5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「地球市民」って、間違ってるだろうか

1 :名無しかましてよかですか?:01/11/26 04:00 ID:26cklIrp
よく小林氏は「(朝日等は)普段は国家やナショナリズムを否定するくせに、
ワールドカップやオリンピックになると「日本がどうしたこうした」と
ナショナリズム全開になる」事を批判しています。
でもそれって、「地球市民」の単位から見たら、例えばサッカーで言うなら、
地元のクラブチームを応援する感覚が大きくなったものと
解釈すればあまり疑問も生じないのですが。(世界単位のJリーグって感覚で)
「文化、風習、言語の違い」だって、日本国内だけで見ても私の住んでる地方からしたら
まるで別物の文化や風習、あるいは「通訳」なしでは理解できない程の方言があるわけです。
とすると、「公の最大範囲は日本国内まで」という考えが、わかるようでわからなくなってしまいます。
一体、「地球市民」の、どこが間違ってるんでしょうか。教えてください。

2 :1を読まずにカキコ:01/11/26 04:09 ID:AyoaWgYN
1を読まずにカキコ

3 :名無しかましてよかですか?:01/11/26 04:16 ID:AaaK81Ct
中国やベトナムから難民が大量に流入してくるのは困ります。
そんなのに税金を払いたくない。
治安が悪くなるのも困る。

4 :カーツ☆サトヲ:01/11/26 04:18 ID:wSSAW3dG
1は国境が要らないって言ってるんだね。
地域社会(市町村)を肯定して、国境を否定するって無理だよ。(w
少なくともそれを立証できた人は知らない。

5 :名無しかましてよかですか?:01/11/26 04:27 ID:h3QpxGY9
地球市民というナショナリズム。

6 :カーツ☆サトヲ:01/11/26 04:30 ID:wSSAW3dG
ウマイ

7 :名無しかましてよかですか?:01/11/26 04:34 ID:JFnm9K0L
>>4
んー、>>1は「国境が要らない」んではなくて
「なぜ国境が公の最大範囲なのか?」が疑問なんだろう。
そりゃ、国がこの世で最大の利害代表機関だからだろ。
宇宙人が攻めてこれば、地球が公の最大範囲になるのかもね。
つまり、「公」の範囲外の部分、「公」が利害の対象とするものがあって初めて
「公」が成立するんじゃないかな。

8 :1:01/11/26 04:36 ID:26cklIrp
>>3
それだと、治安も経済的にも良い所からならいくら来ても構わない、ということになってしまいませんか?

>>4
いえ、国境が要らないとか、無くしたいと思ってるんじゃないんです。
ただ、例えば私の父は長野出身なんですが、その長野県内でも、県北の
長野市と中部の松本市では色々軋轢があると聞きます。今は知りませんが…
国内はおろか、県内ですらそういうところもあるのに、つまり社会の大小に関わらず
相容れない場合があるなら、国境の意味って一体何なんだろうと思ったんです。

あと信じてもらえないかもしれませんが、私は小林氏のファンです。
ファンがこんなことに疑問を持つなんて、読み方が足りん!と怒られてしまいそうですが、
どうしてもわからないので初めてのスレッドを立ち上げてみました。

9 :7:01/11/26 04:39 ID:JFnm9K0L
>>8
あくまでも「最大範囲」だよ。
小さい分にはいくらでも小さくできるよ。
中信の「公」、北信の「公」があって、
長野県の「公」があって、
中部地方の「公」があって(←あるのか?)
日本の「公」がある。ここまで。
って事じゃないかな。

10 :カーツ☆サトヲ:01/11/26 04:43 ID:wSSAW3dG
>>7
そうかな?「文化の違いが只でさえある日本に国と言う公があるのはナゼ?」
っつーのと、それにより「国家として地球が区分される必要性」が彼の疑問では?
ま、対してかわらんが。(w

つーかアメリカも中国を例に取るまでもなく、地域文化の違いは日本だけの特徴ではない。
公の範囲も地域共同体が存在する時点で必然的に成立するモンでしょう。
むしろ人間が居る時点、かな。

