をヲチしてまつ

(その後、仏教とも融合してまつが それはわりと時代が新しいので解りやすい
かなと思ってまつ)


56 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/12/08 16:02
あげ

57 :重要無名文化財:03/01/05 06:49
age

20 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)