5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

小林さん、どうしたの

1 :名無しかますよ:01/10/24 11:30 ID:J1ROcwp9
なあ、なんか最近のゴー宣って不毛すぎてつまらなくない?
なんか文句たれてるだけで何の方向性もないじゃん。
小林は何が結局何を主張してるか、誰か教えて。(まあ、アメリカが嫌いなのは確かだろうが)

2 :名無しかましてよかですか?:01/10/24 11:38 ID:qxXEMg0q
今週のゴー宣見た?
なんかとんでもないことになってたぞ。(藁

3 :Revolution21:01/10/24 11:40 ID:SbHOO8Qm
なんですか。ネタばらししてください。

4 :名無しかましてよかですか?:01/10/24 12:19 ID:/1CTleY+
ゴー宣ってなんか
どんどん観念の世界に入っていく一方で
現実感が…。

5 :名無しかましてよかですか?:01/10/24 12:39 ID:XhXQd83U
ゴー賤は以前から感情論。そして、感情論にもとづく批判は不毛。
以前は批判の中に洒落っ気も入ってたが、最近はその余裕すらない。

6 :名無しかましてよかですか?:01/10/24 12:49 ID:+qq34apD
小林のいうインターネットって間違いなく2ちゃんのことだな

7 :反サヨ:01/10/24 12:56 ID:1tDsqv9/
今週のゴー宣。
やっぱり小林氏は天才だ・・・・

「世の中に絶対悪はない」という俺の究極の持論があるが、
彼はそれに気づいているようだ。

前にも述べたが、世の中はしょせんエゴとエゴとのぶつかり合いよ。
「善」などというのも欲から発生した、単なるきれいごとにすぎない。
あるわけがないが、もしも世の中に「正義」があるとしたら、「自分のエゴ・欲に忠実なこと」それだけだ。

>>5
感情論はお前。冷静になれよ

8 :反サヨ:01/10/24 13:09 ID:1tDsqv9/
>>1
結局世の中、絶対的なものなんてないんだよ。
つまり絶対悪なんてものもない。
「**派」なんて時点ですでに偏向的な考え方なんだよ。
つまりサヨクも右翼も間違ってる。
断定なんてできないんだよ。

小林氏の方向性がよくわからないのはそのためだ。断定できないからだ。
小林氏はそれを悟ってしまった・・・・
小林氏と俺の考え方はかなりカブってます。やはり彼は天才。。

9 :名無しかましてよかですか?:01/10/24 13:37 ID:IwaPTUx4
>小林氏と俺の考え方はかなりカブってます。やはり彼は天才。。
自分基準かよ!これが如何にトチ狂ったセリフだか判ってるのかな(汗

麻原氏と俺の考え方はかなりカブってます。やはり彼は天才。。
ラディン氏と俺の考え方はかなりカブってます。やはり彼は天才。。
宅間守氏と俺の考え方はかなりカブってます。やはり彼は天才。。

…な。

10 :名無し:01/10/24 14:33 ID:8mN/DbuE
8のヴァカへ。
つまり『俺は天才』って言いたいんだろ?
市ねや、ヴぉヶ。

11 :反サヨ:01/10/24 14:37 ID:1tDsqv9/
>>9-10

あいかわらずサヨは狂ってるな。
俺の文章を
「自分の考えとカブってるから彼は天才」
と解釈してるんだもの。わざとだろうけど。
文章の1部分だけを抜き出して批判するという朝日新聞のようなやり口だ。
俺が小林氏は天才と判断した理由は上のほうにたくさん書いてるだろうが。

12 :名無しかましてよかですか?:01/10/24 14:58 ID:7DvDtSZC
>>9-10
それは曲解でしょ。

>>8
> 「世の中に絶対悪はない」という俺の究極の持論があるが、
> 彼はそれに気づいているようだ。

おいおい、彼の出自は真言宗の寺にもあり、GOD=神というのは違う、日本の宗教観には一神教のような
絶対善や絶対悪の概念が無いことは、相当前から仄めかしているって。君の持論を待つまでも無いよ(笑)

ただ、絶対善と絶対悪がないから、なんでもオッケーというのでは違うよね。
断定しない=なんの立場も取らない、というのでは何事もできないよ。
その辺りは彼は以前より主張している点であるし、まあ今後の成り行きをマターリと見るか。
今のところどうも今回の件の主張内容には俺にとってはあまり賛成できないけど。

13 :右のおっさん:01/10/24 15:04 ID:TqsmWnrK
小林が相対主義に逃げ込んだのをみて共感を覚える
棚上げ人間がでてくるとは思っていたが・・・
絶対か相対かではなく自分を棚上げにしないことですよ。
反サヨさん、天才ではなく貴方と小林は天災ですよ。

14 :12:01/10/24 15:06 ID:7DvDtSZC
>>13
同意。
だから「立場を取る」と言っていた小林氏は今後の成り行きを見て判断するよ。

15 :反サヨ:01/10/24 15:06 ID:1tDsqv9/
>ただ、絶対善と絶対悪がないから、なんでもオッケーというのでは違うよね。
>断定しない=なんの立場も取らない、というのでは何事もできないよ。

そりゃそうだ。
>>7
>あるわけがないが、もしも世の中に「正義」があるとしたら、「自分のエゴ・欲に忠実なこと」それだけだ。

さっき俺がこう言ったように、自分の欲に忠実になること、
つまり日本の利益や自分の利益を優先するような立場をとるのが正しいのではないか。
したがって反戦サヨクは間違っている。
ウヨのアメリカマンセーは確かにおかしいが、観念論的、利益優先的には正しいのではないか。
よって私は、立場としては反サヨという立場をとっているわけだ。

16 :エノキ:01/10/24 15:13 ID:LmL4JiZf
 >>15
 半分賛成する。同意しない点は、「日本の利益」というところ。
「自分のエゴ・欲に忠実なこと」が「正義」なのなら、判断基準
は「自分の利益」だけでよい。

17 :反サヨ:01/10/24 15:21 ID:1tDsqv9/
>>16
まぁたしかに、日本の利益が自分の利益につながるとは限らないが、、、

と思ったけど、絶対つながるだろ!!
つながらない状況なんてあるのか?その具体例をぜひ示してもらいたい。

日本の利益は自分の利益!!
つまり、小林氏のいう「国=公」論だ

18 :m:01/10/24 15:30 ID:7EYbFOhE
いっぱいレスもらえてうらやましいな。
「人間は悩んで大きくなるんです」By goldeneight

19 :エノキ:01/10/24 15:36 ID:LmL4JiZf
 >>17
 前大戦において、徴兵されて死んだ人なんかそうだろ。
 それ以前に、「日本の利益は自分の利益」が正しいと
しても、>>7であげている正義の定義からは逸脱してい
る。この場合、「自分の利益」のみを追求する、その結
果、日本の利益につながる、という図式にならなければ
ならない。「日本の利益」を最初から前提にするのは間
違い。

20 : :01/10/24 15:42 ID:GqQFfk/u
よしりんは理想論だと思ふ。
少なくともこのまま公団を放っておいたら
景気は絶対によくならない。

21 :名無しかましてよかですか?:01/10/24 15:47 ID:TMdqSrxF
いや感情論だろ。

22 :反サヨ:01/10/24 15:49 ID:1tDsqv9/
>>21
  ∧_∧ オォォ     ∧_∧ マァァ    ∧_∧ エェェ   \ ∧,,,  ∧_∧ モォォ
  ( ´∀`)        ( ´∀`)       ( ´∀`)         ゞ ⌒ヽ/ ´∀)
  (  つつ        (つ*⊂ )      ((○⊂ )        <(     >> ⊂ )
   )  ) ヽ         >  ) ヽ        〉 ) ヽ         //,, ノ\/> >
  (__)(_)       (__)(_)      (_) (_)      / ,/ | |_)\__)

   ナァァーーー!!
    ∧_∧   \ | / /
   (,_´∀)  ゞ ⌒ヾ∠_
   ( _ ̄つ⊃(     =-  三ニ=−
  / /,>" >   //_  く ̄
 (_ノ (__),/ / ∨.N \

23 :反サヨ:01/10/24 15:54 ID:1tDsqv9/
>>19
>前大戦において、徴兵されて死んだ人なんかそうだろ。
それは違う。
日本国民全員が利益を被る必要はない。
「日本国民全体の平均利益」が高いほどいいのだ。
ようするに、AとBとCという人がいた場合、
A:幸福度2 B:幸福度2 C:幸福度2

よりも、
A:幸福度10 B:幸福度10 C:幸福度0(死亡)

のほうが良いわけだ。
幸福度平均が高く、期待値の高いほうが個人の利益につながるわけで、
結局は自分の利益につながる。

>「日本の利益は自分の利益」が正しいと
>しても、>>7であげている正義の定義からは逸脱してい
>る。この場合、「自分の利益」のみを追求する、その結
>果、日本の利益につながる、という図式にならなければ
>ならない。「日本の利益」を最初から前提にするのは間
>違い。

すいません。意味わかりません
私のいう「自分の利益のみを追求する」というのは、
何も他人はどうでもいいから自分の利益を追求するという意味ではない。
たとえば、他人を助ければ自分の利益になるという状況であれば当然助ける。
それと同じで、日本の利益になることをすれば
自分の利益になるのなら日本の利益になることを考える。
他人を助けることは、結局は自分の利益を追求するきっかけに過ぎないわけで、
「自分の利益のみを追求する」というのとは矛盾はしない。

