5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

脱コヴァのための名著100選

1 :名無しかましてよかですか?:01/09/28 06:37 ID:8r2H.Dvc
友人で熱烈な小林よしのりシンパのヤツがいます。
どうにか目を覚まさせてやりたいんですが、そのためには
ゴー宣なんてアホらしくて、思わず読んでられなくなるほどの
名著を読ませるのが一番だと考えました。
そこでみなさんにお聞きします。
「これさえ読めば、アナタもコヴァやめられます」
というオススメの名著はありませんでしょうか。コヴァをやめられる
ようなものであれば、その内容の左右は問いません。
最終的には、従来の「サヨク」とも「コヴァ」とも違った良心的保守派に
まで導いてやれれば(そして私自身がその良心的保守派になれれば)
最高だと思っています。
みなさんオススメの名著を、どうか宜しくお願いします。

2 :名無しかましてよかですか?:01/09/28 06:51 ID:lnpXzL3A
エロトピア

3 :小林よしのり(義徳):01/09/28 07:06 ID:a6hJm1CI
聖書

4 :よっしー:01/09/28 07:09 ID:hF8TfbUs
私の戦争犯罪―朝鮮人強制連行
吉田 清治

5 :名無しかましてよかですか?:01/09/28 07:16 ID:mG3jU1Do
そんなもんありません。
貴方が友人のことを思っているならば。
貴方自身が知識を得て論破してあげることです

6 :名無しかましてよかですか?:01/09/28 07:28 ID:1Awk0SMo
聖書を読んでもコヴァ的解釈をするでしょう、彼らのことだから。

7 :名無しかましてよかですか?:01/09/28 07:29 ID:EO.8iUHg
>1
まずは序の口として「中山治の日本人論三部作」を薦めよう。
・「無節操な日本人」(ちくま新書)
・「日本人はなぜナメられるのか」(洋泉社新書)
・「戦略思考のできない日本人」(同上)
心理学の視点からアプローチする斬新な日本人論。
著者の政治的スタンスは右でも左でもなく、司馬史観派。
「良心的保守」を目指すのならば丁度よいと思う。
以下、各サイトから書評のコピペ。

「節操な日本人」
傍若無人な若者が横行し,何をしても自由だと思っている人間が
跋扈している。それは,元来日本人が情緒原理主義者だからだと
主張している著書がある。中山治『無節操な日本人』(ちくま新書)
がそれである。
行動原理主義の欧米と比べて,情緒的に右往左往してきたのが
日本人ではなかったかというのである。「未熟な甘え」があって,
自己中心的な人間,つまりジコチュー人間が,戦前から存在した。
昭和の軍部などにもそういった無責任な連中が多かった。
自己犠牲など下士官止まりで軍部エリートは責任を下に押し付け,
あいまいに撤退といわずに転進などとごまかしながら,しかも何も
決定できず、多くの日本の民間人を巻き込んで多数の犠牲者を出して
ようやく敗戦(これを終戦と言い換えたのもジコチューのエリートだった)
となったのであった。
「和」を重んじ葛藤を回避する傾向があるから,日本は集団主義的で
なあなあ社会であった。だから今や「自他への会議精神を伴った行動
原理主義者」への道を進むべきだというのが著者の主張である。
大変参考になるが,全体にやや言い過ぎの嫌いがあると私には思える。
でも,本書の一読をお薦めしたい。

8 :名無しかましてよかですか?:01/09/28 07:49 ID:FVQximvI
>>1
そんなことより、アナタは彼女でも作りなさい

9 :名無しかましてよかですか?:01/09/28 08:21 ID:n0hoRmO6
コヴァに汚染された以上手の施しようがありません。
これ以上汚染が広がるのを防ぐためにお友達を処分するしかないと思います。
肉骨粉にするのはいいとしても脳と脊髄だけは焼却してください。

10 :名無しかましてよかですか?:01/09/28 09:02 ID:32jq8b/E
たしかに。
やつらは、ともぐいしてるからなー

11 :名無しかましてよかですか?:01/09/28 09:21 ID:okSHQJLY
>>9
ウイザードブレインみたいだよ。

12 :名無しかましてよかですか?:01/09/28 09:22 ID:lBNSH7VA
>1
この板でスレ立てたのが間違い。マトモな答えを期待するな。
政治思想板あたりに行って聞き直したほうが良いようにと思われ。

13 :名無しかましてよかですか?:01/09/28 09:32 ID:PGOFNK7o
漫画には漫画で対抗ね。
小林と同世代の石坂啓が筆頭馬にあげられるけど、
最良なのは、実地に戦争を体験し、
かつ漫画家としての力量もはるかに上等な、
水木しげるの戦中体験作を読ませることか。

14 :名無しかましてよかですか?:01/09/28 12:23 ID:Nl9cAExU
監禁してコヴァを抜くしかない。麻薬と一緒だ。

15 ::01/09/28 12:42 ID:7IUoRGZo
最近、コヴァ離れも激しくなってますけどネ

16 :クール吉原:01/09/28 22:31 ID:E6yceugs
本多勝一は最近あんまり評判よくないが、多くは読まずに言っているか、反本多の言論を経由して非難しているだけだろう。
彼の理論は「殺す側」と「殺される側」の二元論で、単純だがだからこそ手ごわく、強いのだよ。
彼も最近耄碌しているようだが、それは歳だからしかたないんよ。
あんまりお年寄りをいじめるな。
それが日本の「伝統」だろう?

17 :名無しかましてよかですか?:01/09/28 22:35 ID:gs6rtj3U
非常に期待して見てみたけど、このスレッド全然駄目。
反小林の方々、水木しげるや本多勝一では、いまや
まったく勝負になりませんよ。

もっと真剣にアドヴァイスして下さい(マジで)

18 :曹隗弥:01/09/28 22:36 ID:Ch2UWuY.
とりあえず、般若心経あたりを勧めてみる。

19 :石原新太郎:01/09/28 22:36 ID:GLXZoNvY
17さんに同意。もっと生きのいい本紹介してくれ。読んでやるから。藁)

20 :名無しかましてよかですか?:01/09/28 22:41 ID:7Oyy8wjM
コヴァ化する者の精神状態を考えてみよう。彼らは小林にベッタリしていないと不安でたまらないのだ。村上春樹あたりで自信をつけさせてやるべきだろう。
次に、伊藤真の「憲法入門」を読ませる。洗脳には洗脳を以って対抗するのが一番。
また、コヴァにしろ一時期目にした「蓋ノート」にしろ、現代の法制度に対する理解がまるで欠けている。とりあえず、このあたりについて学習するキッカケを作るためにも、この本は有効だろうな。

21 :石原新太郎:01/09/28 22:44 ID:GLXZoNvY
伊藤真って、俺も読んだことあるよ。司法試験予備校の講師だったけ。

そんなアンチョコ本紹介してくれるな。情けねえな。

もっと生きのいい本を紹介してくれ。頼むから。

22 :クール吉原:01/09/28 22:46 ID:f7.T59/A
>>17反小林の方々、水木しげるや本多勝一では、いまや
まったく勝負になりませんよ。>

そういう威勢のいい言い方は素晴らしいが、頼むから読んでから言ってくれ。
私は、別に小林の「理論」が斬新だなんて思わない。
今まで何も読んでこなかった者には新鮮かもしれないが。
私はこれでもまじめにアドヴァイスしたのだがね。
あまり勝手に決め付けないように。

23 :曹隗弥:01/09/28 22:46 ID:Ch2UWuY.
>>20
改憲論者のコヴァが憲法入門なんて読むわけねえだろ(わら
もっと真面目に考えようよ

24 :名無しかましてよかですか?:01/09/28 22:51 ID:hGHCwL7A
Oウム真理教の信者に。洗脳を説くためにってことで。
本数冊読ませるだけですむなら。どれだけ楽か。

間違っているのは自分の信じているものではなく。
間違っているのは世界だって一言で終わりそう。

25 :石原新太郎:01/09/28 22:52 ID:GLXZoNvY
司法試験予備校の講師の本とか、百人切りの著者の本とか、それ以外
ないの? ゲゲゲの鬼太郎の作者って、戦争に行ってるのか?少年時代の
番組がNHKであったけど、あのときは軍国少年じゃなかったっけ。
誰か教えてくれ。

26 :名無しかましてよかですか?:01/09/28 22:58 ID:hGHCwL7A
自分で調べろ・・・。
腕を失ったとか。熱病で死にかけたとか。現地の人との交流。そして感動の再開だとか。

27 :クール吉原:01/09/28 22:58 ID:ejlBn.xQ
新太郎。
「司法試験予備校の講師の本」がだめなら、たかが漫画家の戦争本はもっとだめだろうが(笑)。

28 :名無しかましてよかですか?:01/09/28 22:58 ID:7Oyy8wjM
>>22
コヴァの唱える改憲論って幼稚すぎてお笑いなんだもん。問題点の指摘が稚拙すぎてね。
もう少しだけでもいいから、勉強してほしいよ。

>>21
漫画家の唱える法律論よりはかなりマトモだと思うぞ(笑)。
だいたい、コヴァに学者の書いた本を読ませてもムダだろう。たぶん、文字を謎って「憲法マスターしました」な気分になるだけで終わりだろ。
その点、マコツの入門シリーズは中学生でも読めるように書いてある(w。

29 :名無しかましてよかですか?:01/09/28 22:58 ID:p4/9p7j.
漫画読んだことないの?
彼は南方に逝ってます。
それで片手を失いました。

30 :石原新太郎:01/09/28 22:59 ID:GLXZoNvY
最近読んだ本では、「零戦 最後の証言」がよかったね。

空母加賀の零戦飛行隊長で、戦後は皇統維持作戦にも関与した、
志賀少佐の証言はよかった。こんなパンチの効いた本を紹介してクレイ。

31 ::01/09/28 23:00 ID:7IUoRGZo
>1
関わらない方が良いに一票

32 :9割:01/09/28 23:00 ID:dZ5EoByg
どうせならコヴァ本を片っ端から読んでみれば、

石原莞爾伝、アメリカの鏡、スカートの風、台湾の日本精神

おれなんかドップリよ。
ちょっと毛色の違うとこで

人民は弱し官吏は強し、喪失の国日本、ワイルドスワン、風の男白州次郎
ノモンハンの夏

まあ暇はつぶれるかな。

33 :石原新太郎:01/09/28 23:01 ID:GLXZoNvY
29さん、ありがとう。彼も苦労したんやね。涙)

34 :名無しかましてよかですか?:01/09/28 23:01 ID:Yu/DtNDc
>>25

5年ぐらい前に買った文庫だが、「コミック昭和史」というのがある。
昭和史といいながら、実際には戦中の事にかなりのページを割いている。
水木しげるが隻腕になったエピソードももちろん書いてある。

あと少しフィクションが入っているが、「総員玉砕せよ」もおすすめ。
従軍慰安婦をうまく話の中に組み込んである。

あと、読んではないが、近著の「僕の一生はゲゲゲの楽園」も上記のようなエピソードが入っているはず。

35 :曹隗弥:01/09/28 23:02 ID:Ch2UWuY.
>>27
「司法試験予備校講師の本」は、司法試験受験者にとっては役立つだろうが、
それ以外の人が読んで幾ばくの価値があるか?
とりわけ、このスレの本題である
「小林ファンを非小林ファンに変化させる」という目的に於いて
価値有る一冊か否か?ということだろう。

議論をすり替えて失笑を買うなんて、クール吉原さんらしくもない。(わら

36 :石原新太郎:01/09/28 23:11 ID:GLXZoNvY
水木しげるの本は、今度ブックオフでも行って立ち読みしてみよう。

しかし、それ以外もっと無いの〜〜??
みんな、いち漫画家(よしりん)を馬鹿にするほど、本読んでるの??

37 :曹隗弥:01/09/28 23:13 ID:Ch2UWuY.
じゃ、とりあえず、聖書とコーランを読破して、
互いの相違点を比較して論文を書いてみる、というのはどうでしょうか?

38 :石原新太郎:01/09/28 23:17 ID:GLXZoNvY
曹隗弥くん、理系のボクには聖書とコーランの原書はちょっとヘビー
です。小林秀雄先生は、教養として聖書を読むべき、って言っておられますが、
わしは手塚治虫の漫画しか読んでません。(恥ずかしい)

聖書とコーランについて何か、いい講演カセットテープ(新潮カセット
文庫みたいなやつ)しらない? 

39 ::01/09/28 23:18 ID:7IUoRGZo
>曹隗弥
それが良いと思われ

40 :クール吉原:01/09/28 23:19 ID:tByicl4Q
結局、わざわざ洗脳を解いてやるお人よしはいない、というこっちゃね。
洗脳されたものは洗脳されたままにまかせよ。
>>1は何を期待しても無駄だ。

41 :石原新太郎:01/09/28 23:25 ID:GLXZoNvY
憲法入門(白がベースで赤い帯が入った本だろ。第2版もってるよ。)は
確かに面白かったが、テスト対策にしかみえん本だったな。

本多勝一は、百人斬りの話で終わっちゃってる人だよね。

君たちが好きそうな吉本の本はどうなのさ? ばななの父ちゃんの
名前が出てこんのはどうして??

42 :名無しかましてよかですか?:01/09/28 23:27 ID:uCj0NTws
このスレは曹隗弥と石原新太郎を晒すスレですか?

43 :9割:01/09/28 23:28 ID:dZ5EoByg
>>41
ばなな父は戦争論批判しようとしてたけど、
オハナシになってなかった。
期待して読んだのに(立ち読み)

44 :曹隗弥:01/09/28 23:30 ID:Ch2UWuY.
>>42
君は何か面白い本、知らない?

45 :石原新太郎:01/09/28 23:40 ID:GLXZoNvY
産経新聞だが、「あの戦争」の上巻と中巻も良かったよ。

46 :石原新太郎:01/09/28 23:44 ID:GLXZoNvY
朝日新聞も、「あの報道」とかいうタイトルの本でも出して、
北朝鮮マンセー報道やサンゴ事件などを自己反省してほしいのだが。

47 :曹隗弥:01/09/28 23:46 ID:Ch2UWuY.
>>46
できるもんなら、もうとっくにやってるさ(わら

48 :名無しかましてよかですか:01/09/28 23:50 ID:vMvWu2Ug
「キッチン」 泣けるよ。

49 :名無しかましてよかですか?:01/09/29 00:26 ID:/TmVIQmM
>彼の理論は「殺す側」と「殺される側」の二元論で、

彼はその「殺される側」になぜか中華人民共和国・毛沢東・ソビエト・・・
などを含めているので説得力が皆無になる。

50 :名無しかましてよかですか?:01/09/29 00:33 ID:oSl4TqV.
相田みつお読ませておけば?
マターリして人生終わるかもしれんが。

51 :名無しかましてよかですか?:01/09/29 00:35 ID:/sp35W5E
「教科書が教えない小林よしのり」ロフトブックス編
これおもしろいね。
よしりんの人間性の下劣さがよくわかりました。

52 : :01/09/29 00:38 ID:UQWp6bm2
ベネディクト・アンダーソンの「想像の共同体」を読んで
国民国家を相対化する視点を身につけましょう。

53 :クール吉原:01/09/29 00:44 ID:wnPuc6h6
しかし、ここはいったいどういうスレなんだ?
「脱コヴァのための名著100選」とはいいながら、さらにコヴァ度を深めていく本ばかりを薦めている奴がいるではないか(笑)。

54 :名無しかましてよかですか?:01/09/29 00:44 ID:ziCTZgD.
天下国家を語ってる本より
日々に潤いをもたらす本を読めば少しはマシになるかも。
つーかそんな本ない?

55 :クール吉原:01/09/29 00:45 ID:wnPuc6h6
>>49
実際に中国人は日本兵に殺されたのだが、何か問題ですか?

56 :クール吉原:01/09/29 00:47 ID:wnPuc6h6
「ナニワ金融道」をおすすめします。
絵は汚いが、漫画としての質は、「ゴーセン」などとはダンチです。

57 :9割:01/09/29 00:59 ID:M9snYDi.
そういえば

突破者

もいいかも。
狐目とナニ金はおれも面白いマルキストだと思う。脱かもしれんが

58 :名無しかましてよかですか?:01/09/29 01:08 ID:WcuicV.A
「おぼっちゃまくん」と「Dr.スランプ」かな。

59 :石原新太郎:01/09/29 01:10 ID:qSKV6JG6
レベルがどんどんさがってまちゅけど。

ぼくちんは、「こどもの科学」の方がまだましだとおもいまちゅ。

60 : :01/09/29 01:13 ID:UQWp6bm2
>>59
お前のレベルに合わせているんじゃないのか?

61 :石原新太郎:01/09/29 01:14 ID:qSKV6JG6
上の方のスレを見てくれ。

司法試験予備校の講師の本(俺が見破ったんだよ)とか、百人斬りの
本とかしか薦められないんだよう!!
これって俺のレベルに合わせてくれてるの?
やさしいんだね。

62 :クール吉原:01/09/29 01:21 ID:dIYfw9tw
新太郎君。
マジレスするのもあほらしいが、
百人きりの話に矮小化するなよ。

63 :名無しかましてよかですか?:01/09/29 01:53 ID:.eT94TIE
>>1
本じゃなくてネットじゃダメなの?

