5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

山伏やりたいんですが・・・。

1 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/24 03:07
山伏やりたいんですが、ああいう服装ってどこで買えばよろしんでしょうか?
大峰山辺りでやろうと思います。

2 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/24 03:21
山伏ってナイトランナーのことでつか?

3 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/24 03:32
ナイトランナーってなんですか?( ゚д゚)

4 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/24 03:47
山伏と修験道って関係あるの?

5 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/24 13:06
>>1
聖護院か三宝院で聞いてちょ。

>>2
山伏は修験道の修験者のことをいい民間伝承のまじないや神道、陰陽道、
雑密部分の密教などを混合して修じて、神仏に通じる修行をするため、
山々を跋扈する人たちだよ。

>>3
ケニアの動物霊の寄代。霊が降りると裸になって動物のように
夜中に走り回らないと気がすまなくなる。またいたづらをよくするずら。

>>4
山伏=ほら貝をふき、けものの毛皮をまくずら。
修験道=山伏が目指す修行道。




6 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/24 16:32
山伏マンセー

7 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/24 18:39
吉野で買えた気がする。

8 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/24 20:21
>>7
詳細キボンヌ
当方、山伏グッズに興味アリアリっす

9 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/24 21:11
高いぜー
一式そろえたら10万じゃすまねえぜ
篠懸衣が4〜5万から、結袈裟2〜3万以上 引敷一万程度
頭巾千円程度、貝の緒、安いので5〜6千円 高いのは3万ぐらい
ホラ貝5〜6万、ホラ貝の袋1〜2万円、
あと白衣、襦袢、手っ甲、脚絆、地下足袋、草鞋は消耗品
そのほかにも、数珠、剣、錫杖、金剛杖、傘、笈など
入れたらいくらになることやら。

10 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/24 21:18
(;゚ロ゚)(;゚ロ゚)
タカスギですな (^▽^;)

11 :裏高野:02/09/24 21:19
孔雀に会いたいのですが、どこに行けば会えますか?

12 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/24 21:28
>11
東京神田神保町の集英社に行って聞いてください

13 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/24 21:29
裏コウヤに行けばあえるよ
だけど 裏甲やがどこにあるかワカラナイアル
高野山は行ったことあるなら多分 龍神スカイラインと龍神温泉の間にあると見た
U ̄ー ̄U ニヤリ

14 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/24 21:45
裏高野は消滅したじゃない。原作では

15 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/24 21:53
名前欄にfusianasanって入れればいけるよ

16 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/24 22:41
安藤とかで買いなはれ。ダンナ寺の住職さんにさうだんするのが(゚Д゚)ハヤー
法螺と念珠はどうせすぐ良いのが欲しくなるから、最初っから10万くらいのを
買う方が(゚Д゚)ウマー

17 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/24 23:23
取りあえず安く上げたいなら
袴、手甲、脚絆、頭巾、地下足袋、錫杖、これはしょうがないので買う。
そんなに高くは無いはず。
引敷は導師や先達をするならともかく、最初はイラナイ。
法螺もどうせ誰かに習わないとまともに吹けない。習いだしてから先生に
紹介してもらっても間に合う。
数珠は梅で充分。気に入れば一生それでも気にならない。
袈裟は多分、天台系のボンテン袈裟より、真言系のボンテン無しの方が安いのでは?
あと近くの寺か仏具店に行ってオイヅルを買い、住職にカンマンか何かの
梵字を入れてもらう。草鞋は自分で作る。
取りあえず、これでそれっぽくは見える。

18 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/25 00:40
>>16
すいません 安藤ってどこですか?(^▽^;)

19 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/25 02:33
安藤法衣店

googleで検索しれ。
京都と東京(芝だったか)にある。

20 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/25 02:53
>>19
サンクスコ クスコー


21 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/25 09:03
>>1
あ〜、奈良の吉野だね。
法螺貝吹いてる山伏を見かけたけどカッコ良かったよ〜。

22 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/25 13:20
吉野のみやげもの屋さんで売ってる装束は高いですね。
修験は通常、町衆(江戸時代かよ)で構成する講というのがあって、
講単位で山伏の先導とともに山入りします。
関西の場合、大峰などの行場が近いので大きな町なら必ずあります。
その講に入れば装束も安く買えるし、行場へも連れて行ってもらえます。
行場の宿坊は講に参加していないと泊まれない場合もあります。
いきなり出家しなくても講に入れば俗人のまま山伏になれます。

23 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/25 14:56
なるほど
こうにはいるのですね イヒヒ

24 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/25 15:26
>>1

なんで山伏やりたいの?

25 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/25 21:02
えっと もともと山歩きは好きなんです。
それでよく吉野のほうも歩いたりするんですが、
最近、ただ歩いてるよりも山伏みたいな格好して
あるいたほうが楽しいかなと思いました。

なんか、ふりちんでバイクに乗るのと似てませんか?

