5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

幻の、ここでしか書けない物語。。2

1 ::02/03/28 02:33 ID:K9HUzIWk
前の。。見たい。。方。。。
http://teri.2ch.net/test/read.cgi/bobby/1010096746/

ここでは。。私が勝手に人を使い、物語を作っています。
「最近私(俺)が出てない」と思った方は、お知らせ下さい。忘れている場合があります………。
出てみたい方は、年齢、性別、性格をお知らせ下さい。

2 :なっしゃん。 ◆AIRw8Yvc:02/03/28 02:35 ID:78kR1ePU
2ゲットずさ〜〜〜〜〜
新スレおめでとう!!!

3 ::02/03/28 02:38 ID:K9HUzIWk
>>2
2ゲッ。。おめで。。。(そんなに。。おめでたく。。は。。ない。。かも。。だけど。。。)
ありがと。。ございま。。。

4 :冷えギコ ◆ErOsgiKo:02/03/28 04:34 ID:DMq/7pBY
新スレおめでとう&お疲れ様です
よければ私も脇役で出させてください!
22歳♀です(*´∀`*)
性格は…もうちょっと待っててください(w

5 :なっしゃん。 ◆AIRw8Yvc:02/03/28 04:35 ID:o4OgYDBA
(W

6 ::02/03/28 05:33 ID:K9HUzIWk
>>4
は、はい。。。

7 :21世紀の名無しさん:02/03/28 06:48 ID:z3lqpHYk
終了。

8 :椎原 ◆Pan2kZJM:02/03/28 07:08 ID:jXQtO.ao
新スレパンパン!

9 ::02/03/28 08:09 ID:0mbC4RxQ
>>7
物事が終わりになる事。終わりにする事。対義語は「開始」。…で、いいですよね?
>>8
椎原先生、サンクスです!ズンズン!

10 ::02/03/28 08:12 ID:0mbC4RxQ
                               「調教ユラコ」
ガソシ校長「それにしてもユラコ先生、本当に織部先生の扱いが上手いですね。」
ユラコ「え〜、そうですか?」
ガソシ校長「後から入って来て、しかも教育実習生なのに…。あの織部さんを扱うのは至難の業なんですよ。」
ユラコ「へぇ、そうなんですか…。」
ガソシ校長「また織部先生が発狂してますね。ユラコ先生の出番ですね。」
ユラコ「はい、行ってきま〜す。」 織部に向かうユラコ。
ユラコ「織部、死刑!!!」
ガソシ校長「おもちゃで脅すとは、ユラコ先生ったら……(笑」
ズキューーーーーーーーーーン!!!!!!!!!!!
ガソシ校長「……ハッ……………………!!!!!!!!!!!(ドクドクドクドクドク)……汗……」
ユラコ「織部せんせって、以外と弱いんですねぇ…。」
                                   終わり

11 :調教師タマガワユラコ:02/03/28 11:11 ID:RsjAymgA
>>10
「調教ユラコ」ってなんかステキですね!ワッハッハッ!

12 :恋はいつも幻のように:02/03/28 11:35 ID:4NhLlxqo
>>11
ハァハァ。。。ですよね。

ユラ。。で思い出しましたが、私と同じ所に習いに来てる小さい女の子(幼稚園かな…?)が「ねぇ、先生、見て!歯がユラユラしてるのぉ。」
。。。と、歯を見せていました。。。「グラグラ」じゃなくて「ユラユラ」とは…。
栃木の苺がどうのとか、CMのセリフを言ったりとか、何とかわゆい。。。心が和みました……。
                                      幻日記でした。 

13 :(θ_θ) ◆KAO/o.o.:02/03/28 11:50 ID:???
(;´Д`)ハァハァ

14 ::02/03/28 12:11 ID:4yS4u2IU
                         「レンタカー始めました」
ディアスマソ「うち、レンタカーもやってるから。はいこれ、チラシ。」
全裸隊「へぇ、レンタカー始めたのか。」
ディアスマソ「整備とかだけじゃやってられないからな。」
全裸隊「でも、こんな所でレンタカー始めたって流行らんぞ。観光地も何もないし………」
ディアスマソ「そうか?」
全裸隊「当たり前だろ?それくらいわかれよ。利用者も0に近いと思う。」
ディアスマソ「じゃあ見てろ、明日から客が来るかどうか。賭けてみるか?」
全裸隊「よし。こんな場所に客など来る訳がない。予約もないんだろ?それに明日は平日だ。もし客が来たら、お前に焼き肉おごってやる。」
ディアスマソ「よし!じゃあ、客が来なかったら俺はお前にこのレンタル用の車をやる。」
全裸隊「卑怯な手は使うなよ。」
ディアスマソ「当然だろ。」

15 ::02/03/28 12:14 ID:4yS4u2IU
                         ・・・次の日の夕方・・・
全裸隊「どうだった、客なんて来なかっただろうが?」
ディアスマソ「残念、ついさっき借りてった客がいたよ。」
全裸隊「本当か!?」
ディアスマソ「ほれ、証拠。」 全裸隊に一枚の紙を渡した。
全裸隊「本当だ…………」
ディアスマソ「俺の勝ちっ!」
全裸隊「わかったよ、焼き肉食いに行こう。」
                           歩いていると・・・
全裸隊「あれ?ディアスマソ、あの車ってお前の店にあったやつだな?その客も焼き肉屋に来てるんだな。」
ディアスマソ「えっ……………」
全裸隊「あ、店から出てき……ん!!!?あれは!!!」
ディアスマソ「(コソコソ…………)汗」
全裸隊「なっしゃんじゃないか!!!お前、まだ無免許の高校生によくも……!!!!!」
ディアスマソ「だっ、だって、なっしゃん…運転…上手いんだもん…!!」
全裸隊「そういう問題じゃない!!!今すぐ捕まえるんだ!!」
ディアスマソ「もう行っちまったよ……。」
全裸隊「くそっ………。あとでお前にもなっしゃんにも充分反省してもらうからな!!」
ディアスマソ「……スマン…………」
・・・次の日の朝、新聞には、高2男子が無免許運転でひき逃げ事件を起こした記事が載っていた・・・
                                 終わり

16 ::02/03/28 12:17 ID:4yS4u2IU
>>13
ハ。。ハジメマシ。。。?
>>15
なん。。か。。。サウンド。。ノベルの。。バッド・エンド。。っぽい。。。

17 :ディアスマソ:02/03/28 12:47 ID:yqHii/z6
また1台壊れター!ヽ(´Д`)ノ

18 :てちゅ:02/03/28 13:01 ID:FNYCSc/s
新スレおめでとー!ヽ(´▽`)ノマボチャン
これからもガンバレ!

19 :なっしゃん。 ◆AIRw8Yvc:02/03/28 13:23 ID:sndWnvtE
轢き逃げかヽ(`Д´)ノヒィー

20 :ガソシ先生:02/03/28 13:43 ID:4l3xnOWM
ヽ(´▽`)ノ短くて読みやすくて好き!

21 ::02/03/28 19:13 ID:bUwYaS5.
>>17
お、お気の。。毒。。に。。。それよりも。。逮捕。。される事を。。心配した方が。。。
>>18
アリガトウゴザイマス。。。!
>>19
人を轢いたという恐怖に耐えられなかった高校生。。。
>>20
こっちの方が読みやすいですかね?一人一人。。目立つし。。。

呪い。。なんて。。。ある。。のか。。な。。。私は。。黒。。魔。。術。。の。。呪いの。。方が。。。

22 :アポカリプス(`ロメ) ◆F16XROuk:02/03/28 19:23 ID:???
遅れますたが新スレおまでとうございます!

23 :なっしゃん。 ◆AIRw8Yvc:02/03/28 19:52 ID:pioehLdA
一時期黒魔術に興味を持って勉強してたら親に叱られますた。。。(涙

24 ::02/03/28 19:59 ID:GjpUsj6M
>>22
ありあとうごさーます!
>>23
私も。。勉強した。。い。。。!!。。本。。売ってる。。かな。。。

25 ::02/03/28 21:19 ID:DJjhSJxk
                               「お世話」
アポカリプス「今日の音楽の授業もすごかったね。。。」
なっしゃん「うん。ただ聴いてればいいだけだしね♪」
なま「アポカリプスさん、喋り方が治ってきましたね。」
アポカリプス「そう。。。?」
なっしゃん「学校通うようになってから、ころちゅウイルスが減ってきたんだろうね(笑」
アポカリプス「そうなのかなぁ。。。」
なっしゃん「ところでさ、アポカリにいさん、彼女はいるの?」
アポカリプス「か、彼。。女。。。!?」
なっしゃん「照れなくてもいいって!いるの?いないの?」
なま「なっしゃ………」
なっしゃん「聞くくらい、いいじゃん。」
アポカリプス「いないよ。。。」
なっしゃん「ホント!?じゃあさ、ユラコ先生なんてどう?同じ歳だし。」
アポカリプス「えぇ、ユラコ先生。。。!?」
なま「…………………」
なっしゃん「先生と生徒……とは言わないようなもんでしょ。」
アポカリプス「でも。。でも。。。。。」
なま「アポカリプスさんがユラコ先生の事を何とも思ってなかったら無意味でしょう…」
なっしゃん「聞・い・て・る・だ・け!!」

26 ::02/03/28 21:20 ID:DJjhSJxk
なま「……そうですか………」
アポカリプス「そうだなぁ。。悪くはないよねぇ。。(照」
なっしゃん「付き合ってみたら?」
アポカリプス「それって。。告白しろ。。って事!?」
なっしゃん「そうだよ。」
アポカリプス「できないよ、そんなの。。。恥ずかしくて。。。」
なっしゃん「協力してあげるからさ!」
なま「(出た、なっしゃんの余計なお世話………)」
アポカリプス「う、うん。。。。。」
なっしゃん「あっ、ユラコ先生が来た!!丁度いい、言っちゃえ、言っちゃえ!!」
なま「なっしゃん……………」
ユラコは織部を調教している最中だった。」
ユラコ「織部先生っ!!またそーゆー事してっ!!お仕置きです!!!」 バシッ!!!!
アポカリプス「。。。。。。。!?」
なま「い…今までのとは……違うお仕置きだ………」
なっしゃん「ちょっぴり…刺激的………」
アポカリプス「や、やっ。。ぱ。。。やめとく。。よ。。。(汗」
なま「その方が……いいみたいですね………」
なっしゃん「お、俺……お仕置きされたい…調教されたい…ハァハァ…ユラコ先生…ハァハァ……」
なま・アポカリプス「……………。。。。。」
                                  終わり

27 :調教師タマガワユラコ:02/03/28 21:26 ID:RsjAymgA
どんなお仕置きしてるんだろう…(;´Д`)
ちなみに新歓が中止になったのでくるりのライブ行けることになりました!ワーイ!

28 ::02/03/28 21:34 ID:1lxwV.ro
>>27
ムチの可能性が高そう。。ですね。。。(ニヤリ
くるりオメデトウゴザイマス…!岸田サン、素敵です。。。!!黒縁眼鏡の基本リーダーですな。。。(自分の中では)

29 :ハァハァ ◆AIRw8Yvc:02/03/28 21:55 ID:fsfzujrA
お、お仕置きだべさぁ〜ハァハァ

30 ::02/03/28 22:14 ID:1lxwV.ro
>>29
ハァハァしすぎで。。遂に。。名前まで。。。(涙。。

31 :ロリハァハァ ◆AIRw8Yvc:02/03/28 23:11 ID:xI6em51k
ハァハァネタはイイネハァハァ   ズンズンパンパン   ハァハァ

32 : :02/03/29 00:42 ID:i16/QmtM
http://www.yomiuri.co.jp/04/20020328i408.htm

33 :紫チゥリップ:02/03/29 01:28 ID:E34v80h6
幻さん新スレおめでとうございます!!
ちょっと見ぬ間にこんなに成長して(涙
前スレの「てちゅさん大好き」 コレツボでした
幻さん よくわかってるじゃないですかぁ うんうん
て・・・てちゅさん ハァハァハァハァ(怪
そろそろてちゅさんファンクラブをつく。。。コホンコホン
前大好きだった先輩(女)の追っかけ(違)をし、
挙句にファンクラブを作ろうとしたら嫌がられた痛い思い出がありま。。。

34 :21世紀の名無しさん:02/03/29 02:19 ID:???
>>33
通報しますた。

35 :冷えギコ ◆ErOsgiKo:02/03/29 04:59 ID:1wFgP9Fk
前スレ読みましたよ(*´∀`*)
個人的に椎原さんがツボ入りまくりで面白かったです(w
自分の性格は何なんだぁぁぁぁぁッッ!!!
っつーくらい昨日から悩みまくり…

36 :冷えギコ ◆ErOsgiKo:02/03/29 05:02 ID:1wFgP9Fk
友達からはエロイと言われるから、エロマターリな性格でおながいします!

37 ::02/03/29 05:05 ID:IniA5tJM
>>35>>36
そうですね…椎原さんや…なっしゃん(さんも含む)は物語を考えやすいです。(勝手に)使い易そうなキャラというか…。

エロマターリ!?そ、そうで。。。ほんわか。。という。。感じが。。しま。。。

38 ::02/03/29 05:09 ID:IniA5tJM
>>31
前より危険。。。
>>32
。。。?
>>33
有難うございます。いつの間に…こんなに成長したんでしょうね…(涙
皆様のおかげです。。。
てちゅさん。。ファン。。クラブ。。。(ニヤリ
>>34
しないであげて。。下さ。。。!

39 :魔人君ノ:02/03/29 13:06 ID:a/YVDqc.
遅らばせながら新スレおめでとうございます
てちゅさんファンクラブ(´ー`)ニヤリ
じゃあ会員No,2で宜しくお願いしますね 
てちゅさん大好きのお話がツボを突きました。

40 ::02/03/29 18:32 ID:TMGf6q1k
>>39
てちゅさん。。ファン。。クラブ。。。
では。。私は。。てちゅさん。。マスコット。。作りま。。。。。(1コ。。200円。。)

41 ::02/03/29 19:19 ID:XAnPMuWw
                              「保健の授業」
ガソシ校長「冷えギコ先生、保健の授業お願いします。」
冷えギコ「はいっ。」
冷えギコは、おいら学園のもう一人の保健の先生。女子の保健担当。保健の先生が2人とは、ガソシ校長の考える事は本当にわからない……。
冷えギコ「行ってきます、椎原先生(*´∀`*)」
椎原「ちっ、ちくしょぅっ……。ズンズン」
椎原先生は、冷えギコ先生が来た事によって女子の保健はやらなくてもいいという事になっていたのだった。
椎原「(俺は…俺は…何のために学校へ来ているというのだ……パンパン)」
冷えギコ「えぇと、今日は……妊娠してしまった時の症状……」
椎原「そんなの俺にもわかる。俺が行ってこよう。ズンズン」
冷えギコ「これは私の授業です。仕事なんですけど…。」
椎原「たまには保健室で待機してろ。パンパン」
冷えギコ「はぁ………?」
椎原「じゃ、保健行ってきま〜す。ズンズン」
自分の企み(!?)をハッキリと言わない所が、椎原先生の立派な所。
冷えギコ「……………??何なの……?」
椎原「(よぉぉし、久々の女子・保健だ!!!!!ズンズンパンパン!!!!!)」
ガソシ校長「あっ、椎原先生。」
椎原「……っ、何だ、校長?ズンズン」
ガソシ校長「この栄養グラフ、更新してくれませんか?」
椎原「え?今から?パンパン」
ガソシ校長「だって椎原先生、今の時間は出番じゃないでしょう?」
椎原「いや、俺は授業に出ねばならんのだ。冷えギコに頼んで下さい。ズンズン」
ガソシ校長「ちょっと待って…冷えギコ先生の授業にあなたが出るんですか?」
椎原「そうだ。悪いのか?パンパン」
ガソシ校長「そういう訳ではありませんが、女子生徒にはなるべく女の先生の授業を受けさせたくて…。女子生徒の皆さんもそう言ってましたし……。」
椎原「なるべくだろ、なるべく。だったら今日は俺でもいいだろ。ズンズン」
ガソシ校長「で、でも……」
                                続く・・・

42 :なっしゃん。 ◆AIRw8Yvc:02/03/29 19:21 ID:b4DKqAd6
キターーーーーー!!

43 :紫チゥリップ:02/03/29 22:22 ID:wMph/oKs
ぎゃぁ 通報されちゃったぁよ (;´U`)/アーレー
マスコット!イイネェ!じゃぁ 幻さんは会員No,3で(ニヤリ
 椎原先生の保険の授業・・・(汗 続きがキニナル

44 :冷えギコ ◆ErOsgiKo:02/03/30 00:21 ID:sWSaLjvU
キタ━━(゚∀゚)━( ゚∀)━( ゚)━( )━( )━(゚ )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━!!!!!
椎原さんと自分の活躍に期待(w
なんだか興奮しますね…(´Д`*)

45 :稲森イズミーナ:02/03/30 00:38 ID:V8rwhIqw
(´O` )期待

46 :てちゅ:02/03/30 01:02 ID:MlTEdL.k
>>40 まぼちゃん、てちゅマスコットの腹にはぷくぷく水を!

47 :ガソシ先生:02/03/30 01:21 ID:V8rwhIqw
福腹水 ヽ(´▽`)ノ

48 :てちゅ:02/03/30 01:31 ID:MlTEdL.k
エサをあげないと怒り出します>てちゅぽこマスコット

49 :ガソシ先生:02/03/30 10:37 ID:V8rwhIqw
(´O` )テチュポコット

50 ::02/03/30 10:38 ID:AyfGyEBw
>>42
いよ。。いよ。。チャンピオ。。大。。会。。。B。。。!!
>>43
お。。遅かっ。。た。。か。。。。。
会員。。No,3に。。してくれるんで。。か。。。!?。。マスコット。。作り。。手作り。。疲れ。。ハァハァ。。。
ほ。。「保険。。」。。の。。授。。業。。。。。(汗
>>44
栄養グラフ。。更新。。頑張っ。。下さ。。。ハァハァ。。(←イチイチつける癖が少しついてしまった。。)
>>46>>48
き。。気持ち良。。!!ハァハァ。。柔らか。。大好き。。幻には。。たまらな。。い。。。!!
で、では。。。人の。。肌の。。温もり。。付き。。で。。湯たんぽの。。ように。。。ハァハァ。。(マスコッ。。なのに。。。)
>>47
せんせ。。。稲。。森。。。好。。なんで。。。?

51 :稲森イズミーナ:02/03/30 10:47 ID:V8rwhIqw
(´O` )スキデスヨーダ

52 ::02/03/30 10:50 ID:AyfGyEBw
>>51
そうなん。。ですか。。。
私。。「ハッピー。。マニア。。」とか。。いうの。。見てから。。あまり。。好きじゃなくなっ。。。。

53 :ガソシ先生:02/03/30 10:57 ID:V8rwhIqw
ウン(´O` )ドラマはダメネー

54 ::02/03/30 11:23 ID:Y6D7JpL2
椎原「行ってきます。パンパン」 椎原先生は、校長の話を聞かずに授業に行ってしまった。
ガソシ校長「………………………」 ガソシ校長は保健室に行った。
ガソシ校長「冷えギコ先生、椎原先生に授業譲っちゃったんですか?」
冷えギコ「譲ったんじゃなくて、椎原先生が出たいみたいで……。勝手にあっちが決めて行っちゃったんです。」
ガソシ校長「やっぱりそうですか………」
冷えギコ「何があったんでしょうね?」
ガソシ校長「何があったも何も、椎原先生の趣味…わかりますでしょう?」
冷えギコ「まぁ…私がこの学校に来てから、最近段々とわかってきてましたが……そんなに大変なんですか?」
ガソシ校長「いえ、まだ生徒には何もしてないようですが…。心配なんですよ。興奮しちゃうのが…。」
冷えギコ「でも、たまにはいいんじゃないですか?」
ガソシ校長「う〜ん………じゃあ、今日だけという事で様子を見ましょうかね…。」
冷えギコ「……ですね。」
ガソシ校長「では冷えギコ先生、すいませんが…この栄養グラフ、椎原先生の代わりに更新してもらえませんか?」
冷えギコ「はい、いいですよ。」
ガソシ校長「お願いします。私はちょっと、授業をこっそりと覗いてきます。」
冷えギコ「それがいいですね。お願いします。」

55 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

56 ::02/03/30 11:54 ID:dXDP6XKo
>>55
うちの学校は毎日です。。。

57 :21世紀の名無しさん:02/03/30 12:13 ID:k88MIGII
お前等!!この馬鹿と遊んであげて下さい
http://202.214.130.194/dicf_dqn/

58 ::02/03/30 12:14 ID:RosmIeDc
ガソシ校長「(確か保健は一年生…だったかな……)」
ガソシ校長は一年生の教室を覗いた。
ガソシ校長「(ここだ、ここだ…。ムラチゥさん達のクラスですね…)」
椎原「女子のみんな、今日は妊娠についてだ!ズンズン」
駅前花嫁「ちょっと待って下さい!どうして椎原先生なんですか!?」
まじんくん「そうそう、保健は女の先生になって安心してたのに……」
椎原「冷えギコは今日、する事があってな…。俺が代わりにやるんだ。パンパン」
「え〜〜〜〜〜〜〜〜っ!?」
女子1「だって椎原ってさぁ、ロリでしょ?いくら高校生でも、やっぱり変な事考えてるに決まってるよね……」
女子達はヒソヒソと話し合っていた。
駅前花嫁「冷えギコ先生のしなければいけない用事って?」
椎原「栄養グラフの更新だ。ズンズン」
駅前花嫁「え〜、だってそれ…椎原先生の仕事じゃないですか!」
椎原「この学校に入ったばかりだ。何でも覚えさせなければならん。パンパン」
駅前花嫁「……………………」
まじんくん「椎原先生、苦手だよぅ……」
ムラチゥ「あっ、そうだ…。先生!!」
椎原「何だ、紫チゥリップ。ズンズン」
ムラチゥ「てちゅさんはどうですか!?(キラキラ」
椎原「何言ってるんだ?てちゅは教師じゃない。教える事が出来るわけないだろう。パンパン」
ムラチゥ「ムッ。。。。。」
椎原「それに、給食作ってるだろ。ズンズン」
ムラチゥ「ハッ…!そうだった……!!て、てちゅさんの作った給食……ハァハァ……」
まじんくん「ムラチゥ…………………」
ガソシ校長「(ちょっと嘘をついてますね…椎原先生……)」
ガソシ校長は戸の隙間から授業を覗いていた。

59 :[‘@‘]ハァハァ ◆AIRw8Yvc:02/03/30 13:18 ID:7uycOKl6
あ、兄貴・・・ハァハァ・・ハァハァ・・・ハァハ

60 :魔人君ノ:02/03/30 22:12 ID:Rdpnv5Xs
ムラチゥさんがてちゅさんマニア!!

61 :紫チゥリップ:02/03/30 22:20 ID:WBOOmp9w
校長!家庭科の先生はぜひてちゅさんに!!

62 :全裸隊 ◆99uyNUDE:02/03/30 22:22 ID:hPqyK6uA
間が空いたが、カチカチのフランスパンでは
モッコリ村を思い出してしまった



板違いだが・・・

63 :しゃぶぞー ◆R4PorkUs:02/03/30 23:02 ID:???
その授業受けてみたい。

64 :てちゅ:02/03/30 23:20 ID:9BaiTrZk
割烹着と三角頭巾ヽ(´▽`)ノマスクも着用だーい

65 :冷えギコ ◆ErOsgiKo:02/03/30 23:55 ID:lwsySCs2
椎原さんの暴走っぷりにワロタ(w

66 ::02/03/31 02:16 ID:tW4PpJkk
>>59>>65
兄貴。。憧。。れ。。。!ハァハァ。。
>>60>>61
なる。。ほど。。。!
>>62
。。。。。?
>>63>>64
みん。。な。。。割。。烹。。着。。。。。

67 :[‘@‘]なっしゃん。 ◆AIRw8Yvc:02/03/31 02:26 ID:HxJZpZeg
いつもここから(・∀・)イイ!