64 :◆I5fAb/7M :01/09/29 02:03 ID:AFg07rSk
>63
もちろんネットでもかまいません。

65 :20:01/09/29 02:04 ID:oBcGsbh2
>>61
おい。見破るも何も、別に隠すつもりはなかったんだが(“洗脳には洗脳で対抗”と書いただろうが。伊藤真の話術は洗脳の効果があるって話は有名だぞ(藁)。
っつーか、予備校講師だからマズいのか?
著者の属性で本の良し悪しを評価するなんて、コヴァ失格だね(w。

村上春樹の「ダンス・ダンス・ダンス」も鬱・ヒッキー・コヴァ・童貞にはオススメだ。

66 :ゴー魔:01/09/29 02:07 ID:F32nS7OU
ゴーマニズム宣言はすばらしいです。自分ももとは左翼的思考だったけど
戦争論を読んで考えが変わりました。

67 :名無しかましてよかですか?:01/09/29 02:14 ID:oBcGsbh2
>>66
っていうか、左翼的思考って
具体的にはどういう思考なの?

68 :名無しかましてよかですか?:01/09/29 02:51 ID:8MMopcxc
>>67
「戦争論」なんぞ読んでコヴァに目覚めたような低脳にそんな高度な質問するなよ!かわいそうだろ(藁

69 ::01/09/29 04:15 ID:oG98rHo2
というか宅とつるし編集長の反論がうわしんその他で書いてあって
読むとかなり小林も妄想、強権がめだつ
かたっぽだけ読んでるといかにも正しいと思いがちだが

70 :名無しかましてよかですか?:01/09/29 04:42 ID:cHNYasnk
本多も水木も愛読書でした。
いまでも、なにか文章を書くと、本多調の攻撃的な(=民青的な?)な文章になるので困るくらい、
私淑していました。

が、外国暮らしをやってみて、人生経験も積んだいま、本多も水木も、日本の中(のごく一部)でしか
通用しないことが、ハッキリ分かりました。

どちらかと言えば、「反・小林」をやめさせるほうが簡単だと思います。

それから一言。「反・小林」のひとたちって、はじめに結論ありき、で、小林の本をよく読まずに
反論している。 反論するのは結構だが、まず最初から最後まで、きちんと目を通して欲しい。
「戦争論」にしてもね。

71 :名無しかましてよかですか?:01/09/29 04:58 ID:Laut/RtQ
いっちゃあ悪いが、君は単に『乗せられやすい』というだけのことではないかね?

小林も含め、いずれも扇動的な部分が目に付くだけに、クラクラ来るのは仕方ないことではあるが、それを堂々と告白したところで、支持されるはずもなし。

72 :地球人:01/09/29 05:17 ID:kvCPqTXc
>>70
信者の方がよく読まずに鵜呑みにしてると思うけど?

73 :名無しかましてよかですか?:01/09/29 07:11 ID:kPwE86pQ
>>72
アンチのほうが小林本を熟読しているとでも?
批判的には読めるでしょうな。

74 :Revolution21:01/09/29 07:16 ID:Q6.YJyT6
批判的に読めないことが頭の悪い証拠なんだっつーの(w

75 :名無しかましてよかですか?:01/09/29 07:34 ID:eCKoJKoQ
>>74
好きな物書きの作品は、没入してしまって、ある程度距離を置くことができない場合がある。
アンチの方々も、お気に入りの本は、そうでしょう。
批判的に読めないこと、イコール頭わるーとはならない。

76 :名無しかましてよかですか?:01/09/29 07:39 ID:eCKoJKoQ
この板では、小林よしのりが引き合いに出されるけど、
たとえば典型的左翼の本多勝一も信者が多いことで有名。
あの信者どもも教祖の本は批判的には読めないよ。
俺もよく使わせてもらったよ。「本質的な馬鹿」とかさ。

77 :石原新太郎:01/09/29 07:41 ID:qSKV6JG6
何でもいいから、もっと生きのいい本を紹介してくれ!

昨晩紹介された本。
(1)憲法入門 司法試験予備校講師 著
(2)ゲゲゲの鬼太郎の作者のマンガ
(3)本多勝一氏の百人斬り、その他の名作
(4)吉本ばななのパパの本は駄目なんだってさ。
(5)キッチン

愛読書から、その人となりが推定できるというけれど、、。

78 :石原新太郎:01/09/29 07:47 ID:qSKV6JG6
よしりんを批判している人は、大して本を読んでないことがわかった、
と結論づけていいのか。

アダムスミスとかマルクスとかも読んでないの??

79 :名無しかましてよかですか?:01/09/29 07:50 ID:eCKoJKoQ
本多勝一はよく読んだな。受験勉強をしない口実に。最終的に「貧困なる精神」までいった。
読んでいるうちに本多に疑問が出てきて、そのうち読まなくなった。
卒業したって訳だな。
俺の知り合いで「殺す側の論理」しか読んでいなくて、もう本多は十分という奴がいたな。
そういう奴はいつまでも本多に幻想を抱き続けるだろう。
批判的に読めなくても、徹底的に小林よしのりを読んでいけば、
精神内界が成長して卒業するということは十分にあることだ。
半端に読んで引用しているやつはいつまでも駄目だね。

80 :名無しさん:01/09/29 07:51 ID:yw2TNoG2
>>78
コヴァのレベルに合わせているからそう見えるということを忘れないように。

81 :Revolution21:01/09/29 07:53 ID:Q6.YJyT6
吉本隆明の「日本人は思想したか」は面白いですよ。
あと、過去に何度か挙げたけど小熊英二の「単一民族神話の起源」も
すごい本です。コヴァを見かけたら処方してみると良いでしょう。

82 :名無しかましてよかですか?:01/09/29 07:56 ID:eCKoJKoQ
>>78
翻訳物はピッタリこないんだよね。
論語なんてどうだい。渋沢栄一の「論語講義」。読んでて飽きないよ。
論語の読み方も自然に身に付くし。
僕にとっては、当時の価値観から共産主義を批判している解説がためになった。

83 :石原新太郎:01/09/29 08:01 ID:qSKV6JG6
別に俺のレベルに合わせてくれなくてもいいので、君らの愛読書を
教えてください。

参考までに 俺の愛読書は、歴史、文学関連では

(1)高坂正尭全集
(2)小林秀雄全集
(3)城山三郎 「指揮官たちの特攻」
(4)浜口雄幸 「随感録」
(5)吉田茂 「回想十年」
(6)マッカーサー回顧録
(7)徳富蘇峰 「日本近世史」
(8)福沢諭吉 「中津留別の書」
(9)零戦 最後の証言
(10)坂井三郎の証言

ちょっと時代がばらばらですまんが、とりあえずこれくらいかな。

84 :名無しかましてよかですか?:01/09/29 08:07 ID:eCKoJKoQ
最近読むことが多いのは、
山本夏彦の著作、産経抄、雑誌正論など。

85 :名無しかましてよかですか?:01/09/29 08:43 ID:4/NzuuNU
「レイテ戦記」大岡昇平
脱コヴァになるかどうかはわからんが、コヴァな人にはぜひ読んでほしい。
レイテ島での死闘で、いかに日本軍が地を這い、血反吐を吐きながら戦ったかを
マンガではなく、リアルに描き切っている。
戦争がカッコイイなんてものじゃないのが、よくわかるはず。

「レイテ戦で死んだ十万人近い日本兵の鎮魂の書」でもあるので、
靖国神社に行って浮かれているよりも、この本を読んでほしい。

86 :クール吉原:01/09/29 09:45 ID:eMrMgig.
>>83
おい。
小林秀雄って、戦時中は戦争を賛美・煽っておいて、
戦後には自分の著作から必死でその痕跡を消そうとした、修正野郎じゃなかったか?
そんな著作薦めるなよ。
あんたみたいな無責任な大人になっちゃうだろ。
まったく、これで朝日新聞を非難できるのか……

87 :名無しかましてよかですか:01/09/29 10:42 ID:Jq0aCMls
>86
昔の人の著作を、その人の他の行動から決め付けて評価しちゃうと
損すること多いよ。背景がまるっきり必要ないとは言えんけど。

88 :名無しかましてよかですか?:01/09/29 10:50 ID:jTBNSlIo
>>87

なるほど、元共産党員唯物史観至上主義者の藤岡が
天皇神話を滔々と騙りはじめたり、全共闘活動家の
西部が一見、水と油の如くに映る、グローバリズム
の金字塔たるネオリベラと日本の民俗的「文化・伝
統」と明治期創設の天皇官製文化を同時並列的に騙
るのも【背景】があるってこってすね(藁

89 :87じゃないけど:01/09/29 10:55 ID:a6hRuXoo
>88
う〜ん・・・。
それに関してはノーコメント。(藁

90 :うんこちゃん◇人生皮風船:01/09/29 14:07 ID:OSkhmP9s
うんうん。       

91 :名無しかましてよかですか?:01/09/29 15:07 ID:DbK66Es2
>>88
人間はものを考える。だから、思想も発展するものだ。
昔サヨ坊だったとレッテル貼りしても無意味。
「転向」を罪悪のように非難するのはサヨの典型。

92 :名無しかましてよかですか?:01/09/29 15:57 ID:MC9f11.E
そうだな。
朝日が転向したことを非難しちゃいかんな。
ナットク。

93 :名無しかましてよかですか?:01/09/29 15:59 ID:y7HzORHI
とりあえず無頼派でもよんどけや。

94 :名無しかましてよかですか?:01/09/29 16:23 ID:DbK66Es2
何が転向だい。中学校の部活じゃあるまいし。辞めたことをいつまでもうだうだと。

95 :名無しかましてよかですか?:01/09/29 16:25 ID:DbK66Es2
共産主義は70年以上モデルチェンジしてねえんだぞ。誰が買うか。

96 :名無しかましてよかですか?:01/09/29 18:27 ID:DFFkM0w.
しとるわ、ボケが。

97 ::01/09/29 18:29 ID:2x4YmUrY
してたんだ!(w

98 :55:01/09/29 18:31 ID:5j7LPcfw
,一-、
/ ̄ l | / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■■-っ < http://www2u.biglobe.ne.jp/%7Ehole/
´∀`/  \_____________________

99 :名無しかましてよかですか?:01/09/29 19:05 ID:/HDggh0Q
>>98
ブラクラです。

100 :名無しかましてよかですか?:01/09/29 19:31 ID:k7Xv7rcM
100選

101 :52:01/09/30 00:24 ID:qrK2AA2Y
>>77
俺の挙げた本が入ってねえぞハゲ
自分に都合のいい書き込みしか見えないんだねぇ。やれやれ

102 :名無しかましてよかですか:01/09/30 00:26 ID:CnQuX9KI
>100で綺麗に終わると思ってた?
>101えらい。

103 :名無しかましてよかですか?:01/09/30 00:43 ID:jIPxJnOQ
>>77
おい。村上春樹はどうなったよ?
っつーか、このスレ立てたのってお前なの?

104 :1 ◆I5fAb/7M :01/09/30 01:04 ID:YBzXO85Y
>103
違います。別人です。

105 :元・本多ファン:01/09/30 07:20 ID:2XDoJMd.
大岡昇平「レイテ戦記」を挙げていた方へ。

戦争が悲惨である、というのは、既に自明なことなのです。
しかし、それを強調しているだけでは戦争じたいは避けられない、というのが「戦争論」の主張です。
もう一度、よく読んでみて下さい。

百人斬りの話も、「ああ、実はデマだったんだ」と生理的に納得するのに、
井沢の本を読んでから約1年間かかりました。
確かに、あの当時は、(1970年当初の頃は、)誰がどうみても
山本七平より本多勝一や浅見定雄のほうがカシコく見えたし、説得力があったしね・・・
山本氏が、聖書の知識そのほかで、浅見に揚げ足を取られてしまうレヴェルの「知識人」でなければ
良かったのかも・・・・
でも、当時はまだ、大躍進や文化革命の実態もほぼ人口には膾炙していなかったわけで、
無理ない面もあったんだろうなぁ。

なお、私は「戦争論」ファンですが、鹿児島大教授の本も2冊買いましたし、吉本のも、「脱戦争論」も
勝って、ちゃんと読みました(ホントに)。 ぜんぜん駄目でした。

106 :名無しかましてよかですか?:01/09/30 07:22 ID:R0j8CDcY
福田恆存のようなまともな保守を読ませてやりたいですね。でも厨房には難しいかもしれない。全集は正字正かなづかいだし。

107 :速報君:01/09/30 07:51 ID:ryi8AE9k
いや割り込んで申し訳ないが。
前にタリ板で「水と食料の空爆を!」というネタがあったが
どうやらマジでそれをやるらしいぞアメリカ!
にちゃんねらーの声が届いたわけじゃないだろうが。
ソースは今日の朝日一面。
http://www.asahi.com/paper/front.html#PG10241

108 :名無しかましてよかですか?:01/09/30 08:37 ID:mfK67sZ2
>>105
いまこの板であいつはコヴァだウヨだと得意げに言ってる連中は、
案外、最近本多勝一を読みはじめの初心者だったりしてね。

109 :名無しかましてよかですか?:01/09/30 09:40 ID:iYb.YFoU
いまこの板であいつはサヨだと得意げに言ってる連中は、
案外、最近小林を読みはじめの初心者だったりしてね。

110 :名無しかましてよかですか:01/09/30 09:45 ID:CnQuX9KI
そういえば村上春樹ってウヨなの。

111 :石原新太郎:01/09/30 09:46 ID:BBwMibDQ
いまどき、右だ左だっていうのも古いけどね。

ただ日教組の主張は???って思うけどね。

112 :名無しかましてよかですか?:01/09/30 09:49 ID:iYb.YFoU
いまどき、サヨクだコヴァだっていうのも古いけどね。

ただコヴァの頭悪すぎる主張は???って思うけどね。

113 :名無しかましてよかですか?:01/09/30 11:51 ID:O/sGZWxs
>>109,>>112
混ぜ返してるだけじゃないか。

114 :石原新太郎:01/09/30 11:55 ID:BBwMibDQ
111の続き。日教組の話だけど、何とかならんかな、彼らは。

歴史はもちろん、来年から円周率が3という捏造も教えるらしいしな。
やっぱ、教育は私立だな。

115 :名無しかましてよかですか?:01/09/30 17:06 ID:d9bAeFh.
>>114
円周率が3というのは「捏造」ではない。
もし、それを言うなら3.14でも「捏造」だろうが。

116 :名無しかましてよかですか?:01/09/30 19:03 ID:suxNHVJU
>>114
「円周率は3」だと捏造だが、「円周率はおよそ3」は正しいぞ。
お前こそ捏造に捏造を重ねている。
バカだな。

117 :数学者:01/09/30 22:51 ID:ftxOx3.M
円周率は、3と7分の1というのは、古代エジプト人でもしってたことだよ。

ある意味、新太郎先生の方が正しい。

118 : :01/09/30 22:55 ID:Gvh/iMjM
>>117
意味不明

119 :名無しかましてよかですか?:01/09/30 22:57 ID:iYb.YFoU
>>118 同感。つーか、コヴァは何をいいたいのかサッパリわからん

120 :名無しかましてよかですか?:01/09/30 22:58 ID:L3qH8aew
>>116
で、それがこの話題とどう絡んでくるのかね?
“「円周率は3」と捏造を教える”という事実は存在しない。来年からは「円周率はおよそ3」と教えることになったのだ。
円周率が3と7分の1だろーが何だろーが、産医師が異国へ行って縊死しようがどうしようが、
この話とはナンの関係もない。

117よ。来年もセンター試験がんばれよ。

121 :120:01/09/30 22:59 ID:L3qH8aew
誤爆。
120は>>117

122 :数学者:01/09/30 22:59 ID:ftxOx3.M
おやおや。詳しく説明しないとわからないみたいね。

円周率はもちろん無理数だけど、それをエジプト人は3.14まで正確に
把握してたってことだよ。3と7分の1を小数でおきかえてごらん。
約3という言い方は、古代の人より退化してしまったのと同じこと。

123 :名無しかましてよかですか?:01/09/30 23:01 ID:L3qH8aew
>>122
ハァ?
114は退化云々を問題にしているのか?
「捏造」がどーのこーのと騒いでいるように見えるがが。

124 :数学者:01/09/30 23:02 ID:ftxOx3.M
ちなみに当時の建築では、3.14まで把握できていれば充分だった。
約3なら建築もこまったろうね。わら)

125 :誰何:01/09/30 23:04 ID:A/JDaPYE
かなりの確率で……

>>124、あんた新太郎の自作自演だろう!