26 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/25 21:40
私の知り合いが講の人たちと8月に大峰に行きましたが、
その時が先導デビューだったそうです。衣装は先輩に借りたそうですが。
山伏の中にはプロの方もいますが、ふだんは左官や香具師(2CH用語じゃないよ)
をしている方もいます。もともと修験道は在家中心の宗教なんですけどね。
大峰や吉野は木材産地なので木に関連した業者が昔から信者に多く、
今でも建築関係の人が講に多いみたいです。

27 :名無しさん@1周年:02/09/25 21:51
>>25
みんな動機はあなたとほぼ同様だと思いますよ。

28 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/25 23:06
山伏かぁ
なんか楽しそうだ

29 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/26 01:22
大峰奥駆けに参加する先達は80歳くらいだけど、やたら早いです。
シカのごとく岩肌を登っていきます。
山伏ファッションでトロトロ歩いているとカッコわるいかもしれません。
以前参加したおり、ガケをサクサク登っていくのを見ておどろきました。

30 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/26 15:54
体力つけるだーよ

31 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/26 17:04
ベンチプレスマックス80ですが何か?
体重は75キロ。
(;´д`)トホホ

32 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/26 18:20
修験の山道はけっこう岩だらけです。たびにわらじでぬれた岩場も登るには
修練がいるかも。やっぱり神仏の加護がないとケガするでしょう。
カタチから入ってココロも鍛えましょう。

33 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/26 23:43
よし 10月からジムに通うぞ
そして3月までにマックス100目指す

34 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/26 23:54
筋肉鍛えるより、足腰鍛えな。

35 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/27 00:43
足腰弱いあるよ

36 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/27 02:46
>>1よ。
このスレの>>1よ。
駄スレを立てた>>1よ。
そう、お前だ。
今でも毎日このスレをチェックしているだろうか?
流石に見ていないよな。それはこのスレの下がりっぷりを見れば分かる。

現在、このスレは一覧の最下段にある。あと一人、
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
たった一人、おまえのように駄スレを立てる奴がいるだけでdat落ちする。
人間で言えば虫の息ってやつだ。気になるか?ならんよな。

初めてスレを立てたとき、掲示板に書き込んだときのことを、お前は憶えているか?
言いたいことは解るな。まさに今、お前の一部は死に往こうとしている。
それは駄スレを立てたお前自身の責任であり、罰だ。

正直、今だから言うが、このスレの>>7>>11は俺だ。>>100のキリ番は今更ながら地味に嬉しかった。
他にもいくつか書いたし、自作自演もした(番号は勘弁してくれよ)。
ここまで伸びたってことは、俺よりも大切に見守ってきた他の参加者もいたに相違ない。

何がいけなかったのだろう?粘着を相手にしたこと?議論のループ?
違うな…もうこのスレは寿命だったんだ。ネタ切れってやつ。

もし、このスレを倉庫で見つけて、今読んでいる君がいたら憶えていてくれ。
パート10まで続き、各所で紹介される名スレがある一方、
志半ばで堕ちるこの>>1のようなスレが山のようにあることを。そして、君は名スレを育ててく欲しい。

さぁ、時間だ。最後の記念カキコ(sage)を送ろう。

クソスレ立てるなッ!>>1……ッ!!


37 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/27 03:00
ホラ貝っていくらするの?

38 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/27 04:02
結構高そうだな

39 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/27 09:43
山伏やってても疾病保険とかききますか


40 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/27 10:41
山伏って、それだけで生活できないんじゃないかな?
普段は他の仕事してて、行事の時だけ活動するのでは?

41 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/27 15:36
そりゃ専従宗教家以外は在家の方ですから、普段仕事を持ちながら
シーズンになるとボランティアで山伏して一般の行者さんを導くわけです。
それでじゅうぶんでは?

42 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/27 15:42
最近、大峰山系では一般の方のためにライトな奥駆け行も実施されています。
去年、奈良の玉置神社で東京方面からツアーで奥駆けに来ている団体さんに会いましたが
アメリカ人の女子高生やサラリーマンの方など老若男女混成でした。
外国人といっしょに護摩を炊いたり、滝行したりするのもおもしろそうですね。

43 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/11 16:34
ドンドコドンドコ太鼓叩いて行なう護摩祈祷が大好きです。あの太鼓+御経の
コーラスを聴く度に、法悦を感じます。これまで京都の聖護院・広隆寺・醍醐
寺の護摩祈祷へ出かけましたが、惜しいかな太鼓が小さくヤヤ迫力に欠けます。
ドナタか「これは凄い!」という護摩祈祷を御存知でしたら、是非お教えくだ
さい。

44 :醍醐派三宝院:02/10/11 18:36
修験を志すという>>1さん。
このレスの中にも、もしかしたら私と同じ修験の行者がおるやも知れんが、本気で
修行されたいのなら、修験の行者さんがやられているHPがあるのでそこにお尋ねあれ。
「役行者」「修験道」で検索すればわかる。
そもそも、修験法衣は段階を踏んでやるべきことをやらねば着用できぬ。ただコスプレ
がしたいのであれば別ですが。法衣は宗派、流派で違う、もし何も修されないまま法衣を
購入されようとすると店から色々と聞かれるであろうから勉強されてからの方がよろし。
修験の場合、店のご主人も山伏であることが多いので。
本当の修験行者を目指すのであれば、良い師を見つけて得度、護身法、教師認定等を行されるが
よろし。そうすればいつの日か憧れの修験法衣を着て峯を駈け火を渡る事ができよう。
やるべき事が沢山ある。がんばられよ。大峯でお待ち申し上げる。