24 :エノキ:01/10/24 16:04 ID:LmL4JiZf
 >>23
 その仮定の場合、Cの人にとっては国益と自分の利益が
一致しない。自分がCになるリスクがある程度以上あるな
ら、たとえそれが国益になろうと反対するのが当然。

 第二項目の、「他人を助ける」云々についてだが、他人
を助けることが自分の利益につながらない場合ももちろん
ある。国家についても同じである。「自分の利益につなが
る場合のみ助ける」のであれば、それこそ「自分の利益」
だけ設定しておけばこと足りる。わざわざ「日本の利益」
を設定する必要はない。

25 :右のおっさん:01/10/24 16:05 ID:F9mzl+p5
反サヨさん
貴方見事に近代社会のアキレス腱を内面化しちゃってますよ。
欲望論と幸福論をごっちゃにしてごまかせるのは2CHだけ
ですよ.観念論から脱皮しなさい。

26 :反サヨ:01/10/24 16:13 ID:1tDsqv9/
>>24

ようするに、
自動車は便利だけど毎年1万人も死んでいるということ。

よくわからなくなってきたけど、
確かに日本の利益を追求することは自分の利益を追求する一手段にすぎないわけで、
べつに日本の利益にこだわる必要はないですね。
アカ日新聞は日本の利益を考えずに自分の利益のみ考えてますし。
ん〜〜、、自分の利益のためなら国を売ってもいいということか・・・・
確かにそれも正しいと言えるが・・・・ああ〜〜〜

>>25
べつに幸福論なんて展開してないです。
言葉の使い方が間違ってました。すいません。
「幸福度」を「利益度」に置き換えてもいいよ。

27 :名無しかましてよかですか?:01/10/24 16:16 ID:HFjUwoZX
>>23
その考え方はいいと思うけれど、実際問題はそう考えない人は多いぞ。
実際にそれが生活の拠り所になってくると全然話が違ってくる。

例を挙げてみよう。

君の勤め先の会社は大企業。給料も非常に良い。業界No.3だ。
君の業界は寡占業界であり、僅か数社で話し合いを持つことで、サービスの価格について合意ができる。
実際、国際的に見ても価格は高い。外資・国内の新規参入は事実上不可能に近く、地位は安泰である。

政府でこの業界の自由化にあたる法案が検討されている。
法案が可決されれば、消費者にとってはサービスの向上、価格の低下と非常に良いことが予想されている。
そこで利益を受ける消費者は国民全体の半数以上を優に占める。
しかし君の会社は、この法案が通り自由化が実現すると、非常に苦境に晒される事が予想されている。
売上は大きく落ち込むだろう。給料も減るだろう。数千〜数万単位の解雇も予想される。
いや、君が自分の今の立場を考えると、恐らく失業する。
君には専業主婦の妻と、私立中学校に通う子供、そして25年残った住宅ローンを抱えている。

A党は自由化に賛成している。B党は強硬に反対している。あなたはどの党を支持するだろうか。

この例は実際に、幾つかの業界に適用されるよ。「自由化」と抽象的に表現したものを「外資参入」「再販制廃止」
とすれば航空業界、新聞業界にそのまま当て嵌まる。「君は」の内容を少し変えれば農業にも当て嵌まる。

28 :名無しかましてよかですか?:01/10/24 16:19 ID:uBDu2M8e
反サヨは学生だろ?

29 :エノキ:01/10/24 16:22 ID:LmL4JiZf
 >>26
 そういうこと。『朝日』は売国的な記事を書くことによって
左翼から評価され、部数を増やし、社員もいい給料を貰える。
 「国益」を「正義」としてしまうのは、それこそ「絶対的な
正義」とやらにとらわれていることの証明。

30 :反サヨ:01/10/24 16:24 ID:1tDsqv9/
まて!
でもやっぱり公共の利益は個人の利益につながるということはやっぱり正しいわけで、
アカ日新聞のような特殊な人間以外の、いわゆる一般人は
公共のこと、つまり日本の利益を考えることが一番の方法ではないか?

31 :g:01/10/24 16:25 ID:Q/EBLzK6
http://www.hamq.jp/i.cfm?i=keizibannpurasu

32 :エノキ:01/10/24 16:29 ID:LmL4JiZf
 >>30
 各々個人が考えて「公共の利益に尽くすことが自分の利益
につながる」と判断すれば、その上で自分の利益のために国
に尽くせばいい。最初から「日本のため」を掲げるのは間違い。

33 :名無しかましてよかですか?:01/10/24 16:30 ID:9YWEMp8i
>>29
傷の痛みを紛らわせるために麻薬を使い、夢心地のまま死ぬみたいだな。
売国的記事を書くのはかまわないしそれが左翼に受けるのもかまわない。
だがそれが長期的に見て亡国に繋がったとしたら果たしてどう言い訳するのか。
自衛隊に反対するのもかまわない、憲法第9条の死守もいいだろう。
だが敵国の侵略を受け憲法が強制的に停止させられる事態に陥ったら、
朝日の求めた憲法第9条の死守も霧散してしまうという事実に気づいているか。
言論の自由も人権も平等も侵略者の手で破壊される可能性がある。
これまでどこも攻めてこないと高をくくっていたからこそできた論だということを朝日は自覚しているか。

34 :反サヨ:01/10/24 16:32 ID:1tDsqv9/
>>27
当然、自分の利益のためにB党を支持するに決まっているが、
そもそも、自由化されてないことが問題であるのだ。そういう社会主義的なものには私は反対している。

だいいち、そういう状況になったらどうするか?というのはあくまで結果論。
その会社の人間が非常に運がよかったというだけのこと。
期待値で考えると、自由化されているほうが多く利益を得られる可能性が高い。

その例だと、

A:利益度10 B:利益度1 C:1
になり、
自由化されると
A:利益度5  B:利益度5 C:5
になる。
期待値は自由化した後者のほうが高いということ。

35 :名無しかましてよかですか?:01/10/24 16:33 ID:aYt+rEA7
http://www.f2.dion.ne.jp/~impact8/

36 ::01/10/24 16:33 ID:7EYbFOhE
>>33
29さんは本気で書いたんじゃないデショ

37 :エノキ:01/10/24 16:46 ID:LmL4JiZf
 >>33
 『朝日』のことだから、その場合は侵略者に内通して
戦後それなりの待遇を与えられて満足するんじゃない。
「絶対的な正義」などない、「自分の利益こそが正義」
なら、それでもいいわけだ。

38 :反サヨ:01/10/24 16:57 ID:1tDsqv9/
結論:

「正義」は人の数だけある!

39 :エノキ:01/10/24 17:06 ID:LmL4JiZf
 >>38
 まあ、そんなとこかな。

40 ::01/10/24 17:21 ID:lksFxPj7
>>38「正義」は人の数だけある! >

分かりきったことを言うな。
だからなんなんだ?

41 :名無しかましてよかですか?:01/10/24 17:23 ID:zN5ixJDE
「正義は人の数だけある。
 ゆえに、公のため個を捨てるなんて、チャンチャラおかしい。
 ゆえに、小林は笑える」

これで、結論OK?

42 :名無しかましてよかですか?:01/10/24 17:23 ID:YSUhdfjr
最近の小林は嫌米と反米を勘違いしている。失望した。

43 :名無しかましてよかですか?:01/10/24 17:25 ID:W+3/w1D3
>>38
そうかもしれないが、そのままじゃ唯の相対主義だ。

今回のゴー宣は面白かった。さすが小林。

44 :名無しかましてよかですか?:01/10/24 17:28 ID:zN5ixJDE
最近は、コヴァが小林叩きに熱心になったから、
小林批判しても、コヴァとか反サヨはわりと平気?

45 :エノキ:01/10/24 17:28 ID:LmL4JiZf
 >>41
 俺がいいたいのはそれなんだけどね。

46 :右のおっさん:01/10/24 17:31 ID:xlz2AvG7
エノキさん
宮台の真ちゃんについてはどうお考えですか?

47 :名無しかましてよかですか?:01/10/24 18:13 ID:yCX4fZm6
>>41>>45

「正義は人の数だけある」これはある程度そうだろうが、
「己にとっての正義、私利私欲を目指すことが何より重要だ」が前提となるな。
チャンチャラおかしいぞ。

48 :右のおっさん:01/10/24 18:34 ID:Ks2S9/n9
正義=エゴの全肯定
確かに論理破綻をきたした相対主義者の
なれのはてですな。
絶対的観念論へと帰結するわけですな。結局。

49 :反サヨ:01/10/24 19:52 ID:1tDsqv9/
>>41
>>45

その解釈がすでに間違ってるわけね。

小林氏は「公のために個を捨てろ」とも言ってないし、
彼もそんなことしたくないだろう。

ただ、国のために個を捨てた偉大なる祖父たちを称えろと言っているのだ。
アンチ小林は解釈の段階ですでにまちがってるからいつもイラつかせてくれるんだよね。
アンチは歪んだ視点で読んでるからそうなってしまうのも無理ないか。

50 :名無しかましてよかですか?:01/10/24 20:07 ID:RSiJ6rkj
> 国のために個を捨てた偉大なる祖父たちを称えろと言っているのだ。

違うね。国のために「個を捨てた」からダメなんだよ。
国のために個を活かさなきゃ。
国のために「個を捨てる」国は、国のために「個を活かす」国には絶対に勝てないよ。

51 :名無しかましてよかですか?:01/10/24 20:17 ID:PkABaIpM
>>49ただ、国のために個を捨てた偉大なる祖父たちを称えろと言っているのだ。>

「正義が人の数だけある」のなら、なんで讃えなくちゃいけないんだ。

おまえが一人で讃えてろ。

52 :名無しかましてよかですか?:01/10/24 20:19 ID:L/bARLJm
>>51
その通りだな(--;;

53 :ロリコン侍:01/10/24 20:27 ID:ZqSWESR8
>>50やら51
あんた達は未来の子供達、つまり現在の私達のために死んでいった祖父たちに
感謝という感情は芽生えないのかね?よくそう平然とものが言えるな。

54 :名無しかましてよかですか?:01/10/24 20:35 ID:1FKJxfKi
>>53未来の子供達、つまり現在の私達のために死んでいった祖父たち>

え、そうだったの?
知らなかった。
それで、それ、「公式文書」に載っているのかな?

