5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

文化人類学の魅力

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/16 22:48 ID:AbzqJeDY
自分はかなりなんも知らないのですが、大学でやれたら面白そうってな感じです。
ずばり文化人類学の魅力など語ってくらはい

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/17 02:58 ID:CmiFqacs
>>1
大学に入る前から「文化人類学」って学問が
あることを知ってるだけでもすごい。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/17 19:25 ID:47YV4JZb
age

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/17 22:25 ID:pmjcj6Zf
2に同じく。>1はえらいよ。
「大人になる学問」って別名はあながち外れてない。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/18 00:14 ID:L6V/PlaZ
性格も悪くなるけどね。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/18 01:45 ID:7dL2oz0u
魅力がわからないのなら、やる必要ないのでは?
自分の場合は、外国で生活して外国人と接して見て、その性格と優劣が
どういった違いから出てくるのかに興味を持った。遺伝的なその人種が本来
持っている特性なのか、とか後天的な文化的なその土地にくっついた物なのか、
とか。
そうする事によって、日本人を形づくっている物も自ずからわかるんじゃないかと
思った。 別に大学行ったわけじゃないけど……。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/18 02:05 ID:OggzOAvu
>>6
>魅力がわからないのなら、やる必要ないのでは?
1さんは面白そうって思ってる時点で何らかの魅力は感じてるのでは?
ただ具体的な学問の姿が想像しにくいのでしょうけど。
 まあ魅力は色々ありますが、現代思想にも多大な影響を与えたってのも
少し難しいかもしれませんが、魅力の一つですね。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/18 11:43 ID:hMx4G3JJ
>自分の場合は、外国で生活して外国人と接して見て、その性格と優劣が
どういった違いから出てくるのかに興味を持った。

はい、残念だけど、文化人類学と全く関係のないことですね。
外国人に優劣をつけたいのであれば、文化人類学をやる必要はありません。
この板にいるだけで充分ですよ。

>魅力がわからないのなら、やる必要ないのでは?
学問やる前からどんな魅力があるのかをわかってるやつはいませんよ。
自分で学んでいくうちに魅力がわかってくるものです。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/18 13:28 ID:wtIhWdni
>はい、残念だけど、文化人類学と全く関係のないことですね。

ハイハイ、「ポストモダンを通過した」(プッ 人類学オタクって、メンタリティが
「左翼小児病」まんまだね。
6は確かにあまり好ましくない言葉を使ったわけだが、あなたはそのような感情や
無邪気な好奇心を完全に乗り越えたと言い切れるのかね?
公式を暗記して、賢くなったつもりになってるだけじゃないの?
人類学者が相手にされなくなるわけだ、やれやれ。


10 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/18 14:12 ID:TqQ2GH3C
魅力について語ってよ。
俺は黒人の知能は劣っていると思う

11 :天満:02/03/18 14:17 ID:l3/kKCc6
>>10
だから、そういう問題は人類学(っていうかどんな学問でも)扱ってないの。

そういう問題を知りたいなら、まず、「知能」を定義するところから始めなきゃね。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/18 14:29 ID:9p4AXlOp
>>10
レイヴ/ウェンガー『状況に埋め込まれた学習』

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/18 14:30 ID:ZCxdercZ
経済学や経営学、社会学から文化人類学に転向ってよくあるんですか?
ちなみに私は経営学の人間ですが、文化人類学が面白そうに見えて仕方ない。
なかば研究と称して、遊んでいるふうにも見えてしまう。煽りではなく。
本当に羨ましくて転向したい。海外にフィールドワークしたい。。

14 :8じゃないけど:02/03/18 14:45 ID:JfI1uRwq
>無邪気な好奇心を完全に乗り越えたと言い切れるのかね?

 今気がついたけど、「言い切れる」と断言できるぞ。
 少なくとも人種とか文化の「優劣」という意味では、ここ数年気にしたことがない。
 学部時代まではうじうじとそういうこと考えていたのにね。
 「ポストモダンを通過」したら人生楽になりました(藁

 同じように楽になりたい方にはとりあえず10があげている本は良書だと思う。


15 :天満:02/03/18 14:50 ID:l3/kKCc6
果たして「ポストモダンを通過する」ことで
人種や文化の優劣という見方を乗り越えることができるのだろうか?