45 :沙弥:02/10/12 18:51
私の祖母の実家は神社ですが、元は修験でした。
いまでも実家には「修験引導要義」など、筆写や木版印刷の
本が多く伝わっています。
私も仏教を学んでいるので読んだことがありますが、
大峰や葛城という文字が見えるので、そちらの流れなのでしょう。
修験道系の新興宗教もあるようですから、本当の明師に就きましょう。
私の産土社も明治までは湯殿山(出羽三山)系の修験寺だったようです。
その頃の大般若などは
菩提寺で保存しているようです。
縁が深いのです。

46 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/12 23:14
>>45
うわぁっ、うちと同じような家系。
(但し、亡父は本家と縁を切っていて詳細は知らず)

47 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/12 23:18
吉野山蔵王堂の太鼓はよかった。般若心経。

48 : :02/10/20 08:59
今夜の実況は こちらで

≪NHKアーカイブス≫2002年10月20日
http://live.2ch.net/test/read.cgi/endless/1035057863/

49 : :02/10/20 19:27

今夜の実況は こちらで

≪NHKアーカイブス≫2002年10月20日
http://live.2ch.net/test/read.cgi/endless/1035057863/

50 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/20 22:44
醍醐寺、聖護院、金峰山寺、七宝滝寺なんてとこか?
修験のお寺。

51 : :02/10/20 23:33
今夜の実況は こちらで

≪NHKアーカイブス≫2002年10月20日
http://live.2ch.net/test/read.cgi/endless/1035057863/

52 :熊野天狗:02/10/21 04:49
私のは衣装のみで30万円ぐらいでした。
篠懸が本麻の手縫い仕立てだから11万したのが大きいかも。
当山派(真言系)のほうが本山派(天台系)より概して少し
高いように思うね。
ところで、
衣装を着てシーズンになったら山を歩くだけでは、結局ただの
山登りと違いはないよ。ちゃんと師匠について、得度してない
と、ほんとうは衣装を着る資格も無いんだよ。
得度して袈裟免許をもらって、はじめて袈裟を頂くことができ
ます。そして、さまざまな伝法を受けて、修礼(=練習)を
積み重ねないのに、山伏の格好してるのを「似非山伏」といいます。
たとえ得度していても、修験の修行を毎日行うことすらなく、
何も知らないし、やらないのに、夏にだけ山に登る山伏は、
「旦那山伏」といいます。これも本物ではない。
でも、そういう人が多いんだよね。
山の霊気に触れ、修験の雰囲気に触れるだけでも違うだろう
と思うから、そういうのがいても、真の山伏は黙って見てる
だけなんでしゅ。
斗藪行は修験の本領だけど、斗藪だけが修験というわけでも
ない。伝を承けて、更に日常において修行し実践してないと
話にならないよね。

53 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/21 07:24
誰に向って話しているの。

54 :52さんへ:02/10/25 03:14
もっと教えてください。

55 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/25 03:36
>>53
そりゃ山伏ミーハーの1さんにでしょ。

56 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/25 04:35
講とかお寺に属さずに
勝手に山伏のカッコして大峰とか英彦山とかに登ったら怒られますか?

57 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/25 11:01
山伏とやりたいんですが・・・。

に見えた。

58 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/25 12:05
先週、羽黒山いったらあの石段だけでヘロヘロになってしまった。
漏れには修験なんてむりぽ。としみじみ思った。

59 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/25 13:02
大峰の行者は吉野の玉置神社で修行すべし

60 :沙弥:02/10/25 17:34
>52
そうそう、普通はどこの宗派でも得度をうけないと
お袈裟は着けさせてもらえませんね。
正法眼蔵の袈裟功徳の巻には詳しく載ってますが。


宗教全般に言えることですが、
きちんと伝法を受けるに越したことはありません。
文字の学問は独学もできますが、特に密教は明師につくことが肝要です。
そうでないと無闇な迷信に陥ったりしてしまいます。
いわゆる「魔境」というものです。
特に密教系はアヤシイ 新興宗教も多いようですから。


61 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/25 21:51
山伏は在家ちがうんか?

62 :沙弥:02/10/26 00:02
すみません(-人-)
不適切だったようです。

在家でも、自分一人で山に登るだけでは
正統の修験を名乗るとか、後進を指導するとかいう
ことはできないのではないかということが言いたかったのです。

やはり密教は相承を尊重するべきだと
個人的には思っています。

63 :キッチュ:02/10/26 00:16
開祖役の行者は優婆塞(在家の行者)でしたが、後世修験道も職業化し
いずれかの宗派に属す僧体となってしまいました。開祖の精神で言えば
山で朽ち果てるも自己責任とするなら単身で修行するのも良いかと思います。
とりあえずは市井の講に参加して先達からいろいろ享受してもらい、
山伏見習から始めてはどうでしょうか。そうすれば職業をもったまま
修験の世界を体験できると思います。

64 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/26 14:05
大峰でやる人はがんばってくれ!
玉置神社の飯はうまいぞー

65 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/30 23:08
鈴掛・袴でセクースしたい


66 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/31 09:49
>37
ほら貝ってヤフオクで1000円から出てるぞ。
新品はともかく、中古のほら貝なんかそうそう売れるとも思えないし
2000円で落とせると思う。

俺も買って練習しようかな。
トロンボーン吹けるからほら貝ぐらい吹けるべ


67 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/31 12:31
その前にナチュラルホルンを練習しる!

