5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

アルプス人種(alpine race)を研究するスレ

1 : :01/10/23 08:20 ID:Coyvt/GB
アルプス山脈沿いに住むオーストリア、スイス、フランス、ドイツ南部に
いる人種で白人の中では低身長、黒髪の眼、短頭が特徴
そのヨーロッパ人的でない特徴からモンゴロイドの血が混じっていると
言われている

http://www.bayer04.de/de/999.htm
http://www.fcbayern.de/images/common/0,,334896,00.JPG
http://www.geocities.com/racial_myths/noralpmed/wheaton.jpg
http://www.geocities.com/racial_myths/noralpmed/binoche.jpg

http://www.excite.co.jp/world/url/?wb_url=http%3A%2F%2Fwww.geocities.com%2Fach_mist%2Fraces.html&wb_lp=ENJA&wb_dis=2

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/23 09:20 ID:506ONRDv
この馬鹿白人(?)はアイヌをコーカソイドと云ってるな

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/23 23:14 ID:kUkQS4bb
思い浮かぶのはフグ、ファルコ、シュワルツェネッガー。
あのアルプス独特のウケクチ気味の口元は
前からどうしても気にかかってたところ。
モンゴロイドの関係は初耳。もっと詳しい情報プリーズ。
そういやスイスのクリスマスにナマハゲそっくりのが登場してたっけ

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/23 23:37 ID:l1SYSQIY
なんだか電波っぽいね

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/02 09:33 ID:coQI/4ht
アルプス人種はチェコやポーランド南部にもいます。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/02 12:31 ID:ymJoI/Ny

 シュワルツェネガーはどうもアルプス人種て感じしないな。
 ちなみに身長が低くないと大成しない傾向の強いF1で、
オーストリア人(特にチロリアン)はみな背が高かった。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。 :01/11/02 17:59 ID:N2NFHa2c
オーストリアってドイツ系、フランス系、イタリア系がいる国っしょ
シュワはドイツ系じゃん

8 :DQN地理学者:01/11/03 19:18 ID:4pHhX9gN
>>7
それはスイスの間違いでしょう。
オーストリアはほとんどがドイツ語系。
但し、スラヴやマジャールなど東欧の民族の子孫が多く、一般には低身長です。
Schwarzeneggerという姓は純ドイツ系だけど。

9 :名無しさん:01/11/04 07:06 ID:fv5sy8qj

 でもな〜。アルプス人種を名字から見分けることなんてできるんか?
 ドイツ民族系かスラヴ民族系かマジャル民族系かを見分けることはある程度
できるんだろうけどサ。

10 :8:01/11/04 09:43 ID:F8R7Wz/d
>>9
確かに人種と名字(=民族)は必ずしも一致しませんね。
世界史板のハンガリースレに面白い考察があるのでコピペしておきます。
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/whis/998207834/109
>109 :しい坊 :01/09/27 18:02
>5 :ヨーナ・ラウッカさん
>> 同族の定義って言語族レベルの話だろ?
>> 人種と混同する馬鹿がいるから注意しろよ
>言語学のレベルでも日本語とハンガリー語の同族関係は全
>く証明されていません。
>面白いことに言語(ソフト)の移動は、もちろん実際にそ
>の言語を話す人間(ハード)が移動することによって起る
>わけですが、人種の方は比較的早く周囲の人種に同化され
>てしまうので、マクロ的に見ると、ユーラシア大陸の人種
>分布は一切変わらず、人種というハードの上を言語という
>ソフトだけが流れて移動しているように見えます。スカン
>ジナヴィアに移住したフィンランド人(スオミ人)は色白
>の金髪が多いですが、中央ヨーロッパに移住したハンガ
>リー人は、人種的には西ハンガリー人はドイツ人的、北ハ
>ンガリー人は金髪の多いスロヴァキア人的、トランシル
>ヴァニアのハンガリー人はルーマニア人的、南ハンガリー
>人はセルビア人のようなディナール型の人種が目立ちま
>す。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/05 03:46 ID:2Ajy1Zup
アルプス人種というとヒットらーを思い浮かべてしまう

12 :3;q@¥:01/11/05 21:40 ID:/UFJoZGZ
フグがそうだろ

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/06 00:54 ID:eYuwVXII
ヒンギスは?

