5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

よしのりの経済論ダメすぎ

1 :名無しかましてよかですか?:01/10/15 18:05 ID:UBY/Lw4b
政治や歴史はひとつの見方として読めるが
経済に関してはもう痛すぎる。
「民活」否定してソ連みたいに滅亡する気か?
ホントにただのブァカだったんだな。

2 :名無しかましてよかですか?:01/10/15 18:08 ID:JmUsvCwG
君よりまし

3 :名無しかましてよかですか?:01/10/15 18:13 ID:UBY/Lw4b
あれのどこがマシなんだ?

4 :名無しかましてよかですか?:01/10/15 18:22 ID:iyMe2JVk
右:小林よしのり
左:佐高 信

経済も経営も分からないくせに、
思いこみだけで何でも批判する。
言ってることは低レベルで共通してる。

5 :トンデモ本:01/10/15 18:23 ID:jza9vfkf
何をいまさら。

6 :名無しかましてよかですか?:01/10/15 20:25 ID:cwXdpFgk
分かり切ったことで駄スレ立てるな

−−−−−−−−−−終了−−−−−−−−−−

7 :名無しかましてよかですか?:01/10/15 23:07 ID:6YG/jqy0
「IT革命は幻想だった」だもんね。

8 :ぷり:01/10/15 23:13 ID:UN8y/IZR
零細企業の経営者であっても、商売が上手くいっているうちは
あんなことを云うのものだが、傾きだせば役人の酷さに気付く
ものだよ。

9 :Revolution21:01/10/16 01:18 ID:O0jN/Eze
経済論というより精神論だもの。

10 :名無しかましてよかですか?:01/10/16 02:33 ID:79lcGRmq
小林の師匠、西部邁は元全学連幹部のアカ。
小林も昔はアカ。
結局、アカ抜けて無いんでしょう。

11 :名無しかましてよかですか?:01/10/16 03:31 ID:uZRI8VRl
>>10
ダメすぎ

12 :名無しかましてよかですか?:01/10/16 05:15 ID:hYoFmZok
でも、アメリカ式グローバリズムを否定するのは理解できるよ。
日本に対しても経済テロやってるからなぁ〜。

13 :名無しかましてよかですか?:01/10/16 08:32 ID:eGtlAtR1
(民間なのに)関空がなんで赤字なんだ?って・・・
あれ、笑うところなんですか。
自分の馬鹿をさらけだしているとしか見えませんが。

14 :名無しかましてよかですか?:01/10/16 10:02 ID:Yeda+Zwj
関空について。昔の週刊ダイヤモンドには、中国から埋め立て用の
土砂を格安でいらんかね? の売り込みがあった。ところが住宅を建てる
べく山を切り崩した土砂の有効活用と、その土砂がまた結構な値段だった。
さらに予想外の地盤沈下とかもろもろ。
そうした経費が、航空会社の着陸料/施設使用料に、お客へは施設使用料が
成田が2040円なのに、関空が2650円。収益が出ないので、減便や
撤退が相次いでいます。

15 :エノキ:01/10/16 12:37 ID:ai4ttPNh
 左翼左翼と皆はいうが、どちらかと
いうと亀井静香じゃないのか。

16 :シメジ:01/10/16 12:44 ID:W9YY8M9U
>15
そうそう、鈴木宗男とか橋本派等にウジャウジャいる族議員と
小林善範は同じ穴のムジナだ。
これまでの失政を批判する資格無し。

17 :名無しかましてよかですか?:01/10/16 13:23 ID:PKT92eA2
地元選挙区の人間すら
そろそろ亀井静香のやりかたじゃだめだと気づいているんだけどなあ。

18 :名無しかましてよかですか?:01/10/16 15:25 ID:QQKJVa/J
>17
んじゃ、どんなやり方がええの?

19 :名無しかましてよかですか?:01/10/16 16:03 ID:0SEYymCu
http://www.nt.sakura.ne.jp/~rose/

20 :ドンコサ:01/10/16 17:48 ID:0dLe8/df
オレも関空のコマにはがっくり来た。
ちゃんと下調べした上でのネタボケなのかも知れんけど。
もう次回を読む気がしない。

ちなみに関空の初代社長は、その前に運輸政務次官だった人で、
工事業者と癒着して逮捕され、社長を辞任した。
もろ、公社や公団と同じ体質じゃん。

21 :石原新太郎:01/10/16 18:21 ID:q2SF/07Y
よしりんの言うことは正しいと思うよ。

俺は、個人的には小泉さんのやろうとしていることは、戦前の浜口内閣の
金解禁のように、日本の経済失速や平成恐慌を招くことになると思う。

よしりんが言うように、自由競争すればいいってもんじゃない。
外資の巨大資本に食われるだけでしょ、このままでは。
新生銀行のようにね。そのへんのことを骨身にしみてわかってる、
橋竜が理解されず、総裁選で負けたんだけどね。

22 :石原新太郎:01/10/16 18:26 ID:q2SF/07Y
だからといって、学級崩壊の小学生、中学生世代が大人になったときに、
優秀な労働力の確保さえ難しくなるだろうから、どっちにしろ、日本が
衰えるのは間違いないんだろうけどね。

どうせなら、これまでのように何もしない方がまだましだとさえ、思うよ。
高熱を出して寝ている患者を無理やり起こして手術するようなものだよ。

結局、弱者の構造改革のみ進んで、お役人(キャリア組)の天下になるのは、
戦前の状況(将校クラスが膨大に増えすぎたこと)と変わらないじゃないの。

23 :石原新太郎:01/10/16 18:32 ID:q2SF/07Y
今の時代の一番の不幸は、役人のキャリア組が共産党指導者層のように、頑強に
権力を離さないことなんだよね。

明治維新で武士階級が自分を捨てて、国のために、、、てのは、もう
期待できないね。

結局、国民の8割が負け組、街にはホームレスがあふれる、
という状況になると。よしりんのいうとおりじゃないか。

24 :名無しかましてよかですか?:01/10/16 18:41 ID:3ChU5OSD
宮崎学の言うとおりでもある。
ただ>>21-23のような議論には不満がある。どこかというと8割が負け組みに
なるということに対して何の説明も無いところ。これはよしのりも同じ。
楽観ばかり言われるより、悲観を言われるほうがましということもあるけど、
そうじゃないという議論もある。(活力の問題ね)

25 :ドンコサ:01/10/16 18:50 ID:0dLe8/df
>>23
キャリア組を利権から引き離すのが構造改革だと理解してるんだけど。
関空の犯罪も株式会社だったからこそ明らかになって処罰されたんだろ?
弱肉強食、野生の王国資本主義にはオレも反対だけど、
それとこれとは、少し話が違わないか。

26 :名無しかましてよかですか?:01/10/16 18:51 ID:jAtrxMmf
経済板に行ってみたけどわけわかんねえ。
あの板寒いモナ〜

27 :宮台ばつ壱:01/10/16 18:52 ID:TVPPJl9h
権力や金は巡り物であるという認識が足りんのだよ。
現代人は。
権力や金というアイデンティティーを国民(国家)というアイデンティティー
に代えるための価値観が喪失してるから自分を捨てられないんじゃないかな。

権力や金が支えになってる人生って長い目で見てしんどいと思われ。
本来手段としての金や権力が、公的な共同体(国家や家族)に帰着
せず、「私」で停滞している現状こそが現代社会の閉塞感の病原だと思われる。

やっぱ李登輝でも呼ぶか。ー>>23

28 :名無しかましてよかですか?:01/10/16 19:04 ID:IzImwGHb
呼ばなくていい

29 :宮台ばつ壱:01/10/16 19:06 ID:5D22ANVK
そうか(苦笑)

30 :名無しかましてよかですか?:01/10/16 19:07 ID:DvLQQS2X
7人経済学者がいれば、8つの経済政策が出てくる。

ってチャーチルが言ってたとどっかの新聞の社説に書いてありましたー

31 :名無しかましてよかですか?:01/10/16 19:27 ID:IzImwGHb
けっきょくさあ、小林は小泉が靖国に参拝してれば、あんなこと
言わなかったんだよ。むしろ官僚や公共事業を批判してたって。
「公」の精神が欠けているとかなんとか言ってさ。

で、外国の飛行場のサービスを「はるかに「公」の精神が行き届いている」
とか言ってほめてるって。

32 :名無しかましてよかですか?:01/10/16 20:22 ID:PKT92eA2
首相は韓国で謝罪と解釈できる発言をしたから、
小林はますます抵抗勢力になるんだろうな。

33 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 01:26 ID:ZJJEPFGR
>>23
>よしりんが言うように、自由競争すればいいってもんじゃない。
>外資の巨大資本に食われるだけでしょ、このままでは。

だからなんなんだ?バブル時代は盛んに日本企業がアメリカ企業を
買収してましたけどね。自分がされる段になって食い物にされる?

外資系の企業ってのは既に日本には無数にありますよ。外資系と
いったってそこで働いて給料もらうのは殆ど日本人だぞ。

日本がここまで豊かになれたのは自由競争、貿易のお陰だという現実を見ずに
小林の言うことを鵜呑みにするから、こんな戯言が出てくるんだよ。

34 :石原新太郎:01/10/17 01:48 ID:fp0tlRH0
33は、アジアの通貨危機とかもう忘れたんでしょうな。

マハティール首相が、欧米の投機家を名指しで非難したことも知らないのかな。

ちなみにここまで日本が豊かになれたのは、日米安保と国内を保護する適度な障壁が
あったからですよ。

35 :石原新太郎:01/10/17 01:52 ID:fp0tlRH0
自由競争がすべて善ではないのだよ。利点も多いが、欠点も多い。

それとも、資本主義の初期の時代の「石川啄木の歌の、じっと手をみる」
大競争時代に戻りたいのかな。藁)

36 :石原新太郎:01/10/17 02:04 ID:fp0tlRH0
だんだん、小泉首相が浜口首相にだぶってみえてきた。

浜口が金解禁して昭和恐慌のきっかけを作ったように、小泉さんは、
中途半端な弱者切り捨て先行の構造改革をして、平成恐慌を早めに
引き起こしてしまうだろう、というのが俺の予感。

37 :石原新太郎:01/10/17 02:12 ID:fp0tlRH0
今日は常連の論客はいないのか。

38 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 02:15 ID:ZJJEPFGR
あのですね。アジアで通貨危機が起こったのは自由化が進んでなかったからですよ。当時アジア各国は通貨を実勢より高めに固定して外資を呼びこんでいた所、投機筋に突かれたらあっという間に馬脚を顕した。

しかし、通貨危機をより深刻にした真犯人は、外国投機筋ではなくてアジア諸国の国内の資本家達。彼らは実態を知っていたから、破綻が近いことを知っていた。
投機筋が少し突いただけで、我先にドル買いに殺到してあっという間に国の外貨準備を食い尽くしてしまった。でもこういう行動に出た連中は殆どが生き延びた。
非難すべきは国内の資本家なのにマハティールは何にも言ってない。彼自身がこういう連中から多くの献金を受けているからだ。

要するに問題があったのは投機筋ではなくてアジア各国の通貨政策の方、投機筋を非難してるのは政治家の失政の逃げ口上だよ。
その証拠に、通貨交換をまったく自由にしているフィリピンでは通貨危機なんか全然起きなかった。

39 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 02:15 ID:7fUlbLem
マハティールは,今度のアメリカの報復戦争も批判していて,一貫性
のあるところは立派だけどな。
石原慎太郎は,競争大好きだよな。新太郎とは違うのかもしんないけど(w)。

40 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 02:20 ID:RTZ9f19E
ライオン浜口内閣のときにも小泉って大臣がいたしね(w
小泉首相のおじいさんにあたるとか。

まあコヴァには逆立ちしたってテロなんか起こせないだろうけどね。

41 :石原新太郎:01/10/17 02:21 ID:fp0tlRH0
38さんの意見には賛成しかねるね。投機筋につかれたらあっという間に
というくだりが特にね。

フィリピンは今も経済絶好調なのか?? 

42 :石原新太郎:01/10/17 02:31 ID:fp0tlRH0
38さんは経済に詳しいのなら、毛唐が開発したヘッジファンドとかいう
「グローバルスタンダード」のことも説明してよ。

43 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 02:31 ID:ZJJEPFGR
>>41
通貨危機は起きてないっていったの。フィリピンは自然体の国で
いい時はいい、悪い時は悪いで割り切ってる。マハティールみたいに
無理に急いではいないってことだよ。

言いたい事は、マハティールの投機筋批判など、
自分の失政の逃げ口上だという事。

44 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 02:40 ID:ZJJEPFGR
>>42
ヘッジファンドが何でグローバルスタンダードなのよ。
彼らは、多少市場の将来に目端がきく単なる投機家だ。

なお、ヘッジファンド全体がいつも儲かってるなんて有り得ない話だぞ。
通貨危機当時の花形だった、ソロスだってロバートソンだって
現在は大損こいて投資から手を引いている。

彼らはフロンティアのパイオニアみたいなもんで、他の連中が彼らの
手法を真似し出したら、思うような利益は挙げられなくなった。昔の
西部のゴールドラッシュ時の山師みたいなもんだよ。

45 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 02:41 ID:3JY9ZLIy
>>41
あんた、経済専門外なんやろ?
だったら「こう思う」くらいでやめときや。
たまにいいこといっても専門の人から見たら
多分支離滅裂やろうに。
嘘か本当か医者らしいから(w)炭そ菌関係の話でもしてくれれば
ためになるちゅーのに。

46 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 02:41 ID:RTZ9f19E
>>45
経済専門外で断言するのは教祖の猿真似だからしかたがないよ(w

47 :石原新太郎:01/10/17 02:47 ID:fp0tlRH0
医者でも漫画家でも自由に発言できるのが、日本のいいところなんだろ?

アジアの通貨危機をもたらしたのは、欧米の巨大資本であり、ヘッジファンド
とかから調達した金を操る毛唐じゃないの、44さん?

48 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 03:01 ID:2Kkhm1w0
>>47
発言は自由やけど、最低限の礼儀を
知らない人間のいうこと誰が聞くちゅーねん。(w
どっかの教祖様とおんなじやね。
まあええわ、「どうせ医者つうのも嘘なんやろ」疑惑を
晴らすチャンスやったのにねぇ。(w

49 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 03:06 ID:ZJJEPFGR
>>47

アジアの通貨危機をもたらしたのは、固定相場制が原因。外資を呼び込んで、国内向けに商売をしてくれるような環境を
作ったのはアジア各国の為政者だよ。

政策を作った当時は、結構合理的な相場だったから、外国から投資が集まるのは
当たり前。ところがそれで景気がよくなり、楽観的な投資、特にアジアでは政治
や閨閥による投資が次第に横行し、利益率が急速に悪化した。

それでも外資を呼び込むために、当局は一切通貨切り下げなかった
のが通貨危機の根本的な原因だよ。経済が適正に評価されてる所に
為替投機なんか、いくら仕掛けても成功するわけがない。

そういう所に為替投機をするのは欧米の資本だけではない。
アジアだってアラブだって、どこの投機家でもやるよ。

50 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 03:07 ID:sLI99+jQ
経済競争でアメリカに勝てそうにないから、
政府の保護で生きてこうっての?
この国の経済を作り上げてきた経済人達が
あの世で情けなくって泣いちゃうよ。
今の農業みたいに保護してもらって生きるか。
それとも過去の日本人がしてきたように、
英知と才覚で世界経済の勝者となるか。

よしのりは保護策ね。

51 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 03:10 ID:RTZ9f19E
いや農業はある程度保護しないと。。
だからといって惰性でやられてもたまらんけど。

52 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 03:11 ID:ZJJEPFGR
>>47

それともうひとつ言えば。ヘッジファンドの主要な資金源は欧米の
銀行だけじゃないよ。日本の銀行や保険会社は、ヘッジファンドにとって
もっとも大きな資金源だ。

日本の金融機関は、ヘッジファンドのお陰で随分儲けたんですけどね。

53 :石原新太郎:01/10/17 03:12 ID:fp0tlRH0
適度な自由と適度な保護。これが国益を守る基礎でしょ。

なんでもかんでも自由がいいのなら、日本の資本主義の黎明期に戻ったら?
資本家以外は悲惨だがね。これを負け組8割(それ以上)っていうんじゃないのかな。

54 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 03:22 ID:ZJJEPFGR
>>53
>なんでもかんでも自由がいいのなら、日本の資本主義の黎明期に戻ったら?
>資本家以外は悲惨だがね。

だからその8割が負け組ってのが、プロレタリア文学の発想だっての。
資本主義の黎明期で顕著になったのは貧富の差だよ。実質GDPは明治以来
大半の期間を通じて成長していた。
つまり日本人は確実に豊かになっていってた。

自分らは確実に以前より豊かになってるのに、金持ちと比較するから
自分が貧しくなったように錯覚していただけだよ。

資本家以外悲惨ってなんだ?
明治以後、天保の大飢饉みたいな大量餓死者なんか一度もでてないよ。

55 :石原新太郎:01/10/17 03:24 ID:fp0tlRH0
54さんは東北の農村のことは知らんのかな。

柳田國男さんの「山の人生」でも明らかだと思うけど。
なんか、生活感がないね、54さん。

56 :石原新太郎:01/10/17 03:28 ID:fp0tlRH0
それに経済詳しいのなら、統計のトリックとかも当然知ってますよね、
54さん?

57 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 03:31 ID:ZJJEPFGR
東北の農村には日本の人口の8割を占めていたのか?
あなたのいってる8割の負け組は、昔の東北の農村
にダブるわけ?

俺に生活感がないか知らんけど、あんたの言ってることには
現実感がないぞ。

58 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 03:32 ID:RTZ9f19E
>>57
いわゆるひとつのイメージ戦略というやつです(w
感情論ともいうが。

59 :石原新太郎:01/10/17 03:37 ID:fp0tlRH0
54さん、頭いいかと思って感心してたら、統計学がちょっと不安ですが。

60 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 03:39 ID:ZJJEPFGR
何が言いたいのかよくわからん。

61 :石原新太郎:01/10/17 03:39 ID:fp0tlRH0
59は、54を読んでの感想ね。

62 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 03:39 ID:sLI99+jQ
明治以来、日本の経済は成長してるでしょ。
それが普通の生活感でしょ。
共産主義者だけがケチつけてるだけだよ。

それにしても、よしのりは日本経済を農業の
ように衰退させるのか?

63 :石原新太郎:01/10/17 03:41 ID:fp0tlRH0
62さん、よしりんは鎖国すべきだとかいってるか?

適度な自由と適度な保護が大事だと言ってるんだろ。日本語大丈夫??

64 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 03:42 ID:sLI99+jQ
だいたい、現代の自由経済体制を
100年以上前の経済と同じに
語るのが理解できんよ。
ちんたろうくん。

65 :石原新太郎:01/10/17 03:43 ID:fp0tlRH0
だいたい、自分の意見と違うものは共産主義っていいたがるんだよね、
旧社会党系は。

66 :石原新太郎:01/10/17 03:44 ID:fp0tlRH0
図星でしょ。すまんね、64さん。

67 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 03:44 ID:ZJJEPFGR
>適度な自由と適度な保護が大事

だからそれは外資の銀行買収を禁止しろってことか?

68 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 03:46 ID:RTZ9f19E
>>65
自分の意見と違うもの=サヨク
これ定説(w

69 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 03:48 ID:sLI99+jQ
よしのりは「民活」を否定してるんだよ。
まぁ、民活って表現もなんだかなぁ。
この時期に政府主導経済を主張する?
公共投資と保護貿易をしろってんだぞ。
バカの見本にたいなもんだろ。

70 :石原新太郎:01/10/17 03:50 ID:fp0tlRH0
69さん、よしりんは民活を否定してるんじゃなくて、疑問視してるんだろ。

今の日本に新しくて活力ある産業などおこりえない、というのは
ホントでしょ。インドネシアみたいにバイオ産業を強力に保護育成して
れば別だけどね。

71 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 03:53 ID:sLI99+jQ
公共事業と保護貿易で経済がよくなるか?
日本人の民間経済の底力を信じて、
規制や既得権を除いて環境整備するしか
政府のできることはないんだよ。
そんなことも分からんのかね。
ちんたろうくん。

72 :石原新太郎:01/10/17 03:54 ID:fp0tlRH0
小泉さんの構造改革は結局、弱者の切り捨てで終わり、力の弱いものから改革される。

国立大学があっという間に民営化されるけど、授業料が跳ね上がるようにね。

73 :石原新太郎:01/10/17 03:56 ID:fp0tlRH0
71さん、キャリア組の既得権は除けないままでしょ。だから弱者切り捨て
だっつうの。

74 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 03:56 ID:ZJJEPFGR
愛国者を気取ってるわりに
随分日本を悲観的に見るのね。

75 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 03:58 ID:sLI99+jQ
保護って言うが、何をどう保護してくのかは政治が決めるんだぞ。
つまり、政治力がある既得権産業が保護されるだけだ。
土建業とかね。
それが小林よしひろの経済政策だ。笑えるよ。

76 :石原新太郎:01/10/17 03:58 ID:fp0tlRH0
俺は多分勝ち組だからいいけど(藁)、国民の8割が負け組になって
治安が悪化したら困るのよ。庶民はこれまでどおり、適度に小金もちになって犯罪は
へってほしい。

77 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 04:01 ID:RTZ9f19E
>俺は多分勝ち組だからいいけど(藁)
激しくワラタ

78 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 04:02 ID:RTZ9f19E
新太郎くん、明日は午後出勤なの? いいねえ(w

79 :石原新太郎:01/10/17 04:04 ID:fp0tlRH0
今日も拘束で、明日は8時30分から仕事だよ。(涙)

収入以外は負け組やね。(しみじみ)

80 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 04:06 ID:ZJJEPFGR
気になってたんだけど、
勝ち組と負け組をどこで線引きするんだ?

81 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 04:10 ID:sLI99+jQ
これまでの日本経済を引っ張ってきたのは、
トヨタ、ホンダ、ソニーにような超優良企業だ。
それらが世界市場で外貨を稼ぎ、国内が
活性化してきたんだよ。
政府主導で経済が活性化したことなんて、
それこそ明治時代の話しでしょう。
今日では国益守らんこの国の政治家が何度も
日本経済に悪影響をあたえてるんだよ。
その政治に経済を任せようなんて基地外だ。
ビジネスマンなら誰でも知ってることなんだが、
部屋にこもってマンガ書いてると分からんのだな。

82 :石原新太郎:01/10/17 04:11 ID:fp0tlRH0
線引きは難しいね。精神的な要素も大きいからね。

少なくとも一億総中流意識は、すでに崩壊しつつあるのは同意してくれる?

83 :石原新太郎:01/10/17 04:14 ID:fp0tlRH0
81さんって戦前の軍人テロリストみたいでこわいね。

北一輝ファンですか??

84 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 04:15 ID:sLI99+jQ
負け組みが出来るからダメなんじゃなく、
日本に世界経済の勝ち組みを作らんと。
そういう考え方が大切だと思うよ。

85 :石原新太郎:01/10/17 04:18 ID:fp0tlRH0
日本の勝ち組は、どんどん中国に流れてって吸収されるから、
中国こそ21世紀の繁栄国家になるね。(皮肉)

86 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 04:19 ID:ZJJEPFGR
できたてのベンチャー企業を保護するってのならともかく
農業や大多数の土建屋を保護しても、勝ち組はできないな、絶対。

87 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 04:19 ID:sLI99+jQ
北一輝は嫌い。桜井幸子が好き。

88 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 04:20 ID:RTZ9f19E
土建屋保護して得るものってなに?