68 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

69 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

70 :山伏やりたい:02/10/31 14:17
>63
キッチュさん、簡略で丁寧な説明、感謝します。
ところで大峰最後の宿坊と聞きました玉置神社って、いったいどんなところなのでしょう。
他でスレが立ってますけど、なんか荒れているような印象が.....
もっとも他の修験の方は、皆悪くは行ってませんが。
教えていただければ幸いです。
ちなみに私の知人は東南院で修行したとか。

71 :キッチュ:02/10/31 15:26
>>70
私も奥駆けに参加したおり玉置神社にお世話になりました。
食事はたいへんおいしかったです。もちろん菜食でしたけど。
他スレは一部の心無い人のせいで荒れてしまい残念です。
私の印象では宮司さんたちはみな親切でしたよ。地元との関係は
よくわかりませんが、特定の人たちが来ることを拒んでいるようには
思えませんでした。たんなるお参りだけでも訪れてみてください。
本物の聖域は人の悪心ごときで穢れるものではありません。
私も近々参拝したいと思っています。


72 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/31 20:10
俺もやりたいけど虚弱体質だからな・・・
まず体力つける事からはじめないと

73 :山伏やりたい:02/10/31 21:49
>71
ご親切にありがとうございました。

74 :9:02/10/31 22:12
 >1
詩ね

75 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/31 22:48
あ、

















76 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/31 22:49
あ、





77 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/01 12:34
「林勘」のHPを見ませう。

78 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/06 19:34
http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/50266103

79 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/17 00:53
キッチュさん、玉置神社のスレ、相変わらずひどいよ。
まともに修験をやっているような人が書き込んでいないよ。
なんかここだけ素通りしたくなっちゃったなあ。
来年、奥駆をしようと情報集めているけれど。
なんで玉置を含めて熊野に対する誹謗中傷が多いんだろう。

80 :熊野天狗:02/11/17 23:18
玉置さんは、たしかに神気が感じられますね。
玉石社に行けば、更に強い。
もっとも、肌に合う合わないは人に因って異なりますね。
貧道の場合は天川辯才天のほうが神気を強く感じます。
しかし、好みは前鬼を北へ行った辺りです。ここは特に
何も祀られているわけではないのですが、奥駈の時なども
いつも清浄な気を感じます。

もっとも、世の中、場所や建物よりも「人」こそが大切だと
思います。そして、他人よりも先ず自分が「人物」たり得る
ことを追求することが先決であろうかと貧道は考えています。
神主や住持の人格や人がらを云々するより、神々や自然と
一体になることが肝要と心得、日々精進したいものです。

81 :熊野天狗:02/11/18 12:30
>>79
玉置神社の神主さんは、御自分でもおっしゃっておられ
るように、人恋しいせいか、若干話が長いかも知れません
が、誰にでも親切な方だという印象です。
特定の新興宗教と関係すると必ず反発が有るものですね。

ただ、新興宗教だからといって、個々の団体の非のみを
あげつらうより、こういう団体が沢山生まれてくる現状を
見据えるべきかと思います。
既成団体も新しい時代の社会に対応していく術を摸索して
いかねばならないでありましょう。

82 :79:02/11/18 22:51
>>81
ありがとうございました。

83 :熊野天狗:02/11/19 18:01
ちなみに、修験道は密教を取り入れたのであって、
その本体は密教ではありません。
悪しからず。

84 :羽黒山:02/11/19 22:27

そーいえば、言ってたな〜
修行の回数で位が上がるって。凡人でも
回数重ねると色々、貰えるんだって。

私の場合、10歳の時に羽黒山で家族とはぐれて迷って、
2466段の階段を1往復半したけど、つらかったよ。

これがほんとのはぐれ山みたいな・・・
今は絶対無理だな・・・





85 :熊野天狗:02/11/20 01:04
33回大峰登山で大先達。奥駈1回で3回分にカウント。
こんな大先達は意味が無いです。
装束など、着なくてもいいから(木葉衣でよいのです)、
修験の根本を自得して験力を蓄えることが肝要でしょう。

86 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/20 15:15
先日、奈良の大普賢岳に行って来ました。
頂上付近は樹氷が出来ていて紅葉も早々と終わっていました。
山上ヶ岳方面から男女のパーティーがやってきたのですが、もしかして結界門を
越えてきたのかと不審に思いましたが、あえて聞きませんでした。
登山の趣味はいいことですが、その場の意味を考慮しない人が大峰に来ることに
対して、なんだか心苦しく思いました。