>世界単位のJリーグって感覚で

世界単位なのになんでJリーグなんだ?(w
これは言葉狩りじゃないぞ。

11 :7:01/11/26 04:49 ID:JFnm9K0L
>>10
>それにより「国家として地球が区分される必要性」が彼の疑問では?
だったら、
「必要性はない。ただし、現時点で国家以上の利害代表組織には日本は加わっていない」
としか答えようがない。
国連は、利害代表組織じゃないもんねえ。利害調整組織ではあるが。

12 :カーツ☆サトヲ:01/11/26 04:51 ID:wSSAW3dG
>1
あるのか解からない?
それは理詰めじゃ解決せんよ。
言うなら歴史が創った、ってとこ。

日本に国家意識が固まったのは、大陸文化の衰退に同調せぬよう
文化的・政治的に独立するための聖徳太子の英断があったから。
その後の蒙古襲来による属国になる事を拒む力。
ペリーが現れたときも大東亜戦争も然り。

これら全部、今日の国家意識の中枢だよ。
歴史がそうした、っつーとこです。

13 :カーツ☆サトヲ:01/11/26 04:54 ID:wSSAW3dG
>11
ごめん、なにが言いたいのか解からない。

14 :11:01/11/26 05:02 ID:JFnm9K0L
>>13
EUみたいな国の連合体があれば、それが公の最大範囲になる可能性もあるという事。
しかしEUも、アメリカや日本といった利害関係の発生するモノ(国)があるから存在意義があるのであって
世界が全てEUになる事はあり得ない。
という事を言いたかったんです(当たり前すぎる...)

15 :11:01/11/26 05:04 ID:JFnm9K0L
たとえば、戦前の日本ならば
「大東亜共栄圏の公」という言い方ができるでしょう?

16 :1:01/11/26 05:09 ID:26cklIrp
>>7 >>9 >>11
その最大範囲が「国」でストップする理由がわからないんです。
小林氏風にいえば「世界を平板化する情熱」が「大量虐殺」に結びつくのが
危険なのかな、とも思ったんですが、別に国境をなくすことが平板化に即座に
イコールになるとも思えないし…
それは今の日本国内を見たって、最初の書きこみのとおりいろいろな違いはあり、
かつ「大量虐殺」なんて事態は起きてない訳じゃないですか。

>>10
Wリーグ、ですかね(笑)

>>12
わかるんですけど、国家という概念が有史以来あったわけではないでしょう。
例えば、縄文時代のコミュニティに現代の情報、移動ツールがあったら、
また違う公の概念が生まれたのでは、と思うんです。
逆に、現代人からそれらのツールを奪ってしまったら、どうなるか?
もちろんそういったテクノロジーの存在とその進化も、人間ならではのものであり、
上記の仮定はあまり意味の無いものとも言えますが、国という概念も時代や状況によって
結構変わってしまうのでは、と思うのです。

レスが遅くてすみません。考えながら書いてるとどうしても遅くなってしまいます

17 : :01/11/26 05:14 ID:USpDTGoJ
いやホント、指摘されてる通り、宇宙人がせめてこないと
地球大の公は意識されないと思うが
せめてこれば意識される可能性もある。

現状ではとりあえず国が最大範囲ってことでええんじゃない?

18 :1:01/11/26 05:14 ID:26cklIrp
なんか>>16の書きこみが自分でも良くわからなくなってしまいましたが…

対立するから、利害関係があるから「国」というのなら、国内にだってそれはあるし、
国際関係においてつねに対立しているわけでもない、と思うのですが

19 :7他:01/11/26 05:17 ID:JFnm9K0L
>>16
>>14 >>15 にも書いた通り、国でストップする必要はないよ。
しかし、世界が平板化すると、その内部で利害が発生するよね?
その利害組織の最も大きいものは?...結局国になります。
世界中の国が軍事紛争を放棄し、関税も撤廃し、すべての利害が無くならないかぎり
国や国の連合体は維持され続けます。
また、既存の国や国の連合体は、自らの権限を上位組織に委譲することは
よほどのメリットが無いかぎりは自ら進んでは行わないでしょう。