89 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 04:21 ID:sLI99+jQ
献金

90 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 04:22 ID:ZJJEPFGR
>>85
また意味不明なことを。
なんで勝ち組が中国に吸収されるんだ?

91 :石原新太郎:01/10/17 04:24 ID:fp0tlRH0
土建屋も農業もある程度保護して、次第に自立させる、という論理なら
わかるけど、金にならんものは切り捨てますじゃあねえ、生活感が
感じられないのよ。

みんなは勝ち組かもしれんが、土建屋がたくさん失業して、町にホームレス
があふれ、あんたの彼女や娘がレイプされたらいやだろ?

橋竜は総裁選にまけたが、マイルドに改革をすすめる,と言う案には
好感もてたけどね。ヒットラーなみの人気をほこる小泉さんには
かなわんかったな。(皮肉)

92 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 04:28 ID:RTZ9f19E
いまの産業割合って、土建屋や農業の方って多いんですかね(w

93 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 04:31 ID:ZJJEPFGR
>>91
だから現実感が感じられないっての。
農業も土建屋も政策目標は常に、
まさにあんたが言ってた事だろうに。

そうやって現在があるんだろ。

94 :石原新太郎:01/10/17 04:34 ID:fp0tlRH0
だから、受け皿とかを作った上で構造改革すればいいんじゃないの。

つぶれるところはつぶれろ、では、平成恐慌を早く幕開けさせるだけ。
今の日本にそんなに体力はない。

95 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 04:44 ID:sLI99+jQ
市場経済で倒産するのはね、小泉が潰すんでないの。
消費者が選択した結果で潰れるの。
経営ってのはね、そういうリスクを負っているから、逆に
自分の裁量で勝負できるの。
まともな経営者なら保護より、自立を望むよ。

96 :石原新太郎:01/10/17 04:48 ID:fp0tlRH0
95の考えは、消費者中心主義ね。それに偏る社会は長続きしないってのは、
大昔から言われてるでしょ。

97 :石原新太郎:01/10/17 04:53 ID:fp0tlRH0
それに、日本の中小企業がばたばたつぶれてみろ。
あっという間に経済大国から貧乏国に転落だよ。

98 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 04:58 ID:ZJJEPFGR
要するにあんたは、
日本が現状から緩やかに衰退していくことを
願っているのか?

99 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 05:00 ID:sLI99+jQ
例えば政府がマンガを保護してみましょう。
税金使っての保護策ですから、エロマンガや
過激なマンガは当然に審査で除外されます。
つまんないマンガでも補助金がでますから、
出版者はリスクを避けて採用します。
才能あるヤツは自分のチカラで評価を得たくて
保護産業なんかに行かないでしょう。
結局、マンガ市場全体が衰退して補助金だけが
増えていくのです。

マンガの保護はもう止めよう、と言えば
負け組みが可哀想ですか?

100 :石原新太郎:01/10/17 06:06 ID:fp0tlRH0
98さん、日本は少子高齢化と教育の失敗で、どうせ衰退するのはわかってるでしょ。
それならゆっくりの方がいいに決まってるね。

99さん、たとえが悪いし、そんなことは子供にでもわかる。
総論賛成、各論反対の現実にどう対応するかが問題でしょ。

101 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 09:46 ID:RB5RsIBY
少なくとも大手の土建屋は談合などで甘い汁を吸ってきたのでは?
今更保護しろといっても、そりゃ虫が良すぎるよ。

102 :エロリスト:01/10/17 09:49 ID:klMEIMzH
汁を、吸う?ハァハァ

103 :小林よしのり読者のひとり:01/10/17 22:44 ID:pgkPbP/d
なかなか盛況だね、このスレ。
石原新太郎さんが活躍のようだけれども、
ここで、反論したいのは、
1.小泉改革の対象になるのは、特殊法人であり、中小企業ではない。
2.特殊法人の赤字は、けた違いであり、もはや論外。
 例えば、最近電機業界各社が1〜2千億の赤字を出して、大問題になったが、
 特殊法人は、これらを合計したより大きい額(1〜2兆)を毎年借金しつづけ、
 しかも、その状態をあたりまえだと思っている。
 特殊法人の問題の方がけた違いに大きい。なぜこれを問題にしないのか?
3.IT投資で騒いでいたが、所詮、補正予算のレベル。たいした金額は政府は投入していない。
 本格的な投資は行なっておらず、国家の本予算は以前、公共事業に回っていた。
 本格的な投資を行なっていないのに、数千億程度の赤字でなぜITは駄目だと言えるのか?
4.何度も言ったが、民間には活力がある。私も民間の製造業に勤めている。
 そもそも、トヨタ・ソニー・日立といった、日本を支えてきた外貨を稼げる企業が、
 そんなに国家からの補助を受けていただろうか?
 多少はあったのかもしれないが、製造業は独力でやってきたのだし、
 これからもそうだろう。
 これらの企業はとっくに公共事業を見限り、海外進出しています。
5.よって、よしりんが製造業にぶら下がる、技術を持った中小企業を応援するのなら、
 構造改革で特殊法人がつぶれても影響はありません。

104 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 23:13 ID:KqcWVl3a
関西国際空港は世界一高い建設費で、
毎年世界一高い維持費がかかる。
それで着陸料も世界一。

空港行くのにたった一本しかない橋を
車で一回わたるのに2650円取られる。
当然着陸する機はどんどん減っている。

105 :小林よしのり読者のひとり:01/10/17 23:27 ID:pgkPbP/d
公共事業・特殊法人の失敗の原因は、計画段階にある。
また、大昔に立案された計画を、上の言いなりになり、
現状に合わせて見直すことのできない、現代人の無責任さにある。
公務員も民間も、無責任病という、同じ病気にかかっている。
特殊法人の場合は論外なレベルだが、民間とて多少ましかもしれないが同様。
一度、日本全体が厳しい状況に追い込まれ、
日本人全体が初心に返ったほうが良いのではないかとも思えてくる。

106 :宮台ばつ壱:01/10/17 23:31 ID:Iccsitt/
その初心は公共心じゃだめですか。

107 :宮台ばつ壱:01/10/17 23:31 ID:5AI95M5g
その初心は公共心じゃだめですか。

108 :宮台ばつ壱:01/10/17 23:32 ID:jky+lvdJ
その初心は公共心じゃだめですか。

109 :宮台ばつ壱:01/10/17 23:34 ID:jky+lvdJ
最悪>>107と108は撤回
こんなに公共心は要らない(笑)

110 :小林よしのり読者のひとり:01/10/17 23:43 ID:pgkPbP/d
くだらないレスはしたくないが、
初心とは、戦後に
「アメリカにこれ以上負けるか!」
と思った反骨心と思われる。
そして、それは現在も・・・

111 : :01/10/18 01:57 ID:gRF2m3qX
>よって、よしりんが製造業にぶら下がる、技術を持った中小企業を応援するのなら、
>構造改革で特殊法人がつぶれても影響はありません。

よしりんが応援するのは公共事業に依存する中小土建業です。

112 : :01/10/18 02:42 ID:U5r3mc/B
構造改革による不良債権処理反対って政策は
共産党と同じなのな

113 :名無しかましてよかですか?:01/10/18 02:58 ID:sr/oGsqY
話を折るようで悪いけど、やっぱりよしりんは
よしりんをストーカーしてた奴を殺して刑ム所逝った方が
よかったかな。

114 :名無しかましてよかですか?:01/10/18 03:02 ID:0t5qDYzy
>>110
 「アメリカにこれ以上負けるか!」はもちろんですが、それに加えて「もう
戦争は嫌だ」「もう貧乏は嫌だ」というのがあったんだと思います。
 つまり、これが会社集団主義になり、一国平和主義・対米追従主義になり、
経済成長至上主義になったのではないでしょうか。
 私は日本が経済的に持ち直すためには、ものつくりの精神を再び取り戻すこ
とが必要だと思います。しかし今、日本に作らなければならないものが余りない
ように思います。それでも、消費を喚起するようなモノを作るしかない。
 オムロンがネコ型ロボットを作りましたが、あれは生活に絶対必要なモノなの
でしょうか。それも、技術発展の享受といって喜ぶべきものなのでしょうか。
 私も、今こそ日本人は気概を持たねばならないとは思うのですが。
 『プロジェクトX』は好きな番組ですが、過去の栄光を切り売りしだした段階
で、その国の発展は終わったようにしか思えない。私はあれをみて、製造業に
いきたいと思っている人間なのですが。

115 :名無しかましてよかですか?:01/10/18 04:44 ID:inO8IWLd
株すらやったこともないよしりんが経済を語ってほしくはないね。
まるで共産主義的発想だったよ。
経済の根本となる核を全く理解していない。
構造改革をすればアメリカに金融資産を吸い取られるとか書いてたけど、今現在だって十二分に吸い取られてる現状を何もわかっていない。
株やってる人はわかってるだろうけど、金融市場ほど平等な世界はない。
この平等な世界で勝てばいいだけなのに、よしりんは何か勘違いを起こしたようだ。
というか、経済が何によって決まっているかを理解していない。
株式投資で成功した人のほとんどは「経済=心理学」と結論しているのに。

116 :名無しかましてよかですか?:01/10/18 04:47 ID:F0Yuzn6J
>>115
「経済=心理学」と結論しているのに

コバやんもそう言ってると思うけど?

117 :名無しかましてよかですか?:01/10/18 04:55 ID:inO8IWLd
>116
そうか。流すように読んだから・・・
鬱なので氏にます。

118 :小林よしのり読者のひとり:01/10/18 07:10 ID:XQo78+oi
既に、民間ではものすごい構造改革状態だ。
うちの会社では企業年金が確定拠出年金に変わる。
これの特徴は、国民年金が65歳からになるのに対応し、
60歳から受け取れる年金か、それ以前に受け取れる退職金かを選択できること。
前者を選んだ場合、会社を替わっても年金資産をそのまま移動できること。
また、年金資産の持ち方を個人に責任を持って選択させること。
つまり、年金の運用をを投資信託、株、債権、貯金等の中から選べと。
その辺の工場労働者に投資信託、株、債権の説明をしている状態だ。
やばすぎる。

119 :小林よしのり読者のひとり:01/10/18 07:18 ID:XQo78+oi
>>111
藁た。

120 :ドンコサ:01/10/18 11:50 ID:WGqyd+Cj
>>114
製造業に行きたいということは、まだ学生なんだな?
その年で、そこまでキチンと世の中を眺められるのか。
オジサンは感心したよ。
日本には確かに、ITとかバイオとかで社会を引っ張ってく企業は無い。
でも東京の三鷹光器とか四国の興亜産業とか、町工場に毛が生えた程度の
会社が専門分野で世界シェアの過半数を取ってる。
そんな工場が大都市の近郊にウジャウジャあるぞ。
日経の小さなベタ記事にしかならん発明が、二十年後のプロジェクトXの
ネタになるんだ。気合入れて勉強してくれ。

121 :ドンコサ:01/10/18 12:02 ID:WGqyd+Cj

興亜産業 勘違い。
日亜化学だ。"亜"しか合ってなかった。

122 :宮台ばつ壱:01/10/18 15:41 ID:LAgftutI
皆さんは日本の中小切捨て、大企業歓迎なのかね。

その大企業って気付いたら外資かもよ。

だって、これからの日本を担う企業は中小から台頭すべきだろ?
企業の平均寿命って1世紀もないんだぜ?今の大企業には
スケールメリットしかないんじゃ・・・。

123 :あなーきすと:01/10/18 15:48 ID:gkqpLgp4
>>122
日本は銀行から資本を借り入れする仕組みだから中小企業はなかなか台頭しにくい。

124 :宮台ばつ壱:01/10/18 16:04 ID:KNJVjRzh
>>123
もっと、金融機関がノウハウや人材に投資するシステムは
強化してもいいと思う。間接金融一辺倒は確かに限界。

125 :箸休め代わりに:01/10/18 16:49 ID:2RqnWLb0
ちょっとおききしたいんですけど
株と博打の違いってなんですか?
当方博打歴ながいのですがいまいちわかりません。
最近はこういうこというと笑われるみたいですが。
どなたかわかりやすく教えてくれませんか?
一応基本的な概念はおさえてはいます。

126 :名無しかましてよかですか?:01/10/18 17:50 ID:IzVNb4Lv
>>125
株は配当が付くけど、博打は付かない。

127 :名無しかましてよかですか?:01/10/18 18:35 ID:nVpdbMF0
>>125
利益率の差だろ。普通、株の利益率なんて数%の世界。
株で2倍儲けたらものすごいことだ。

博打は勝てば数十倍になる。

128 :名無しかましてよかですか?:01/10/18 18:39 ID:zAR2+ilG
>>127
\|/
/⌒ヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| ゜Θ゜)< そうでもないよ。
| ∵ つ \___________
| ∵ |
\_/

129 :名無しかましてよかですか?:01/10/18 19:44 ID:q0XXOEED
株を「買って売る投機対象」と見れば博打にしか見えんだろうが
そもそも株とはそういうものではない。

130 :宮台ばつ壱:01/10/18 19:53 ID:odGdRf2I
株は公益的な側面もあるよね。

ただ、アメリカみたいに個人投資家がある「ささやかな国」の国家予算なみの
資産を手にしてしまうってのは、どうなのかね。

そりゃ、1度握ってみたいとは思うけどさ国家予算。(w

131 :箸休め代わりに2:01/10/18 20:08 ID:zPo3xww1
聞いている立場でこういうこというのも
恐縮なのですが、>>129さんのいう
>そもそも株とはそういうものではない
じゃ、どういうものってことが聞きたいのです。
我侭で申し訳ありません。

132 :石原新太郎:01/10/18 20:39 ID:M9pbhDm6
小泉内閣の特殊法人の統廃合案は俺も大賛成。でも、ゼロ回答
がほとんどなのが現実。キャリア組はそこから目をそらさせようと、
弱者の構造改革(医療、福祉、国立大学の費用値上げ)をばんばん
すすめる。失業率はますます鰻登りになるだろう。

がっかりしたのは、小泉さんも石原のぶてる君も、自由競争マンセー
民営化マンセーの単細胞らしいこと。基本的に正しいが、世の中
そんな単純にはいかんのよ。そのへんがわかってないということで、
平成恐慌は、彼らのおかげで早めにくる、というのが俺の予想。

133 :宮台ばつ壱:01/10/18 20:42 ID:kZmJAwR7
あー株が買い安くなる。はー。

134 :石原新太郎:01/10/18 21:42 ID:M9pbhDm6
みんな、レークエンジェルとか初めてのアコムのCMみたく気軽にローン
組むなよ。国は内需拡大とかいって、消費をばんばん奨励してるけど、行き
着く先は、少し前のアメリカみたいに貯蓄率が下がって財政赤字が
進行し、設備投資もできなくなって、日本は経済的に沈没するよ。

135 :名無しかましてよかですか?:01/10/18 23:26 ID:br0skT5A
おいらは129じゃないけれど
131さんてほんとはわかってるんでしょ?

136 :名無しかましてよかですか?:01/10/19 00:37 ID:jYH2Pg5h
>>134
日本の財政赤字が巨額になったのは、貯蓄率が高いから。
貯蓄率が下がれば財政赤字減ります。

137 :石原新太郎:01/10/19 13:07 ID:l/VSMnMP
>>136

134さんの意見はアメリカ発の意見で、政府もそういってるみたいだけど、
なんかおかしくない? そりゃ、内需拡大はいいよ、でも貯蓄率が高いのが
悪いという意見はおかしい。貯蓄過小の欧米に比べて、日本は例外的に貯蓄率
が高く、アメリカの債権を買ったりしてたから、世界経済はバランスが取れて
たんだろ。

今の若者みてみろ。ローンのCMとか、貯蓄率が高いのが悪い、とかいう宣伝を
真に受けて、自分で稼いだ貯蓄はあまりないんじゃないか。親の財産を食いつぶした
段階で、日本は沈没するだろう。

138 :石原新太郎:01/10/19 13:08 ID:l/VSMnMP
ごめん。137の俺の文章の中の、134さんは「136さん」の間違いでした。
すまそ。

139 :石原新太郎:01/10/19 13:11 ID:l/VSMnMP
結局、アメリカは日本の貯金(1400兆円くらいかな)を狙ってるだけだと
思うけど、どうよ?

140 :名無しかましてよかですか?:01/10/19 15:14 ID:aI4IEs6B
>>139
日本の金融資産が日本国内で使われもせず滞留してたら
それこそ日本発の世界恐慌が起こるやん。

日本人が使わない(国内に有望な投資先がない)
ならアメリカにでも使ってもらうしかないだろ。

そうしないと日本は悲惨な目にあうよ。

141 :名無しかましてよかですか?:01/10/19 16:33 ID:lurdY4BI
デフレの時代だからこそ、貯蓄に大きな価値があるのにね。
成長インフレ期に借金が効率的だったようにね。
借金はもちろん銀行からの低利のだよ。
なんとかローンで借りて買い物するなんて最悪だ。

142 :名無しかましてよかですか?:01/10/19 16:39 ID:lurdY4BI
>>131
126と129さんのレスは詳しい説明が無くて
分かりにくいけど、すべてを答えてるんだよ。

143 :名無しかましてよかですか:01/10/19 16:46 ID:+MWckm4J
そもそも、思想家がまともに経済・経営を語ってるのなんて見たこと無い。
奴ら、出発点が「思想的な」あるべき論だからな・・・
そんなんじゃあ儲からんのや。徹底したリアリストにならんと儲からんのや。

144 :名無しかましてよかですか?:01/10/19 17:16 ID:aI4IEs6B
>>141
ローンで高い金利払ってる人は、この運用難の日本で
一生懸命資金運用に協力してる愛国的な人ではないか。

なんで誉めないんだ?
彼らがいるから幾分でも外国に資金が流れるのが
抑制されてるんだろうに。

オケラのコヴァよりよほど社会の役に立っておる。
自己破産しない限りはだが。(藁

145 :名無しかましてよかですか?:01/10/19 17:20 ID:47Fbso5B
>>143
ありゃ。
経済論て「儲け方の論」なの?How To本?
シラナカタ(藁

146 :名無しかましてよかですか?:01/10/19 17:28 ID:aI4IEs6B
>>145
141が経済論からいきなり、儲け方論に跳躍したから
お付き合いしたの。おわかり?

147 :宮台ばつ壱:01/10/19 17:34 ID:5Zj28wC8
>>143
経営コンサルタント(元も含めて)とかも結構あやしいこといってるぞ

こいつの経済、経営論、的中率90ぱー以上ってのいたら、教えてくれ(w)

148 :名無しかましてよかですか?:01/10/19 21:35 ID:Mjn+I4W1
>>1
激しく同意。

149 :名無しかましてよかですか?:01/10/19 22:29 ID:FPK+inj0
中曽根総理の頃じゃあるまいし、いまどき「民活」
なんて言葉、ホントひさしぶりだ。
しかも、みんな公共事業でつくった借金をどうしよう
って悩んでるのに政府主導だと。
気鋭の経済学者が大臣やってる時代だぞ。
イカレタノカ?よしりーん。

平蔵ちゃんも泣いちゃうよーん、よしりん。

150 : :01/10/20 15:57 ID:SCznOVGm
>149
>イカレタノカ?よしりーん。
いまごろ気が付いたのか?

151 :名無しかましてよかですか?:01/10/20 17:26 ID:UohFc6b+
平蔵ってもともと学者じゃねーじゃなかったか?

152 :名無しかましてよかですか?:01/10/20 18:36 ID:7qbhLDG7
平蔵=モナー

153 :名無しかましてよかですか?:01/10/20 19:06 ID:zYSe8uSO
よしのりの主張は国家社会主義とソックリではないのか?

サヨクを憎悪する所なんかそっくりだ

154 :名無しかましてよかですか?:01/10/20 22:52 ID:36IZAlPW
平成不況というか平蔵不況

155 :名無しかましてよかですか?:01/10/21 01:12 ID:+RWllgL/
現在の景気対策としては消費が足りない→消費推進(含む公共投資)
何か買える物を作らせなければならない→規制緩和&低金利
デフレで価格調整が上手く効かない(特に賃金)→インフレ誘導(一応消費誘導も含む)
これがシンプルな現在の経済政策だと思います。
>137
貯蓄過大な状況なんだから消費が増えないとまずい。
なんでも程度問題でしょう。

156 :名無しかましてよかですか?:01/10/21 01:17 ID:2fdv+An+
>>155

今は公共投資をしても、大きな消費の伸びは期待できない。
また、購買意欲をそそるものは、規制緩和や低金利とは
直接的に関係ない。

157 :名無しかましてよかですか?:01/10/21 01:22 ID:a+fwUVDy
平蔵って、日本茶の?学者?

158 :名無しかましてよかですか?:01/10/21 01:25 ID:AqSJH/K0
(1a)道路を造る。
(1b)それは車という商品の付加価値を高める。
 ↓
(2a)日本の未来図をしっかり描き、そのための公共投資を行う。
(2b)それは未来の日本人を養う商品の付加価値を高める。

159 :名無しかましてよかですか?:01/10/21 01:28 ID:+RWllgL/
>156
そうはいっても民間消費が伸びないから公共消費を増やさざるを得ないでしょう。
規制緩和は新規事業の促進って事で。低金利は投資の増加を図る側面もあるでしょう。
確かに直接関係有るかと言われるとつらいですが、
政策的にはこんなもんじゃないんですか?

160 :名無しかましてよかですか?:01/10/21 01:28 ID:2fdv+An+
>>158
そんな単純な話ではない。
これまで田舎に道路作ってきたが、何になった?
国の借金が増えて、土建屋がもうかっただけ。

161 :155=159:01/10/21 01:44 ID:+RWllgL/
田舎に道路作って土建屋が儲かった。
ま、高度成長期の地方優遇的なメカニズムの一つでしょう。
何せそうでもしないと労働力の極端な移動が起きていたでしょうし、
今までの地方への投資はそれなりの効果もあったと思います。
ただしこれも程度問題で、これ以上の投資が供給面で与える影響が
どの程度残されているかについては議論が必要でしょう。
分野にもよるところが大きいでしょうが。

別に国の借金が増えたって破綻するほどでない限りは
だいじょうぶでしょ?それが過大になって長期金利が上昇すれば
必然的に土建屋は淘汰されていくでしょう。
ちなみに158は私ではないです。考え方は多分近いと思いますが。

162 :名無しかましてよかですか?:01/10/21 01:50 ID:2fdv+An+
>>161
>別に国の借金が増えたって破綻するほどでない限りは
>だいじょうぶでしょ?それが過大になって長期金利が上昇すれば
>必然的に土建屋は淘汰されていくでしょう。

オイオイ、国の借金が600兆円という天文学的な数字になっているのにか?