87 :本山修験大先達:02/11/20 22:28
本山修験宗大先達ですがなにかご質問はありますか?
1.山伏は在家・出家が当然あります。
2.装束は基本的に得度を受けた物以上
3.袈裟は在家の場合紺から赤まで準先達から峯中出世大先達まであり大峯修行や国峯修行の回数で
  先達号が本山聖護院門跡より授与される。
4.修行のメッカは現在でも大峯山山上ケ岳1619m(奈良県吉野郡)である。
5.現在在家修験は全国に20000人は最低いる。
6.修験はそのものでは食べていけないので、ほぼ他に職業を持っている。
7.行は装束よりも山に入り、自信と他(身近な人・物から宇宙に至るまで)
  の関係を考える事を根本に据えている。※別に修行をしなくても実生活
  がそのまま修行である(家族や親や客を信じ満足させること)山修行より
  実生活の方が大きな修行である。

最近こんな考え方をしています。
別に私は普通に生活し肉食で妻帯で恋愛結婚皆さんとそんなに変わらない生活を送り
毎日過ごしています。

88 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/21 03:57
>>87
お言葉に甘えて、ならば質問。
(1)これまでに、どのような伝授をうけましたか?
(2)切紙は持ってますか?
(3)験力を身に付けるために、どのような修行をしていますか?
(4)験力は有ると自負していますか?
(5)火生三昧法やってますか?
(6)九字の切り方、何種類知ってますか?
(7)大先達だと声明もやりますか?
(8)家に護摩壇を構えていますか?
(9)修験道は密教だと思いますか?

あまり、根掘り葉掘りも失礼なので、このあたりでお願いします。

89 :本山修験大先達:02/11/21 07:38
回答します。
1.護身法・九字法・柱源供養護摩法
2.上記切紙
3.権力(験力)はほしいとは思わない
4.まったくないのかもしれない
5.やる必要がありませんので受けていません
6.3位ですが正確には一つなぜならば聖護院の伝法は1種のみだから
7.声明は誰でもOKですよ
8.在家なのでお堂がありません、ほしいのですが2LDKなので
  護摩壇なんかあると、火事で家がなくなるか家族が家出するかでしょう
9.本山行事をみたり末寺の行事をみると密教を感じるが本質的なところは
  土着的バナキューラーなプリミティブな信仰だと思う。

逃げ口上ですが私個人の考えですよ



90 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/21 22:34
「土着的」ってのは判るような気がしますけど、
「バナキューラーなプリミティブ」ってなんですか。
片仮名に弱いもので。(^^ゞ
具体的には、どのあたりが密教と違うとお思いですか?
あと、九字は四縦五横の祇園九字ですか?
だとすると、横縦横縦・・・と切りますか?
横横々々々縦縦々々と切りますか?
あるいは縦割り九字でしたか?
文言は臨兵闘者皆陣列在前のみですか?

91 :90=88:02/11/21 22:36
早速の御回答にお礼を申し上げるのを失念しておりました。
遅ればせながら、ありがとうございます。
90の質問にも宜しくお願いします。

92 :熊野天狗:02/11/21 22:40
>本山修験大先達さま:
葛城修験や深仙灌頂の復興など、
聖護院様は、なかなか盛行のようですね。

93 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/21 22:43
「柱源供養護摩法」は、どの段階で伝授が許されるんですか?
聖護院以外の行者にも教えてもらえるんでしょうか?

94 :本山修験大先達:02/11/22 05:44
>>90
思想が入っていないことです。原始的で初歩的宗教というニュアンスです。
密教というよりも、お経などの教学さえもいらない、子供が明日運動会で
てるてる坊主をつくり、「明日晴れにしてください」と祈念するのににています。
また、ディズニーの「星に願いを」の歌とシーンの考え方にも近い感覚です。
つまり、私が惹かれるのは密教や呪術や祈祷・霊能よりもこの原始的宗教観
なのです。この宗教感は人間の本来持っている「神にすがる気持ち」に他な
りません。
修験道の魅力はこのあたりだと思っています。人間は宗教戦略上ここから経
学など理論武装をしていってしまったのです。

九字は横縦です。

>>92
ありがとうございます。よくご存じですね。
末寺が少なく、信徒数も少なないのでやっていけないのですよ。

>>93
わかりません、本山に聞いてみてください。

95 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/22 18:35
>本山修験大先達さま:
やっぱり、三十三回大峰に上ったんですか?
それと、失礼ですが法臘は?

96 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/22 18:37
ときには、寺に通い続けて奉仕したりして、
大先達の称号を授与されることも有るようですね。
そうやって洞川の竜泉寺から貰ったという人を知ってます。

97 :本山修験大先達:02/11/22 22:06
>>95
参りました。
>>96またそんな人もいますよ。
地方の山も含め毎年霊山に10回以上上りますし、近所の山は1ヶ月に
2度は3:30に起床し通勤前に2時間程度の回峯をします。

98 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/22 23:26
>本山修験大先達さま
年に10回以上の国峯修行とは、なかなかですね。
そういう時は、やはり装束着用の上、正式に峯入り作法に
則って入峰されるのですか?
それから、修験道において入峰斗藪修行は最も重要なのは
言うに及びませんが、それ以外の行は、どういったことを
されているのですか。
特殊な観想法、瀧行、気の運用の訓練、念誦、祈祷、別尊法、
鎮魂帰神法、十種神宝秘法などなど、一定の休暇がとれた時に
まとめて行をされることはありますか?
宜しければ、経験談などを語って戴けると参考になり、
ありがたく存じます。

99 :本山準大先達活動休止中:02/11/23 02:15
>1
は住まいはどこの人?