もう飽きたよ。

126 :名無しかましてよかですか?:01/09/30 23:03 ID:iYb.YFoU
必死になって話を逸らそうとしてる姿が痛い

127 :数学者:01/09/30 23:06 ID:ftxOx3.M
>>125 なんじゃそりゃ。円周率が約3でもいい根拠を述べよ。

128 : :01/09/30 23:09 ID:Gvh/iMjM
自分の世界に入っている人が居るので無視(ワラ

重症なコヴァの人にも読んでもらうために、
戦争論を書く前の小林よしのり先生が解説を書いている
業田良家の「自虐の詩」はどうよ?
個人の幸せと国家とは関係ない事に気づかせる為に。

129 :ほえほえ:01/09/30 23:11 ID:G/1YjAB2
おやおや、相変わらずの自作自演。もうやめなさいってば。

130 :誰何:01/09/30 23:12 ID:A/JDaPYE
>>127
あほか。
なんでそんなしょうもない議論に加わらなくちゃいけないんだ。
新太郎め。

131 :数学者:01/09/30 23:12 ID:ftxOx3.M
おいおい、わたしは円周率が約3でもいいっていう根拠が知りたいだけなんだけど。

誰も答えられないのかね。

132 :数学者:01/09/30 23:14 ID:ftxOx3.M
小林支持=インテリ 、 アンチ小林=ちょっと頭を使う問題には頭が沸騰。

わらわら。

133 :誰何:01/09/30 23:15 ID:A/JDaPYE
117 :数学者 :01/09/30 22:51 ID:ftxOx3.M
円周率は、3と7分の1というのは、古代エジプト人でもしってたことだよ。

ある意味、新太郎先生の方が正しい。>

さらしあげ。
自分でやってて悲しくならないか?
友達いないのかな。

134 :数学者:01/09/30 23:17 ID:ftxOx3.M
俺は新太郎先生じゃないっていってるだろ。

しつこくて、頭が弱いひとたちね。わらわら。

135 :数学者:01/09/30 23:19 ID:ftxOx3.M
わたしは頭がいい方の味方なんだよ。

136 :ほえほえ:01/09/30 23:20 ID:G/1YjAB2
おい、新太郎なんで消えたんだ? いっこく堂は瞬時に
切り替えができるぞ!(w

137 :曹隗弥:01/09/30 23:20 ID:JlkuRIi.
なんで「約3」じゃダメなの?

138 :数学者:01/09/30 23:21 ID:ftxOx3.M
だから円周率は約3でいいのか、悪いのか?

答えんかぼけ。

139 :ほえほえ:01/09/30 23:21 ID:G/1YjAB2
お、東大生のソーカイヤもわかんないってさ。

140 :曹隗弥:01/09/30 23:21 ID:JlkuRIi.
約3でいいよ。

141 :名無しかましてよかですか?:01/09/30 23:23 ID:j26bSpZk
>>135
だから、円周率を3と「教える」ことは「捏造」とは違うんだよ。

142 :名無しかましてよかですか?:01/09/30 23:23 ID:iYb.YFoU
必死で煽ろうとしてるけど、・・・だれもついてこない

・・・・・実社会同様、さびしい人だね

143 :数学者:01/09/30 23:24 ID:ftxOx3.M
約3で悪いのは、上のスレみて下さい。

もう私の意見をいっちゃうよ。しびれきれちゃった。

約3でいい理由。文部省は計算をやさしくしてわかりやすいように
っていう意味だろうけど、本当はできる子と普通以下のコースを
はっきり分けるつもりでしょう。出来る子はもっと円周率の意味まで
深めればいいし、普通以下の子は、約3として覚えなさいってこと。

144 :ほえほえ:01/09/30 23:25 ID:G/1YjAB2
アフガン難民キャンプの病院にでも行って目を覚まして来いよ、
新太郎。

145 :数学者:01/09/30 23:26 ID:ftxOx3.M
新太郎の意見が面白くて覗いたけど、彼がいないならもう帰るよ。
時間つぶして損した。あーあ。

146 :名無しかましてよかですか?:01/09/30 23:26 ID:iYb.YFoU
数学者って名乗るくらいなら、自然対数いえるよね?

147 :ほえほえ:01/09/30 23:27 ID:G/1YjAB2
では、習熟度クラスわけの長所短所を述べよ>143

148 :顔真っ赤!!(藁:01/09/30 23:27 ID:iYb.YFoU
新太郎って、意外にキンタマの小さいヒガミ根性まるだしクンだったんだね(藁

149 :名無しかましてよかですか?:01/09/30 23:28 ID:L3qH8aew
>>131
「円周率が3でいい」というレスは、今のところあなたの脳内にしかないようですが。

>>143
で、これはどの発言に対するレスなの?
誰が「円周率を“およそ3”と教えることの是非」を問うたの?

150 : :01/09/30 23:29 ID:Gvh/iMjM
新太郎もムキになって否定しているヤツもうぜえな
別スレでやれ。

で、お勧めの本は無いのか?

151 :三時のおやつは文明堂:01/09/30 23:29 ID:A/JDaPYE
145 名前:数学者 :01/09/30 23:26 ID:ftxOx3.M
新太郎の意見が面白くて覗いたけど、彼がいないならもう帰るよ。 >

結論。自作自演かなんか知らんが、

新太郎も数学者も面白くない。

以上。

152 :ほえほえ:01/09/30 23:29 ID:G/1YjAB2
>148
いや、いつもこうやって議論からすぐ逃げるんです。
もうすぐ不惑なんだからすこし大人になって欲しいよ。

153 :曹隗弥:01/09/30 23:30 ID:JlkuRIi.
>>143
スレ見て分かったら聞かないよ(藁

じゃ、理科の問題で、
「空気抵抗は考えないものとする」とか「固体の体積はゼロとする」とかも
全部捏造なのか?

154 :数学者:01/09/30 23:30 ID:ftxOx3.M
お子様向け「数学の悪魔」

155 :名無しかましてよかですか?:01/09/30 23:31 ID:j26bSpZk
講談社現代新書から出ている『戦争を記憶する』は面白いよ。
アメリカにとって太平洋戦争がどのようにとらえられて
きたのか理解できる。

156 :名無しかましてよかですか?:01/09/30 23:33 ID:L3qH8aew
がいしゅつだけど、

 村上春樹
 ダンス・ダンス・ダンス

コヴァを呪縛から解き放つ第一歩としては、世界を右と左に分ける病気を治すことが大切だと思われる。
したがって、フツーに文学な作品を読ませることも必要であろう。

157 : :01/09/30 23:33 ID:Gvh/iMjM
このままヒートアップして
その後放置されDAT行きの予感

158 :名無しかましてよかですか?:01/09/30 23:35 ID:L3qH8aew
沢田允茂「考え方の論理」

159 :名無しかましてよかですか?:01/09/30 23:35 ID:sDgTnTEk
>>128
業田良家の「自虐の詩」は面白いぞ。あんな漫画はない。
ギャグマンガなのに涙が出て困るのよ。
僕の買ったやつは呉智英があとがきを書いていた。

160 :数学者:01/09/30 23:35 ID:ftxOx3.M
曹なんとかさんも頭悪いね。大学受験終わったらこんなもんか。

161 :名無しかましてよかですか?:01/09/30 23:34 ID:iYb.YFoU
おやおや?数学者クンは、新太郎の別ハンだと
みごとに認めましたねぇ・・??(クスクス

ジサクジエンですかぁ?みっともないですねぇ(藁

162 :ほえほえ:01/09/30 23:36 ID:G/1YjAB2
>彼がいないならもう帰るよ。
といいつつ、154 で早速。新太郎体質そのもの。(w

163 :数学者:01/09/30 23:36 ID:ftxOx3.M
しかし、これだけのレスをもらっている新太郎さんってある意味
すごい人だね。

164 :名無しかましてよかですか?:01/09/30 23:37 ID:Gvh/iMjM
ほえほえ=新太郎=数学者だったら笑うな

165 :数学者:01/09/30 23:38 ID:ftxOx3.M
ばーか、新太郎さんが来るまでまってるんだよ。
高坂門下っていってたから、同窓生かもしれんと思ってね。

166 :三時のおやつは文明堂:01/09/30 23:38 ID:A/JDaPYE
>>163
ごちゃごちゃ言わんと、おまえは早く自然対数を答えんかい。

167 :ほえほえ:01/09/30 23:38 ID:G/1YjAB2
>164
あんなのと一緒にするな! プンプン(w

168 :ほえほえ:01/09/30 23:39 ID:G/1YjAB2
で、結局習熟度別クラス分けの長所、短所はわかんないわけ?
>数学者

169 :数学者:01/09/30 23:40 ID:ftxOx3.M
しかし、無礼なやつが多いね。せっかく講義してやったのに、自然対数
答えろだってさ。ヤフーで検索しろ、ぼけ。

170 :名無しかましてよかですか?:01/09/30 23:40 ID:L3qH8aew
詐称喚問ですか・・・(w
数学者タン可哀相
せめて“算数オリンピック優勝”くらいにしとけばよかったのにNe!

171 :曹隗弥:01/09/30 23:40 ID:JlkuRIi.
いや、質問に答えてよ。
固体に体積があることぐらいは古代エジプト人でも知ってたと思うけど、
理科のテスト問題に「固体の体積はゼロとする」と書くことは退化なのか?


・・・しばらく控えてたけど、3日に1回ぐらいなら、言ってもいいよね?

>>数学者
ばーか(藁

172 :名無しかましてよかですか?:01/09/30 23:42 ID:XpxHTdf6
うんうん(偽物)。

173 :名無しかましてよかですか?:01/09/30 23:42 ID:A/JDaPYE
169 名前:数学者 :01/09/30 23:40 ID:ftxOx3.M
しかし、無礼なやつが多いね。せっかく講義してやったのに、自然対数
答えろだってさ>

誰もあんたの講義なんて期待していません。それ以前に、聞いていません。

ぼけ

174 : :01/09/30 23:43 ID:Gvh/iMjM
逆にコヴァに読んで欲しい保守思想の名著100もアリだな。
バークとか。

175 :名無しかましてよかですか?:01/09/30 23:45 ID:L3qH8aew
>>179
呼ばれてもいないのに突然現れて、
誰も問題にしていないことについて突然語りだし、
スレ違いも甚だしい発言を撒き散らした挙句、



       そ    れ    か    い    !

176 :175:01/09/30 23:45 ID:L3qH8aew
175は>>179

179タンごめんね・・・・・・

177 :名無しかましてよかですか?:01/09/30 23:45 ID:iYb.YFoU
>>173
> 誰もあんたの講義なんて期待していません。それ以前に、聞いていません。

数学茶チンの妄想では【サヨク】が【講義を期待】してることに
なってるみたいヨ(藁

178 :数学者:01/09/30 23:46 ID:ftxOx3.M
曹なんとかさんへ。

固体の体積はゼロとする、というのと、円周率を3とする、というのとでは、
教育上違うと思うよ。円周率こそ数学のロマンを垣間見る事ができる
エピソードでしょ。さっきも書いたけど、3、14なら建築上も
さほど問題ないということだ。今の最新建築はしらんけどね。

それとも、あんたは建築するときも円周率を3とするのかね。
むかし灯台、今なんとか、ってやつ?

179 :名無しかましてよかですか?:01/09/30 23:47 ID:A/JDaPYE
数学者が経歴詐称であることと同様に、
新太郎も経歴詐称であることがはっきりしたな。

新太郎は病院のただの死体洗い。

180 :数学者:01/09/30 23:48 ID:ftxOx3.M
だから、新太郎じゃないっていってるでしょ。
あほばっかり。

181 :179:01/09/30 23:50 ID:A/JDaPYE
>>180
おいおい、俺は179で新太郎が数学者だとは言っていないぜ。

そんなに気になる?

182 :名無しかましてよかですか?:01/09/30 23:50 ID:j26bSpZk
>>178
発端は新太郎が円周率を3とすることを「捏造」と
表現したため、オレがその表現はおかしいといっただけ。

だいたい文部省の教育方針だって、場合によって3と3.14を
使い分けるとしたまでで、一貫して円周率を3に決めたわけじゃない。

183 : :01/09/30 23:50 ID:Gvh/iMjM
まだやってるのかよ・・・放置しろってば

184 :179:01/09/30 23:51 ID:A/JDaPYE
まったく新太郎はあほだね。

185 :名無しかましてよかですか?:01/09/30 23:51 ID:L3qH8aew
>>180
それはいいんだけど、君が何をしにここへ来たの?
君が言っていることは、このスレで提起されたどの問題とも関連がないように思えるんだけど。

       「円周率は3でよいか悪いか」

という問題を提起しているレスを、一つ示してくれないかな?

186 :ほえほえ:01/09/30 23:51 ID:G/1YjAB2
>それとも、あんたは建築するときも円周率を3とするのかね。
ほら出た! 小学生教育と建築学科の教育を同じだと思っている(激w

いやあ、2ちゃんってこういうドアホがいるから楽しい。

187 :名無しかましてよかですか?:01/09/30 23:52 ID:9g1rtf0Q
ん?
1番の問題は
新太郎の馬鹿が
およそ
の部分をぬかした捏造で
捏造だって喚いたことなんでしょ?


数学者は夫れをごまかすために現われた腹話?

188 :179:01/09/30 23:52 ID:A/JDaPYE
>>185
鋭い!
笑った。

189 :名無しかましてよかですか?:01/09/30 23:51 ID:iYb.YFoU
>>184

「すくいようのない」が抜けてるぞ(W

190 :名無しかましてよかですか?:01/09/30 23:55 ID:DGVg9xwo
1年は365日って言ったら。
365.24日!って真っ赤な顔して怒り出すんでしょうか。
なんか怖い人だね。

191 :数学者:01/09/30 23:56 ID:ftxOx3.M
いかにこのスレッドがあほばっかりかということがよくわかったね。

いきなり新太郎だろっていうレスから始まって、根本的な問題は何ひとつ
答えず、俺から答えてやるばかり。かろうじて灯台出の人も質問だしてくれたけど
検討はずれだしね。

192 :「数学者」はコヴァの縮図:01/09/30 23:55 ID:iYb.YFoU
自慢げに「円周率がどうこう」と言ってる姿は
頼まれもしないのに「国家にもっと誇りをもて!」と
いう姿そのもの。

しかし、もともと中途半端な能力しかないため、
チョット側面からツツかれると顔真っ赤にして、
愚にも付かない言い訳を並べ始めるところなんぞ、
まさに

   コヴァの中途半端な人生表現そのもの(藁藁藁藁

社会から相手にされない程度のカスの分際で、
プライドだけは人一倍というこってすね(チャンチャン♪

193 :名無しかましてよかですか?:01/09/30 23:56 ID:Uaj5a/RU
このスレは哀れな新太郎=数学者を晒すスレですか?

194 :名無しかましてよかですか?:01/09/30 23:57 ID:iYb.YFoU
>>190

普段、社会から相手にされてないから、
こういうツツかれることに数学茶タンは
屈折した喜びを得ているんだよ(W

195 :数学者:01/09/30 23:58 ID:ftxOx3.M
曹なんとか君はどこ行ったのかな。彼だけインテリそうだったのだが。

196 :179:01/09/30 23:58 ID:A/JDaPYE
いずれにせよ、「脱コヴァのための名著100選 」のスレの中で

「円周率」
について議論したがる自称「数学者」がアホであることは言うまでもない。
同一人物かどうかは別にして、
新太郎と同じくらいアホなことは明白である。

197 :ほえほえ:01/09/30 23:58 ID:G/1YjAB2
>191
うーん、ホントこうやってすぐキレてしまうとこが新太郎そっくり
なんだよなあ。

198 :曹隗弥:01/09/30 23:58 ID:JlkuRIi.
>曹なんとかさんへ
この書き方そのものが失礼だな、そもそも。(わら

>円周率こそ数学のロマンを垣間見る事ができるエピソードでしょ。
ロマン?悪いけど、古代エジプト人が1/7がどうのこうのと言われても
さほどロマンなんて感じないです。
それに、俺はしらんが、空気抵抗だって固体の体積だって
何か心温まるエピソードとかあるかもしんないじゃんか。何で円周率だけ特別扱いよ?

>建築するときも円周率を3とするのかね。

いまのところ円周率は使ったこと無いけどね。
円周率を使うときはちゃんとした数字を使うつもりだよ。
同様に航空会社の人は空気抵抗も無視しないだろうし、
固体の体積もゼロじゃないだろう。当たり前だ。

199 :名無しかましてよかですか?:01/10/01 00:00 ID:bE9ZMnGY

こうしてみると数学者クンはどうやらマゾヒストのようですな。
自ら叩かれるために、ノコノコとやってきてはバカな発言や
煽りを繰り返しているし・・・

200 :ほえほえ:01/10/01 00:00 ID:BX3xwj66
>193
いましばらくの間は(w

201 :名無しかましてよかですか?:01/10/01 00:01 ID:P/gBiQBA
これ、絶対「コヴァ図書館」逝き確定だな(藁

202 :名無しかましてよかですか?:01/10/01 00:03 ID:bFaUQeQQ
>>191
なぜ君に質問を出す必要が?