163 :155=159:01/10/21 01:59 ID:+RWllgL/
>162
確かに現在の国債残高が小さいと言う気は毛頭ありません。
ただし、一部マスコミが狂ったように叫ぶように壊滅前夜と言うような
危機的状況でもないと思います。
それに残高がこれ以上明らかに増えていって日本経済の長期的な
展望が開けてこないなら、結局のところ長期金利が上昇して
非効率な土建屋さんは潰れてしまうと書いているでしょ?

164 :名無しかましてよかですか?:01/10/21 02:07 ID:2fdv+An+
>>163
一時間で18億円の利子がつく財政赤字をこのままほっといたら、
それこそおしまいになるのに、破産寸前でないなどとどうして言える
のか?

だいたい長期金利が上がるって何を根拠に言ってるんだ?

165 :155=159:01/10/21 02:44 ID:+RWllgL/
>164
別に財政赤字をほって置くという話をしたつもりはありません。
将来の改善を考えて行動すべきだと言いたかったんですね。
誤解を与えたなら謝ります。

ただ現在の国債残高が、確かに多いことは多いけど、
破綻するほど多いという反応をマーケットはまだしてませんよね。
実際日本の貯蓄残高とGDPを考えれば破綻どうこうというような
話は御伽噺だと思います。
この不況がさらに長期に続いて設備投資が資本減耗を下回るというような
状況まで行けばそりゃ大変ですが。

>だいたい長期金利が・・・
長期の国債価格が暴落したら長期金利は上昇するでしょ。
でもこれだって現在のデフレ下では怪しいって話ですね。

166 :小林よしのり読者のひとり:01/10/21 03:30 ID:BZY5c+fl
問題は公共事業に対する予算配分が変わらず、見直されないことにある。
財政赤字を出してまで公共事業を行なう必要は無いと思うが、
もっと、製造業に対する公共事業を増やせば、工場で働く人の雇用が創出されるだろう。
かって、製造業に対する、日本の未来を見据えた、巨大な公共事業があった。
核燃料サイクルである。
しかし、危険性から、国民はこれを否定し、製造業は巨大な牌を失った。
資源・エネルギーに対する公共事業を1つ放棄したのだから、
構造改革により、資源・エネルギーに対する代替の公共事業を増やすべきだろう。
ITの次にくるのは、環境事業である。特に、海外で環境プラント、クリーンエネルギープラントを作ること。
環境庁は非常に斬新な案をいくつも持っているのが、「地球環境工学ハンドブック」を読めば分かる。
無いのは予算だけだ。数兆もあれば、実現可能なプロジェクトはいくつもある。
製造業は、環境プラントの機器を製作する。
土建屋は無駄な道路工事はやめて、海外に放り出されてEPCやれ。

167 :ちょーがくりょー:01/10/21 07:18 ID:tYIAi97i
>土建屋は無駄な道路工事はやめて、海外に放り出されてEPCやれ。

田舎の貴重な現金収入なの。
農作業の片手間に工事するんだから、
田んぼや畑ごと移住しなきゃならない。
「満蒙開拓団」復活させなきゃだめだ。

168 :Y・K:01/10/21 07:22 ID:LjTMzw1T
うざいんだよ、経済オタクどもが。しっとするなっつーの!

169 :名無しかましてよかですか?:01/10/21 08:15 ID:XpqjVeE4
日本は都市部だけで成り立ってるわけじゃねーんだよ。
公共事業に依存しないと成り立たないような
産業構造にシフトさせたのはどこの誰だよ。
都市部限定の貧困な想像力で経済を語って欲しくはないよ。
とはいえ小林の言い分はまったく論外ですけどな。

170 :石原新太郎:01/10/21 09:28 ID:Uz6YSz97
俺はよしりんを支持するよ。

小泉内閣は、このままでは戦前の浜口内閣の金解禁のように、昭和恐慌(今では
平成恐慌)を早めに引き起こしてしまうと思う。

何でも正論を一気に進めようとすると無理がくる。政治には老獪さも必要。

171 :石原新太郎:01/10/21 09:32 ID:Uz6YSz97
では、具体的にはどうするか?

(1)政治家の構造改革:2世議員は、別の選挙区から出馬させる。
(2)キャリア組の構造改革:若手の給料を上げて、天下り特殊法人が
   なくても文句が出ないようにする。

(1)と(2)をきちんとやってから、弱者の構造改革(医療、教育、福祉)
をやってくれ。今は、キャリア組が特殊法人改革の声に逆切れして、
福祉改悪や国立大学の統廃合(授業料の大幅値上げ)ばかり画策してやがる。

もっと老獪に立ち回らないと、弱者の構造改革のみ進むことになる。

172 :m:01/10/21 09:34 ID:+1zD8WTu
よしりんも正論を一気に進めようとしてると思うけど。
あとよしりんを支持しても何もしてくれないので、支持するのは
民主党とか自由党とか社民党とかにしなさい。

173 :石原新太郎:01/10/21 09:42 ID:Uz6YSz97
民主党、自由党、社民党??

みんな駄目じゃん。(特に3つ目)やはり自民党だな。でももう少しうまくやらんとな。
それはよしりんも同じ意見だと思うが。

174 :石原新太郎:01/10/21 09:50 ID:Uz6YSz97
社民党の辻元は、たけしのテレビタックルで、浜コーと、警視庁出身の
元官僚からけちょんけちょんに論破されてたな。それが彼女の実力だよ。

175 :名無しかましてよかですか?:01/10/21 11:19 ID:n0NqC/pN
>>171
石原君よ。この案は経済論でもなんでもないぞ。

因みに特殊法人に勤めているのは、キャリアよりそれ以外
の人の方が遥かに多い。キャリアだけ救済する気か?

176 :石原新太郎:01/10/21 11:25 ID:Uz6YSz97
>>175

そうだよ。まず171の案をやってから経済改革やらないと始まらないよ、
という意味。

それに、キャリアの若手組を手なづける方が現実的なやり方だと思うけ
どね。田中真紀子とか、俺はこの板で外相就任直後から警告を鳴らしてたけど、
あんなやり方ではだめだよ。改革には官僚を味方につけないとね。

177 : :01/10/21 11:52 ID:V2h283/N
>>172
社民党・・・お前、なんとしてでも日本を地図から消滅させたい人なんだな。

178 :m:01/10/21 12:13 ID:+1zD8WTu
>177
共産党の方が良かったかなぁ。

179 :小林よしのり読者のひとり:01/10/21 19:04 ID:y39j7Th6
せっかく、166で構造改革後の公共投資について提案を出したのに、みんな興味ないんだね。
石原新太郎氏のように、構造改革に対しての不信感があるのは分かるが。
各省庁からのゼロ回答とかもあったし。
しかし、いま確かに、無駄なところを見直そうという動きになっているのだから、
足を引っ張るようなことはすべきではないと思う。応援するしかないだろう。
問題は、構造改革が終わったあとだ。
みんな、何を改善してほしいのか?どうすれば丸く収まるのか希望があるのだろうか?
私は、エンジニアの立場から、環境開発は今後不可欠な投資と考える。
国内の現状をみても、産業廃棄物を大企業が中小業者に処理を任せ、
中小業者はその辺に産業廃棄物を捨てたりして、国土を破壊する。
ここへ行政が介入し、必要な投資を行えば、産業廃棄物の処理プラントの開発で製造業は潤うし、
その地域の人々にも雇用が生まれるだろう。
国民からこのような意見がほとんど聞こえてこないのは、甘えているんだろうね。
みんなゴミ捨て場で働きたくなんかないんだろう。
道路工事のほうがましってか?
製造業としても泥臭い機械のメンテなんてやりたくないが、
なりふりかまってられないから受注がほしいよね。
政治家だけでなく、国民も未来を見据えた公共投資を声高に叫ばないと何も改善されないだろう。
(あ、よしりんの意見と似てきた。)

180 :155:01/10/21 20:21 ID:gLh1PS4d
>166
民主と自由と社民とじゃあ政策が全く違うじゃないの?
僕も自由党がいいなぁ。もしくは政界大再編後の保守政党。

>168
影響力が強い人だけにマスコミの馬鹿な煽りに乗せられて
利用されるのは勘弁して欲しいだけです。

>169
ふーん。未来永劫人に養ってもらって一人前の顔するんだ。
自立せい!!って怒られるよ、よしりんに。

>179
でもねぇ、先を見据えた公共投資の配分先なんかあれば
とっくに投資してるんだろうなというきもするねぇ。
環境系の投資って難しいのはリターンが普通みんなが
ただだって思ってるものしかないって事だよねぇ。
それの啓蒙も含めて教育投資は?

181 :小林よしのり読者のひとり:01/10/21 20:57 ID:Y5kb/bF4
>>180
166は俺だ。民主、自由、社民と言ったのは172。間違えないでくれ。
教育投資はほんとに必要だよ。
原子力だって、確かに危険だけれども1つの解だったんだよ。
原子力の機器は特殊使用ということで、必要以上の検査、書類の作成を行い、高い値段がつけられた。
これにぶら下がって、大勢の中小製造業も食っていけたんだよ。
しかし、ちょっと事故が続いただけで、マスコミ、世論、他の特殊法人まで、
よって鷹って潰しにかかった。そこで働いている人々の雇用なんて考えずに。
既に構造改革は行なわれていたんだよ。
この結果、製造業に対する公共事業はほとんど無くなり、
海外火力のような本当の自由競争でやらざるをえなくなった。
当初は赤字続きだったが、いま、ようやく採算の取れるレベルに達しつつある。
土建の連中も国内の受注が少なくなるからといって甘えていてはいけないだろう。
その分は他の公共投資により、雇用が創出できるはずだし。
というか、新たな公共投資先は、国民自ら意見を出すべきだ。
自ら改革を望んだ結果なのだから。

182 :小林よしのり読者のひとり:01/10/21 21:13 ID:Y5kb/bF4
特殊使用→特殊仕様の間違い。すまん。

183 :Revolution21:01/10/23 00:22 ID:vngLqp4T
コヴァの信頼は微塵も揺らいでいない(w

www2.realint.com/cgi-bin/tarticles.cgi?gomanbbs+6152

184 :小林よしのり読者のひとり:01/10/23 00:48 ID:nlIcCVUr
あっそ。
次回ゴー宣楽しみだね。
ねたが増えるから。

185 :名無しかましてよかですか?:01/10/23 03:36 ID:AMi+uBSC
>>183
別の場所から持ってくるのはルール違反なのは重々承知ながら……

> 超一流の風刺作家であることは認めますが、

笑わずにはおれない自分を否定できません(笑)。

186 :169:01/10/23 05:55 ID:wXsm/oSi
>180=155
>未来永劫人に養ってもらって一人前の顔するんだ
結局感情論なのね。
どんな正しそうに見える経済政策でも
産業構造を支えてる人達の現実から離れた主張は
単なる画餅だよ。
例えば、雇用の流動化ひとつとっても
都市部と地方では違った手当てが必要となるでしょ。
すこし考えればわかりそうなもんだけどな。
想像力が貧困つーより頭が(以下略
>自立せい!!って怒られるよ、よしりんに
奴に何言われても屁でもねえ(W

187 :名無しかましてよかですか?:01/10/23 09:51 ID:uBm8F/62
>>186
君は君で感情的

188 :名無しかましてよかですか?:01/10/23 11:14 ID:YYTYwKqH
っていうか、
>>180
>自立せい!!って怒られるよ、よしりんに。
は、感情的とかどうとかではなく、小林が上位自我です、と告白している
のが哀しい。

180が怒れよ、パパに怒って貰わないでさ。

189 :169:01/10/24 13:02 ID:bAjjgYCm
感情的じゃなく感情論ね。
自由経済っていいながら根っこは浪花節じゃ納得なんてできんってことです。
ドグマを持ってくる前に冷静な分析が必要でしょ。
>>186の後ろ3行は軽めの煽りなんで気にしないでほしいな(W

190 :155:01/10/24 22:40 ID:UyK7I8b5
久しぶりに来たら、なんとなく自分が感情的で
169サンが経済的みたいな感じになってるんで驚きました。
って言ってもレスほとんど伸びてませんが(藁

僕が言いたかったのは「生産性が低い地方部への現行の公共投資は
採算が合わないから結局の所福祉になっちゃってるんだよ。」って事です。
需要を埋めるための投資と、経済成長を促す投資が一致しなくないか、それじゃ?
って事になるかな。

で、あなたの反論の方がよっぽど感情的な浪花節だと思うのですけど。
それとも地方への投資の方が都市部への投資より効果的だという
実証研究かなにかあるんですか?
もちろん地方に良い企業がないとか、地方は死んでしまえとか
そういうことを言っている訳ではなく、程度問題としてですよ。

>188
精一杯の皮肉をコヴぁ版らしくやってみたのですが、
駄目だったようですね、すいません。
では、2ちゃんらしく

若いくせに他人に頼ったような話はすんな!
そんなに地方が好きならお前が起業でも何でもして
地方の特性生かして活性化させろや!
国の運営だってある程度は効率性が必要なんじゃ、ぼけ!!

191 :小林よしのり読者のひとり:01/10/25 00:07 ID:/RnpjXIZ
また、このスレ復活してきたね。
ところで、今回のゴー宣の4ページ後に、"ジパング力"という連載があり、
プルサーマル計画延期の話が載っている。
製造業にとっては、核燃料サイクルは、最大の公共投資である。
もんじゅのナトリウム漏洩事故(ほんとにたいしたことの無い事故)を境に、
民間の製造業に、公共事業の仕事はほとんどこなくなった。
まあ、その後のJCOの事故は論外なレベルだが。

原子力政策は公共事業の中では、もっともまともなほうだったと思うのだが。
日本国民は、自分で自分の首を絞めていないか?

192 :169:01/10/26 21:18 ID:X51M5qY4
>>190
煽りにも人格は反映される訳で・・・。
>そんなに地方が好きならお前が起業でも何でもして
・・・子供じゃん。(W
それはともかく、例えば地方の実情を知らない中央官庁によるトップダウンの地方行政と、
それに対する修正は政治家の口利きに頼らざる得ない構造のなかに
公共事業もはいる訳だけど、そういう構造を戦後60年かかって作っていく過程で
地方の独自性はスポイルされてきた訳だよ。
それにより良くも悪くも今の日本があり、例えば公共投資の対費用効果における都市部の
プライオリティーもそうやって作られてきたことを理解してる?
そういった構造には一言も触れずに効率の問題にのみ還元してる態度を
ドグマもしくは想像力がないと批判したつもりだが気づいてはくれなかったようだ。

193 :155:01/10/27 02:21 ID:bXC0PBfB
煽り方云々で人格攻撃ですか。自分としては精一杯やってみたのですが
やっぱり不評だった様ですね。

さて、やっぱり貴方はひどく偉そうですが、反論してみます。
地方の独自性は中央集権的政府による必ずしも適切でない行政指導
により、スポイルされてきたと仰りたいわけですか?
私は、これはただの雑感的な考えですが、
行政の指導によるものと言うよりは、逆に市場が中央集中を
望んだ結果ではないかと思いますが。
確かに霞ヶ関の一部に巨大な許認可権が集中してはいますが、
例えば地方交付税で言えば東京都は貰ってはいないわけですよね。
高速道路にしても整備新幹線にしても地方の要望ではないですか。
と言う事は、行政は中央集中を改めようとした。
当然集中しすぎると経済的に非効率であるという点もあるだろうが、
労働力の移動に対する補償的な意味合いも手厚い地方厚遇にはあっただろう。
それがスポイルされてきた現実だと言うならやめるのが筋ではないか?
さらに日本全体でみて、政府支出の許容額が段々と小さくなってきている
状況を考えても、今までのような手厚い福祉的な厚遇は無理であり、
経済構造の転換に乗り出す必要があるのは当たり前だと思うのですが。
もはや高度成長期ではないんですよ?
貴方は効率が低い公共投資を今まで散々甘やかしたんだから
責任とって最後までやれと言う論法で正当化したいのではないかと考えてしまいますが。

194 :小林よしのり読者のひとり:01/10/27 06:16 ID:Kh8rmI5n
日本の石油公団、サハリンに油田を見つけたって。
埋蔵量は日本の難関埋蔵量の1.4倍って、世界でも有数の油田になるって。
これって良いニュースだけど、ますますアラブ離れのきっかけになるのでは?

195 :名無しかましてよかですか?:01/10/27 07:00 ID:GuKPZsjf
サハリンの油田ってそのまま日本が採掘できるの?
ロシアルートか共同採掘になるんでは?

196 :  :01/10/27 07:28 ID:I1vsgCme
開発するだけしてロシアに分捕られます。

197 :名無しかましてよかですか?:01/10/27 07:47 ID:GuKPZsjf
アラブに付くよりタチが悪いな(藁

東シナ海だっけに海底油田かなんかなかったっけ?

198 :169:01/10/27 10:57 ID:j76z7y4Z
>>155
お前が煽るように俺も煽る訳で。(w

>行政の指導によるものと言うよりは、逆に市場が中央集中を
>望んだ結果ではないかと思いますが
違います。
市場による修正がいびつな形でしか反映されないからこそ
構造改革がいわれていることを忘れないで欲しい。
>高速道路にしても整備新幹線にしても地方の要望ではないですか。
>と言う事は、行政は中央集中を改めようとした
あのさあ、事業認可を下し計画や規格を承認するのは誰よ。
選挙前になると新しい計画が発表されることはどうかんがえる?
地方の土建屋はほとんど潤わず、jv組んでる大手ゼネコンが
利益を持っていくことを知ってる?

あとさ、俺は別に規制緩和や経済や社会の構造改革に反対してる
訳じゃないんだよ。ただ手足縛られたまま「泳げ!」っていわれても無理だろ?
縛ってるものが縄なのか手錠なのか針金なのかきちんと分析して、
拘束を解いてから泳がせるべきっていいたいわけ。
バブル期の「負債」についてはそれなりに分析していろいろ手当てしてんじゃん。
他方、こと地方に関しては「お荷物」みたいな感情論がまかりとうる。
納得なんていくわけねーじゃん。(w

199 :155:01/10/28 00:03 ID:/JEcQPlB
>市場による修正がいびつな・・・
市場が失敗する物だと仰っているのだとは思いますが、
この下りは分りませんでした。もう少し丁寧に書いていただけると有難いですね。

>あのさぁ・・・
私も行政と中央を少々混同していたので、こういう事を書くのはあれですが
そういう計画を持ちこんだりやらせたりするのは地方選出の議員ですよね。
少なくとも田中角栄の地元で彼の人気が低かったって話は聞いたことがないです。
そういう意味において地方が望んだ事が、行政によって適えられて来たと言いたい訳です。
機関委任事務といったやり方に問題が無かったかと言われればそれは分りませんが。

>ただ手足縛られたまま・・・
確かに構造的な分析は必要だと思います。
ただ、私も地方出身の身なのですが、どちらかと言うと、地方のほうが
いわゆる「中央」の手足を縛っているような気がするんですが。
ただ、確かに今まで手厚く保護していて明日から放り出すと言うような
性急な構造改革を望んでいるわけではありません。
セーフガードだって政策の整合性と言う意味からは時限的には
肯定できる面だって有ると考えていますから。
ただ、それを温存するような行動はまさしくゆで蛙まっしぐらではないか
と考えているわけです。

200 :155:01/10/28 00:04 ID:/JEcQPlB
バブル期については手当てしているとお考えの様ですが、私ははっきり言って
ほとんどしていないも同然ではないかと思っています。
責任問題(中央銀行から末端まで)すら明確ではないですから。
それを考えると、構造改革はほんと手遅れになるんじゃないかと危惧してしまうわけです。

長々と失礼しました。
しかし二人しか入ってこないってのは版違いな話なんでしょうか?
それとも私達(私だけ?)レベルが低すぎるのでしょうか?

201 :小林よしのり読者のひとり:01/10/28 00:41 ID:P/XYO2rb
>>200 「版違いな話なんでしょうか?」
そんなことは無いけど、このスレ下がってたんで、あきらめていたんだよ!
ところで、構造改革を批判する連中はどういうつもりなのか?
とっくに手遅れになっているんだよ!
だけど、今からでも何とかするしかないでしょう。100年かかっても。
全部、国民の税金が使われるわけだ。
ちょっと、製造業と土建、不動産業界の状況を、自分で調べて比べてみろ!

202 :169:01/10/28 01:55 ID:A/AIsQY6
>>199
>どちらかと言うと、地方のほうがいわゆる「中央」の手足を縛っているような気がするんですが
感じ方の違いといえばそれまでだが、俺は中央の責任のほうが大きいとみる。
それに乗った地方行政も問題ありだが、
江戸時代以来の「旗本にお伺い立てて・・・」つう構造が温存されてる限り
その責任は上位機関が負うべきだろうよ。
198の「あのさあ」以降考えてくれた?
ほとんどが中央(もしくは政治家と官僚もしくは産業界との関係性の中での)の事情じゃないか。
全部なくしろ、とはいえないが(効率一本ならそれでいいというかもしれないが)
少なくとも合理的といえる範囲内に収めてほしいと望む。
構造分析はそのためにも必要。
個人や地方(都市部も同様だが)に痛みを負うのはその後だろうよ。

203 :169:01/10/28 02:02 ID:A/AIsQY6
>>200
>とっくに手遅れになっているんだよ!
俺もそう思う。(W
>全部、国民の税金が使われるわけだ
今後はのびしろがないところから
搾り取る(痛みってそういうことでしょ)ことになります。
だからこそ、やけにならずに冷静に
使い道を考えなければならないんじゃねーのかな。

204 :名無しかましてよかですか? :01/10/28 02:46 ID:KCw32CML
同じサピオで大前研一が小林と反対のこと言ってるから
笑ったけどね。小林が構造改革批判するけど完璧な政策
なんてないと思うけど

205 :名無しかましてよかですか?:01/10/28 04:01 ID:WJZmNyxK
小林もただの批判屋ってことだね。
佐高信や田中真紀子なんかといっしょ。
政治思想や歴史解釈には正解がないからいいとしても。
マンガ書きに経済語ってもらうほど日本人は落ちてないよ。

206 :小林よしのり読者のひとり:01/10/28 06:57 ID:310leTOg
構造改革に興味ある人は必見。

10月28日(日) 朝7時30分より「報道2001」(フジテレビ系)、
続いて10時より「サンデープロジェクト」(テレビ朝日系)にて、
日本道路公団廃止民営化をめぐり、猪瀬直樹が族議員たちと対決します.

207 :小林よしのり読者のひとり:01/10/28 12:10 ID:G7Kp64sK
参照>>206
みんな見たか?かなり核心に迫っただろ?
特にサンプロ、よくやった。
国民年金運用基金は即刻廃止せよ!
年金をいいかげんに運用された日にゃ国民はたまらん!

石原!
担当者の猪瀬が正面で族議員と戦っているときに笑っているんじゃない!
おまえが責任者だろ!しっかりしろ!

田原!おまえは味方か?敵か?こうもりは止めてくれ!