68 :ガソシ先生:02/03/31 02:40 ID:GtzRgawQ
(´O` )カナシートキー

69 ::02/03/31 02:47 ID:tW4PpJkk
>>67>>68
だ。。大好。。で。。。ハァハァ。。特に。。菊地さ。。。。。
テツ。。トモ。。残。。念。。。

70 :迷犬バター ◆Pero5YMo:02/03/31 12:23 ID:???
>>69
ボクも登場させてほしいワン!

71 ::02/03/31 17:37 ID:Ln64eTIY
椎原「とにかくゴチャゴチャ騒ぐんじゃない!!授業始めるぞ!!パンパン」
駅前花嫁「…………………………」
ムラチゥ「(てちゅさん ハァハァ…)」
まじんくん「はぁ………」
ガソシ校長「(ドキドキ……ドキドキ………)」
その時、廊下を1・2年の男子が歩いてきた。
なっしゃん「あれぇ、校長先生、何してるんですか?」
ガソシ校長「えっ?あれ、あなた達、何をしてるんですか?」
なま「1・2年の男子は体育だったんですけど、体調が悪い人多くて…。図書館で読書という事になったんです。」
ガソシ校長「そうなんですか……」
なっしゃん「だから、校長先生こそ何してるんですか?」
ガソシ校長「ちょっと心配で覗いてただけですよ…」 ガソシ校長は、なっしゃん達がいるのでひとまずそこから離れた。
なっしゃん「心配って、何がだろ?」 なっしゃんは1年生の教室を覗いた。
なま「早く行こうよ……」
なっしゃん「椎原先生の授業か……って!!あーーーーっ!!!」 なっしゃんは小さく叫んだ。
なま「しーーーーーーーっ……!」
なっしゃん「見ろ、見ろ……!!」
なま「何が……?」
なっしゃん「椎原先生が女子の保健やってる…!!」
なま「えぇっ、大丈夫なのかな…!?…だから校長先生も心配で見てたんだ……」
なっしゃん「女子…保健……ハァハァ……しかも…椎原先生の…保健だから…何か起きるかも……ハァハァ……」
なま「それくらい校長先生が何とかしてくれるよ。早く図書館に行こう。」
なっしゃん「見てたい……ハァハァ」
なま「今は授業中。全裸隊先生に怒られるぞ〜。」
なっしゃん「は…離れられな……ハァハァ」

72 ::02/03/31 17:39 ID:Ln64eTIY
>>70
は、はい。。。

春休みも残り3日。学校行きたくなくても行かなければ。。(泣
お友達が結構風邪(熱が下がらない)をひいてしまっているので、皆様も風邪には注意して下さい。
   幻。。。 

73 :魔人君ノ:02/03/31 20:53 ID:sc/rTdzA
なっしゃんが・・なっしゃんが(ι´Д`)

74 :[‘@‘]なっしゃん。 ◆AIRw8Yvc:02/04/01 00:42 ID:8U.1P8PA
そ、そんな・・・マズイって・・・・(;´Д`)ハァハァ

75 :椎原 ◆Pan2kZJM:02/04/01 03:40 ID:ggJH796A
おおおおおお!
いきなりハードコアスタイル! 妊娠!!!
性教育ってのは、やっぱり結果を教えてナンボだ!
パンパン!

76 :冷えギコ ◆ErOsgiKo:02/04/01 03:44 ID:p4EcxIv.
性教育、、、ハァハァ…

77 :ガソシ先生:02/04/01 04:02 ID:QsPCXcpk
椎原氏 ヽ(´▽`)ノ 性の教育であって、性交の教育だけじゃないよん。

78 :ガソシ先生:02/04/01 04:04 ID:QsPCXcpk
マボチャン (´O` ) やっと咳が止まったよ。風邪は治っても
咳だけ延々1か月くらい続いてた。皆様もお気を付けください。
  ガソぽこ。。。

79 :椎原 ◆Pan2kZJM:02/04/01 04:14 ID:bOgzGtfE
Σ(゚д゚lll)ガーン
北欧では、学校でグループセックスやアナルセックスを教えているというのに、日本はなンと後進的なのだろうか!
ズンズン

80 :椎原 ◆Pan2kZJM:02/04/01 04:16 ID:bOgzGtfE
参考文献:スウェーデンの性教育
http://www.geocities.co.jp/Beautycare/5426/edsw.html
パンパン

81 :ガソシ先生:02/04/01 04:23 ID:QsPCXcpk
(´O` )マヂデスカ!

82 :ガソシ先生:02/04/01 04:27 ID:QsPCXcpk
(´O` )ワシも背中が煤けてキタヨ

83 :ガソシ先生:02/04/01 04:29 ID:QsPCXcpk
(´O` )ポックリ

84 :冷えギコ ◆ErOsgiKo:02/04/01 04:29 ID:p4EcxIv.
スウェーデンに行きたいです

85 :ガソシ先生:02/04/01 04:30 ID:QsPCXcpk
(´O` )オミヤゲ ワスレナイデネー

86 :冷えギコ ◆ErOsgiKo:02/04/01 04:32 ID:p4EcxIv.
もちろん忘れないですよ!!
お土産はかすたどんです(。-_-。)

87 :ガソシ先生:02/04/01 04:33 ID:QsPCXcpk
(´O` )かすたどん大ブレーク中

88 :ガソシ先生:02/04/01 04:34 ID:QsPCXcpk
(´O` )スウェーデン餅とか

89 :冷えギコ ◆ErOsgiKo:02/04/01 04:35 ID:p4EcxIv.
先生!メッセで語りましょう!

90 :ガソシ先生:02/04/01 04:37 ID:QsPCXcpk
ごめんなさい!もうそろそろ出かけるんですよ!
始発でお客さんのところまで機材を届けに! ヽ(´▽`)ノ

91 :冷えギコ ◆ErOsgiKo:02/04/01 04:39 ID:p4EcxIv.
お仕事頑張ってください(*´∀`*)また今度語りましょう

92 :[‘@‘]なっしゃん。 ◆AIRw8Yvc:02/04/01 15:03 ID:BvCi94Jw
(・o・ ))(( ・o・)スウェーデンの性教育マジッスか?!

93 ::02/04/01 15:46 ID:xqq6jwOo
>>73>>74
お年。。頃。。。
>>75>>79>>80
そう。。スウェーデン。。って。。。そう。。ですよね。。。それで。。セックス。。好きが。。多。。。!?日本は。。今のままで。。充分です。。。。。
>>76
男子生徒に。。性教育。。ハァハァ。。。
>>78
先生。。ショウガと。。ハチミツ。。忘れずに。。。本当。。お体。。お大。。事。。に。。。
>>86
カジ君(カジヒデキさん)もお願いします!

94 :匿名希望 ◆Opaiv2OY:02/04/01 15:46 ID:???
ニヤリ∀-=・=-)

95 ::02/04/02 10:20 ID:k/aICCzo
なま「なっしゃん…!!先生が……!!!」
なっしゃん「なま、見て見て、出産のビデオ見てるよ……ハァハァ……。」
なま「(ドキドキ。。)…えっ…………」
なっしゃん「ハァハァ……俺も……母乳飲みたい…ハァハァ……」
なま「なっしゃ…ダメ…だって……(ハァハァ……)」 なまも少し、心の中でハァハァしていた。
椎原先生は、ふと廊下の方を見た。
椎原「ん?何だ?」
なま「や、やばっ……!!」
なっしゃん「椎原先生に…見られた……!?」
椎原「そこにいるのは誰だ!?ズンズン」
まじんくん「えっ、誰かいるの?」
なっしゃん「うわぁ、どうしよ、どうしよ………(汗」
なま「だから言ったのに………!!」 二人は慌てた。 その時・・・
アポカリプス「早く、こっち……!!」 アポカリプスが逃げる方向を指導してくれた。
なっしゃん「アポカリにいさん……!!(涙」
なま「有難うございます……!!」
なっしゃんとなまは逃げる事ができた。
椎原「……誰もいない。気のせいか……パンパン」
なっしゃん「ハァハァ…………」
アポカリプス「何してたの。。。?」
なま「なっしゃんが女子の保健を覗いてて……」
アポカリプス「はぁ。。。!?」
なっしゃん「なまだってハァハァしながら見てたくせに!!」
なま「…ちっ、違……!!(汗」
アポカリプス「まぁまぁ。。。とにかく図書室行こう。。。」
なっしゃん「保健……見たかった………」
アポカリプス「性行為についての保健の本探して読んでれば。。。?」
なっしゃん「おぉ!それならイイかも……。じゃ、行こっか!」
アポカリプス・なま「……………。。。。。」

96 :[‘@‘]なっしゃん。 ◆AIRw8Yvc:02/04/02 14:32 ID:PW5BQvKQ
出産ビデオ!ハァハァ
学校にあるアメリカの子供の性教育の本。。。ハードな内容なんだ。。。ハァハァ

97 :てちゅ:02/04/02 16:32 ID:K1kuEvlY
あれは小学校6年生の頃(´ー` )
弟と二人でおかんに呼ばれてアメリカの性教育本を前に出されました。
緊張して声が上ずるオカンが「きょきょ、今日は大事な話が…」と
切り出すと同時に、おいらが鼻をほじりながら「あー、セクースの話ねー」と
先回りして言ったら頭をひっぱたかれました。

…な、なんで怒られるの(;´Д`)鼻ほじってたから!?

98 :ガソシ先生:02/04/02 17:11 ID:2mKQ5aPo
照れ隠しにセクースなんて変なイントネーションと半角カナでしゃべったからでは?
正しい日本語を使うことの大切さを身をもって学んでほしかったのだと
思います。素晴らしきおかん。

99 :てちゅ:02/04/02 17:27 ID:K1kuEvlY
>>98 鼻ほじってたからじゃないんですね!ヽ(´▽`)ノヨカッタ!

100 :しゃぶぞー ◆R4PorkUs:02/04/02 18:56 ID:???
性教育ビデオに出演してみたい。
正しい性教育をしてあげるのだ。

101 :豆鉄砲xp*`σ゚)ノ ◆MAME0Eg.:02/04/02 19:48 ID:uMLj/CWU
何を以ってして正しいのかが分からなくなりました。

102 :[‘@‘]なっしゃん。 ◆AIRw8Yvc:02/04/02 19:49 ID:wWRuaDsM
>>97ワラタ

103 ::02/04/02 19:56 ID:fIbPzN.6
>>96
よく。。読み。。勉。。強。。して下さ。。。(涙
>>97
お母。。様。。。緊張して。。頑張ったのに。。。(涙
>>100
チョコボール向井が性教育ビデオに出演。。。ダ、ダメ。。だっ。。。!!!
頑張って出て下さい。。。
>>101
まぁ。。まぁ。。。

104 :21世紀の名無しさん:02/04/02 20:31 ID:???
おまえは単なる頭の悪い金持ちのボンボンだろ。おばあちゃんにもらったお年玉で大麻買ってるやつがえらそうなことを言うなよ。はやく浪人から脱却して自分で大麻代を稼げるようになってから発言しろ。バカ。

105 :21世紀の名無しさん:02/04/02 20:37 ID:???
41 :ガソシ先生 :02/02/15 15:14 ID:9bNdfhum
>>31
>>36
織部おまえは単なる頭の悪い金持ちのボンボンだろ。おばあちゃんにもらったお年玉で大麻買ってるやつがえらそうなことを言うなよ。はやく浪人から脱却して自分で大麻代を稼げるようになってから発言しろ。バカ。


42 :ガソシ先生 :02/02/15 15:20 ID:9bNdfhum
クスリに逃げてるだけの自分を正当化すんな!


43 :だいてん ◆JXAtSDNY :02/02/15 15:23 ID:???
>>42
今に始まった事じゃないんで
ナニ言ってもムダですって・・・


44 :ガソシ先生 :02/02/15 15:27 ID:9bNdfhum
自分にちゃんと向き合って意見してくれる人を敵・無能・分かってないヤツ扱いして、楽なほうに楽なほうに逃げ続ける生き方はものすごく楽だよな、織部。
何か言ってこいよ。いつでもドアは開けてるぞ。

106 :[‘@‘]なっしゃん。 ◆AIRw8Yvc:02/04/02 20:47 ID:K6Q560FY
チョコボール向井。。。オレの中ではスーパースター。
生であの身体に触った時の感動と逝ったらもう!!ハァハァ

107 ::02/04/02 21:12 ID:DeeO71.A
ガソシ校長「(なまさん達は行ったかな……)」 ガソシ校長は戻ってきた。
ガソシ校長「(ドキドキ。。。)」 ガソシ校長は再び椎原先生の授業を覗いた。
椎原「お前達、ちゃんと避妊してるか?してない奴もいるだろ!?ズンズン」
女子1「………サイテー……」
椎原「よく聞くんだ。育てる気も産む気もないのなら、危険な事はするな。絶対に気を付けろ。パンパン」
駅前花嫁「……はい、はい…………」
女子1「どうせまた余計な事をグダグダ言うんでしょ……」
椎原「おい、駅前!俺はお前達・そして、意味もなく死ななければいけない子供達の事を思って言ってるんだ!!ズンズン!!」
駅前花嫁「………………………」
椎原「中絶すればいいという問題でもない。子供が欲しくてもできない人だっている。失敗してできたから捨てるとか、そういうふざけた考えは絶対にするんじゃない!!パンパン!!」
ガソシ校長「(椎原先生………!!!)」
まじんくん「(なるほど……)」
ムラチゥ「(てちゅさんの給食……♪ハァハァ)」
女子生徒全員「はい………」
椎原「わかればいい。自分勝手な考えだけを持つんじゃないぞ。では、授業を終わる。ズンズン」
まじんくん「ムラチゥ、号令……(汗」
ムラチゥ「え?…お、終わったの………?」
まじんくん「聞いてなかったの……!?」
ムラチゥ「う、うん……。起立、例。」
「有難うございました。」

108 ::02/04/02 21:14 ID:DeeO71.A
>>106
触ったんで。。。!?ハァハァ。。

109 :[‘@‘]なっしゃん。 ◆AIRw8Yvc:02/04/02 21:21 ID:K6Q560FY
プロレス開場で!!ハァハァ
駅弁ってPCゲー(18禁)はチョコさんが監修なんですよ!ハァハァ

110 :[‘@‘]なっしゃん。 ◆AIRw8Yvc:02/04/02 21:22 ID:K6Q560FY
兄貴カコイイYO!!

111 ::02/04/02 21:43 ID:???
104とか僕じゃないですよ

112 :しゃぶぞー ◆R4PorkUs:02/04/02 22:09 ID:???
触った・・・・

何処を?

113 ::02/04/02 23:36 ID:JUuxaBJ6
>>109
えぇっ。。。!。。と、友達に。。教え。。あげたかっ。。。(涙
>>110
カコイイ。。!
>>111
。。ん?
>>112
そ、そう。。だっ。。た。。。ドコを。。。?

114 ::02/04/03 09:07 ID:pzbeBUXE
椎原先生は教室から出ていった。
まじんくん「今日の椎原先生、普通で真面目だったね。びっくりした。」
駅前花嫁「うん、うん、椎原先生じゃないよね。」
まじんくん「今日の椎原先生は素敵………(キラキラ」
駅前花嫁「いつもああだと女子も普通に寄ってくるってわかってないんじゃないの?」
まじんくん「まぁ………ね……………」
駅前花嫁「でも、やっぱり猟奇・ロリ・エロからは離れられないってか……」
まじんくん「………………………」
ムラチゥ「何言ってんの?人間、みんなエロだよ…。エロくない人間なんていない。人間はエロくないと生きていけない。人間っていう動物だから。」
まじんくん「ムラチゥ……!どうしたの、急に……(汗」
ムラチゥ「いやぁ……何となく…ね……。椎原先生について少し考えてみたら…何となく…ね。」
駅前花嫁「これは……てちゅさんの事を考えながら椎原先生の授業を受けたからだ………」
まじんくん「完全にイッちゃってるんだ………」
ムラチゥ「へへ……へへへへへ……」
まじんくん・駅前花嫁「(泣……!!」

115 ::02/04/03 09:10 ID:pzbeBUXE
ガソシ校長「椎原先生……」
椎原「校長……。何ですか?ズンズン」
ガソシ校長「さっき、椎原先生の授業を覗いていたんですが……」
椎原「何っ?じゃあ、あれは校長……?パンパン」 なっしゃんとなまが見ていた時の事を椎原先生は思い出していた(それを校長だと今思った)。
ガソシ校長「ま、まぁ、そういう事です……(私も見たのに変わりはない……)」
椎原「どうしてそんな必要が?ズンズン」
ガソシ校長「ちょっと、心配だったもので……」
椎原「信用されてなかったって事ですか。パンパン」
ガソシ校長「ごまん……。そういう訳でもなかったんですが……(汗」
椎原「……で?俺の授業はどうでしたか?ズンズン」
ガソシ校長「えぇ、それは立派でした。先生の事見直しましたよ。立派でしたし、私も本当に嬉しかった……。」
椎原「そうか……それなら俺も嬉しい。パンパン」
ガソシ校長「椎原先生、有難うございました。では今度からは……」
椎原「女子の保健もやらせてくれるのか!?ズンズン!!」
ガソシ校長「いえ、今度からはいつも通りに戻っていただきます。今日だけ特別…という事で。」
椎原「はぁ……!?あんなに俺…頑張ったのに…!?パンパン」
ガソシ校長「はい……。申し訳ありませんが、女子保健は女の先生で……(やっぱり危ないと思うし…)」
椎原「……何だよ、それ………ズン…ズン……(チッ、今日だけ真面目でいれば女子保健できると思ってたのに…甘かったか………パンパン……)」
                              終わり

116 ::02/04/03 09:46 ID:VQYHzAVM
                            「宿直で・・・」
なっしゃん「ころちゅ先生、さようならーっ。」
ころちゅ「さ、さような。。。。。」
ユラコ「ころちゅ先生、お先に…………」
ころちゅ「あ、はい、お疲。。様。。で。。。」
学校の人は殆ど帰った。
ころちゅ「では。。私も。。そろそろ。。帰りましょ。。か。。ね。。。」 立ち上がった時・・・
豆鉄砲「ころちゅ先生!!」 豆鉄砲先生が慌てて寄ってきた。
ころちゅ「。。。。?。。どうしたんで。。。?」
豆鉄砲「今日…俺……宿直なんだよぉ……」
ころちゅ「え。。。?この学。。校。。そんなの。。あっ。。たんで。。。!?今。。時。。。!?」
豆鉄砲「ころちゅ先生、いつも校長の話聞いてないから知らないんじゃないの!?最近学校で遊んでる生徒がいるらしくて……それで……」
ころちゅ「そう。。だったんで。。。大変で。。ね。。。頑張っ。。下さ。。。では。。。」
豆鉄砲「待って!!!(泣」 すがりつくように豆鉄砲先生は言った。
豆鉄砲「お願い、怖いから一緒に宿直付き合ってくれない?」
ころちゅ「。。えぇ。。っ。。。!?私。。が。。。!?」
豆鉄砲「帰っても一人でしょ?学校のパソコン使ってもいいし、晩ご飯は俺が準備するから!!」
ころちゅ「うぅ。。ん。。。そうで。。ねぇ。。。」
豆鉄砲「お願いします!!」
ころちゅ「じゃ。。わかりまし。。。今日。。だけ。。。」
豆鉄砲「有難うございます……!!(涙」
ころちゅ「い、いえ。。。。。」

117 ::02/04/03 14:46 ID:6v.84cag
                       ・・・PM7:00・・・
豆鉄砲「ころちゅ先生、コンビニ弁当だけど……食べて。」
ころちゅ「あ。。すいませ。。。」 ころちゅ先生は、パソコンから離れた。
豆鉄砲「暗くなったねぇ……。夜だねぇ………」
ころちゅ「そうですね。」
豆鉄砲「!?…それだけは…ちゃんと言えるの!?」
ころちゅ「そうですね( ̄ρ ̄)」
豆鉄砲「そうですか。(少…ムカ」
                          ・・・PM9時・・・
豆鉄砲「9時の見回りです。一緒にお願いします。」
ころちゅ「え。。。今で。。か。。。!?」
豆鉄砲「だって、そう言われてるから………」
ころちゅ「私。。今。。。ぷろじぇく。。と。。X。。見な。。と。。いけないんで。。よ。。。」
豆鉄砲「えぇっ!?そ、そんな……見回りはすぐ終わるからさぁ……(汗」
ころちゅ「見逃。。たら。。勿体。。ないで。。。!!」 熱くなるころちゅ先生。
豆鉄砲「何のためにころちゅ先生にお願いしたと思ってんの〜?(困」
ころちゅ「ぷろじぇく。。と。。X。。終わっ。。からに。。しましょ。。。」
豆鉄砲「いいのかなぁ、そんな事して……バレないかなぁ……」
ころちゅ「バレな。。と。。思いま。。よ。。。」
豆鉄砲「じゃ…プロジェクトX終わったらすぐ行こう。」
ころちゅ「は。。い。。。」

118 :アポカリプス(`ロメ) ◆F16XROuk:02/04/03 15:13 ID:???
>>95藁多

119 :まじんくんΨ(。`д´。)Ψ:02/04/03 19:59 ID:4rgDKawg
ムラチゥさんの性格がよくでてる!!

120 ::02/04/03 20:32 ID:kl78lXTg
>>119
そ、そうなんで。。。?

121 ::02/04/03 20:59 ID:Lx3q9az2
ころちゅ「ふぅ。。終わっ。。。」
豆鉄砲「さ、じゃあ、お願いします。」
ころちゅ「はい。。。」
豆鉄砲先生ところちゅ先生は廊下に出た。
ころちゅ「電気。。つけないんで。。。?」
豆鉄砲「校長先生がつけるなって………。誰かがいる場合、逃げるかもしれないから…って。」
ころちゅ「そ、そうで。。。でも。。暗闇。。と。。いうか。。暗。。学校にいる。。生徒。。なんて。。いないと。。思いま。。が。。。」
豆鉄砲「だよね。でもホラ、侵入者とか……」
ころちゅ「ま、まさ。。か。。ぁ。。」
豆鉄砲「けど、いるかもしれないよ。この辺は変な人が多いから…。」
ころちゅ「あぁ。。それは。。そうかも。。しれませ。。。」
豆鉄砲「それにしても……夜の学校って怖いね。」
ころちゅ「そうですね( ̄ρ ̄)」
豆鉄砲「ころちゅ先生は怖くないの?」
ころちゅ「霊は。。信じませ。。が。。少し。。怖。。で。。。」
豆鉄砲「ころちゅ先生でもやっぱり怖いのか……」
ころちゅ「あの。。あと。。見回る時間は。。何時なんで。。。?」
豆鉄砲「深夜の12時だよ……。あぁ、嫌だ……(泣」
ころちゅ「そうで。。。大変で。。ね。。。」

122 ::02/04/03 21:26 ID:Pzigtb8o
9時の見回りは、無事に終わった。
豆鉄砲「あぁ、ドキドキしたぁ……(疲」
ころちゅ「私。。男性に。。興。。味は。。ないで。。。」
豆鉄砲「そうじゃないんですけど……。怖くてドキドキしたんですけど。」
ころちゅ「。。。。。そうで。。。」
豆鉄砲「ころちゅ先生、ちょっと寝ておく?」
ころちゅ「私は。。夜。。行。。性。。なの。。で。。。ネット。して。。起きてま。。。」
豆鉄砲「そう……。じゃあ俺はちょっと寝とく。12時になったら起こしてもらえますか?」
ころちゅ「は、はい。。。」
豆鉄砲「お願いします。」
豆鉄砲先生は保健室のベッドへ行き、ころちゅ先生は職員室でネットをしていた。
ころちゅ「(。。久。。振り。。に。。2ちゃん。。じゃなく。。。2ショッ。。チャッ。。ト。。でも。。してみましょ。。かね。。。)」
豆鉄砲「(グゥ。。。グゥ。。。。。)」 豆鉄砲先生は眠りに入った。
                       ・・・PM11:30・・・
ころちゅ「(そろ。。そろ。。飽き。。きた。。な。。。)」 ころちゅ先生は2ショットチャットを終わらせた。
ころちゅ「(コー。。ヒ。。ー。。でも。。飲も。。。)」 ころちゅ先生がコーヒーを入れている時・・・
「ころちゅ先生っっ!!!!!!」 豆鉄砲先生の声がした。
ころちゅ「!?。。。なっ、何で。。。!?」
ころちゅ先生はびっくりして、豆鉄砲先生のいる保健室へ向かった。

123 :冷えギコ ◆ErOsgiKo:02/04/04 05:19 ID:???
椎原さん素敵…!