せいぜいアンチテーゼとしての「文化相対主義」どまりじゃないの?

俺は「普遍」かもしくは「全体理論」を設定しない限り、
本当の超越はないんじゃないかと思うんだが。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/18 15:02 ID:TqQ2GH3C
>>12
Amazonで出てきた。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4782800843/ref=sr_aps_d_1_1/249-0668135-4162706
面白そうなタイトルだね、今度本屋で探して見る。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/18 15:37 ID:JfI1uRwq
ボクはレイヴだったら『日常生活の認知行動』のほうがオススメ
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4788505169/
 ・・・なんだけど、在庫切れだね。

 さわりをしゃべると、簡単な数学テストの結果はその人の学歴などと
相関を見せるけど、スーパーでの買い物という条件付けられたテストの
正確さや早さは、学歴なんかと相関を見せない。
 従って、知能とは当人の能力の問題ではなく、環境とのマッチングの
問題だ、と論じられる。

18 :14じゃないけど:02/03/18 18:38 ID:wtIhWdni
>無邪気な好奇心を完全に乗り越えたと言い切れるのかね?

今気がついたけど、「言い切れる」と断言できるぞ。
少なくとも救済とか宗教の「優劣」という意味では、ここ数年気にしたことがない。
入信前まではうじうじとそういうこと考えていたのにね。
○会に入信したら人生楽になりました(藁

同じように楽になりたい方にはとりあえずI先生の『人間革命』は良書だと思う。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/18 18:46 ID:wtIhWdni
>>17
それって恐ろしくセンスの悪い条件設定やね。
どちらの「能力」も環境バイアスを受けているのが明らかだし、
実験なんかしなくても直観でわかると思うけど。。
その本ってその程度のもんなの?


20 :17:02/03/18 19:52 ID:/mVPo6pE
>>19
 直感でわからない10のような人がいっぱいいるからやってるの。
 それに、教育プログラムの改革に寄与するでしょ。
 レイヴの実験も、成人に対する数学教育プログラム改革の実験
(だったと思う)。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/18 20:20 ID:wtIhWdni
19の意味が理解されていないようだが、
教育プログラムの改革にどう寄与するのか、ますますわからん。
数学嫌いの人を安心させる効果があるとか?(W

22 :14:02/03/18 21:23 ID:/mVPo6pE
>>18
 もちろん、そのあたりの言説を念頭においたギャグだよ。
 「優劣」なんてのはその程度の「とらわれ」だと言いたかったの。
 なんで、こんな無粋な解説しなきゃいかんのか?(苦笑

>>15
>俺は「普遍」かもしくは「全体理論」を設定しない限り、

 「全体理論」があり得るとすれば、レイヴはかなりそこに近いところ
にいるように思うのだが、いかがだろうか?

23 :名無しさん@お腹いっぱい。 :02/03/18 23:42 ID:DP03KOaw
>>1さんへ

↑上のような人びとと人類学が学びたいと思ったら、学べばいいと思う。

24 :17:02/03/19 00:13 ID:94rcCqdJ
>>21
 「どちらの「能力」も環境バイアスを受けているのが明らか」なことは
認めているんだから、両者の性質を明らかにして、すりあわせを行えば教
育プログラムの改革につながると思いませんか?


25 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/19 00:31 ID:Lm/ry6no
>1さんへ
大学院レベルで文化人類学(社会人類学)をやっている人たちは
私の知る限り(30人くらいかな)話しやすい人がほとんどですよ!
この板の妙に攻撃的・話が通じない人たちを多数派だと思わないでくださいね!

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/19 00:34 ID:EeQ0hrb7
>>25
その通りです!!
とりあえず1さんにはわかりやすくて面白い入門書でも
紹介してあげてはどうでしょうか?何が良いかな??
アエラムックは?