天台系修験道は聖護院が本山
真言系修験道は醍醐寺が当山
その他独立系いろいろありますが主流は上の二つ

在家修験者の講に入ればある程度の修行を積めば
山伏姿にはなれますよ。(衣装代は既出だがめちゃ高い)
最近は山伏の方も高齢者が多いので若い人は少ないんだわ。
喜ばれるよ。

ちなみに当山派は知らないけど本山だと新人さんは
お経の読み方講習一年単位×2回受けるように勧められる。
3年目からは歴史の授業だったかな?
ほら貝も講習受けて免許もらわないと駄目なはずです。

とりあえず山伏やりたいんだったら在家信者の講に入れば?
(修行内容については大先達が居られるので質問されても答えません
なんちゃって山伏だから大分忘れちゃったよ・・・。)

100 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/23 02:42
このスレもようやく乗ってきたな。

101 :本山修験大先達:02/11/23 08:33
>>98
装束はつけるときもあればTシャツにGパンに略袈裟の時や登山靴にゴアテックス
レインコートでバリバリ登山者の時もあります。
常に装束をつけるのが理想ですが..........................


102 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/23 09:03
質問いたします。
山の仏閣・神木に修験系の御札が打ち付けてありますが
あれは、意味があるのでしょうか?

103 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

104 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/23 19:11
蔵王堂のそばの脳天大神も修験道なのですか?
あまりに素敵な名前なので印象に残っています。
いただいたゆで卵もおいしかった。
(おまもり買ったらゆで卵をくれた。うれしかった)


105 :熊野天狗:02/11/24 02:02
>>102
>山の仏閣・神木に修験系の御札が打ち付けてありますが
>あれは、意味があるのでしょうか?
あれは、碑伝(ひで)と称し、行者がその姓名・峯入年月日・
峯入度数・祈願内容や祈願佛名などを記入して、拝所(靡)の
樹木などに打ち付けたり、下部分を土に埋めたり、安置して、
峯入の証とするものです。密法相伝の血脈ともされます。
碑伝には、板碑伝(いたひで)・円木碑伝(まぎひで;「真木
碑伝」とも)・角碑伝(かくひで)、そして五輪碑伝(ごりんひで)
などの種類が有り、円木碑伝は自然の丸太の表面を削ったもの、
板碑伝は板状のもの、角碑伝は頭頂部を三角形に削ったもの、
五輪碑伝は頭部に五輪塔を刻出したものです。
現在は板碑伝が多く用いられます。
また、胎蔵界碑伝と金剛界碑伝とが有り、
胎藏界碑伝は、春峰順峰に用いられ、板の頂部を水平にます。
金剛界碑伝は、秋峰逆峰に用いられ、板の頂部を三角に切ります。
室町時代の秘伝書に依れば、元来寸法も決まっていたのですが、
現在は様々な寸法のものが見受けられますね。
また、長らく順峰は絶えていたので、形状は金剛界碑伝が多いです。
元来、板碑(いたひ)と称する「供養碑」とは意味が異なりますが、
碑伝に供養碑を兼ねる場合もあります。

106 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/24 04:25
青岸渡寺さんは誰でも受け容れるでしょう。
新聞とかにときどき活動の記事が出てます。
ただし、ただのお経付き山歩きの憾を免れ得ないんじゃないかな。。。
真伝を学ぼうと思えば、やはり歴史の有るところや、
専門にやっている人を尋ねるべきでしょう。
でも、主宰者の副住職さんの人がらに惹かれて、毎回参加する人も
多いようです。
ここに入峯の伝統は無く、十年前から始めたばかりだから、
新参者との批判もときおり聞きますが、
参加者にはいい人が多いとも聞きます。
まず、お気軽に参加するなら、このあたりかな。
電話で問い合わせたら対応してくれるでしょう。
山伏も参加することがあるみたい。

107 :102:02/11/24 19:24
>>105
自分の祈願のために神木に傷をつけるのは
いかがなものかと思いますけど・・私は反対に神仏に対して
大変に失礼な行為だと感じます。

108 :本山修験大先達:02/11/24 23:03
実際に大峯山中の脇の宿に多く打ち付けられていますが、最低でも昭和初期にはさかのぼれる
打ちつけがみられます。
確かに107のおっしゃるとおりですよね。実際枯れるどころか
うっそうとしていますが、なぜそこだけ打ち付けるのかはわかりません。



109 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/24 23:29
祈願の為に敢えて打ち付けるということは有ると思います。
丑の刻参りなんかも、その類じゃないの?

110 :◆LeY.oFZGSI :02/11/24 23:35
札を打ち付けるというのは
四国巡礼や、観音巡礼によく似ていますね

111 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/25 00:22
町を歩いていると、よく暴走族とかが塀にスプレーで「○○参上」とか
書いてるのにもよく似てる。

112 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/25 00:22
町を歩いていると、よく暴走族とかが塀にスプレーで「○○参上」とか
書いてるのにもよく似てるかも。(失礼!)