20 :1:01/11/26 05:22 ID:26cklIrp
>>17
やっぱり「とりあえず」になってしまうんですかね
いや、私もいい年ですし、カーツさんのおっしゃる通り、
この世の全てが理詰めで理解されなければならない!それが出来ないなんて
「ウソ社会」(笑)だ!なんて思ってはいません。
ただ、この疑問がどーしても解けなかったんで、いっぺん「理詰め」してみようかな、
と思った次第であります。

21 :名無しかましてよかですか?:01/11/26 05:30 ID:JFnm9K0L
パワーバランスや対外折衝という意味で、
「国が公の最大範囲である」というのは理解しやすいが、
ではそれと「公衆道徳」「価値観の共有」がどう絡むか、と考えると
これは非常に難しい。
結局、利害にかかわる範囲での価値観の共有までしか行えないのではなかろうか。

22 :名無しかましてよかですか?:01/11/26 09:56 ID:mWdIOFf3
>>21
Yes.あと宗教ね。日本人は宗教を甘く見すぎているね。
>>1
「地球市民」は対象として大きすぎるから「良さげ」に見えると言う幻想があると思うね。
宗教みたいなもんだ。大きすぎる対象は人に具体的に考えることを放棄させる。
何ら具体性が伴わないでしょ?じゃ、まずはじめに例えば「韓日国」の成立が可能か考えてみてもらいたい。
「露日国」は?「中日国」は?
多分、「日本」を全て抹消(歴史から消し去り、その遺産の多くをドブに捨てる)し、生活環境の劣悪さ、
アイデンティティの喪失を「受け入れる(笑)」しない限り無理じゃないかな?

23 :赤塚かましてよかですか?:01/11/26 11:30 ID:PfK89vg0
小林氏は国家と言う枠組みで物事を考え、それをアイデンティティにまで
する点で右翼的だと思う。
ただ、グローバライゼイションを平気でマンセーと言えるほど
頭の悪いことは言えないと思う。
問題なのは集団化したときに少数派が発する
「声無き声」をどれだけ汲み取れるかだろう。
それは国連と言う大きな枠組みの中でも重要視されるべき点だと思う

24 :名無しかましてよかですか?:01/11/26 11:37 ID:AaaK81Ct
反戦平和で何が悪いの?
http://ton.2ch.net/test/read.cgi/kova/1006577636/

シリーズ?

25 :名無しかましてよかですか?:01/11/26 12:16 ID:mLZypgvS
> 国家と言う枠組みで物事を考え、それをアイデンティティにまでする

へ?なぜこれが右翼的?
1)君は国防を考える際に何を単位とするの?国は単位にならないの?
2)君のアイデンティティって、何?日本には全く属していないの?
3)君の利害関係が関与する範囲に、日本は入らないの?
この3つの質問に答えてみてくれ。

26 :名無しかましてよかですか?:01/11/26 12:27 ID:Jl8KdnpW
「地球市民」自体には賛同出来ないんだけど
小林よしのりが“個”と“公”に二分化して語る時
公=国家については十分な説明がされていないような
気がするんですが。論理が飛躍しているというか。

27 :1:01/11/26 13:57 ID:26cklIrp
>>21 >>22
わかります。しかし、その論理でいくと、逆に現時点で親日的な国とは
今すぐ一体化できてしまうのでは?経済的、文化的観点から言って
特に台湾等は。
或いは宗教でくくってしまうとそれはそれで世界地図が一変してしまうのでは
ないでしょうか。イスラム教などは特に…
>>24
いえ、全く無関係です。
>>26
それに近い印象を私も感じたんですが、ただ>>20でも書いた通り、全て理詰めで
解決できるとも思っていませんので、論理が飛躍しているとまでは思いませんでした。