55 :名無しかましてよかですか?:01/10/24 20:44 ID:iirfXXX/
一時期に比べて批判が少なくなってきたから
批判をエネルギー源とする小林が、
問題になりそうなこと書いて栄養を摂取してるんだよ。

56 :52:01/10/24 20:52 ID:L/bARLJm
>>53
っていうかむしろ反サヨの論理的なおかしさを批判しただけなのでは?

>>54
なぜ「公式文書」に載ってないといけないのか(^^;;
じいちゃんたちの遺志を知りたいのなら公式文書なんかより、
遺書読むべきだと思うが。

57 ::01/10/24 20:53 ID:ndkRZaHv
コバやんは己の雲知と暗い情念を再利用する
悲しいシステムです。

58 :名無しかましてよかですか?:01/10/24 20:55 ID:fbc4kX+d
>>56
いや、コバやん曰く
「自白は信用できない。」んだそうですし。

59 :名無しかましてよかですか?:01/10/24 21:01 ID:xV28aUlo
神風特攻隊の「遺書」
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/5410/isyo.html

60 :名無しかましてよかですか?:01/10/24 21:02 ID:UqQwsh+Z
http://www.sex-jp.net/dh/01/

61 :反サヨ:01/10/24 21:05 ID:1tDsqv9/
>>58

自白のみを証拠としてはならないと日本国憲法で定められています。

62 :ロリコン侍:01/10/24 21:08 ID:ZqSWESR8
>>54やら55やら
あ〜あ〜、ようするに君達は今自分がいきてるのは過去の人たちのおかげだ
ってことじたい意識してないんだな。
じゃぁ君らは、もし日本が危険にさらされても国の未来や家族のことを考えず
自分一人逃げのびるって人たちなんだね。

63 :名無しかましてよかですか?:01/10/24 21:12 ID:56Pu74S3
>>62
放置しろって・・・単なる馬鹿じゃん・・・匿名掲示板、馬鹿はいくらでもいるよ・・・

64 :52:01/10/24 21:12 ID:L/bARLJm
>>58
そういうのを極論というのだね。
まあ、正史においては遺書を資料とすることはないだろうね。
わしゃ実証主義歴史学については殆ど知らないが(ってか歴史学自体分からん)
然るべき資料批判(実際その人が書いたものなのか、その人の思想性、その他の資料と比べての矛盾点とかを調べるのね)
をすれば、遺書も十分資料となりうるだろう。

まあ、遺書に資料批判が必要なのか分からないけど(^^;;

65 :名無しかましてよかですか?:01/10/24 22:31 ID:OkypSCro
> あ〜あ〜、ようするに君達は今自分がいきてるのは過去の人たちのおかげだ
> ってことじたい意識してないんだな。

これも違うね。
僕たちが、第一に感謝すべきなのは、敗戦後の何もない焼け跡から、
この豊かな日本を築き上げてくれた「父親たち」なんだよ。
日本中を焼け野原にしてしまった「祖父たち」ではなく

66 :名無しかましてよかですか?:01/10/24 22:33 ID:TWI1hvq5
いい話題なので感情的にならないように>67-

67 :名無しかましてよかですか?:01/10/24 23:00 ID:LU6s0boA
さっき捻ったウンコ、ちゃんと流したっけ・・・・・・
ちょっち見てくる。

68 :名無しかましてよかですか?:01/10/24 23:06 ID:LU6s0boA
>>65
>僕たちが、第一に感謝すべきなのは、敗戦後の何もない焼け跡から、
>この豊かな日本を築き上げてくれた「父親たち」なんだよ。

これ、鋭いね。


小林の公-個論では、集合と要素・部分と全体をハッキリ区別しなければ、論が成り立たなくなるはずなのに、彼はしばしばこれを混同する。
例えば、「父親と祖父」を、「先祖」という集合にまとめることによって、父親達の功績を祖父たちに転嫁しようとする。
個人の幸福を、個人の集合の幸福と混同することによって、「あなたの豊かな生活は、国があるお陰で成り立っている。そんな豊かな生活を維持するためには、時には国に命を捧げるのも当然だ」等と、冷静に考えると摩訶不思議な理屈をでっち上げようとする。

69 :ドンコサ:01/10/24 23:25 ID:uvTdQZaS
最初、小林は身近な所に転がってる矛盾を取り上げてそれを改善しようとしてた。
そのことに多くの読者が共感できた。
その後、世間(狭い意味での)が実際に少し動き始めて、
読者はその場面に立ち会っている気がしてワクワクした。
でも、国家を語りだしてから、臨場感が無くなって身近な感じもなくなった。
無理にスケールの大きな問題にかかわりすぎてると感じる。
ってとこでどうでしょ?

70 :反サヨ:01/10/24 23:26 ID:1tDsqv9/
やっぱこの板ってリアルサヨクが多いみたい・・・・イタタタ・・・・

71 :名無しかましてよかですか?:01/10/24 23:39 ID:WvzYVw11
>>70
リアルコヴァ代表のオマエの方がよっぽどイタイよ(藁

72 :反サヨ:01/10/24 23:46 ID:1tDsqv9/
>>65
>>68

つまりあんたらは完全に結果しか見ないわけね。
でも小林が嫌いだからそう言ってるだけにしか見えないのよ。

結果はどうあれ、
日本のために死んだ祖父たち、、、
それに対して何か感じることはないのか・・?
それでも何も感じないというのであれば、下劣で醜悪な真性サヨクというしかない。

73 :茶々:01/10/24 23:48 ID:KMxam71b
>>72
そう言えば、そういう祖父たちを無駄死にさせた軍部を
あがめるバカがいたね。

74 :反サヨ:01/10/24 23:49 ID:1tDsqv9/
>>71
私はいたって正論を話してるだけなのになぜそう言われるのか。
俺は狂信的小林信者でもなんでもない。

75 :反サヨ:01/10/24 23:49 ID:1tDsqv9/
>>73
結果論。

76 :茶々:01/10/24 23:52 ID:KMxam71b
>>75
合理性のかけらもない戦略を立て、勝つ見込みがないのに、
いたづらに戦争を引き伸ばし、戦死者を拡大させたにも
かかわらず?

77 :名無しかましてよかですか?:01/10/24 23:56 ID:aW69l7vV
>>72
>日本のために死んだ祖父たち、、、
>それに対して何か感じることはないのか・・?

じーちゃん好きだけど、何か?
つかキミ、言ってることおかしくねぇ?
「結果論」と言うけど、「悪い結果を生じさせた」から「悪い人だ」とは言えないだろ。
だから、仮に祖父の過ちを指摘し批判したからといって、祖父たちを悪くいったことにはならない。

>>75
バカか。政治は結果責任だろ。
「結果よければ全て良し」ではないけど、
「結果悪けりゃ全てダメ」なんだよ。

君は、何かと脳が電波干渉起こしてるみたいね。

78 :66:01/10/24 23:57 ID:TWI1hvq5
>72
だから感情的に成るなって書いたのに。そんな祖父達に感謝の気持ちを持つなんて
あたりまえでしょ。その上で、例えば日本軍の行動は反省すべきところがあったのか
無かったのかとか論じてんですよ。日本人が議論下手って言われるのは、
ほとんどの論争が個人攻撃に成り下がるから。これは何とかしたい。

79 :反サヨ:01/10/25 00:23 ID:EhhTh3EV
やっぱり現代の視点でしか考えられないバカサヨばっかなわけね。

>>76
当時としては最善の策と判断されたのである。
合理性無い?かってに妄想しないでくれ。
本当に合理性がないのなら「実行しない」って。
昔の日本人を野蛮で狂った人間みたいに考えてるようだね。
こんなイタイ人がこの板にまだまだ生息してるわけだ・・・・

>>77
>だから、仮に祖父の過ちを指摘し批判したからといって

これがすでに間違っている。
本当に過ちなのかどうか。そこからだろう。
そこらへんも当時の日本では議論されただろうし、
その上で最善と言える策を打ったはずだ。
で、現代の視点で結果がどーこー言ってもアホな結果論でしかない。

>バカか。政治は結果責任だろ。
>「結果よければ全て良し」ではないけど、
>「結果悪けりゃ全てダメ」なんだよ。

またまた間違ってる。結果が悪かったかどうかはまた断定できない。
「人が死んだから、特攻隊が無駄死にしたから絶対ダメ。悪。」
というのは狂信的サヨク思考にすぎない。
結果論は結果論。ちゃんと認めてくれ。

>>78
感謝の気持ちをもってることを認めるのならもう言うことは無い。
それについては終了だ。

80 :茶々:01/10/25 00:35 ID:N+6tG2H4
>>79

>当時としては最善の策と判断されたのである。
>合理性無い?かってに妄想しないでくれ。
>本当に合理性がないのなら「実行しない」って。
>昔の日本人を野蛮で狂った人間みたいに考えてるようだね。
>こんなイタイ人がこの板にまだまだ生息してるわけだ・・・・

(゚Д゚)<アタマ ダイジョウブ?

