5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ヨーロッパの民族分布について教えてくれ

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/18 17:28 ID:HaDkzDs7
よろぴくー

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/18 17:36 ID:xQYdMFks
北西部:ゲルマン系。あと辺境にケルト系
南西部:ラテン系。ピレネー山脈にバスク(非印欧語系)
東部:スラヴ系。あと様々な民族が点在
(ギリシャ、アルバニア、マジャール、ルーマニアなど)

3 :2:01/11/18 17:41 ID:xQYdMFks
レスがかぶるといけないので、細切れで補足していきます。
ノルウェー・スウェーデン・デンマークが北ゲルマン(ノルマン)
ドイツ語圏(他にオーストリア・スイス大半)とオランダ・ベルギー北部が大陸ゲルマン。
英国のアングロサクソンは後者の前者との境界にいた種族に由来しますが、
他にいろいろ混血し、言葉も準ロマンス語とされるくらい南欧語が入ってますね。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/18 17:45 ID:HaDkzDs7
もうちょい細かくお願い
国ごとに民族数と構成比、その経済的優劣等々
例えばドイツ
ゲルマン00%、アーリア00%、ケルト00%、といった具合に

よろぴくー

5 :2:01/11/18 17:46 ID:xQYdMFks
ベルギー南部とフランス・スイス西部(ジュネーブ・ローザンヌ)がフランス語
あとイタリア・スペイン・ポルトガルなど、ひっくるめてラテン系とされますね。
ルーマニアもラテン系とされるけど、そもそもスラヴとの混淆で、言語板ではスラヴ説が声高に主張されていました。

6 :2:01/11/18 17:50 ID:xQYdMFks
>>4
そういう統計はなかったと思うけど。
ただ、民族的にはドイツ人は90%止まりで、10%はガストアルバイターとその子孫だとか、
北方人種なのは北部だけで、南部はアルプス人種=ケルト基層の要素が濃いといったことくらいか?
方言の区画ならある程度言えるけど。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/18 17:54 ID:HaDkzDs7
>>2
色々どうもです

>そういう統計はなかったと思うけど。

そうなんだあ
残念だなあ

そしたらアーリア人の起源や分布だけでもわからない?

8 :2:01/11/18 18:01 ID:xQYdMFks
>>7
そもそもアーリア人の定義が???です。
印欧語を話した民族なのか?それとも北方人種のことか?
はてまたインドイラン語派の民族のことなのか?ということになりかねません。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/18 18:09 ID:HaDkzDs7
>>8
やっぱり君のような博識な人でもわからないかあ
いやあ俺も実は昨日飲み屋で始めて聞いたんだけどさ
なんでもドイツ人の構成比で一番を占めているのはアーリア人だって
説が飛び交ったんだよ
でも君が知らないってことはインチキ話だったかも知れないね
色々どうもでした

10 :2:01/11/18 18:19 ID:xQYdMFks
>>9
いえいえ。
ただ、ナチスが印欧祖語民族=インダス文明民族=北方人種=ドイツ人
という俗説を造って広めたわけですね。
最も、かなり北方人種に近い人がインドにまで到達したのは事実らしく、
今もカシミールに痕跡が残っています。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/18 20:40 ID:6ghvRRtm
>10
パミール高原一帯で(特にアフガン、パキスタン北西部)
時折金髪や目の色の薄い人を見かけるので前から気になって
いたのですが、そういう起源もありえるんですね。

そういえば、言語的にもダルド語群、ヌーリスターン語派など
(表記、あってますか?)印欧語族のなかでも独自の系統が
(しかも今なお祖語を彷彿とさせる語形を保持しているというから)
残っていて興味深い地域ですね。

12 :10:01/11/18 21:18 ID:xQYdMFks
>>11
恐らくこの地に進出した印欧人の一部が原住民と混血せずにエアポケットのように残ったわけですね。
勿論、この地域に進出した印欧人はインドイラン語系以外に、例えばアレキサンダー大王のマケドニアなんかもいましたね。
あの、「神田春」なんかもそうした地名です。
ちなみにアレクサンドリアの一般的なイスラム名は、宇宙戦艦ヤマトの、あの女王の星の名でおなじみです。
「イスカンダル」
もちろん、「神田春」もその転訛形です。なんか皮肉めいてますね。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/01 00:36 ID:wbDtmLDl
カルムイク人を忘れちゃいけねえべ
「カルムイク=ハリムグタングチ共和国」を構成する
モンゴロイド風貌バリバリのモンゴル系。
当然宗教はチベット仏教。  こんなヨーロッパも現にある。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/01 00:57 ID:jgPRICdy
前から疑問だったんだが、
バスク人は原始ヨーロッパ人なのか?