27 :21(マジレスカコワルイ?):02/03/19 01:11 ID:ENtefAsi
>>17
レスありがとう、でもあなたの言うこと、やはり全然わかんない。
・学歴と数学の出来不出来というのは、数学が受験のふるい分けになっている以上、
正しくサンプリングすれば相関するのがあたりまえ。トートロジーです。
これはほとんど100人中100人が同じ結果を予想するでしょう。
・学歴と買い物の得意不得意(いったいどうやってテストしたのかしらんが)に
相関が見られないというのも、ほとんど妥当といえる。買い物テストなんて
受験科目にないし、高学歴と関連のありそうな属性、例えば富裕層の人がすばやく
買い物できるように躾られたりといったことも、あまりありそうにない。逆に、
例えば買い物し慣れている主婦などのグループと、あまりし慣れていないグループ
(例えば政府の高官とか大富豪の子息とか??)を比較テストしてみたら
前者に好結果が出るかも知れない。

ちなみに、数学や買い物の学習効果を否定する人はまずいないでしょう。
どんなにゴリゴリの遺伝決定論者であっても。
それとも、その買い物テストって、よほど知恵がないとうまくできないように
設定したのだろうか?誰も経験したことのないような買い物場を設定して、
迷路をくぐったり暗算ができないと買えないようなルールをつくったりとか(W

28 :21(マジレスカコワルイ?):02/03/19 01:16 ID:ENtefAsi
要するに、上手な買い物という「能力」を先天的な知能と結びつけて考える人など
ほとんどいなかろうということですわい。
高学歴者ほど知能テストの結果が悪かった、とかいう実験ならば面白いのだろうけど。

29 :21(マジレスカコワルイ?):02/03/19 01:25 ID:ENtefAsi
ちょっとつけたし、「教育プログラムの改革」を目論むなら、
「数学の得意な人」よりも「買い物の上手な人」のほうが
生涯の経済的生産性が高い、ということを示すことができれば、
教育行政にたずさわる官僚も考え方を変えるかも(W


30 :17:02/03/19 01:30 ID:94rcCqdJ
>>17
 あ、了解。これはオレの書き方が悪かったかも。失礼。

 スーパーでの買い物という条件付けられた「数学」テストをしたのね。
 同じ小麦粉で3キロ498円のパックと5キロ798円のパックではどちらが
いくら得かとか、3キロ498円のパックが448円になっていたら通常価格の
5キロパックとどちらがいくら得か、とかね。
 で、紙の上なら一瞬で計算できる人がスーパーの通路では混乱したり、
テスト形式で出されると(文章題でも)混乱する人がほぼ同じ計算をスー
パーの通路では難なく答えたり、ということが見られると言うこと。
 これ以上は、本が手元にないので解説が難しいです。
 読んでみて。

31 :17:02/03/19 01:39 ID:94rcCqdJ
13へのレスが無いようなのでついでに。
 文化人類学への他分野からの転入はかなり多いと思います。
 過去の有名な人にも、マリノフスキー、リーチら分転組は多いです。
 最近では、医者が医療人類学を始めたり、とかつての専門を生かす形での参
入が多いけど、そうでない人ももちろんいます。
 共有すべき基礎にあたる部分が比較的小さいので、修士二年間ぐらいでだい
たい基礎文献が読めてしまうというのも理由の一つでしょう。
 そういう意味では、学部ではべつのことをやって、得意技を身につけてから
大学院で人類学専攻、というのも大いにアリでしょう?
 たぶん、多くの大学でそれをダメとは言わないはずだし。

32 :17:02/03/19 01:41 ID:94rcCqdJ
訂正 30の「>>17」、は「>>27」の間違いね。

33 :21:02/03/19 01:46 ID:ENtefAsi
>>30
ああ、なるほど、諒解。合点が行きました。
その場合、やはり買い物の学習バイアスが大きいということですよね。

賭け事が好きな人には、馬やカードで確率を学習させればいいということですね。

34 :10=16:02/03/19 01:51 ID:WR1AETtQ
「状況に埋め込めれた学習」本屋で苦労して見つけたけど、2500円は高いよ。
それでも読書欲はあったので、新書で、四方田犬彦著「ソウルの風景」−記憶と変貌−700円
という本を買ってきたよ。この人の書いた漫画論の本がわりと面白かったので。
新書で文化人類学、心理学関係の面白い本ないですか?