28 :Revolution21:01/11/26 14:18 ID:2lzD2Lw1
そうです。スポーツの応援というのは、
国家意識というよりは、「近似値」をひいきすることなんですね。
その意味でご当地のチームを応援することの拡大版に他なりません。

純粋に力を競う選手当人に薄汚い日本国家を背負わせるのは気の毒な話です。

29 :7他:01/11/26 14:26 ID:JFnm9K0L
>>26
そう。小林はそこを説明してない。
単に、「ワシは国こそが公だと思う!」という主観だ、と多くの人は取るだろう。
小林の主張が、果たして私の説と同じなのかどうかはわからないが、
それを説明しないと「心情的ナショナリスト」で終わってしまう。

30 :Revolution21:01/11/26 14:28 ID:2lzD2Lw1
小林は19世紀の人間なんでしょ。

31 :名無しかましてよかですか?:01/11/26 14:37 ID:JFnm9K0L
>>28 レボたん
違うよ。
旧東独や中国なんて、完全にスポーツを国威発揚の手段にしてたでしょ。

個人において、自己と他者とを区別する能力を「自己同一性」という。
自己同一性の境界を認識しているから、自分と他者とを区別できる。
ここに障害を持つと、自己と自己以外の区別がつかなくなり、自己とは何かが分からなくなる。

同様に、「帰属する集団」と「それ以外」を区別する境界を明確にするということは、
すなわち「帰属する集団とは何か」を理解するために必要不可欠な認識である。

小林は、
日本の国が、自己同一性障害になっているんじゃないの?
と言っているのだ(と思う)。

32 :ヽ(゚ー゚)ゝ:01/11/26 15:43 ID:1wHknpGv
>>27
>>22の視点は「国民感情」「宗教」などに留まらないよ。
もっと考えた方がいい。国防、経済、個人のお財布、話す言語、使う教科書、
全てどうにかしなければならなくなるんだよ。そこまで利害を共有できる?
それら単一ではなく、「その全て」なんだよ。
そこまで想像力を広げなければいけない。
言い換えると、「損」を甘んじて受け入れることが出来る??

また、多くの影響力と既得権益を持つ人はそれを失うことになる。
それが平和的に解決できる方法ってあるのかな???
俺はできないと思うんだけどな。
台湾と一体化するって言ったら、台湾国民の反発だけでなく、中国は戦争を仕掛けて
くるだろうね(笑)。

33 :左翼マンセー:01/11/26 15:44 ID:IiGOVXJW
>>31
個人戦の競技だとあまり「帰属する集団」は関係ないのでは?
まあ周りは「帰属する集団」の中に選手を位置付けたがるけど。

34 :ヽ(゚ー゚)ゝ:01/11/26 15:48 ID:mWdIOFf3
>>29
君はどう思うの?小林に求めるだけなら信者と何ら違いが無いよ。

俺は小林氏の主張する「公」は、
「自らの利害に間接的に影響を及ぼす国に対して正常な感覚をもて」という「国益」意識の示唆と、
曖昧に共有されている「道徳」、
そして日本人の大半が心情的にアイデンティティの根拠として採択できる「民族」と「歴史」についての及ぶ
範囲、つまり「アイデンティティの拠りどころ」
なんてところのないまぜなものとして理解しているけどね。

彼は現在の問題意識を解決する一便法として「公」という言葉を使っていると思われるので。

35 :地球人:01/11/26 16:24 ID:M8zzc9EJ
人間の活動の影響が地球全域に及ぶようになった現代、地球単位で考えねばならない
問題が出てきています。地球市民という概念は必要でしょう。
7氏は国連は利害調整機関とおっしゃいましたが、利害調整にはそのためのルールが
存在し、それは公的なものではないでしょうか。
31氏は自己同一性を話題にしていましたが、その自己同一性の境界は自分たちの活動の
及ぶ範囲でもあると思いませんか。地理的条件、宗教、民族などが活動の及ぼす基盤と
なっていて、その範囲で境界が生じ、国家が成立してきたのが今までの歴史ではないで
しょうか。
現代において人間の活動は少なくとも先進国では地球全域に及ぶものとなっています。
情報、金融、経済、流通、あるいは環境問題。いずれも一国の枠内だけで完結しうる
ものではなくなっています。人間の活動の場が地球全域となってしまっている以上、
地球単位の視点は必要かと思います。