208 :名無しかましてよかですか?:01/10/28 12:24 ID:uUA5E4lh
田原は煽り屋。
今更奴に何期待してんの。

209 :小林よしのり読者のひとり:01/10/28 20:43 ID:3V0oPjXP
どうも、構造改革についてよく知らない人が多すぎるようだ。
よしりんがたわごとを言っても左右されないように、
まず、入門編としてこのあたりから読んでくれ。

http://www.inose.gr.jp/back/01-6-18.html
http://www.inose.gr.jp/back/01-6-25.html
http://www.inose.gr.jp/back/01-7-2.html

210 :名無しかましてよかですか?:01/10/30 11:30 ID:2zUcWp3h
よしりんに読んでやれ

211 :小林よしのり読者のひとり:01/10/30 22:43 ID:fCnFZTJG
ついに、ニュースステーションも公共事業たたきを始めた。
猪瀬に触発されてな。
そろそろ、日本中で議論になるだろう。
よしりん、四面楚歌だぞ。

212 :名無しかましてよかですか?:01/10/30 22:44 ID:48ZOhVBf
そりゃ、ニューステだからね。

213 :小林よしのり読者のひとり:01/10/30 23:04 ID:fCnFZTJG
一方、ニュース23はいまだに景気低迷批判、失業率増加批判、地方と弱者の味方。
こっちも当然四面楚歌になれ!

214 :名無しかましてよかですか?:01/10/30 23:05 ID:SjHUhix3
||||||||||||ii、-、
 `゛!!!iiiiiiiiiiiiiii;;;;;;;;;;,,,,,-‐/ i||||||||||||||||||||||||i ヽ‐-、,,,,,;;;;;;;;;;
    '''''!!!!!|||||||||||||/   i|||||  |||||||||||||||||i   ヘ||||||||||
       ''''''''!!!!!I/   ||||||  ||||||||||||||||||   `iI!!!!!''| / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           ヽ,   !|||||||||||||||||||||||||!"   〈    | ほーう、 コヴァ星人にしては
           了     ゛!!||||||||||||||!!"     `ヽ  | なかなかやりますね・・・。
           `ゝ.__       ̄Y ̄     ___ノ  | しかし、私の戦闘力は530000です。
             | ]下ミ─-。、_|_; 。=‐≠:エ"┬|  / ですが、もちろんフルパワーであなたと
            └、' トミミi=´<_,l、=´,E=|#ナノ <  闘う気はありませんのでご心配なく。
              `ヽトミ|「‐、=ラ7 ̄E/-‐'    \
ー-------____   _. `i=、 二 ,.=i´     __|
|   |    |    ̄7´ /-‐'´ `─´/ ``ーへ ̄   \__________

215 :小林よしのり読者のひとり:01/10/30 23:42 ID:fCnFZTJG
>>214
戦ってやろうか?
おれもスーパーサイヤ人になるつもりは無い。

216 :名無しかましてよかですか?:01/10/31 22:47 ID:rIxUmzeM
Nステ、23、よしりんはそろってxxx?

217 :名無しかましてよかですか?:01/10/31 22:55 ID:8+PjCCku
>>208
そうゆうシチュエーションをセッティングしただけで
マスコミとしては手柄だよ。

こと、政治問題にはマスコミは煽り方で勝負するのが正しいと
思うよ。

218 :155:01/10/31 23:28 ID:sIYTy61L
レスを頂いたのに返答が遅れ申し訳有りません。

さて、これ以上やると神学論争の体を成しかねないのでそろそろ
中央と地方の責任問題は終わりにしたいのですが、最後に一言。
私の考えは、中央に責任はもちろんあるのですが、基本的に
日本は資本主義的な流れでは集中する傾向にあったのを
地方としてはくいとめたかった、中央も急激な集中を好まなかった。
よって社会主義的とも言える地方への厚遇を行った。

で、この部分の地方が望んだと言う所が、貴方の意見だと
総て中央の行政と一部政治家と大手ゼネコン等が主導したという所が
私との見解の相違でしょうね。
この考え方が当てはまるなと納得できる点も確かに有ります。
例えば現外相の父君の著書に出てくる内容は読み様によっては
こうも受け取れると思いますが、しかしやっぱり地方の土建業界が
あれだけの規模が温存されかつ、儲かっていたのを見ると
ちょっと違うかなという気がします。

219 :155:01/10/31 23:49 ID:sIYTy61L
さて、日本経済が既に手遅れだと言う意見がかなり見受けられますが、
何を持って既に手遅れだと言っているのかが私には分りません。
国債の額面に躍らされていませんか?
別に国債なんて全額直ちに返さなくても良いって分ってますか?
それとも安易な中国脅威論とか?
現在中国からの輸入は確かに伸びていますが、同じに
輸出も増えていますよ。何年も先の事は別にして、今の不況には
それほど関係ないのでは?
今日本に必要なのは適切な分野を探して大規模な投資(公共含む)を行う事と
一段の金融緩和を行う事でしょう。
日本経済が危機的状況なのは消費が足りないのに消費不足を加速
させるような政策と報道によってもたらされていると思いますよ。

220 :文明堂のカステラ:01/11/01 00:18 ID:LgQtxZch
小林は単にタニマチの青年会議所の意に沿うように描いただけ。
大局観なんてモノは微塵もない。

221 :茶々:01/11/01 00:20 ID:TM5WIvu7
>>219
「大規模な公共投資」ってのがひっかかるね。
具体的にはどういうことを言っているのか?

222 :155:01/11/01 00:48 ID:SrCK4RQM
こう言うと胡散臭いどこぞの教授みたいでいやですが
それこそ生活密着型サービス産業とか教育産業とか、バイオ含めた先端分野。
後は都市部の再開発とかかな?
実際これって言うのがなかなか思いつかないのも現状なんですよね。
偉そうに書いている割にしょぼいんですが。

ただ、まちがっても公共事業の削減なんて有ってはならない
経済政策ではないのかと思うんですよね、これだけ需要がない時に。

223 :石原新太郎:01/11/01 00:54 ID:m8/PWJWw
155さん、とても参考になります。いいご意見ですね。

ところで、最近、ローン会社の宣伝が激しいですね。消費が奨励されて
いて、内需拡大をとかが叫ばれていますが、多くの庶民はお金がたりなくて
困っているのでは、と愚考してます。 きっと買いたくても買えない
状況じゃないのかな。 一部の金持ちは別として。

224 :惨事のオヤツは文明堂:01/11/01 00:59 ID:LgQtxZch
金がないから、
金利安いからといって借金したところで、
返済のメドが立たないから、
破産へのオケラ街道が待ってるだけ。

225 :茶々:01/11/01 01:01 ID:TM5WIvu7
>>222
公共事業によって需要が作り出すようなケインジアン的経済政策は
もう、地方の土建屋や特殊法人だけを肥やし、
役に立たない施設を増やすばかりで、大規模な公共事業を
行うことはほとんど有効性がない。
しかも、日本は600兆円の財政赤字。赤字を埋めるためにも
税収の増加が必要で、そのためには民間の活力をほどよく
刺激しながら、経済を立て直していくのが、まあ、大方の
専門家の見方。

226 :茶々:01/11/01 01:02 ID:TM5WIvu7
間違い
「需要が」→「需要を」
「もう」→×

227 :惨事のオヤツは文明堂:01/11/01 01:06 ID:LgQtxZch
ケインジアン政策は、
理論的には、悪くはないが、
現実的には、ぼったくられるスキがあるだけ。

228 :155:01/11/01 01:15 ID:SrCK4RQM
>223
要はお金を使いたい人と持っている人にミスマッチが生じている
という事だと思いますが、実際青年層までの若い世代では
消費性向はかなり高くなっているようです。(とは言っても米ほどではない)
じゃあ高年齢世代がなんで消費しないかと言うと、まず消費したい物が無い。
次に将来に不安がある。最後に遺産で少しでも残したい。という3つが考えられますが
このうち前2つが重要ではないかと思います。
なので高齢者向けの産業と、規制緩和が必要だと書いたわけです。
確かにお金持ちがあまりお金を使ってないという話も有ると思いますが、
特にお金持ちではないけどお金を使っていない層(特に高齢世代)というのも確実にいて、
そこに対しては有効な政策はあるはずです。
もちろんお金持ちにもお金を使ってもらう政策は有るでしょうが、
それは現在の逆資産効果を考えると金融政策の世界でしょうか?

229 :右翼学者:01/11/01 01:24 ID:D3MNgKvi
>>222

公共事業はいっぺんゼロにしたほうがまだマシです。

230 :右翼学者:01/11/01 01:25 ID:D3MNgKvi
>>223

お金は足りてます。
皆貯金してて使わないだけです。
もしくは借金を返すのに使ってます。

231 :155:01/11/01 01:27 ID:SrCK4RQM
>惨事のオヤツは文明堂さん
自分も全く同感です。

>茶々さん
「ケインズだって穴掘って埋めるのが公共事業だとは言ってない」
とはよく言われますよね。現行型の公共投資が将来的な供給にあまり影響を与えない。
→経済成長に寄与しない。という考え方は正しいと思います。
が、現在の不況時に財政を縮小させて経済をより悪化させるのは
まず短期的な視点として、その結果として長期的に間違っているのでは?
少しでも効率的かつ、有用な投資を求めるのは当然でしょうね。

232 :石原新太郎:01/11/01 01:29 ID:m8/PWJWw
>>155

なるほど。高齢者の消費拡大策というと、介護とか生活支援産業
でしょうか?

それにしても、日本の高齢者は、真面目、勤勉、努力をモットーとした、
まさに文明の栄える条件をすべて満たしていた世代ですから、お金
があるのは当然として、問題はその後の消費性向旺盛な若者たちが
親たちの財産を受け継いだ後、どうなるのか、というのが興味ありますね。

日本もそのうち、少し前のイギリス病やアメリカ病になったりして。

233 :名無しかましてよかですか?:01/11/01 01:32 ID:5Fb18CFs
なんか、ここの連中も小林と同レベル。

ケインジアン……って、プププ。勉強しようよ。

234 :右翼学者:01/11/01 01:33 ID:D3MNgKvi
>>232

年金問題のカタをつけたほうが寄与すると思うが。

235 :右翼学者:01/11/01 01:36 ID:D3MNgKvi
>>233

煽る暇があったら、
もっと生産的なことをせよ。

236 :155:01/11/01 01:51 ID:SrCK4RQM
>232
確かにそうですね。ただ、日本も行く所まで行ったら
いやでも自己変革するのでは?
といってもそんな先まで待てないと言うのもありますが。

>233
貴方のご意見をご教授頂けると幸いですね。

では、今晩はこれで失礼します。

237 :名無しかましてよかですか?:01/11/01 01:56 ID:/BkBhzEq
>>1
同意。

238 :名無しかましてよかですか?:01/11/01 06:50 ID:smwqI0b6
そもそも政府が有効な公共投資を行うだとか、
政策で消費を喚起できるという発想がオカシイ。
いまだに高度成長期の経済政策が通用すると
考え違いしてるなんて。
よしりん同様にまったくの経済音痴。
ビジネスマンじゃないだろ。
今の経済で政府がすべきは、市場の健全性と
透明性の確保だけだ。
消費動向は一般消費者(民間)の意思なので
政府が税金使ってコントロールすること自体、
市場を歪める行為になる。よって却下決定。

239 :名無しかましてよかですか?:01/11/01 16:37 ID:nYC3no4v
いままで1200円のワインをある単位時間に1本飲んでいた人/カップルが
アルゼンチンやチリ、豪州のワイン680円をある単位時間に2本のむように
なった。南米のワインの質が上がったということと、この分野で利益を出して
いる人は、やっかみを受けるので「苦しい厳しい」と、ぼやきの演技をしている。
政治思想板と共産党板で、「ユニクロ/65円バーガー/300円でお釣りのく
る牛丼に反対する共産党」には唖然とした。どう唖然としたかは長くなるので
止めます。

240 :155:01/11/01 21:54 ID:zfL6i7wr
>238
1.デフレ化の現状を考えると、公共事業は行わねばならない。
で、やるなら効率性が少しでも高いほうが良い。
2.市場の健全性と透明性を高めるっていうのはどういう事なんですか?
市場って失敗もするし、アクシデントには弱いので、経済政策は必要だと思うし、
これだって健全性を保つ努力だと思うのですが。
市場の健全性と透明性を確保するだけで良いと言っている人はあまり
見たことが無いので、出来ればもう少し深く教えていただけますか?

>239
せっかくだから長くなっても話してくださいよ。

なんかくれくれ小僧になってるな・・・

241 :茶々:01/11/01 22:12 ID:0wURLr2J
>>240

もう消費刺激策としての公共事業投資はほとんど役に立たないと
多くの論者が言っているよ。
それに、政治家や官僚が税金を賢明に使うとは信じられなく
なっているからね。

242 :名無しかましてよかですか?:01/11/01 22:38 ID:He7emnOc
それにしても、持続可能な文明の構築は?
どんな経済システムを選ぶか、誰か考えた?

243 :155:01/11/01 22:44 ID:zfL6i7wr
>241
だからと言ってこの時期に財政緊縮だと言っている経済学者は
誰かいますか?大蔵省の役人あがり以外で。
FRBの御大も公共事業を打つようにと言ったそうですが、
アメリカでは有効で日本では有効でないという理由が
政治家や官僚の能力以外にありますか?

>238
ついでに、ビジネスマンで政府に財政緊縮を求めている人なんて
会った事がほとんどありません。形がどうであれ政府による
支出を望む人ばかりだと思うのですが。

244 :茶々:01/11/01 22:46 ID:0wURLr2J
>>243
財政緊縮というよりも、そもそも無駄な公共事業への投資を
やめて、いち早く財政赤字を立て直すことが先決。

節約以前に、今までの浪費をやめるということね。

245 :大久保戦士 理工マン:01/11/01 22:46 ID:SlRwG9q7
もう経済に政府が口を突っ込む時代は終わりでしょう。ということは
社会主義にもう一つの死亡宣告が来たということです。

246 :155:01/11/02 00:50 ID:86NfrN2U
>244,245
恒常的な政府による経済の主導という意味においては
確かに政府の役割は終わったと言えるかもしれません。

ただし、そうは言っても経済における政府の役割は大きいのです。
構造改革の重要性においては私も貴方と同じ考えです。
ですが、財政赤字の再建が現在必要化という事になると
私は貴方とは考え方がかなり違いますね。
死蔵された資本と労働力なんてもったいないだけです。

おそらく財政再建主義の皆さんが勘違いされているのは構造改革=財政再建
という図式ではないでしょうか?これってデマだって誰かが書いてましたけど
私も意図的なデマでは無いかと思いますね。

247 :SAEKI:01/11/02 06:04 ID:Dxrk27gO
ご存じのように1990年代の10年間は失われた10年と言われ、
日本の経済社会全体が非常に低調であったと評価されています。
その原因はどこにあったのかということについて、
一般的な意見は次のようなものです。
日本の経済社会構造はグローバルな情報化時代に立ち後れてしまっている。
なぜなら、キャッチアップを目標として行政主導型・官僚主導型の経済、
個性より集団の調和を重んじる組織運営、十分に市場競争が展開されない
ような経済構造がつくられてきた、これらがグローバルな情報化時代に合わ
なくなったからで、これを変えなければ日本の経済社会の停滞はいつまでも
続く、という議論です。失われた10年というのは、したがって同時に日本の
社会経済構造を根本から変えるという構造改革論の10年でもあったわけです。
 ところで、この間を振り返ってみますと、成長率で見る限り93年を底にして
景気は少しずつ回復し、96年頃には成長率はかなりのところまで
もどっていました。ところが経済がよくなってきているまさに94、95年
あたりから構造改革論が強く唱えられるようになる。そして橋本政権が
誕生して経済改革、行政改革、財政改革をまず断行する。その背後には
改革論に対するジャーナリズム、世論の非常に強い後押しがありました。
そして実際に規制緩和がそれなりに実行に移され、物価も下がりだします。
その後98年に金融の自由化の総仕上げが行われます。そういう流れの中で
経済は急速に悪くなっていくのです。表面的に見れば改革論が唱えられて、
改革が実行段階に移ってから経済は急速に悪くなっていったのです

248 :SAEKI:01/11/02 06:07 ID:Dxrk27gO
そのことについていろいろな解釈の仕方、議論の仕方があります
けれども、経済構造改革が経済の悪化と何らかの形で関わっている
ことは間違いないと思います。それは当然のことで、構造改革が実行
されれば完全雇用を維持してきた日本型経済システムも崩壊して
ゆくし、失業も増える。弱小企業はつぶれるだろう、金融機関も
つぶれるかも知れない、といった不安が出てくるわけです。
企業は先行き不透明で大きな投資はしなくなるし、
消費者は将来に備えて物を買わなくなります。
つまり内需はおきてこない。
 そうすると今、構造改革というのは本当に必要だったのか。
あるいは、どのような改革が必要なのか。そのことを今からでも
遅くないのでしっかり議論すべきだと思うのです。
グローバル化と情報化が進展するのは事実ですけれども、
グローバル化と情報化の中で日本の経済構造全体を社会構造まで
含めて変えていく必要があるのかということです。そのことについて
まともな議論はほとんどありませんでした。出てきた議論はもともと
内外価格差で日本の物価がかなり高いということです。
ニューヨークと比べると日本は非常に住みにくい、
またコスト高になって競争上不利だという議論です。
日本の物価が高いのはなぜか。それは規制が行われているからだ、
あるいは昔からの取引慣行があって自由競争が行われていないからだ、
というような話です。こういうような話から始まって規制緩和、
価格破壊、経済構造改革という話につながっていった。
グローバル化と情報化という流れの中で日本の社会をどうするのか
という将来ビジョンと絡んだ形で構造改革論が議論されたことは
まずなかったと思います。そのことこそが大きな失敗だったと
思います。

249 :SAEKI:01/11/02 06:09 ID:Dxrk27gO
世界は今や情報化・グローバル化に向かっているから日本も
それに遅れてはならないという議論もわかりますが、
それが唯一の考え方でもない。そうではなく、情報化・グローバル化が
われわれにマイナスのものも含めて何をもたらすのか、
それが社会構造をどういうふうに変えるのか、
文化をどういうふうに変えるのか、その文化の変化は
受け入れられるものなのか受け入れられないものなのか。
そういう議論こそが本当に必要な議論だと思います。
ところがそういう議論はほとんど見られません。

250 :名無しかましてよかですか?:01/11/02 06:48 ID:4+QObAQi
>>247-249はこれ↓。ソース貼ろうね。
http://www.mlit.go.jp/kokudokeikaku/daishu/online/lec17.html

251 :  :01/11/02 10:54 ID:Tcccio7c
改革、改革とかいうわりに次世代を担う若者の教育内容を国策として3割削減している政治家、官僚がマトモとは思えない。

252 :名無しかましてよかですか?:01/11/02 11:14 ID:E4d+S7F5
>>52

それはどう言うところからの推察ですか?
あなたの脳内ではないでしょうか?

253 :名無しかましてよかですか?:01/11/02 11:55 ID:PJiPYwlj
抽象論としてはわかるよ。たぶん構造改革論者も懐疑派も共に愛国者なんだろう。
だが素人の一般国民としては懐疑派に問いたい。積極財政といってもどこに投資するつもりなんだ?
少なくとも、無駄な橋や港を作るのは止めろ、ってのでは一致してるんだろ?

で、懐疑派は成長可能性のある分野に投資せよ、といってるんだと思うが、
そもそも「成長可能性」なんて誰がどうやって判定するんだ?
日本の政治家や役人に、そんな判定能力があるとはとても思えんが。
とゆうか、もっと言えばどんな優秀な経済学者にも無理では?

だから政府といった「特定の少数の人間」が判断し投資するのなんて止めて、
市場の審判つまり「当事者の集合体」に委ねよう、というのが構造改革論者の主張だろ?
はっきり言って、人間の能力に限界がある以上、その主張はかなり合理的に感じるんだが。

254 : :01/11/02 13:13 ID:SpnuxDww
>>253
「政府」は国民の中から選ばれた人間が構成してるんじゃないのか?
市場の審判というのは市場が正常に機能していることが前提なんじゃないのか?

大筋では同意するが。。。

255 :名無しかましてよかですか?:01/11/02 16:17 ID:7QTfAzaX
小泉内閣の経済政策は、アメリカの景気回復を待つという
だけであり、政策がないのに指示しようがない。
小泉が熱心なのは、靖国神社参拝や特殊法人改革、自衛隊の
海外派兵のような経済に対してはたいして関係の無いこと
ばかりで、国債発行額を30兆におさえるなどというなんの
科学的根拠も無い精神主義に凝り固まっている。
産業形態は常に変化しており、わざわざ国が構造改革など
推し進めなくともおのずと変わっていくものだ。今まで国は
構造改革による痛みを和らげることをしてきた。
アメリカの繁栄を支えてきたとされるITは、コンピューター
は大砲の弾道計算を、インターネットは核戦争時における
通信手段、情報を分散して守るために開発されたもの。
いったい何が繁栄をもたらすかは解らない。
でも、デフレによって経済状態が悪化しているで構造改革を
やったら、さらなる失業と資産の遊休をうむだけだという
ことは解る。

256 :名無しかましてよかですか?:01/11/02 16:36 ID:6r0wVYrH
構造改革論者の主張を、「戦争論」風の言うと、
バブル崩壊により経済という戦争に負けたから
といって、それまで日本のシステムを否定して、
特に戦前にあたる高度経済成長期を支えた公共
投資を悪者扱いして、戦勝国であるアメリカの
自由主義やグローバリズムを絶対視するなんて
自虐的だっていうことじゃないのかな。

257 :155:01/11/02 21:39 ID:fGcMmN1a
>255
私は社会の構造改革(産業形態の変革)を無理に押し留めようとするのはそれこそ
政府の仕事の範疇を超えると思います。
だから社会的なデフレ圧力の緩和と出切る限りの経済政策を
取るべきだと考えていますが、どうでしょう?
投資先を政府が決めるのは効率が悪いと言う話が出ましたが、
では一部行われ始めた投資減税とか一般的な減税とかが良いでしょうか?
これだけ公共事業の乗数効果が低くなるとそれもありなのですかね?
ただ消費税が消費に与えた影響はほとんど中立だったらしいんですよね。

>256
構造改革論者じゃなくて反構造改革論者の間違いでは?