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/12 00:33 ID:FJZR+UY/
ハイジもジュゼッペ爺さんもアイスマンの遠い孫、か?

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/21 01:04 ID:Oj+lPx1s
或るブス人種

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/21 14:09 ID:sSXT0AWF
アルプスの少女ハイジって日本語しゃべってるよね。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/24 21:49 ID:BnXUkXso
アルプス人種ってコーカソイドの創造性と美観、モンゴロイドの知性を
合わせ持った世界最強の人種って感じがする、羨ましい・・・

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/25 08:38 ID:n5b8gcbk


19 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/02 16:31 ID:wdtoxzgn
日本アルプスか?

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/02 16:37 ID:KoyUXWiT
チェコやポーランドには、アルプス人種と北方人種の混血の人が多い。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/03 16:34 ID:5V2cgAns
古い話だが体型等から人間の気質を三つに分けるクレッチマーの分類では
アルプス人種はそううつ気質、ノルディックは分裂気質となっていた。
宗教も現実的なカルヴァン派、温和、社交的で勤勉な気質なのだそうだ。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/03 17:06 ID:ofWpYdSV
スラヴもゲルマンも文化圏のことであって人種じゃないぞ

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/03 17:07 ID:ofWpYdSV
>>20
しかしそのアルプス人種や北方人種というそれぞれの人種そのものが混血だったんじゃないのか?

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/03 17:09 ID:5V2cgAns
文化圏というより言語圏かな。
やはりアルプス、ノルディック、東ヨーロッパ、地中海などの言葉がいいのかも。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/03 17:36 ID:eqVfagyz
えーと、なんだっけ?
確かアルプスの氷の下に閉じ込められていた古代のミイラっていうのあったよね?
DNA鑑定とかもやってたような。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/03 21:15 ID:m06myPlu
>>25
通称アイスマン。約6000年前に生きていた30歳前後の男性の凍結遺体が
オーストリアのアルプス氷河から発見されて一時は話題になった。
 氷河が解けて地上に現れたアイスマンを登山客が目撃し、
「遭難した登山客が倒れている」との通報を受けて駆けつけた山岳救助隊が
遺体を回収し、その後精密検査・遺体解剖を経て先史アルプスの人間と判明。
 衣服や靴・弓・薬草・火打石も一緒に見付かり、遺体の保存状態は良好。
胃の中からは寄生虫駆除用と思われるホップの実が未消化で見付かった
(つまり食べて間もなく命を落とした)ことや、
背中・腰等身体の数箇所にツボの位置を記したと見られる刺青が観察された
ことで、無文字時代のアルプス先住民の生活をも明らかにした。
 発見されたアルプスの氷河は人間が定住できる標高ではないこと、また
男性があらかじめ長距離旅行の装備をしていたと思われることから、
この時代にすでにアルプス山脈を越えて南北ヨーロッパを行き来する交易
ルートが早くも存在していたことを示唆する説も出ている。

 なにより世間を騒がせたセンセーショナルなニュースとしては、
「アイスマンと同じ血を引く子孫が欧州各国に相当数生存している」ことが
遺伝子鑑定の結果、「母から子へのみ遺伝する遺伝子=母系を遡れる」によって
明らかにされたこと。地元アルプスにとどまらず、ドイツ・フランス・イギリス等
西・中央ヨーロッパ各国に同じ遺伝子を受け継ぐ子孫が多く生存している・・・

 と、こんなところですが25さん、見たのはこの件のニュースでしょうか?



27 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/03 21:53 ID:eqVfagyz
>>26
おお、これだこれだ!
わざわざどうもありがとう。

28 :DQN人類学者@黒部名水:02/03/04 01:52 ID:P0RkBbzw
>>25-28
アイスマンの子孫はどうもかつてケルト民族が分布していた地域に多いみたいだ。
印欧語民族との関係は不明だが、少なくともアルプス人種の大半はある時期ケルト語化していたのは確かだと思う。
今はフランス語・英語・高地ドイツ語をそれぞれ話しているが・・・・・・
全然別人種の北欧人と南ドイツ人が同系統の言語を話すという事実に不思議さを感じるのは私だけか?