36 :1:01/11/26 16:26 ID:26cklIrp
>>28
最初の三行についてはなんとなくわかります。
が、選手当人は純粋に力を競ってるとか、日本国家が薄汚いといった最後の一行に関しては
同意しません
>>32
これも、「とりあえず」「現実的」なラインとして>>12 >>17に対するものと同じ印象を受けます。
もちろん現実を否定するつもりもありませんし、繰り返しになりますが国境を否定、破壊したいと思っているものではありません。
むしろ、「公の最大範囲が国」であると思いたいからこそ、徹底的に詰めてみたい問題だなと思ってるんです。
ここはあえて「現実的」ではなく「構造的」に地球市民がダメな理由を探りたいと思っています。

37 :7他:01/11/26 16:33 ID:JFnm9K0L
>>33
自分が日本人、という意識を持ってるから、日本の選手を応援する。
アジアの選手を応援するか、というと、アジア人意識を持ってる人なら応援する。

逆に、日本人という意識を持ってなければ、あるいは日本人であることに否定的な感情を持っていれば
「日本の選手」という属性だから、という理由では応援しない。

本人がどう思おうと、多くの人はスポーツ選手を「公」の象徴として扱ってしまうもの。
言い換えるなら、自分と共通する、あるいは心情的に共感できる「属性」をもっているから応援する。
(当たり前の事しか書けなくて申し訳ないです)

38 :7他:01/11/26 16:43 ID:JFnm9K0L
>>34
>>21>>31も私で、これが現時点での私の認識です。

39 :名無しかましてよかですか?:01/11/26 16:58 ID:JFnm9K0L
>>35
「環境」「資源」という細かい分野毎の、国の枠を越えた地球規模での「公」意識は構築しうると思う。
しかし、国のもつ利害は、それら全ての分野を含んでいる。
全ての分野を網羅した組織としては、国が最大であることから
「国が公の最大範囲」と言える。

地球規模での人類の「公」意識は、全ての国に住む人類すべての利害を代表していなければならない。
現状、それを満たせるのは地球規模の環境問題か、宇宙人の侵略くらいしか存在しないだろう。

40 :Revolution21:01/11/26 17:03 ID:fNGbvHvV
コヴァの脳内にはNGOや国連組織は存在しないのですかね。

41 :名無しかましてよかですか?:01/11/26 17:18 ID:JFnm9K0L
>>40
まさか、NGOや国連組織が人類全体の利害を代表している、と思っていないでしょうね?

アイデンティティや帰属意識を満たすためには、その帰属すべき組織が与える公意識の量が
ある一定量以上必要だと考える。
民俗的・言語的・思想的・経済的・軍事的など、あらゆる分野にわたって条件を満たしたとき
人はその組織に「帰属意識」を持つし、その組織に属する人間としての「アイデンティティ」を持つ。
現時点で「地球市民」という概念が与えてくれる「公」意識の量では、
「地球市民」に帰属意識を持つに足るスレッショルドを満たしていない為
「地球市民」としてのアイデンティティを持たない人が多いのではなかろうか。

42 :むっちょ:01/11/26 17:20 ID:2R1SQC+9
>7他
国の自己同一性ってなんだ?
アイデンティティは一人一人、個人がもっていればいいものであって、
国家が持つ必要はない。
勿論、個人のアイデンティティを構成する一部として、
国というものがあることは認める。

個人の点からみれば、国の持つ利害>他の組織が持つ利害ではない場合も
存在する。

43 :7他:01/11/26 17:30 ID:JFnm9K0L
>>42
国家の「自己同一性(比喩なので心理学用語と混同しないように)」が必要ないのであれば、
国家としての施策の方向性、国民の主権の行使される範囲や行使のされ方、
軍事的安全性を国民に保証する為の軍事保証範囲(造語)などを確定することができないのでは?
それはすなわち、国家の崩壊を意味する。
国家が崩壊してもよいと思う人もいるのだろうが、
それらの人が、上記に述べた国が行っている活動を、国の代わりに実行してくれるとは到底信じられないので
私は国家を崩壊させることには反対する。