君は
何一つ、明確な問題提起もせず、
話題になっていないことについて突然語りだし、
その行動があまりに痛いために「ジサクジエン(=お帰りはこちら)」と煽られると、
逆ギレしはじめ、
結局、他人のスレを荒らすだけ荒らしておいて、
おそらく明日の朝になったら汚れだけを残して去ってゆくであろう

童貞ヒッキーなのではないのかい?

203 :179:01/10/01 00:03 ID:JCVUlYQU
まったく、新太郎と数学者が出てくると、まったく議論にならないな。
それまでは、それなりにまじめに議論していたのに。
新太郎、新手の荒らしなのかな?

204 :名無しかましてよかですか?:01/10/01 00:05 ID:P/gBiQBA
たぶんこういうコヴァって、いちども自分に向き合わないで
「なんで自分は、人から認められないんだろう?」って
疑問を【洗脳された自虐】って都合のいい用語に封印して、
他人のせいにすることで逃げ続け、来る日も来る日も
ヴァーチャルな空間で「数学者」とか「中佐」とか称号を
自称して悦に入ってるんだろうね・・・かわいそう、・・ご両親が

205 :名無しかましてよかですか?:01/10/01 00:07 ID:bFaUQeQQ
とりあえず、無難なトコロで
「村上春樹なんかどうよ?」
というあたりから、議論を再開させませんか?

いや、小学校で教えるかどうかという話ではなく・・・その・・・

206 :ほえほえ:01/10/01 00:07 ID:BX3xwj66
数学者くん、147と168と2度も聞いてるんで答えてくれたまえ。

207 :数学者:01/10/01 00:08 ID:/2qh6LUA
だれでも、他人と間違えられたら怒るだろうが。ぷんぷん。

208 :ほえほえ:01/10/01 00:09 ID:BX3xwj66
コヴァがここにいると強烈なレスがつきそうな本だが(w
雁屋哲『日本人と天皇』はどうよ。

209 :179:01/10/01 00:10 ID:JCVUlYQU
>>207
もうあんたが新太郎だろうがなんだろうが、どうでもよい。

あんたはアホだ。

210 :名無しかましてよかですか?:01/10/01 00:11 ID:M.IqZaAg
曹隗弥にさえ失礼呼ばわりされる数学者って…(藁

211 :数学者:01/10/01 00:11 ID:/2qh6LUA
「似てないや。」 俺は数学者 梅次郎。またくるぜ。じゃあな。

212 :曹隗弥:01/10/01 00:12 ID:XTlQZ9ss
>>数学者
>またくるぜ。

来るな(藁

213 :ほえほえ:01/10/01 00:13 ID:BX3xwj66
>またくるぜ。

言葉とは裏腹にそのまま居てまたレスつける、に一票。(w

214 :  :01/10/01 00:15 ID:RhPtS8kg
>>208
じゃあコヴァが大嫌いな進歩的文化人の代表格
丸山真男の「超国家主義の論理と心理」はどうよ?

215 ::01/10/01 00:15 ID:JCVUlYQU
こんどは「新太郎」名義で帰ってくることに一票!

帰ってくるなよ。

216 :名無しかましてよかですか?:01/10/01 00:14 ID:P/gBiQBA
>>212

まあ、まあ負けを認めたワケだし、あとはそっと泣かせてあげなさい(藁々

今後に残るコヴァログが採れて、いい収穫だったよ今夜は(藁

217 :ほえほえ:01/10/01 00:17 ID:BX3xwj66
>214
あ、友達が「読むんなら貸すよ」って言ってくれてた。
来週借りてくるわ。

218 :名無しかましてよかですか?:01/10/01 00:20 ID:bFaUQeQQ
なんでcovaってすぐに経歴詐称しちゃうんだろう・・・・・・
中途半端な知識しかないくせに「数学者」とか「医者」とか言っちゃったりして。。。

219 :名無しかましてよかですか?:01/10/01 00:19 ID:P/gBiQBA
>>208

石坂啓と雁屋哲と青木雄二つーのは?(藁

220 :名無しかましてよかですか?:01/10/01 00:21 ID:P/gBiQBA
>>218

コンプレックスの裏返しだろ

221 :名無しかましてよかですか?:01/10/01 01:47 ID:kIZEzRvg
曹隗弥にさえ「来るな」って言われる数学者って…(藁

222 :名無しかましてよかですか?:01/10/01 21:46 ID:P/gBiQBA

 ☆★☆★  ヨテラッシャイ! 見てらっしゃい! たのしいコヴァ劇場だよぉ♪  ☆★☆★
  ∧_∧    ∧_∧    ∧_∧  ∧_∧ ∧_∧   ∧_∧   ∧_∧     ∧_∧
  ( ´∀`)   ( ´ー`)  ( `∀´)  ( ゚ ∀゚ )( `∀´)  ( ゚ ∀゚ )  ( ゚ ∀゚ )    ( ^∀^)
 (    つ┳∪━━∪━∪━━∪━∪━━∪━∪━━∪━∪━━∪∪━━∪┳⊂     つ
 | | |  ┃   http://ton.2ch.net/test/read.cgi/kova/1001626670/114-220 ┃ | | |
 (__)_) ┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻ (__)_)
     ■ ◆ ■   自称『数学者』コヴァ、顔真っ赤にして寝込むの巻♪  ■ ◆ ■
  ∬∬(あらすじ)いつものように、昼寝してノッソリおきた社会のゴミ、もといコヴァ ∬∬
  ∬∬ 深夜に「日教組が円周率を3と教えている!」と毒電波を発信開始!!  ∬∬
  ∬∬すると、「おまえ、数学者なら×××くらい答えられるだろ?」との切り返し  ∬∬
  ∬∬ 以後、涙とヨダレで布団を濡らして寝込んぢゃったコヴァの下等動物っぷり∬∬
  ∬∬              まずは、ログをごらんください・・・・・・          ∬∬

223 : :01/10/01 23:42 ID:BHG19Oik
今までに挙げた本を一つ残らずチンタロー君にボロクソに言われたいな(ワラ

224 :曹隗弥:01/10/01 23:56 ID:tZT2FmaU
>>223=石原(藁

225 :名無しかましてよかですか?:01/10/02 00:08 ID:IgGXXv0s
 一度「これが真実だ!」って思ったのが、後でアラが見え始めて、最後
にはぐずぐず崩れ去っていく経験をするのが、良いと思うよー。洗脳が溶
けるパターンと一緒だ。

 本勝との百人切りでの論争相手だった、偽ユダヤ人イザヤ・ベンダサン
(山本七平)著「日本人とユダヤ人」を読んで、そうかーそうだったのかぁ
と思った後に、おもむろに「偽ユダヤ人と日本人」を読んで、あの思いはな
んだったんだーってがっくり来させるのが良いでしょ。

 本勝の百人切りの論争相手がどんな人だったかもわかるしね。

226 :名無しかましてよかですか?:01/10/02 00:10 ID:IgGXXv0s
>>225
 ちなみに、その際にはベンダサン氏が山本氏と同一人物だということが
「確定」している事も後で伝えると良いでしょうね。

227 :xxx:01/10/02 00:24 ID:NVp39NZs
いざや便出さん!!!
オヤジギャグをペンネーム(?)にしてた山本って...サムっ
そういや山本のガン闘病記を読んだが、末期は悲惨だな。

228 : :01/10/02 01:57 ID:U1OLRfi6
悲惨な数学者がいるスレってここなのかなあ?

229 :名無しかましてよかですか?:01/10/02 02:17 ID:6gWBtavA
>>228
悲惨な数学者は逃亡しました。

230 :名無しかましてよかですか?:01/10/02 02:28 ID:RmUQ85KA
>>228
彼はもういません。もはや彼は「風景」になりました。

        悲惨な「数学者」のある風景

231 :石原新太郎:01/10/02 08:53 ID:KZzK8CBA
なんか,世界貿易センターみたいに,荒涼たるスレッドになってるね。

(1)数学者さんは,俺ではない。
(2)誤爆をしてしまった人は謝罪するように。
   (小夜の人達が国に要求してるように。藁)
(3)しかし,小夜は,証拠をみせろ,そんなはずはない,とかいうんだろうな,きっと。


ま,円周率についてはどうでもいいけどね。俺の息子は私立だから,ちゃんと補足して
授業するだろう。公立と差がついていいんじゃないの。すまんが俺は現実主義なんよ。
その点,数学者さんやよしりんほど,正義漢ではない。

232 :名無しかましてよかですか?:01/10/02 11:57 ID:4qF5IZUg
おやおや、新太郎さんお久しぶり。
数学者タンが居なくなったら登場するあたりウルトラマンとハヤタ隊員みたい(わら

>ま,円周率についてはどうでもいいけどね。

おいおい、あなたが「円周率は3と日教組が捏造している」
なんて電波飛ばすからスレが荒れたじゃないですかぁ!
責任とって「円周率は約3」だというのは捏造だと証明して下さいよ。

233 :アトムのアイボ:01/10/02 12:10 ID:Sv8b9nVI
特に小林批判本というわけではないのですが、
私の「太平洋戦争観」はこの三冊を基本として
成り立っていますので、参考までに。
  岸田秀「ものぐさ精神分析」青土社 1977
   この本の「日本近代を精神分析する」を
   特にお勧めします。「国家論」「性欲論」
   「恋愛論」「時間と空間の起源」
   「言語の起源」「セルフ・イメージの構造」も
   面白い。
  岸田秀「幻想の未来」河出書房新社 1985
   この本の「『卑屈さ』の研究」をお勧め
   します。私は「自虐」は「卑屈」の変形に
   過ぎず、問題にすべきは「卑屈」だと
   思っています。そういえば、7月の
   読売の書評欄のコラムで東大教授が
   「新しい歴史教科書」を卑屈な感じがすると
   書いていました。と言う事は、「作る会」の
   人たちも「卑屈」を克服していないのでしょう。
  丸谷才一「鳥の歌」福武書店 1987
   この本の「楠木正成と近代史」をお勧めします。
   この評論の鍵言葉が「御霊信仰」。この言葉を知って
   おくと、いわゆる「太平洋戦争肯定論」のほとんどが、
   この「御霊信仰」に突き動かされていることがわかります。
   

234 :石原新太郎:01/10/02 14:02 ID:KZzK8CBA
>233

「公立は円周率を3として計算する、私立は従来どおり円周率を3.14として
計算する」でいいんじゃないの。とりあえず、俺や子供には害がないし、かえって
公立と私立の差がついていいんだよ。私立にはどきゅんな日教組も少ないしね。

数学者さんのロマンも俺はわかるけどね。わかるやつだけわかってりゃいいんだよ。

235 :石原新太郎:01/10/02 14:04 ID:KZzK8CBA
ごめん、232へだった。233の本はいつか読んでみるよ。

236 :名無しかましてよかですか?:01/10/02 18:07 ID:9LKtHWmI
>>225

 小林氏と同じSAPIOで書いている、落合信彦氏の本を読んで「なんて凄い人
なんだー」と思った後に、おもむろに批判サイトとか行って愕然とするのも一
興でしょうねー。

237 :右翼学者:01/10/02 18:10 ID:DNg5dEbQ
3.14でもイカンよ。

子どもには関数電卓を買い与えて、
πで計算させたまえ。

238 :石原新太郎:01/10/02 18:14 ID:KZzK8CBA
落合信彦か,いいねえ。おれも中学高校時代はまったよ。
スーパードライのポスターを壁にはったりしてね。(赤面)。

泥臭いけど,彼のおかげでハングリーになって,受験とかも乗り切れたと思う。
いいんじゃないのかな,若者への啓蒙書としては。

239 :石原新太郎:01/10/02 18:28 ID:KZzK8CBA
落合の本は「狼たちへの伝言」シリーズがよかったね。

今でも古本屋に売ってなくて,初版本を持ってるよ。
最近のはほとんど読んでいない。もう卒業しちゃったのかもしれん。

240 :みや:01/10/02 18:53 ID:p8Liz9Qw
これからは、新太郎のことを誉める奴は、
すべて新太郎の自作自演ということにしておこうな(笑)。

241 :名無しかましてよかですか?:01/10/02 19:00 ID:9LKtHWmI
>>237
 それじゃ、理論はOKだが日本が得意とする「ものづくり」に
応用できないじゃないか。何だかんだ言って、製造業が日本を支
えていることを忘れてはならないと思うが。

>>238
 そうですねー。そうやって最初は感銘を受けて…後で真実を知
り…次第に色々な事を卒業していくのが、良い方法だと思います
ねー。

242 :右翼学者:01/10/02 19:03 ID:UYcSZ/yA
何を言う。
関数電卓に子どもの頃から慣れさせておくことによって、
プログラミングや各種工学、理学に対する理解度が上昇し、
むしろモノ作りにはプラスだとしか思えないが?

まさか現場では全部暗算だとかそういう馬鹿なことを言うのではあるまいな?
一体いつの時代の職人芸の話をしているのだ。

243 :石原新太郎:01/10/02 19:13 ID:KZzK8CBA
241さんの言うことも、右翼学者さんの言うこともわかる気がします。

俺は、西岡常一さん(宮大工)のような人も大好きだし、右翼学者さん
みたいにパソコンを駆使する人も好きだからね。
少なくとも、3で計算するよりはいいね。
しかし、本題(本の話)に戻りたいのですが、、、。

右翼学者さんのおすすめの本を教えて下さい。

244 :右翼学者:01/10/02 19:24 ID:DNg5dEbQ
まず論語・大学・中庸・孫子・戦国策・韓非子と言ったところかな。

難しいかな。
それならまず「マンガ日本の歴史」「マンガ世界の歴史」を全部読め。
んで「少年少女世界名作文学集」を全部読め。
もし余暇があれば「マンガ〜のふしぎ」を全部読め。

とりあえずこれだけ読めば自分が何が読みたいかはむしろ自分でわかるはずだ。
わからなければ司馬でも読んどけ。併読書として田中芳樹も勧めてやろう(w

245 : :01/10/02 19:28 ID:lI57OPSY
論語いちいち読むのかったるいので
呉智英の本じゃダメですか?

246 :石原新太郎:01/10/02 19:35 ID:KZzK8CBA
中庸以外は大体読みました。

もっと生きのいい本をきぼんぬ。

247 :石原新太郎:01/10/02 19:47 ID:KZzK8CBA
亀レスですまんが、俺の書いたレスを見て、小林秀雄は戦前に書いた作品を
抹殺したやつだろ、って電波を流したやつがいるが、大うそつきめ。

俺の自作自演(麻生小太郎)よりたちがわるい、ていうか勉強してないね。

小林秀雄は、逆に戦前に書いたものを修正する必要がなかった数少ない
文士として有名なんだよ。戦前のヒトラーの我が闘争に関する
彼の評論を見てみろ。ちゃんと読んでからいえ。ぼけ。

248 :右翼学者:01/10/02 19:48 ID:UYcSZ/yA
>>245

敦煌を書いた人が小説版書いてるので、
導入代わりに読め。

>>246
マジかい(w
ならもう自分で面白そうか面白くなさそうかを判別できるはずだから、
図書館にでもいけばいい。

249 :屋根の上のヴァイオリン弾き:01/10/02 19:49 ID:XmDin6wA
みんな、もう新太郎の相手をするのはやめような。こいつ、独り言いっているだけだもん。

新太郎の現れるスレは、すべてサゲ進行(笑)。

250 :石原新太郎:01/10/02 19:56 ID:KZzK8CBA
(1)右翼学者さんの尊敬している人は誰ですか?

(2)249さん、俺がレスすると結構盛り上がってますが、何か?

251 :名無しかましてよかですか?:01/10/02 20:32 ID:yT4URVYU
>1
次元漂流記

252 : :01/10/02 20:34 ID:eCCT7fTU
神道しか信じないコヴァさんが
儒教のテキストなんて読んでいいんですか?

253 :右翼学者:01/10/02 20:54 ID:KaHVjexc
>>252

馬鹿だなぁ、神道は多神教だ。道教の神様だって取り入れてる。
あと儒教は宗教じゃない。

254 :名無しかましてよかですか?:01/10/02 21:14 ID:cuqEkiic
>>247
確かに小林秀雄は戦後転向して戦前の発言を無かったことにしようとする
者を批判し続けてましたね。小林秀雄に関してはその通りだと思いますが
新太郎さん、あなた>>114
>111の続き。日教組の話だけど、何とかならんかな、彼らは。
>歴史はもちろん、来年から円周率が3という捏造も教えるらしいしな。
>やっぱ、教育は私立だな。
と発言して>>232さんに
>おいおい、あなたが「円周率は3と日教組が捏造している」
>なんて電波飛ばすからスレが荒れたじゃないですかぁ!
>責任とって「円周率は約3」だというのは捏造だと証明して下さいよ。
とツッこまれてまともに答えてないじゃないですか。
>「公立は円周率を3として計算する、私立は従来どおり円周率を3.14として
>計算する」でいいんじゃないの。とりあえず、俺や子供には害がないし、かえって
>公立と私立の差がついていいんだよ。私立にはどきゅんな日教組も少ないしね。
ワケ分からないこと言ってないでさっさと論証して下さい。

255 :石原新太郎:01/10/02 21:26 ID:KZzK8CBA
円周率の件は、数学者さんが反論してくれたからもういいん
じゃないの? それともあんた日教組さんかい??