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/19 02:06 ID:ENtefAsi
>「状況に埋め込めれた学習」本屋で苦労して見つけたけど、2500円は高いよ。
>それでも読書欲はあったので、新書で、四方田犬彦著「ソウルの風景」−記憶と変貌−700円

安物買いの銭失い・・・。

36 :10=16:02/03/19 02:09 ID:WR1AETtQ
コロス

37 :天満:02/03/19 11:40 ID:AMKk900L
>>34
2500円が高い? 教養レベルの知識欲しかないのか?

38 :天満:02/03/19 11:50 ID:AMKk900L
>>26
>アエラムックは?

あのシリーズでは学問は分からない。

俺は『文化人類学キーワード』をオススメする。>>1
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4641058636/hbjp-22/249-2388169-0755512

とっかかりとしては悪くないはず。
大学院対策の一冊にもなるし。

39 :天満:02/03/19 12:03 ID:AMKk900L
>>22

>>>15
>>俺は「普遍」かもしくは「全体理論」を設定しない限り、
>
> 「全体理論」があり得るとすれば、レイヴはかなりそこに近いところ
>にいるように思うのだが、いかがだろうか?

うん、学習と合理性、行動の関係性に位置する研究だとすれば(読んでないから予想だけど)、
かなり近いんじゃないかな。

あと、レイヴの研究と同じことを別の角度から検討したものに、
進化心理学(あるいは人間行動生態学)でのものがあって、
そこではコスト計算(自分が得をしているか/損をしているか、裏切られているかどうか)と
抽象シンボル(例えば数学や論理的パズル)操作能力の相関性は低いということが
言われているね。

そのへんの議論も参照すると面白いのではないか。

40 :旅人:02/03/19 15:17 ID:N0MPB/In
1さんが「魅力を語ってくれ」って頼んでいるのに
教科書しか提示できないのはおよそ魅力のない話ではないか。
1さんが聞きたいのはみなさんの経験に裏打ちされた
ひとりひとりの言葉だと思う。どうぞよろしく。

41 :天満:02/03/19 15:30 ID:AMKk900L
>>40
「フィールドワークのここが素晴らしい!」とか、
「俺は文化人類学のここが好きだ!!」とかが聞きたいの?

そういうのは人に聞くもんじゃなくて、
自分でやってみて実感するもんだと思うけどなぁ。

「馬を水飲み場に連れていくことはできても、水を飲ませることはできない」からね。

学者でもそういう個人的感覚(時には論文のなかでも)語りたがる人がいるけど、
それはある意味ノロケに近い、非常に幼稚な行為だと俺は思う。

文化人類学はあくまでも学問であって、趣味ではない。

あえて日常生活でも使える利点を挙げるとすれば、
「人の話・考えを真に受けず、それはそれとして受けとめて、
 俯瞰的な視野からモノゴトを考えることができるようになる」かなぁ。


42 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/19 16:25 ID:UtLbwgH4
いや趣味の域を出ない人多いよ。学問といっていいのかなっていう感じ。

43 :天満:02/03/19 16:27 ID:AMKk900L
>>42
多いね。

でも、そういうのはそのうち淘汰されるから気にしなくていいよ。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/19 18:38 ID:ktcCDYKc
1はまず文化人類学キーワードを読め。
文化人類学が扱う領域についてそれぞれ解説がある。
勉強しとけば院試でも役立つぞ。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/19 20:36 ID://Q4ECof
>>38
>>44
なんですぐ「院試」の話になるの? 世界が狭すぎ!
「普通のひと」はもっと多様な目的で人類学をやってるよ。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/19 22:38 ID:QV0v/vxG
>>45
意見はごもっともですね。自分は38でも44でもないですが、
この書き込みを見てハッとして、少し反省しようと思いました。
 でも大学でする学問と院でする学問がゼンゼン違うので、
純粋に勉強してみたいのなら院にまで行った方がいいって言うことを
言いたいのだと思います。最近は就職活動が大変すぎて大学3年生の途中から
は、もう勉強に集中出来ないと言う話も聞きますので。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/20 00:10 ID:G7RonSpR
>でも大学でする学問と院でする学問がゼンゼン違うので、
そう言うのを英語でなんて言うか知ってるかい?スノビッシュって言うんだよ。