>>122の2ショットチャットワロタw
昔友達とやったの思い出したよw

続きがめちゃめちゃ気になる!
幻たん頑張ってねヽ(´ー`)ノ

124 ::02/04/04 11:56 ID:???
>>123
憧れま。。。!!

はい。。頑張りま。。。

125 ::02/04/04 12:16 ID:NGCQAxa6
ころちゅ「どうしたんで。。。!?」
豆鉄砲「今、何か聴こえたんだけど!?」 豆鉄砲先生はベッドから飛び出してきた。
ころちゅ「私は。。何も。。聴こえませ。。でし。。が。。。」
豆鉄砲「何かゴソゴソする音が聴こえたんだよ!!!」
ころちゅ「き、気のせいで。。よ。。。私が。。歩き回っ。。たからじゃ。。ないで。。か。。。?」
豆鉄砲「そんなんじゃないって!!何でかわからないけど、絶対人間じゃないもののような……!!」
ころちゅ「そんな。。いい加減に。。決めつけ。。のは。。よくないで。。。しかも。。幽。。霊。。。?そんなもの。。いるわけ無。。。」
                             カツッ。。。。
豆鉄砲「じ、じゃあ、今の……何………!?」
ころちゅ「さ、さぁ。。。?ネズミ。。とか。。風。。とか。。。じゃ。。。?」
豆鉄砲「だって今のは、絶対に人の足音だったよね!?」
ころちゅ「私は。。そうは。。聴こえませ。。でし。。が。。。」
そう言いながら、ころちゅ先生も信じていないと言えど少し怖かった。
ころちゅ「もう少し。。寝。。ら。。どうで。。。?」
豆鉄砲「だって、あと15分で12時でしょ?だったら起きてるよ……。一人でいたくないし。」
ころちゅ「そ、そうで。。。では。。コーヒ。。でも。。飲みましょ。。か。。。?」
豆鉄砲「は、はい。。そうしま。。。」 つい、喋り方がうつった。

126 ::02/04/04 12:17 ID:NGCQAxa6
                        ・・・PM11:59・・・
ころちゅ「そろ。。そろ。。。行きま。。。?」
豆鉄砲「…………………………」
ころちゅ「これ。。以上。。遅。。なっ。。ら。。。もっ。。と。。行きづら。。で。。しょう。。。?」
豆鉄砲「そうだけど……12時以降に階段を使うと霊が……」
ころちゅ「(バッ、バカバカし。。。!!!あまりに。。も。。バカバカし。。。!!)。。それ。。学校の。。怪談。。で。。。?」
豆鉄砲「そ、そりゃぁ…学校の階段…だけど……」
お互いの勘違いに気付いていない。でも、普通に会話は続いた。
ころちゅ「とにか。。そんな。。事は。。ありませ。。。噂。。話で。。よ。。。」
豆鉄砲「でも……………」
ころちゅ「さ。。行きましょ。。。」 ころちゅ先生もやっぱり少し怖かったので、早めに見回りを終わらせたかった。
二人は廊下に出た。

127 :だいてん:02/04/04 12:49 ID:s7e0dEWs
俺かぁあああああああああああああああああ

128 :紫チゥリップ:02/04/04 19:16 ID:2XwF0g7.
私の性格がよく出てる!出すぎ!幻さんはエスパーですか!
楽しいなぁ 幻さんこれからも頑張って下さい

129 ::02/04/04 19:53 ID:TaGxzXkQ
>>127
い、いえ。。まだ。。考えてませんでし。。。じゃ。。考え。。おきま。。。
>>128
本当に。。こんな。。感じなんで。。。!?。。エスパー。。なれる。。ものなら。。なりた。。い。。。
はい。。頑張りま。。。

130 ::02/04/04 20:26 ID:Mg04dp7w
豆鉄砲「さっきと……雰囲気が違うよね、なんか……」
ころちゅ「そうで。。。?。。(やっぱ。。り。。。)」 ころちゅ先生もそう感じていたが、知らないフリをした。
豆鉄砲「ころちゅ先生、先に行って……」
ころちゅ「わ、私。。が。。で。。。!?」
豆鉄砲「だって、怖くないって言ってたから……」
ころちゅ「う゛。。。。。わ、わかりまし。。。じゃ。。懐。。中。。電。。灯。。貸し。。下さ。。。」
豆鉄砲「気を付けなよ………(ビクビク」
ころちゅ「(。。ドキッ!!!)。。。別に。。何も。。いな。。で。。しょ。。。何。。言っ。。るんで。。か。。。(汗」
豆鉄砲「霊だけじゃなくて、凶悪犯とかの場合もあるよ……」
ころちゅ「この。。学。。校に。。。!?」
豆鉄砲「寝泊まりとか………」
ころちゅ「それは。。ありえな。。思いま。。。」
豆鉄砲「狂った殺人鬼とか………」
ころちゅ「狂っ。。殺。。人。。鬼。。は。。私。。中では。。織。。部。。せんせ。。あと。。幻さ。。も。。少。。。それ。。くらい。。で。。。(恐」
豆鉄砲「まぁ、確かにその人達も恐いけどさぁ………」
ころちゅ「だか。。。大。。丈。。夫。。で。。。さききの。。よ。。に。。すぐ。。終わりま。。よ。。。」
豆鉄砲「そうだといいけど………」
二人は暗い学校の廊下を歩きだした。

131 :だいてん ◆t675LkGI:02/04/04 20:40 ID:Go4UCfM.
がび

132 ::02/04/04 21:14 ID:???
>>130
下から。。3行。。目。。。「さきき」。。→「さっき」。。。(スイマセ。。。
>>131
だ、出しま。。。

133 :ディアスマソ:02/04/05 16:34 ID:tk/rXaX2
まただいてんの出番か。>殺人鬼

134 :全裸隊 ◆99uyNUDE:02/04/07 17:45 ID:vJQDsj86
物騒な男だな
なぜ警察は、だいてんを野放しにしておくのだ

泳がせておいて、より大きな悪事の証拠を掴もうとしているとしか
思えんな。

135 :てちゅ:02/04/07 18:25 ID:Cw4k2jqI
だいてんタイーホ!(゚∀゚)

136 :だいてん:02/04/07 19:11 ID:.CBks.VI
貴様等・・・・言いたい放題だな・・・・(TOT)

137 ::02/04/09 17:26 ID:???
>>134
なるほど。。。

138 ::02/04/09 17:53 ID:0VzQF4Pg
二人の足音だけが、大きく廊下に響いた。
豆鉄砲「暗いよ……怖いよ………」
ころちゅ「(ビク。。ビク。。。。。)」
豆鉄砲「そっ、そこっ!織部先生の実験室だよ。」
ころちゅ「何が。。ある。。のか。。はっきり。。し。。事は。。本。。人。。だけ。。が。。知ってま。。。」
豆鉄砲「死体とか隠してそうだよね……。」
ころちゅ「人。。体。。実。。験。。と。。か。。。」
豆鉄砲「早く先へ行こう!!」 豆鉄砲先生は怖くなって早歩きになった。
ころちゅ「そ、そうで。。ね。。。関わらな。。方。。いい。。で。。。」
ゴトッ・・・・・
豆鉄砲「ぎゃぁ……!!……何?何、今の!?(泣」
ころちゅ「(ドキドキ。。。ドキドキ。。。。!!!!!)」
豆鉄砲「ころちゅ先生も聴いたはず!!何か言って下さいよ!!!」
ころちゅ「さ。。早。。逃げましょ。。。(汗」
豆鉄砲「……え!?」
ころちゅ先生が走り出した。
豆鉄砲「ころちゅ先生っ!!さっき、怖くないって……!!!」
ころちゅ「ウワァァァァァァン。。。!!!!!!!!」
豆鉄砲「怖いんだったら言ってよ〜!!俺をおいてかないでよ!!」
それでも走り続けるころちゅ先生。それを追いかける豆鉄砲先生。
豆鉄砲「ころちゅ先生!!止まって!!前見て!!!」 豆鉄砲先生は、何かに気付いた。
ころちゅ「え。。。。」 ころちゅ先生が前を見ると……。
暗闇の中に顔の見えない人が立っていた。

139 ::02/04/09 17:55 ID:0VzQF4Pg
ころちゅ「。。。。。!!!!!」 ころちゅ先生は固まった。
豆鉄砲「花子……さん………!?」
ころちゅ「そ、そんな。。いる。。わけ。。ないで。。。あれは。。貞。。子。。で。。。(汗」
豆鉄砲「だったらなおさら嫌だよ!!!(泣!!」
ころちゅ「こっち。。来ま。。。!!は。。早。。逃げな。。と。。。!!!」
豆鉄砲「怖くて動けないよ………!!!!!」
ころちゅ「。。あ。。ぁ。。神。。様。。。!!!(泣」
「何。。やってるんで。。か。。。?」
豆鉄砲・ころちゅ「!?」
ころちゅ「あ。。あな。。た。。は。。。!?」 ころちゅ先生は顔の見えないものにライトを当てた。
豆鉄砲「……あっ……………!!!!!」
ころちゅ「ま。。ま。。ぼ。。。。さ。。。。!?」
それは、長い髪を束ねずに顔の前に垂らしている幻だった。
豆鉄砲「何してるんですかって……こっちのセリフだよ!!何してたの!?」
幻「だっ。。て。。。うち。。電子。。ピア。。しか。。無。。ので。。。学。。校の。。どうしても。。弾きたく。。て。。。」
豆鉄砲「そこまでして弾かなくても……!!日中弾けばいいでしょう?」
幻「みんな。。弾いて。。て。。。入る。。隙。。。なく。。て。。。それで。。。」
豆鉄砲「はぁ………。ちゃんと弾かせてあげるから、こんな事は二度としないように!!」
幻「は、はい。。。それと。。先生。。。」
豆鉄砲「何ですか?」
幻「。。ついで。。図書。。室。。本。。返。。て。。きまし。。。」
豆鉄砲「あ……そう………(汗」
ころちゅ「ところ。。で。。幻さ。。どうし。。髪。。そんな。。風。。してるんで。。。?」
幻「これ。。は。。。暗。。闇に。。溶。。込む。。ためで。。。」
ころちゅ「そ、そうで。。。」
豆鉄砲「(やっぱり朝までいる気だったんだな………)」

140 ::02/04/10 17:02 ID:tEJSGG1Y
豆鉄砲「とにかく、今回だけは見逃してあげるから今すぐ帰りなさい。」
幻「は、はい。。。」
ころちゅ「(今。。回。。だけ。。って。。。幻さ。。は。。何度も。。こんな。。事。。やって。。と。。思。。。)」
幻「(今。。度。。は。。見つからな。。よう。。しなけれ。。ば。。。)」
豆鉄砲「玄関まで送っていくから、気を付けて帰って下さい。」
幻「は。。い。。。」
豆鉄砲先生ところちゅ先生は、幻を玄関前まで連れて行った。
豆鉄砲「寄り道せずに帰りましょう。人殺しもダメ。」
幻「はい。。わかってま。。。」
ころちゅ「お気を。。つけ。。て。。。」
幻は外の暗闇の中へ消えていった。

141 ::02/04/10 17:03 ID:tEJSGG1Y
豆鉄砲「まったく……まぼちゃんだったとは……」
ころちゅ「霊じゃ。。な。。て。。よかっ。。で。。ね。。。ま。。霊。。など。。いませ。。が。。。」
豆鉄砲「……………とにかく職員室に戻りましょうか。」
ころちゅ「見回。。は。。。?」
豆鉄砲「さっきまぼちゃんを連れて来た時に、もうしちゃったじゃん。」
ころちゅ「そ、そうで。。。」
豆鉄砲「ごめんね、霊なんていなかったね……」
ころちゅ「そう。。でしょ。。そうで。。しょ。。う。。。」
職員室に行こうとした時、また音がした。
ころちゅ「。。!?バレ。。ボー。。ル。。で。。かね。。。。?」
豆鉄砲「またまぼちゃんが戻ってきた!?」
ころちゅ「それは。。ない。。と。。思いま。。。カゴ。。から。。ボー。。ル。。落ちたん。。で。。しょ。。。」
豆鉄砲「だよ……ね………。戻してこようか……。」
ころちゅ「そうで。。ね。。。」
豆鉄砲「ころちゅ先生も……。」
ころちゅ「は。。はい。。。(やっぱ。。り。。怖。。のか。。。)」

142 :21世紀の名無しさん:02/04/10 20:46 ID:ou4QyidQ
http://ton.2ch.net/test/read.cgi/gline/1018386537/l50
<<FFドラクエ板>>に投票、よろしくパルプンテ!
http://ton.2ch.net/test/read.cgi/gline/1018386537/l50
<<FFドラクエ板>>に投票、よろしくパルプンテ!
http://ton.2ch.net/test/read.cgi/gline/1018386537/l50
<<FFドラクエ板>>に投票、よろしくパルプンテ!
http://ton.2ch.net/test/read.cgi/gline/1018386537/l50
<<FFドラクエ板>>に投票、よろしくパルプンテ!

143 :だいてん ◆t675LkGI:02/04/10 21:08 ID:7SFOdBAU
ハァハァ

144 :だいてん ◆eBATiceI:02/04/10 21:10 ID:7SFOdBAU
殺人鬼はまだですか!!!!!!!!

145 :まじんくん:02/04/10 21:15 ID:OAQVgyV.
どきどき!

146 ::02/04/10 22:39 ID:???
>>144
いや。。殺。。人。。まで。。は。。。

147 ::02/04/11 17:45 ID:tN/9oQns
豆鉄砲「誰か………いるのかっ……!?」
ころちゅ「。。豆。。鉄。。砲。。せんせ。。人。。なんて。。いませ。。よ。。。」
豆鉄砲「だ、だよね……」
ころちゅ「ボー。。ル。。探。。ましょ。。。」
豆鉄砲「でも、ボールが落ちたような後なんてないよ。カゴの近くに転がってないし……。」
ころちゅ「じゃ。。別。。の。。もので。。しょ。。か。。。?」
豆鉄砲「さぁ……?じゃ、戻ろうか……」
ころちゅ「そうで。。ね。。。」
二人は職員室へ向かった。
豆鉄砲「あれ?職員室がないけど……?」
ころちゅ「そんな。。バカ。。な。。。職。。員。。室。。は。。この。。辺で。。よ。。。」
豆鉄砲「そう、この辺だけど……」
ころちゅ「ほ。。ほら。。職員。。室。。って。。書い。。ありま。。。」
豆鉄砲「あ、本当だ。電気が消えてて気付かなかっ……って、どうして電気が消えてるるんですか!?」
ころちゅ「出。。時は。。ちゃん。。点いてまし。。よね。。。?」
豆鉄砲「誰かがまだ学校にいるって事!?」
ころちゅ「停。。電。。じゃ。。ないで。。か。。。?」
豆鉄砲「外を見て下さい。ちゃんと他は点いてるよ。」
ころちゅ「なんでしょ。。ね。。。?ブレーカ。。でも。。ない。。し。。。」
豆鉄砲「職員室に…誰か……いる……」
ころちゅ「え。。。?。。あ。。ほんとで。。ね。。。」 人が動き回っている気配がした。
豆鉄砲「どうしよう!?」
ころちゅ「え。。と。。。え。。と。。。。(汗」

148 ::02/04/11 18:04 ID:tN/9oQns
ユラコさ。。。
http://www1.kuwana.ne.jp/takai/count/count.cgi?mode=download;target=../sanydayserbice.ram
http://www1.kuwana.ne.jp/takai/count/count.cgi?mode=download;target=../sanydayserbice2.ram

好。。き。。。
http://www1.kuwana.ne.jp/takai/kojima-kekon.ram
http://columbia.jp/~dojima/ram/50440_2.ram

149 ::02/04/12 16:17 ID:GSl9grB2
ころちゅ「こ、こんな。。時は。。取。。敢え。。警察に。。連。。絡。。で。。。!」
豆鉄砲「人間じゃなかったら?猫とか………」
ころちゅ「あの。。音は。。人。。間で。。。。。」
豆鉄砲「校長かな………?」
ころちゅ「どう。。でしょ。。。?」
豆鉄砲「もう……電気、点けちゃおうか。じゃないと凶悪犯の場合、逃がしてしまう可能性があるから。」
ころちゅ「そうで。。ね。。。点。。ても。。いいで。。しょ。。う。。。」
豆鉄砲「じゃあ、点けるよ……(ドキドキ……)」
ころちゅ「は、はい。。。」
豆鉄砲先生は職員室の電気を点けた。そして、すぐに職員室に入った。
豆鉄砲「誰かいるんですかっ!?(ドキドキ)」
ころちゅ「。。。。。。。。。」
豆鉄砲「誰も……いない……………!?(汗」
ころちゅ「いえ。。。!確か。。誰か。。居ま。。。!!!」
豆鉄砲「どこに!?」
ころちゅ「そこ。。の。。机の。。下。。辺。。。人の。。気。。配が。。しま。。。」
豆鉄砲「机の下!?」 豆鉄砲先生はころちゅ先生の言う、机の下辺りを調べた。
ころちゅ「どう。。で。。。?」
豆鉄砲「あっっっ!!!!!!!」
ころちゅ「。。!!。。大。。天。。才。。さ。。。!!」
大天才「…………………………」

150 :はつ恋タマガワユラコ祝進級:02/04/12 23:34 ID:GPVZndKM
>>148
サニーデイ!青春狂走曲はいいですね!
小島嬢はすごく好きですよ。「はつ恋」はカラオケでたまに歌います。
堂島さんの曲は少ししか知りませんが「Remember」が好きです。

明日はいよいよくるりのライブです!楽しみ!!
私のおすすめ
http://www.tetsuya-takahashi.net/
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Arch/ES/NaoMatsuzaki/ESCB-1876/1/sound.ram

151 :「ユラコさん良かったですね」幻:02/04/13 08:51 ID:???
>>150
サニーデイは。。「東京」という。。アルバムが良。。。!!小島さんを歌うんですか?歌いづらくないですか!?(じゃ、じゃぁ。。小谷美紗子も。。歌って。。ほし。。で。。)
「Remember」も良いですが。。http://columbia.jp/~dojima/ram/50440_7.ram これ。。!!サビ。。以外の方が。。良。。んですが。。。これが入っているアルバム「すてきな世界」オススメで。。。

高橋徹也さん。。!しばらく。。見。。なかったです。。。(涙
「チャイナ・カフェ」がスペシャのパワープッシュに。。なってて。。「夜に生きるもの」買おうと思ってたけど。。買いませんでした。。。
こ。。この。。人も。。。(涙。  前。。TVでやってた。。ひきこもりの。。人も。。松。。崎。。ファンでした。。。

J-WAVE「アクロス・ザ・ビュー」ホフだった時。。「チャルメラ歌ってるのは雄飛君ですか?」と。。話題になった。。。11ケタの歌も作った。。
http://www.m-ax.com/cd/wmpm/nov-4_2000/bl0127.html
http://www.m-ax.com/database/artist/bl0127/disco.html  好きですか。。?

http://www.irc2.co.jp/ram/kougaitoshi.ram  かっこ。。えぇ。。(涙
http://columbia.jp/~charcoal/ram/50629_1.ram  おま。。け。。。

152 :「ユラコさん良かったですね」幻:02/04/13 08:54 ID:???
>>150
あ。。くるり。。。しっかり。。見てきて。。下さ。。。!!(岸。。田。。さん。。は。。良。。!!)