258 :石原新太郎:01/11/02 21:50 ID:k20NLdbR
浅井隆 著「2003年 日本国は破産する」シリーズの第3弾「もう自分年金を
作るしかない」 第2海援隊社 刊 が出たね。

内容は濃かったが、読むうちに寒くなった。俺も資産の何割かはドルにするかな。

259 :名無しかましてよかですか?:01/11/02 23:20 ID:G/qMMGMj
いい感じの議論になってるから、
新太郎ちゃんの出番はないよん。

260 :小林よしのり読者のひとり:01/11/02 23:59 ID:670hvW3G
ニュース23も道路公団の問題を取り上げた。
そろそろ、結論が出るだろう。
下記は関連の俺のレス。
>>206>>207>>209>>211>>213

261 :小林よしのり読者のひとり:01/11/03 00:01 ID:bIcSOLsf
松岡も登場したぞ。(藁

262 :169:01/11/03 00:17 ID:RE2pb3mV
>>ALL
全ての前提としてさ、
今後、持続可能な形で消費伸びんの?
飽和状態じゃないかとおもったり。
データとかあったらよろしく頼むわ。

263 :名無しかましてよかですか?:01/11/03 00:31 ID:OXXc8cVM
無理。
そもそも消費が永遠に右肩上がりに増えるなんて考え自体が、バブルの産物。
いつかは止まるに決まってる。
その「いつか」が、たまたま今なんだよ。

264 :169:01/11/03 00:34 ID:RE2pb3mV
その他の方もよろしくおねがいしま〜す。

265 :名無しかましてよかですか?:01/11/03 00:34 ID:T3c/agQ2
おれ、今くらいの景気の方が好き。
日本人がギラギラしてないし。
他人の痛さを感じてる人がいっぱいいるし。

266 :155:01/11/03 01:11 ID:hQFZF8PE
>169さん
消費の考え方が変る(物質的な消費は小さくなるかも)とは思いますが、
経済統計上の消費は伸びると思いますよ、当分(私が死ぬまで)は。
だって世の中まだやってない事知らない事だらけなきがするんですよね。
でもデータは持ってません。スイマセン。

>265
不況で自殺者が何万にも出る景気が好きですか。
他人の痛さが目に付くくらい厳しいのが好きってのはサドな意見ですね。
というのは下手な煽りです。
どうせなら緩やかな好景気のほうが良くないですか?
バブル時の狂乱的な感覚は別にしてもね。
密かにバブルの熱狂を味わって見たいとは思っていますが。

267 :名無しかましてよかですか?:01/11/03 01:15 ID:T3c/agQ2
>>266
相対的に好きってことよ。理想としちゃそれがいいけどさ
おれも丸くなったなあ

268 :名無しかましてよかですか?:01/11/03 10:05 ID:7xuoyIvT
>>267
残念ながら日本には世界第二位の経済大国としての責任が
あります。がむしゃらに働くのが疲れたからといって、
部屋に閉じこもって、過去の財産を食いつぶしながら、
ヒッキーになるってわけにはいかないのです。

269 :名無しかましてよかですか?:01/11/03 11:32 ID:T3c/agQ2
>>268
じゃあ、キミだけ体こわすまで働け。金はやるよ
日本背負って。

270 :名無しかましてよかですか?:01/11/03 15:08 ID:P17yZ75v
株価だけじゃなく自殺者数にも一喜一憂しない小泉はアカン。
誰の為に政治やっとんじゃ。
あいつ、最近勘違いしてないか?元々?

271 :石原新太郎:01/11/03 15:11 ID:SCvcDAzd
あんまり支持率が高いもんだから、小泉さんは天狗になってるよ。

しかし、せめてこの2ちゃんの論客くらいは歴史を勉強してほしいね。
いきあたりばったり、の行動ばかり。かえって騒ぎが大きくなるくらいなら、
何もせんでくれ(靖国参拝など)。 1回お辞儀するだけ、なんて、
あんたは外国の大使か?っていいたくなるね。

272 :名無しかましてよかですか?:01/11/03 15:14 ID:RFNM4VWV
>>270
カラウリして儲けたよ(藁

273 :石原新太郎:01/11/03 15:19 ID:SCvcDAzd
外国人の観光客だって、神社で2礼2拍手1礼する姿をよく見かけるよ。

小泉さんは、日本の伝統を破壊するのか?

ちなみに、宇佐神宮と出雲大社だけは、2礼4拍手1礼ね。(使える知識)

274 :名無しかましてよかですか?:01/11/03 15:19 ID:Nryole6L
ヨタ話は別スレでおねがいしますよ、新太郎先生。(w

それはそうと、又貼っときますね。
 全ての前提としてさ、
 今後、持続可能な形で消費伸びんの?
 飽和状態じゃないかとおもったり。
 データとかあったらよろしく頼むわ。
よろしくお願いしま〜す。

275 :名無しかましてよかですか?:01/11/03 15:35 ID:d7qNyaAG
>274
ていうかそんなデータがあるわけ無い。
消費が飽和かどうかなんて。
少なくともアメリカは飽和してないぞ。
日本はそれ居かなのに飽和すんのか?

276 :石原新太郎:01/11/03 15:52 ID:SCvcDAzd
>>274

飽和状態っていうより、庶民は金がないんだよ。ローン会社のCMは
花盛りだろう?

1億以上の所得を持つ金持ちは、もともとけちだし、数からいって
消費を押し上げるほどの力はない。ブランドものや高級車は結構、
売れてるんだけどね。

その上、テロ、狂牛病、小泉内閣の弱い者から先に構造改革(福祉、教育)
の3重苦で、消費は伸びることはないよ。

277 :石原新太郎:01/11/03 16:11 ID:SCvcDAzd
もっと消費しよう!とかいうプロパガンダに触発されて、庶民はローンを
組みまくり、賢い金持ちは財布をきゅっと締める。

貧富の差の増大と、全体としての消費の落ち込みをまねくだけ。

278 :茶々:01/11/03 16:13 ID:B/dYbaHn
>>276、277
>1億以上の所得を持つ金持ちは、もともとけちだし、
>もっと消費しよう!とかいうプロパガンダに触発されて、
>庶民はローンを組みまくり、賢い金持ちは財布をきゅっと締める。


根拠なし。
よって却下。

279 :名無しかましてよかですか?:01/11/03 16:19 ID:Aoyw3cvK
だからよ、財源はどうすんだよ新太郎さん。
弱者を守れってのはわかるよ? わかるけど、
孫の代から借金して、将来性ゼロの分野にぶち込んでる、
っていわれるとね。どうかと思うよ。

将来性のない分野にしがみついてる親父も、少しは自分で何とかしてくれんだろうか…
「働かざるもの、食うべからず」ではなく「儲けざるもの、食うべからず」
が究極的には正しいんだろう。いくら俺は真面目に頑張ってると言われても、
成長性のない産業で、見当違いに頑張られてもねえ。
つまらん芝居は誰も見に来ない、といったところか。それは富の創出ではないと。

だいたい医者が一番血税を無駄遣いしてくれてんじゃネーノ?
非効率極まりない上、不透明な保険制度。
国民は保険が相当乱用悪用されてんじゃねえかと疑ってるが。

280 :名無しかましてよかですか?:01/11/03 16:22 ID:yvhAh5KB
サラリーマンに経営陣に悪口逝っても無駄だろう。

281 :石原新太郎:01/11/03 16:26 ID:SCvcDAzd
>>278

財源ねえ。もう郵貯や年金の融資先はこげついてる(ランクCC)
そうだからね。外務省の機密費以上だよ、官僚に食い荒らされてる状態は。

それから、政府のプロパガンダにみんなだまされてるみたいだけど、
福祉や医療は、お荷物なだけじゃないんだよ。資本主義社会をさらに補強、
発展させるための必要な装置だろ。それを外したら、消費は冷え込むのは
当たり前。

それより、すでに食い荒らされてる郵貯や年金をどうにかしろ、と
いいたいね。
 

282 :石原新太郎:01/11/03 16:27 ID:SCvcDAzd
281の俺のレスは、279さんへだった。ごめん。

283 :茶々:01/11/03 16:29 ID:B/dYbaHn
>>281
同じようなことは民主党、共産党、社民党なんかが言ってるけどね。

だが、要は構造改革、全面賛成か絶対反対か、なんて二択ではないし、
「政府のプロパガンダ」で片付けられるほど、単純ではない。

284 :石原新太郎:01/11/03 16:36 ID:SCvcDAzd
キャリア組の官僚からしたらさ、今までのおいしい天下り先の特殊法人が
統廃合の憂き目にあうのはいやなわけ。

それより、あまり反対が出そうにない弱いところを重点的に改革
(医療、福祉、教育)して、なんとか自分のおいしいところは
先延ばししようとするわけよ。で、国内消費はますます冷え込む。

だから俺はキャリア組の給料を2倍にしてやったらいいと思う。
それで天下りはあきらめてくれ、とでもしないかぎり、絶対に
官僚は必要な改革をせず、税金をむしばんでいくだけ。

285 :茶々:01/11/03 16:41 ID:B/dYbaHn
>>284
>あまり反対が出そうにない弱いところを重点的に改革
>(医療、福祉、教育)して、なんとか自分のおいしいところは
>先延ばししようとするわけよ。

何を根拠に?
これまで利権をむさぼってきた特殊法人やゼネコンに対して
集中的にメスがいれられており、一方で福祉などに関しては
野党から政策に関する批判があり、決して「反対が出そうにない」
ではない。

286 :石原新太郎:01/11/03 16:43 ID:SCvcDAzd
>>285

まあ、もう少し様子を眺めてご覧よ。特殊法人のほとんどゼロ解答
から具体的に話は進んでるか?

キャリア組が支持しない改革は絶対にうまくいかない。

287 :朱と小泉:01/11/03 17:29 ID:cXQSD6fS
>286
局長以上のポストはみんな首をすげかえる位の荒療治をしないと
(まあ無理な話しだが)特殊法人統廃合候補については
ほぼゼロ回答のままだろう。
しかし小泉さんは政治家辞めて後継ぎが当選できなくても
身内の事業とかにつき許認可なり行政指導なりで
官僚と末永くおいしい付き合いを続けたいとする
族議員たちとは対極に位置する人だ。
既に内閣法も改正されたから内閣閣僚の過半が利権と無縁のまま
一身団結させる事に成功するなら
それこそ自民党を小泉さんと共に飛び出す羽目になる覚悟があるのなら
キャリア組の抵抗も粉砕できるのではないか。
机上の空論に近いかもしれないが制度上はそうなるはずだ。
改革の成否についてはむしろ国民側の忍耐力が小泉降ろしの中傷に関わらず
小泉改革の成果が景気の回復基調に現れるまで
(勿論よしりんのような「ケインズ主義者」は待てば待つほど
 悪くなり収拾不能に陥るなんて、言いたげの「評論家」もあろうが)
保たれることの方が重要なのではないか?

288 :名無しかましてよかですか?:01/11/03 17:52 ID:d7qNyaAG
貧乏人のほうが普通消費する割合って高いんじゃないの?
基礎的消費ってもんがあるんだからさ。

>石原
福祉の分野が消費に関係あるというところには賛成できる。

>287
待てば待つほど傷は広がるぞ。

289 :名無しかましてよかですか?:01/11/03 18:02 ID:B0vPAi/V
親戚でキャリア官僚のひと(もう天下ってる)がいるんだけど、
もう二度とあいつら(キャリア組)とは付き合いたくないっていってた。
恫喝と詭弁ばっかりでやくざみたいだって。

290 :小林よしのり読者のひとり:01/11/03 18:44 ID:geAYbUiY
日本病の根源は根深い。
特殊法人だけでなく、民間にもたくさんあるだろ。
中間に入って、全体を見ないで責任感の無い仕事をし、
最前線で働く人の足を引っ張る人たちが。
高度経済成長の中で、組織が肥大化し、本来不要な仕事が作り出されてきた。
これらを見直すのは大変なことだ。
俺も、今回の構造改革だけで全てが成功するとは思っていない。
だが、これらの病理を白日の下にさらけ出しただけでも収穫だ。
一度だけであきらめず、国民が常に改革を求めつづけることが大切だろう。
たとえ政権が変わっても、これらの無駄な特殊法人のことは忘れないことだ。
族議員も今のうちに良く覚えておけ。
次回の選挙では絶対にこれらに投票するな。

291 :名無しかましてよかですか?:01/11/03 19:02 ID:d7qNyaAG
族議員に俺らが投票しなくても
結局その利益に群がる奴らが投票するんだよな。
選挙に行かないやつは抵抗勢力と同罪だよ。

292 :名無しかましてよかですか?:01/11/03 19:42 ID:T3c/agQ2
このままいくと、なんの倫理観もないダメ世代に日本をのっとられ
そいつらの家族だけが潤う国になりそうだ。
資本主義では全然問題ないんだろうがな。
そんな国を実力主義とよぶのか・・・・・

293 :名無しかましてよかですか?:01/11/03 19:47 ID:cXQSD6fS
それこそ今動き出したような
労働基準法を改正しサービス残業を解消して
新規雇用の年齢制限を廃した
ワークシェアリングを進めるのは
産業構造転換に伴う中高年の非自発的失業者を
吸収するには最適だが(この際自発的な奴は
勝手にしろと言いたい)
あくまでモルヒネもどきの一時凌ぎ対処療法である事は
言を俟たないけどその事判っていない奴が
サヨ系統に多いのはイタイな…
って小泉改革の成否とは関係ないよな(^^;

294 :名無しかましてよかですか?:01/11/03 20:09 ID:d7qNyaAG
ワークシェアリングってのはつまるところ
賃金の値下げだろ?連合かなんかも実質的な値下げを見とめたらしいし。
まぁそのおかげで価格調整がうまくいくならそれはそれでありか?

295 :名無しかましてよかですか?:01/11/03 20:20 ID:Aoyw3cvK
>>284
基本的には支持するよ。俺達国民は公務員に過度に清貧を求めすぎ、
奴等も建前上そうしてる。(公務員時代の給料は低め)
だから、逆にわけのわからん特殊法人がのさばっていき、
奴等は天下りでがっぽり儲けようとする。
医者の保険制度なんかも同じことだと思う。

きちんと評価したらいいんだよ。キャリアも医者も給料ドカッとあげたらいい。
俺達日本人は建前平等が大好きで、いわゆるエリートに対する
待遇が厳しすぎるんじゃないかと思う。
(キャリアが本当に優秀なのか? という問題はあるにせよ)
政治家にしても一度受かれば死ぬまで遊べるくらいの歳費あげたらいい。
宝くじの感覚で。その代わり、利益誘導なんか忘れてしっかり国益を考えてくれよと。

現実論として権力を握ってる連中(キャリアとか)をそうやって金で懐柔して、
改革を進めるって手もありなんじゃないかな。

296 :名無しかましてよかですか?:01/11/03 20:37 ID:d7qNyaAG
なんか業田良家?の漫画みたいになってきたな

297 :名無しかましてよかですか?:01/11/03 23:23 ID:a6fmuuLG
サピオで一番おもしろいと思う>業田良家

298 : :01/11/04 15:49 ID:mdyO9j/X
うん、業田良家の方がオモロイ

最近、手に取って感じるのだが、
最近サピオの目方、軽くないか?

299 :名無しかましてよかですか?:01/11/05 19:13 ID:qTvQ1dRe
age

300 :名無しかましてよかですか?:01/11/05 19:23 ID:afDWpEsD
>>284
>>295
全く同意ですね。官僚は色々叩かれてますけど、本当に真面目に国の
ために頑張っている人も多いのも事実です。
毎日日付が変わるまで死ぬような思いで働いているんだから、それなりの
給料をやらないと割に合わないと思う様になってくるのが人情だと思います。

っていっても例えば日銀あたりは、都銀の給料に合わせているので、これ以上
やる必要はないとかも考えちゃいますけどね。

301 :Revolution21:01/11/05 19:29 ID:5e5v4cZC
国民の幸福度を上げるためにも労働時間の削減は最低限必要だ。
あとは、いちばん大変なのは地方都市の地元企業ですから、
マネーが地域内で循環するような地域通貨を発行する必要がある。

302 :Revolution21:01/11/05 19:30 ID:5e5v4cZC
公務員といってもいろいろいる。ワタクシの知ってる某官庁職員は
そろそろ過労で倒れるんじゃないか、と見ている。毎日午前様だもの。

303 :名無しかましてよかですか?:01/11/05 19:40 ID:afDWpEsD
>>302
外務省なんていま資金プールとかで叩かれてるけど、他の官僚に比べて
天下り先が圧倒的に少ないという実状もあるそうです。
ま、それにしてももう少し国益を考えてくれよと思ってしまう事も多々ありますが。

304 :Revolution21:01/11/05 19:43 ID:5e5v4cZC
なに、忙しいなら人を増やしゃよい。
特殊法人なんか殲滅して官僚と教員を増やせ。

あと、ワシが必要ないと思うのは、地方議会!
地方の決め事なんてネットの電子投票で決めりゃいいのよ。

305 :名無しかましてよかですか?:01/11/05 19:44 ID:fkaWPBby
>>303
田中真紀子の目の前で小1時間問い詰めてやってくれ

306 :名無しかましてよかですか?:01/11/05 19:52 ID:afDWpEsD
>>305
「給料あげてやれって」ですか(笑)。
まぁ確かに一番の防止策かもしれないんですけどね。

307 :名無しかましてよかですか?:01/11/05 20:08 ID:B9/f+2GX
>>306
確かにそれが一番の解決策かも。(藁
それこそ、罪悪感で不正蓄財や天下りができなくなるほどに、
給料を上げてやればいい。「私益・省益」を「国益・公益」と
偽って不正なことを繰り返しているとはいえ、一番働いてる
のが官僚なことは確かだから。

308 :名無しかましてよかですか?:01/11/05 22:33 ID:2kCgnupH
労働に見合った給料を、ってのは当然の話だけど
それと不正や天下りの防止は分けて考えたほうがよくない?
できる構造があるかぎり給料倍にしてもやる奴はやるって。(W

309 :名無しかましてよかですか?:01/11/05 22:53 ID:AJvd9fmh
>>308
いや、その通りなんだけどさ、
給料倍にすりゃ味方も増えるだろうってこと。
逆に待遇が悪いと、内心では改革の必要性を感じてる
官僚がいても非協力的な態度しか示さないのでは? と。

310 :名無しかましてよかですか?:01/11/05 23:25 ID:iY7AhYn8
>>300
おいおい、『お役所の掟 ぶっとび「霞が関」事情』
宮本政於著 講談社刊

読んだことないのか?!
旧厚生省は昼間ぶらぶらしてて夜だけ働くんだと。

キャリアの上のほうに行っちゃうと接待漬けだし。

311 :小林よしのり読者のひとり:01/11/06 00:50 ID:feVdKd9G
>>310
やはり、役人は全て放り出した方が日本の為か?
同情の余地無し?
(ただの煽り)

312 :名無しかましてよかですか?:01/11/06 01:13 ID:w2/4DogF
>>311
評価システムがない。人事、業績。
キャリアなら自動的に昇進、天下り。

知り合いの天才的頭脳の持ち主は何をトチ狂ったか
旧郵政にキャリアで入ったが、1年でやめた。優秀
な人間ほど、非効率、前例主義がイヤですぐに辞職
するのだそうな。

むろん、少数ながら優秀で仕事をしている官僚は、
確かにいるが。

313 :名無しかましてよかですか?:01/11/06 17:04 ID:rl6V1sQ8
ちと古いが、「お笑い大蔵省」読んで
やっぱこいつら頭はスゲーいいなとオモタヨ。
喋りに無駄も隙もない。的確にポイントを突いてくる洞察力。

ま、連中がお国のために役立ってるかは別の話だが。

314 :300:01/11/06 17:20 ID:+Xg+FroE
>>310
その手の本なら確かに結構出てますけど、2ちゃんねらーの煽りと一緒で
一面的に糾弾するために書いている要素も多々あります。
厚生省は薬害エイズとか狂牛病とかで糾弾されたせいで、死ぬような思いで
働いている人とかね。
真面目に働いている人もたくさんいますよ。って別に官僚を擁護したいわけ
ではないけど。
評価システムが成り立っていない問題点は同意ですね。優秀な人材が
たくさん給料がもらえる仕組みになれば、少しはましになりそうな気がしますが。

315 :名無しかましてよかですか?:01/11/06 17:37 ID:lQidTqOx
解決策が給料あげろ、だけじゃな。
優秀かも若干疑問はあるし。
もしかして関係者?(藁

316 :300:01/11/06 17:38 ID:+Xg+FroE
>>315
いんや、全くの無関係。但し仕事では接した経験がありますけどね。
僕が思うに、平均値にすれば、君よりは優秀だと思うよ。

317 :名無しかましてよかですか?:01/11/06 17:40 ID:lQidTqOx
俺より?(藁
ま、平均値つーのを具体的にだしてほしいもんだ。

318 :名無しかましてよかですか?:01/11/06 17:45 ID:+Xg+FroE
>>317
うん、君よりは(笑)。

319 :名無しかましてよかですか?:01/11/06 17:47 ID:lQidTqOx
だからさ、平均値おしえてよ。

320 :名無しかましてよかですか?:01/11/06 17:48 ID:+Xg+FroE
>>318
その前に君の優秀さを教えてよ(笑)。

321 :名無しかましてよかですか?:01/11/06 17:58 ID:lQidTqOx
あそ、平均値(もしくは何をもって優秀としてるかでもいいけど)はだせないと。
べつに客観的なものでなくてもお前の頭の中にあるものでもいいんだけどな。(藁

322 :名無しかましてよかですか?:01/11/06 18:02 ID:+Xg+FroE
じゃ、これでいいかな?
「平均的な官僚はこんなとこで揚げ足取ってない」

323 :名無しかましてよかですか?:01/11/06 18:09 ID:lQidTqOx
ま、そりゃそうかも。(藁
で、お前の中では「こんなとこで揚げ足取ってない」人は優秀なんだ。
いっぱいいるじゃん、そんな人。
そろそろ、なにをいいたいか気付いてくれてもよさそうなもんだが。(藁

324 :名無しかましてよかですか?:01/11/06 18:11 ID:+Xg+FroE
>>323
要するに「ここを去れ」といいたいわけですね。了解。
速やかに撤退します。

325 :名無しかましてよかですか?:01/11/06 18:14 ID:lQidTqOx
・・・すこし残念。

326 :名無しかましてよかですか?:01/11/06 18:17 ID:+Xg+FroE
>>325
あ、違いました?(笑)じゃ、ちょっと意見をお聞かせ下さい。
但し以降はsageつついきましょう。何か二人の会話っぽくなっているので。

327 :青色くん:01/11/06 18:41 ID:gkKhz+Ph
世界のダークパワーは今やユダヤ人がにぎっているかも?
ヒトラーはそれを予言していたかも?

328 :名無しかましてよかですか?:01/11/06 18:45 ID:lQidTqOx
>>326
別にお前の持論に足りないところ指摘したかっただけ。
悪くいえば、感情的な官僚擁護にしか読めないことも無いってこと。
たとえば、一生懸命働いてるから給料上げろじゃ、素朴すぎんし、
かといって評価のありようを詰めてはいないみたいだし。
もう少しいろいろな要素さがすことからはじめればいかがか?