円周率をなぜ3という一桁にした理由なんざ俺はしらないし、
興味もないよ。俺の考えから行くとものすごい教育の退化だと
思うけどね。この上の数学者さんの正論にむらがっていくどきゅん
を読んでたら、数学者さんはかわいそうと思っちゃったよ。

おれは現実主義だし、ドライだから、自分と子供にとりあえず
害がなきゃそれでいいんだよ。

で、何を証明してほしいの? 3と決めたのは日教組じゃなく、
国の謀略だ!とか証明させたいわけ?

256 :名無しかましてよかですか?:01/10/02 21:39 ID:nhu/2M1.
御医者様が逆ギレすんなよ見苦しい。
インフォームドコンセントを求める患者さんにも
そんな調子なわけ?こええなあ。

257 :石原新太郎:01/10/02 21:48 ID:KZzK8CBA
>>256

君と同じ目線で話してますが、何か?

患者さまとは違うだろう。

258 :曹隗弥:01/10/02 22:01 ID:Q66jSyVg
患者のことを「患者さま」って言う医者、初めて見た。
それはさておき、

円周率を「およそ3」と教えることにより、
現実的にどのような害があると考えられますか?

259 :石原新太郎:01/10/02 22:11 ID:KZzK8CBA
患者さまっていうのはもう一般に広まりつつあるよ。

それはさておき、円周率のすれではないので極力この板では
避けてきたつもりだが、、、。曹隗弥くんなら仕方ない。

(1)直接的な害は、特にないと思う。あなたのいうとおり、簡便の
   ために3として計算しましょう、という意味においてはね。
(2)ところが、副次的作用として、公立に通わせている親や
   子供がこれじゃあだめだというアレルギーを出しているのね。
   これが害といえば害。私立は公立との差を強調しようとして、
   この「改革」を逆手にとって宣伝してるからね。うちはちゃんと
   3.14として教えます、とかさ。これは公立学校の信用失墜にもつながる。
(3)それに、3.14くらいの計算が煩雑ってのはちょっとおかしい。
   文部省はゆとり教育といいながら、一方では英語教育促進校とか
   いって、英語のエリート教育をさせる学校を作っている。
   これは、エリートと非エリート(英語もそこそこでいいし、
   円周率も3として計算しても良いよ、君らはどうせいらないんだから)
   に分けたい、という本音の現れじゃないの?

深読みしすぎたり、的はずれだと思うならまたレスしてくれ。

260 :名無しかましてよかですか?:01/10/02 22:16 ID:cuqEkiic
>>255
ハァ!?だからさ、円周率が幾つかとか教育が云々とかの議論を
したいんじゃなくて「円周率が3だと日教組が捏造している」
というあなたの発言の是非を問うているのだが。
話をそらさないで下さい。
あ、あと俺は日教組じゃないよ。ただの反コヴァです。

261 :石原新太郎:01/10/02 22:19 ID:KZzK8CBA
>>260

「円周率が3だと日教組が捏造している」

俺一流のユーモアだよ。吉田茂を愛しているものでね。
ちょっとシュールすぎた? 悪いね。

262 :屋根の上のヴァイオリン弾き:01/10/02 22:20 ID:PLFdvFJc
>>259私立は公立との差を強調しようとして、
   この「改革」を逆手にとって宣伝してるからね。うちはちゃんと
   3.14として教えます、とかさ。>

そんな学校あるわけないだろ(笑)。あるなら、名前とソースをあげてみよ。

そんなお前みたいな馬鹿な学校があるわけないじゃねえか。
よっぽどの四流校か?

263 :曹隗弥:01/10/02 22:25 ID:Q66jSyVg
>>259

そう、今は患者さまって言うのですか。知りませんでした。
ここ数年病院に行ってないから、遅れてるのかな。

それはさておき。

(3)は、いくらなんでも深読みと思いますよ。
ゆとり教育には僕も反対ですが。

エリートと非エリートを分ける、というワケではなく、
個性豊かな子を育てるっていうのが名目ですし、たぶんこれ本音だと思いますよ。

あと、(2)については、
これまでだってお受験ママは、我が子を有名私立幼稚園に
通わせてたわけでしょ。公立学校なんてもともと信用ありません。
現状維持ですよ。

>>261
そうか、そう言われれば風刺の効いたジョークに聞こえますね。
分かりませんでした。ごめんなさい。


スレ違いでごめんなさい。

264 :石原新太郎:01/10/02 22:26 ID:KZzK8CBA
屋根の上のヴァイオリン弾きさんへ。

うちの子供の学校の先生だよ。悪いね四流校で。藁)
進度も速くて親も宿題教えるのは大変だが。
今のところ、高校の物理まではがんばろうと思うのだが。

265 :名無しかましてよかですか?:01/10/02 22:26 ID:8rk6TlsU
 うちでは「ゆとりの教育」は行いませんって宣伝は見たことあるな。

>>261
 つまり何かい。どんなに過激な事を言っても、後で「ユーモア」とか
言えば許されるとでも?
 ファンがこれだから小林も最終的には「所詮漫画だから」って言って
許して貰えるとでもおもっているのかねぇ。

266 :曹隗弥:01/10/02 22:29 ID:Q66jSyVg
>>261

しかし、そうすると、
「日教組が円周率をおよそ3と教えることは捏造だ」と
力説してらっしゃった数学者氏の立場は?

267 :コテ犯:01/10/02 22:35 ID:cwJSSpGA
>>259
胴衣。
どうも、文部省の発想は「できる子にはカネと時間をたっぷりかける」「できない子は、そこそこに教えるだけ」というもののように思える。これはおかしいよな。
本当は逆じゃなきゃいけない。特に、小学校では落ちこぼれにこそしっかり丁寧に教えてやるべきだろう。
文部省のいう「ゆとり教育」ってのは、実は「教師にゆとりを生み出す」ものでしかない。手のかかる子どもには、教えやすいレベルのことしか教えなくてよくなるわけだからな。

ちなみに、「数学者」の意見そのものはそれほど見当ハズレではないよ。まあ、多くの人が指摘していることだし、この板の住民も大方はそう思っていたことだとも思う。
ただ彼は論点をハズしていただけ。

268 :名無しかましてよかですか?:01/10/02 22:38 ID:cuqEkiic
>俺一流のユーモアだよ。吉田茂を愛しているものでね。
>ちょっとシュールすぎた? 悪いね。

でんでん面白くなぁい。
でもあれを「シュールなユーモアだと思っている
新太郎タン萌え(藁

269 :曹隗弥:01/10/02 22:41 ID:Q66jSyVg
>>266
・・・あ、改めて読むとそうじゃない。誤読した、失礼。

270 :名無しかましてよかですか?:01/10/02 23:03 ID:H9nbj5YM
教育話に便乗。
高校で確定申告のやりかたを教えるべきだと思うんだが、どうだろうか?
あと原チャとか

271 :名無しかましてよかですか?:01/10/02 23:09 ID:t49.tGa2
>>264
それはソースとは言わないよ。君以外の誰が確認できるんだい?

君が自分の個人情報を公開してしまうことを覚悟した上で学校名とその先生の名前、そして具体的な発言内容を上げられない限り、少なくともこの論議の中では、君の妄想でしかない。

君はちっとも進歩しないね。何度も同じ事言わせるなよ。

272 :xxx:01/10/02 23:11 ID:52yRDtSA
>270
新興宗教やマルチに引っかからないコツも重要だ。(w
何せ博士課程などの高学歴の連中がオウムやライフスペースに
ガンガンひっかかったからなあ。

273 :石原新太郎:01/10/02 23:12 ID:KZzK8CBA
確定申告ね、いいかもね。ついでに年金制度の話をして、「君らは保険料の総額より、
受け取る支給額の方が少ないんだよ。とか講義してもらうのも、
良い経験だったりして。

274 :石原新太郎:01/10/02 23:21 ID:KZzK8CBA
もちろん、274もジョーク(内容は本当だが)だけどね、でも
子供に将来の夢とかロマンを持たせられるように大人が頑張らないと
いけないね。

これは俺の独り言。

275 :名無しかましてよかですか?:01/10/02 23:25 ID:WaVQf5gw
まあ、新太郎の「ジョーク」とは、要するに「ウソ」ということで(だって、まるで面白くないんだもんな。)

276 : :01/10/02 23:27 ID:mXBdbNHA
新太郎の存在自体がシュールなジョークでな

277 :名無しかましてよかですか?:01/10/02 23:28 ID:t49.tGa2
ウソを平気でつくような人間が、『公』を語るか。

『騙る』ことのないようにな。もう騙ってるか。

278 :石原新太郎:01/10/02 23:29 ID:KZzK8CBA
>>275

え、年金の動態については、県庁のポスターにあったんですけど。
まあ、本当としても面白くはないわね。昭和ひとけた世代以降は
どんどん年金支給がきびしくなるもんね。俺なんか収入でひっかかって
もらえんかもしれんし。藁) 

279 :名無しかましてよかですか?:01/10/03 09:53 ID:4x/2pVAo
http://www.esbooks.co.jp/myshop/doyoubikai

280 :名無しかましてよかですか?:01/10/03 11:08 ID:3Y79Ii8g
っていうか新太郎なんかほっといて、名著を紹介してやらん
ことには>>1が不憫すぎるぞ・・・。

281 :9割:01/10/03 18:41 ID:65FC3e7w
>>280
そうだ!
だから本の名を挙げろ!

リストを書いてるのはオレと新太郎と右翼学者だ!

おれのは逆向きだが!
強姦発言議員の西村の本も面白いぞ。

282 :名無しかましてよかですか?:01/10/03 19:15 ID:ILP5kl/.
>>281
 俺も書いているが(w
 書いても、口げんかの方が面白そうだから、盛り上がらない
んだろうね(w

283 :9割:01/10/03 19:32 ID:65FC3e7w
>>282

名無しじゃわからん!

ちなみに今は呉善花の本がベストセラーだぞ
(一書き込み一冊運動)

284 :左翼ですが何か?:01/10/03 19:55 ID:i00hlTJs
最近読んだ本
三浦綾子「氷点」上下
三浦綾子「続・氷点」上下
三浦綾子「新約聖書入門」
高杉良 「金融腐食列島」上下
T・ケイ「白い犬とワルツを」
山本文緒「パイナップルの彼方」
シェイクスピア「ハムレット」
ドフトエフスキー「罪と罰」上下

ミーハーかつ乱読ですね・・・。
脱コヴァなら三浦綾子はいいかも。
キリスト教的ヒューマニズムに共感できたし、
キリスト教に興味をもてた。
以前読んだ三浦の「母」もよかったな。
戦前、特高に虐殺された小林多喜二を母親の視点から
描いた小説。

285 :9割:01/10/03 20:11 ID:65FC3e7w
山本七平の「常識の非常識」はかなり前からイスラエル情勢を
冷静に憂慮していて面白い。
平和憲法擁護論者の虚妄性の指摘は笑えた。

286 :曹隗弥:01/10/03 20:27 ID:57/mkjWI
一応、般若心経と聖書とコーランを推挙しておいたけどね。
じゃ、論語とかどうでしょう?あと老子・荘子とか。

287 :9割:01/10/03 20:32 ID:65FC3e7w
>>286
読み終わる頃、平成が終わってそうだぞ

288 :名無しかましてよかですか?:01/10/03 20:35 ID:Sy.Fu2e6
どれもそんなに長くは無いぞ・・・

289 :9割:01/10/03 20:44 ID:65FC3e7w
>>288
あそ
不勉強でした。

しかも一冊運動を忘れてるし、
日垣隆の「偽善系」も2も面白いぞ

290 :名無しかましてよかですか?:01/10/03 20:51 ID:Zav5W.vQ
>>288
コーランって鬼のように長いんじゃなかったっけ?
イスラムの国では、コーランを全部模写した犯罪者には特赦が与えられるとか聞いたけど。

291 :名無しかましてよかですか?:01/10/03 21:04 ID:8Ui/Uo.6
コーランは新旧聖書を合わせたくらいの長さだよ。

あと、旧ゴー宣1巻から順番に読んでいけば、
小林のことを客観視できるようになると思うのだが、
雑誌連載時にリアルタイムで読まないと、
最初に結論ありき、ということになるかなあ?

292 :名無しかましてよかですか?:01/10/03 21:06 ID:E5td9wBY
最近読んだ本。
「台灣的主張」
「嘉南大※(土+川)之父 八田與一伝」
「台灣総督 明石元二郎」
「日本植民地下的 台灣與沖縄」
「台湾紀行 街道漫歩」
「阿里山森林鐵路紀行」
「天皇陛下の赤子 新竹人・日本兵・戰争経經驗」
以上、台北にて購入。繁体字はなれると簡体字より楽ですね。
漢字本来の意味が良く分かりますし。
でも日本語の本の10倍ぐらい時間がかかるのです。

「台湾の大和魂」
「日本人警察官の家族達」
「抗日霧社事件の歴史」
「台湾は日本人がつくった」
「日本に恋した台湾人」
「新しい歴史教科書」

あーすんません。スレタイトルは「脱コヴァのための名著100選」でしたね。
てっきり「コヴァのための名著100選」と勘違いしてました。スマソ。

293 : :01/10/03 23:28 ID:xRlttawY
コヴァは伝記や古典しか読まないのな
西部邁や西尾幹二の本読まないの?

294 :名無しかましてよかですか?:01/10/03 23:31 ID:SSHJrabU
>>293
コヴァの知力では理解できないのです(藁

295 :名無しかましてよかですか?:01/10/03 23:42 ID:y8ivxmrY
まあ、読んだところでなんにもならないし。

296 :名無しかましてよかですか?:01/10/04 00:33 ID:SAkK0jKQ
「海上護衛戦」 著 大井篤  学研M文庫
初版 2001年2月18日  定価 本体780円+税
ISBN4-05-901040-5

旧日本軍の関係者が書いた記録の中でも屈指の名著。
のみならず日本人の戦中も戦後も余り変わっていない
日本人の組織やその意志決定のあり方の問題点を
具体例を挙げながら鋭く突いた好著。
これをみると前の大戦は「侵略」だの「聖戦」だのという前に
まず戦争としてとっても「ダメ」だったことがよく分かってくる。

文章も韜晦したところがなく、平明でわかりやすいので
コヴァの読解力でも十分読めるぞ。

297 : :01/10/04 00:35 ID:.ZCm90kc
>>296
その解説だけ読むと
山本七平の陸軍体験時代の著書みたいだね。

298 :名無しかましてよかですか?:01/10/04 00:39 ID:GJtchQE2
 山本七平はインチキやったから、信用できん。(しかも間違いがぼろぼろ
と…)

 >>296 みたいな事を言う人はいっぱいいるよ。俺も最近読んだ。
 日本陸軍失敗の連鎖の研究 とかね。

299 : :01/10/04 00:43 ID:.ZCm90kc
山本と小林よしのりのインチキ度合いは同じレベルじゃないか?
どっちも学者じゃないし。

300 :ミルキーはママの味:01/10/04 00:45 ID:1d3G8YFI
おいおいみんな、あんまりコヴァがついていけない話題するなよ……

どうせ山本七平なんて、知りもしないんだからさあ……

301 ::01/10/04 00:47 ID:cIfKSxZc
>300
ソダネ、シラナイダローネ

302 : :01/10/04 00:51 ID:.ZCm90kc
また横道にそれるかもしれないが、
コヴァは「復古革新派」として
精神面では天皇を中心とした日本主義、
内政面では社会主義、外交面でアジア主義を主張した
大川周明をどう評価しているんだろう?