113 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/25 00:33
↑フライングしますた。たいへん失礼しました。
修行をした痕跡を遺そうという心理が、何か共通しているのかもと思ったもので。(^^ゞ
ところで、碑伝ってかなり古い13世紀のものまで遺っているようですが、
あれって、誰かが保管しているものなんですか?
5年前ぐらいのものまでは、その場に遺っているようなのですが、
放っておくと、どんどん溜まっていくばかりですよね。
誰かが他所に保管しているのでしょうか?
それとも、ずっとその場に置きっぱなしにして、自然に朽ちていく
に任せるのでしょうか?
祠やお堂の中に置かれたものは、管理者がどこかに保管しているん
でしょうけど・・・。

114 ::02/11/25 17:10
当山派の在家信者ですが、九字も横縦以外も行うし、
火性三味もしってる

115 :本山準大先達活動休止中:02/11/25 22:21
おらは千社札とかは一切やらない。
修行で行くときは植物採集や鉱物採集は当然絶対しない。

基本的には自分用のお札やお守りは要らない派なので
護身法だけは使うが九字も切らない。
逆に九字切ったりすると神仏から怒られるのか
頭をぶつけることが・・・非常によくある。

116 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/26 00:12
>>115
「頭を・・・」←それは練習が足りないのです。

117 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/26 00:13
>>114
横縦以外の九字は、横横縦縦横横縦縦縦斜ですか?
開き九字ですか?五法九字ですか?縦割り九字ですか?
日蓮宗じゃないので、木剣九字じゃないだろうと思いますが、
何種類ぐらい伝授されたのですか?
当山派には、かなり伝わっているんですかネ。
ほかに、どのような伝授が有るんですか?
とても知りたいです。お願いしますっ。

118 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/26 00:14
>>114
在家信者にして火生三昧まで知っているってのは、
すごいですね。
火生三昧ぐらいなら越法とまでいかないかも知れませんが……。
ところで、火生三昧を知っているってことは、
護摩も焚けるということですか?
伝法学院を出られたのですか。


119 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/26 00:31
>>114
当山派の在家信者さんは、普段どういった行をされていますか?

120 :熊野天狗:02/11/26 00:39
前のほうのレスで、吉野の店で法衣を買うと高いとか有りましたが、
私の知っている「車田」なら、さほど高くはないと思います……。
普通の町中の法衣店で買うほうが、高いかも知れないと思います。
結袈裟の生地の種類は法衣店のほうが綺麗な気もしますが……。
麻でも、機械編みなら3万ぐらいから求められますよね。
木綿なら安価ですが、山中で雨が降ると、水を含んでやたら重く
なりますのであまりお勧めできないでしょう。

121 :本山準大先達活動休止中:02/11/26 00:59
>116
練習の問題じゃないよ(笑)

本来なら身口意そろってないと効かないはずだが
行をしている人だと意味が判んなくても呪術の類は
形だけでも効き目が出るから「余計なことはするな」
ってことだろうね。
護身法と違って九字は刺が出るからな・・・。
(素人さんにはよっぽど失礼をしない限り甘いけど
行をしている人にはとっても神仏は厳しいのよ。)

またしばらく潜行します。ブクブク

122 :114:02/11/26 07:31
質問される気持ちは理解できますが
お答えすることはできません!
私の師匠は、あちこちで護摩をたいたり
厳しい修行をしています。験力は並やないですよ!
ちなみに師は出張で2kの院で護摩を焚きますが、
今まで一度も火事になったことはありません!
恐ろしいですよ。横で助法してる僕は...(T-T)
僕は火渡りで足を火傷したりとまだまだ未熟なので
後、20年は修行しないとダメですね。
質問にお答えできなくてスミマセン。
あとあと何が災いするかわからないので。



123 :?:02/11/26 21:46
九字は印でやるときがおおいですね。
横縦と斜め4つに最後をつきさすのがあります。
詳しくは説明できないです。
火性三昧は簡単にゆうとイメージですね。
感想ですよ。
毎日する行は、礼拝行、不動感想ですね。
理趣経や観音経も時間があればします!
ぼん字を錫杖でかいたり、大般若をシバキまくったり
しますよ。(^o^)/
学校にはいっていません。
いきなり現場デビューしてます。
みなさんみたいに知識はありません。(T-T)
加持祈祷、払いは大変ですよ。法螺貝、太鼓が得意です。

124 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/28 18:24
火渡りって熱いですか?やけどするのですか?

125 :熊野天狗:02/11/28 22:22
>>129
「いきなり現場」と言えば、叩き上げで、
理論よりも実践!というように聞こえがちですが、
ただし、正しく教学や法式・行法の伝授を受けたという
経験が有るのと無いのとでは、やはり違いますね。
(これは、一般論としてですよ。端からみて思ったことです)
是く言う小生も、思想や歴史等を幾分学んでからではありますが、
先ず、その「現場」(御祈祷なども含む)を経験し、
而後、これと並行して講義・講伝・伝授を受けました。
現在においても同様ですし、今後も並行して善師を捜して
学び、自らも研究を続けていく所存です。
後から思えば当然のことかも知れませんが、
129さんのように、前以て「現場」を経験しているほうが、
勉強にも実が伴うことができて、良かったと思っています。