つまり、後氷期に入ってから初めてヨーロッパ半島に進出したってことだが
ケルト人はその後から入ってきたのかな

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/02 02:10 ID:tgjosRyq
他のスレでアイスランドにエスキモーが住んでて云々、てな話があったが
過去にもあの島へ渡ったのはノルド系の現住民の先祖だけのはずでは?

グリーンランド以東へエスキモーが渡ったという情報は聞いたことないのですが。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/02 05:42 ID:ktOas9bb
>>15
>他のスレでアイスランドにエスキモーが住んでて云々、てな話があったが

その人は多分、ビョークの顔を見てそう思い込んだのに違いない(藁

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/02 07:39 ID:lK2Gvme1
>>13
カルムィキヤもヨーロッパに入るの?
その西にはクリミア・タタールとかリトアニア・タタールとか
トルコ系イスラム教徒もいるね。
それから、ルーマニアのガガウズとクリミアのカライムは
トルコ系だがそれぞれキリスト教・ユダヤ教を信ずる珍しい民族。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/02 20:48 ID:7qhkNqg0
>>16
ビョークはゲルマン人があまりの寒さに寒地適応化を起こし
モンゴロイド的特徴を発達させたと思われ(藁

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/03 00:12 ID:5HhaM9A+
ビョークの風貌の謎について
http://ton.2ch.net/test/read.cgi/geo/1000588575/l50

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/30 19:19 ID:nZyyuDKt
各民族の特徴をくわしくしりたいんですが。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/28 04:55 ID:xSq8MyAY
>>17
カルムィクは地理的にヨーロッパに入ります。
ロシア内でもヨーロッパ・ロシアの範疇です。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/28 07:06 ID:b6112NtF
なんすかカルムィク??博識な僕が初めて聞いたよ!

写真アップきぼ

23 :17:02/01/28 07:27 ID:VQb8etgS
>>21
カザフスタン国境の側なのでどっちかな?と思ったのですが、
たしかにウラルよりは西ですものね。

>>22
アメリカのカルムィク人団体のHPから。
http://www.kalmykamericansociety.org/tsaganndx.html
カルムィキヤの場所はロシアのヴォルガ川河口あたり。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/28 10:57 ID:7zE2Pdn0
アジアかヨーロッパか、の話でふと思い出したが、
ここ数年発行されてる世界地図帳の多くには
州(欧州、大洋州、アジア州、の「州」ね)の境界線が地図に載っていないぞ?

学校で教えなくなったのだろうか? 旧ソ連圏をアジアとも欧州とも別の地域として
表示しているが、原因はこれのせいだろうか?

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/28 11:50 ID:ols7LabI
トルコ系でキリスト教徒なんて珍しくないで。
確か、今のトルコ共和国での人口の四パーセントくらいがキリスト教徒の
はず。
オスマン帝国時代の、自称ローマ人、キリスト教徒で暮らしぶりや言葉は
トルコ人と同じのが沢山いたから、旧版図のあちこちに残存していても
おかしくないだろうに。

ちなみに、元朝のクビライカーンの生母も、キリスト教徒のトルコ人。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/28 13:05 ID:/7+CQNjh
カルムィク人の容姿は日本人そっくり。
天然資源の輸送に地理的に重要な地域で、政治力がある。
これからは住民の福祉が課題とか。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/28 13:06 ID:/7+CQNjh
ヨーロッパで唯一の黄色人種国家>カルムィク共和国

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/28 14:03 ID:7fG/KOy6
トルコ系はまさにモンゴロイドである。今のトルコ人の濃い容貌は
混血の結果。中国の肖像画でも突厥の首長の顔はモンゴル顔だ。
レーニンがカルムイク人の血が混ざっているのは有名だ。そのため、
共産党といえども人種差別があったようだ。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/28 14:10 ID:ATChDTqj
>>28
トルコ人は遊牧民族の支配者がモンゴロイド系で、被支配者が
コーカソイドだった。時代が下って混血していった。モンゴロイドは
数的に非常に少なかったので、モンゴロイドの形質は消えてしまった。
だからトルコ系はモンゴロイドとは言えない。

30 :13です:02/01/28 22:28 ID:ZUlMy1Rh
カルムイク話題でここまで続くとは!