アカだから逝ってよしなのか、
日本マンセーだから同士なのか知りたい所だ。
という事で中公新書の大塚健洋「大川周明」を推薦。

303 ::01/10/04 00:55 ID:cIfKSxZc
>302
『大川周明』を知らないということではないでしょうか?(藁)

304 : :01/10/04 00:57 ID:.ZCm90kc
>>303
東京裁判にあれだけこだわる人達なんだから、
A級戦犯を逃れた大川を知らないはずないんだけれどね(笑

305 :ミルキーはママの味:01/10/04 00:58 ID:1d3G8YFI
>>304
コヴァは、日本を弁護してくれたパル以外の人名を知りません。

306 :中道主義者:01/10/04 00:59 ID:BVgtMpiU
細野真宏の「経済のニュースがわかる本」とかは
小林よりは確実に中立的でわかりやすいと思うぞ。
日本経済編と銀行・郵貯・生命保険編が発売中。

307 ::01/10/04 00:59 ID:cIfKSxZc
>304
ゴー宣に名前が出てきてなければ、知らないと思われ(藁)
コヴァはゴー宣しか読まないから!(藁)

308 :292:01/10/04 01:57 ID:jFxKfuQU
うーん。すごい煽られますね。普段はマターリとした台湾板にいるもので
正直笑ってしまいました。これら以外の本も読んでますが。
たとえば、石原莞爾「最終戦争論」、中野泰雄「アジア主義者 中野正剛」
宮崎学「神に祈らず 大杉栄はなぜ殺されたのか」、奥崎謙三「服役囚考」
鎌田慧「大杉栄 自由への疾走」(<−これおもろかった、栄萌え!)
などなど、全部晒さないといけませんかね〜。

ゴー宣に明石元二郎総督の話ありましたかね。謝さんの本で読んだのかも
しれんので定かでない。もしかしたら台灣論にあったかも?
司馬遼太郎「街道を行く 台湾紀行」はなかったような気がするし、
大体、司馬遼太郎は小林氏には罵倒されていてますよね。彼の言い分も
わからんでもないが心情的には「竜馬が行く。」「坂の上の雲」「花神」
とか歴史がおもろいものだと教えてくれたのは司馬さんですのでちょっと賛成できないね。
意図的に混ぜたのですが「日本植民地下的 台灣與沖縄」 は沖縄の又吉盛清氏の著作。全くもって沖縄的視点で書かれているので
コヴァが読むとゴラァかもしれない。その前に沖縄タイムス系の本なので
入手自体が困難ですが。

309 :292:01/10/04 01:57 ID:jFxKfuQU
本田勝一と山本七平の戦いはまるで2ちゃんでのウヨサヨの戦いの
原型のようでしたね。ユダヤ人と日本人とか言う本を本田さんが
こき下ろしてたと思われ。週刊誌でやりやってたよね週刊朝日とか諸君で
一〇年以上まえですね。江藤淳、そういえば今はなき黛俊郎さん右翼からの
発言をしてたな。そのころはすっかりサヨに洗脳されていたヨ。
FOR BIGINNERSとかでは右翼知識人はあほのようなキャラで
書かれてましたね。今読み返すと、笑う。&サヨな見方しかできなかった
工房のころを思い出す。ウヨになったのはこのシリーズの右翼がきっかけですね。

どこぞのアニメのキャラクタの言いぐさではないが「信念などと言うものは
生きるための方便だ。」だと思っております。
現代の色眼鏡を通すと歴史は面白くないし、当時の状況での判断とかが
わからなくなるので一応ウヨを自称していますが、サヨさんの書いた本も
読むようにしてます。特に大正ー昭和初期の右翼左翼はおもろいよ。
(長いのでつづきます。)
老荘会とか満州へわたった人たちね。転向したひともいるし、殺されたり、
自決したひと、いろいろですね。

ま、いずれにしろ生きていく上である程度の予断は必要なのは認めるが
あまりに予断が入りすぎるとそれも面白くないような気がしますね。
あくまでも私の意見ですが。

310 :名無しかましてよかですか?:01/10/04 12:27 ID:CQBXknzw
 俺は山本七平でウヨになった友人を何人か知っている。「歴史は繰り返す」だね。
彼の著作の誤りを指摘しても「誤りはあるだろうが,言っている事は正しい」とき
たもんだ(w
 そいや,世界最悪の偽書「シオン賢者のプロトコル」を信じ切っていたヒトラー
が,それは偽書ですよと指摘された時,「偽書かもしれないが,言っている事は正
しい」って言ったね。で,史上最悪の虐殺を行う訳だ。
 やはり基本的な部分で重大な誤りがある本はそれだけの価値しかないと思うぞ。

 というわけで,おすすめ本は星の数ほどあるユダヤ陰謀論の本を読んで,そう
だったのかーと世界情勢を思った後に,批判本を読むことですね。批判サイトあ
るかな?

311 ::01/10/04 12:32 ID:UQS03gnA
脱コヴァのための名著を一冊・・・
『金田一少年の事件簿』全巻をお勧めしておきます。
これでも読んで、自称ミステリーヲタクにさせろ!(藁)

上で出て多様な気がするが、麻薬と一緒で『毒』が抜けるまで違う本を適当に読ませれ(藁)

312 ::01/10/04 12:35 ID:UQS03gnA
オウ、誤字ガアリマースネー。
アイムソーリー、イヌソーリー。
北海道ハ、イヌゾリレースデスットコドッコイ(藁)

>訂正:出て多様な > 出てたような

313 :名無しかましてよかですか?:01/10/04 12:38 ID:AqcDrgms
age

314 :名無しかましてよかですか?:01/10/04 12:41 ID:AqcDrgms
山本七平はインチキていうより
本人がアカデミックな研究したことがないだけだろう
そこの間違いをインチキというのはどうかと
 ちなみに小室直樹でウヨになったが。

315 :名無しかましてよかですか?:01/10/04 12:48 ID:Xj9NCRfc
>本人がアカデミックな研究したことがないだけだろう
それで十分「インチキ」だと思うが?

>ちなみに小室直樹でウヨになったが。
イタイ...

316 :名無しかましてよかですか?:01/10/04 12:56 ID:bokBLyFE
>>本人がアカデミックな研究したことがないだけだろう
>それで十分「インチキ」だと思うが?
するとやっぱり小林はインチキ…

317 :名無しかましてよかですか?:01/10/04 12:59 ID:fbgKA8os
あれはマンガ。

318 :名無しかましてよかですか?:01/10/04 13:05 ID:AqcDrgms
 アカデミックな研究してない奴はみんなインチキなのか。

319 :名無しかましてよかですか?:01/10/04 13:11 ID:8TBY3dTk
>>318
「アカデミックな研究してない奴はみんなインチキ」
などと言っている人はいないと思われる。

「アカデミックな研究してない奴は、嘘を書いてもインチキにならない」
という的外れな発言をした人物は約一名いたが……

320 :名無しかましてよかですか?:01/10/04 16:10 ID:XI.Ab1FU
> 山本七平はインチキていうより
>本人がアカデミックな研究したことがないだけだろう

嘘をつく、とか、根拠をでっちあげる、とか、騙る、とか、
英語を(ワザと?)誤訳する、とか、論理構成がめちゃくちゃ、
とかは「アカデミックな研究」をしたかしないかとは無関係だ
と思われ。

>するとやっぱり小林はインチキ…
あ、似てるね・・・

321 :名無しかましてよかですか?:01/10/04 16:46 ID:KXRqvbuo
山本七平の
空気の研究、
石田梅岩、鈴木正三の勤労の哲学
山鹿、栗山、浅見の尊王思想
目の付け所はいいとおもうが

322 :名無しかましてよかですか?:01/10/04 17:35 ID:fbgKA8os
各自の生まれ育った町の郷土史(たいてい、自治体が本を発行している)の、
明治、大正、昭和初期の部分を読めば、、
ふるさとを守るだの、じいちゃんたちの人生に敬意を表すだのということが、
そんなに単純ではなく、
少なくとも、亜細亜太平洋戦争を肯定していればよい、というものではない、
ということがわかると思うよ。

323 :ななし:01/10/05 00:15 ID:J9EUvSkE
 俳優で、数多くのエッセイを書いてる池部良の自伝エッセイは?

 徴兵されたあと、幹候、予備士官学校経由の衛生隊輜重兵という経歴。
南方に送られ、上陸したとたん米軍の攻撃を受け食糧をほとんど焼かれた中で
小隊長として一年間終戦まで放置状態におかれた経歴をもってる。

 軍隊の中の建前や本音というやつが実におもしろく描かれてる。

324 :ナックルズ:01/10/05 00:36 ID:0UVaykzs
宮崎学の突破者、これっきゃない!

325 :石原新太郎:01/10/05 13:55 ID:4cZHdk3w
脱コヴァではないが、読んでためになり、面白い本

(1)鎌田敏夫著 「俺たちの旅」角川文庫 青春小説の永遠のバイブル。
   中村雅俊がドラマで主演して、一世を風靡した。
(2)河合隼雄さんの子育て論。最近朝日文庫からQ&A方式の本が出ている。
   子供を持つ親にはぜひ読んで欲しい。新潮カセット文庫の河合さんの講演も
   面白い。爆笑しました。

以上、保守の人も、小夜のひとも、一度読んでみると面白いのでは。

326 :sage:01/10/05 16:19 ID:.FTpWDaw
河合隼雄から父性の復権という話題に移行させるつもりだろうな。

327 :9割:01/10/05 20:15 ID:XcAIjJ.c
で面白い本は脱コヴァ本は?
並べるとコヴァ本ばかりだぞ!

ん〜と一冊は漫画だ!

「静粛に只今天才勉強中」倉田江美

ルイ王朝=>革命=>ロベスピエール=>何だっけ?=>ナポレオン
この流れがあっという間に読める。
圧縮率では「スイート三国志・片山まさゆき」といい勝負

328 ::01/10/06 00:50 ID:9nB0wFt2
>9割
一冊はまんがって俺か・・・?(藁

329 :名無しかましてよかですか?:01/10/12 21:41 ID:RGT.60uA
A・ギデンズ 「第三の道」
N・ルーマン 「社会システム理論・上、下」
ハイエク 「隷属への道」
E・フロム 「自由からの逃走」
アドルノ他 「権威主義的パーソナリティ」

330 :名無しかましてよかですか?:01/10/12 21:45 ID:hbVSie1c
「次元冒険記」はがいしゅつ?

あれを読むと、「小林はインチキ野郎!」という気になる。

331 :名無しかましてよかですか?:01/10/12 21:45 ID:R8KVCxJ.
普通に学校の教科書読んでれば間違いないかと・・・(W

332 :名無しかましてよかですか?:01/10/12 22:11 ID:vn5n71NU
脱・小林というか、まず、右翼・左翼という分け方で
世の中を見るのを止めてくれないと、議論にならない。

333 : :01/10/12 23:23 ID:b7VGRb6g
>>324
宮崎学って飽きるよ。

>>330
読んだ。悲しくなった。「東大」も今の読者はつらいと思うが。

>>332
その通りだな。

で、おすすめは男なら落合信彦だな。

334 :曹隗弥:01/10/12 23:29 ID:GvmSp4mY
>>333
次元冒険記は立ち読みで最初の数話読んだ。
単行本探そうと思ってたけど、やめた方がいい?

あと、東大一直線はおもしろいよ。

335 : :01/10/13 05:41 ID:PxJMA.pA
新太郎とか数学者ってどこ行ったの?(藁

336 :サヨ:01/10/13 05:49 ID:oeWHeVfo
 河合と父性の復権を書いた林とは、対立関係ですね。日本における
「ちちなるもの」に対する認識において。

337 :名無しかましてよかですか?:01/10/13 12:22 ID:S6g5HNwM
新太郎は、発売中のSAPIOの「新ゴー宣」を読んで、
脱コヴァしたらしいよ。

338 :名無しかましてよかですか?:01/10/13 12:48 ID:Oz12PK2k
>>337
どっかのスレで、「よしりんってサヨクだったのか」って書いてたアイツかな?

339 :名無しかましてよかですか?:01/10/13 13:24 ID:q52jmwRU
クラウゼヴィッツの戦争論 孫子 ハートの戦略論。
松村劭の戦争学 野外令 戦術入門

あと、基礎的な戦史だな・・・

このくらいは読んでないと戦争は語れないよ、恥ずかしくて。

340 :名無しかましてよかですか?:01/10/14 21:05 ID:37cRoMqF
 孫子は戦争にロマンを持っていなくて、極めて戦争に冷徹なんだよね。そ
れが、サムライのなれの果てである旧日本軍の嫌うところになった訳だね。
クラウゼビィッツは有名だけど…手に取ってみると無茶厚くて、そんなに役
に立つのかな?立つというのなら、読んでみようと思うけど。

341 :小林よしのり読者のひとり:01/10/14 21:14 ID:vpMeUYT0
構造改革関係
理論的キーパーソンの著作を読め。

猪瀬直樹著
「構造改革とはなにか 新篇 日本国の研究」
「日本国の研究(続)」
「日本病のカルテ 一気にわかる! デフレ危機」

342 :名無しかましてよかですか?:01/10/14 22:34 ID:VC/x3hnc
ケルゼン「正義とは何か」
ロナルド・ドウォーキン「法の帝国」

どちらも読んだことはない(稿

343 :エロリスト:01/10/14 23:36 ID:NRx+d4Zx
性器とはナニか?って、そりゃもちろんハァハァ

344 :曹隗弥:01/10/14 23:38 ID:EzG1dV0J
>>343
真面目な話をしてるんだから、荒らすなよ

345 :名無しかましてよかですか?:01/10/15 00:00 ID:qCfDQZHA
>>344
エロリストタンに何を言うか!!

346 ::01/10/15 00:13 ID:NNugM3Sj
>345
エロリストにもタンってつけるのかよ!

347 :345:01/10/15 00:43 ID:CL770HEI
>>346
殺伐としたコヴァ板では貴重な人材だと思われ。
第一曹隗弥があんなこと言えた義理じゃないだろ。

348 :名無しかましてよかですか?:01/10/15 08:58 ID:OHsyvISY
コヴァに沢木耕太郎「テロルの決算」と大江健三朗「セヴンテイーン」を無理やり
読ませてみる。

349 :エロリスト:01/10/15 11:50 ID:r3FDByDi
セブンティーンにエロるの決算?ハァハァ

350 ::01/10/15 14:23 ID:5hZYn9uu
>347
和ませるためだったか・・・スマソ。

351 :339:01/10/15 18:56 ID:lil4A+qm
>>340

マトモに軍事を勉強した人間ならコヴァのようなロマンを抱かないと思うよ。
少なくとも、僕は恐ろしいし、嫌だ。

旧日本軍の問題は、僕は戦費に有るとおもうんですよ。
本来的に、日本は火力戦のドクトリンが大勢だったんですよね。安土桃山
〜幕末までは単位人員あたりの火力で言えばヨーロッパの比では有りま
せんでした。江戸時代で国民の3人に一人当たりの割合で鉄砲が普及し、
幕末では最新式のアームストロング砲やガトリングガンを集中運用しまし
た。
ただ、日露戦争によって戦費が増大し国債の乱発をしたわけじゃないです
か。それによって大規模な火力戦を遂行できなくなった。ヨーロッパは機
動戦の概念があったから第一次大戦の後に間接アプローチや電撃戦の
概念が発生して一応の解決を図ったわけですが、日本にはそれが出来な
かった。そこで、精神力で火力をカバーしようという方法に至ったのではな
いかと思います。

クラウゼヴィッツは最近新訳が出たのでそれが良いと思います。
追撃と決戦の強要は重要な考えですからね。敵戦闘力の撃滅等の重要
な概念が多数出てきます。
また、山岳地防御等の部分はアフガンでの戦闘の参考になるかもしれま
せん。

352 :トンデモ本:01/10/15 19:01 ID:jza9vfkf
太宰治の「人間失格」

353 :9割:01/10/15 20:01 ID:XasdiInU
>>340
>>351
続けて読むと日本軍は戦争にロマンを求めて負けたと解釈できて
すっきりする。
そうすると石原莞爾あたりがロマンを求めなかった軍人なのかな。

一冊は読みかけの
「忘れたことと忘れさせられたこと」江藤淳
探してた朝日新聞の変遷が読めそう。
しかし昔の新聞の引用は読みづらい。

354 :名無しかましてよかですか?:01/10/15 20:21 ID:92NHM0Pg
>>353
石原莞爾はロマンを通り越して妄想たっぷりだと思われ。
『最終戦総論』なんて、どう考えたって正気の沙汰じゃないだろうて。
石原莞爾を評価する人は保守派じゃよくいるんだが、
俺はいまいち同意しかねるなぁ・・・。

355 :339:01/10/15 21:16 ID:lil4A+qm
石原莞爾は電波ですね。日蓮電波。

彼の考察には認めるべき部分は有りますが・・・ 日蓮宗の教義に刷り合
わせるべく解釈している部分も否定出来ないですね。
というか、政治を無視し独断専行するのは軍人にあるまじき行為です。
どんなにアホで無策であろうとも唯々諾々と従うのが軍人の勤めでしょう。

356 :真の愛国者諸君へ:01/10/15 23:28 ID:QeCPwcCm
ウヨ・サヨとレッテル張りしかできない人はこの2冊はどっちにいれていいか
わからなくて困るね、きっと。

1. ヘレン・ミアーズ「アメリカの鏡・日本」

原著は米国でもとうに
数10年前に絶版で、古本屋でインターネットで購入した。3万円したがそれだけの価値あり。
翻訳本はまだ絶版にならず出ている。
勇気ある女性が書いた戦後すぐの日本擁護・米国批判論。すばらしい。


2.渡辺京二「逝きし世の面影」

江戸末期から明治初期まで来日・滞日した外国人たちの文章集とその分析。
やはり日本人は明治維新によって「江戸時代は悪」と洗脳されたんだな、と
痛感する。真の愛国者を自認する者には必読!

357 :名無しかましてよかですか?:01/10/15 23:46 ID:dHPX5G2W
>>356
実は身近なとこにも「ウヨサヨ分類」のパターン
に当てはめるのが困難な連中がいる。
そう。日本史板が生んだ狂気の愛国者集団、「アズマ」の連中だ。
さぁ、みなさんはどう思う? アズマはウヨ? それともサヨ?