44 :ヽ(゚ー゚)ゝ:01/11/26 17:52 ID:mWdIOFf3
>>36
そういうことね。それなら、
君が納得できないかもしれないし、既出部があるけど、
○「地球」と自分の間に、生活と自分の命に直接に関わる「利害関係が無いから」。
  愛しても対価が無いものを具体的に愛することはできない。
○地球の歴史に共感できないから。これを持つには「人類というアイデンティティ」が必要で、
  その為には人類と対等に張り合う地球外生命体が必要(既出だけど)。
  「男」というアイデンティティ1つ取っても、それには「女」という存在が必要。
「利害関係がなく、得にならない。守ってくれない」「共感するための根拠が無い」が肝ね。

「地球市民」という言葉は個人的にはあまりに取るに足らない概念と思うので、この辺にしとく。

>>7他
了解。
> 日本の国が、自己同一性障害になっているんじゃないの?
についてはまた平易にオヤジ言葉で(笑)言えば、「誰のお陰でメシが食えるのか、現実を見ろ!」
って言う現実的な国益を示唆した主張とも言い換えられると思うよ。

45 :7他:01/11/26 18:24 ID:JFnm9K0L
>>44
そうですね。
「国益」というものへの理解、さらには
「国家がどういう活動を行っており、それが我々の生活とどう結びついているのか」
が希薄。
だから、WTCテロ対策のような「国家の仕事」を明確に示してやれば、
以外と世論はすんなりと受け止める。

46 :1:01/11/26 18:31 ID:26cklIrp
>>44
「他者性の欠如」というやつですね。他者性を認識でき、民の最大公約数たる
公的意識を敷衍できる現実的な範囲として、現・日本国境はある…と。
しかし、損得・感情で考えてしまうと「得になり、共感できる」外国或いは
「得にならず、共感できない」日本の他地域も存在するのではないでしょうか。
…といった自分の中に発生した問いに答えられないのです。

47 :名無しかましてよかですか?:01/11/26 18:34 ID:Y9r0tc+k
>個人の点からみれば、国の持つ利害>他の組織が持つ利害ではない場合も存在する。

「官僚が国の利害より自分の省庁の利害を優先させる」
「政治家が国の利害より選挙区の利害を優先させる」
「(アフリカなどで)大統領が国の利害より出身部族の利害を優先させる」
ろくな例が思い浮かばん・・・

48 :自称「地球市民」:01/11/26 20:58 ID:dOXWsbY4
一口に「地球市民」と言っても様々な定義が在ります。
21世紀型の地球市民としての私の定義は以下の通りです。
日本のみならず地球上から安くて良い商品を探し出した上でそれを買う!、
期待される満足度当たりのコストが安いリゾートを地球上から探し出した上で
そこへ遊びに行ってはバカンスを思い切り楽しむ!、
金利の低い場ではなく金利の高い場を探し出すなど
自分の資産を確実に最大限に増やしてくれる場を地球上から探し出した上で
そこへナノ秒単位で以って瞬時に自分の金融資産を移動させる!―
そんなライフスタイル―まさしく“地球市民的なライフスタイル”を営む事を
良しとするマインドを持つ個人!