153 ::02/04/13 10:29 ID:JM85OMFc
豆鉄砲「こんな所で何してるの!?しかも、隠れるとは………」
大天才「道に……迷って………。じゃ。」
豆鉄砲「ちょっと待った。何か用でもあったのかい?」
大天才「ない。」
ころちゅ「は。。腹。。。減っ。。る。。とか。。。」
大天才「…………………………」
豆鉄砲「腹が減ったから来たのか?」
大天才「……………………うん。」
豆鉄砲「校長のくれるご飯だけじゃ足りないってか……。だったら何で隠れたりした?素直に言えばよかったのに。」
大天才「……………………………」
ころちゅ「。。。。。。。。!。。!。。。」 ころちゅ先生は何かを感じた。
豆鉄砲「おにぎりが一個余ってるから……」
ころちゅ「豆。。鉄。。砲。。せんせ。。。」
豆鉄砲「え?」
ころちゅ「ト。。トイ。。レ。。行っ。。きま。。。」
豆鉄砲「あ、どうぞ………」
ころちゅ「では。。。」 ころちゅ先生は、トイレに行くフリをして校長室へ向かった。

154 ::02/04/13 10:29 ID:JM85OMFc
ころちゅ「(大。。天。。才さ。。の。。事だか。。もしかし。。。!!)」 校長室へ入った。
ころちゅ「(や。。やぱー。。り。。。!!!)」
校長室が、少し荒れていた。明らかに誰かが荒らしたあとだった。
ころちゅ「(校。。長。。せんせ。。は。。いつ。。も。。キレイに。。して。。のに。。こうな。。はず。。な。。い。。。!!)」
ころちゅ「(で、でも。。私と。。豆鉄。。砲。。せんせ。。が。。いる。。って。。わかって。。はず。。なのに。。。ど。。して。。。?)」
ころちゅ先生は金庫に近づいた。
ころちゅ「(金。。庫には。。まだ。。触れ。。ないようで。。ね。。。)」
ころちゅ先生は、部屋をよく見た。すると、校長のイスから何かが出ていた。
ころちゅ「(これ。。は。。。!?。。針。。。!?)」 校長のイスから針が数本出ていたのだ。
ころちゅ「(。。!??ま。。まぼ。。。!?。。いや。。まさ。。か。。。でも。。。。。)」
ころちゅ先生は、試しに校長のイスに植木鉢を置いた。すると……その植木鉢めがけて、机の引き出しから包丁が数本飛び出してきたのである。
ころちゅ「(。。。!!!!!!!!!!!!)」 ころちゅ先生はびっくりした。
ころちゅ「(な。。何。。。!?。これ。。は。。。!?。。校。。長を。。殺そ。。と。。。!?)」
ころちゅ先生は考えた。。。。。

155 :おかえりなさいタマガワユラコ:02/04/13 22:50 ID:mQssb.C2
さっき帰ってきました!期待以上に良かったので感激しています。
「ばらの花」を聴いて泣きそうになりました。
アルバムを聴いてなかったので知らない曲もありちょっと後悔しましたが、人の波に飲み込まれながらもすごくいい位置で見れたので良かったです。
帰りに「ワールズエンド・スーパーノヴァ」のTシャツを買って家路を急ぎました。家に帰って着てみたら少し大きかったので洗って縮むのを願うしかないです。

156 :ボッカチオ略奪@だいてん:02/04/13 23:09 ID:9c7O4Fvg
殺人鬼か・・・

157 :ワンダーフォーゲルタマガワユラコ:02/04/13 23:21 ID:mQssb.C2
勢いでナンバーガールのチケット取ってしまいました。
前から行きたかったので凄く楽しみです。今から体力つけます。

158 ::02/04/14 02:56 ID:tSx0s7Ok
>>155
ばらの。。花。。。羨まし。。。(涙。。
良く。。て。。良かった。。です。。ね。。。(Tシャツ。。通。。販。。やる。。かな。。。)
>>156
疑われています。。。
>>157
勢いで。。です。。か。。。?。。ナン。。バガ。。は。。友達で。。行く。。って。。いう人が。。2人。。いまし。。。(こっちにも。。来。。ので。。。)

ポップ。。ジャ。。ム。。。見逃し。。。(泣
ゴーイ。。ン。。グ。。だった。。の。。に。。。。。

159 ::02/04/14 02:57 ID:tSx0s7Ok
ころちゅ「(いく。。ら。。まぼ。。さ。。でも。。校。。長を。。尊。。敬。。して。。し。。。殺そ。。とは。。思わな。。はず。。。大。。天。。才さ。。だっ。。て。。校。。長。。殺し。。ら。。自分。。が。。食べ。。のに。。苦。。労す。。はず。。。)」
ころちゅ先生は悩んだ。
ころちゅ「(でも。。大天。。才さ。。は。。自。。分の。。機嫌が。。悪。。と。。自分の。。立。。場。。より。。仕返。。し。。とか。。選ぶよ。。な。。人。。だし。。。)」
ころちゅ先生は思った。
ころちゅ「(取。。敢え。。。大天。。才さ。。を。。疑っ。。みましょ。。か。。ね。。。)」 そういう事に決定。職員室に戻った。
豆鉄砲「あ…遅かったね……」
ころちゅ「え、えぇ。。。大。。では。。ありませ。。が。。。ちょっ。。暗。。て。。足。。下。。が。。。」
豆鉄砲「そう。」
大天才はコンビニおにぎりを食べていた。
ころちゅ「豆。。鉄。。砲。。せん。。せ。。。ちょっ。。いいで。。か。。。?」
豆鉄砲「え………?」
ころちゅ「えっ。。と。。ほら。。保健。。室の。。ベッ。。ド。。直さな。。と。。。」 ころちゅ先生は理由を作った。
豆鉄砲「あ、そうだね。椎原先生に怒られるね。」
ころちゅ先生は豆鉄砲先生と保健室に行った。

160 :ボッカチオ略奪@だいてん:02/04/14 02:58 ID:???
Nowadays there's too much sex on television.

161 :ボッカチオ略奪@だいてん:02/04/14 03:00 ID:???
As a matter of fact, a friend of mine insisted that I join him. I just couldn’t shake him off and went to a bar to have a drink with him.

162 ::02/04/14 03:03 ID:tSx0s7Ok
>>160
。。。。。
>>161
訳。。せ。。。と。。。。。?

163 :ボッカチオ略奪@だいてん:02/04/14 03:19 ID:???
はい、お願いします。

164 ::02/04/14 03:27 ID:tSx0s7Ok
>>163
日本。。語の。。文。。章。。できませ。。。
何か。。を。。言い張っ。。。?。。加わ。。事。。が。。できなかっ。。。??
単。。語。。解っ。。てて。。も。。文。。章。。できな。。。

165 :豆鉄砲xp*`σ゚)ノ ◆MAME0Eg.:02/04/14 03:29 ID:5SD08.Lg
ワッハッハ!!

166 ::02/04/14 03:31 ID:tSx0s7Ok
Beg!!!!!!!

167 ::02/04/14 03:47 ID:tSx0s7Ok
http://www.konaka.com/alice6/graphics/imageboards/HumanChair.JPG
母さ。。ん。。宇宙。。人。。が。。いる。。よ。。。♪
父さ。。ん。。宇宙。。人。。が。。いる。。よ。。。(by...N。。G。。椅。。子。。)

168 :ボッカチオ略奪@だいてん:02/04/14 03:57 ID:???
160=近頃のテレビではSEXが氾濫しすぎている。(たぶん

170=いやー、悪友に誘われちゃって、バーで一杯やってきたんだ。

(たぶん

169 :椎原 ◆Pan2kZJM:02/04/14 06:06 ID:LmByFupI
保健室!
背徳で淫靡なエタノールな香が大脳を刺激してやまない!
パンパン!

170 :あなたに向かってタマガワユラコ:02/04/15 01:47 ID:6yNiOG4M
>>151
小島嬢の歌は高い声が出ない私には最適です。「セシルカットブルース」も意外にいけますよ。
小谷さんはあんまり曲知らないんですよね・・・。でも素敵な声してますよね。この前ラジオで流れてました。
そういえば昔カラオケで「葛飾ラプソディー」を歌ったら友人が爆笑してました。こち亀・・・。

「チャイナ・カフェ」知ってましたか!!!私もスペシャので初めて知ったんですよ。それからすぐハマリましたね。
悪いことは言いませんから「夜に生きるもの」は買いましょう!名盤です!その後の「ベッドタウン」も名盤ですので買いましょう!
タカテツさんを語りだすとと止まらなくなるので今日はここらへんで・・・・・。
松崎さんもスペシャのパワープッシュでハマリました。多感な高校時代に聴きまくってました。今でも泣けます。

アクロスは聴いてましたよ!懐かしいですね。対決のコーナーがありましたよね。11ケタの歌はよく歌ってました。

あとPitch talksは存じ上げませんでした。昔よりは眼力がなくなったので・・・・。

大事なものを忘れていました!大本命です。
http://www.scudelia.net/scudelia/

171 ::02/04/15 15:54 ID:Si9cVSlE
豆鉄砲「教えてくれて有難う………」
ころちゅ「私が。。呼ん。。のは。。他の。。理由が。。あっ。。て。。。」
豆鉄砲「え……?」
ころちゅ「大天。。才さ。。の。。事。。なんで。。が。。。」
豆鉄砲「どうかしたの?」
ころちゅ「校。。長。。室が。。荒らされ。。て。。たんで。。。」
豆鉄砲「本当!?大天才がやったの!?」
ころちゅ「はっ。。きりとは。。わかりませ。。が。。。私は。。そう。。思いま。。。」
豆鉄砲「そう…………?」
ころちゅ「さっ。。き。。ト。。イレ。。行。。フリ。。して。。校長。。室。。行ったんで。。が。。。イスに座。。と。。包。。丁が。。飛び出。。。」
豆鉄砲「それって、校長の命を狙ってるんじゃないの!?(汗」
ころちゅ「はい。。そう。。思っ。。んで。。が。。。」
豆鉄砲「大天才を疑うんだね。」
ころちゅ「は、はい。。大。。天。。才さ。。の。。性。。格。。から。。考。。たんで。。。」
豆鉄砲「校長に言うのが先かぁ……。」
ころちゅ「はい。。じゃ。。校。。長が。。来。。ら。。言いましょ。。。」
豆鉄砲「大天才には何も言わずに帰らせるよ。」
ころちゅ「はい。。そうし。。下さ。。。」

172 ::02/04/15 16:33 ID:BYiB2gR2
>>168
多。。分。。。。。
>>169
たまりません。。なぁ。。あの。。香。。り。。。
>>170
そうなんですか。。!?じゃ。。「先生のお気に入り」とかも。。。!。。小谷さんは。。良いですよ。。。(と。。色んな人にススメている。。)
葛飾ラプソディー。。終わって別の歌にかわった時、すごく。。嫌でした。。。(堂島さんの方で良かったのに。。。!!)
お。。!スペシャで。。ハマったんですか?しつこく。。流れてましたからねぇ。。。(声が。。内村さんっぽいと。。思っていた。。。)じゃ、安く売ってたら。。買います。。。
松崎さん。。は。。。リングで。。。。 アクロス。。対。。決。。?覚えてません。。。ラーメン刑事とか。。いうの。。やってましたが。。。(雄飛さんが。。)
スクーデリアですか。。。これも。。お友達が大好きなやつで。。でも。。私はAIRの方が好きです。。。http://www.pryaid.co.jp/realmedia/RTCR1001_td01.ram
ユラコさ。。なら。。知って。。かも。。。!!http://www.sonymusic.co.jp/Music/Arch/AR/AkiraYamamura/ARDJ-5077/ (♪どうしてあなたは優しくないの 「動物と子供には優しいよ」。。)←まさに。。ころちゅさ。。の。。歌。。。
この人は。。今。。どうしてるか。。わかります。。。?

173 ::02/04/15 16:47 ID:BYiB2gR2
http://www.hirosawatadashi.com/disco.html 気になる。。お人。。。
http://www1.kuwana.ne.jp/takai/count/count.cgi?mode=download;target=../takahashi.ram これ。。ですな。。。

174 :全裸隊 ◆99uyNUDE:02/04/15 22:04 ID:???
>>タマユラ
>>157(他)あたりの名前を見ていて思ったんだが
俺は学生時代、登山を旨とする部に所属していた

君もそうした活動を・・・・?

175 :大天才 ◆eBATiceI:02/04/15 23:21 ID:???
全裸で山に登るみたいですよ。タマユラさんも。

176 :全裸隊 ◆99uyNUDE:02/04/15 23:42 ID:zqDF5LJU
藪こぎの際は気を付けてもらいたいものだな

177 :女教師タマガワユラコ:02/04/16 00:11 ID:YLrnGz7g
>>174
ご、誤解ですよ!「ワンダーフォーゲル」は歌の題名です!!!

178 :タマガワユラコ如来:02/04/16 00:18 ID:???
>>172
AIRも好きですよ。2回くらい見に行きました。「heavenly」が一番好きです。
スパイラルライフがすごく好きだったんですよ。もう復活はしないんですかねぇ・・・。

山村さんがいまどうしているかはわかりません!ごめんなさい!

追伸 幻さんメッセやってますか?一度お話してみたいのですが・・・・・。

179 ::02/04/16 15:45 ID:RrI9L.e2
                             ・・・朝・・・
豆鉄砲「ガソシ校長、おはようございます。」
ガソシ校長「おはやー。」
豆鉄砲「校長室に入る前に言っておく事があるんですけど………」
ガソシ校長「ん?なに?」
ころちゅ「校。。長。。せんせ。。は。。誰かに。。恨まれ。。憎まれ。。とか。。は。。。?」
ガソシ校長「え?私が?」
ころちゅ「は、はい。。例。。ば。。本当。。身近。。に。。い。。人。。とか。。。」
ガソシ校長「そういう覚えはないですけど……」
豆鉄砲「この学校内とか。」
ガソシ校長「学校内………?誰が?」
ころちゅ「えっ。。と。。それ。。は。。。」
「キャーーーーーーーーッ!!!!!!」 突然、叫び声が聞こえた。
ころちゅ「。。。!?(汗」
ガソシ校長「な、何事っ!?」
豆鉄砲「行ってみましょう。」
三人は取り敢えず、叫び声のした方に行った。

180 :大天才 ◆eBATiceI:02/04/16 15:49 ID:???
ナンパしてる!!逆ナンだ!これは!!

181 ::02/04/16 15:50 ID:RrI9L.e2
>>175
怪。。我。。しそ。。う。。。
>>178
なるほど。。それも。。良。。ですな。。。スパイラル。。ライフ。。復活は。。無理そう。。な。。。

そ、そうですか。。。(ドブ。。ロー。。。)。。

お話。。は。。したいのですが。。。メッ。。セ。。やってませ。。。(「永遠の。。初心者。。幻。。。」)。。

182 ::02/04/16 15:52 ID:RrI9L.e2
>>180
うぅ。。ん。。。!?

183 ::02/04/16 16:05 ID:Ymr5YBI.
ころちゅ「ム。。ムラチゥさ。。。ど。。したんで。。。!?」
ムラチゥ「この……開かずの教室から音がするんです!!」
開かずの教室からは、確かにドンドンと音がしていた。
ころちゅ「(ビクッ!!!)」
豆鉄砲「幽霊!?動物!?怪物!?」
ガソシ校長「み、皆さん、落ち着いて……。大丈夫です、気にしないで下さい。」
ムラチゥ「校長先生、一体この教室には何がいるんですか!?」
ガソシ校長「人間の罪を入れておく部屋なんですよ。」
ころちゅ「人。。間。。の。。罪。。。?」
ガソシ校長「はい。悪い事をしようとした人間の罪がこの部屋で浄化されてるんですよ。」
ムラチゥ「…………………(絶対……生き物だ………)」
ガソシ校長「校長室の防犯カメラもそろそろキレイにしてあげないといけませんねぇ……」
豆鉄砲&ころちゅ「(防犯。。カメラ。。。!?)」
ムラチゥ「そんなのがあったんですか……。知らなかった。」
ガソシ校長「内緒ですよ。さぁ、行きなさい。」
ムラチゥ「はい。」 ムラチゥは教室へ行った。
豆鉄砲「あ、あのー……校長……?」
ガソシ校長「はい?」
豆鉄砲「大天才の……事なんですけど………」
ガソシ校長「…………………………」
ころちゅ「。。。。。(汗)」
豆鉄砲「先生……?まさか………」
ガソシ校長「…………………………」
豆鉄砲「せ……せん……せーーー……………!!!」
ガソシ校長「…………………………」
ころちゅ「。。。。。。。。。(恐」
                                 終わり

184 :大天才 ◆eBATiceI:02/04/16 16:19 ID:???
お、おい!!これじゃマジで殺人やろうとしてたみたいじゃないか!

185 ::02/04/16 16:24 ID:oDWEpdi6
                               「注意」
しゃぶぞー「椎・原・先・生!」 しゃぶぞーが保健室に来た。
椎原「ん?ズンズン」
しゃぶぞー「ほら、お約束の……」
椎原「おぉっ!!…ささ、どうぞ。パンパン」
しゃぶぞー「楽しみにしてたもんなぁ、椎原先生。」
椎原「だって、本当に持って来てくれるとは思ってなかったからさ……。ズンズン」
「待って、待って!仲間外れはいけませんよ!!」 なっしゃんが入ってきた。
しゃぶぞー「なっしゃん!」
椎原「バカっ、他の先生に見つかったら俺達が怒られるんだぞ!?パンパン」
なっしゃん「だって、しゃぶぞーさんと椎原先生ばっかりって…ずるすぎます。」
椎原「そういう問題じゃなくて……。ズンズン………」
しゃぶぞー「まぁ、ずっと語ってる訳じゃないし、いいじゃん。なっしゃんも好きなお年頃なんだから。」
なっしゃん「そうそう、お年頃、お年頃。」
椎原「じゃ……少しの間だけだぞ。パンパン」
なっしゃん「はいっ!(ワクワク。。)」

186 ::02/04/16 16:27 ID:oDWEpdi6
>>184
みたい。。ですね。。。

187 ::02/04/16 16:30 ID:oDWEpdi6
やば。。い。。。>>185の。。オチ。忘。。た。。。。。

188 :まじんくん:02/04/16 18:23 ID:8rv76g2c
思い出してください
>>185がどういう風に続くか楽しみですね

189 :なっしゃん ◆AIRw8Yvc:02/04/16 20:11 ID:???
期待age!!ハァハァエンドキボンヌ

190 :大天才 ◆eBATiceI:02/04/16 20:20 ID:???
少女でも監禁して、箱にでも入れたのかな・・・・

191 :全裸隊 ◆99uyNUDE:02/04/16 23:55 ID:dX5XtZH6
>>190
本当にそれをやっただろう
いや、今現在やってるな・・・

絶対に

192 :なっしゃん ◆AIRw8Yvc:02/04/17 00:25 ID:???
幼女監禁ぁぁぁぁぁああぁあぁああぁぁ

193 :大天才 ◆eBATiceI:02/04/17 00:38 ID:???
箱からたまに変な声が聞こえてたのですが
最近聞こえなくなってきて・・・
腐臭とかもするんで山にすててこようかと思います・・・

194 :21世紀の名無しさん:02/04/17 00:47 ID:oqJ4P6fc
<社会>エロゲーをまねて20歳女性を2週間監禁、21歳男を逮捕{4/16}(Part2)
http://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1018963325/

195 :21世紀の名無しさん:02/04/17 00:48 ID:oqJ4P6fc
ダイテンさんまさか!?

196 :大天才 ◆eBATiceI:02/04/17 00:53 ID:???
>>194
お、おい・・物騒な・・・
俺は箱なんかに入れないよ・・・
有効活用するよ・・・
なんてな

>>195
ち、違いますよ!!!
21歳男はあってますが!!!!!!

197 :大天才 ◆eBATiceI:02/04/17 00:53 ID:???
監禁: 20歳の女性を2週間閉じ込める 無職男を逮捕 北海道

 北海道道警捜査1課と江別署は16日、無職女性(20)に対する監禁容
疑で江別市大麻園町、無職、小林泰剛(やすよし)容疑者(21)を逮捕し
た。
 調べでは、小林容疑者は、昨年9月11日に札幌市内で声をかけて知り
合った女性を、解放する同月23日まで2週間近く、一人で住んでいた自
宅2階の一室に閉じ込めた疑い。自分が外出する時は外から施錠し、女
性が逃げられないようにしていた。食事は与えていたという。女性は解放
後、極度のストレス状態に陥っていたが、回復した今年1月、江別署に届
け出た。
 同署によると、調教ゲームと呼ばれるアダルト系パソコンゲームソフト
など30本以上を小林容疑者宅から押収した。女性は「監禁中、首輪をつ
けられるなどゲームと同じような待遇を受けた」と話しており、容疑者が
ゲームをまねて監禁したとみている。女性は「顔などを殴られた」とも話し
ており、傷害容疑でも小林容疑者を調べる。

198 :大天才 ◆eBATiceI:02/04/17 00:55 ID:???
いやしかし、奇遇だな・・・
年齢と性別と住んでる場所(北海道)が同じなんて・・・
エロゲーしねぇし・・・

199 :豆鉄砲xp*`σ゚)ノ:02/04/17 01:11 ID:3J6ZkFL6
実は獄中から繋いでたりしてな。

200 :大天才 ◆eBATiceI:02/04/17 01:12 ID:???
やめてください!!!
そんな!!

はぁ・・・明日の飯なんだろな

201 :豆鉄砲xp*`σ゚)ノ:02/04/17 01:14 ID:3J6ZkFL6
肉だったりしてな、人の・・・




                              ごまん

202 :21世紀の名無しさん:02/04/17 03:36 ID:CYBmzaMc
age

203 :椎原 ◆Pan2kZJM:02/04/17 04:42 ID:wyHVeOEo
たかだか30本程度をプレイしたくらいでエロゲー業界に迷惑かけるなよ、、、、
どーせ名作をプレイせず、クソゲーばかり犯ってただろうに、、、
俺なンぞ、MSX、PC88、PC98、WINを合わせりゃ小林とは桁違いな本数のエロゲーを所持しているが、まだ塀の外だってのにさ。。。
パンパン

204 :21世紀の名無しさん:02/04/17 04:48 ID:H5NlItDs

                        タリー
タリー      タリー
   (\_/)          タリー
   (  ´Д)    タリー              タリー
   /   つ  (\_/)   (\_/)ノ⌒ヽ、
  (_(__つ⊂(´Д`⊂⌒`つ(´Д` )_人__) ))

205 :しゃぶぞー ◆R4PorkUs:02/04/17 18:32 ID:???
約束はまもるです。

206 :なっしゃん ◆AIRw8Yvc:02/04/17 20:07 ID:???
監禁怖い。
世界史の教科書にギャルゲーが載ってって
「現実逃避の傾向がある」とか書いてあった。
ワラタ
作品名はわからないぽ。見たことないけどクオリティーがサターンっぽかった。

207 :匿名希望 ◆Opaiv2OY:02/04/19 22:07 ID:???
。。。(涙

208 :21世紀の名無しさん:02/04/21 15:49 ID:amtOWofk
age

209 :匿名希望 ◆Opaiv2OY:02/04/24 20:41 ID:???
|
|
|
|         トテテテテ・・・
|   ∧∧ 三
|  (゚Д゚ ) 二  ≡
|   ⊂⊂ ヽ 三 =  =
|   `@@ ー 二

210 :匿名希望 ◆Opaiv2OY:02/04/26 05:16 ID:???
|
|  サッ
|)彡
|
|
|

211 :匿名希望 ◆Opaiv2OY:02/04/28 15:27 ID:???
|
|、∧
|Д゚) ジー
⊂)
| /


212 :匿名希望 ◆Opaiv2OY:02/04/29 22:49 ID:???
|
|、∧ ま、まだかな。。
|Д゚) ジー
⊂)
| /


213 :匿名希望 ◆Opaiv2OY:02/05/03 19:53 ID:???
|
| ∧ ウトウト....
|Д-)
⊂) ね、ねむ。。
| /


214 :豆鉄砲xp*`σ゚)ノ ◆MAME0Eg.:02/05/04 11:54 ID:???
応援しよう。

215 :匿名希望 ◆Opaiv2OY:02/05/06 22:28 ID:???
|
| ∧ ハッ!?
|Д゚)
⊂) い、いつの間。。寝。。!?
| /


216 :匿名希望 ◆Opaiv2OY:02/05/08 20:35 ID:???
|
| ∧  シクシク...
|д┬;)
⊂)  うぅ。。
| /    ま、まだ。。


217 :豆鉄砲xp*`σ゚)ノ ◆MAME0Eg.:02/05/08 22:02 ID:???
まぼちゃんだって忙しいときもあるさ。

218 :  :02/05/10 00:51 ID:???
cXcCcC

219 :なっしゃん ◆AIRw8Yvc:02/05/10 01:01 ID:???
オレも加戦するぞ!

220 :大天才 i151109.ap.plala.or.jp ◆kHeNTAIA:02/05/10 11:24 ID:???
コノマエロビーにいたような
ころちゅか幻の区別があんまりわからんけどさ。。。

221 :匿名希望 ◆Opaiv2OY:02/05/13 17:44 ID:???
|
| ∧
|Д゚)まだか ゴルァ!!
⊂)
| /


222 ::02/05/14 18:56 ID:5R7A9x6U
。。。ま ぼ ろ し ふ っ か つ 。。。

長い間。。留守にしていまし。。。実は。。急に。。接続できなくなってしまい。。来たくても来れなかったんで。。。
でも。。今日。。やっ。。と。。。自力で。。接続しまし。。。!!(涙
忘れられて。。なければ。。いいので。。が。。。

お留守番。。して。。くれた。。ころちゅさ。。に。。感謝しま。。。(涙。。

223 :なっしゃん ◆AIRw8Yvc:02/05/14 19:03 ID:???
幻たんおかえり!!