329 :300:01/11/06 18:59 ID:+Xg+FroE
>>328
なーるほど。
いや、僕も給料上げろだけじゃダメだと思ってますけどね。
実際に仕事で接していて、本当にだらけた官僚がいたことも事実だし。
評価については、今のままじゃダメだよなーとは思うけど、自分が官僚
というわけじゃないし、その手の専門家でもないので正直案は出せないですよ。
一般的な会社のような評価システムを導入せよ、という意見も聞くけど
単純に数値化出来るような職種は少ないしね。(民間企業もそうですけど)
でも、とある知り合いの中央官僚の給料を聞いたときは、正直その人が
やっている仕事内容を考えると、割に合わないなとも思ったことがあるのも事実。
だからといって天下りや資金プールが許されるわけじゃないけど。
ちょっと支離滅裂でごめんね。
あなたは何かいい案持ってますか?ここで論じても有効性は低い気もしますけど(笑)。

330 :名無しかましてよかですか?:01/11/06 19:15 ID:rl6V1sQ8
小林よしのりは、
スッチーのサービスが悪い、って描いていたが、
じゃあ、公営にすればサービス向上するのか?
あと武器も簡単に持ち込める、って批判してたけど、
単に規制すればいいだけだろ?
別に経営まで公営にする必要は全くないと思うが。

他にもいろいろツッコミながら読んでたが忘れた。買ってないし。

331 :300:01/11/06 19:27 ID:+Xg+FroE
そうだった。ここはゴー宣板だった(笑)。
過去に読んだ奴で、ちょっとと思ったのは、「どんどん借金して、本当に
有効な公共事業をするべきである」のくだりかな。
自分、子持ちなんで、やっぱり自分の子供の時代に日本の借金が酷い
事になるのは気が引ける。

332 :名無しかましてよかですか?:01/11/06 21:51 ID:qmp1Jdfi
>>331
気が引けるじゃすまないよ。
かなり悪い状態なんだから。
これ以上、借金増やそうなんてヤツは殺したいね。
ちなみに俺も子持ちだよん。

333 :155:01/11/07 00:32 ID:MRhu4dtj
子供の時代に借金を残すのがイヤだっていうのは分かるけど、
残さなかったら何も残さないことになるよ。経済的繁栄も何もね。

って言うのは大袈裟だけど、今公共投資したほうが
将来世代の負担は軽くなるんだってば。
今借金したら後々もっと酷くなるってのは一部マスコミによる
刷り込みと個人的な感情によるだけだと思うんだけど。

>332
借金したほうが良いって言うだけで殺したいとか思うあんたは
どうかしてると思うよ。切れる大人?

334 :名無しかましてよかですか?:01/11/07 00:38 ID:pQWFz0jV
>って言うのは大袈裟だけど、今公共投資したほうが
>将来世代の負担は軽くなるんだってば。

インフレ時代ならともかくいまはデフレ。将来世代の
負担は極端に重くなる。東京外郭環状道路なんて当時
作っていたら3000億ですんだが、いまは利息だけ
で...

335 : :01/11/07 00:38 ID:ZvQN632O
>>333
公共投資に関しては、真っ当な意見だが、実際には、
次の世代に残る社会資本がつくられてないところに問題がある。
あまりにコスト意識にかけていたり、ファミリー企業の癒着の問題、
毎年崩壊する林道を作り続けていたり、等々。

だから、道路公団を民営化しようといってるんじゃないかな。
PFIでやれば、今の費用の数分の一で道路をつくることができる
といのせなおきが言っているよ。彼は、公共投資をするなと
いってるんじゃなくって、特殊法人が公共投資を食い物にしてる
と糾弾してるわけだ。

336 :名無しかましてよかですか?:01/11/07 08:31 ID:nYIHHQ/A
>>333
景気が良くなると、政府が国債残高を減らすと
思ってるなら間違いだ。
公共投資は政治家の資金源・組織票の源泉。
だから景気には関係なく増加する傾向がある。
事実景気が良い時に公共事業は減ってるか?

逆に不景気の今だから、無駄を無くそうという
国民からの圧力が強いんだよ。
まさにいま、無駄を無くさなきゃいけないんだよ!

337 :300:01/11/07 09:34 ID:tIFQqRZN
>>335
PFIは自分が仕事としてやっていたのでいわせてもらいたいが、学者連中の
いうようなコスト削減につながるとは思えぬ。
一般的に分かるような詳しい説明はここでは書けないから説得力に欠けるかも
しれないが。

338 :名無しかましてよかですか?:01/11/07 10:49 ID:MP0V+mTL
>>304
「パーキンソンの法則」というのがむかーし流行りましてねぇ……。

339 :名無しかましてよかですか?:01/11/07 10:54 ID:MP0V+mTL
>>336
それは経済論ではないなぁ。少なくとも理論的には333の方が正しい。
政府を糾弾するなら「現在公共投資をしていること」ではなく、
「好景気時に公共投資を減らせなかったこと」だろうに。

340 :名無しかましてよかですか?:01/11/07 11:02 ID:6GG69fb9
>じゃあ、公営にすればサービス向上するのか?
国鉄とJR、電電公社とNTT
どっちがサービス良かったのだろう?

ちゅうか
個人の体験(しかも本当かどうかも分からん)を
一般的な基準にするのは無理過ぎ。

341 :300:01/11/07 11:18 ID:tIFQqRZN
>>340
僕へのコメントかなあ?
PFIは民営化とは全然違う話だよ。

342 :名無しかましてよかですか?:01/11/07 11:47 ID:VUCyvv6v
プロ意識のない連中が多くなったことが問題である。

343 :336:01/11/07 12:10 ID:sFuVfu7L
>>339
でも公共投資の政治的性質を考慮に入れないと。
実態から掛け離れた経済論しても意味を持たないし。

公共投資が本来の経済的性質で運用されていれば
そもそも問題もないでしょう。
運用の段階で政治的に歪められて、意味の無い無駄な
モノになってしまうのが問題なわけで。
巨額の税金が無駄に使われ続けることの罪は大きいよ。
社会のモラルや将来への希望にさえ影響する。

積極財政論者は、公共投資を現実の政治の実態から
健全にコントロールできうるとの保証を論じてほしい。
説得力ある反論をぜひ期待する。

344 :155:01/11/07 21:00 ID:F2Vy57Tu
確かに将来に対する影響が低い公共投資を行いがちという批判はもっともですね。
そこは構造改革をして改めていかなければならないという点は私も同感です。
過去ログを見ていただければお分かりなると思いますが、私は構造改革に
賛成しています。

>336
公共投資を健全にコントロールするために経済を破壊するような行動は
取られるべきではないのでは?
本当に有用な投資を行うような政治家を選ぶかどうかはまた別の問題でしょ?
さらに言うと、累進課税下での公共投資はそれが一部金持ちへの還流に
ならない限りそれ自体が再分配という意味で需要の下支えになっていると思うのですが。
公共投資で儲けている人たちって別に金持ち連中じゃないのでは。
高度成長期の土建屋ではなく現在の話です。
構造転換期のデフレ要因に対する救済措置ね。
ちょっとこじ付けなきもしますが。

で、すくなくとも好況時には国債発行額は減ったよね、バブル時にも。
それに好況なら国債残高を無理に減らさなくても大丈夫でしょう。

345 :石原新太郎:01/11/07 21:18 ID:JRQY3zpz
横レスごめん。

牛肉を扱う団体が、牛肉を子供の給食に使うよう、申し入れをして、
世のお母さん方の反発を招いてるらしいね。牛肉団体も焦ってるのは
よくわかるけどね。せめて老人ホームの食事に使ってもらうところから
始めるとかしたらどうかな。藁)

346 :336:01/11/08 07:59 ID:xZ6u4fTu
>>344
>公共投資を健全にコントロールするために経済を破壊するような
>行動は取られるべきではないのでは?

つまり不健全な公共投資を管理できないことを認めるのだね。
車の走らない道路や飛行機の飛ばないエアポートに税金が使われて
価値がある?将来の為になる?積極財政ってそんな考え方なのね。

>公共投資はそれが一部金持ちへの還流にならない限りそれ自体が再分配
>という意味で需要の下支えになっていると思うのですが。

たしかに公共事業は再配分にはなってる。
ただし、還元性は少ないので投資ではないような。
特定産業(建設業)が潤う仕組みは社会的に不公平だ。

>すくなくとも好況時には国債発行額は減ったよね、

好況時にも国債残高は減少しないってことを認識してるのね。
好況時は減らす必要がなくて、不況時は必要性を訴える?
つまりその考え方では、借金は増え続けるだけで減らせない。

そして平気で将来にツケを回してく。
若い人は借金を背負わされ、高齢者は政府の年金政策が不安。
財布のヒモを堅く閉める、それが積極財政の効用のすべてです。

347 :名無しかましてよかですか?:01/11/08 08:56 ID:zjJc66RA
単純な解釈で逝けば、小泉の構造改革とは英国のサッチャーの日本版。
無駄な国家公務員をリストラするとか、給料を減らしたり、国営企業を民営化をさせる。
政府は必要最低限でよし。究極的には小さな政府が目的。
んで、自民党与党の橋本派辺りが小さな政府化に消極的で
どこまでリストラするか、どこまで給料減らすかで色々と揉めてる。
全然働かない畜生公務員はカットもしてもいいが、ちゃんとノルマを
果たしている立派な公務員はそのまま止めておく。
その基準をどうするか。
やり過ぎると、失業者が出すぎて一時的な痛みを伴って
後々に回復させる筈が返って悪化する可能性もある。
サッチャーの場合は、サッチャーの反福祉主義ははやり過ぎだったけど
後でサッチャー路線を修正して結果的に「サッチャー式構造改革」は成功した。
医療福祉や社会保障が充実された大きな政府を望むか、
競争が激しく、政府は最低限の機能を果たすだけでいい小さな政府を望むかで
どっちが悪とか善とかの問題に非ず。
故に経済上の「構造改革」は賛成するか反対するか、
成功か失敗か、などがどうとかの範疇じゃあない。
「どこまで小さな政府化するか」ということ。
金融や軍事、外交の面は又ベツモノ。

348 :300:01/11/08 11:20 ID:kLUxdNWf
>>347
大枠同感ですね。
但し小泉首相でちょっと危惧しているのは、サッチャーほど強い信念が
感じられない事かな。サッチャーはその過程でものすごい圧力を掛けられ
まくったが、頑として信念を曲げなかった。故に成功した。
頑張っているとは思うが、だんだん抵抗勢力に懐柔されつつある感じがする。

349 :名無しかましてよかですか?:01/11/09 23:54 ID:U95d/KTB
エコノミックage

350 :名無しかましてよかですか?:01/11/09 23:59 ID:mBJcbogt
さすが新太郎は反赤ひげだな。

老人なら影響少ないからいいとでも?

おまえさ、コバヤシに賛同して「公」が大事とかいうなら
僻地の無医村行けよ。そんな気はさらさらないだろうが。

351 :155:01/11/10 01:10 ID:jR1mASa4
>336
良く読んでいただきたいですね。
私は公共投資を管理できないといっているのではなく
それは別の問題ですよと申し上げているわけですね。
エアポートとか道路とか問題視されていますが、私は個々について
お話が出来るほど詳しくは無いので申し訳無いのですが、
それらがどういった風に役立つとか役立たないとかはそれこそ国家100年の
大計の中で図られるべきで、政治にその構想力が掛けているのが
現在の公共投資をただの地域エゴの戦場としてしまっているのではないですか?

で、あなたは政治的な恣意に左右される公共投資は止めろと仰るわけですが、
その結果として経済が散々な状況になっていて、さらに悪化させよと言っているのと
余り大差ないと思うのですが、本当にそれで良いんですか?

352 :155:01/11/10 01:19 ID:jR1mASa4
続きです。長々と申し訳無いです。

国債残高の存在に何でそんなに目くじらを立てるんですか?
別に負担があってもそれが異常な状況でなければ良いんでしょ?
私の考える異常な状況とは国債が市場で吸収されなくなって
長期金利が大幅に高くなるとか、そのレベルなんですが、
336さんの考える異常な状況は国債残高があるという
それだけの状況なんでしょうか?
借金があってもそれに見合ったサービスが受けられ、経済が
不況でないならそんなに悪い状況でもないのでは?
高齢福祉政策と国債残高に関しては繋がりすら解らないのですが?
不勉強で申し訳無いですが、ご教授願えますか?

ちなみにサッチャー政策が成功だったという話は
どの本を読めば解りやすいですか?
なんか代表的なものを2・3冊教えていただけませんか?

またもくれくれ小僧で申し訳ありません。

353 :名無しかましてよかですか?:01/11/10 13:39 ID:KUfjx/FI
>>352
トレインスポッティング

354 :名無しかましてよかですか?:01/11/10 18:50 ID:/Wv6sDZN
>>352
> 私の考える異常な状況とは国債が市場で吸収されなくなって
> 長期金利が大幅に高くなるとか、そのレベルなんですが、

どう考えても、カウントダウンに入ってると思うが?
あなたは、それを防ぐ奇手妙策でもお持ちか?
また公共投資がお好きなようだが、では国家の大計なり構想はお持ちなのか?

355 : :01/11/10 19:44 ID:d/ibTiCZ
にわかドキュソIT企業系ベンチャーじゃなくて、もっとアイデアと技術のある
ベンチャー企業育成に使用する公共投資なら今後10〜20年くらいは
いけるんじゃないかと思うけど、今更土建に使う公共投資はダメすぎ。
日本が焼け野原だった頃はとっくに終わってるっつーの。

356 :犬童知遠 ◆S4MQtgqA :01/11/10 19:48 ID:x0QLJV4Q
>>355
禿同。

357 :名無しかましてよかですか?:01/11/10 19:53 ID:6ZNw16Rd
>>355
そんなとこがあれば、別に公共でなくても、民間の投資会社が
とっくに投資する。民間の投資家をなめてはいけない。

358 : :01/11/10 20:01 ID:d/ibTiCZ
大学出たてで、金はないけどアイデアと技術は持ってるような人たちに
経済の専門家をつけさせて企業を興させるような仕組みを、国家が率先して
構築すべきだということ。実際、名もないぽっと出の大学生の集まりに
金かしてくれるほど企業は甘くないです。ただでさえ不景気だから高リスク
は嫌ってるだろうし。

359 :155:01/11/10 22:36 ID:azVTStKi
>354
ではそのカウントダウンに入っているというのを証明してください。
ただし、残高が多いからとかGDP比率がとか言うだけではなくて
それがどこの部分にどう作用して危険なのかも教えてください。
国家大計に関する妙案と言われるとつらいですが、それこそIT時代にふさわしい
情報と物質両面の高速運輸手段の確保が必要だとは思っています。
さらに私が強調したいのは、この不況下、構造転換期においては効率がそこまで高くなくても
経済対策を打たざるを得ないという面です。

ベンチャーに対する投資そのものについてはあまり乗り気にはなれない面もあります。
それこそが日本の将来に対して重要だと思うから、民間でそのノウハウを養って欲しいからです。
ただ、この黎明期においては保証の割合を高めるとか、358さんがお書きのような
仕組みの構築に参加する事も有りなのかとは思います。

ただね、ベンチャーそのものについては思うほど甘くはないという意見もわかります。
何せ日債銀とかベンチャーに投資しまくって殆ど焦げ付かせましたからね。
社会はクラッシュしないと学ばないという斎藤精一郎の拙い論理もあながち無視できませんね。

360 :青色くん:01/11/10 22:50 ID:yH2EjH62
日本の産業が中国に押されて、産業の空洞化が進んでます。
将来、日本の生活水準は下がるんですか?こままだと
どうなってしまいますか?(将来、中国に出稼ぎ行く僕が見えます)
ブルーカラーの僕は不安で、どうなるのよ?BY田原総一郎。

361 :354ではないが:01/11/10 22:53 ID:CNWM7lTW
>>359
基本的に今後予想される税収の伸びと
支払わなければならない国債の利息を比べてみればよいと思われ。
データないので自分でやってね。

362 :155:01/11/10 22:53 ID:azVTStKi
ブルーカラーの中でも職種によると思いますが、
今まで花形だった輸出産業のほうがどちらかというと
不利な状況になるでしょうね。会社によるでしょうが。
純粋国内消費財だと出稼ぎとか代替とかにはあまりならないですよね。
ただ、社会形態は大きく変わるだろうから、逆に出稼ぎの人と
職を分け合うことにはなっていくでしょうね。

363 :青色くん:01/11/10 23:07 ID:yH2EjH62
出稼ぎはヤダの!生活水準も下がるのヤダの!
どうすれば、日本はいいのよ!?BY田原総一郎。

364 :右翼学者:01/11/10 23:37 ID:CLLyEtAP
>>363

製造業じゃなくてサービス産業にいけばどうだね。

365 :名無しかましてよかですか?:01/11/11 07:50 ID:24ljXQke
>>361,346
インフレ率はどう処理するのさ。600兆円という数字がずっと同じ
価値をもつわけではない。

>>347
サッチャーの時、イギリスはデフレやったか?状況がちがうやろ。

役所のシステムは戦前から変わってない。ただ、成績優秀者が
軍(日本最大の官僚機構)の将校になるか、官僚になるかのちがいだけ。
戦中の高級将校連中のアホぶりをみれば、今の官僚だって知れたもの。

366 :354:01/11/11 13:34 ID:eHs4+Q7j
>>359
> ではそのカウントダウンに入っているというのを証明してください。

証明も何も、もうゼロ金利でしょうが! なのに株安はまったく止まらない。
小学生が見ても流れは明白だぞ? 何を証明して欲しいんだ?
それともあなたは、この流れがある日突然劇的に変わるとでも言いたのか?
いかなる根拠に基づいて? あなたの主張の方がよほど非科学的だぞ。

というかね、155さんが言いたいことはわかる。魂的には。
でも、もう日本にはそんな余裕はないんだよ。なにか天才的な打開策でもない限りね。

367 :354:01/11/11 13:43 ID:eHs4+Q7j
155
国際大量発行がどう作用するかだったね。
一言で言うと、やり過ぎれば経済に大ダメージを与えることになる。

ちっとも論証になってないが、ちゃんと論証しようとすると、
かなり構成が面倒臭いんで、我慢してくれ。
どういうルートを考えても、いいことは何もないんだが、
そこら辺は経済の本でも見て欲しい。

368 :名無しかましてよかですか?:01/11/11 15:50 ID:isFlnpxd
>>366
具体的に言うと国債がパンクした時が日本の最後ですな。
世界の最後とも言うけど。
でもそのほうがいいと思う、システムとして日本は既に限界にだよ。

369 :名無しかましてよかですか?:01/11/11 16:18 ID:XVMqr1+L
>>366
株安は止まっているよ。

>>367
大量発行しても、国債の値段が下がってない。
ダメージ与えてるとは思えんが。

370 :155:01/11/11 18:20 ID:FnZY/ZaL
369さんがお答えになっているのと同じ感想しか持てませんね。
>366
ゼロ金利で株安で、確かに景気は悪いですよね。
それと国債の話とどのようにリンクしているのですか?

>367
国債が大量発行されれば危険なのは分かります。
だけどその危険水準がどの程度なのかが分からないといっている訳です。

371 :1:01/11/11 18:38 ID:u0ZHT/V/
>>370
株と為替と国債は密接に関係してまっせ。実は世界を流通している投資金額の総量は殆ど増減が無いわけです。投資家は常に投資先を
探し、その投資先の主なものが株と為替と国債なわけですな。
好景気の時はリスクは高くとも利率の良い株式に向かい、不景気の時はリターンは低くとも安全性の高い国債に資金は向かうわけです
んっでもって、為替は双方の国に流れている自国通貨の総量バロメーターなわけです。簡単に言えばアメリカ国内の円の総量が多ければ
多いほど円高ドル安になるわけですわな。日本国内の円は減り円の価値が高くなるわけだから。つまり株・為替・国債はそれぞれが
連結しているシーソーみたいなものです。あっちが上がればこっちが下がり、そっちが下がればあっちが下がるみたいな。
国債の話ですが現在国際社会における日本の経済的な信用はどんどん下がっているわけですね、が、しかし国の信用の目安である国債が
バカバカかわれて国債の利率はどんどん下がっているわけですよ。

372 ::01/11/11 18:46 ID:u0ZHT/V/
もし国債が暴落したらどうなるか?まず円の信用が無くなって為替が一気に円安に向かいそれに関連した株が道ずれに下がるわけですな
国債が下がり、円が下がり、株が下がるよく聞くトリプル安とゆうやつですな。そうなれば全てはおしまいです。企業倒産が続出し
失業率は想像もつかないでしょう。国債を発行しても返せる見込みがないのに政府は国債の依存から脱却できないわけですね。
国債が信用がある内はいいですけど、もし国債金利の支払いがとどこおる事態になればお終いであります。今の日本の国債発行高は異常ですね。
そうゆう意味で日本は今大変危険な状態にあるわけですな。

373 ::01/11/11 18:48 ID:u0ZHT/V/
>>371
>×そっちが下がればあっちが下がるみたいな。
>○そっちが下がればあっちが上がるみたいな。

374 :354:01/11/11 19:07 ID:eHs4+Q7j
155さん、ゼロ金利って何のためにやってるか知ってる?
ゼロ金利状態になってるのに危険水準がわからん
とか言う方がわからん。既に危険水域に突入してるってことだよ。

逆に155さんには「まだ大丈夫」という根拠の方を説明して欲しい。

375 :155:01/11/11 20:29 ID:FnZY/ZaL
>374
ゼロ金利を国債の利払いを軽くするために行っているとお考えでしょうか?
それは一面には真実ですが、総合的な経済的視点とはとても思えません。
まだ大丈夫という私の考える根拠。
1.国債引受が不調に終わる気配すらない
2.結局日銀が国債を引き受ければ別に問題は起きない
3.国内資産が潤沢にある
別に2を行ってもハイパーインフレにはなりませんよ。

>371
円が下がるとどうだとか、若干私見とは違うところもありますが、
(円安になったら景気が回復するでしょ?)
株と経済がリンクしているという事は私も理解しています。
私はその最後の2行について何度もお聞きしているわけです。

376 :名無しかましてよかですか?:01/11/11 23:21 ID:BjT52HVy
>>375
>1.国債引受が不調に終わる気配すらない
どこが引き受けてるかを考えれば
ゼロ金利とあいまって、国債の日銀引受とたいしてかわりがない。
さらに性質の悪いことは国民の財産を金融政策の担保にとってるのと同じということだ。
責任転嫁とマッチポンプの帳尻合わせによる綱渡りは、
いつか破綻するし持続可能な経済成長すら不可能にするかも。

377 :名無しかましてよかですか?:01/11/12 00:38 ID:9rSw4Pd5
>>375
>(円安になったら景気が回復するでしょ?)
そりゃ現在より更に5円程度円安になれば景気回復の一助になるでしょうけど
それ以上になれば景気の足を絶対にひっぱるぞ、大体日本企業生産施設が海外に
多いのは強い円が頼りですからな。98年の夏に円が140円を突破しただけで
日米双方で大騒ぎだったのを忘れたの?単純に考えても円安は輸入産業には大打撃
だわな。

378 :貼り逃げ:01/11/12 05:55 ID:5Acm77pf
http://www.post1.com/home/hiyori13/krugman/scurvej.html
http://www.post1.com/home/hiyori13/krugman/japtrapj.html

379 :354:01/11/12 18:43 ID:P9hRtYCP
>155
> それは一面には真実ですが、総合的な経済的視点とはとても思えません。
一般論はともかく、ゼロ金利は現実に株価(銀行救済)と
国債引受以外の機能を果たしているのでしょうか。

> 1.国債引受が不調に終わる気配すらない
国債は大人気。でも貸し渋り。という状況を考えると、
銀行がバカで審査能力がない→消去法で国債購入
という図式しか見えてきません。

銀行の無能とゼロ金利に支援されて、国債が市場に吸収されてる状況を
レッドゾーンと見るのは、極めて常識的な判断だと思いますが。

> 2.結局日銀が国債を引き受ければ別に問題は起きない
そこまできたら、十分末期症状だと思いますが。
引き受け手のない国債を、中央銀行が吸収する、などという国の、
経済も経済政策も到底まともであるとは思えません。
信用にも関わるでしょう。あと、
(1)日銀の引き受け能力にも限界があるのでは?
(2)そもそも日銀は国債を引き受ける機関ですか? そんなことに金を使って、
本来の業務に支障は出ないんですか?