81 :名無しかましてよかですか?:01/10/25 00:37 ID:NtMrJ57u
>>79 結果論は結果論。ちゃんと認めてくれ。

あなたの言う「結果論」の意味が不明なのでなんとも言えん。
ただ、「政治は、結果だけを見て批判できる」ということは、>>77で、ウンコが漏れそうなくらい明確に示しているけど、何か?
っつーか、君の中では「結果だけを見る」は絶対悪なんだね。認めてくれ。

>本当に過ちなのかどうか。そこからだろう。

当たり前だろ。だからこそ「仮に」と留保をつけているんだ。
しかし、君の>>72を見ると、おじいちゃんたちへの敬愛の念と、彼らの行為・結果の相当性評価とをごっちゃにしているように見えるけど、何か?
君は、彼らの行為に不適当なものがあった場合、

  「行為に間違いがあったにせよ、日本のために死んだ祖父たち、、、
   それを非難するのはサヨ。悪。猿。鬼畜。」

とか、デムパなことを言わなって約束できる?

82 :名無しかましてよかですか?:01/10/25 00:46 ID:AY4XK4b4
>>78
日本軍の行動に問題があったのは当たり前。
日本軍どころか、いまだ変わらぬ問題が戦前から戦後、
いや神代から現代まで続いていると井沢元彦氏が指摘している。
例えば憲法を不磨の大典にしてしまう日本人の気質。
戦前は大帝国憲法を不磨の大典にしてしまい、時代の流れにあわせ改正することができなかった。
天皇の統帥権をたてに関東軍の独走を止められなかったというシビリアンコントロールの不在。
これを戦前の政府は非民主的だからといって説明する馬鹿がいる。
事実は憲法を題目化し手を加えること自体を問題視する気風に原因がある。
もし政府が民主的なら改正できたというなら、
戦後50年以上も経つのに憲法改正できない我々の政府も戦前と同様非民主的だということになる。

軍を飼いならせないのは軍が悪いのではなく飼い主である政府、ひいては国民が悪いということ。
民主国家であれば政府を選ぶのは国民であり、軍を飼いならす責任も国民にある。

83 :反サヨ:01/10/25 00:49 ID:EhhTh3EV
俺の言ってることのどこが間違っているのかわからない。
サヨがうろついてるようだなぁ・・・

当時の日本人は当時の知識だけで考えに考えて最善の策を導き出した。
その結果、戦争に負けた。
確かにもっといい策があったのかもしれない。
だがそれは、現代の知識が無いと判断不可能だ。
あくまで「当時の知識で最善の策」だ。
つまりあんたらの言うことは理想論。
「万馬券だったか〜。買っとけばよかったのにぃ〜バカだね〜」
と言ってるのと同じ。

あなたがたが当時生きていたらもっといい策を思いついたのかってことよ。
あんたらは予言者か?未来がわかるのか?

旧日本が「非難」されるには、
「当時日本は当時判断可能な別のもっといい選択肢もあったが、
狂った野蛮な人間たちによってなぜか悪い選択肢を選ばされてしまった」
ということを証明しなければならない。
まぁ、そんなことはありえない。
合理性のない、最善でない策を選ぶやつなんてどこにいる?
あくまで「当時の知識・状況で」だ。
これを念頭に入れてもらいたいね。

84 :名無しかましてよかですか?:01/10/25 00:50 ID:TSyP7WUy
> 結果はどうあれ、
> 日本のために死んだ祖父たち、、、
> それに対して何か感じることはないのか・・?

立派だったと思うよ。
けれども、敗戦後の焼け跡から、この豊かな日本を築き上げた「父親たち」のほうが
結果だけでなく精神においても何倍も立派だったと思う。
家族を守るために、10年20年と休むことなく地道に働き続けた「父親たち」…。
「家族を守るために死ぬ」よりも、「家族を守るために生きる」ほうがもっと難しく
重いのだから。

85 :茶々:01/10/25 00:52 ID:N+6tG2H4
>戦後50年以上も経つのに憲法改正できない我々の政府も戦前と同様
>非民主的だということになる。

どのように改憲すべきかが問われるべきであって、できるか・できないか
といったことで判断するのは本末転倒。

86 :名無しかましてよかですか?:01/10/25 00:55 ID:b88Ets3K
>>83
別にあんたの言う事は間違っていないよ。
ただ、世間一般的にはそういう事は、
オブラートに包んで、言う事に成っているんだよ。

87 :茶々:01/10/25 01:00 ID:N+6tG2H4
>>83

そういうのは単純素朴な結果追認主義。
戦局が悪化し、物資において圧倒的に足をついていたにも
かかわらず、戦争を長期化させたのは、そういう状況を
まともに見ようとせず、精神論に固執した軍部。

政治中枢でも近衛文麿などは、開戦には反対していたし、
日本には、アメリカとの戦争に負けると考えていたものは大勢いた。

>あなたがたが当時生きていたらもっといい策を思いついたのかってことよ。
>あんたらは予言者か?未来がわかるのか?

(゚Д゚)ハァ?

88 :名無しかましてよかですか?:01/10/25 01:02 ID:i/LGsbAc
>反サヨ

お前、組織の中で働いたことないだろ。

89 :>>86:01/10/25 01:02 ID:wkynpcoI
こんなのは何も言ってないのと殆ど同じ

90 :茶々:01/10/25 01:02 ID:N+6tG2H4
87
間違い
「足をついていた」ではなく「底をついていた」

91 :反サヨ:01/10/25 01:01 ID:EhhTh3EV
結果だけですべて評価されるか・・・
んなわけないだろ!!

たとえばだな、

日本のある町で大地震が起こったとの情報が政府に入った。
政府は即座に大量の自衛隊や消防隊を派遣した。
だが大地震の情報はデマだった。
さて、政府には選択肢が2つあったわけだが、

1何も派遣しない
2即座に対策を練る

情報はデマだったため、どちらを選択しても「結果」は同じね。
いやむしろ、派遣するほうがコストがかかる分、結果的には損である。

結果はどうあれ、ジョーシキ的に考えて2はまずいだろう。
デマであれ大地震の情報が入ったのに何もしない政府なんて問題ありすぎだ。
だが、結果だけで判断すると1が賞賛されてしまう。結果的にコストゼロだったのだから。


こういうこと。結果論は結果論。いいかげんウザイ。

92 :名無しかましてよかですか?:01/10/25 01:04 ID:cJRMsJ0Y
>>91
小林は「結果主義者」なのに。。。

93 :名無しかましてよかですか?:01/10/25 01:04 ID:AY4XK4b4
>>85
既に問題が山積しているというのは井沢元彦氏が指摘しているぞ。
というか、発布当時から日本語として滅茶苦茶で解釈論が飛び交うことは分かっていた。
「国際紛争を解決する手段としては武力を永久に放棄する」というのに「防衛権はある」というのはどういう解釈だ?
国際でない紛争というのは内戦のことか?
他国の侵略を受けることは「国際」にならないのか?
また第89条「公の財産の支出又は利用の制限」なんぞは明らかに無実化してるんだけどね。

94 :反サヨ:01/10/25 01:06 ID:EhhTh3EV
>結果はどうあれ、ジョーシキ的に考えて1はまずいだろう。
>デマであれ大地震の情報が入ったのに何もしない政府なんて問題ありすぎだ。
>だが、結果だけで判断すると2が賞賛されてしまう。結果的にコストゼロだったのだから。

訂正。

95 :反サヨ:01/10/25 01:08 ID:EhhTh3EV
>>87

だからその、「軍部」が当時の知識の中で「最善策」と判断したわけよ。
国民が反対してようが全く関係ない。

96 :反サヨ:01/10/25 01:09 ID:EhhTh3EV
>>94
またまちがえた・・まあわかるよね?

97 :茶々:01/10/25 01:10 ID:N+6tG2H4
>>95
だから、その軍部の判断の責任が問題なのだが・・・?

98 :茶々:01/10/25 01:12 ID:N+6tG2H4
>>93
だから、憲法9条などのように、個別テーマに関して議論される
べきで、君が言うように、改憲されたら民主的、されなかったら
非民主的などというものではない。

99 :反サヨ:01/10/25 01:12 ID:EhhTh3EV
>>97
その軍部の判断により、結果的に日本は勝てたかもしれない。
ようするに結果論なわけ。

100 :名無しかましてよかですか?:01/10/25 01:13 ID:8r52b4RQ
反サヨにとって当時の日本人とは軍部のみであり、
国民は日本人ではなかったらしい……。

浮遊民を超えたか?カレ…。

101 :名無しかましてよかですか?:01/10/25 01:16 ID:cJRMsJ0Y
反サヨの云っていることはよくわからん。
「結果論」って動機や過程に関係なく結果のみで判断するってことだぜ?