48 :46:02/03/20 00:25 ID:x5F+cLQC
>>47
スノビッシュって良い意味にも悪い意味にも使われますね。この場合
悪い意味でしょうけども。自分は別に勉強して普通に就職するのが
悪いと言ってるわけではなくて、まあ時間の問題ですね。院まで行くと
時間があるってことで。でも実際、院生にはどうしよナイいヤツが
多いですけどもね。
しかし47の人は46で書いた後の方の文章を読んでないのでしょうかね。
就職問題だけでは私の言いたいこと(時間がない)が理解出来なかったのなら、
自分が舌足らずでした。すいません。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/20 00:44 ID:yRj6im+V
>>45に禿げしく胴囲!!!
たぶんもう1はこんな糞スレ読んでないと思われ(w
自称人類学者志望の院生どもがいかに世間知らずな奴等なのかよくわかるスレだ。
1はこれから大学に入る高校生or浪人生なんだぞ。
おまえらそんなんで大学に就職して本当に学生教えられんのか?
レイヴでも何でもいいが自分の興味そのまま書いてどないすんねん。


50 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/20 02:18 ID:N782NLoK
 レイヴは10へのレスで出てきた気がするが?
 (いきなり院試の話がヘンなのは同意)

51 :44:02/03/20 17:58 ID:YBWs+J/q
>>45
いやおれは別にそんな…
とりあえず魅力なんて人それぞれだし、やってみないとわからないから
人類学がどんなものかわかってもらうために最適だと思われる一冊を紹介しただけなんだが
院試とかなんとかは二の次。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/20 22:52 ID:7OnNn76U
人類学ってどうゆう物なの?っていうスレで、
「院試」って言葉がすぐ出てくる事自体くるってんだよ。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/20 23:09 ID:HFVKDiVb
人類学なんて世間じゃ誰も評価していない。
就職ではさっぱり。だから院に行けばなんとかなると思ってる。
でも世の中そんなに甘くない。
人類学の地位は低い上に、博士浪人ゴロゴロ。
つまり生きてる価値がないってことなんだよ。

54 :?1/4?3?μ?3?n???¨??¢?A´?I¨?¢?B :02/03/20 23:25 ID:sLANMsxe
>>1さん

↑これで文化人類学の魅力がわかりましたか? 
それでお聞きしたいのですが、文化人類学を学びたいと思いますか?

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/21 01:11 ID:DNnU0zH6
>>52
今やこの学問には初学者向けの「古典」というものすら
なくなってしまったということなのでしょう。
で、結局自分の細分化された興味に合うものか、
あるいは院試向けのアンチョコ本みたいなのしか
みんな挙げられない、というわけです。
これからこの学問をかじってみたいというような若者に
何も勧めるべき本がないなんて、
本当にこの学問の現状は末期的です。とほほ。

>>53
院に逝っても就職がほとんどないのは確か。
でも、人文社会系は今や皆一緒だけどね。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/21 01:23 ID:lQlEEkQX
はいよ
http://www0.let.kumamoto-u.ac.jp/cs/cu/nenpyo.html

手に入りやすくて、取っつきやすいという条件を満たすとなると
エヴァンズ=プリチャード『ヌアー族』平凡社
ギアーツ『インボリューション』NTT出版
カスタネダ『呪術師と私』二見書房
中根千枝『タテ社会の人間関係』講談社現代新書
G.マーカス&M.フィッシャー『文化批判としての人類学』紀伊國屋書店
J.クリフォードとG.マーカス『文化を書く』紀伊國屋書店
鶴見良行『ナマコの眼』筑摩書房



57 :注釈:02/03/21 01:48 ID:F1pPe/Av
>>1

>カスタネダ『呪術師と私』二見書房

この本は、と学会『トンデモ超常現象・・・』との併読をすすめます。
そして、旧石器捏造事件の顛末と比較し、「人類学者のナイーブさ」
を考察する手がかりとしましょう。

ほかにも56のHPには、調査のずさんさが徹底的に批判された(そして
アメリカで、20世紀ワーストブックの1に数え上げられた)ミードの
本(『サモアの思春期』)など、味噌の中に糞が散見されます。
(フリーマンの本が載っていないところに、HP作者の偏向が伺われま
すね。私はお会いしたことはありませんが。)
鵜呑みにしないよう、慎重に味見してください。