欧州のモンゴロイド話題でもういっちょ。
ロシアの西シベリアに広がるウラル語族サモエド系民族も(西ほど形質が白人に近くなるが)
黄色人種の住む領域としてはカルムイクよりも広大。
具体的にはコミ、ネネツ等が代表的。ただ文化的には相当ロシア人化した模様。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/16 18:40 ID:CXrdXuNS
ラテン人はインド・ヨーロッパ族イタリック系のうち
ラテン・ファリスキ人から分かれた一派に過ぎない。
イタリック系はラテン・ファリスキ人、オスク・ウンブリア人、古サベリ人の3つに分かれ、
ラテン・ファリスキ人はさらにラテン人とファリスキ人に分かれた。
同様にオスク・ウンブリア人はオスク人とウンブリア人に分かれて、
古サベリ人はサベリ人となった。
ファリスキ人・オスク人・ウンブリア人・サベリ人は絶滅し、
ラテン人だけが生き残って、
今のイタリア人・フランス人・スペイン人・ポルトガル人、ルーマニア人、モルドバ人等の祖となった。
よくラテン系をゲルマン系やスラブ系と対等に思っている者が多いが、
イタリック系こそゲルマン系やスラブ系と対等なのであって、
ラテン系はイタリック系の1流派にすぎないのだ。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/20 16:37 ID:SqyUV0z+
ヨーロッパには、ケルト人などの印欧語族がやってくる前、「ビーカー族」
などと呼ばれる先住民が住んでいましたが、彼らについてはどのくらいの
ことがわかっているのですか?


33 :七個:02/04/20 19:30 ID:F/3yRY86
ケルト人は印欧語族ではないよ

34 :Natural Water:02/04/20 20:05 ID:onSNHkhs
>>33
確かに基層となったのは非印欧人なのだろう。
しかし、一応ケルト語はイタリックと近縁な印欧語の一種というのが定説。
他にゲルマン語、イリリア語(絶滅。アルバニア語になったという説もある)などが比較的近縁なグループとされる。

念のため、言語と人種は全くべつのもの。北米の黒人は「ゲルマン人」ではないでしょ?

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/20 20:25 ID:BqPoyZhC
どっかのHPでヨーロッパの先住民族は黒人だったという説を見たな・・・
確かにイタリアの洞窟で化石化した黒人の人骨が出土したというのを
読んだことがある。

36 :Natural Water:02/04/20 20:52 ID:onSNHkhs
>>35
グリマルディ人の話かな?

37 :35:02/04/20 22:53 ID:P6A64cv3
>>36
そう、それです。手元の資料だとグリマルディ人の年代が書いてないんで
(ただそこから発掘された人骨のうち最古のものが3万5千年前という記述が
あるのみ)、グリマルディ人が印欧語族の直前にいたのか、それよりもっと
前なのかサパーリわかりません。
誰か詳しい人いません?

38 :Natural Water:02/04/20 23:20 ID:onSNHkhs
>>37
申し訳ないけど詳細はちょっと・・・・・
ただ、印欧族以前にいろいろな先住民族がいたのは事実らしい。
グリマルディ人は化石化しているのだからかなり古い話だろう。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/21 10:05 ID:iaamqQLk
グリマルディ人とクロマニョン人は新人ですね。
ネアンデルタール人は旧人。
ハイデルベルク人は原人。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/21 12:38 ID:2mnpyzlp
オーストリアの氷河からコンニチワしたアイスマン君は?
化石人類よりさらに時代が近くなるが。
現存する子孫の遺伝子から突き止められる手掛かりってあるのかしら。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/21 14:48 ID:mD+sR6hP
>>40
アイスマンは5300年前、日本で言えば縄文時代の人間です。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/21 14:54 ID:q3jW8IYj
>>32
「ビーカー族」は160〜170cmと背が比較的低く、丸木舟や
動物の皮でつくったカヌーをもっていました。
森を開拓し、農作物を作り、ひうち石で斧などの道具を削り、土器を
焼き、青銅を加工していました。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/21 15:55 ID:N4+6Ni6R
>>42
ひょっとして民話に出てくる小人って・・・?

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/21 16:55 ID:I2l7FMdV
>>43
コボルトとかのことですか?
あれについては、地下で鉱物や岩塩の採掘を行っていた一族が、
長い間の近親結婚と過酷な労働で極端な矮躯になったという説も
あるらしいです。

13 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)