102 :名無しかましてよかですか?:01/10/25 01:17 ID:Y27lP0bU
>>1
ハゲシクドウイ。
最近のSAPIOの楽しみはもう

業田良家の漫画>>>>>>>>>>小林よしのりの漫画

になっちまったよ。

103 :反サヨ:01/10/25 01:18 ID:EhhTh3EV
>>100

わかってない。
選択をできる権限があったのは軍部であったというだけのこと。

軍部にしか権限がないとか国民の意見を聞かないとかいうのが
問題だとか言われるかもしれないが、
それもひとつの「当時の知識の中での最善の策」だ。
国民の意見は聞かないことが最善であると当時の知識の中で判断されたわけ。


まぁ、私の理屈でいくと世の中のすべての時代のあらゆる政府は非難されるべきではないんだけどね。
ナチスや魔女狩りも、「当時の知識と状況の中で最善と判断された」に過ぎない。

104 :茶々:01/10/25 01:19 ID:N+6tG2H4
>>99

実際、勝てなかったのであり、しかも、それは当時としてもすでに
明らかであった。
戦争が「勝つ」ことを目的にしているのであるから、なおさら
結果が重要である。

こうした方針を決定した軍部の責任がないと?

105 :まぁまぁ:01/10/25 01:20 ID:wkynpcoI
みなさん。反サヨくんは眠いんだよきっと。

 しかしそれが軍部であろうと誰であろうと
 当時の知識の中で「最善策」と判断したら>>95
 結果の是非は関係なしというのは、
 大変な珍説だ、ホント。
後から善し悪しを検証させてくれないってんだから。

106 :名無しかましてよかですか?:01/10/25 01:21 ID:cJRMsJ0Y
>>103
なんだそりゃ(^^;

107 :名無しかましてよかですか?:01/10/25 01:21 ID:NtMrJ57u
>>91
ハァ??? 何言ってるんだ?

91は、選択肢の組み方がオカシイよね。
「即座に対策を練る」がいいに決まってるだろ。
でも、「即座に対策を練る=自衛隊派遣」なのか? 違うだろ。

普通、対策を練る過程では、正確な情報を収集しなければならない。だから、君の作った設問は、正しくは次のような選択肢でなければならない。

 1 情報を無視して傍観する
 2 情報の真偽を確認した上で、迅速に対策を練る
 3 情報を信頼して、即座に自衛隊を派遣する

3つの中で、正解は「2」だけ。
あなたは、1よりも3の方が誉められると言うけれども、それはどうだ?
災害時にデマを真に受けて、莫大な国家予算と人手を無駄遣いするのは、正しい判断か? ん?

念のために繰り返すと、漏れは「政治においては、“結果よければ全てよし”ではないが、“結果悪けりゃ全てダメ”だ」と言っている。
「結果が悪かったというだけで批判してはならない」とする君の意見を聞かせてくれるかな?

108 :101:01/10/25 01:26 ID:cJRMsJ0Y
反サヨよ、小林は結果主義者だぞ。
とりあえず、もうちょっとゴー宣読んでおべんきょしてください。

109 :反サヨ:01/10/25 01:26 ID:EhhTh3EV
>>107

例えってものをわからないようだね。
ようするに、
「デマかどうかは自衛隊を派遣するまで絶対わからない。
その場合どうするか?」
ってことだよ。
どう考えても派遣が正しい。
だが、あなたがたのいう結果論では派遣しないほうが正しいのだ。
コストがかからないからね。
コストっつっても、行くだけなのだから微々たるものだ。派遣すべき。

110 :名無しかましてよかですか?:01/10/25 01:27 ID:8r52b4RQ
>>103
するというと現在の中国や韓国の政府の日本への要求や干渉にも
批判や非難はしないというわけなんだね。
日本からすれば業腹極まりないやり口ではあるが、
きっと現在の彼らなりの知識に基いた最善の策なんだろうから。
案外心広かったんだね反サヨちゃんって。

111 :反サヨ:01/10/25 01:28 ID:EhhTh3EV
>>108
コヴァじゃねーっていってるだろうがヴォケが!!
小林氏のすべてに無条件に賛同しているわけではないのだ。

112 :名無しかましてよかですか?:01/10/25 01:30 ID:AY4XK4b4
>>98
そうではなく、改正せねばならない問題が多くあるのに改正しないのはおかしいということだ。
その文では私の書いたことを半分も理解できていないようだから書いておくが、
戦前も問題があったのに改正しなかった、戦後も問題があるのに改正しない、どこに違いがある?と言うこと。
問題は政治形態によるのではなく、日本人の精神性にある、と井沢氏は分析している。
憲法の題目化、念仏平和主義。
現在でも「9条があったから戦争に巻き込まれずに済んだ」などと血迷ったことをいう辻元のような議員がいる。
憲法は国内法で他国に対しては拘束力が無いことすら理解していない。
いっておくが今の憲法に問題が無いのに改正しろと言っているわけではないんだぞ。
問題があるから改正しろといっているの。

113 :101:01/10/25 01:30 ID:cJRMsJ0Y
>>111
いや、むしろもっとゴー宣でも読んで勉強した方が(^^;
別にゴー宣じゃなくてもいいけど

114 :反サヨ:01/10/25 01:33 ID:EhhTh3EV
>>110
支那やチョンが正しいかどうかと、
日本国としての最善の策はまた別問題だろう。

確かに支那のやってることは正しい。日本にたかってうまくやってる。
だが日本国からしたらウザイ存在でしかない。
こういう中で日本はどのような最善の策を出すか・・?
現代の政府はひたすら支那に謝るという策を選んだわけだ。
これが結果的にどうなるかは別問題で、
日本政府は日本政府なりに、「現在での最善の策」を選んだはず。

115 :どうでもいいけど:01/10/25 01:35 ID:8QTGzzAh
>>111
僕は、一部の人が当時戦った日本兵を、鬼畜扱いするのは納得いかないし、
当時の軍部が、全くの無能だと主張する人も歴史を知らないと思う。

しかし、だからといって、敗戦の責任が誰にも、どこにもないというのはおかしいと思うな。
負けたのには何か理由があるはずだし、その責任が、どこかにあるのは間違いないと思うけど?
一部の人間のみに、全ての責任を背負わせて断罪することには反対ですがね。

それに散々な結果になった、あの敗戦を二度と繰り返さないために、
当時の問題点を分析、批判することは有用だと思う。


それにしても・・・、
あなた、なかなかに香ばしいね。

116 :茶々:01/10/25 01:37 ID:N+6tG2H4
>>112
>改正せねばならない問題が多くあるのに改正しないのはおかしいと
>いうことだ。

君が改憲すべきだと考えても、まだ改憲すべきではないと
考える人もいる。そうした主張を無視して、勝手に、
「改憲すべき」という前提を置き、改憲していない
から日本は非民主的だと言うのは、それこそ民主的なのか?

117 :茶々:01/10/25 01:39 ID:N+6tG2H4
>>114
君は先ほどから結果論を批判するが、君こそ「それが最善策だった」と
単純素朴な結果追認に陥っている。
君はそのことに気づいているのか?

118 :反サヨ:01/10/25 01:43 ID:EhhTh3EV
>しかし、だからといって、敗戦の責任が誰にも、どこにもないというのはおかしいと思うな。
>負けたのには何か理由があるはずだし、その責任が、どこかにあるのは間違いないと思うけど?
>一部の人間のみに、全ての責任を背負わせて断罪することには反対ですがね。

チョンや支那が「日本の責任を追求するのが最善の策」と判断しているにすぎない。
日本からしたら、責任追及することにメリットは無い。
チョンがうるさいから仕方なく現代も追及するフリをしてるだけだ。
これも最善の策と判断された賜物。

>それに散々な結果になった、あの敗戦を二度と繰り返さないために、
>当時の問題点を分析、批判することは有用だと思う。

それはもちろん必要。「現在での判断知識」になるからだ。

>それにしても・・・、
>あなた、なかなかに香ばしいね。

どういう意味だ。
私のいいたいことを理解してくれたってこと?

119 :どうでもいいけど:01/10/25 01:46 ID:8QTGzzAh
>>116
当然知ってると思いますけど、アメリカの憲法は結構修正されてるみたいですね。

日本の場合、たぶん憲法改正に有権者の3分の2の賛成が必要だから、
ホイホイ憲法の改正ができないだけでしょう。

このルールを作らせたのはGHQ・・・・・。

120 :名無しかましてよかですか?:01/10/25 01:46 ID:AY4XK4b4
茶々はわかっとらんようだ。

まず第一前提として、軍は戦闘を行う組織なの。
兵を整え武器を用意し作戦を立て照準を定めるのは軍。
だが何の目的で戦闘をするのか、そして引き金を引くのは政府の役目だ。
戦争に勝つのが重要なのではない。
戦争に勝つことでいかなる目的を達成するかが重要なのだ。
戦わないことで100の敗北を味わうことになるなら負けて50の敗北の方が賢いとも言える。
日本軍の不手際をいくら指摘しても、戦争とは相手のあるゲームだ。
政府が相手国をテーブルにつかせることができなければ何にもならんのだよ。
>>116
それを言ってしまうといつまでたっても改憲ができなくなる。
中には「絶対にダメ」という人間もいる。
旧社会党系のこれは宗教と一緒で、議論をはじめから放棄している。
こういう人間の主張も容れて説得できるまで話し合え、とでもいうのかい?

121 :反サヨ:01/10/25 01:46 ID:EhhTh3EV
>>117
「結果として最善策であった」ということじゃなくて、

「当時の状況の中、この選択をしたことが最善であった。
もっといい選択があったかもしれないが当時は思いつかなかった。
よって、事実上あの選択が最善である」
ということ。

122 :茶々:01/10/25 01:50 ID:N+6tG2H4
>>120
だから君は最初から「改憲すべきだ」と決めてかかってしまっている。
それこそ「議論をはじめから放棄している」のではないか?
民主主義の根幹である、異なる意見の存在を認めていないのではないか?