49 :自称「地球市民」:01/11/26 21:01 ID:dOXWsbY4
>>48
補足:
日本を含めた先進国ではもう既に生活圏が地球的規模になったのです。
国産にこだわって全て国内産で以って生活している人は稀な存在でしょいう。

50 :名無しかましてよかですか?:01/11/26 21:04 ID:wByykG0W
明治国家が作り上げた郷土・民族否定=人工的官製文化こそ
実体無き抽象的アイデンティティ

51 :自称「地球市民」:01/11/26 21:04 ID:dOXWsbY4
>>49
国産にこだわって可能な限り国内産で以って
生活している人は稀な存在ですが、
そういう人は、サヨクに多く、続いてウヨクでしょうかね。
サヨクでもないウヨクでもない、いわゆるノンポリには無関心です。

52 :文責:名無しさん:01/11/27 01:41 ID:4c5f/t0P
>>341
それ、日記のページを見ると「平和」系の話も書いてあるよ。
悪い人じゃないんだろうけど、熱に浮かされてますね。
映画、13デイズなんて見てたりするんですが、これの曲解も
すごいッス。まさに教育の成果ってところだな。

53 :文責:名無しさん:01/11/27 01:44 ID:4c5f/t0P
スマン誤爆です

54 :名無しかましてよかですか?:01/11/27 02:46 ID:ut/pEO0N
>>17
たとえ宇宙人が攻めてきたとしても、国が無くなる事はないと思う。
ただ、多くの人の「公」の最大範囲の捉え方が千年ぐらいかけて
変わる事はあるかも知れないけど・・・

55 ::01/11/27 03:27 ID:V3qUI+u3
個人的にこのネタは興味深い。

まず一つ聞いてみたいのは
国家以上の公は存立し得ない、のか、国家以上の公を作り上げるべき
ではないのか、ということです。勿論、両者が絡み合っているのかも
しれませんが。
また、国家以上の公が存立し得ないことから即座に地球市民は駄目、
という結論が導き出されるのかは疑問ですし。
更に、仮に多くの人が国家単位でしか思考が出来ないとしても、
それだけでは地球市民は駄目、という結論が導き出されるわけでもない
と思います。

一方小林氏のテキストに従えば、確か前に読んだサピオでは、文化こそが
公を規定する−日本には日本の、アメリカにはアメリカの、中国には
中国の−という記述があったように思えますが、日本がずっと鎖国して
いたわけではないし、単純に日本の文化と大陸、半島の文化が離れて
いると考えるのは説得力を欠くと思います。
例えば九州の人間にとっては、北海道より半島の方が近いわけだし。
−勿論、現代においては、単一の「日本」の文化が存在する、という幻想は
一定の説得力を持つ。例えば、テレビ、新聞の存在によって、各地の
方言は存在したとしても、一方で標準語がすべての国民に知悉され
ているように−。
更に文化云々の場合、それが何故国家より広い地域や逆に国家より狭い
−日本で言う−都道府県レベルではいけないのかもよくわからない。
例えばイスラム諸国は公にはなり得ないのか、また、カナダのケベックは
どうよ?みたいな。

56 ::01/11/27 03:29 ID:V3qUI+u3
本物本物。コヴァ板に書いているの見ればわかるか、と。

57 ::01/11/27 03:33 ID:V3qUI+u3
>>56は誤爆。スマソ

次は逆に公内部の問題。
公の「最大範囲」は国家という表現をすることは、単純な国家主義という
レッテルを張られることを免れることが出来るかもしれません。
しかし、その反面、理論上は難点を持つような。

つまり、地域、会社その他諸々の中間団体と国家は常に友好な
関係にあるとは限らない。地域を良くしようとする態度が国益を
損なう可能性は十分にあるわけで。これは中間団体同士の
対立でもそうだし、相対的に大きな中間団体とそれに包摂される
小さな中間団体同士でもそうですね。

58 ::01/11/27 03:42 ID:V3qUI+u3
このことは小さくはゴミ処理施設を自分の家の近くにはおきたくない、
というケースが考えられるし−これは単なるエゴイズムの現れではなく、
自らの家族を守りたい、という感情から発するものかもしれない−、
大きくは原発を自分の住む市、県にはおいてほしくはない、という
ケースもあり得るでしょう。このような衝突の場合、単に地域エゴだ、
と罵るだけであれば、結局は単なる国家主義となんら変わらないでしょうね。
別に国家主義だから即座に悪いとなるわけではないですが。