224 ::02/05/14 19:14 ID:5R7A9x6U
た。。ただい。。ま。。。(涙

225 :お、おかえ。。(涙 ◆Opaiv2OY:02/05/14 19:19 ID:???
|
| ∧
|Д┬)じ、自。。力。。で!?
⊂)   り、立。。派。。なって。。ゴルァ!!
| /


226 ::02/05/14 19:23 ID:5R7A9x6U
>>225
は、はい。。。
結構。。単純な事でした。。変な所見つけ。。もしかし。。思って。。やってみ。。ら。。直せまし。。(涙

227 ::02/05/15 07:11 ID:CBAOPYoM
しゃぶぞー「実はこの前……」
なっしゃん「うん、うん。」
椎原「とうとう……やったか?実行したのか!?ズンズン!!!」
なっしゃん「えっ、何?何?何したの!?」
しゃぶぞー「実は……」 しゃぶぞーが言いかけたその時……
ユラコ「椎原先生、薬代を校長が……」
ユラコ(教育実習生)が保健室に入ってきた。
椎原「わっ、ユラコだ!何もしてなかたフリしろ。パンパン」
なっしゃん「そんな事言われても、俺達3人じゃ…怪しまれるに決まってます…(汗」
ユラコ「椎原先生?誰かベッドに寝てるんですか?」
椎原「いや、ちょっと俺一人でシーツを替えてただけだ。ズンズン」 椎原先生がカーテンの陰から出てきた。
ユラコ「そうですか……?」
その時………「グ…ゴ〜〜…〜〜…ッ!!!」
椎原「!?」
ユラコ「何の音!?」
椎原「さ、さぁ……虫か何かじゃないか?パンパン…(汗。。」
なっしゃん「(ど、どうしよう…お腹鳴っちゃったよ……)」
しゃぶぞー「(バカっ……!!)」
ユラコ「誰かいるんじゃないですか!?何か怪しいなぁ……」 ユラコはベッドのカーテンを開けようとした。
椎原「あぁぁぁっ……!!ズンズン!」

228 :椎原 ◆Pan2kZJM:02/05/15 07:38 ID:0/t2duGg
復活の祝砲を高らかに!
パンパン! (リロード) パンパン!

229 :ディアスマソ:02/05/15 08:45 ID:bPGsVnZk
復帰おめでと。これからもがんばってね。

がんばらなくてもいいけどね。

230 :21世紀の名無しさん:02/05/15 13:51 ID:???
>229
どっちだよ!

231 :タマガワユラコ:02/05/15 16:05 ID:???
復活おめでとうございます!また素敵なお話楽しみにしています。
月曜にナンバーガールのライブに行ってきましたよ!まだ耳鳴りが・・・。

232 :大天才 ◆kHeNTAIA:02/05/15 16:15 ID:6XoDCH1.
部屋にずっといると耳鳴りがします。
そういえば、リアルポストペットやったことありますか?
面白いですよ。

233 :なっしゃん ◆AIRw8Yvc:02/05/15 16:25 ID:???
ポストペットやるまでホストペットだと思ってました

234 :99:02/05/15 16:25 ID:J/DxV7Go

-------風俗の総合商社・MTTどこでも-------

〇デリバリーヘルス〇デートクラブ〇女性専用ホストクラブ〇
〇ハードSM奴隷クラブ〇レズビアン倶楽部〇ホモ・オカマ倶楽部
〇変態痴女と遊ぶ会〇痴漢・覗き趣味の会〇変態同好会・各種!
●楽しく遊べます! 090-8002-8356番
-----------美男・美女会員など多数在籍中-----------
  http://www.mttdocomo.jp/
-----女性アルバイト随時募集・高収入(日払い)月100万円可能-----
-----レズビアン・スタッフ●ホモスタッフ●女性専用ホストスタッフ同募-----
http://www.mttdocomo.jp/
------------------------------------------------

235 :タマガワユラコ:02/05/15 16:40 ID:???
リアルポストペットは多分旧たまゆら掲示板トップ画像に

236 :大天才 ◆kHeNTAIA:02/05/15 17:54 ID:6XoDCH1.
http://comboy.cool.ne.jp/romanesque/work/realpet2/main.html

これなんだけどさ。バーボーには見せた。

237 :大天才 ◆kHeNTAIA:02/05/15 17:56 ID:6XoDCH1.
見てると凄く切なくなります。ああぁ・・・

238 :大天才 ◆kHeNTAIA:02/05/15 18:16 ID:6XoDCH1.
http://comboy.cool.ne.jp/romanesque/work/realpet2/photo/oyatu05_00009.jpg

お茶漬けを食べる
リアルペット

239 ::02/05/15 18:41 ID:WMV6d2zw
>>228
椎原先生。。。!!ズンズン。。(涙
>>229
有難うございます。。なるべく。。頑張りま。。。
>>230
幸せでありますように。。。
>>231
有難う。。ございます。。。
ナンバガ。。行きましたか。。。(やっぱ。。耳鳴り。。か。。)お大事に。。
あっ。。友達から。。くるりの。。わーるど。。いず。。まいん。。借りまし。。ちょっと癒される感じの。。音もありました。。。
>>232
霊による。。圧。。迫。。。
>>233
高。。級。。。
>>238
。。。あぁ。。ぁ。。。

240 ::02/05/15 19:15 ID:tEd5V5Sg
ユラコ「あっ!!!」 カーテンを開けたユラコ。
見ると、ベッドにはなっしゃんが寝ていた。横には心配そうになっしゃんの手を握るしゃぶぞーがいた。
ユラコ「どっ、どうしたんですか…!?」
椎原「………………!?パンパン……(汗」
なっしゃん「ハァハァ………」
しゃぶぞー「なっしゃんの具合が悪くなって……心配で、付き添ってきたんですよ。」
ユラコ「そうですか?しゃぶぞーさんが…なっしゃんの心配を……?」
椎原「そうそう、そうなんだよ!ズンズン」
ユラコ「でもさっき、誰もいないって言ってたじゃないですか。」
椎原「多分、目に入ってなかったからだと……。パンパン……」
ユラコ「嘘なんでしょう!?あなた達3人が一緒にいるって言ったら絶対……」
椎原・しゃぶぞー「…………………(汗」
なっしゃん「ハァハァ……ハァ……ハァ………」 まだ演技を続けているなっしゃん。

241 :なっしゃん ◆AIRw8Yvc:02/05/15 19:18 ID:???
あそこが痛いんです(´Д`)ハァハァ

242 ::02/05/15 19:30 ID:qw//HGcM
ユラコ「やっぱり……。あぁ、呆れた……」
椎原「頼む、校長や他の奴には言わないでくれ!!ズンズン!!」
ユラコ「言わなくても皆さんわかってますけどね……」
なっしゃん「ゆらこしぇんしぇ〜、お・ね・が・い。ボクはかわいいせいとでしょ?がぉがぉ。」
ユラコ「可愛くしたって無駄です(汗」
椎原「金なら払うから……。パンパン」
ユラコ「そういうんじゃなく、教育者が学校でそんな話をしますか!?それもロリ……。しかも生徒まで巻き込むなんて……!!」
なっしゃん「いいえ、ボクはしあわせでちゅぅ。」 まだ赤ちゃん言葉のなっしゃん。
ユラコ「なっしゃん、黙りなさい……」
しゃぶぞー「そうだ!!ユラコ先生!!」
椎原「!?」
しゃぶぞー「ユラコ先生も聞く?俺の話。実際の話。」
ユラコ「……?まさか、犯罪に近い事じゃ………」
しゃぶぞー「まぁ……それはわかんないけど……」
ユラコ「………………」
しゃぶぞー「実はね、この前…小1くらいの女の子に……」
ユラコ「(ドキッ!!)……えぇっ!?」

243 :なっしゃん ◆AIRw8Yvc:02/05/15 21:16 ID:???
えっ!!

しかしメール欄確認してるとは流石ですね。

244 :大天才 ◆kHeNTAIA:02/05/15 21:19 ID:???
流石だ・・・・・

245 ::02/05/16 18:50 ID:SdTNYiog
>>243
。。。ニヤリ。
>>244
ほどほどに。。。

246 ::02/05/16 19:02 ID:vVGvQlEE
なっしゃん「ハァハァ……それで、それで?」
しゃぶぞー「聞かせたいんだけど……ユラコ先生がダメだって言ってるから言えない。」
ユラコ「……っ…………」
なっしゃん「ねぇ、ゆらこせんせぇ〜、ききたいよぅ〜」
ユラコ「あのねぇ、しゃぶぞーさんがした事は犯罪かもしれないんですよ!?」
椎原「……(幼女…監…禁……ハァハァ……)ズンズン……」
しゃぶぞー「さぁ、どーかな?聞かないとわからないですよ。でも、聞きたくないんですよねぇ…?」
ユラコ「当然ですっ……(汗」
椎原「だったらとっとと行ってくれ。パンパン」
ユラコ「なっしゃんは一緒に来なさいね。」
なっしゃん「えっ、やぁだぁ〜〜!!ぼくもここにいるぅ〜!!!(泣」
ユラコ「だぁめ!!」
しゃぶぞー「ユラコせんせ、聞きたいんでしょ?一緒に聞けば?」
ユラコ「バカな事言わないで下さい!!!」
                          ・・・数分後・・・
しゃぶぞー「でさ、その子のスカートが……」
椎原「うん、うん。パンパン」
なっしゃん「ハァハァ…………」
ユラコ「やだぁ〜。…で、その後どうしたの!?早く言って!!」
しゃぶぞー「ユラコ先生、焦るなって!」
                                 終わり

幻{イ。。マ。。イ。。チ。。。

247 :21世紀の名無しさん:02/05/16 19:33 ID:???
もうすぐ888!!このスレで 888か900をゲットした方は一曲のど自慢をしていただきます
歌に自信のある方は参加して888か900をゲットして大いに歌ってください
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/comic/1019919627/           

248 ::02/05/18 09:42 ID:P6J.5Eck
良く晴れた日…大天才はいつものように、草取りをしていた。
大天才「あ〜、やってらんねぇ……お!?」 何かを見つけた。
大天才「ヒヒヒヒヒ...」
毛虫だった。大天才は毛虫を手に取ると(軍手はしている)、持っているビニール袋の中に毛虫を入れた。
大天才「(誰を狙おうかな……。それとも…毛虫をいじめてやろうかな……)」 やっぱり考える事は決まっていた。
大天才が歩いていると、てちゅが学校に給食を持ってきたところだった。
大天才「(決〜ま〜り………)…ニヤ……」
てちゅ「あ、だいてん!頑張ってる?」 てちゅは大天才を見ると、言った。
大天才「頑張ってますって!」
てちゅ「ならいいけど……。今日の給食も楽しみにしてろよ。」
大天才「はい。給食運ぶの手伝います。」
てちゅ「えっ…あ、有難う……。なんか、妙に優しくて気持ち悪い……」
大天才「これが俺です。」
てちゅ「…………………(汗」

249 ::02/05/20 22:32 ID:???
。。チッ、友達に見られた。。。よくも見やがったな。。。

250 ::02/05/23 10:04 ID:a0.wGq2U
二人は給食を運び終わった。
てちゅ「だいてん、ありがとう。」
大天才「いえいえ、これくらい……(ニヤ」
てちゅ「その、手に持ってる袋……何?」
大天才「あぁ、これ?見たいですか?」
てちゅ「うん。見せやがれ。」
大天才「ヒヒヒヒヒ……お好きにどうぞ。」 大天才はてちゅに袋を渡した。
てちゅ「どれどれ………」 てちゅは袋を開けた。
大天才「どうですか?(ニヤニヤ」
てちゅ「…………………………」
大天才「そんなに嬉しいですか?」 大天才はわざとらしく聞いた。
てちゅ「ありがとう。大事に飼うよ。育ったら蛾の和え物作ってやるから。」
大天才「え………あ…そうですか…どうも…すいません……」
                                 終わ。。

251 :匿名希望 ◆Opaiv2OY:02/05/26 11:20 ID:???
|
|,,∧
|゜3゜ミつ 保。。守。。カキ。。コ。。

252 ::02/05/27 04:06 ID:clc/3imA
ころちゅ「あ。。あれ。。。?」
豆鉄砲「どうかしたんですか?」
ころちゅ「えっ。。だって。。最近。。校。。長。。せんせ。。が。。いないじゃないで。。か。。。」
豆鉄砲「そう?」
ころちゅ「そう?。。も。。何も。。居な。。でしょ。。!?どこ。。行ったんで。。。?」
豆鉄砲「………………………」
ころちゅ「。。。!?」 豆鉄砲先生が答えようとしないので、ころちゅ先生は生徒に聞いてみる事にした。
ころちゅ「あ。。あの。。。」
まじんくん「あっ、ころちゅ先生。何ですか?」
ころちゅ「校長。。せんせ。。は。。どこに。。行ったんで。。。?」
まじんくん「私もわからないんですよ。最近、全然見ないし……先生が一番わかってるんじゃないんですか?」
ころちゅ「え。。いや。。。(まさか。。私だけ。。仲間外。。に。。。!?)」
まじんくん「何かわかったら教えて下さい。」
ころちゅ「は、はい。。。(汗」
ころちゅ「(先生方は。。何かを。。隠し。。る。。!?。。あっ、そうだ。。。)」
ころちゅ先生は保健室へ行った。
椎原「お、どうした?ズンズン」
ころちゅ「椎原せんせ。。は。。校長がどこに行って。。か。。ご存じで。。。?」
椎原「校長?そー言われりゃ居ないな。パンパン」
ころちゅ「何も聞い。。ないんで。。。?」
椎原「俺は聞いた覚えなんてないぞ。旅行にでも行ってるとか……?ズンズン」
ころちゅ「そ、そうで。。私だけじゃ。。なかったんで。。(じゃ。。豆鉄砲先生。。だけが。。何かを知っ。。る。。。!?)」

253 ::02/05/27 04:16 ID:clc/3imA
ころちゅ「校長せんせ。。が。。居なくて。。気にならないんで。。。!?」
椎原「別に……。俺はエロゲーやれて幸せに暮らせてるし、校長も校長で幸せに暮らしてるだろ。パンパン」
ころちゅ「。。。。。。。そん。。な。。。(涙」
ころちゅ先生は保健室から出た。
なっしゃん「ころちゅ先生!」 なっしゃんの元気な声が聞こえた。
ころちゅ「あ。。はい。。。」
なっしゃん「最近校長見ないけど、どうしたの?」
ころちゅ「それは。。私も調査。。中。。で。。。」
なっしゃん「ころちゅ先生も知らないの!?変なの〜。」
ころちゅ「椎原せんせ。。も。。知らな。。ようで。。。」
なっしゃん「ふ〜ん……何か秘密の事でもあるのかな……?」
ころちゅ「で、でもっ。。豆鉄砲せんせ。。が。。なん。。か。。怪し。。んで。。よね。。。」
なっしゃん「何か知ってるって事?」
ころちゅ「は、はい。。。」
なっしゃん「じゃ、ころちゅ先生が何か聞き出してきてね。」
ころちゅ「えっ。。。!?そん。。な。。。(涙」
なっしゃん「応援してますよ。」
ころちゅ「。。。。。。。。。(涙」

254 :なっしゃん ◆AIRw8Yvc:02/05/27 04:18 ID:???
復活おめっ!!

255 ::02/05/27 04:21 ID:clc/3imA
>>251>>254
すいません。。。(涙

256 ::02/05/27 04:33 ID:clc/3imA
ころちゅ「こう。。ちょ。。どこ。。へ。。。(涙」 ころちゅ先生は屋上で校長の事を考えていた。
ころちゅ「あれ。。そこに居。。のは。。。!!」
幻「。。。!!!」 屋上にはもう一人。。酒鬼薔薇聖斗へのファンレターを書いている幻が居た。
ころちゅ「また。。そうい。。もの。。書い。。て。。DQNめ ゴルァ!!」
幻「人。。の。。勝手。。だろ。。が。。ゴルァ!!」
ころちゅ「。。。。。ま、まぁ。。そんな事よりも。。心配な事が。。あるんで。。。」
幻「。。わかりまし。。校長で。。ね。。。?」
ころちゅ「そ、そうで。。。!最近。。居な。。し。。他の先生方も知らな。。って。。言。。し。。。」
幻「。。。。。。。(涙」
ころちゅ「でも。。豆鉄砲せんせ。。が。。何かを知って。。ようなんで。。。」
幻「ま、まさ。。誘。。拐。。。!?」
ころちゅ「ま、まさ。。か。。。(汗」
幻「ガソシ校。。長。。が。。姿を見せな。。なってから。。私は。。心配で。。心配で。。。(涙」
ころちゅ「さっき。。なっしゃ。。から。。詳しい調査を。。頼まれまし。。。」
幻「そ、そうで。。頑張っ。。下さ。。。」
ころちゅ「協。。力。。。しな。。のか。。ゴルァ!!(涙」

257 ::02/05/27 04:45 ID:clc/3imA
ころちゅ先生は、てちゅに聞いてみる事にした。どうしてもガソシ校長の行方が知りたかった。
ころちゅ「てちゅ。。さ。。。」
給食を持ってきたてちゅに話しかけるころちゅ。
てちゅ「はい……なんでしょう?」
ころちゅ「ガソシ校長の事なんで。。が。。。」
てちゅ「そうそう。元気ですか?この頃ガソっちゃんに顔出してないからどうしてるか気になってて……」
ころちゅ「え。。。てちゅさ。。も。。知らないんで。。。!?」
てちゅ「………?何がですか?」
ころちゅ「いま。。ガソシ校。。長の行方が。。わからないんで。。けど。。。」
てちゅ「行方がわからない!?どういう事ですか?」
ころちゅ「もう。。何週間も。。学校に来てないんで。。。」
てちゅ「おいら……そんなの知らなかった。てっきり、いつも通り毎日学校に来てるのかと……」
ころちゅ「じゃ。。知らないんで。。ね。。?何も。。。」
てちゅ「知りません。誰も知らないんですか?」
ころちゅ「いや。。いるかも。。しれませ。。。」
ころちゅ先生は豆鉄砲先生のいる所へ向かった。。。

258 :豆鉄砲xp*`σ゚)ノ ◆MAME0Eg.:02/05/27 07:49 ID:???
まぼちゃんに恐怖した月曜の朝・・・(´Д`)y-~~

259 ::02/05/27 13:34 ID:uhkxMPEc
>>258
酒。。鬼。。薔。。薇。。で。。。?
☆私の。。憧れの。。人です。。。☆。。友達になりた。。。

260 ::02/05/27 13:43 ID:uhkxMPEc
ころちゅ「豆鉄砲。。せんせ。。数学の事について。。聞きたい事があるんで。。が。。。」
豆鉄砲「はいはい、何ですか?」
ころちゅ「その前に。。校。。長の。。事。。を。。。」
豆鉄砲「…………………」 豆鉄砲先生は、また黙り込んでしまった。
ころちゅ「豆。。鉄。。砲。。先生。。。ど。。して。。校長の話。。にな。。と。。無視するんで。。。!?」
豆鉄砲「言えない………」
ころちゅ「言えない。。って。。どういう事で。。?校長から。。言わ。。たんで。。?」
豆鉄砲「………………………」
ころちゅ「あ。。あの。。バター。。は。。。?」
豆鉄砲「あいつは……今……おしおき…中…だよ………」
ころちゅ「何か。。悪。。事。。でも。。。?」
豆鉄砲「そう……悪い事をしたから…おしおきなんですよ………」 豆鉄砲先生の目は、どこか遠くを見ていた。
ころちゅ「バター。。何。。した。。んで。。。?」
豆鉄砲「……………!!!!」 豆鉄砲先生は恐ろしいほどに鋭い目で、ころちゅ先生を睨んだ。
ころちゅ「ご、ごま。。なさ。。つい。。気になっ。。しまっ。。もの。。で。。。」
豆鉄砲「まぁ…バターとは当分会えないだろうね……」
ころちゅ「。。。。。。。。。。。。。(汗」
「バターの事と校長失踪は絶対に関係がある。。」。。と。。ころちゅ先生は感じた。。
ころちゅ「おし。。おき。。って。。どんな。。おしおき。。で。。?」
豆鉄砲「ころちゅ先生には関係ないでしょう。」
ころちゅ「で、でも。。私だっ。。て。。バターを。。可愛がっ。。てたんで。。から。。教え。。くれ。。くらい。。。」
豆鉄砲「…………わかりました。ではちょっとついてきて下さい。」
ころちゅ「は、はい。。。」
ころちゅ先生は豆鉄砲先生についていった。

261 ::02/05/27 14:02 ID:nWafTMwM
ころちゅ「どこ。。行くんで。。。?」
豆鉄砲「罪を浄化させる部屋です……。」
ころちゅ「えっ。。でも。。そこ。。は。。。!!」
豆鉄砲「大丈夫、大丈夫。バターを殺したりはしないから……」
ころちゅ「。。。。。。。。。(恐」
豆鉄砲「着いたよ。」
ころちゅ「でも。。校長せんせ。。の。。許可は。。。?」
豆鉄砲「校長は……こんな風に使う事を望んでると思うよ。」
ころちゅ「。。。。。。。!?。。あ、あの。。意味が。。よく。。わからないんで。。が。。。」
豆鉄砲「バターはね……大変な罪を犯したんだ。」
ころちゅ「罪。。。!?。。どんな。。悪。。事。。したんで。。。?」
豆鉄砲「今にわかるさ………」 豆鉄砲先生の目つきは、また鋭くなっていた。
ころちゅ「。。。。。。。。。。。」
豆鉄砲「さ、入って。」
豆鉄砲先生に言われるまま、ころちゅ先生は「罪を浄化させる部屋」に入った。

262 ::02/05/27 14:17 ID:nmbYx6Wc
ころちゅ「バタ。。ー。。バターは。。どこで。。。?」
豆鉄砲「そこだよ………」
豆鉄砲先生が暗がりを指さした。
ころちゅ「。。。。。。。!」
ころちゅ先生はバターを見つけた。バターは柱に縛り付けられていた。
ころちゅ「ひ、ひど。。。!!。。これは。。動。。物。。虐。。待。。で。。。!!!」
豆鉄砲「虐待じゃありません。悪い事をした、当然の罰です。」
ころちゅ「校。。長。。せんせ。。は。。こんな事。。望みませ。。。!!」
豆鉄砲「そうかな?だって、こいつが校長を……あっ……」
ころちゅ「やっぱ。。り。。やっぱり。。バターが。。校長に何か。。したんで。。ね。。。」
豆鉄砲「……………………………」
ころちゅ「で、でも。。バターが。。校長に。。何をできま。。。?何があった。。か。。教え。。下さ。。。」
豆鉄砲「………………」 豆鉄砲先生は何も喋らない。
ころちゅ「と、とにか。。。バターを。。解放しま。。。」 ころちゅ先生はバターに近づいた。
豆鉄砲「無駄だよ……」
豆鉄砲先生がそう言った瞬間、ころちゅ先生ははね返された。
ころちゅ「。。。!?。。これ。。は。。一。。体。。。」
豆鉄砲「それだけバターの罪が重いって事。俺達は近づけないんですよ。」
ころちゅ「で、でも。。バターが。。苦しんでま。。。」
豆鉄砲「何度言ったらわかるんですか。これが罪の罰なんです。」
ころちゅ「で、でも。。。」
豆鉄砲「この罰から逃れるには……校長の許しがないといけないんです。」
ころちゅ「えっ。。。。。!!」

263 :タマガワユラコ:02/05/27 15:24 ID:???
幻さんへ

http://members.tripod.co.jp/tamagawayurako/hakuaihaku.jpg

おみやげです。

264 :豆鉄砲xp*`σ゚)ノ ◆MAME0Eg.:02/05/27 23:38 ID:???
ド鋭でぇ!!