380 :354:01/11/12 18:43 ID:P9hRtYCP
> 3.国内資産が潤沢にある
具体的にどう利用しようというのか、よく分かりませんが、
もし財産税のように臨時徴収しようというなら言語道断です。
だいたい、そんなことしたら国内資産は日本の課税権の及ばないところに
逃げるだけです。かなり実効性というか、現実味が薄い主張に思えます。

そもそも2、3のような方法は邪道であり、そこまで言われると
一種偏執的な主張に聞こえます。そうまでして、一体何に投資するんですか?

公共投資は赤字が拡大してもGDPの拡大に寄与せねばなりません。
ところが、橋龍や小泉がちょっと緊縮するだけで、すぐマイナス成長になるようでは、
今までの投資はモルヒネ以上の役には立ってなかった、としか言えません。
もはや確固たる理論に裏打ちされた具体策と一緒でなければ、
積極財政の主張は許されないでしょう。

381 :名無しかましてよかですか?:01/11/12 20:18 ID:yEGWlZXS
経済なんて誰にも解らないのでは?
そういえば私自身も良く考えたら
ぜんぜん解かっていない。
いままでも、もっともらしくて説得力のある
人の意見が正しいと思い込んでいただけだ。

382 :家畜人にほんじん:01/11/12 21:23 ID:oHbWCL0E
しょぜん、小林よしのりは道化師!
それに気がつかないコヴァはバカ!
コヴァと言うバカが戦争論2を買う事で
小林よしのりとカナモリとその他アシスタントの生活を
支えているのに過ぎない、加えて連中らのヴァカンスもね。

383 :354:01/11/12 23:54 ID:P9hRtYCP
我ながら、ちとウザかったね。

おまけに、379、(1)、(2)は質問自体が不正確だったし。
(1)限界はないが、無限には出来ないよね?
(2)要は金を政府がばらまくか、金融市場を通してばらまかれるかの違いだよね。
2の状態になれば、民活が否定されることに変わりはないが。
正しくは(たぶん)→そんなに政府って頼れるの? 金融市場の縮小って悪影響ないの?

ま、俺もわかってるわけじゃないし、間違いがあったらどんどんツッコンでくれ。
ただ、俺の考えというか疑問のベースは380にある、といっておく。

384 :名無しかましてよかですか?:01/11/12 23:58 ID:XpjB8sMk
小林氏の本は面白い。サヨクの連中が書いた本なんて本屋で手にとって
目を通して見たが到底納得できず、じっくり読んでも無駄だと判断した。
サヨクの言葉は廃れて読む気が失せる。

そんな小林氏も経済はダメだ。人間得手不得手があるんだから、
小林氏は歴史や社会のことで頑張って欲しい。経済は切り口によって
意見が分かれるのでこれが絶対だとは言い切れない。
そういうのはエコノミストに任せてもいいと思う。

小林氏は腐ったサヨク連中の言論を完膚無きまで叩きつぶして
欲しい。もうサヨク連中の言葉は若い世代には遠く届かない
ことになってきているが、まだまだ教科書問題でもアホなサヨクが
実力行使しているので小林氏にはそいつらを世の中から一掃するために
経済なんぞに時間を費やしている暇はない。

385 :小林よしのり読者のひとり:01/11/13 00:41 ID:O9JIg7iN
今、構造改革が正念場なので、よしりんには抵抗勢力の仲間入りにならずに、
応援してほしいところだ。潰されてから応援されても遅い。

よしりんは、歴史・戦争論に関してはさすがだと思った。
マンガだけでなく、文章でも、あれだけ書ける人はいまい。

構造改革も、戦争論も、日本を再生するという面では目的は一致しているはず。
自分の利益しか考えない連中が大勢いるのは皆そろそろ分かって来ただろう。

386 :小林よしのり読者のひとり:01/11/13 00:49 ID:O9JIg7iN
しかし、アメリカはもう駄目かも。
今回のNY墜落事故は、
テロの標的という印象を改めて増幅した格好だ。
アメリカへの投資は信用による。
アメリカもだめ、日本もだめとなると、投資先がなくなるだろう。
非常に深刻な事態だ。
一方、急激に勃興する勢力が出現する可能性も高いが。

387 :名無しかましてよかですか?:01/11/13 00:54 ID:T4OrDjgd
>>385
戦争論でなぜ日本を再生できる?(藁

388 :小林よしのり読者のひとり:01/11/13 02:05 ID:g7EPP/4T
最初からやる気が無ければ何もできまい。
日本人はもっとプライドを持つべきだろう。
戦争論はそれを援護するから。

389 :名無しかましてよかですか?:01/11/14 16:01 ID:aoC1HWor
>>388
日本人にやる気とプライドが無い?
何考えてんだか、コバは。

戦後の日本はプライドより経済復興を
最大目標に選択してきただけのこと。
よしのりに指摘されるまでもなく、
自尊心なら持ってるでしょう日本人。

あぁ、一部の反日日本人は別でしょうけど。

390 :名無しかましてよかですか?:01/11/14 16:14 ID:Hq271m/i
プライドも大切だが、バカブッシュの「我らが正義」ぶり見て
どう考えるのよ。ちょっと、引かないか?
ああはなりたくないなと。

日本人は自尊心を前面に出さないだけだろう。
出すぎると自己中なワガママになってしまうからね。
和をもって尊しってことも、現実にあるでしょ。

391 :名無しかましてよかですか?:01/11/14 16:35 ID:/qHkqEJP
結局、小林よしのりが面白いところは。
戦後の行き過ぎた反権思想や左翼思想への辛辣な攻撃に尽きる。
また、それから派生した歴史観や公道徳も、まあ善しとしよう。

国際政治や経済論、日本人の精神論などについては
対象を広げすぎて理論が自己崩壊している。
所詮、よしのり程度が論じるべきものではないでしょう。
そういう処では業田良家の皮肉のほうが数段、面白いね。

392 :きんたま童貞:01/11/14 16:36 ID:lKfsNFy5
26 名前: 菊地 投稿日: 2001/07/20(金) 01:36 ID:???

念のために言っておきますけど、IOND大学卒は高学歴ですから。



26 名前: 菊地 投稿日: 2001/07/20(金) 01:36 ID:???

念のために言っておきますけど、IOND大学卒は高学歴ですから。

393 :155:01/11/14 21:21 ID:v1BDs/lY
返事が遅れてすいません。少し忙しくて・・・(言い訳)

>377
でも日本はそれでも輸出産業のほうが多いですよね?
短期的にはプラスではないですか?

>379.380
では国債がないと、その資金はどこに投資されることになるのですか?
中央銀行は今でも債権買いきりオペ等をやっていると思いますが?
ま、確かに国債の無制限な引き受けは財政規律を乱すと思いますが、
それって物凄い額の話ではないですか?現在の日本の経済規模からいくと。

国内資産については、分配が上手くいけば景気が回復されるに十分な
資産がまだまだあるから大丈夫という意味です。
民活を否定するわけではなく、民活が上手くいくようにしながら、
構造調整期の下支えをするだけですよ。
金融市場の縮小については検討の余地があるかもしれませんが、
これは金融緩和の継続と、投資環境の整備により避けられるでしょう。

逆に緊縮財政論者はどうやったら現在の経済が緊縮によって乗り越えられるかの
道筋を示して欲しい。安易に民活による投資の促進とか言っても
現在の経済状態が全て否定していますよ。

394 :小林よしのり読者のひとり:01/11/14 23:00 ID:G5IOAruJ
>>389
>日本人にやる気とプライドが無い?
そんなことは言ってねーぞ、ふざけんな!

もっとも、やる気とプライドの無い日本人が多すぎるのは確かだが。
人の足を引っ張る連中が多すぎる!

395 :名無しかましてよかですか?:01/11/14 23:07 ID:yqIHd1py
プライドだけ、ってヴァカも多いよな。どっかの会とか。

396 :名無しかましてよかですか?:01/11/17 19:19 ID:XoatHtO+
あげとこ

397 :名無しかましてよかですか?:01/11/17 19:23 ID:Fo0KwDll
生き抜きたきゃプライドは捨てな!!

398 :354:01/11/17 20:15 ID:QS+hAayk
>>393
こっちも忙しくて(笑)
> 1.財政赤字はまだ大丈夫。国債引受も堅調。日銀引受もある。
「引受」だけでなく「返済」も考えるべきです。やはりベラボーな借金の「残高」も気にせねばなりません。

> 2.民活を否定するわけではないが、いわゆる「景気の下支え」も必要である。
その通りだとは思いますが、問題はそれが「可能」なのか、「方法論」にあります。

結局、>>376さんの
> さらに性質の悪いことは国民の財産を金融政策の担保にとってるのと同じということだ。
> 責任転嫁とマッチポンプの帳尻合わせによる綱渡りは、いつか破綻するし持続可能な経済成長すら不可能にするかも。
このレスが言いえて妙というか、的を得てるんじゃないでしょうか。

・金融資産を担保
担保に供した覚えはありませんが、現実問題として手をつけるしかないでしょう。380で疑問は呈しましたが。
・マッチポンプ
金を断てば即マイナス成長、歳入は増えず歳出は膨らむばかり…
つまり今迄の累積赤字はクソの役にも立ってません。まず責任者を国賊として処刑しましょう。
また日本発の世界恐慌の防止と嘘八百を言う政治家もいますが、「防ぐ」のではなく「先延ばし」してるだけなのは明白です。
・綱渡り
現実には、あまり無茶をするわけにもいかないので、微妙なインフレや増税を繰り返していくのでしょう。
また政府は組み替え等により60年で償還などと戯けたことも言ってますが(世間ではこれを「自転車操業」と呼びます)、
10年後に利回りが跳ね上がる可能性があるのは、少し考えれば素人でも分かります。一体、どうすんでしょうか。
巧く乗り切るのは、もはや綱渡りというか神業に思えます。

> 道筋を示して欲しい。
規制の精査と段階的緩和+生存権だけは保障+あとはひたすら我慢! としか言えません。
次の半世紀に大敗しないためには。もちろん、人材、物流、情報インフラへの公共投資は必要と思いますが。

399 :きゅりお:01/11/17 23:42 ID:YFkrROKe
仕事でアジア各国に行ってますが、

「今、200万あったらどうする?」

<中国人(華僑)30歳> 決まってんじゃん。新しいビジネス始めるよ。カンボジアで
レストラン経営なんかいいね。人件費安いから。

<日本人32歳> 決まってんじゃん。車だね。カーナビつけてさ。あと生命保険もワンラ
ンク上のやつつけてさ。株買うなら、リスクの低い投資信託だね。銘柄買うなら、大手に限る!

こんなんじゃ、絶対に勝てません。実話です。
形式主義でクリエイティブさがなくリスクを嫌うリーマン文化じゃ、日本経済の再浮上
はありえません。合掌。

400 :暴徒:01/11/18 00:06 ID:/UreA+WM
プライド捨ててまで生きたくねえよ

401 :名無しかましてよかですか?:01/11/18 00:26 ID:nFHwDKNo
プライドだけで生きたくねえよ。

402 : :01/11/18 11:52 ID:bUcIYFrZ
プラウダだけで生きたかねえよ。

403 :名無しかましてよかですか?:01/11/19 18:10 ID:RjjVT9Nv
>>402却下

404 :ニキ:01/11/19 20:01 ID:Td5KOFvO
ラウダだけで生きたかねぇよ。

405 :名無しかましてよかですか?:01/11/19 20:07 ID:sU07psOH
商売人だもんね

406 :小林よしのり読者のひとり:01/11/19 23:29 ID:Fxa6mloo
おまえら”プライド”だけで引っ張りすぎ。

適切な言葉はなかなか見つからないのだが、
技術系に限ると、日本の会社でできるやつには2種類の人間が存在する。
1.技術的な知識と経験、確固たる自分なりの仕事のやり方や信念に基づき、判断するタイプ
2.その場の状況に応じて臨機応変に判断するタイプ

人の言いなりにしか動けないやつは、日本人だろうが外国人だろうが、議論の対象になりません。

俺も多少はアジアの現地で仕事をした経験はある。
しかし、技術系でも、キーパーソンのほとんどは2のタイプが多く、
これまで、1のタイプには御目にかかったことが無い。
逆に、アメリカは、1のタイプが多かったね。

407 :小林よしのり読者のひとり:01/11/19 23:42 ID:Fxa6mloo
>>406の続き
日本企業でも、製造現場には1のタイプが多いが、営業やプロジェクトはほとんど2だね。
言いたいのは、1にとっては、2を論破するのはたやすいということ。
日本の若者の退廃ぶりに目を奪われているようだが、
日本の製造業の現場というのは、並大抵のものじゃない。
口先だけの連中には、実際の技術に対して何もなすことはできない。

中国に1のタイプが多ければ脅威だと思うが、指導者はほとんど2のタイプだと思うぞ?
中国で製作してどんなに品質を確保するのに苦労するか・・・
繊維程度のものなら、大丈夫だろうが。

複雑な機械システムについては、アジア圏が脅威とは思えない。
技術系に関しては、いくら賃金の安い労働者が100人いても、
熟練の作業者1人にかなわない。
アメリカ、ドイツのように、知識面で信念を持って、計画的にやられたほうが、
日本にとっては脅威でしょう。

408 :名無しかましてよかですか?:01/11/20 00:08 ID:wacoDF27
>>406-407面白いね〜
中国も今は2のタイプが多いだろうけどそのうち1のようなタイプも出てくるかもね
その時が脅威だね

409 :茶々:01/11/20 01:57 ID:op+cLxa4
>>407
>複雑な機械システムについては、アジア圏が脅威とは思えない。
>技術系に関しては、いくら賃金の安い労働者が100人いても、
>熟練の作業者1人にかなわない。

中国の技術水準は急速に上昇しつつあるし、高コスト・低収益体質を
問題となっている日本企業にとっては、中国の安価な労働力が魅力で
海外移転を行うのだから、上のような主張は無意味。

>アメリカ、ドイツのように、知識面で信念を持って、計画的にやられたほうが、
>日本にとっては脅威でしょう。

信念などというのはきわめて語るに曖昧。意味なし。

410 :小林よしのり読者のひとり:01/11/20 07:03 ID:M2PyfECi
>>409
将来はともかく、
中国の技術水準が上昇しつつあるといっても、
現状はいまだ海外からの資本と技術の導入に頼っている状態。

信念といったら分かりにくいのだったら、
科学技術に対するこだわりと言ったらどうだろう。
これは、仕事に対する姿勢の問題であって、
資質の無い人には感じ取ることすらできません。

今のうちに、この日本の長所を伸ばしていくことこそ、生き残る道と考える。

411 :きゅりお:01/11/20 13:03 ID:mRqX783p
>>410

日本人には技術を技術革新ぬ結びつける創造性に乏しいのが最大のネック。

仕事で上海によく行くがパートナー上海人は「中国人は感性がアメリカ人に近い。
仕事を一緒にするなら目的合理性のあるアメリカ人がいい。日本人は結果よりも
手続きばかりを気にする。仕事における問題点の要点をまとめるのも下手」と酷評
する。

中国人のように常に「制度の穴」を探すような精神性が創造性につながるのだとす
れば、日本人は制度に従うだけの「リーマン文化」を乗り超えないとアジア経済で
リーダーシップを取るのは「現実」として相当厳しいと思う。

少なくてもビジネスリスクに対する姿勢を劇的に転換しないと、「日本経済は二度と
浮上することがない」とすら思える。

412 :小林よしのり読者のひとり:01/11/20 23:23 ID:b5kGl8LP
>>411
おまえさ、日本人の創造性が乏しいとか言ってたら、殺されるぞ。

制度についても、技術の面についても、その二つの文化を日本人は持っていると言っているの。
足を引っ張る連中もいれば、あんたが言う"目的合理性"を持った人もいるんだって。

問題は、どのような仕事を残し、日本人は選択するべきかと言うことに集約されつつあると思う。

413 :名無しかましてよかですか?:01/11/20 23:24 ID:LkvhZex0
リーマン文化などそもそも下級官吏以外もっていないのがこの国のよさ。
さもそれが伝統のようにいうのはサヨクの自虐的な見方である。

414 :茶々:01/11/20 23:26 ID:oDcNNLJw
>>413
???

415 :きゅりお:01/11/20 23:30 ID:mRqX783p
>>412

経営において、生産におちて、技術革新が起こせなくなりつつあるのが、
日本の危機だということに気付かないのか?

>>413

その下級官吏=リーマン、OLの「消費行動」に振り回されているのが日本経済
の現実だろう。もっと現実を見ろよ。

2ちゃん風に言えば、アジアで現実に起こりつつある経済変動で
「中国人に脅威を感じない」奴は素人。

416 :xxx:01/11/20 23:46 ID:Bw2buCOa
>>409
>将来はともかく、
>中国の技術水準が上昇しつつあるといっても、
>現状はいまだ海外からの資本と技術の導入に頼っている状態。

あなたさ、『週刊東洋経済』とかの経済誌読んだことない
よな、絶対。読んでいたら、こういうタコなことは、まず
書かないはず。

もはや、そういう状況じゃない、ってえのはミクロ経済を
ちょっとでもかじっていればわかるはずなのよ。

中国一の総合電器メーカー「ハイアール」の売上高は世界
第9位なの。低コストを武器に情報家電から住宅設備まで
全部門で大幅な黒字。アメリカでもそのシェアをガンガン
伸ばしているし、日本メーカーもOEM生産で相当な数量
を依存している。

経済情勢は「日進月歩」。怠りなくウォッチしていない人
が何を言っても犬の糞。

417 :名無しかましてよかですか?:01/11/20 23:59 ID:wacoDF27
中国企業は日本人技術者もどんどんヘッドハンティングしてるからかなり脅威だよ

418 :小林よしのり読者のひとり:01/11/21 22:41 ID:B7E1AZ0J
ハイアールのことは俺も知っている。
残念ながら、家電は生産基地を中国へ移していくことになるだろうね。
それに別に中国に脅威を感じないとは言っていない。
日本に残すべき技術を選択する時期に来たと言っている。
それとも416は日本の生き残る道は皆無とでも思っているのか?
はっきりいって、日本の企業がやるべきことはまだまだある。
改善の余地がかなり残っている以上、まだまだいけると思うが。
俺に言わせれば、日本企業はこれまで恵まれすぎ。無駄が多すぎ。

419 :小林よしのり読者のひとり:01/11/21 22:44 ID:B7E1AZ0J
脅威を感じて安易に海外進出する前に、足元を見直すべき。

420 :きゅりお:01/11/21 23:03 ID:Ug2LYIA8
日本が選択する技術は、「アニメ」と「ゲーム」でしょう?
他にある?

421 : :01/11/21 23:47 ID:92WpcSXd
ウーム、俺は東莞に良く行くが経済合理性という尺度で測ると日本は中国に越されつつある事はたしかだ。
でもまだ物作りの文化というか職人気質というかが育ってないところもある。
こだわりの集大成が高品質製品でありその結果が高収益であるところが見うけられない。
為替のマジックってやつもあるので、思いきって一旦日本をデフォルト状態にして、50円を1元ぐらいで
中国人と本気で経済戦争するのも選択肢だろうと思う。

422 :名無しかましてよかですか?:01/11/22 22:08 ID:3bwWigQ6
>416
つーか東洋経済なんて読んでる時点で経済知らないどきゅん決定だろ。
あんなのがニュースソース?お前朝日新聞信じてないか?
経済知ってたらあんな雑誌笑い話以外としては読めんぞ。
ああゴメン。君の周りの狭い範囲だけが「世界」なんだね。

423 :名無しかましてよかですか?:01/11/22 22:39 ID:X0CKXOPo
中国は今繊維で高い世界シェアを・・・
イギリスも日本も、繊維でまず頑張ってから
重工業を発展させた。歴史上、繊維を制すものは
数十年後世界を制す。

あとは内戦さえなければ・・・

424 :きゅりお:01/11/22 22:41 ID:zqSq7aJ7
くどいんですが、「アニメ」と「ゲーム」で日本は世界を制せませんか?
ネタじゃ、ないっす。

425 :犬童知遠 ◆c8JAPANo :01/11/22 23:06 ID:ZEc9Zn9m
>>424
すでに制してると思われ。
ただし、これ以上アニメーターの薄給&新人育成努力
不足が続くようなことがあれば、間違いなく韓国・台湾・
香港の新興オタク文化三国に抜かれます。確実です。

漫画では当分抜かれることはないでしょう。ただし、
上に挙げた三ヶ国からは、優秀な人材が多数輩出
されています。

家庭用ゲームでは、未だに日本が質・量ともに世界一
ですが、ネットゲーム市場においてはアメリカが一番
ですし、アジアでは日本より韓国のネットゲーのほうが
広く親しまれています。なぜかネットゲーになると日本
の技術力がどっかに行っちゃいます。なぜだろう・・・。

426 :きゅりお:01/11/22 23:10 ID:zqSq7aJ7
>>425
そうですよね。世界に誇れる日本文化「ぽけもん」すよね。

確かに、アニメのクレジットに台湾人の名前増えてますよね。
やばいんですか・・・。

「アレクサンダー戦記」日米台湾合作でしたよね。よくわかんなかったけど(w

427 :xxx:01/11/22 23:10 ID:VSgwplzL
>>422
ほほう、なら君のニュースソースは何よ?

まさか、「あれ」じゃないだろな、「あれ」じゃ。

無論、俺はマクロもミクロも幅広く情報収集してるがね。

どの程度バイアスがかかっているかもちゃんと見て読んで
るのは当然だし。

428 :犬童知遠 ◆c8JAPANo :01/11/22 23:16 ID:ZEc9Zn9m
>>426
台湾人どころか、本土中国人のスタッフまでいますよ。<アニメ
この、アニメ技術が拡散する様子は、イタリアンルネッサンスが
ヨーロッパ各地に分散・伝播していったことに例えられなくもないかも。
って、これは俺の持論ですが。(藁

429 :名無しかましてよかですか?:01/11/22 23:22 ID:LiKYp9VY
>「アニメ」と「ゲーム」

日本にはロリコンもあるぞ。
アニメとゲームで子供から青年まで
ロリコンで成年から中年、老年まで
日本文化で世界征服だ。
ガッハッハ。

430 :きゅりお:01/11/22 23:26 ID:zqSq7aJ7
>>428

>この、アニメ技術が拡散する様子は、イタリアンルネッサンスが
>ヨーロッパ各地に分散・伝播していったことに例えられなくもないかも。
>って、これは俺の持論ですが。(藁

めちゃ、おもろいです。続きをプリーズ。

>>429
ロリはアメリカにかないませんよ。なんたって、××率世界一ですから。

431 :犬童知遠 ◆c8JAPANo :01/11/22 23:49 ID:ZEc9Zn9m
>>430
いや、そんなに深く説明できるような代物でもないんですが、(藁
日本伝統の「マンガ」文化の萌芽(鳥獣戯画や浮世絵など)を
イタリアにおけるローマ以来の芸術文化の残滓に例えれば、
明治から戦前にかけての西洋文化(西洋的絵画手法や風刺画)
の流入は、十字軍や東方貿易によるイスラム・ビザンツ文化の
流入に例えられる、と。

そして、戦後の本格的なアメリカ文化流入(というか注入)は
ビザンツ帝国崩壊による大量の芸術家・古典学者の亡命に
対応し、そしてそこから日伊ともにルネサンスが始まった、と。
とうことは、イタリア・ルネッサンスと同様に、日本の「オタク
文化ルネッサンス」にも始まりと終わりがあるわけで。

イタリア・ルネッサンスの場合は、大西洋航路開拓による
東方貿易の衰退のあおりを受けて、芸術文化が衰退し始め、
(パトロンである大富豪・商人たちの羽振りが悪くなったため)
そこでイタリア戦争に起きたことにより、トドメが刺された、と。
(衰退する過程において、スペイン・オランダなどに文化が伝播。)

さて、日本ルネッサンスにおける「イタリア戦争」の役目は、
一体どんな事件・事象が果たすのだろうか、と。
個人的には、今騒がれている森山法相による「ポルノ規制法」
(通称:マンガ禁止法またはエロ撲滅法)あたりが怪しいんじゃ
ないかと。ちょうどアジア各国に技術伝播が始まってますし。
まぁ、「すぐに衰退」ということにはならないでしょういが、
ヘタをすれば日本は王座から滑り落ちることになるぞ、と。
とまぁ、そんな心配をしておるわけです。(藁

432 :きゅりお:01/11/23 01:24 ID:0uwmW+tl
>>431
さんくす。マンガ、アニメは文化、激しく同意です。
日本は自動車、半導体の後はアニメ立国を目指せ!
でも、ゲームはネットゲーが遅れてるぞ、がんばれ!