123 :茶々:01/10/25 01:51 ID:N+6tG2H4
>>121
それを結果追認と言う

124 :茶々:01/10/25 01:53 ID:N+6tG2H4
123追加
>もっといい選択があったかもしれないが当時は思いつかなかった。
>よって、事実上あの選択が最善である

そもそも、開戦を避けるという選択もあったし、他の政策や戦略でも
オプションがあった。よって「思いつかなかった」は間違い。



125 :反サヨ:01/10/25 01:54 ID:EhhTh3EV
結論:

人は、いや生物は常にその時点・知識の中での最善の行動を取っている。
世の中に本当の意味での「理不尽」はない。

126 :101:01/10/25 01:55 ID:cJRMsJ0Y
つまり問題点を分析し、それを現在に役立てることはしてもいいが、
責任追及はイカンというのだな。

しかし、しかしなあ、そんな簡単にわりきれんよはっきりいって。
やっぱり旧日本軍だって、これ以上戦線を拡大するか否かで判断に迷ったことはあっただろう。
それで戦線を拡大する決定をしてしまった責任ってのが問われないのはねえ。

反サヨ君はちとあまりに哲学が稚拙だ。
もうちと勉強して、人生経験も深めた方がよい。

>どういう意味だ。
>私のいいたいことを理解してくれたってこと?
う〜ん、少年よ大志を抱け(−−;;

>>121
何を言葉遊びしている(^^;;

127 :茶々:01/10/25 01:55 ID:N+6tG2H4
これ、結果追認のいい見本ですね。

>人は、いや生物は常にその時点・知識の中での最善の行動を取っている。
>世の中に本当の意味での「理不尽」はない。

128 :反サヨ:01/10/25 01:55 ID:EhhTh3EV
>>124

「思いつかなかった」じゃなくて「選択できなかった」だな。

129 :どうでもいいけど:01/10/25 01:57 ID:8QTGzzAh
>>118
あの戦争の責任を追求することは、有用ですよ。

>>それに散々な結果になった、あの敗戦を二度と繰り返さないために、
>>当時の問題点を分析、批判することは有用だと思う。

>それはもちろん必要。「現在での判断知識」になるからだ。

あなたも認めたとおりね。
ただ、中韓や、日本の一部の勢力のように、敗戦の責任者を「断罪」することは、
義がないばかりか、日本の国益にもならないでしょうね。


>どういう意味だ。

>「世の中に絶対悪はない」ということを、究極の持論がある
こういうことを、書くところですね。
僕は、それは常識だと思う。

130 :反サヨ:01/10/25 01:57 ID:EhhTh3EV
結果追認ってなんだ!

131 :Revolution21:01/10/25 02:00 ID:4IRQQZ/z
その時点で合理判断に基づいてたから
ホロコーストも悪くないという意味での追認でしょ。
魔女狩りも、部落差別もね。

132 :反サヨ:01/10/25 02:00 ID:EhhTh3EV
>あなたも認めたとおりね。
>ただ、中韓や、日本の一部の勢力のように、敗戦の責任者を「断罪」することは、
>義がないばかりか、日本の国益にもならないでしょうね。

結果としては国益にならないかもしれないが、
サヨクのアタマの中では「最善策」と判断されてるわけ。
それはそれで最善策を選んだことにはなる。

133 :名無しかましてよかですか?:01/10/25 02:05 ID:AY4XK4b4
>>122
だから現状で問題があることは既に指摘しただろう?
個々の問題を個々で話し合ってそれでおしまい、で十分なわけ?
現状では第9条に問題がある、だから改正まで視野に入れた議論をしよう、というと
「ダメなものはダメ。戦争に繋がる」と言う人間が必ずいるということだよ。
それは戦前と同じ。天皇の大権だから侵すな、といって統帥権を守ったのとどこが違う?
改正しなくてもいい、というなら指摘した問題点をどうクリアするか説明すればいい。
だが俎上にあげることすら問題視する向きもいるんだよ。
問題点を議論した結果、改正には時期尚早、でも一向に構わんの。

134 :101:01/10/25 02:07 ID:cJRMsJ0Y
サヨクの政治家が日本が滅ぶような外交をしても
サヨクのアタマの中では「最善策」と判断されているわけで、
それはそれで最善策を選んだことになる訳か(^^;

135 :101:01/10/25 02:07 ID:cJRMsJ0Y
実際日本が滅んでも最善策だったんだな?

136 :どうでもいいけど:01/10/25 02:11 ID:8QTGzzAh
>>132
ここは
「左翼の脳内では、責任者を「断罪」することが国益なんだよ、あの売国奴どもは・・・。
と、煽るべきなのでは?

しかし、最善策最善策って・・・・。
それを突き詰めると、運命論やら宿命論になっちゃうよ。

自分は快楽のため幼女を誘拐して、バラバラにして壊しちゃったけど、それが最善を尽くした結果。
しかたがないね〜(キャハッ)。

137 :茶々:01/10/25 02:14 ID:N+6tG2H4
>>133
>「ダメなものはダメ。戦争に繋がる」と言う人間が必ずいるということだよ。
>だが俎上にあげることすら問題視する向きもいるんだよ。

そういう人間はどこにでもいる。

しかし、同時に、憲法についての議論を真剣におこない、
例えば9条の改憲に慎重な人もいる。

君は、「改憲すべきだ」という前提を勝手に置きながら、一方で、
改憲には慎重であるべきと考える人々すべてをあたかも聞き分けの
ないカルトようなものと一緒くたにしているのではないか?

真に民主的なあり方とは、多くの人に自らの主張を説得的に
展開し同意を得ること。

自分に反対する意見の人すべてを、聞き分けのない人間と扱うのは
民主主義とはまったく異なるもの。

138 :反サヨ:01/10/25 02:17 ID:EhhTh3EV
>>134
そういうこと。

>>135
サヨクのアタマの中ではね。


就寝します。

139 :名無しかましてよかですか?:01/10/25 02:19 ID:T32PCOCz
>>125
金子みすずが墓場の奥底からにっこり笑いそうな発言だな(w。

っつーか、これは問題を完全に履き違えているね。
「彼らが良いと思ったかどうか」ではなく、「彼らの判断は正しかったかどうか」が問題なんだよ。
人はみな合理的に動く、すべて生物の行動は合理的だ、との前提にこだわるならば、「批判」というものは不可能になるよ。
それは、小林の言う「価値相対主義」(「極端価値相対主義」と言った方が適切か?)というヤツで、「議論」とは正反対のところに位置する考え方だ。

140 :名無しかましてよかですか?:01/10/25 02:21 ID:AY4XK4b4
>>137
うーむ、そんな当たり前のことを議論しているつもりなどなかったのだがな。
旧軍のシビリアンコントロールも全て憲法に帰着するという問題を論じたかったのだが。
旧軍の問題点をいちいちあげつらうより、政府の管理化におかれない軍がなぜ存在しえたのか、
そのことの方がずっと重大な問題ではないのかね?

141 :茶々:01/10/25 02:26 ID:N+6tG2H4
>>140

君はそんなことを最初は言っていなかったが?

とにかく、個別テーマで議論したいのであれば、それで結構。
ただし、「改憲しないので日本は非民主的」とか「改憲に反対する
やつは議論をする気がない」などと言うのは、何度も説明したが、
端的に間違い。

142 :101:01/10/25 02:28 ID:cJRMsJ0Y
反サヨよ。もう寝てると思うが。
多分、リアル厨房か、工房だと思うからいっとくけど、もうちょっと勉強した方がいい。

ちょっと、馬鹿すぎる。。。

143 :反サヨ:01/10/25 02:28 ID:EhhTh3EV
>>136
>しかし、最善策最善策って・・・・。
>それを突き詰めると、運命論やら宿命論になっちゃうよ。

そのとおり。
私の持論は、
「世の中に不確定要素は存在しない。未来はすべて決まっている」

ようするに世の中ランダムなことは一切無く、
これから起こることもすべて原子などの法則によって決まっており、
生物も脳の中で最善の策を選んでいるだけに過ぎない。(ようするに法則どおりの動きをしている)
政府も、現時点での状況から最善の策(ようするに現在の原子の状態からの法則どおりの動き)
をしているだけ。

寝るわ(ワラ

144 :名無しかましてよかですか?:01/10/25 02:31 ID:AY4XK4b4
>>141
ンなこといっとらんちゅーに。
勝手に誤読して間違いだの言うんじゃないよ。
誰が民主主義の議論をしてるんだ?

145 :茶々:01/10/25 02:41 ID:N+6tG2H4
>>144

ハイハイ

>戦前の政府は非民主的だからといって説明する馬鹿がいる。
>事実は憲法を題目化し手を加えること自体を問題視する気風に
>原因がある。
>もし政府が民主的なら改正できたというなら、戦後50年以上も
>経つのに憲法改正できない我々の政府も戦前と同様非民主的だと
>いうことになる。

146 :名無しかましてよかですか?:01/10/25 02:42 ID:RBBI5Sl1
>>143
なんだ、反サヨは電波だったのか。
マジレスして損した。

147 :どうでもいいけど:01/10/25 02:54 ID:8QTGzzAh
>>143
は〜〜〜(溜息)
・・・この世の真理を見いだした、覚者きどりかい?
それとも青少年が陥りがちなニヒリズムかい?
人生の失敗の言い訳を、自分に言い聞かせてるのかい?