265 ::02/05/28 03:01 ID:0hs7Pdrc
>>263
これ。。は。。。中村さんの。。マークですか。。。?。。ありが。。ございま。。では。。私からも。。。
アルバム。。良かっ。。で。。。
http://www.vap.co.jp/records/realaudio/ram/egison.ram
http://www.vap.co.jp/records/realaudio/ram/rakugaki.ram
やっぱ。。り。。好き。。です。。わ。。。
http://columbia.jp/~dojima/qt/DA-1056.html

266 ::02/05/28 03:24 ID:0hs7Pdrc
豆鉄砲「校長しか……バターを解放する事はできない。」
ころちゅ「じ、じゃあ。。早。。校長せんせ。。を。。呼ばな。。と。。。!!」
豆鉄砲「呼べればいいんだけど………」
ころちゅ「どういう事で。。。?」
豆鉄砲「バターが………校長を消した……………」
ころちゅ「消した。。って。。どうやって。。。!?」
豆鉄砲「校長は罪を浄化させるだけでなく、重い罪を背負った者を追放する空間まで作っていた。それができたんだけど……」
ころちゅ「追。。放。。。!?。。で。。。?」
豆鉄砲「その歪んだ空間に……あの犬が校長を突き落としたんだ。」
ころちゅ「まさ。。か。。。バターが。。そんな事。。するはずな。。。」
豆鉄砲「俺は見た。その場所にたまたま居たんです。バターを捜してたらこの部屋に来て……」
ころちゅ「そんな。。。バター。。本。。当。。。!?」 ころちゅ先生はバターに聞いた。
バター「わ……わざとじゃ……ない…ワン………」 バターは苦しそうに言った。
ころちゅ「だ、だったら。。。豆鉄。。砲。。先生。。どうにも。。ならないんで。。。!?」
豆鉄砲「ならないね………」
ころちゅ「バターに近づけな。。のは。。。校長が。。バターを許してな。。からで。。。?」
豆鉄砲「いや、関係ないよ。校長が許してるとしても、校長が居ないからどうしようもないだけなんだ。」
ころちゅ「じゃ。。校長は。。今。。どこ。。に。。。。!?その空間に。。追放され。。と。。どこに行くんで。。。?」
豆鉄砲「それは俺もわからない。行ってみなきゃね。ほら、そこで渦巻いてる空間。」
ころちゅ「真っ。。暗。。。」
豆鉄砲「誰だって入る勇気なんてないですよ。」

267 ::02/05/28 15:07 ID:7hku2FVQ
ころちゅ「。。。。。。。。。。。。。」
豆鉄砲「そうだ………!!バターに校長を連れ戻してきてもらおう……!!」
ころちゅ「で、でも。。バターは動けな。。。」
豆鉄砲「自力で縄をほどけばいい。」
ころちゅ「そん。。な。。。」
豆鉄砲「ほらバター、お前が悪いんだ。早く縄をほどいて校長を助けてこい!!」
ころちゅ「ちょっ。。かわいそ。。で。。よ。。。」
バター「ボクの話も……聞いてほしいワン…………」
豆鉄砲「わかった。じゃあ、校長にどんな恨みがあったか話してもらおうか。」
ころちゅ「豆鉄砲せんせ。。。(汗」
バター「ボク……道に落ちてるアメリカンドッグを食べたんだワン……」
豆鉄砲「俺が毎日エサをやってるのに!?」
バター「ごめんなさいだワン……おいしそうだったから………」
豆鉄砲「いやしい犬だな………」
ころちゅ「豆鉄。。砲せんせ。。。キツすぎま。。。」
豆鉄砲「だって……………」
バター「そしたら…後ろに人の気配がして……振り返ったら…大天才が居たんだワン………」
ころちゅ&豆鉄砲「!?大。。天。。才。。。!?」
バター「大天才は……それは俺のアメリカンドッグだったんだ…って言って……怒ったんだワン……」
ころちゅ「そっ、それ。。で。。。?」
バター「ボクは…謝ったのに……大天才は脅迫してきて………」

268 ::02/05/28 15:21 ID:7hku2FVQ
                    再現↓
大天才「誰のものか確認もせずに食べたのか……」
バター「ご、ごめんなさいだワン…………」
大天才「ごめんなさいで済む問題じゃねーだろ?ん?」
バター「新しいの……買って返すワン………」
大天才「新しいのじゃダメなの。俺のアメリカンドッグは、ここに落ちてたやつなの。」
バター「…………………………………」
大天才「あ〜あ……豆鉄砲先生は悲しむだろうねぇ〜……」 大天才がニヤリと笑った。
バター「…………………………豆鉄砲には言わないで…ほしいワン………」
大天才「どうしようかな〜……あっ、そうだ…!」
バター「……………?」
大天才「お前、校長が今、罪を浄化させる部屋で新しいものを作ってるの知ってるか?」
バター「し、知らないワン………」
大天才「ふぅ〜ん……。じゃあいいか、俺の言う通りに動け。いいな?」
バター「……わかったワン………」
大天才はバターを「罪を浄化させる部屋」に連れて行った。部屋を覗くと、校長が罪人を追放する空間を研究中だった。
バター「あ…あれは……何だワン!?」
大天才「お前は知らなくていいの。」
バター「……ボク………何をしたらいいんだワン?」
大天才「簡単、簡単。校長をあの空間に突き落とせばいいんだ。」
バター「だって…あの空間は、見るからに危なそうだワン………」
大天才「イチイチ気にするな。とにかく俺の言う通りに動いてりゃいいんだよ。」
バター「……………………………………」
大天才「ホラ、行け。」 大天才はバターの尻をおした。
バターは部屋に入っていった。校長は驚いた。
ガソシ校長「バター!!この部屋には入っちゃいけませんよ。バター!?」
バター「校長、ごめんなさいだワン!!」 バターは校長に体当たりした。
ガソシ校長「あぁぁぁぁぁぁ……!!!!!」 ガソシ校長は闇の渦に呑まれていった。
バター「校長……?校長!!!」 返事はなかった。
大天才「……よし、よくやった………(ニヤリ」

269 :正大師・大天才 ◆kHeNTAIA:02/05/28 16:08 ID:???
愉快だな

270 :豆鉄砲xp*`σ゚)ノ ◆MAME0Eg.:02/05/28 17:16 ID:TcAgRR2Q
この野郎〜!!よくもバターを!!!!

271 ::02/05/29 00:11 ID:U1LiGIik
バター「……という訳なんだワン……………」
ころちゅ「それ。。じゃ。。バターは。。悪くな。。じゃ。。ないで。。か。。。!!」
豆鉄砲「でも、バターは悪い事だとわかっててやった。」
バター「だって……………」
豆鉄砲「俺に言えばいいものを………」
バター「ごめんなさいだワン………」 バターは下を向いた。
ころちゅ「取り敢え。。大天才さ。。を。。連れ。。きましょ。。か。。。?」
豆鉄砲「俺が連れてきます。」
豆鉄砲先生は大天才を捜しに行った。大天才は校庭のベンチでくつろいでいた。
豆鉄砲「やぁ、大天才。」
大天才「あぁ、どーもー。」
………と、豆鉄砲先生は突然大天才の首にロープを巻き付けた。
大天才「ぐっ……ぐぇっ……………」
豆鉄砲「殺しはしない。ちょっと来てもらうだけだから。」
豆鉄砲先生は、大天才をそのまま「罪を浄化させる部屋」に連れて行った。
ころちゅ「あ。。豆鉄。。砲。。せんせ。。。えっ。。ロー。。プ。。。!?」
豆鉄砲「平気、平気。…さてと………」 豆鉄砲先生は大天才の首からロープを外した。
大天才「貴様等、何のつもりだ!!!」 真っ赤な顔をして怒る大天才。
豆鉄砲「お前こそ、よくもバターと校長を………」
大天才「くっ…くそ犬、言いやがったな………!?」
バター「…………………………」
大天才「ただじゃ済まさねぇぞ、ゴルァ!!!!!」
豆鉄砲「お前のした事が一番悪いと俺は思うけど……」
ころちゅ「落ちた。。アメリカ。。ドッ。。グ。。ごときで。。バターを。。脅迫し。。校長に。。ひど。。事。。して。。。(怒」
大天才「うっせぇ、俺の苦しみが貴様等にわかるか!!!!!」
豆鉄砲「…にしても、その大人げない行動を俺は許せない。さぁ、この闇に入って校長を助け出してきてもらおうか。」
大天才「バッ、バカ言うなよ!!生きて帰って来れないかもしれな……」
ころちゅ「校。。長。。せんせ。。は。。。そこに。。いるんで。。。!(怒涙」
豆鉄砲「覚悟はいいな………?」 豆鉄砲先生は大天才に近づいていった。

272 ::02/05/30 02:10 ID:/98Tb1YQ
大天才「おいっ、やめろ!!!!!やめろって!!!!!!!!」
大天才が叫ぶのにもかかわらず、豆鉄砲先生は闇の渦に大天才を突き落とした。
大天才「ぎゃぁぁぁぁ…………!!!!!」 大天才は消えた。
ころちゅ「。。。。。。。。。。(汗」 ころちゅ先生はゾッとした。
豆鉄砲「これでいいでしょう。」
ころちゅ「でも。。これで。。大天才さ。。も。。戻らなかっ。。ら。。豆鉄。。砲。。せんせ。。まで。。。!!!」
豆鉄砲「校長を助けるためにした事だから大丈夫じゃないの?」
ころちゅ「そ、そうでしょ。。か。。。?(汗」
バター「ロープが…ほどけていくワン………」
ころちゅ「えっ。。。。。」
バターを見ると、バターの体は自由になっていた。
豆鉄砲「どうして大天才を落としただけで……!?」
ころちゅ「豆鉄砲せんせ。。。!!見て下さ。。。!!!!!」
豆鉄砲「ん…………?……あっ、校長!!!!!」
横を見ると、ガソシ校長が居た!!
ころちゅ「こうちょ。。せんせ。。。ご。。無。。事。。で。。。!?(涙」
ガソシ校長「ころちゅ先生……。私の心配を………?」
ころちゅ「えぇ。。それは。。もう。。。皆さんも。。心。。配。。してま。。。」
ガソシ校長「すいません……。確か私はあの闇に落とされて…………」
バター「校長、本当にごめんなさいだワン。大天才に脅迫されてやってしまったんだワン。」
ガソシ校長「やっぱりそうですか……変だと思ったら…………」

273 :21世紀の名無しさん:02/05/30 02:11 ID:/98Tb1YQ
豆鉄砲「校長、これはどういう事ですか?校長を連れ戻してきてもらおうと大天才を闇に落としたら、入れ替わりに校長が……」
ガソシ校長「まだ研究中でしたから、一人ずつしか入れないんです。だから私が出れたんでしょう。」
ころちゅ「せん。。せ。。。苦しく。。なかっ。。で。。。?どんな。。所なんで。。。?」
ガソシ校長「とても恐ろしい所ですよ。」
ころちゅ「えっ。。じゃ。。校。。長。。は。。どう。。やっ。。て。。。」
ガソシ校長「ころちゅ先生、私のあの事を知っていますね?」
ころちゅ「あの。。事。。。?」
豆鉄砲「あぁ、もう一つの人格!!」
ころちゅ「な、なるほ。。。そ。。いえ。。ば。。ジキ。。ルと。。ハイ。。ド。。。」
ガソシ校長「そうです。そのもう一つの人格が私を身の危険から守ってくれてたんです。」
豆鉄砲「じゃあ、闇の空間にいる時の記憶は……」
ガソシ校長「全くと言っていいほどありませんよ。」
豆鉄砲「校長は校長の知らない間に戦っていたという事かぁ……。もう一人の校長、強いんですね。」
ガソシ校長「はい……。」

274 ::02/06/02 17:18 ID:b0XKjlvE
バター「先生……大天才…は……?」
ガソシ校長「………………………」
ころちゅ「なん。。で。。黙。。んで。。。?(汗」
ガソシ校長「はたして…生き抜けるでしょうか………」
豆鉄砲「どういう事ですか?」
ガソシ校長「普通の人間なら…生き抜けないでしょうね……」
ころちゅ「そ、そん。。な。。危。。険。。な。。。!?」
ガソシ校長「……………………」
豆鉄砲「これって…殺人になるのかな……」
ころちゅ「でも。。校長。。せんせ。。なら。。助け。。事が。。可能なんで。。よね。。。?」
ガソシ校長「でも……研究途中で人間が入り込んだので……できないんですよ。代わりに他の人間が入らないと……」
豆鉄砲「そんな人いません。」
ころちゅ「じゃ。。大。。天。。才さ。。は。。。!?」
豆鉄砲「あいつなら自力で帰ってこれるでしょう。」
ころちゅ「そ。。な。。無。。茶。。苦。。茶。。な。。。」
ガソシ校長「ころちゅ先生、私も大天才さんは大丈夫だと思いますよ。」
ころちゅ「え。。。。。」
ガソシ校長「大天才さんの根性はもの凄いですから……」
豆鉄砲「そうそう。しかも、復讐に燃えてたらどんな所からでもはい上がってくるよ。」
ころちゅ「。。で、でも。。。。。。。。」
ガソシ校長「大丈夫、大丈夫。」
・・・2日後・・・
大天才「てめぇら、許さねぇぞ ゴルァ!!!!!!!!!!!!」
豆鉄砲「ほら、かえってきた。」
ころちゅ「す、すご。。。。。!!!」
ガソシ校長「オカエリナサイ。」
終わり

275 :ヾ(´Д`)ノ ◆5LToraXc:02/06/02 17:25 ID:???
ヾ(´Д`)ノ久しぶり〜なっしゃんだお〜

276 ::02/06/02 17:39 ID:b0XKjlvE
>>275
お久。。ぶり。。で。。。(涙

名前。。は。。「なっしゃん」。。で。。い。。のか。。な。。。

277 :ヾ(´Д`)ノ ◆5LToraXc:02/06/02 17:40 ID:???
ヾ(´Д`)ノなっしゃんでいいよー

278 ::02/06/02 17:55 ID:b0XKjlvE
>>277
了。。解。。。「ヾ(´Д`)ノなっしゃん」。。と。。いう事で。。。

279 :ヾ(´Д`)ノ ◆5LToraXc:02/06/02 18:02 ID:???
ヾ(´Д`)ノワッホーイ

280 ::02/06/04 21:17 ID:s9/fdDWg
                       「先輩」
ヾ(´Д`)ノなっしゃん「わからない事は先輩に何でも聞いて、頼りなさい。勉強以外。」
まじんくん「はい、なっしゃん先輩。」
ムラチゥ「じゃあ先輩、宇宙を創ったのは誰ですか?」
ヾ(´Д`)ノなっしゃん「(;´Д`)…え……………」
                         終わり

281 :いかりや:02/06/04 21:29 ID:???
次逝ってみよー

282 ::02/06/04 22:25 ID:gh7L9ejw
               「ロリ本があったよ」
冷えギコ「椎原先生、これは何ですかっ!?」
椎原「え、何だ?ズンズン」
冷えギコは薬棚の裏から一冊の本を取りだした。
冷えギコ「先生でしょう!?だってタイトルが、ロリいじめ………」
椎原「おぉっ!俺にくれっ!!パンパン!!」
冷えギコ「そうやって自分のじゃないフリして……」
椎原「俺のじゃない。くそっ、どうして早く気付かなかったんだ……。ズンズン」
冷えギコ「まぁどっちにしろ、この本は捨てます。(・∀・)フフフ」
椎原「………(チッ、冷えギコめ……………)」
冷えギコ「(……(・∀・)フフフ、いいもの見つけちゃった。後でゆっくり読もう。)」
                     終わり

283 ::02/06/04 22:43 ID:9Cn21JAs
                「今日の保健の授業」
冷えギコ「今日の保健は、男女一緒です。今日は男性の体について。」
まじんくん「ひぇ〜…なんか嫌だな〜……」
ムラチゥ「嫌がる女子の姿を見て喜ぶ男子…。」
駅前花嫁「先生、そんなのは小学校で習ったし、知ってますよ。」
冷えギコ「知らない人だっているんですよ。それにね、今日はちゃんとした授業にしようと思って……」
そう言うと冷えギコは教室から出ていった。
駅前花嫁「……………?」
まじんくん「どこに行ったんだろう?」
ムラチゥ「さぁ……?」
冷えギコは何かを抱えて戻ってきた。
冷えギコ「さぁ、これを使って勉強しましょう。皆さん、じっくり観察して〜。」
まじんくん「せっ、先生!!!それは全裸隊先生ですけど……」
男子「先生…女子の体の方が……ハァハァ……」
冷えギコが抱えてきたのは全裸隊先生だった。
冷えギコ「はい、それが何か?(・∀・)」
まじんくん「……………………」
全裸隊「やめろーーーっ!!」
                     終わり

284 :21世紀の名無しさん:02/06/05 10:44 ID:7pNr1S.A
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
昔のエロ番組・レオタード・スーパージョッキー・ギルガメ等のレアキャプチャが見れる究極サイト!!!
http://www4.gateway.ne.jp/~ugp62353/index.html
昔のエロ番組・レオタード・スーパージョッキー・ギルガメ等のレアキャプチャが見れる究極サイト!!!
http://www4.gateway.ne.jp/~ugp62353/index.html
昔のエロ番組・レオタード・スーパージョッキー・ギルガメ等のレアキャプチャが見れる究極サイト!!!
http://www4.gateway.ne.jp/~ugp62353/index.html
昔のエロ番組・レオタード・スーパージョッキー・ギルガメ等のレアキャプチャが見れる究極サイト!!!
http://www4.gateway.ne.jp/~ugp62353/index.html
昔のエロ番組・レオタード・スーパージョッキー・ギルガメ等のレアキャプチャが見れる究極サイト!!!
http://www4.gateway.ne.jp/~ugp62353/index.html
昔のエロ番組・レオタード・スーパージョッキー・ギルガメ等のレアキャプチャが見れる究極サイト!!!
http://www4.gateway.ne.jp/~ugp62353/index.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

285 :ヾ(´Д`)ノ ◆5LToraXc:02/06/05 20:47 ID:udE02.pA
ヾ(´Д`)ノイイ!!

286 ::02/06/06 00:55 ID:/DiWRsww
                   「執着」
ヾ(´Д`)ノなっしゃん「お願いしますよ〜。」
ディアスマイン「ダメだ。絶対にダメ。」
ヾ(´Д`)ノなっしゃん「いいじゃないですか、車の運転くらい。どうせ来年取ってもいいんだし……」
ディアスマイン「お前は前に事故を起こしただろ!?よく懲りないな。それに、俺が怒られるんだよ。」
ヾ(´Д`)ノなっしゃん「…わかったよ……。もう言わない。」
ディアスマイン「うむ。なっしゃんは素直でいいな。」
ヾ(´Д`)ノなっしゃん「じゃ、見るだけ見せて下さい。」
ディアスマイン「どうぞ、お好きに。」
ヾ(´Д`)ノなっしゃん「わ〜い。」
  ・・・と、ディアスマインが目を離した隙に・・・
ヾ(´Д`)ノなっしゃん「すぐ返すから〜!!」
ディアスマイン「あっ、あいつ…!!よくもまぁ、平気であんな嘘を………!!(怒」
              次の日、また新聞に・・・

                 終わり

287 :匿名希望 ◆Opaiv2OY:02/06/11 06:59 ID:???
|
|,,∧
|-=・=-3ミつ 保。。守。。カキ。。コ。。(ニヤリ

288 :豆鉄砲xp*`σ゚)ノ ◆MAME0Eg.:02/06/14 18:03 ID:???
(´ー`)y-~~

289 ::02/06/16 09:47 ID:???
>>287>>288
....................ハッ!

290 ::02/06/16 13:44 ID:3H.TmYRw
           「バレンタインデー」
まじんくん「なっしゃん先輩、これ……」
ヾ(´Д`)ノなっしゃん「えっ、俺に……!?」
まじんくん「はい。」
ヾ(´Д`)ノなっしゃん「まじんくんが俺の事好きだったなんて知らなかったよ…!」
まじんくん「いえ、いつもお世話になってるから何となくです。」
ヾ(´Д`)ノなっしゃん「あ…そう………有難う………(涙」

冷えギコ「ムラチゥタンは誰にあげるのかな?」
ムラチゥ「フフフフフフフ.............」
冷えギコ「?」
ムラチゥ「決まってるじゃないですか。」
冷えギコ「あ、てちゅさんね。」
ムラチゥ「勿論!それに、チョコのお返しにてちゅさん手作りのお菓子がもらえるかも…なので……ハァハア…(キラキラ」
冷えギコ「本当!?じゃあ、私もてちゅさんにやろうかな……」
ムラチゥ「ダメ!!てちゅさんは私の物なんだから!!」
冷えギコ「そ、そこまで……」
ムラチゥ「冷えギコ先生は、あの可哀相なロリコン先生にあげて下さいね♪」
冷えギコ「やだぁ……何も返ってこなさそうだもん………」

ガソシ校長「バレンタインデー…いいですねぇ……。この日だけの甘い香りがいいですね(´ー` )」
豆鉄砲「校長はバレンタインを禁止しないんですね。」
ガソシ校長「禁止にする必要なんてないでしょう。こういう事は楽しくさせますよ。」
豆鉄砲「なるほどねぇ………」
ガソシ校長「豆鉄砲先生はもらったんですか?それか、もう決まった人からもらうとか?」
豆鉄砲「いえいえ、違いますよ。…そんな人………(涙」

291 ::02/06/16 14:09 ID:3H.TmYRw
ガソシ校長「あっ、でも…ほら……」
豆鉄砲「え?」
ユラコ「豆鉄砲先生、チョコです。」
豆鉄砲「もらってもいいの!?」
ユラコ「どうぞ。」
豆鉄砲「有難うございます!!(涙」
ユラコ「いえいえ……。はい、校長先生も。」
ガソシ校長「私にもくれるんですか?有難うございます。」
豆鉄砲「ギリでも…嬉しいもんですねぇ………(涙」
ガソシ校長「はい…大事に食べましょうね。」

ころちゅ先生はネットでニュース記事を見ていた。
ころちゅ「(あ。。そ。。か。。今日は。。バレ。。ン。。タイ。。ン。。か。。。ふー。。ん。。別に。。私には。。関。。係。。無。。だけ。。ど。。。)」
ころちゅ先生は教本を取り出すために、自分のデスクの引き出しを開けた。
ころちゅ「。。ん。。。。。!?」
何か見慣れない物が入っていた。
ころちゅ「(何。。だ。。これ。。。?)」 ころちゅ先生はそれを取り出してみた。
ころちゅ「。。。。。。!?」
それは、真っ白なリボンで包まれた真っ黒い箱だった。
ころちゅ「(。。。。チョ。。コ。。。!?。。に。。しても。。この。。色。。は。。一。。体。。。)」
ころちゅ先生は開けようかどうか迷った。
ころちゅ「(まさ。。か。。この箱。。が。。チョ。。コ。。じゃ。。な。。よなぁ。。。)」
色々見ていると、リボンに一枚の小さい紙が付いていた。
ころちゅ「(なに。。なに。。。?)」
  「ヒヒヒヒヒ。。」 紙には、これしか書いていなかった。
ころちゅ「。。。。。。。。。。。。。」 ピン。。と。。きた。
ころちゅ「(まぼ。。だな。。ゴルァ!!。。中。。身は。。毒か。。?。。人。。肉。。か。。。!?)」 

292 :ヾ(´Д`)ノ ◆5LToraXc:02/06/16 22:03 ID:???
ボキは犯罪者〜さっき普通のHPのBBSにカキコしたら怒られた〜
「管理人さんに迷惑が掛かる可能性があるので発言の削除をお願いします>なっしゃん」
14歳でエロゲー買うのがそんなにいけないことなのかよぅ〜ヽ(`Д´)ノヒィー

293 :ヾ(´Д`)ノ ◆5LToraXc:02/06/16 22:11 ID:???
>>292
前言撤回です。悪いのはオレです。すみません。調子に乗りました。
これからは20と偽って生きていきます。