と考えると、国に対する一体感を持ち得るかどうかもかなり怪しい。
国益なるものが自分の利益と一致しないことはしょっちゅうあるでしょう、当然。
そういうことがない人は単に幸せなだけです。
勿論、国益なるものがそれなりの説得力を持って存在することが全くない、
とは言いませんが、だったら、環境問題だって地球全体の問題なのだから、
地球市民としての立場から考えるべきだ、と言っても全く構わないような。

とりあえずこんな感じで。7さんの書き込みは結構センスを感じるので、
次はそれについてレスしてみようかな、と。

59 :名無しかましてよかですか?:01/11/27 04:02 ID:ut/pEO0N
国家以上の公があっても良いと思います。
けれどその代償として何かが奪われるのは嫌。
(中国の「全球化」はこれだと思うから賛同出来ません)
結局、そこの問題だと思う。
また、国境を無くした後がアナーキズムの台頭では、
人類の歴史を踏みにじるものだし、
実際に無政府状態では悲劇が繰り返されるものです。
セルビア人とアルバニア人の対立の様なものが起こらないとも
限りません。
もちろん地球と言う「公」を否定したいのではありません。
まさにそこがこの問題のジレンマなのだと思った次第です。

60 :1:01/11/27 04:21 ID:Q4Tan8W1
>>48
いいトコどりできる範囲が、「公の最大範囲」という印象を受けてしまいますが…
>>59
中国の全球化や、アメリカのグローバリズムは「代償として何かが奪われる」と思います。
しかし、それをもって「地球市民=何かが奪われるもの」と完全に納得することも出来ないし、
逆に日本国内で、日本国の公に準じることで失われる「何か」もあるわけです
(なんだかマンネリな書き方ですみませんが)

61 :名無しかましてよかですか?:01/11/27 23:19 ID:Ba3LuT/c
>>60
いい加減な書き方で悪いとは思いますが、結局現段階じゃ全人類が
善人にでもならない限り「国」に奪われるモノより「グローバリズ
ム」に奪われるモノの方が大きいと思う。

62 :名無しかましてよかですか?:01/11/27 23:43 ID:V3iZB4Zn
人類滅亡回避を至上の公にするのは?
環境問題を考えると、今からそれに向けて
全人類が力を合わせても遅いかもしれないぐらいだ。

63 :右翼学者:01/11/28 01:26 ID:R7RM+cQb
えーとだな、
まず、公を一つに限定しようと思わなければいい。

世界規模の公、
地域規模の公、
国家規模の公、
地方規模の公、
近所規模の公、
企業規模の公、
家族規模の公、
学校規模の公、
いろんな公があるわけだ。

そもそも公は何に見るものかというと、
「自分が属している社会集団」に対してだ。
国家だけじゃない。

グローバリズムと「世界規模の公」を見ることは、
同じことではない。

現状のグローバリズムは利害関係が世界規模に膨らんだことと、
英語と市場主義を共通ツールとして選択するということだ。

まぁこのことにより、
「世界規模の公」に対する関心が高まるかもしれんが、
このことが即「国家規模の公は不要」なんて話にはならんのだ。

64 :右翼学者:01/11/28 01:30 ID:R7RM+cQb
新しい国際的枠組みが途上国なども包括して完成すれば、
主権のかなりの部分をそれに明け渡すことにはなるだろうが、
それでも政治的な塊としての日本やフランス、ドイツなどは残るだろう。
潰すなんて選択は社会的コストが高すぎる。
むしろ無用の反発を招いて、その国際的枠組みを破壊してしまうだろう。
だから緩やかな連邦制。
もし世界国家がありうるなら、各国の主権の一部分を認めた上での、
こういう形しかありえないだろうな。

それに、世界政府を作る主体は主権国家に他ならない。
国連も主権国家の連合体であって、
それ以外のものじゃない。

だから世界政府を各国の意向を無視して無理矢理作り上げることは出来ない。
よって各国の政治的枠組みは残る。
アナーキズムは起きない。国家に対する公の重要性も残る。

31 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)