それは宗教者が訴える、真理の一側面にすぎないよ。

まず、仏教の勉強でもすることだね。

たとえば、色即是空・空即是色とはなにか?
理解はできなくても、一通りの勉強はしておくべきだね。

148 :名無しかましてよかですか?:01/10/25 03:08 ID:0UpDihtx
>>6
>小林のいうインターネットって間違いなく2ちゃんのことだな

・・・日本茶じゃないの?

149 :名無しかましてよかですか?:01/10/25 03:25 ID:T32PCOCz
>>143
「やわらかな決定論」くらいは当然知ってるよね?
あれについてはどう思うね?

君はまさか、脳内とデムパだけでひらめいた、まぶしい思いつきを、こんなところで披露しているわけじゃないよね。そんな恥ずかしいことはしないよね? ん?
問題を突き詰めて考えて、他の人々の考えと比較した上で、ヤパーリ「これが正しい」と信じるに至ったものなんだよね? その、君の言う、痔婁ってのは。

150 :反サヨの主治医:01/10/25 03:48 ID:12xb/Vos
しまった! こんなところで暴れてたか!!

すいません、今鎮静剤を打って眠らせましたので、みなさまにはもうご迷惑をおかけしないものと思われます。

拘束衣を着せて引きずって帰りますので。

151 :名無しかましてよかですか?:01/10/25 07:10 ID:9Yq3Tr80
>>148
ハングル板とかの痛い連中じゃないのか(わ

152 ::01/10/25 07:56 ID:srZbyYnW
反サヨクンって、もったいないなー。板のスターになれたかも知れんのに(w

コヴァどもも
「お願いだからもう来ないで欲しい」と思っていることでしょう・・・。

153 :名無しかましてよかですか?:01/10/25 08:15 ID:EW+lZs4X
>>151
脊髄反射はみっともないよ(嗤

154 :名無しかましてよかですか?:01/10/25 11:24 ID:0xdI76jG
>>145
ぜんぜん読めていないな。
つまり「戦前=非民主的」「戦後=民主的」という定型に当てはめるやりかたでは、
憲法も必要に応じて手を加えるべき、という大原則を無視する日本人の気質は説明できないってこと。
「ダメなものはダメ」「9条否定は平和の敵だ」こういう主張がまかり通っていた事は知っているだろう。
いっておくが、改憲まで含めておおっぴらに議論できるようになったのは最近のことだぞ。
来栖弘臣統幕議長が、非常事態法がなければ自衛隊は超法規的に活動せざるを得ないと発言し、
その発言自体を問題視された事件くらい知っておろう。
1978年の事件だが、それから20年以上も経っているのにいまだに非常事態法すら作られていないではないか。

旧軍の失敗を分析するだけでは当時、なぜあのような国家戦略が立てられたのか説明できない。
旧軍の失敗をあげれば説明できたと考える浅はかさが問題なのだよ。
軍は国家に飼われた番犬のようなもので、躾が悪ければ飼い主にすら噛み付く。
いかにうまく躾るか、どう使うか、そこまで含めた国家システムの問題点まで議論をすべきはずだろう。
支那事変の問題点は、関東軍が独断で活動したことではなく、政府がそれを止められなかったことが問題なのだ。
本来は政府の決断無しで軍が勝手に動くわけないのだ。
軍が勝手に動くことになった原因は何か、シビリアンコントロールの不在はなぜおこったか。
根本はそこに行き着くはずではないか。

155 :名無しかましてよかですか?:01/10/25 11:31 ID:0xdI76jG
>>154
おおっと間違い。
支那事変<満州事変
来栖事件に関してはちょっとアクロバティックな論法だが、
必要なことなのに手をつけないという日本人の気質が表れている典型例としてあげた。

156 :名無しかましてよかですか?:01/10/26 00:35 ID:bMFhI9oR
反サヨ=中道主義者
屁理屈の立て方とかそっくり

157 : :01/10/26 01:19 ID:e2aq9Z8e
 

158 :茶々:01/10/26 01:31 ID:xhUaontH
産経はこんなこと書いてるが、小林はいいのか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
平成 13年 (2001) 10月19日[金] 大安

 折から日本は新聞週間だが、米国ではブッシュ批判をした新聞コラム
ニストが読者の抗議で解雇されたり、こんな発言をしたテレビ司会者が
謝罪に追いこまれたりしたそうだ。「遠くからミサイルを撃ちこむ米国
の方がテロリストより憶病である」…。
 ▼それに対し、「評論する自由を守れ」という立場から、解雇や謝罪
させた側に対する批判や反論が起きているという。これはすこぶる興味
ぶかい問題だろう。日本のメディアを含めて、テロリズムと戦う米国に
ついて批判や苦情があれば大いに論ずればいい。論議する自由はある。
 ▼しかしどんな立場から論じてもいいかとなると、考えなければなら
ぬ問題がある。ジャーナリズムは本来、中立や公正をむねとするもの
だが、その立場のバランスは「足して二で割る」や「どっちもどっち」
という単純な視点で保たれるものではない。
 ▼こんどのテロとの戦いが「文明」と「暴力」との対立であるとすれ
ば、その中間に立って双方を冷笑するような論評はおかしい。バランス
のとれた見方とは決していえない。ジャーナリズムは断固として「文明」
の立場に立って発言すべきなのである。
 ▼日本の側から米国を批判することも自由だが、それはあくまで同盟
国の仲間としての苦言であり、忠告でなければならない。斜に構えた
シニシズム(冷笑主義)で米国をおちょくるような姿勢ではなく、米国
自身が「よく批判してくれた」と感謝する批判であるべきだろう。
 ▼タリバン政権が自己宣伝のために外国メディアを入れたように、
情報操作は双方入り乱れて行われている。そんななか“反米デモ”
を意図的に拡大したり、米軍行動を“報復攻撃”などと表現したり
することも公正を欠く報道なのだ。

159 :名無しかましてよかですか?:01/10/26 12:10 ID:FCSLovYe
ジャーナリズムを支えるもの自体が文明であり民主主義なんだから、
産経新聞がテロの側に立たないのは当たり前だと思うよ。
小林がどう書こうが、ジャーナリストの立場はこうでなければならないはず。

160 :名無しかましてよかですか?:01/10/26 12:24 ID:oZvC0nri
たしか〜に。
ジャーナリズムはそもそも民主主義の産物だからな。
いくら反体制の姿勢をとっているジャーナリズムがあっても、
民主主義それ自体に対しては反体制の姿勢を示さない。
朝日なんかまさにそうだな。

161 :名無しかましてよかですか?:01/10/26 13:07 ID:FCSLovYe
>>160
朝日新聞の不幸は体制批判と親中、親朝が渾然一体となっているところ。
現実の政治は民主主義を標榜しながらどうしても妥協をせねばならないわけで、
民主主義の理想に立ってもの申すというなら体制批判としてそれなりの価値をもつはずなんだが、
往々にして中国や朝鮮の立場に立ってものをいってしまうところ。
この2国がジャーナリズムからすれば最悪の2国であることは自明なんだが、
体制批判をするつもりでジャーナリズムの地獄に飛び込むようなことをしてしまう。

162 :名無しさん:01/10/26 14:30 ID:L8sOZF5o
自殺攻撃よりミサイル攻撃のほうが臆病だって?んなアフォな

163 :反サヨ:01/10/26 18:15 ID:Qcmzg81p
>>149
>「やわらかな決定論」くらいは当然知ってるよね?
>あれについてはどう思うね?
なんだそりゃ。知らないよ。
まぁおそらく、
人間は行動を選択できるから不確定要素はある
っていう屁理屈だと思うけど、
その人間の選択も結局は決まってることだろう。

>君はまさか、脳内とデムパだけでひらめいた、まぶしい思いつきを、こんなところで披露しているわけじゃないよね。そんな恥ずかしいことはしないよね? ん?
>問題を突き詰めて考えて、他の人々の考えと比較した上で、ヤパーリ「これが正しい」と信じるに至ったものなんだよね? その、君の言う、痔婁ってのは。

当然、俺がこういう考えをし、2chにカキコをしたりなどの行動はすべて決まっていた。
遺伝子、環境、場所、親兄弟などの影響によってすべて俺の行動が決まっている。
あなたがたの行動もすべてきまっている。

164 :名無しかましてよかですか?:01/10/26 19:22 ID:G3jPiIzi
すなわち俺は決定論的に>>163をばかにしなければならない。ばーかばーか。

165 :名無しかましてよかですか?:01/10/26 19:23 ID:YQ1u0kv/
>>163
うーむ、そう考えるのは君の勝手だが
あらゆる行動が事前に決まっていることを
他者への説得に使いたいのなら、
実際に事前にあらゆる未来の行動を示せなくちゃいけないな。

こう書くと「決まっているけど俺は知らない」とか言い出しそうだけど
それじゃ何も意味がない。ただの妄想だよ。

俺は反アンチだから
キミとスタンスは似てるけど、いくらなんでも
キミの論理は穴があり過ぎだと思うよ。
精進しよう。

166 :名無しかましてよかですか?:01/10/26 19:24 ID:+tuUdQB2
反アンチなんているのか。この板も末期症状だな。

167 :名無しかましてよかですか?:01/10/26 19:27 ID:YQ1u0kv/
>>166
だってアンチって「小林を叩くこと」が目的なんだもの。
議論する気ないでしょ。