294 ::02/06/17 17:05 ID:???
>>292
ふむ。。。
>>293
そう。。そう。。立。。派に。。なって。。。(涙

295 ::02/06/17 17:58 ID:BCZUWCDY
ころちゅ「(バレな。。よ。。に。。捨てよ。。かな。。。どうせ。。ろくでもな。。物。。だろ。。し。。。)」
ころちゅ先生は、それを開けずにゴミ箱に捨てた。
ユラコ「ころちゅ先生。」
ころちゅ「はっ、はい。。。?(汗」 もう少しで見られるところだった。
ユラコ「ハッピーバレンタイン♪どうぞ。」 ころちゅ先生にチョコを渡すユラコ。
ころちゅ「え。。これ。。私に。。で。。。!?」
ユラコ「えぇ、もらって下さい。」
ころちゅ「ありが。。ございま。。。(涙」
ユラコ「いえいえ………。」
ころちゅ「(お、おねえさ。。?。。まぁ。。とにか。。素。。敵。。な。。女性から。。ギリ。。でも。。チョ。。コ。。が。。もらえたんで。。。!!頑。。張。。れ。。ころ。。ちゅ。。自信。。を。。持。。て。。。!!)。。涙」

ユラコ「椎原先生もどうぞ。」
椎原「何だ?ズンズン」
ユラコ「チョコですよ。今日はバレンタインですから。」
椎原「お、そうだったか……?パンパン」
ユラコ「私は幼女じゃないですけど……よかったらもらって下さい。」
椎原「でも…俺の気持ちは幼女にしか………ズンズン」
ユラコ「やだなぁ、ギリですよ〜。」
椎原「そ、そうか……勘違いした………。パンパン」
ユラコ「ふふ………」 ユラコは別の人へ行った。
冷えギコ「椎原先生……」
椎原「ん?ズンズン」
冷えギコ「チョコ、受け取って下さい。」
椎原「お前もか?パンパン」
冷えギコ「ま、まぁ……」
椎原「これ…手作りじゃないか!?ズンズン」
冷えギコ「はい、先生のために作ったんですよ。」
椎原「悪いが、俺は幼女からしかもらわない事にしてるんでな。パンパン」
冷えギコ「はぁ……!?じゃ、それは?」 ユラコのチョコを指さした。
椎原「これはギリだ。俺は幼女にしか興味がない。だから、本当の気持ちがこもっているものだからこそ受け取れないんだ。わかるよな?ズンズン」

296 :にょ:02/06/17 17:59 ID:SXckL3d6
男性の精子の乾いたような嫌なにおい。

297 ::02/06/17 18:12 ID:BCZUWCDY
>>296
♪蛍。。の。。ひ。。か。。り。。。
 窓。。の。。ゆ。。き。。。

へへ。。へへ。。へ。。。(眠。。狂。。中。。

298 :しゃぶぞー ◆R4PorkUs:02/06/17 18:29 ID:QDJhsCtI
バレンタインか・・・・・・

ふっ・・・

299 :ヾ(´Д`)ノ ◆5LToraXc:02/06/17 18:30 ID:ygS.8mp6
オレには関係のないイベントNo,1だな・・・   

300 :しゃぶぞー ◆R4PorkUs:02/06/17 20:13 ID:QDJhsCtI
300

301 :りんご ◆RINGOybg:02/06/17 21:42 ID:dgcH6iCI
>>299
来年送ってあげるよーー
それまでここにいたらね

302 :ヾ(´Д`)ノ ◆5LToraXc:02/06/17 21:45 ID:fY.R.WjA
ま、マジッスか姉さん!!
そういえばオカルト板っていつ頃からいます?
今思えば時折りんごという固定さんを見た記憶があるんですが・・・ 

303 :りんご ◆RINGOybg:02/06/17 22:04 ID:dgcH6iCI
4月まんなかすぎですー
地域板の心霊スポットとウンコのだけよ

304 :ヾ(´Д`)ノ ◆5LToraXc:02/06/17 23:34 ID:D4Sd/tZQ
じゃあ違う人だったかもねん  

305 :匿名希望 ◆Opaiv2OY:02/06/23 09:26 ID:???

保。。守。。カ。。キコ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

306 :(=-ω-)y-~~ ◆Opaiv2OY:02/06/26 21:01 ID:???
。。。

307 :(=-ω-)y-~~ ◆Opaiv2OY:02/06/29 06:56 ID:???
フッ...

308 :豆鉄砲RR*`σ゚)y-~~:02/06/30 13:09 ID:???
手伝うよ(´ー`)y-~~

309 :\(○`ε´○) ◆Opaiv2OY:02/07/02 06:51 ID:???
>>308
ガムバリマショウ!! \(○`ε´○)

310 :豆鉄砲xp*`σ゚)ノ:02/07/02 10:01 ID:???
しかし君達ってば仲いいのね(´ー`)y-~~

311 :ニヤリ∀-=・=-) ◆Opaiv2OY:02/07/07 07:12 ID:???
>>310
幻。。=。。ころ。。ち。。ゅ。。の。。
自。。作。。自。。演。。かも。。よ。。ニヤリ∀-=・=-)

312 :○o。.(-。-)y-~~~ ◆Opaiv2OY:02/07/12 17:19 ID:???
まぁ。。。の。。ん。。び。。り。。逝。。ま。。しょう。。

313 :ウワァァァァァン!! ヽ(`Д´)ノ ◆Opaiv2OY:02/07/15 05:46 ID:???
ろ。。びー。。じゅ。。にん。。が。。やっ。。き。。しま。。ま。。たよ、とう。。さ。。

314 :豆鉄砲xp*`σ゚)ノ:02/07/16 08:51 ID:???
早めに保守しないと落ちちゃうよ

315 :(´ー` )なっしゃん ◆..EE0O.. :02/07/16 16:24 ID:cCwvhTkH
保守  

316 : ◆Opaiv2OY :02/07/20 17:21 ID:???
幻。。ついに。。

      タイ━━━━||Φ|(|゚|∀|゚|)|Φ||━━━━ホ!!!!?

317 :(´ー` )なっしゃん ◆..EE0O.. :02/07/21 12:52 ID:???
えむえくーすかっ!?

318 :ニヤリ∀-=・=-) ◆Opaiv2OY :02/07/24 19:32 ID:???
>>317
誤。。報。。で。。た。。

319 :(;゚∀゚)=3 ハァハァ… ◆Opaiv2OY :02/07/28 21:42 ID:???

(;´д`)ハァハァ...

320 :(´ー` )なっしゃん ◆..EE0O.. :02/08/01 11:10 ID:???
ほ。。。守。。。。

321 :ばらの。。 ◆Opaiv2OY :02/08/03 18:35 ID:???

つぼ。。み。。。ガクッ...

322 :( ̄ー ̄)なっしゃん ◆..EE0O.. :02/08/09 11:58 ID:???
あなた。。。は。。。

323 :。。。 ◆Opaiv2OY :02/08/10 08:27 ID:???

ケー●。。

324 :(((( ;゚Д゚)))なっしゃん ◆..EE0O.. :02/08/10 15:54 ID:???
ケー。。。?

325 :。。。 ◆Opaiv2OY :02/08/13 18:19 ID:???
>>324
http://www.google.co.jp/search?q=Citizen+Kane+Rosebud&ie=UTF-8&oe=UTF-8&hl=ja&lr=

326 :(・∀・)なっしゃん ◆..EE0O.. :02/08/15 03:12 ID:???
英語読めない・・・   

327 :(;´Д`)なっしゃん ◆..EE0O.. :02/08/18 01:54 ID:???
幻たん。。。。

328 :(-_-)...... ◆Opaiv2OY :02/08/19 02:13 ID:???
>>326
http://www.google.co.jp/search?q=%E5%B8%82%E6%B0%91%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%B3+%E3%83%90%E3%83%A9%E3%81%AE%E3%81%A4%E3%81%BC%E3%81%BF&ie=UTF-8&oe=UTF-8&hl=ja&lr=

>>327
。。。(涙

329 :人生板女帝ちゃむ:02/08/20 20:12 ID:VW+vROx6
>730
ある意味お似合いなのかもな。割れ鍋に綴じ蓋って奴ですか。












330 :人生板女帝ちゃむ:02/08/20 20:16 ID:G3cn+1jV
ますかき、ナンカてれてるなあ・と思ったらそだったのかー・ワラwr

ナニ構えテンの?ばーか。。ばーっか。。。
安心しろ。。リードしてやるよ・ワラwr  でも今はアッタク25見てるから。。














331 :人生板女帝ちゃむ:02/08/20 20:21 ID:z/5IEfzk
連続投稿、2重カキコ規制でアゲもできない。。。












332 :人生板女帝ちゃむ:02/08/20 20:24 ID:G3cn+1jV
荒らし→規制→不便 のループ。。。

これわ 苦労してもカキコしる人間 をセレクトしる2ch流の
手段なのでそうか。。。アアυウザイ・












333 :人生相談帝國構成員:02/08/20 20:27 ID:vV1MdnFo
ん?
荒らしが英文のみになったな。
くまに反応したのか?






ivxrudqjbvklwgeytfczrusqnkmyxnnmxoerbdgfjpcufedlxsmguranwtnqqimgtlokwuoegoyylcrpypfaebroxheaxabdyhwsudlwuxvqkwrrdbvsgicwerzyyczfghfqhetqcbfvjgjxwjlspbyttwyjtldzzfpqddwinnryrnbwrkkajistjbakrdlvdxsldolfquwyldzfmfeehbttxxhxgevvzcyedwoiwsqf(ぷぷ

334 :人生板女帝ちゃむ:02/08/20 20:35 ID:z/5IEfzk
ばぎなという名前は女性器の名称の一つ。
正式名称はヴァギナ。
ちなみにオナニーはすごく痛そうなので入れたことない。
えんぴつは使ったことあるけど。










335 :○o。.(-。-)y-~~~ ◆Opaiv2OY :02/08/24 22:07 ID:???

  ∧_∧ フゥ...
  (〃゚Д゚) < お茶。。でも。。飲。。なが。。マターリ...
  (つ旦と) 
〜O ,,,,,, つ

336 :     :02/08/27 16:39 ID:8B7k7ofJ
http://kanaharap.tripod.co.jp/happy.html
    出会いの掲示板 

337 :。。。 ◆Opaiv2OY :02/09/01 03:06 ID:???
。。。(-_-)

338 ::02/09/04 15:43 ID:upX/dRke
>>311
ゴルァ!!。。絶対に違います。

幻。。一時。。復。。活。。。!!!!!(10分で100円のところ。。涙)
皆様。。本当。。ありが。。ございま。。。!!!!!(号泣
あぁ。。早く物語。。書きた。。い。。。(涙

339 ::02/09/04 15:44 ID:upX/dRke
あ。。そうそう。。私。。接続。。できな。。なってしまったんで。。。(暗

340 :ディアスマシン:02/09/04 15:51 ID:rrmII/+A
マボチャン\(´ー`)/ヒサシブリ

341 ::02/09/04 15:51 ID:upX/dRke
>>340
お久しぶりで。。(涙!

342 ::02/09/04 15:52 ID:upX/dRke
せんせ。。まだ帰ってないのかな。。。

343 :ディアスマシン:02/09/04 16:12 ID:rrmII/+A
先生ここんとこずっと来ませんねぇ。

ニュー速+より、花電車捕獲
http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/sougou/020904ke73590.html

344 :ヽのζζζζζζζζζζ( ゚д゚)なっしゃん ◆..EE0O.. :02/09/04 18:32 ID:sJisl0vS
まぼちゃん!!!!!!!!

345 :ウワァァァァァン!!ヽ(`Д´)ノ ◆Opaiv2OY :02/09/04 20:28 ID:???
>>338
ご、ごま。。なさ。。!!(涙

346 :(-_-)...... ◆Opaiv2OY :02/09/10 19:58 ID:???
。。。

347 :21世紀の名無しさん:02/09/11 21:42 ID:???
hosyu

348 :(┬_┬)...... ◆Opaiv2OY :02/09/17 05:37 ID:???
。。。(涙

349 ::02/09/21 07:20 ID:BjdTFiCp
>>343
。。。(涙

某ホテルから。。。

350 ::02/09/21 07:45 ID:BjdTFiCp
>>344
いつの間にか。。名前が。。

>>345
。。。。。。ゴルァ!!

>>347
ありが。。ございま。。。(涙

じゃぁ。。また。。いつか。。。

351 :ヽのζζζζζζζζζζ( ゚д゚)なっしゃん ◆..EE0O.. :02/09/21 17:42 ID:L7S/vQi1
まぼたん!!

352 :匿名希望:02/09/27 00:34 ID:???
ハァハァ...保。。守。。(涙

353 :匿名希望:02/09/29 16:59 ID:???
再。。保。。守。。ハァハァ...

354 :てす。。 ◆k0Opaiv2OY :02/10/04 00:44 ID:???
と。。

355 :ん? ◆k0Opaiv2OY :02/10/04 00:45 ID:???
k0。。??

356 :(o゚▽゚)oなっしゃん ◆U8..EE0O.. :02/10/04 19:38 ID:???
保守

357 :(o-=・=-▽-=・=-)o ◆k0Opaiv2OY :02/10/10 03:16 ID:???
パ。。ク。。り。。つつ。。保。。守(ニヤリ

358 : ◆k0Opaiv2OY :02/10/17 06:40 ID:???

総。。長。。下。。記。。子。。

359 : ◆k0Opaiv2OY :02/10/23 23:08 ID:???
ほちゅ

360 : ◆k0Opaiv2OY :02/10/28 21:13 ID:???


361 :( ゚д゚)。oO(なっしゃん) ◆U8..EE0O.. :02/10/29 18:09 ID:???
まぼたん早く帰っておいで・・・

362 : ◆k0Opaiv2OY :02/10/29 19:48 ID:???
>>361
パソ。。コ。。を。。修。。理。。出して。。る。。とか。。言っ。。てた。。ので。。
来。。月。。くらい。。には。。戻っ。。く。。かと。。(涙

363 : ◆k0Opaiv2OY :02/11/03 08:18 ID:???
3。。連。。休。。保。。守。。

364 : ◆k0Opaiv2OY :02/11/06 17:33 ID:???
ほ。。ぜん。。

365 :丹ξζ £:02/11/09 20:39 ID:???
保守。

366 :(´ー` )なっしゃん ◆SEGApSaId. :02/11/14 17:34 ID:???
早く帰っておいでまぼたん・・

367 ::02/11/15 17:41 ID:oDW6kg5C
>>362
へへ。。へ。。いつだよ。。。(涙
あ、そろそろウサ殺しまし。。?(ニヤリ

>>365
ん。。

>>366
一時で。。。(涙

368 :詩織:02/11/16 00:13 ID:rXTXzQGn
私はここでセフレにしてもらいました♪一緒にH♪ワリキリと☆エッチ♪
不倫パートナー・H友達募集サイトです♪女性からのメールが100%貴方の元に届きます☆
HP=http://pink7.net/yhst/



369 :21世紀の名無しさん:02/11/16 00:26 ID:???
>>368
カエレ!!(・∧・)

370 : ◆k0Opaiv2OY :02/11/22 01:16 ID:???
深。。夜。。保。。守。。(涙

371 : ◆k0Opaiv2OY :02/11/26 22:50 ID:???
微。。妙。。に。。腰。。痛。。保。。守。。(涙

372 :人間座椅子:02/11/29 23:51 ID:7gVCQBfT
幻〜。明日学校来るんだよ〜
遅刻すんなよ〜。みんな待ってるからね!

373 :人間座椅子:02/11/29 23:56 ID:7gVCQBfT
中サソ今日もこ中田。
ヤパーリ。。。

374 :(´ー` )国民マン:02/11/30 01:25 ID:SaqRyVY6
マボチャン♪ (´ー` )

375 :(´ー` )国民マン:02/11/30 01:34 ID:SaqRyVY6
ダイスキ♪ (´ー` )

376 :ディアスマイン:02/11/30 08:36 ID:sWh/qxX8
タイスキ♪ (´ー` )


377 :山嵐 ◆imodeJv5E. :02/11/30 12:13 ID:GQ6KXcg8
ウーウーウ

378 :人間座椅子:02/11/30 14:02 ID:mQ91jt2z
今日は幻が学校に来てたので良かったです!!
国民マンさんの事を心配してました。
幻は今日、元気なかったです。
幻〜早くビデオ返してね。半年経つよ。

379 :(´ー` )国民マン:02/11/30 14:26 ID:SaqRyVY6
ヤッター!
人間座椅子一郎さん! ヽ(´▽`)ノキビシー!!

380 :(´ー` )国民マン:02/11/30 14:28 ID:SaqRyVY6
半年間返さないのは、ほぼカリパチと同じです!
まぼろし ザ・カリパッチャー!

381 :/,,' ゝ`ヽなっしゃん ◆SEGApSaId. :02/11/30 14:43 ID:EQ+D7Sl4
オレが貸したAVが2年経っても帰ってきません!!

382 :人間座椅子:02/11/30 15:21 ID:mQ91jt2z
皆さん幻の事を優しく見守って下さいね!!
よろしくお願いします!!!

383 :ディアスマイン:02/11/30 15:28 ID:sWh/qxX8
了解デス (´ー` )


384 :(´ー` )国民マン:02/11/30 15:54 ID:SaqRyVY6
ぼくたちマボロシミマモラー隊デス!

385 :/,,' ゝ`ヽなっしゃん ◆SEGApSaId. :02/11/30 15:59 ID:EQ+D7Sl4
デシデシ!!

386 :人間座椅子:02/11/30 16:46 ID:mQ91jt2z
ミマモラー隊の活躍を応援します!!

387 : ◆k0Opaiv2OY :02/12/04 21:34 ID:???
ほ。。しゅ。。しゅ。。しゅ。。

388 : ◆k0Opaiv2OY :02/12/07 22:54 ID:???
しゅ。。しゅ。。しゅ。。しゅ。。ほ。。しゅ。。しゅ。。しゅ。。。。

389 :。。。 ◆k0Opaiv2OY :02/12/10 23:46 ID:???
(゚ρ゚) ボーッ...

390 :人間座椅子:02/12/12 22:40 ID:ENgK5CMB
保守

391 :。。。 ◆k0Opaiv2OY :02/12/17 18:19 ID:???
ちんこ

392 :最婆 ◆k0Opaiv2OY :02/12/21 03:21 ID:???
ほし。。ゅぅ。。

393 :人間座椅子:02/12/21 11:51 ID:5y+E/XrV
うんこ

394 :21世紀の名無しさん:02/12/21 11:52 ID:uUV0I8E2
○んこ

395 :diasmind:02/12/21 13:28 ID:uUV0I8E2
ナゼ ナナシになるんだ。

396 :ころちゅ:02/12/27 20:42 ID:???
保。。守。。

久々。。来。。ト。。リッ。。プ。。忘。。(涙

397 : ◆k0Opaiv2OY :02/12/30 04:39 ID:???
♪まだ。。か。。な。。まだ。。か。。なぁ〜。。

398 :(,, ´∀`)ホチュホチュワチョーイ!! ◆k0Opaiv2OY :02/12/31 18:45 ID:???
大。。晦。。日。。保。。守。。

399 :(6302-9999) ◆6302JeKTYM :03/01/02 04:22 ID:???
謹賀。。新年。。保。。守。。

400 :(6302-9999) ◆6302JeKTYM :03/01/03 00:41 ID:???
400。。。。。ホ。。シュ。。。。

401 :名無しさん:03/01/04 01:28 ID:???
                      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
Λ_Λ  | 君さぁ こんなスレッド立てるから          |
( ´∀`)< 厨房って言われちゃうんだよ             |
( ΛΛ つ >―――――――――――――――――――‐<
 ( ゚Д゚) < おまえのことを必要としてる奴なんて         |
 /つつ  | いないんだからさっさと回線切って首吊れ     |
       \____________________/

(-_-) ハヤクシンデネ… (-_-) ハヤクシンデネ… (-_-) ハヤクシンデネ…
(∩∩) (∩∩) (∩∩)

(-_-) ハヤクシンデネ… (-_-) ハヤクシンデネ… (-_-) ハヤクシンデネ…
(∩∩) (∩∩) (∩∩)

(-_-) ハヤクシンデネ… (-_-) ハヤクシンデネ… (-_-) ハヤクシンデネ…
(∩∩) (∩∩) (∩∩)


402 :アァ...(T。Tメ) ◆k0Opaiv2OY :03/01/05 00:25 ID:???
ここ。。にも。。キ。。印>>401。。が。。(涙

403 ::03/01/07 16:55 ID:ILoF/LdD
やっとネットができるようになりまし。。!!

>>401
そんな事言わずに。。一緒に何か大きな犯罪でもしましょ。。よ。。(ニヤリ

404 ::03/01/07 17:35 ID:ILoF/LdD
未公開作品。。(涙

                  「登校拒否」
ユラコ「今月も3年生の給食、一人分少なくお願いします。」
てちゅ「また…どうしたの?誰か病気?」
ユラコ「実は登校拒否してる子がいて……」
てちゅ「登校拒否!?だいてんのせいだな…」
ユラコ「いえ、違うと思います…。学校でよく喋るようになったと思ったら突然来なくなったんです。」
てちゅ「何かあったのかなぁ…。で、その子って誰?」
ユラコ「言ってもいいのかな………。幻さんです。」
てちゅ「マボチャンが登校拒否!?Σ(゚д゚;)何でまた?」
ユラコ「それがわからなくって……。一回、他の先生方とみんなで迎えに行ったんですよ。でも部屋から出てこなかったんです。」
てちゅ「マボチャン………」

その頃の幻。。
幻「(くるり。。ベストアルバム出さないかな。。)」
♪シロツメグサデアンダネックレスヲ..ホドケナイヨウニ..ホドケ..ナイヨウニ...
トオクキシャノマドベカラハ..ハルカゼモミエルデショウ..ココデナミダガデナイノモ..シアワセノヒトツナンデス ホラ..マタアメガフリソウデス...