358 :名無しかましてよかですか?:01/10/16 00:02 ID:ajRRTBCH
なぜだれも、安彦良和「虹色のトロッキー」を挙げないのだ?
ある意味では「戦争論」の対極にある漫画。
もっとも、ノモンハン事件当時の時代状況やキーパーソンを
知らないと面白くはないけどな。

359 :356:01/10/16 00:05 ID:bgJT+oXf
「アズマ」というのもレッテル張りのひとつには違いない。
彼らの中には聞くべき意見もあるし、うなずけないものもある。
だからひとくくりした中にもかなりの差異が生じるということ。
だから「アズマ」なんていうくくりにもウヨサヨ同様興味はない。
ひょっとすると「愛国原理主義」なんていう呼び方も生まれそうだな。

360 :357:01/10/16 00:08 ID:bgJT+oXf

揚げ足取りをされたくないので自己レス。
>彼らの中には聞くべき意見もあるし、うなずけないものもある。
これは、こちらがレッテル張りをしているわけではなく、たとえば
日本史スレの中で「アズマ」と名指しされた意見をさすだけ。

361 :名無しかましてよかですか?:01/10/16 00:10 ID:BGkIx4gV
 >>1
 本人にその気がないと、リハビリにはならんからね。
 おそらく彼は、それまでの人生がうまく行き過ぎて、あまりたいして苦労せずに
大きくなったんじゃないかな。で、何かしらの形で劣等感を意識せざるをえなくなる
ような出来事が起こった。そうなると、今までの順風満帆の自分が崩れますわな。
そうなると、自分に自信がなくなりますわな。すると、自分に自信をもちたいんだけ
ど、自分をどこかで否定してしまって自分のやることなすことすべてがちぐはぐに
なってしまう。そんなとき、誰かにすがりつきたくなる。誰かに自分が生きるに値す
る人間であることを認めて欲しくなる。そういう子って、思考停止しちゃって、物事
をありのままにみつめ、正しいことなんてないんだと思い、ただ自分がいま立脚して
いる現実を着実に歩いていくことをさぼってしまう。
 まず彼に必要なのは、熱狂的にのめりこんでいるのと、面白がっているという状態
は違うんだ、ということを理解させるべきです。
 私は、ニヒリズムの手前まで思考を突き詰めて言及しておられる山崎正和先生の一
連の論文を読まれればいいと思います。彼の中で舞い上がっていたものが冷えるかも
しれません。
 そして、世の中には、コヴァ以外の楽しいものがあることを教えてあげればいいか
と。彼女、なんかうってつけですね。あんまり深く考え込まんと、コンパでもしようや、
と彼を連れ出してあげてください。
 愛想つきたら、それまでの縁やった、いうことですわ。
 

362 :名無しかましてよかですか?:01/10/16 00:13 ID:BGkIx4gV
追加。

コヴァだから、自分は大丈夫なんだ
という考えが間違っているということを知れば、彼の中で
何かが変わって、ある段階を卒業できることになると思います。

小林氏が面白くないとは、僕は思いません。
ただ、難儀な人やな、とは思いますね。

363 :本物の357:01/10/16 00:20 ID:Y5TD1rm3
>>360
これこれ。騙るな騙るな。(藁
でもフォローありがとさん。

364 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 15:57 ID:EnDFlVRQ
安彦良和の「虹色のトロツキー」や「王道の狗」などは、
小林の「戦争論」とは比較にならないほどよく調べてあるし、
単純に漫画として読んでも面白い。
(両作品とも、打ち切り同然の終わり方であるにもかかわらず、である。
 「次元冒険記」の作者は見習って欲しい。)
なぜもっと話題にならないのだろうか。

365 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 18:01 ID:JRyWwBLa
>>364
 トロツキーの方は、単行本のあとがきにもう少し書けたし、
書いて欲しいという声もあったけど、ここで止めておいたとい
う事が書いていましたよね。
 植芝氏が拳銃をよけるのは信じられないけど、あの漫画で知っ
た事実も幾つかあってとても面白かったです。

366 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 18:09 ID:5Wlabheh
>363
単なる書き間違えだと思う

367 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 21:02 ID:XuRNALaN
B.アンダーソン「想像の共同体」はガイシュツ?

368 : :01/10/17 21:15 ID:RGmsVzJV
>>367
既出

369 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 21:25 ID:UxpThDcX
マキャベリの君主論、韓非子は既出?
それからマルクス・アウレリウス自省録。
コヴァの思考の基本には儒がべったりと張り付いてるからそれをはがしてやりゃいい。

370 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 21:39 ID:grDhgtoO
麻原彰晃『日の出ずる国、災い近し』
コヴァ→オウムにしちゃえ!

371 :名無しかましてよかですか?:01/10/17 23:06 ID:BKwj2ffi
坂口安吾 「堕落論」
これでも読んどけ

372 :aa:01/10/18 17:29 ID:kx8+4mqn
aa

373 :9割:01/10/18 19:57 ID:19VVsegW
>>364
安彦探してるけど無いのよ。フィクションながらよく描けていると
噂は聞いていたけど。

一冊はまたマンガだ。
「大使閣下の料理人」
ぽろぽろアジア視点の日本観と官僚批判が出てきます。
ただ一話一話が平和解決だから非現実的なんだけど。

374 : :01/10/19 16:48 ID:mliUoq09
推薦図書中間発表

伊藤真「憲法入門」
ベネディクト・アンダーソン「想像の共同体」
吉本隆明「日本人は思想したか」
大岡昇平「レイテ戦記」
丸山真男「超国家主義の論理と心理」
A・ギデンズ 「第三の道」
N・ルーマン 「社会システム理論・上、下」
ハイエク 「隷属への道」
E・フロム 「自由からの逃走」
アドルノ他 「権威主義的パーソナリティ」

375 :純正左翼(ただしトロ):01/10/19 18:47 ID:GJ0MPbXQ
>>358>>364 >>365と名前が出たところでそのご本人の著作な。

*L・トロツキー「ロシア革命史」

矢張り革命は良いぞぉ!あれは漢の浪漫だ!!!

376 :aku:01/10/19 21:35 ID:swjDvLbr
倉前盛通「悪の論理」(角川文庫)をお勧めします。
この本は日本では珍しい「地政学」を(古典的なものですが)紹介しています。
「地政学」は国際情勢板で探せば出てくると思いますが、本書では
「ある国の力と、それが生き残り得る可能性は、大幅に、その国の地理学的要素
 に依存するものであり、このような条件を検討して、その国がたどり得る将来を
 予測する科学」として紹介しています。

日本も太平洋戦争が終わるまでは地政学という概念があった(日本には向かない大陸型
が主でしたが)のですが、戦後は「地政学」
というものが最初からなかったかのように扱われてきました。
この本は日本では抹殺されてしまった「地政学」によって、
世界の国々(特にアメリカ・欧州諸国)が戦後も外交戦略を立ててきたことを教えてくれます。

おそらく、小林よしのりの「戦争論」の何十倍も役立つでしょう。
「武士道精神を復活させよ、日本人の誇りを取り戻せ」などと言っている間は、100年経っても
老獪な米・欧州諸国・中国には勝てないと思いますよ。

なお、この本は昭和55年に出版されたものなので、古本屋を探したほうが見つかりやすいと思います。

377 :aku:01/10/21 04:19 ID:gXKsYEx8
脱コヴァのため、とは少し外れますが
「ハルノートを書いた男―日米開戦外交と「雪」作戦」(文芸新書) 須藤眞志(すどうしんじ)著 
もお勧めです。この本にはハルノート―正確には「合衆国及び日本国間協定の基礎概略」と呼ばれる仮案―が
作られるまでの経緯が事細かに書かれています。詳しいことは本書を読んでいただきたいのですが、
本書の特色として「ハルノートは満州国を含む中国からの撤兵を主張したもの」ではない
と主張している点が上げられます。
また、ソ連のスパイがハルノートを製作することに関わっていたとも書かれています。
重要なのは、そのソ連のスパイが日米間の開戦を目論んだのではなく、開戦を避けようと
動いていたと書かれていることです。それらは今までの日米開戦外交史の本には無い考え方だと思われます。
本書では、日米開戦の原因となったのは、結局のところ
日本とアメリカでは重視するものが違っていたこと、と述べられています。わかりやすい例として
アメリカは日本軍の南部仏印進駐を日本が思っていたよりもはるかに重視しており、安全保障上の問題として
極めて強い対抗措置を日本に対して行った。それが石油禁輸、資産凍結であった。また、その時点でアメリカ
は日米開戦の決意を固めた。日本ではほとんどの者が日本軍の南部仏印進駐が石油禁輸を引き起こす
とは考えていなかった…ということがあげられると思います。

本書は、これまでの「ハルノートを突きつけたアメリカこそ日本に先制攻撃をしたのだ」という考え方が変わる
一冊になることでしょう。

378 :アジアの力:01/10/21 19:46 ID:NXzyWuCE
かわらん、カワラン。結局1941年12月は最後の転換点だったことは歴史上の
「定説」である。

「かつてリッベントロップ独外相は『この戦争の拡大の全責任は日本を原料市場から
閉め出し、日本人にウオール街の法規に強要せしめんとしたルーズベルトにある。』
と言っているが、ルーズベルトはかかる不逞さとともにウオール街の法規を日本に強
要するか、しからざれば世界動乱によって国際金融資本の制覇を再強化するかの二途
に一途を目指して今次の挑戦を試みてきたのであった。この和戦両略を見抜き、遠大
なる世界復興の使命に機先を制して起ち上がったものこそ12月8日の真珠湾攻撃に
他ならない。だがルーズベルトを傀儡とするユダヤ勢力が、この大戦の間を縫いつつ
国際資本主義による制圧によって彼らの勝利に戦争を導かんとして長期ゲリラ戦及び
日独伊離間・日蘇離間・中立国指そう等に緻密にして老獪なる手段と詐妄とをもって
あらゆる反攻戦略に出でつつあることはこれまた明白な一事である。」
「日本思想戦大系・日本政治」旺文社・刊 花見達治・著(昭和18年3月25日発行)

379 :名無しかましてよかですか?:01/10/21 20:34 ID:+1zD8WTu
敵国日本/ヒューバイアス

380 :名無しかましてよかですか?:01/10/22 06:12 ID:5yeVHkkV
安彦の漫画は調べていることはわかるが、その人物理解の浅さと何より
話のご都合主義、構成の不備という点で総合的には2流3流の作品と
なっている。なにより、話をきっちりまとめることができない。
それは彼がアニメの原画あがりで、ストーリーテリングを鍛えたことが
ないからだろうが・・・
また、主人公が基本的にモラトリアムで「責任」を引き受けることが
ない人ばかり。これについては佐藤健志の指摘がある。

381 :名無しかましてよかですか?:01/10/22 06:19 ID:MA0SoCga
>>378
「だがルーズベルトを傀儡とするユダヤ勢力が」
「ルーズベルトを傀儡とするユダヤ勢力」
「傀儡」「ユダヤ勢力」

これのどこが「歴史上の定説」じゃあ!(藁

382 :名無しかましてよかですか?:01/10/22 10:47 ID:kMS6I5oB
>380

その批判は、「アニメの原画あがり」という点以外、
すべて「戦争論」などの小林の著作にも言えるんですけど。

あと、「ナムジ」「神武」「我が名はネロ」は、
ストーリーもしっかりしていると思うが。

383 :アジアの力:01/10/22 11:47 ID:MVB/9WkZ
国際共産主義者リヒャルト・ゾルゲやハリー・デクスター・ホワイトの一味が関わった謀略をよく調べや!

384 :名無しかましてよかですか?:01/10/22 15:58 ID:j58dJdVR
アダムスミス「諸国民の富(国富論)」

385 :9割:01/10/22 18:53 ID:ZB8Js/0o
すでに書いたが
「忘れたこと忘れさせられたこと」江藤淳
痛いゾ、痛すぎる。なんか朝日新聞に同情すらできる、マジで。

改めて一冊、またコヴァ本
「アーロン収容所」会田雄二
文章が読みやすくて著者はちょっとインテリの捕虜かと思ったら
京大の教授でやんの。「合理主義」も少々あてこすりに感じるが
面白い。

386 :石原新太郎:01/10/23 18:58 ID:XdBSMVC1
以前、このスレで高坂先生の全集を勧めたが、誰も読んでくれてないようなので、
以下の講演テープを勧めます。

高坂正尭先生のご講演 新潮カセット文庫 「歴史としての20世紀」

これはこの板の論客にはぜひ聞いて欲しい。日本経済絶好調でバブル崩壊
前のものだけど、高坂先生の心配(土地収用の問題、福祉国家の問題点、文明の衰退論など)
はすでに現実のものになってきてるよ。

 

387 :石原新太郎:01/10/23 19:13 ID:XdBSMVC1
387の俺のレスは、「脱こば」というより、「保守本流のすすめ」だね。
すまんね。

388 :名無しかましてよかですか?:01/10/23 19:18 ID:OJE9oKJa
文明が衰亡するとき

389 :名無しかましてよかですか?:01/10/23 19:22 ID:keqobiAy
新渡戸稲造「武士道」

390 :名無しかましてよかですか?:01/10/23 20:34 ID:6LPNWXHs
>このスレで高坂先生の全集を勧めたが、誰も読んでくれてないようなので
微妙におもしろい(W
それはそうと、最近読んだんですけど
「思想検事」荻野富士夫(岩波新書)
なんかはどうでしょうか?
コヴァ君達がきらいなカタカナサヨク的視点の本ですが
いろいろ突っ込みながら読んでも得るもんがあると思いますよ。

391 :地球人:01/10/23 20:42 ID:ilqLNvOi
皆、小林信者の読解力に期待しすぎでは?
時代が違うが、マンガで歴史を語ってるので
みなもと太郎の「風雲児達」「雲竜奔馬」
あたりから入ってはどうかな?

392 :くすくす:01/10/23 21:30 ID:vsMXTpKZ
左右同根
みんな根が深いねえ・・・ホロリ

393 :エロリスト:01/10/23 22:13 ID:QkIqiHpF
ポロリ?ハァハァ

394 :名無しかましてよかですか?:01/10/23 22:24 ID:u7kBTDn4
http://www2u.biglobe.ne.jp/%7Ehole/

395 :292:01/10/23 22:43 ID:IcDLaBvf
老荘会的スレに変化しつつあるようでなかなかよさげですね。
サヨ、ウヨ織り交ぜていろいろ為になる本を紹介しましょう。
自分の立場と違う意見を聞くことはある意味、自分の
思想を強化するのに役に立つとおもわれ。

396 :名無しかましてよかですか?:01/10/24 22:47 ID:45kQPjXJ
sc恆存
「人間、この劇的なるもの」
「白く塗りたる墓」
「批評家の手帖」
「平和の理念」
D.Hロレンス
「黙示録論」

397 :9割:01/10/24 23:06 ID:0wobCr35
>>All
他人がアゲた本を批判するなら、
フォローする本を同時にアゲよう!

一書き込み一冊運動中。
まだ江藤淳を読み終わらないが、

「星の王子様」

実はこの本、バカにできないよ。

398 ::01/10/24 23:19 ID:2KjgJ5MU
森雅之の漫画。

399 :名無しかましてよかですか?:01/10/25 08:50 ID:9Yq3Tr80
佐藤晃「大東亜戦争敗因の検証」(芙蓉書房)

400 :名無しかましてよかですか?:01/10/25 10:34 ID:CcyWU0gc

「戦争論」は名作。
小林さんは「日本の悪だけが事実以上に語られているが、それだけではないんだ」
という視点から歴史を見ているまでですよ。
その上で、これは欄外に書かれていたことなのですが、10万の日本人が死んだ
東京大空襲の記念日であるはずの日に、犠牲者3000人と言われている
「731」の特番をやっているような状況を憂えているだけなのです。

401 :名無しかましてよかですか?:01/10/25 10:42 ID:DBGVatRP
>400スレ違い、空襲の特番をやらないのは反米感情を助長しかねないから。

402 :名無しかましてよかですか?:01/10/25 10:52 ID:RYBXry/Y
コヴァの洗脳解除には、
保守系の本であること(左派本ははじめから疑って読むから駄目)が必須。

ズバリ、秦郁彦先生の「南京事件」および「昭和史の謎」。
コヴァ一撃。

403 :名無しかましてよかですか?:01/10/25 17:29 ID:5SKW+91T
ハイエク「隷従への道」を読み終わりました。えがったー。
経済思想的に脱コヴァできるんじゃないですか?
経済に関してはコヴァとアカは一緒だから(統制経済)

404 :名無しかもしてよかですか?:01/10/26 02:07 ID:s11ajVPU
小林の目的は国民をマインド・コントロールして
信者を増やして日本を征服することなんです。

405 :9割:01/10/27 20:38 ID:r8w7R0S7
忘れてた。

「家畜人ヤプー」沼正三

昔、この本を可愛いネーチャンが読んでた。
あなどれん。

406 :_:01/10/27 23:25 ID:QL1Phjo3
昼下がりの人妻
ハアハア

407 :9割:01/10/28 20:17 ID:Y+2aRkrW
>>406
これこれ、ひとがせっかく集計しようかと思ったらそれか。

そして一冊、またマンガでしかも連載中だが
「龍」村上もとか
う〜んストレート!