むしろ擁護派の方がハッキリと「この部分はダメ!」っていうのを
明確に指摘してるし。

168 :反サヨ:01/10/26 19:59 ID:Qcmzg81p
論証するまでもない。
現に、世の中では起きる事象は必ずひとつだけだ。
複数の事象が同時に起きるなんてことはありえないというわけで、
ひとつの事象しか起きないということは結局はそのひとつだけの事象が起きることが決まっていると言ってもいいわけだ。

選択肢が起きるごとに地球(宇宙)が分裂しているなんて説もあるが、
この場合は複数の事象が同時に起こってるとは言えるね。

169 :名無しかましてよかですか?:01/10/26 20:02 ID:YQ1u0kv/
>>168
あえてキミの妄想に付き合うなら
パラレルワールドとして同時に起きてるかもね。

170 :名無しかましてよかですか?:01/10/26 20:06 ID:G3jPiIzi
>>168は正しいぞ。俺は彼をばかにする以外の事象を持ち得ない。ばーかばーか。

171 :名無しかましてよかですか?:01/10/26 20:06 ID:80LmdjuS
すべての行動が決まっていたとして、だからなんなんだ?
それは唯今までの歴史に「すべては決まっていた」という接頭語をつけただけで、
結局のところ何もいっていないに等しいじゃないか。
我々は全ての行動が決まっているとしても、悩み苦しんで、未来に立ち向かうことに変わりはない。

過去の経緯が全て「最善の策」であるから責任を追及すべきでない、って考えもあほらしいわ。
反サヨの考えで行けば、責任を追及することが「最善の策」なんじゃないか。

反サヨは、馬鹿。ってか馬鹿すぎてムカツク。

172 :名無しかましてよかですか?:01/10/26 20:07 ID:UyMfLSWc
正直言って、ゴー宣にはもううんざり。

173 :反サヨ:01/10/26 20:10 ID:Qcmzg81p
俺のは自論でありゼロから考えた。
だがお前らは教科書通りに考えてるだけ。
そこが俺とおまえらとのアタマの違いさ。

これは小林氏の教えに通ずるものがあり、
小林氏は「自分のアタマで考えろ」と言っている。
ナンキンダイギャクサツがどうだとか
著作権問題がどーとかそれ以前の問題で、
サヨクは態度やその人間性、方向性がすでにダメなわけで、
たとえ俺がアンチ小林で、サヨクが小林ファンであったとしても
サヨクはおかしいわけだ。
サヨクの主張がおかしいとかじゃなくて、サヨク自体がおかしい。

174 :曹隗弥 ◆xUtBdTUw :01/10/26 20:12 ID:E7UBLVFl
>>172
だったら読まなきゃいいのに。

175 :名無しかましてよかですか?:01/10/26 20:17 ID:80LmdjuS
>>174
「自分のアタマで考える」ことと「ひとりよがり」は違うのだよ、馬鹿。

176 :175:01/10/26 20:21 ID:80LmdjuS
>>173
お前が小林の考えと通ずる、と勝手に考えるのはいいが、
小林はお前のような奴の考えと一緒にされるのを拒むだろう。

いいから、自分の頭で考えるまえに、勉強しろ。

177 :反サヨ:01/10/26 20:21 ID:Qcmzg81p
>>171
そのとおり。
各人がエゴをだし、それぞれの最善策を考える・・・
その過程で過去の責任の追及や議論や争いが生まれるわけで、
そのエゴのぶつかり合いがあったからこそ人間や生物は進化してきたとも言える。
競争は進化を生む。

178 :名無しかましてよかですか?:01/10/26 20:25 ID:G3jPiIzi
もしや君はいろんな文脈のかっこいいとこだけ切りとってるだけなのでぃわ。

179 :165:01/10/26 20:26 ID:YQ1u0kv/
>>177
きみの方に議論の余地がないじゃん・・・。
特に>>173
>サヨクの主張がおかしいとかじゃなくて、サヨク自体がおかしい。
これ、アンチが「サヨク→コヴァ」に当てはめなおして
よく使ってる手だろ?
同じレベルまで落ちてどーする。

180 :175:01/10/26 20:32 ID:80LmdjuS
反サヨ。アホだな。ほんとアホだな。
すべて「最善の策」だったんだから軍部の責任は追及すべきではない、
といったのはお前じゃないか。
だからいっただろう、勉強しろって。

反サヨはコヴァでもなんでもない。
デンパだ。しかもかなりたちわるい。

181 :どうでもいいけど:01/10/26 20:37 ID:3XrIs7Rf
>俺のは自論でありゼロから考えた。
>だがお前らは教科書通りに考えてるだけ。
>そこが俺とおまえらとのアタマの違いさ。


・・・ネタで言ってるのかもしれんけど、マジレスするな。

ゼロから導き出された、結論などあり得ないよ。


アインシュタインでも、原始時代に生まれたら「相対性理論」を考え出すことは不可能。

そもそも、人間の自我は外界からの影響無しに、成り立ち得ない。


それと、キミの考えてることなんて、五千年以上前から考えられてたよ。

182 :小林よしのり(義徳):01/10/26 20:38 ID:DTBHNTSl
反サヨ君、君は高校生か?まさか大学生じゃないだろな?イヤー、本当に
ひどいなー、教える者の一人として、何か手はないんだろか?いやひどい。
これも小林の影響なんだろな、やはり・・・。自分の頭で「考える」という
能力に欠けすぎだわ、ほんま。

183 :名無しかましてよかですか?:01/10/26 20:43 ID:G3jPiIzi
なんかリアル右Q正伝みたいでちょと感動(笑
>>180に同意。くれぐれも彼をウヨなりコヴァなりのステレオタイプとしないこと。

184 :名無しかましてよかですか?:01/10/26 23:21 ID:pkUHZqWT
>反サヨ

「ラプラスの魔」「量子力学」って言葉知ってるか?

185 ::01/10/26 23:34 ID:7CXuQj++
初めは反サヨは、ニーチェの安っぽい受け売りをしていたのかと思っていたが、
「自分の頭で」考えていたようだな。

……感動……

186 :地球人:01/10/26 23:42 ID:tnUnaIp9
>反サヨ
カオス理論も知らないんだろうなあ。

187 :名無しかましてよかですか?:01/10/27 00:08 ID:nzSGaHUN
ここは悲惨な反サヨのいるスレですか?

188 :名無しかましてよかですか?:01/10/28 01:11 ID:n6kGKuMJ
>>186
「知っている」と「理解している」は別モノだからね、一応言っておくけど。
スレに関係ないのでsage。

189 :名無しかましてよかですか?:01/12/01 00:26 ID:SXNrVTR9
    _____
  /____)
 / /´ (_  _)ヽ
|| -○-○-|
|(6    ゝ  |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| ヽ   θ  ノ < わしの博多弁、実はかなりあやしいんよ。
 ヽ|\_/  \_________________

190 : :01/12/01 17:43 ID:YY7XHpNZ
反サヨ大先生の返答待ちage

191 :反サヨ:01/12/01 20:38 ID:am9BtSBH
ははは。笑わせてくれるよ

>>185
>初めは反サヨは、ニーチェの安っぽい受け売りをしていたのかと思っていたが、
>>186
>カオス理論も知らないんだろうなあ。

教科書読んでわかった気になってるだけ。
俺は教科書なんてまったく読んでない。

192 :名無しかましてよかですか?:01/12/01 20:51 ID:PYaH8nhv
>>191
で、君の理解度は、教科書読んで分かった気になってる人間のはるか下、と(藁

193 :u:01/12/02 01:13 ID:37AI9u14
 人間様をつかまえて,「何これ?」などとほざく馬鹿女は、その場で刺し殺されても文句は言えない。
 こういう馬鹿女は,そういういつ殺されても仕方のないことを何度も言ってきたのに、きちんと処罰を受けてこなかったのだろう。
 こういう糞女は絶対にエリートにはなれないし,社長も無理だ。
 どのような殺され方にしても,長生きはできない。

194 :名無しかましてよかですか?:01/12/03 09:41 ID:tMVa15Zj
>教科書読んでわかった気になってるだけ。
>俺は教科書なんてまったく読んでない。

マジに,こういう人間を(意図したかはともかく)つくりだしたコヴァやしの罪は重いと思うよ.

195 :名無しかましてよかですか?:01/12/03 18:57 ID:KF26AVMM
ゴーセンがんばれ!
少し 疲れてるだけだよな

そうだよな!

俺はまだ期待してるぞ

196 :SEXY HERO REVOLUTION:01/12/09 13:48 ID:ArdiJp2W
よしりんはひとつの視点でしか物事を見る事ができないという事が最近のゴー宣
を見て分かった。なんか、最近のは人をけなす様(例・小泉総理の事)な事しか
ない。これでは左翼・右翼・よしりん派の「1回失敗したら即交代」と言ってい
る人と同じだ。こんな無責任で有力な知識人がいるから熱意に溢れる総理が現れ
ないんだ。こんな状況で誰が総理になっても同じだ。総理が可哀想だ。かといっ
て、総理の構造改革が正しいというわけではないが。

197 : :01/12/09 16:07 ID:ABvgCmwZ
正直、行き詰まってる
あとはごまかしごまかしで行くだけだろう

198 ::01/12/09 19:59 ID:N/oCOmiZ
韓国論をぜひ望む!売れるだろーし。

199 :名無しかましてよかですか?:01/12/10 00:32 ID:2NLshF+h
昔のコヴァは、言ってることにまだ筋が通ってたけど、
最近、(゚д゚)ハァ?と思う論拠多すぎ。

真面目に読んでる読者が離れていくんじゃ………。
ゴーマンかますのも結構だけど、もっと精彩にかましてくれ。

72 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)