5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

小粋なアメリカンジョークのスレ病院・医者板

1 :卵の名無しさん:03/01/10 11:13 ID:pUI4tFEd
医師という職業にはいくつか分類があり、以下の如く識別されるといわれている。

一般開業医は何も知らないし、殆んど何もしない。
外科医は殆んど何も知らないが何でもやる。
内科医は何でも知っているが何もしない。
病理医は何でも知っており、何でもやるが、大抵の場合手遅れである。

2 :卵の名無しさん:03/01/10 11:16 ID:Ew1pyj5g
1は全く何も知らないが、何でも書き込む。

終了。

3 :卵の名無しさん:03/01/10 11:16 ID:uR87eC/0
何このスレ?

4 :卵の名無しさん:03/01/10 11:18 ID:xLYPjbiT
ジャンル別 The Great Big Book Of Jokes
http://www.geocities.com/Hollywood/Theater/6175/index.html
COLLECTION OF JOKES FOR YOUR VIEWING PLEASURE!!
http://www.geocities.com/Heartland/Ranch/5754/jokes-listings.html
英語のジョーク集だが joku.htm と言うところがステキ
http://mnoriko-web.hp.infoseek.co.jp/joku/joku.htm

5 :卵の名無しさん:03/01/10 11:21 ID:vw4ulYYZ

1は何にも知らないし、何も生み出さない。

6 :卵の名無しさん:03/01/10 11:34 ID:pUI4tFEd
ある国際医学学会で、米国、英国、ロシア人の医師が診断の不確実さについて
議論していた。
米国人医師はいった。
「時々やってられませんな。患者のガン治療は行ったのに、彼らはAIDSで
死んだんですよ。」
「お気持ちはよく分かりますよ。」
英国人が相槌を打った。
「我々も黄熱病だと思って治療していたら、マラリアだったんですよ。もちろん、
彼らは死にました。」
「そんなことは私の国では問題にはなりませんね。」
ロシア人医師が言った。
「我々がある疾患を治療するときは、患者の死因も必ず同じ疾患です。」


7 :卵の名無しさん:03/01/10 11:47 ID:pUI4tFEd
スタンフォード研究グループが、強迫神経症に関する研究対象者として、
同疾患と診断された患者を公募していた。結果は満足のいくものだった。
グループは、広告を出してから僅か3日のうちに3000人の応募を得たのだ。





1人の患者から3000通 。



8 :卵の名無しさん:03/01/10 11:58 ID:pUI4tFEd
ひとりの男が医師に「自分が100歳まで生きられるかどうか」尋ねた。

医師は男に質問した
「お酒は飲まれますか?タバコは吸われますか?」
「いいえ。」男は答えた。
「どちらもやったことがありません。」

「ギャンブルしたり、車を速く運転したり、女遊びをしたりしますか?」
「いいえ。どれも一度もしたことがありません。」

「あなたは熱心なクリスチャン、或いは他の宗教家か何かですか?」
「いいえ、私は信仰を持たないしh、何も信じちゃいません。」

「そうですか…それなら」医師は続けた。
「何で100歳まで生きたいんですか?」

9 :卵の名無しさん:03/01/10 12:11 ID:pUI4tFEd
First Aid

一台の車が道路上でスリップし、電柱に激突した時、
近くにいた何人かの目撃者が事故現場に駆け寄った。

1人の女性が最初に負傷者のところへやってきたが、
もう1人の男が走ってきて彼女を脇へ促して言った。
「下がっていなさい。僕は心配蘇生法の講習を受けたことがあるから!」

女性は男のいうとおり従った。しかし数分間の傍観の後、男の肩を叩いて
言った。
「あの、邪魔してすいません。医者を呼ぶ段階になったら、ここにいますから。」



10 :卵の名無しさん:03/01/10 12:29 ID:0Hem88cp
このスレたてた>>1はアメリカ留学中です。

11 :卵の名無しさん:03/01/11 08:02 ID:U93c9YKd
ERで、若いレジデントが高齢の患者相手の診察を始めた。

レジデント「あなたはなんで病院にやってきたんですか」

老人Pt「救急車で」



・・・出典はメリケンだが普通すぎて小粋ではないな。

12 :sira:03/01/11 09:50 ID:4BGSQsFg
>>8
禿同。

13 :卵の名無しさん:03/01/11 10:22 ID:hF5cKIA4
>>8を読んで、ジョークじゃないけど、「究極の選択」問答を思い出した。

神様が目の前に現れた。「お前を75歳まで必ず生かせてやる。そのかわり75に
なったら必ず死ぬ。もしくは今まで通り、今日死ぬか100歳以上生きるか、不確
実なままを選んでも良い。どちらにする?」

あなたならどうしますか?

14 :卵の名無しさん:03/01/11 12:02 ID:U93c9YKd
ひとりの医師が亡くなり、地獄の門の前へやってきた。
4時間待たされた後、やっとサタンが現れた。
医師は立腹し、腕時計をこづきながら言った。
「こんなに長く待たせるとはけしからん!私は多忙な医師なのだぞ!」
サタンは言った。
「フン、医師などこの地獄には腐るほど居るからな。長いこと待たせた
代わりに、お前がどの地獄に行きたいか選ばせてやってもよいぞ。」
サタンは医師を先導して長い廊下を進んだ。
「ここだ。私はちょっと離れるが、1番と2番の部屋のどちらかを選ばせてやる。
しばらくしたら戻るので、どっちがいいか決めるんだ。」

医師が1番の部屋に入ると、そこはICUだった。
鮮血が飛び散り、あらゆる機器のアラームが鳴り響き、患者達が心肺蘇生を
必要としている。男性患者が挿管チューブを自己抜去しているかと思ったら、別の
女性患者がベッドから転落している。医師は素早くドアを閉めて言った。
「ここは正に地獄だ。別の部屋をチェックしよう。」

2番部屋の戸を開けるとそこは診療録保管室だった。
室内には何マイルにもなろうかという程の“不完全な病歴と診察所見”と
チェックの入った未完のチャートが並んでいた。マネジド・ケア担当者からの
メッセージがプールサイズの容器に一杯になっており、しかもすべて「至急」と
書かれている。そこでは医師達が目を血眼にして記録物の補完を行っている。
医師はドアを閉めてつぶやいた。
「どっちの地獄がひどいのか分からんな」



15 :卵の名無しさん:03/01/11 12:03 ID:U93c9YKd
その時、もう一つの戸が彼の目に入った。開けて入るとそこは小ぢんまりした
ナースステーションであった。
ナースは皆若くて美人で、忙しく巡回を行ったり、検査室やレントゲン室へ結果を
知るために電話をしている。 彼女らは自分達でコーヒーとドーナツを買い、
スタッフに振舞っていた。1人の医師が肩こりをうったえると、その肩をもんで
やるナースもいた。
「ああ、ここがいいな。」医師はドアを閉めると言った。

丁度その時、サタンが戻ってきた。サタンは医師に尋ねた。
「さあ、1番か2番か、どちらの部屋がいいか決めたかね。」
医師は答えた。
「いや、私は3番の部屋に行きたいと思う。」
サタンは首を横に振った。
「それはお前に与えた選択肢には入っていないが。」
「しかし…、私が望むのは3番の部屋なのだ!」
医師は強調した。

サタンは答えた。
「悪いが、お前をそこへやるわけにはいかない。あそこはナースの地獄だからな。」


16 :卵の名無しさん:03/01/11 12:23 ID:eTQ2jc1o
ウェー、ハッハッハ
ウェー、ハッハッハ

17 :山崎渉:03/01/11 18:54 ID:soF+s866
(^^)

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)