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/04 14:11 ID:Lje7ysLh
>28
ロマンシュ語、フリウリ語、ラディノ語には非印欧語族的要素が多く残っているので、
(そもそもアルプスの語源*ALP-「高原」自体がアルプス先住民の言語由来だし)
先住民言語の地帯だったのが、長い年月をかけて(前印欧語彙の残存率の高さから)
徐々に印欧語に母語が交替したものと考えられています。
 北斜面(南ドイツ側)は高地ドイツ語、
 南斜面(イタリア側)はイタリア語北部方言にそれぞれ吸収され、
 標高の高い地域がゲルマン系ですが独自のレト=ロマンス諸語として
 古い言葉を現代まで継承してきました。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/04 14:18 ID:2i5oCzqj
アルプス人種の痕跡はスデート山地やカルパティア山地のにも広がっていて、
そちらは現在スラブ語圏に入った。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/07 00:59 ID:iVnDDgAz
現存する欧州の都市の中では、ジュネーブが欧州最古だそうな。
ジュネーブ湖畔の船着場に杭上家屋が集まる遺跡が3500年前と
されている。最古の町の住人もアルプス人種だったのだろうか?

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/07 12:57 ID:NPyGEaL9
>>31
人種的には不明。
ケルト族の遺跡だということはわかっている。
もちろん現代のジュネーブとは断絶している。

33 :28:02/03/17 21:54 ID:EVRFnvo8
>>29
そういえば、スイスやチロルの「最高地ドイツ語」(上部ドイツ語以北の「k」が「kch」や「ch」になる。例 ching (標準ドイツ語Kind(子供)))
はレト=ロマンス諸語と隣接ないしは重なっているようですね。
あの発音は実は二次子音推移をまさに完遂した形らしいのですが、何か関係があるのでしょうか?

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/17 23:13 ID:KYBxvjNN
皆さんは「アイスマン」はどういう人種・民族だったと考えますか?
遺伝子の鑑定などで決定的なものは出ているんだろうか。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/17 23:30 ID:K4YMJb06
>>34
時代的には東方から印欧語のケルト文化がヨーロッパに進入するずっと以前。
形質的にはコーカソイドの特徴をしめしている。
有力なのはバスク人の先祖のような非印欧語文化のコーカソイドの人だったはず。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/18 01:33 ID:ylZAXFKr
バスク人はコーカソイドか.. あるいは南米やオーストラリアに残るような
原モンゴロ-コーカソイド(Gm遺伝子による分類。勝手に命名)だったのかもしれない。

別スレの話題なんですけども、
黒部名水さん的にはアイヌ語と日本語の関係はどう考えられています?

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/20 23:45 ID:gEjj/j42
age

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/23 08:40 ID:HN8CJz4s
出土する骨によると中欧に広く分布していたケルト人は地中海系よりも現代の
ノルディックタイプにちかい骨格をしていたらしい。

39 :Natural Water:02/05/05 22:56 ID:I7/f38yG
>>36
一応改名しました。お国板のストーカー(電波北陸人)がうざいので・・・・

アイヌ語と日本語については、古い時代には同じ極東の言語から分かれたと考えますが、
日本語の主力は朝鮮半島経由でやって来た、今の韓国語とは幾分異なるが同系統の言語だと思います。
従って、祖語からひきついだものもあるでしょうが、基本的には相互の借用の部分が大きいのではないでしょうか?

メノコ>め(女)の子 なんかは日本→アイヌの例ですし、
熊、神とカムイとコム(韓国)なんかも相互に関係ありそうですね。

あと南方の言語との関係もいろいろ云々されていますね。

>>38
するとアルプス人種はいつごろどのように・・・・・
ただ、やはり内陸部にはアルプス人種的な人が多かったのでしょうか?

12 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)