5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【小林義範と諸葛孔明】

1 :名無しかましてよかですか?:01/12/01 00:29 ID:3+8MYJGU
ここ数年、小林氏は中国を凶悪な国家である、と駄論を撒き散らしている
ようだが、三国志くらい読んだらどうか?と感じる。

かの諸葛孔明が、南蛮(蛮族)を討伐する際、なるべく死者を出さぬよう
敵の首領を7回捕えて7回放ち、遂には敵の首領自ら諸葛孔明率いる
漢(蜀漢)軍に降らせた、という史実がある。例え蛮族相手でも、無駄に
人は殺さない、それが中国における名宰相の常であり、またしかし、殺さ
ねば長く人が苦しみ結果として人が多く死ぬことを避ける為、敢えて虐殺
を行うこともある。それは歴史の常であろう。

現在の世界状況を鑑みれば、例えば台湾、例えばチベット、あのような
資源の産出もない小国がこれからの世界で生き延びていけるだろうか?
むしろ大国である中国の一員としての台湾・チベットであった方が、国に
とっても両国民にとっても良いことであるのは言わずもがなであろう。
結局のところ、大義の為の僅かな暴力を大げさに誇張して吹聴し、大騒
ぎしたがる小林氏とは、例の韓国の元従軍慰安婦と同じことをしていると
言えよう。

かの諸葛孔明は自らの死に臨む際、自国随一の猛将であった魏延を
討つよう配下に策を預け指示を出している。彼を失うのは国家にとって
戦力として大きな損失であるが、自分の死後彼を抑えられずに反乱さ
れるようなことがあっては、却って国家にとって害となる、とみての粛清
である。僅かな死が、多くの死を防ぐということ、中国史には同様の例
は枚挙に暇がない。小林氏には猛勉強して頂きたいものである。

2 :犬童知遠 ◆c8JAPANo :01/12/01 00:40 ID:jA2vn5oK
>>1
でも、三国志オタの俺から言わせてもらうと、
盤蛇谷で藤甲軍を一人残らず焼き殺した仕打ちは、
度を越して凶悪だと思うぞ。<孔明
っていうか、魏延の長安急襲策を退けたり李厳を左遷したりと、
「孔明は別に名軍師じゃなかったんじゃ?」と最近思えてきたよ。
まぁ、1700年以上も「伝説の名宰相」として地元で語り継がれて
いたんだから、確かにスゴイ人物なんだろうが。
でも、朱子が「蜀正統論」を支持してからというもの、
必要以上に孔明が過大評価された感も、間違いなくあるな。

あと、確かに小林は中国史が不勉強だと思う。

3 :ひっきー吉田:01/12/01 00:45 ID:Okn+VI4N
>>1
あと、一応大学で中国文学専攻のオレもいうけど、中国人って平気で
無茶やるから倫理を重視するのよ。平然と人を虫ケラのように殺す
かわりに倫理観がキッチリしている。一面で評価したらだめよ。

4 :犬童知遠 ◆c8JAPANo :01/12/01 00:51 ID:jA2vn5oK
>>1
>むしろ大国である中国の一員としての台湾・チベット
>であった方が、国にとっても両国民にとっても
>良いことであるのは言わずもがなであろう。

さすがにここには同意できかねるなぁ。(藁
中共の横暴を黙って見過ごすことはできない。
「民族自決」が最優先されるべきだ。
ただ、今の反中保守派の面々(あるいはアメリカの台湾・
チベット独立支援者たち)が、例えば中共政権が崩壊して
アメリカによる傀儡の「中華合州国」なんていう統一政権
が出来上がった場合、クルリと掌を返して「やはり中国は
1つであるべきだ」とか言い出しかねない可能性は結構あ
りそうなんだが。(藁

5 :犬童知遠 ◆c8JAPANo :01/12/01 00:55 ID:jA2vn5oK
>>1
>自分の死後彼を抑えられずに反乱されるような
>ことがあっては、却って国家にとって害となる

いっそのこと乗っ取られたほうが良かったんじゃ?(藁
どうせあのままジリ貧で行くよりかは、魏延による一発
逆転にかけたほうが、まだ望みはあったかも。
魏延は熱狂的な劉備ファンだったから、そう簡単に
簒奪もしまい。まず、家臣がほっとかないだろうが。(藁

6 :ひっきー吉田:01/12/01 00:59 ID:Okn+VI4N
>>2
「中華合州国」
成り立ちますかね?オレは今の状態で中国が潰れたら、小勢力が乱立
するような・・・、成り立つとしても地方によりバラバラになる気が
しますがね。

7 :名無しかましてよかですか?:01/12/01 01:06 ID:3+8MYJGU
>>6
あれだけの人口があります
いずれ曹操や始皇のような人間が現れれば大丈夫でしょう
離合集散も中国の常