58 :くまむし:02/03/21 11:45 ID:KDTlTh6O
>>57
年表を見れば明らかなようにこれらの著作は皆、歴史的に意義のあるものばかりじゃないですか。フリーマンは只の批判本の作者でしょう。
彼の主張すべきInteractionismは影も形も無く、批判オンリーじゃないですか。
ぜんぜん建設的じゃありませんよ。54氏の年表にと学会の『トンデモ超常現象...』
があるようなものでしょう。
>アメリカで、20世紀ワーストブックの1に数え上げられた
アメリカといっても無数の団体の一つが選んだにすぎません。下のコメントから
明らかなようにフリーマンの影響が大です。
http://www.isi.org/publications/ir/50worst.html

57はフリーマンが延々同じような著作を出し続けていることに何も感じないので
しょうか?フリーマンの最近の主張にミードは二人の少女に騙された結果、
間違った一般化をしてしまった、とありますがどこに証拠があるのですか?
またボアズを喜ばせる為に書いたという証拠もどこにあるのでしょう?他の
人類学者が言うようにフリーマンは証拠を出すのに失敗しています。
彼の白か黒か的、センセーショナルな書き方も批判されるべきですし、
「サモアの思春期」が一般向けの本(社会運動的な目的も)でありちゃんと
した民族誌ではないとレフェリーに言われつつも出版したのもせこすぎです。
(付け加えて、ミードが生きていた1960年代に既に反証できたのに主張
を始めたのは死んでから)。
他の批判としてフリーマンはミードの長所的な部分を議論せず、また他の著作
を無視するというのもありますが、糞とおっしゃる57はミードの「サモアの思春期」
以外の著作も糞ですか?やはりボアズの考えの影響が大きかった、と?

長々と書いてしまいましたが、フリーマンってと学会となんか似てますね。
マスコミに取り上げられ時流に乗ったという点で。

Margaret Mead, Derek Freeman, and the issue of evolution.
http://www.findarticles.com/cf_0/m2843/n6_v22/21275523/p1/article.jhtml

サモア滞在中のミードとボアズのやりとりがここで読めます。
http://www.ssc.uwo.ca/sociology/mead/



59 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/21 11:48 ID:If95jmJj
>>57
それってISIの50 worst booksって奴でしょ?
あれ、キンゼイの「男性の性行動」とか
アドルノの「権威主義的パーソナリティ」、
マッキノンやチョムスキー、マーガレット・
サンガーにティリッヒ、ポパーにロールズ、
その他諸々入ってて、goodのリストも
併せて読むと、単なる反共保守じゃんって
気がしますけどね。コメントも本への言及
じゃなくて人格攻撃とか難癖つけって
感じのものが多いし。あのリストが盛んに
メディアで取り上げられたのは、あまりに
恣意的なランキングだったからだと
思ってたよ。

http://www.isi.org/publications/ir/50worst.html
The Fifty Worst (and Best) of the Century


60 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/21 11:49 ID:If95jmJj
>>58
あ、かぶった。ケコーンしましょう。

61 :くまむし:02/03/21 11:54 ID:KDTlTh6O
訂正
誤:54氏の年表
正:56氏の年表


62 :くまむし:02/03/21 12:01 ID:KDTlTh6O
>>60
まさかこの板でかぶるとは・・・
ケコーンですな

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/21 12:04 ID:If95jmJj
ごめんごめん、ISIはまごうかたなきマッチョ右翼
なんだね。調べたらバラバラ出てきた。でそのISIが
立ち上げた新サイトがこれ。

http://www.rallyforamerica.org/
rallyforamerica.org

>RALLYFORAMERICA.ORG provides students, teachers,
>and the general public resources to deepen their
>understanding of terrorism and enhance their
>appreciation of why America and the West are
>worthy of defense.

>Some academic commentators shift the burden of
>argument, as it were. They alter the question about
>the origin and cause of terrorism to ask: What have
>we Americans done to bring this hatred upon ourselves?
>They say that we can never eliminate the terrorist
>threat until we eliminate the "root causes" of terrorism,
>and it is suggested that America is complicit in these
>"root causes." In this way, the terrorists are relieved
>of their responsibility for their actions while we are
>"held responsible" for an imputed complicity in the
>conditions which generate terrorism.