408 :名無しかましてよかですか?:01/10/28 20:21 ID:OuveMnj2
龍の作者は小学館漫画賞受賞時、「今の日本では戦前の日本が
悪く言われすぎている。そうではない、ということをこの
作品で示したかった」ってな感じのことを言ってるけどね。

409 :名無しかましてよかですか?:01/10/29 00:03 ID:pfz7fFla
>>408
 そうなの(w そういった話では収まりきれない物語と思うんだけど…
いまやっている所で言うと、抗日パルチザンの将軍が偶然、龍の知り合い
で、彼が抗日パルチザンをやらざるを得ない状況にあるってのは、色々複
雑な生い立ちや心理的葛藤とか朝鮮民族の意識とかが関わって単なるそう
いった言葉でまとめる事ができない物語と思うんだけどねぇ。
 ま、作者本人がそういったんだから、心の隅にあるんでしょうね。

410 :名無しかましてよかですか?:01/10/29 00:09 ID:XHNHTCOL
>>408
「龍」は「2chおなじみの陳腐のウヨサヨ論争」なんかじゃ、
決して断ずることなどできない、名作漫画の1つだと思う。
「はだしのゲン」と「アドルフに告ぐ」もそう。ただこの2つは
「龍」とは比べ物にならないぐらいメジャーだが。

411 :名無しかましてよかですか?:01/11/04 19:34 ID:Wz//AZhm
結論!!サヨは2チャンに来ない。

412 :名無しかましてよかですか?:01/11/04 20:02 ID:BJHhzbGS
春日大社・葉室頼昭宮司の本。

『神道 感謝のこころ』 http://www.shunjusha.co.jp/book/29/29915.html
『〈神道〉のこころ』 http://www.shunjusha.co.jp/book/29/29911.html
『神道と日本人』 http://www.shunjusha.co.jp/book/29/29912.html
『神道 見えないものの力』 http://www.shunjusha.co.jp/book/29/29913.html
『神道 〈いのち〉を伝える』 http://www.shunjusha.co.jp/book/29/29914.html
『神道 〈徳〉に目覚める』 http://www.shunjusha.co.jp/book/29/29916.html

413 :名無しかましてよかですか?:01/11/04 20:04 ID:BJHhzbGS
神社仏閣@2ch 葉室宮司スレ
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1003887578/l50

414 :sage:01/11/04 21:25 ID:bCRnNb7O
既出だったら悪いけど、上杉の本推薦する奴っているの?

415 :age!:01/11/11 09:23 ID:oHe65YQh
>>387
387の俺のレスは、「脱こば」というより、「保守本流のすすめ」だね。
いいんじゃないの?保守本流になる=脱コヴァ、脱コヴぁゃιぃ病だし。

本じゃないけど、人の意見を聞くと自分の考えが揺らいでしまっていると思って
思考停止しているタイプのコヴァ諸君!
弁証法とブレインストーミングでも読んで人の意見に耳を傾ける柔軟性を学べ!

http://www.microsoft.com/japan/directaccess/idea/idea04.asp
http://www.microsoft.com/japan/directaccess/idea/idea07.asp

416 :名無しかましてよかですか?:01/11/11 13:16 ID:5oh26EBU
「戦略爆撃の思想」 前田哲男
原爆投下・東京大空襲として結実した無差別空襲による殺戮という手法が、
どのように生まれたのかを爆撃という戦法の始まりから書いた歴史書。
結論としていえば無差別空襲というのは、日本軍が重慶で初めて大規模に使用し、
連合国側がその理論を踏襲したという歴史がわかる。
それまで連合国側が人道的側面から躊躇っていた手法の長所を
日本がアピールしてしまったことにより、自分の首を絞めたということだ。
要するに東京大空襲や原爆投下という無差別殺戮とは、
日本をアメリカが真似ただけと理解できる。

「日本殲滅」 トーマス・アレン&ノーマンポーター 光人社
連合国側が原爆使用との二者択一の選択肢として考えていた
二つの史上最大の上陸作戦
1945年11月1日開始予定だった南九州上陸作戦「コロネット作戦」と
1946年3月1日開始予定だった関東上陸作戦「オリンピック作戦」の
すでに決定されていた作戦全貌を描いた歴史ノンフィクション。
その、既に考慮され決定されていた予定上陸地点や戦線の展開予定、
沖縄戦から採ったデータを元にシミュレーションした
日本と連合国双方から出るであろう各地の予想戦死者の数などは圧巻。
この本を読むと、比較論で言えば日本進攻より原爆投下をアメリカが
選んだのが正しかったのが良く分かる。
ポツダムのあとアメリカが考えていた選択肢は二つしかなかった訳で、
あの時原爆投下が行なわれず、戦争が続けばどうなっていたか知りたい人にお薦め。

417 :名無しかましてよかですか?:01/11/12 02:51 ID:hZRJ4w54
>>416
サヨクの妄想本とアメリカ人の御都合主義の本ですな

418 :名無しかましてよかですか?:01/11/12 10:14 ID:m3Mzb5dZ
>417
まぁそういうことは読んでから言えよ。

419 :名無しかましてよかですか?:01/11/13 12:35 ID:AFwhLe3u
「想像の共同体」はいいと思うけど、これだけでナショナリズムを解体できるか疑問
想像のも根拠があるわけだし

420 :名無しかましてよかですか?:01/11/13 15:35 ID:uT/+SjWq
>>369
コヴァと呼ばれてる人達の中でマキァベリ
読んだって人がいたら確かに感想聞いてみたい
個の概念が無いナショナリズムって前近代の発想でしょ?
読んでる人はとっくに読んでておそらくヘーゲル的な
解釈をとってるんだろうけど他のスレとかには
いまさら大発見みたいに言ってる人とかもいるじゃない?
あれはほんとにうすら寒いものを感じるんで

421 :名無しかましてよかですか?:01/11/13 17:03 ID:bMlGebv/
>>420
そんなヨーロッパ本なんかより、日本の歴史から国と言うものを考えた方
がよい。

422 :左翼マンセー:01/11/13 17:45 ID:ldiQnR4w
>>419
ベネディグト・アンダーソンですね。
少なくとも普段何気に使っている「日本人」とか「日本語」という概念が
実はとても文学的な言葉だったことに気づきます。

423 :名無しかましてよかですか?:01/11/13 18:11 ID:1nAaa2oN
「戦い」によって果てしなく不毛な論議を繰り返していても、
敵を新たに作ることにしか繋がらないと私は思う。
むしろ、カズオ・イシグロの「浮世の画家」とか「日の名残り」
当たりを読んだ方が、「現在の価値観によって踏みにじられた
古き善意」を深く理解できるように思う。「痛みを伴った記憶」
を抱えつつ生きる人のことを理解せずに善悪論を繰り返しても
何の解決にもならない。

424 :420:01/11/13 23:39 ID:301Wcenj
>>421
大日本帝国憲法が近代ヨーロッパ政治思想に
影響を受けていないと?

425 :名無しかましてよかですか?:01/11/13 23:54 ID:IrYP2WJL
石川啄木 「時代閉塞の現状」
http://www.aozora.gr.jp/cards/takuboku/htmlfiles/TAKUBO1.html

此に反論できるようになれば立派な保守派!

426 :名無しかましてよかですか?:01/11/14 07:59 ID:uq3xDdk9
ここのバカサヨは主義主張で作品を評価するという愚を
存分に披露しておるな(激藁

「虹色のトロツキー」は打ち切りも当然の劇画としては
サイテーの作品。
題材は良いが、作者がそれを十分に消化した上で読むに堪える
ストーリーにまで昇華しきれていない。
下手な絵で稚拙なストーリーを延々と追わされる読者はたまらない。
あの作品を主義主張「だけ」で評価する奴はほんもののバカだ。

手塚治虫の「アドルフに告ぐ」も同じ類。
「ヒトラー=ユダヤ人」説というトンデモ本まがいの設定はまだ許せる
にしても、日本人との混血児がヒトラーユーゲントに入れるという
ナチズムに対する根本的な誤解、果てはイスラエルのパレスチナ政策を
ナチスのユダヤ人政策になぞらえる無教養。
主義主張を訴える手段としての作品制作は、あの手塚治虫をしてかかる
無惨な結果しか残せなかったということをバカ左翼は覚えておくべきだろう。

427 :名無しかましてよかですか?:01/11/14 08:04 ID:uq3xDdk9
あと、宮台真司が山本七平の「空気の研究」を高く評価していた。
山本七平が右翼というだけで読みもせずにけなしていたバカ左翼は
大恥かいたな。(大爆笑

428 :420:01/11/15 10:07 ID:iCjCGIVc
村上龍の「存在の耐えがたきサルサ」の中の
柄谷行人との対談は、いわゆるコヴァといわれる人に読んでほしい。
コヴァと呼ばれる人間はナショナリストにとっても迷惑な存在でしかない。
自分はナショナリストだが、それは領海侵犯等を断じて許さないことや
自国の文化にまで否定的な人間に対する嫌悪感からであり、自国の誇りを
過去に求めることも、まだ見ぬ理想的社会の実験場にされることもウンザリだ。
日本には素晴らしい文化があったし今もあると思う。マンガもすごい文化だし。
けれどそれらの文化が多くの外国との「争いではない交流」にあったことも
忘れてはならないと思う(渡来人とかフェノロサとか)

429 :左翼マンセー:01/11/15 10:38 ID:U4xzz7aC
>>428
>けれどそれらの文化が多くの外国との「争いではない交流」にあったことも
>忘れてはならないと思う

同感です。
よしりんは「戦争」の反対は「秩序」だと言ったが、
「秩序」というのは「交換」によって生じると思います。
つまり「戦争」という手段の反対は「交換」という手段である、と言い換えた方が妥当ではないでしょうか。
柄谷がマルクスに拘るのも、マルクスがそのような「交換」の原理について語っているからです。

430 :名無しかましてよかですか?:01/11/15 11:12 ID:cd1aWpvG
確かに山本七平を読みもせずけなしたら大恥かくだろうな。
それに、あの人は右翼じゃないぞ、別に。左翼でないだけ。
あと中国史に詳しいんだな、日本史にも西洋史にも。
とりあえず何でもいいから山本七平の本、一冊読んだら
よしのりがいかに視野が狭くて不勉強か分かるよ

431 :名無しかましてよかですか?:01/11/15 11:51 ID:Y7+kic/u
山本七平って小室の友人でしょ!!だから宮代も評価してる
だけじゃん!!
「戦争」という手段の反対が「交換」・・・(爆笑)
分からない。

432 : :01/11/16 01:02 ID:1F3CvnT+
>>430
山本七平はちょっとしか読んだ事無いけど同感です。
山本が右翼でない理由に、「戦争で一番役に立たないのは右翼」と言ってるよ。
あとこの人はユダヤ人と日本人がどうとか書いてましたね。
それと文春で宮崎が空気の研究を薦めてましたな。

http://ebi.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1003268784/l50

433 : :01/11/16 01:25 ID:tsIlbne6
>>432
山本七平氏は「空気の研究」で日本人の「道徳」のことを
滅茶苦茶貶めて書いていた。
凄い偏見を持っている人だと感じた。

434 :名無しかましてよかですか?:01/11/16 01:52 ID:jfqqj6YW
山本は基本的に、「あの本多勝一さんの悪口を言っているから
右翼なんだ!」というふうに本多信者がみなしたから右という
ことになったの(w
今はみんな知らん振りしてるが、本多の一言でヒダリの若者が
いっせいに右に・・いや左にならえした時代があったの(w

435 : :01/11/16 01:55 ID:vqYWTNpD
「戦争で一番役に立たないのは右翼」ってのは名言だなあ。

436 :地球人:01/11/16 02:02 ID:Qu2R3PTc
>>429
>よしりんは「戦争」の反対は「秩序」だと言ったが
それ、違ってる。小林氏の主張は、「戦争の反対は話し合い」
「平和(秩序)の反対は混乱(無秩序)」

437 :オヨ世:01/11/16 14:57 ID:lOvGIfWU
近代天皇制を学びたいのなら
多木浩二「天皇の肖像」(岩波新書)
藤田省三「天皇製国家の支配原理」(みすず書房)
山本七平 「空気の研究」、「現人神の創作者たち」(文芸春秋)
小室直樹との共書「日本教の社会学」 がいいと思う
自分は心情右翼だけど、天皇制は国民統合としてもはや機能しないから
京都にお帰りになられた方がいいと思う。

438 :犬童知遠 ◆I5fAb/7M :01/11/16 15:01 ID:OZU7FLxc
>>437
>京都にお帰りになられた方がいいと思う。

俺も心情右翼だけど、そこにはちょびっと同意。

439 :左翼マンセー:01/11/16 15:13 ID:gUtXGu4J
>>436
そうでした。失礼。
「話し合い」というのも「交換」の一形態ですね。
「戦争」の反対を「交換」と置き換えても特に問題はないでしょう。

440 : :01/11/16 15:32 ID:tafIko39
>>438
「京都にお帰りになられた方がいいと思う。 」は、
「天皇から権威を剥奪して京都に追い返せ」ということを、
さもやさしく言っているぶん残酷だと思う。

441 :犬童知遠 ◆I5fAb/7M :01/11/16 15:35 ID:OZU7FLxc
>>440
まぁ、「東京から追い出す」ってとこにじゃなく、
「京都に移って頂き、宗教行事に専念して頂く」
ってとこに重点を置いていると思って頂ければ。

442 :オヨ世:01/11/16 15:45 ID:lOvGIfWU
言いかたが悪かった
確かにそのままだと滅びてしまうので、GHQが没収した財産を返還して
文化や宗教行事に専念して戴く。あと国事行為は控えめに。

443 : :01/11/18 09:36 ID:N3Wgk1Y5
>>434
>> 「あの本多勝一さんの悪口を言っているから右翼なんだ!」
>> 本多の一言でヒダリの若者がいっせいに右に
>> ・・いや左にならえした時代があったの(w
でもって今は、
「あの小林よしのりさんの悪口を言っているから左翼なんだ!」
小林の一言でミギの若者がいっせいに左に
・・いや右にならえした時代って感じですねぇ。歴史は繰り返されるのか!

天皇制についてはassahiの不肖・森氏の発言がなかなか味わい深い。
このassahiはコンテンツは茶人張りに古臭いウヨだけど、板の議論は
現代保守派とは思えないほど優れているね。(保守派であることを前提にして読めば)
http://www.assahi.com/cgi-bin/bbs/wforum.cgi?no=9974&reno=no&oya=9974&mode=msg_view

444 :名無しかましてよかですか?:01/11/18 09:54 ID:CQ3ZZPja
>>443
いやいいですね。その人。

上で挙げられた「天皇は京都にお帰りいただく」という話。
割とまとまってたんだけどページがなくなってキャッシュしかない。
http://www.google.com/search?sourceid=navclient&q=cache:http%3a%2f%2fnagoya%2ecool%2ene%2ejp%2fa%5fkiller%2fkojima%2fk008%2ehtml

445 :名無しかましてよかですか?:01/11/26 13:23 ID:6B2hVWkJ
「単一民族神話の起源」
「<日本人>の境界」
小熊英二 新曜社
明治維新以降の日本という国家が「日本人」をどう定義し、
周辺諸国への進出の仕方をどう定義していたかを論証しています。
右にも左にも寄らない公平な検証が為されています
(小林よしのりらとは雲泥の差)

446 :名無しかましてよかですか?:01/11/26 14:51 ID:9QFX0NvY
「右翼じゃないじゃん」
戦争論2の書評。朝日新聞日曜の書評欄に載っている。
小林よしのりが所詮、
戦後左翼思想の枠を出ていないことを喝破している。

ところで、ここに限らず。
板の書き込みがレッテル貼りに終始するのにはうんざり。
コヴァ=朝鮮人
ウヨ=朝鮮人 サヨ=朝鮮人
↑しかも結局、全部朝鮮人にされてしまう。つまらない。

いっそのこと、
ウヨ=ガンオタ しかもエルピープル萌え〜
サヨ=エロゲオタ しかも鬼畜
コヴァ=隠れ同人オタ しかも実は炉利属性
と好き放題書いたほうがすっきりします。

本題ですが、
長谷川伸
「ヤクザと自由民権運動」
お薦めします。
日本の民主化運動を遡るとなぜかヤクザに行き当たる。
その事実を解き明かした本。

世の中簡単ではない。

447 : :01/11/26 15:25 ID:uBHd5vsU
「天皇は京都にお帰りいただく」とは都合の良い言葉だな。
サヨクは心のふるさと北朝鮮にお帰り

448 :名無しかましてよかですか?:01/12/02 17:08 ID:DxpOBGPQ
結局、小林の読者は昔も今も、純粋まっすぐ正義君。
つまりただのバカ。

121 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)