8 :犬童知遠 ◆c8JAPANo :01/12/01 01:08 ID:jA2vn5oK
>>6
いや、そこで「やはり中国は1つであるべきだ」が出る、と。
アフリカみたいに武器バラまいて小銭を稼ぐよりは、
一大市場を復興させてモノ売ったほうが儲けはイイでしょ。
中国の場合は。そのときまで覇権が揺るいでいなかったら、
それこそアメリカあたりが露骨に介入しそう。っていうか、
ほっとくはずもない。

9 :犬童知遠 ◆c8JAPANo :01/12/01 01:09 ID:jA2vn5oK
つまり、アメリカあたりが無理にでも再統一させるだろう、ってことで。

10 :ひっきー吉田:01/12/01 01:09 ID:Okn+VI4N
>>7
いや>>4で「アメリカの傀儡うんぬん」とかいう前提条件だったので。
あと、曹操は漢の時代の人ですよ?

11 :ひっきー吉田:01/12/01 01:12 ID:Okn+VI4N
>>9
テロで衰退期に入ったアメリカにそんな余力ありますかね?
どう考えてもアフガン問題も長引きそうですし、

12 :犬童知遠 ◆c8JAPANo :01/12/01 01:19 ID:jA2vn5oK
>>11
あくまでも、「そのときまで覇権が揺るいでいなかったら」ってことで。
ストッパーがいないまま内戦に突入したら・・・、
それこそ小林が言うような無秩序状態になるでしょうな。(汗

13 :ひっきー吉田:01/12/01 01:25 ID:Okn+VI4N
>>11
中国の破綻が早きゃ(オレは遅かれ早かれ破綻すると思う)アメリカが
統一工作するでしょうが(でも絶対不安定だろう)、アメリカに余力が
ない状態で潰れたら無政府状態が続くでしょうな。あと、中央政府の
力が少しでも低下しただけでも、歴史的に混乱する可能性は高いでしょうな。
まあ、中国が潰れたら向こうへ単身渡って国でも作れたらおもしろい
でしょうが。

14 :犬童知遠 ◆c8JAPANo :01/12/01 01:34 ID:jA2vn5oK
>>13
いつぞやの「大陸浪人」のようにですか。
あ、でも「中原に鹿を追う」ってのは
三国志オタの永遠の夢なんだよなぁ・・・。
さすがにツラそうだけども。(藁

15 :ひっきー吉田:01/12/01 01:39 ID:Okn+VI4N
>>14
金と力があれば異民族(日本人)でも国作れると思うよ、オレは。

16 :名無しかましてよかですか?:01/12/01 01:53 ID:BquuqUET
>>1
諸葛孔明の南蛮遠征はフィクションですが何か?
それと、孔明は魏延と初めて会った時、いきなり劉備に「この男は殺すべきです」と言ったほど魏延を嫌いぬいていましたが何か?

17 :ひっきー吉田:01/12/01 02:00 ID:Okn+VI4N
>>1
あ、ホントだこれ「三国志演義」ベースだ。
宇津種葉

18 :犬童知遠 ◆c8JAPANo :01/12/01 02:09 ID:jA2vn5oK
あ、そうだよ。恥ずかし〜。(藁

19 :SAPIKO:01/12/01 02:15 ID:nkbh0qpc
孔明の「南蛮征伐」は実際は張伯岐の業績がモデルになっているようです。
(蜀志「張ギョク伝」)
張ギョクや馬忠は演義では小物ですが、実際にはかなりの人物だった
ようです。

20 :名無しかましてよかですか?:01/12/01 03:01 ID:TufPUO0I
ココはコヴァも反コヴァも仲良く三國志を語るスレでしょうか?

21 :ここは:01/12/01 03:12 ID:GsNBvVJH
コヴァ香具師よしのりを三国志の登場人物にたとえるスレです

ちなみにデイコウかな
とくに意味なし

22 :名無しかましてよかですか?:01/12/01 03:16 ID:iJN/Ksaw
>>21
いいよ曹豹で・・・

23 :地球人:01/12/01 03:34 ID:2t/hwmCf
>>22
爆笑。三国志Jでは確か知力と忠誠心が20付近、総合最下位だったよね。

24 :名無しさん@ご利用は計画的に。:01/12/01 08:18 ID:IqxY2ToD
小林「善範」だってば。
http://www.jca.ax.apc.org/datu-gomanism/sojo.html

25 :名無しかましてよかですか?:01/12/01 13:18 ID:MpGk2MDT
孫皓じゃないか?やっぱり。

>>23
でも一部マニアには異常な人気がある。
正史ではそれなりに有能らしいし。

9 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)