126 :熊野天狗:02/11/29 15:40
>>123
「?」さん:
>横縦と斜め4つに最後をつきさすのがあります
当山派でも、これをよく用いるのですか。
これは縦割り九字と共に、主に神道系を表にしている
所ではよく用いますね。教派神道でも用いるようですが、
石槌山などなら使うのでしょう。
小生も時や場合に応じて様々な九字を用います。
その選び方にも口伝が有りますが、結局は自分で色々
試してみて、自得することが肝要ですね。

127 :?:02/11/30 23:32
>>熊野天狗さん
おっしゃるとおりでございます!
僕は何もわからずに、この世界にはいりました。
ただ素直に師のゆうとおりに日々精進を続けています。
息抜きに2ちゃんねるをして遊んでいますが...
余り多くは語れないです。(T-T)
うちの師は調伏護摩をしていますが、熊野天狗さんは
何護摩をたいていますか?
<<124
僕はまだまだ未熟なので火傷しましたよ。(T-T)
師はきれいな足をしていますよ!!
師のほうが火の勢いもあるのにね...。



128 :熊野天狗:02/12/01 22:41
小生は調伏護摩はあまりやっておりません。
同じく息抜きに2ちゃんねるをしていますが、
このごろは自利行のほうが主になっています。

129 :寒がり:02/12/02 01:52
やはり冬でも奥駆けされる方は多いのでしょうか?

130 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/12/02 23:37
みなさんに質問です。
修験道や山伏にふさわしい言葉を教えてください。
たとえば「つらい」とか「さむーい」とか

131 :?:02/12/07 00:15
ふさわしい言葉は、熱い!痛い!眠たい!恐い!キツイ!
逃げ出したい!もうアルコールは勘弁して!!
(T-T)

132 ::02/12/07 00:21
祝詞が難しい!相方と揃わないからムカツキ!理趣経マンセー!



133 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/12/07 00:48
祝詞って、元来合唱するものでも無いと思うけど・・・。

134 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/12/07 05:43
(゚д゚)言いたい事も言えないこんな世の中じゃ

135 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/12/07 07:04
(゚д゚)ボイズン

136 :?:02/12/07 10:44
合唱してませんよ〜。
兄弟子と合わし稽古してるだけだよ。
今は二人で助法するからお互いのクセを
なくすためにがんがってます!!

137 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/12/07 20:46
>>136
御岳行者ですか?理趣経も読むの?巾が広いですね

138 :133:02/12/09 02:07
>>136
なるほど、そういうわけだったのか〜。
私も両方読みますよ。
ところで、祝詞って、いま何読んでるんですか?
中臣大祓とか?
あと、助法って、どんなことやるんですか?
祝詞だったら、多くは導師が読むと思うのですが……。

139 ::02/12/09 12:55
スミマセン!うちの師は普通とゆうのを
やってくれなくて、いつもバタバタと本番前にお経の、
順番をかえたり、太鼓のはいる場所が変わるので
ドキドキしてますよ!キレルと恐ろしいしね。(めったに怒りませんが)
祝詞はここの板でよくみかけるやつです。
助法とは導師のお手伝いですよ!
祝詞も導師がやってましたが、僕たちの成長をみて
やらせてもらえるようになりました。(^o^)/
助法がいれば仕事も早く終わるし、依頼者との
話、相談に時間がかけられるので
良いですよ。
今だに陰陽道をつかう法は二つしか教えて
もらってません!(T-T)
火性三昧がかわいくみえますよ。
霊媒体質にならなければ、話にならないので
努力してますが...。
線香護摩知ってるひといますか?


140 :真言坊主:02/12/09 21:02
>線香護摩知ってるひといますか?
知ってる。安物の線香を護摩木の代わりに使うショボイやつでしょ

141 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/12/09 22:10
>>139
お経は師が唱えるのを聞いて、その場であわせて1、2秒遅れて合わせる
感じですね、私のところは経頭と言って助法ではないのですが(これも助法ですね)
(私たちは、祭礼等で外部から僧侶や先達をお願いする事を助法と言っています)
唱えるお経を前もって打ち合わせしておき、経頭が先導しお経を唱和します。
また経頭が太鼓をたたくかもう一人いれば導師は祈祷・祈願に専念できるという
仕組みです。
陰陽道をつかうのはどのような時ですか?

142 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/12/10 21:58
上げましょう

143 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/12/11 21:39
御座たてを見たいのですが

144 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/12/21 19:01
TBS系のニュースで、日光で山伏がもちをついていました。

145 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/01/14 21:05
柱源護摩ってどんなものですか知ってたら教えて下さい。

146 :本山準大先達活動休止中:03/01/15 22:47
>145
屋内で行われる内護摩です。講の月例祭でやってますた。
詳細は説明不可。

147 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/01/15 23:30
好きに、ならなくてヨシ!
このスレ、エンド!!!

148 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/01/16 16:50
>>147
???

149 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/01/16 22:45
っていうか修験者っていま本当にいるの?

150 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/01/17 14:15
修験者もIT革命!!!!!

151 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/01/17 14:20
http://www6.ocn.ne.jp/~endou/index2.html
     ★YAHOOOプロフィール★

42 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)