433 :茶々:01/11/23 01:26 ID:NHfZWllK
現在、アニメだって中国に委託しているので、今後、優秀なアニメーターは
日本で育たなくなってくるのでは?

434 :きゅりお:01/11/23 01:29 ID:0uwmW+tl
>>433
でも、優秀なディレクターが・・・と、いいたいんだけど。
例えば、映画の分野でも最近中国映画が日本映画凌駕してるよね。
韓国映画も絶好調・・・、どうなるんやろね。
日本ではミヤザキ一人が奮闘中・・・。

435 :名無しかましてよかですか?:01/11/23 01:30 ID:XOo2gf5R
アニメーターとは、原作者のストーリーに従って原画を
描くのが仕事。日本で良質な原作者(漫画家)が育ってる限り、
そんな気にする必要はないと思う。

外国人原作の漫画が日本で流行りだしたら、状況はかなり変わるだろうが。

436 :ひっきー吉田:01/11/23 01:34 ID:+x0Pys+x
>>435
隣の韓国はかなりアニメに力入れてますけど(大学まである)、まだまだ
ですからねえ、あと日本の漫画家の影響強すぎだし。
でも、その分日本人好みのものが出来ますから将来的には怖いですね。

437 :茶々:01/11/23 01:46 ID:NHfZWllK

オシイマモルは演出畑出身だよね。
それをアニメーターというのかわからないけど、そういう
支える層が充実しているからこそ、すぐれたディレクターが
現れるのだと思うな。
宮崎ハヤオだって、そういう土壌のなかで育ってきたんじゃないかな。

438 :きゅりお:01/11/23 02:33 ID:0uwmW+tl
>>437
オシイは面白いですね。あの性格さえ、なんとかなれば(w

439 :まさ 1:01/11/23 06:14 ID:k7zMflJ/
小林は好きだったのだが。。

経済だけじゃない。国際政治にも疎い。。
彼は、「アラブの人間は親日」「ビン・ラディンの言い分も分かる」
などとタリバン支持ともとらわれかねない意見を連発。

彼は歴史から何を学んだのだ?
アラブが親日だろうとなんだろうと、あんな弱小国が
味方になっても、得も何もない。
大東亜共栄圏は、理念はよかった。
でもアジアの弱小国と連携しても世界の大勢には
勝てなかった。
これを学んだんじゃないのか?
弱小国とくむな!
貧乏国とくむな!

440 :まさ 2:01/11/23 06:15 ID:k7zMflJ/
大東亜共栄圏の二の舞になるぞ。
あくまでも脱亜入欧でいくしかない。
戦後、日本は、アメリカ庇護の下、脱亜入欧することで
ここまで発展できた。
アジア諸国と日本は、世界が違いすぎるのだよ。
それは今でもそうだ。
日本とアメリカで世界経済の半分近くを占めている現状を
見れば明らかだ。

この繁栄を否定するのか?
経済大国としての地位を捨てるのか?
それこそ先代に失礼な考えだぞ。
戦場で散った英雄達が、なによりも望んでいたのが、
豊かな独立国、日本なのだから。

小林よ!
歴史はもういい。
経済、政治を勉強しろ。
でないと支持者を失うぞ。

441 :名無しかましてよかですか?:01/11/23 07:37 ID:TOAiWYYA
>439
>440
イイね

442 :名無しかましてよかですか?:01/11/23 16:37 ID:2hXm7Tp1
これまでの公共投資、特にバブル破綻後に
拡大された財政出動には
特殊法人への財政投融資分も含めて
あまりにも国内有効需要創出とは
つながらなくて唯、社会的効用としては
役人の天下り先確保とゼネコンの負債償還しか
挙げられないような(そんなもんで大手都銀の金詰り、貸し渋りが
解消するには焼石に水)
そういう社会全体のコンセンサスにあたるような事実認識をも
アメリカニズム反対の価値判断に踊らされて
無視している所に彼の経済論が代案としては
無意味な代物に成り下がる一因となっている。

443 :名無しかましてよかですか?:01/11/23 17:06 ID:qBwzHNCC
個人的にはあんなもんじゃないの!?ていうきがする。歴史を語るにしても、読解力とか、基本的なスタンスとかあんまりわかってないよね。
でも、それは専門家と比べるからで、実際いろんな範囲にわたって問題提起できるのはすごいと思う。
経済問題にしても、彼は専門家じゃないんだから、小難しい言葉並べて批判だけしても意味ないと思う。
ビンラディンの言い分わかったっていいじゃんよ。別にあの人正義の味方じゃないんだし。

444 :まさ:01/11/23 20:17 ID:zSOf6IcK
彼の意見は構造改革反対とか、公共事業をやれとか
旧自民党の意見そのままではないか。

442の言うとおり、反アメリカ主義に踊らされている
面があり、小林は経済面では、まだ左翼思想が
抜けてないらしい。

公共事業は無意味とは言わないが、
かつてのような効力はもはやない事に気づけ。
だから公共事業の大幅な見直し&削減が必要になってくるのに。。

445 :Revolution21:01/11/23 20:27 ID:e1eMrsev
だから、日本の保守派は根本的にねじれてるのよ。
「国際標準だ」とぬかして国旗国歌を押し付け、
PKFで国民に「世界平和のために死ね」とほざく割には
人権や個人の尊厳といった国際標準には背を向け、
若者を坊主頭にしようと画策する。

446 :Revolution21:01/11/23 20:31 ID:e1eMrsev
日本のウヨは根本的に社会主義者じゃないの?
八幡製鉄所の威容を見て「偉大な日本帝国バンジャイ」なんだから。
国家が主体となって作ったから誇らしいんでしょ?

447 :名無しかましてよかですか?:01/11/23 20:41 ID:tuNSpBq0
>>446
マスメディア上で構造改革派に分類される有識者達がそう言ってます。
日本ほど世界で成功した社会主義国家は存在しない、と。
むろん、ここでの社会主義と一般人認識下の共産主義は違います。

448 :名無しかましてよかですか?:01/11/23 20:42 ID:5k+/f8MF
よりのりはとにかく国が小さくなるのが嫌なんだろ

449 :名無しかましてよかですか?:01/11/23 20:43 ID:tuNSpBq0
>>447
補足しますが、
日本ほど公的機関が民間を圧迫している所は無いでしょうね、
例えば、行政指導とか。

450 :まさ:01/11/24 02:44 ID:VoDuYdgL
>日本のウヨは根本的に社会主義者じゃないの?

そう。ウヨも所詮、国家主導主義。
経済面では、共産主義と変らない。

>八幡製鉄所の威容を見て「偉大な日本帝国バンジャイ」なんだから。
>国家が主体となって作ったから誇らしいんでしょ?

ようするに、歴史認識における左翼思想から抜け出ても
経済、政治の面からは左翼思想が抜けてない。
戦後民主主義思想は歴史だけでなく経済、政治にも浸透しているということ。

>よりのりはとにかく国が小さくなるのが嫌なんだろ

私も国力が衰えるのは嫌だ。当然だが。
よしのりは、国家主導でやれば、国力&経済力が衰えないと思っている。
ここが間違いの元。

451 :名無しかましてよかですか?:01/11/24 06:31 ID:1vKrIOc3
昔の右翼は農村と都市の格差を是正し
より平等な社会を築こうという一種社会主義的な側面を
持ち合わせていたんでなかったっけ。

452 :名無しかましてよかですか?:01/11/24 06:44 ID:PNHXYJLi
>>452
それは田舎出身の右翼が多かったからです。
だから韓国人系なんかも多いそうです。
差別されたくない弱物だったんです。元は。

453 :名無しかましてよかですか?:01/11/24 06:49 ID:PNHXYJLi
天皇の名のもとに平等を実現する=>あのときの右翼
共産主義の名のもとに平等を実現する=>かつての左翼

名目的に何を立てるかに固執していますが
考えは似通っています。

が今現在両方とも時代遅れの考えになってしまっている。
小さい政府というものを実現しなければならないから。

454 :名無しかましてよかですか?:01/11/24 21:02 ID:i3Vz4kku
やつ自身ある意味逆説的に「所詮漫画」と言ってるが、
経済論に関しては言葉通りだったな。所詮漫画に過ぎなかったか…

あと小林さんは誇らしげに「いくら反対されようと書きまくる! 見てろよ!」
と宣言してるが、力なき駄言は真紀子のお喋りと同じで、
書くほどに逆効果だと気付いてないのだろうか。
恐らく彼はいままで圧力に屈せず書き続けることで勝利してきたから、
今度もそれでいけると思ってるんだろうね。
自身で築いた勝利の方程式から逃れるほど難しいことはないからね。
だが経済論はノータリンな左翼相手の神学論争とは違って、
単に論に「理」があるかないかだけで勝負が決まるんだが。
頼むから書く前に勉強して欲しいな。

455 :名無しかましてよかですか?:01/11/25 00:14 ID:24mBAILz
ここに居る人間のいったい何人が小林と同じ量の
経済関連の漫画を書けるだろうか。
いや原稿だけでも良い。

マクロもミクロも情報収集?有効需要の創出?小さい政府?
恥ずかしくないか、言ってて。
素直に経済は分からないけど小林は嫌いだって言えば?
マスメディアに大手を振って反対できる小林が羨ましいんだろ?
お前等の反論は反論にもならない飲み屋の親父レベルだって気付いてるか?
一度15chとは言わんが経済版でも言ってスレ立ててこいよ。
小林の経済論も誉められたもんではないけどお前等はそれ以下だよ。

456 :茶々:01/11/25 00:16 ID:ZaGllC2P
>小林の経済論も誉められたもんではないけどお前等はそれ以下だよ。

そういう自分は?

457 :名無しかましてよかですか?:01/11/25 00:54 ID:Jq56wMMs
>>455
またこれだよ、一言言う。
じゃー、見るな(小林流)

458 :まさ:01/11/25 02:22 ID:iq3ryHkh
455
ははは
君は自分が一番バカだとう事がわからないか?
自分では根拠をあげて論破することができずに、
「お前らなんて、すごくない。経済版の奴らの方が、ずっとすごい」
だって。
お前は、子供か?

「ぼくの、パパの方が、お前らなんかより、ずっと強いんだぞお!」と
自慢するイジメラレ子か?

459 :まさ:01/11/25 02:25 ID:iq3ryHkh
ということで経済板で暴れることにします。

http://kaba.2ch.net/test/read.cgi/eco/1004457760/l50

460 :小林よしのり読者のひとり:01/11/27 00:28 ID:ZDvJGBP4
そろそろこのスレも反応がなくなってきたので、閉めるか。
残念だが、よしりんは、現在の構造改革の全体像を把握しないまま
ゴー宣で構造改革批判をしてしまったのだろう。

構造改革、経済関係の話をゴー板で行なうのは主流ではない。
構造改革については最近一気にマスコミで話題になったが、
キーパーソンは猪瀬だ。彼を追いかけろ。

また、経済で日本が生き残る道はいまだに製造業しかないと言うことだ。
中国のような、低賃金の地域に産業が流れるのは、ある程度は仕方が無いが、
自動車がまだまだいけるように、中国などに追いつかれていない、
複雑な機械システムなら、まだ日本はいける。(今はまだ)
住み分けが必要と言うことだ。

日本に残すべき産業を選択する時期が来た。
安易に海外進出するな。日本に残すべき産業はたくさんある。

-----------------終了-----------------

461 :きゅりお:01/11/27 00:56 ID:MwxvNPes
だから、アニメとゲームだと・・・

462 :名無しかましてよかですか?:01/11/27 01:09 ID:94yI46NL
455は自分の意見も書けンのだろう。書けば自分も同じ
レベルだってばれちゃうもんな。(WW

463 :小林よしのり読者のひとり:01/11/27 01:55 ID:ZDvJGBP4
アニメ、ゲームはおたくなので、一般人はついていけません。
もっとも、自動車、機械関係も、おたくが引っ張っているようなものだが。
これからは、おたく的資質を持った人しか生き残れないでしょう。

464 :小林よしのり読者のひとり:01/11/27 01:58 ID:ZDvJGBP4
おたくといっても、こだわりをもってとことん技術を追い求める人のことだ。
ただのコレクターや追っかけみたいなDQNのことではない。

465 :155:01/11/28 22:47 ID:nrHhgA2c
どうもありがとうございました。
財政問題に一人でも興味を持っていただけたら嬉しいですね。
やっぱり緊縮はだめですよん。

466 :名無しかましてよかですか?:01/11/30 23:39 ID:btkUttJ9
30兆って緊縮なの?

467 :名無しかましてよかですか?:01/12/01 01:16 ID:1ikbs3ht
蛇口は緩みっぱなし。水がジャバジャバ。
でもそれを閉めると死んじゃウンだって!

468 :森田必勝烈士は生きている!:01/12/01 02:04 ID:M0B4yEJ+
小林よしのりは数値的な議論が出来ません。
本人も商業高校で、授業についていけなかったと
著書で言ってる。
 ちなみに産経新聞も数値的な議論が出来ません。
これは文系の人全体にいいたいこと。数値の重要性が
分からず言葉でしか思考が出来ないのが、絶対的に愚
だと考えます。

469 :名無しかましてよかですか?:01/12/01 02:12 ID:6W7yf1vx
【真理の言葉】

低能な文系人間に存在価値無し
文系人間は百害あって一利無し
直ちに絶滅政策を発動すべし

470 :名無しかましてよかですか?:01/12/01 11:20 ID:xzPTGsSE
> これは文系の人全体にいいたいこと。数値の重要性が
> 分からず言葉でしか思考が出来ないのが、絶対的に愚だと考えます。

マジレスすると、かなり重要な指摘だと思う。アタマ自体は悪くなくても、
「言葉だけの思考」には限界がある。ここ見てても、そう思う。

471 :名無しかましてよかですか?:01/12/01 15:00 ID:6W7yf1vx
>>468
>>469
>>470

禿しく同意

472 :155:01/12/01 21:53 ID:4+NNsJCD
一度ああ書いておいてなんですが、
財政の問題について一言言わせていただくと
定量的に緊縮財政が正しいと実証した論文などほとんど無いのですよ。
というか私は見たことがありませんし、聞いたことも無い。
経済を少しでもやっている人はたとえ大学生でもあなたたちが批判する程度の
算数は理解した上で話をしていますよ。
アメリカのように、数学を挫折した人が経済をやるなんてのが
冗談になるほどではないですが。
私に対する批判かと思い、レスしました。
違うのでしたらご容赦を。

473 :名無しかましてよかですか?:01/12/02 14:05 ID:vmtgukW/
算数ではなく数値と言ってるんだが、その違いもわからんとは。
まず国語を鍛える必要のあるやつが約一名。

474 : :01/12/03 05:24 ID:s5uCs/yy
あげ

475 :SAPIKO:01/12/03 20:42 ID:CeveCOs2
猪瀬派の主敵は大まかに言って

○主に野村総研派(リチャード・クー氏とか植草一秀氏)
○土建派(亀井センセとか江藤センセ、古賀センセ、宗男センセetc
 &霞ヶ関が絡む。(ただし、各省庁で利害が異なってるからフクザツだ。)
てーとこかなあ?
 俺は経済のこと、「も」、よく分からないっす。
 でも、よしりんの気持ちは分かるから、よしりん派。

476 :SAPIKO:01/12/03 20:43 ID:CeveCOs2
で、アンチのみなさん。こんなことを言っている連中をコテンパンにしてくだはい。
>○小泉政権は情報操作をやめるべきだ
>たとえば、日本道路公団の赤字という論理は、事実と異なることであること。
>簡単に言えば、貸借対照表上の負債という概念を損益計算書の赤字と
>表現していることです。
>国の代わりに道路公団に借りさせているお金です。デイズニーシーが仮に
>3400億円でデイズニーシーを作りました。これを借り入れでまかなったとします。
>この経済需要創出効果は年間3兆円。毎年、何億円と黒字が出て、それを、返すお金
>に回しているとします。
>それを、たとえば、初年度に2億円の黒字が出て、それを返済にあてているとしたら、
>「3398億円の赤字だ。」「赤字の垂れ流しだ。第二の国鉄だ」
>などと言うでしょうか?このことを道路公団に対して行っているのが現状です。
>国が高速道路事業に出しているお金は全体の高速道路事業の5%だけです。
>僕は、株式市場、財務諸表を読む力、アナリスト的な能力も持っています。
>そして、公益法人、日本道路公団などの損益計算書は、もともと成り立ちの目的自体
>が違うので前提条件が違います。

477 :SAPIKO:01/12/03 20:47 ID:CeveCOs2
476の続き。
>猪瀬直樹氏の日本国の研究で政府補助金が2倍になっているので、赤字補填だとして
>いる部分があります。しかし、宮沢内閣で、10年間で、430兆円の公益事業をす
>るとして、景気対策があり、それで高速道路を前倒し発注しているので、
>国が金利を低くするために支出が増えているので、それは赤字がふくらんでいる
>という現象ではありません。それをテキストとするマスコミがその第二の国鉄である
>いう論理をうのみにして再生産します。たとえば、北海道の道路は、札幌から、夕張
>まで通してあります。そして、新聞に出た、北海道の道路というのは、十勝から池田地
>域す。56キロメートル。全体の高速道路の、なんと0.4%の部分です。夕張から
>池田まで通せば、札幌から全てつながります。つまり以下になっています。
>○札幌→(平野部)→○夕張   →通していない部分(トマム地域)→    
>○池田→(平野部分)→○十勝
>しかし、先に平野部の十勝地域に創ってあります。なぜか?というと、十勝・池田地
>域の高速道路と札幌・夕張地域の高速道路は平野部だからです。それをつくってから
>トマムの山岳地帯に通して、一本にしたほうが効率的であるからです。
>しかし、このたまたまここだけ、間隙的に、ぽつんとしていたところにマスコミがあ
>たかもこればかり作っているかのように報道しました。しかし、この0.4%の部分
>を全体であるかのように言うのはおかしくないでしょうか?
>1兆円特殊法人に支出を削減するといって100兆円も株式市場から失ってしまって
>いたりする状態でよいのでしょうか?

霞ヶ関の泉
http://www23.big.or.jp/~feyse/izumi/index.htm

478 :小林よしのり読者のひとり:01/12/08 01:23 ID:ZDLrS8GQ
俺は猪瀬派だ。
といって、猪瀬の著作を隅々まで読んでいるわけではない。
問題なのは,なぜ土建関係の公共事業に数兆円も投資しつづけるかだ。
一方、製造業に対する投資は?原子力の不祥事のため、減る一方だ。
なぜ、製造業の技術開発に投資しない。
国内で金を回すだけの、土建の公共事業に投資して、日本のためになるのか?
道路公団はともかく、本四公団は?林道は?
総体でみると赤字垂れ流しで、多額の税金を投入しているじゃないか。
優良企業なら、税金投入は0でいいだろ。
投資するなら、外貨を稼げる製造業にまわせ。

479 :小林よしのり読者のひとり:01/12/08 01:33 ID:ZDLrS8GQ
だが、構造改革については、このスレは多少進歩したのか?
構造改革のキーパーソンは、小泉−猪瀬ラインなのは以前から分かっていたこと。
この辺の言説を知らないまま構造改革批判しても無意味です。
よしりんのように、あっというまに足元をすくわれます。

480 : :01/12/08 01:41 ID:j4V9+DwO
http://www.shiftweb.co.jp/fclick

481 :森田必勝烈士は生きている!:01/12/08 01:46 ID:Lpl/y2Yp
小泉さんも数値でものが考えられないみたい。
一般に右翼は数値に弱いね。

482 :スクランブルダッシュ:01/12/08 16:20 ID:dxsi6yi9
だったら一番いい景気回復策は何?
小林云々よりそこをスパーン!と打ち出してくれ!

483 :名無しかましてよかですか?:01/12/08 17:30 ID:NdJUDh2b
生まれて一度も民間の国際競争力がある会社で働いた事が無い人間が
説く経済政策程、無意味なものは無い!、その人間とはずばり例の漫画家!
ちなみに国際競争力が無い会社とは、例えば土建屋で代表される様に、
税金投入や輸入規制等の政府の保護すなわち社会主義的政策が無ければ
直ちに潰れてしまう様な会社。

484 :名無しかましてよかですか?:01/12/08 17:32 ID:NdJUDh2b
>>483
だからこそ、小林よしのりは、ナチスと同根の“国家社会主義者”だよ!

485 :名無しかましてよかですか? :01/12/08 21:40 ID:82CWWtAa
サヨは数値に強いのかな?

486 :名無しかましてよかですか?:01/12/11 01:15 ID:AZxjCrc4
批判されたらあっという間に下がったか。

487 :名無しかましてよかですか?:01/12/11 02:27 ID:CBYTt0zr
>>476
ゴー宣板にも経済わかってる人がいて、感動した!!
構造改革はまやかしもいいとこ。

緊縮財政やって、デフレ、失業を煽って、税金収入を減らしてる。
不良債権処理を急がしている一方で、倒産を促し不良債権を増やしてる。

こんな馬鹿な改革、ゴー宣板の輩なら、愚かさがすぐにわかるだろ。
ちなみに、潰した会社をバーゲンセールのように、
外資に叩き売るシナリオが小泉にはある。

488 :経済右翼:01/12/11 02:29 ID:CBYTt0zr
小泉=売国奴、と小林はわかってるんだよ。
だから、小林左翼説は間違い。やつはやはり賢い。

489 :名無しかましてよかですか?:01/12/11 16:16 ID:ce6usHlE
平ちゃんも数値が分らないってか?

490 :名無しかましてよかですか?:01/12/11 16:22 ID:V3HDCN6t
小林ってヤな男

168 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)