↑こういうの読むと文化人類学にはまだまだやるべき
仕事があると痛感しますわな。


64 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/21 13:03 ID:Y5/+mPT8
>>63
そのような自意識過剰を保つのって大変でしょ。
文化人類学というものの存在価値自体が問題になってるということに気付かないんだね。


65 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/21 14:36 ID:lQlEEkQX
>>64
 えっ!?
 反論,それだけですか?
 外野としてはもっと面白いケンカを期待していたのに・・・.

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/21 15:20 ID:lQlEEkQX
>>59
 このワースト・リストは面白い!!
 感動した。
 教えてくれて大感謝。
 っていうか、ここまでミードの本が「影響力がでかい」と見なされていることが驚異であり、不思
議だ。
 ビアードやアドルノのようなクラッシクな大物よりも、<<悪い>>というのはまあいいとする。
 しかし、何よりビックリすることにケネディ、ケインズ、ガルブレイス、ノーマン・メイラー(の
反ベトナム戦争もの)、そして有名なペンタゴン・ペーパーより<<悪い>>本なんでしょ、彼らに
とって!?
 この人たちが、ホメイニやビン・ラディンが現れたものミードのせいだ、とか言い出しても驚かな
いね、ボクは。
 
 そういう読まれ方って、学者にとってはある意味不幸だと思うんだけど、ミードが自分自身でそう
いう読まれ方を演出しちゃう人だったのも確かみたいだし。
 難しいね、この問題は。

 余談ですが、マルコムXがベストとワーストの両方に入っているんだけど、これは間違いかな?

67 :65=66:02/03/21 15:27 ID:lQlEEkQX
 あ、ヤバ
 あんまり感動しちゃったので、65で煽ろうと思って書き込んだの忘れてた。
 IDであんまり「外野」じゃないのはバレバレですね。
 ゴメソ

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/22 12:25 ID:I/oqgWnj
>>66
ヨーロッパの右翼は文化相対主義的な物言いを
すっかり自家薬籠中のものにしちゃってる感があるけど、
アメリカの右翼の主流は文化相対主義が心底嫌い
なんでしょうね(文化相対主義を使うアメリカ右翼って
白人分離主義者ぐらいか?)。で、彼らにとってミードは
その「A級戦犯」なんじゃないかと。ISIのリストからは
露骨なミソジニーも読みとれるしねえ。

rallyforamerica.orgのサイト読んでてわかったのが、
どうも彼らの世界観のなかでは

「世間のテロ糾弾を鈍らせてるのはマルクス主義の影響を
受けたバカな左派研究者どもで、彼らが「なぜアメリカは
攻撃されたのか?」「彼らはどうしてテロに至ったのか?」
と自責的&相対的な物言いをするせいで、問題の論点が
ずらされてしまった」

ということになってるらしいということです。チョムスキーが
worstの中に挙げられてるのも、むべなるかな。なんつうか、
ここのコヴァ板とあんまり言ってることが変わらないかも…。






69 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/22 21:01 ID:wFIUBbBk
>>65=66
ダサ!!(w
やっぱり人類学の方ですね。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/23 00:25 ID:CzAk/vsV
 だからあやまってんじゃんよう。

 毒デンパこっちにむけたって、読んでいる人は面白くないよ。
 ネタはカスタネダでもミードでも誰でもいいから人類学批判を続けてよ。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/23 02:26 ID:oHUX1NA+
ニュー速+
<国際>アルゼンチンで「島唄」が大ヒット=サッカーW杯代表応援歌に
http://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1016658841/
【国際】アルゼンチンで「島唄」が大ヒット=サッカーW杯代表応援歌にPart2
http://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1016801542/
アルゼンチン人の人が歌ってる。騙されたと思って聴いてみな。

72 :安楽椅子の人類学者:02/03/23 12:12 ID:yAaNArMA
文化人類学の方法論」ってスレたてたから、こっちにもきてくださいね。
みなさまのご意見をぜひうかがいたい。


73 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/13 15:45 ID:dR8rO+7S
 議論期待あげ

30 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)