405 ::03/01/07 17:36 ID:ILoF/LdD
豆鉄砲「今日もマボチャン休みでしょう?…てか、今月も。」
ユラコ「みたいです……」
豆鉄砲「どうしちゃったんだろうね…。イジメ?」
ユラコ「イジメじゃないでしょう。」
豆鉄砲「何で言い切れるの?」
ユラコ「誰も死んでないじゃないですか!」
豆鉄砲「は??」
ユラコ「幻さんがイジメに遭ってたら、既に黒魔術で仕返ししてるはずですから…」
豆鉄砲「殺すの……!?(汗」
ユラコ「キレた時だけですけど、その時は『目には目を、歯には歯を』状態になります。」
豆鉄砲「気を付けよ………」
ユラコ「憧れの人は酒鬼薔薇聖斗、目指している人は黒井ミサだそうです。」
豆鉄砲「……………………………」
ユラコ「まぁ、他人に危害をくわえる事はよっぽどじゃないとありませんけどね。」
豆鉄砲「………………………はぁ……」

椎原「いつになったら学校に来るんだろうな…。ズンズン」
冷えギコ「せめて保健室にでも来てくれればいいんですけどね…(´・ω・`)」
椎原「ずっとひきこもってるんだろ?不健康なんだよなぁ。パンパン」
ころちゅ「普通に生きてま。。よ。。」
椎原「それは生きてるだろうけど。ズンズン」
冷えギコ「ころちゅ先生なら何か知ってそう……。」
ころちゅ「私は別に。。。(接続できなくなったからって、その原因もわからず直せないくせに一人で頑張ってるのかも。。だから学校に来ないんじゃ。。。休むのはいつもの事、退学になるのは自分の責任。本人が悪いし、本人の勝手。。私は関係な。。)」
冷えギコ「マボチャンパソ、また接続できなくなったんだ。ころちゅ先生も冷たいですね。」
ころちゅ「えっっ。。!?(心の中が。。き、聞こえて。。る。。!?)」
椎原「冷えギコはたまに人の心の声が聞こえるらしい。パンパン」
ころちゅ「えっ。。と。。さっきのは。。本気じゃなかったんで。。あははっ。。(゚▽゚;)」

406 ::03/01/07 17:43 ID:ILoF/LdD
なっしゃん「幻タンは、ある意味ずるい。」
ディアスマイン「まだ来てないのか?」
なっしゃん「もう、ずっと休んでるよ。」
ディアスマイン「中学校の頃も不登校だったんだって?」
なっしゃん「そうなんですか?」

ディアスマイン「うん。らしいぞ。さっき言った、ずるい…って?」
なっしゃん「だってさ、俺だって学校に頑張って通ってるのに学校から逃げてるなんて…。俺だって逃げたいよ。家でエロゲーやってたいよ。」
ディアスマイン「でも、どうしても来れない時ってあるもんじゃないか?」
なっしゃん「じゃあ俺も明日休も。」
ディアスマイン「ちゃんと行けよ。」

なっしゃん「そうなんですか?」
ディアスマイン「うん。らしいぞ。さっき言った、ずるい…って?」
なっしゃん「だってさ、俺だって学校に頑張って通ってるのに学校から逃げてるなんて…。俺だって逃げたいよ。家でエロゲーやってたいよ。」
ディアスマイン「でも、どうしても来れない時ってあるもんじゃないか?」
なっしゃん「じゃあ俺も明日休も。」
ディアスマイン「ちゃんと行けよ。」

大天才「俺は関係ない。俺は……」

幻はその頃、ムズムズしていた。。
「(くっ。。!授業。。もう。。ついていけないんじゃ。。)」 そう考えると、なおさら行けなくなった。
「(あぁ。。そろそろ。。勉強したい。。なぁ。。。国語だけ。。。)」…とか考えながら、ジャック・ケッチャムの作品をワクワクしながら読むのであった。

407 ::03/01/07 17:46 ID:ILoF/LdD
ころちゅ「私。。聞き出してみましょ。。か。。?」
豆鉄砲「ん?何を?」
ころちゅ「幻さんが何故学校に来ないのかを。。」
豆鉄砲「教えてくれると思う!?」
ころちゅ「さ、さぁ。。でも。。一応。。」
豆鉄砲「まぁ、やるだけやってみようか。」
ころちゅ「じゃ。。メー。。ル。。送ってみま。。」
コロチュメール内容→「どうして学校に来なくなったんだ ゴルァ!!迷惑かけすぎだぞDQNめ ゴルァ!!(怒
もし明日学校に来なかったら。。ドッペルを送り込みま。。ヒヒヒ...」
豆鉄砲「送信した?」
ころちゅ「は、はい。。。」

408 ::03/01/07 17:49 ID:ILoF/LdD
豆鉄砲「何て送ったの?」
ころちゅ「え。。えー。。と。。」
コロチュ、ウソメール内容→「お元気ですか。。?あまり部屋にこもっているのは体に良くないで。。皆さん心配しているので。。落ち着いたら学校に来てみて下さ。。で、よろしければ。。先生に。。何故学校に来ないのかを教えてほしいで。。では。。お大事に。。(涙」
ころちゅ「こんな感じで。。」
豆鉄砲「なるほどね。優しいねぇ…(涙」
ころちゅ「いえ。。そんな事。。。(汗」
              3分後。。
ころちゅ「あ。。返信が来まし。。」
豆鉄砲「何て書いてる?」
ころちゅ「え。。と。。。」
マボメール内容→「関係ね。。だろ ゴルァ!!(怒
DQNはあなたで。。。それに。。すぐドッペルで脅迫しやが。。て。。。」
ころちゅ「。。。。。。。。。」
豆鉄砲「どうしたの?」
ころちゅ「あの。。大変。。荒れて。。よ。。で。。(涙」
豆鉄砲「余計な事したかな?(汗」
ころちゅ「大丈夫だとは思いま。。が。。。」
豆鉄砲「どうする……?」
ころちゅ「あっ。。!。。もう一度送ってみま。。!」
豆鉄砲「………………?」

409 ::03/01/07 17:51 ID:ILoF/LdD
コロチュメール内容→「わか。。たぞ。。ガソシセンセが居な。。から。。来ないんだろ。。」
ころちゅ「ちょっと思いついた事を聞いてみる事にしまし。。」
豆鉄砲「何?」
ころちゅ「ちょっと。。返信が来てからでいいで。。か。。?」
豆鉄砲「いいけど……?」
             1分後。。
ころちゅ「あ。。来た。。」
豆鉄砲「早くない?」
ころちゅ「早いで。。ね。。?」
マボメール内容→「。。。。。。。。(涙」
ころちゅ「あっ。。悲しんでま。。!」
豆鉄砲「何、急に?(・・;)」
ころちゅ「もしかして。。」 また返信した。
コロチュメール内容→「やっぱり。。センセ。。の事だろ。。-=・=-)」
1分後。。
マボメール内容→「。・゚・(ノД`)・゚・。」
ころちゅ「や、やっぱり。。」
豆鉄砲「わかった!?」
ころちゅ「はい。。」
豆鉄砲「原因は何だった??」
ころちゅ「ガソシ校長で。。」
豆鉄砲「校長……?」
ころちゅ「ガソシセンセが居な。。から。。来ないんだそ。。で。。」
豆鉄砲「何それ……(´∀`;)」

410 ::03/01/07 17:53 ID:ILoF/LdD
次は。。途中で話が終わってる物語。。(最悪

大天才「あ………………………」
それは一瞬の出来事だった。
「人身…事故……」
大天才は学校へ向かった。
「(嫌なもん見ちまったなぁ…しかも目の前で…)」

大天才「おは…」
豆鉄砲「おはようございますと言いなさい。」
大天才「………………………」
ユラコ「大天才さん、顔色悪いですね。」
大天才「何でだと思う?」
ユラコ「女にフられた。」
大天才「んな訳ない、ばかたれ。」
ユラコ「死ね。」
豆鉄砲「まぁまぁ……(汗」
大天才「ま、お前等には後で教えてやるよ。」
ユラコ・豆鉄砲「……………………(ムカ」
大天才は椎原先生の所へ。
大天才「せんせ、おはよ。」
椎原「おはよう。何だ?ズンズン」
大天才「しょっちゅうある事を間近で見た。」
椎原「は?パンパン」

411 ::03/01/07 17:55 ID:ILoF/LdD
大天才「人・身・事・故・★」
椎原「おぉ、とうとう間近で!(・∀・)ズンズン」
大天才「おぇ……吐きそ……」 さっきも吐いていた。
椎原「校内で吐くなよ。パンパン」
大天才「いいだろ、別に。」
椎原「汚いからダメだ。…で、どうだった?マグロ?♪ズンズン」
大天才「げ……まぁ…そんな感じだけど………」
椎原「ふふふふっ……パンパン」
・・・3日後の夜・・・
大天才「へ………?」
2度目の人身事故。大天才のすぐ横に立っていた人がいきなり線路に飛び込んだ。
大天才「あ…ぁ…………」
人間の肉や血が飛び散った。
大天才「わ…わ…ゎ……ぎゃ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!」
大天才の服にも血が飛び散っていた。
大天才「バカ野郎!!昨日買ったばっかりの服なのに!!!」

。。ここまでで終わってまし。。(・_・;)

412 :(;´Д`) ◆k0Opaiv2OY :03/01/07 17:58 ID:???
ハァハァ。。。

413 ::03/01/09 03:00 ID:t7+sFM9r
         クッキングパパ「まこととさなえの結婚願望」
まこと「とうちゃん…僕、さなえちゃんと結婚したいんだ…」
荒岩「何っ!?」
みゆき「にいちゃん、早すぎ〜」
まこと「僕、料理も大分できるようになったしさ…料理人になって稼ぐよ。」
荒岩「ま、まこと………」
虹子「まことも大人になったのねぇ。」
荒岩「バカを言うな…まことは料理学校に通ってもっともっと勉強した方がいいだろう…」
まこと「もうとうちゃんの指図は受けないよ!!」
虹子「こら、まことっ……!」
荒岩「…………………」
まこと「とうちゃんは僕を妬んでるんだ!!僕がとうちゃんより料理が上手だから!!」
荒岩「ムムッ………」
虹子「そ、そんな事ないわよぉ…まだまだとうちゃんの方が上に決まってるじゃない。ねぇ、みゆき?」
みゆき「あたしはにいちゃんの料理の方が好き。」
虹子「み、みゆき……」 焦る虹子。
荒岩「お前の実力は認める……だが………」
まこと「何?」
荒岩「結婚だけは認めん!!!」
まこと「そんな!!小学生の頃から見てきただろ!?僕とさなえちゃんの事を……」
荒岩「それは…子供だったからだ……」
まこと「ひどいよ………」
荒岩「……………………」

414 ::03/01/09 03:02 ID:t7+sFM9r
まこと「とうちゃんのわからずや!!!!!」 まことは部屋へ逃げた。
虹子「あっ、まこと!?」
みゆき「にいちゃん………」
虹子「ねぇあなた…あそこまで言う必要ないじゃない。いつからそんな頑固になったの?」
荒岩「う〜む………」
虹子「まことの話も聞いてあげましょうよ。」
荒岩「その前に俺の話を聞いてくれるか……?」
虹子「どうしたの?」
荒岩「さなえちゃん…実は……」
虹子「ん……………?」
荒岩「風俗嬢やっててな……」
虹子「えぇ〜〜〜〜〜〜〜っ!?」
みゆき「かあちゃんうるさいよぉ…」
虹子「でっっ……何で!?」
荒岩「い、いや……道端の看板に…写真があって……その……」
虹子「そうだったの…だったらすぐにうんとは言えないわよねぇ……」
荒岩「うむ……」
               ・・・翌日・・・
荒岩は一人で台所の掃除をしていた。♪ピンポ〜ン
荒岩「客か………」
荒岩がドアを開けるとそこには……
「あら、おじさん!お久しぶりです!!」
荒岩「さ、さなえ…ちゃん……どうしてここに……」

415 ::03/01/09 03:03 ID:t7+sFM9r
さなえ「もう、おじさんてば。まこと君に会いに来たに決まってるじゃないですか。」
荒岩「あ、そうか…そうだよな……。でも今、まことは家のヤツとみゆきとで出かけてるみたいなんだよ。」
さなえ「え〜っ。折角来たのに…さなえ残念……。」
荒岩「上がってくか?丁度昼飯にしようと思ってた所なんだ。」
さなえ「いいんですかぁっ?☆」
荒岩「どうぞ。上がんな。」
さなえ「わぁ〜…久し振りにおじさんの手料理が食べられるんですね……」
荒岩「大した物じゃないけどな。」
さなえ「ねぇおじさん………」
荒岩「ん?」
さなえ「私とまこと君の結婚……許してくれます?」
荒岩「………まことにはダメだと言った………」
さなえ「どうして……!?」
荒岩「そうなったら…もう君を抱けなくなる……」
さなえ「あら、そんな事ないですよ。逆に私とおじさんの時間が増えるんじゃないですか?」
荒岩「そ、そうか…でも…まことが………」
さなえ「バレなきゃいいんです。ね、オ・ジ・サ・マ」
荒岩「そうだな…じゃあ結婚を認めよう!!」
さなえ「有難う!!入籍する前にもまた店に来てね。サービスしますから!」
荒岩「う、うむ……」

416 ::03/01/09 03:04 ID:t7+sFM9r
荒岩が台所に向かった瞬間・・・
虹子「あなた………」暗い表情の虹子。
まこと「とうちゃん………」人格が変わったまこと。
みゆき「うきゃぁっ!!」いい歳してうきゃぁっと叫ぶみゆき。
荒岩「お、お前達……居たのか……!?」
           荒岩は世界の終わりを感じた。

417 ::03/01/09 03:19 ID:t7+sFM9r
(6302-9999)「今日も。。2ちゃんやろ。。。」(6302-9999)は今日も学校を休んだ。
(6302-9999)のすぐ隣の家は、なっしゃんの家だ。
なっしゃん「はぁ〜行きたくないなぁ〜隣の(6302-9999)はいいよなぁ〜」
な・母「何言ってんの!たまには声かけてみなさい。」
なっしゃん「何て?」
な・母「学校行こうよとか色々あるでしょ。」
なっしゃん「だってアイツ、中学生じゃん。俺とは方向も学校も違うよ。」
な・母「関係ない。行け!!!(怒」包丁を振り回すなっしゃん母。
なっしゃん「わ、わかったってば!!…ったく……」なっしゃんは仕方なく(6302-9999)の家に行った。
なっしゃん「おはようございます。なっしゃんです。」
(6302-9999)母「あら、なっしゃん君じゃないの。おはよう。どうしたの?」
なっしゃん「(6302-9999)を迎えに来たんですけど……」
(6302-9999)母「け、結婚……!?」
なっしゃん「いいえ、学校に行こうと誘うために……」呆れるなっしゃん。
(6302-9999)母「そうよね…私ったら……。待って、今呼んでくるから。」
なっしゃん「(早くしろよ……)」

418 ::03/01/09 03:33 ID:t7+sFM9r
(6302-9999)母「(6302-9999)……起きてる?」
(6302-9999)「な、何……?」
(6302-9999)母「ちょっと部屋から出なさい。」
(6302-9999)「……………(何でよ……)」
(6302-9999)母「聞こえてるの!?なっしゃん君が迎えに来てくれたの!!」
(6302-9999)「えっ……なっしゃんが………!?」
(6302-9999)母「そうよ。挨拶でもしてきなさい。」
(6302-9999)「こんな格好でなんか…出られないよ……」
(6302-9999)母「…わかった………」(6302-9999)の母は部屋を去った。
(6302-9999)母「なっしゃん君……」
なっしゃん「あれ?(6302-9999)は?」
(6302-9999)母「やっぱり今日も休むみたい…。ごめんね、折角来てくれたのに……」
なっしゃん「いえ……。それじゃあお大事に。(時間の無駄じゃん)」
なっしゃんは勢いよく学校へ向かった。
なっしゃん「ころちゅ先生、今朝さぁ、隣ん家の登校拒否してる中学生迎えにいくハメになってさぁ…」
ころちゅ「隣の家の。。少。。女。。。(ニヤリ」
なっしゃん「違うってば。普通の登校拒否!」
ころちゅ「なるほ。。でもねぇ。。登校拒否者は結構人に会いたがらな。。もので。。よ。。」
なっしゃん「え、そーなの?」
ころちゅ「多分。。。」
なっしゃん「じゃあ俺なんかが行っても無駄じゃん!」
ころちゅ「さ、さぁ。。。(汗」

419 :21世紀の名無しさん:03/01/09 06:55 ID:???
糞スレの皆様に、作曲家・岡田克彦ファンクラブからのご案内です。氏のホームページ
(URL;http://www.geocities.co.jp/MusicHall-Horn/1091/)に新しいエッセイ
『2ちゃんを侵す「老害」に関するコメント』が掲載になりました。
(URL;http://debu1957.hp.infoseek.co.jp/essay53.html
非常に的を得たエッセイですので、2ちゃんねらーは全員読みましょう。



420 ::03/01/09 08:02 ID:???
セイーリ中。。セク━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ス。。。!!!

421 ::03/01/09 08:04 ID:???
ハライテ。。(;´Д`)

422 :山崎渉:03/01/09 08:37 ID:???
(^^)

423 :(6302-9999) ◆6302JeKTYM :03/01/12 09:20 ID:LsFb4BL2
幻さん。。!
書いてくださったのですね。。!
ありふぁとうふぉざいます。。!
嬉しいです。。嬉すぎです。。(涙
隣ん家がなっしゃん。。(;´Д`)

424 ::03/01/13 18:29 ID:???
>>423
まだ続。。かも。。

425 ::03/01/13 19:07 ID:???
>>422
(゚〜゚)

426 ::03/01/13 19:46 ID:h48frXfX
(6302-9999)「(あぁ…なっしゃん……ハァハァ。。)また来てくれるといいな……」

おいら学園はもう放課後になっていた。
なっしゃん「バイバイバイバイバイバイ〜明日までさよ〜なら〜」
ころちゅ「((;´Д`)おぱーい。。)。。さ。。さような。。」

一人で下校するなっしゃん。
ディアスマイン「なっしゃん、今日は一人か?」 店から出てなっしゃんに声をかけるディアスマイン
なっしゃん「まぁね…」
ディアスマイン「お前ん家の隣に(6302-9999)って子いるだろ?」
なっしゃん「いるよ。今日、親に声かけるよう言われて仕方なく行ったもん」
ディアスマイン「話した事あるのか?」
なっしゃん「あいつが越してきたのは1年くらい前だから、少しはあるよ。」
ディアスマイン「また誘ってみれば…」
なっしゃん「声かけたって意味ないと思う。ころちゅ先生も、不登校者は人に会いたがらないって言ってたもん!」
ディアスマイン「日中だからじゃないのか?」
なっしゃん「さぁ………」

427 ::03/01/13 19:48 ID:h48frXfX
                  〜翌日〜
(6302-9999)「(なっしゃん。。)ドキドキ。。」 カーテンの陰からなっしゃんを見つめる(6302-9999)。
なっしゃん「行って来ま〜す」
(6302-9999)「(なっしゃん。。来て。。。)」
なっしゃん「〜〜〜〜♪」 なっしゃんは走って学校へ向かった。
(6302-9999)「はぁ。。」

・・・学校が終わってなっしゃん下校中・・・
なっしゃん「ディアスマインさん!」
ディアスマイン「おぉ、なっしゃん。(6302-9999)ちゃんと話したか?」
なっしゃん「する訳ないじゃん。俺には関係ないの!」
ディアスマイン「冷たいんだな……」
なっしゃん「クールガイと呼んで。」
ディアスマイン「…………………」
その頃、(6302-9999)は・・・
(6302-9999)「(なっしゃん…そろそろ帰ってくる時間かも……)」 (6302-9999)は思いついた。
(6302-9999)「ちょっとでかけてくる……」
(6302-9999)母「早めに帰ってきなさい。」
(6302-9999)「………………」
なっしゃんは自分の家にたどり着いた。
(6302-9999)「あっ………」 陰から見ているだけの(6302-9999)。
。。おばあちゃんが話してくれた初恋のきた道はこんな道から始まったのだ。。

428 ::03/01/13 20:13 ID:v0w4amhg
「江口の恋」
江口「先輩、田中先輩っ……」
田中「ん〜?何だ?」
江口「俺、最近気になる娘がいるんですよ(ヒソッ」
田中「お前も若いな。振られの田中2号になりたいのか?」
江口「先輩みたいにはなりませんよ!」
田中「フン、偉そうに。」
江口「誰だと思います?エヘッエヘッ」
田中「あ〜っ、わかったぞ!るりちゃんだろ!!」
江口「声が大きいですよ、先輩〜。でも違います。るりちゃんじゃありませ〜ん。」
田中「えー?俺の知ってるコ?」
江口「はい。エヘ」
田中「まさか…夢ちゃん!?」
江口「まさかそんなっ……」
田中「だよなぁ……早く教えろ、オラッ!」
江口「実は……種ケ島先輩なんですぅ。」
田中「えぇぇえ!?おい、待てよ…それって工藤が……イッヒッヒ…………」
江口「エヘヘヘヘ………」
田中「よぉーし、俺がその恋応援しちゃろう!!」
江口「先輩っ☆」
                    ・・・続く・・・

429 ::03/01/13 20:14 ID:v0w4amhg
字の間違いがあるかも。。

430 :人間座椅子:03/01/13 20:18 ID:+UA5Hg3w
>>429
まる見え見れ。特に北海油田チームの衣装

431 ::03/01/13 20:23 ID:v0w4amhg
>>430
カンガルー。。?

432 :人間座椅子:03/01/13 20:28 ID:+UA5Hg3w
カンガルーではありません。雑談は私のスレでお願いします。
ここは幻の物語のスレなんだから(´ー` )
ここに来る人に迷惑かかっちゃダメでしょ。。。

433 ::03/01/13 20:30 ID:v0w4amhg
>>432
。。。

434 :人間座椅子:03/01/13 20:30 ID:+UA5Hg3w
>>433
何?どした?

435 :人間座椅子:03/01/13 20:39 ID:+UA5Hg3w
>>433
悪い意味で言ってないっすよヾ(;´Д`)。。。。。

436 ::03/01/13 20:47 ID:v0w4amhg
いや。。別に。。。

437 ::03/01/14 14:30 ID:fhwgblTC
田中「よぉ、工藤♪」
工藤「せ、先輩…何ですか……?」
田中「今夜は種ケ嶋ちゃんと飲みに行くんだ〜」
工藤「ほんと…で…すか……?」
江口「本当でぇ〜す」
田中「でもまぁ、酒が苦手なお前にゃ関係ない話だけど。」
工藤「そ、そんな……」
田中「じゃあな、工藤!種ケ嶋ちゃん、行こうじぇ〜」
種ケ嶋「工藤君、またね。」
江口「工藤先輩、また明日☆」
工藤「あ、あの、ぼ…くも……あぅ………」
田中達は行ってしまった。
梅田「あれ、工藤君行かなかったの?」
工藤「そ、その……」
梅田「工藤君お酒苦手だもんね。田中先輩にはついてけないよね。」
工藤「梅田先輩……」
梅田「何?」
工藤「僕達も…行きませんか……?」
梅田「飲みに?」
工藤「はい…田中先輩達と同じ所に……」
梅田「どうしたの、急に?種ケ嶋ちゃんの事が心配?」
工藤「ぅ……あの………」
梅田「じゃあ行ってきなよ。」
工藤「せ、先輩…は………!?」
梅田「僕にはユミちゃんが待ってるから。」
工藤「お願いします…きょ、今日だけは……」
梅田「まいったなぁ……じゃあちょっとだけだよ。」
工藤「ありがとう…ございます……」
けいこ「二人で何話してんの?」
工藤「い、いや…別に……」
けいこ「ふ〜ん。私だけ仲間はずれかぁ……」
梅田「ちょっと飲みに行くだけですよ!」

438 ::03/01/14 14:43 ID:fhwgblTC
けいこ「あまり飲み過ぎんとよ。」
梅田「はいっ。」
けいこ「じゃあ私も帰るね。家で仕事しなきゃなんないし……」
梅田「お疲れ様です〜」
工藤「お疲…様……で………」
梅田「ふぅ………」
荒岩「何だ、お前達まだ帰らんのか?(ギロッ」
梅田「今から帰ります(汗」
工藤「じゃ…係長……残業お疲れ様…です………」
荒岩「うむ。気を付けて帰るんだぞ。」
梅田「はい。じゃあ失礼します。」

・・・その頃の田中達は・・・
田中「ぶぁっはっは!!!!」
江口「ひゃひゃひゃひゃ!!!」
種ケ嶋「先輩も江口君も飲み過ぎじゃない?」
江口「らいじょうぶれすよ〜」
種ケ嶋「大丈夫じゃないでしょ。」
田中「にしても…さっきの工藤面白かったな!」
江口「言いたくても言い出せずにいましたよね…」
種ケ嶋「工藤君がどうかしたの?」
田中「いや、別に……」
その時、工藤と梅田は心当たりのある店に入った。田中達がいた。
梅田「あっ、居た!」
工藤「…………!!!」
梅田「せんぱ……」
工藤「あ、あのっ……」
梅田「ん?」
工藤「気付かれたくないんです………」
梅田「そうなの…?しょーがないなぁ………」 梅田達は別の席に座った。

439 :豆鉄砲*`σ゚)ノ:03/01/14 16:41 ID:BIHrS3mN
まぼちゃん、私が主人公の話はまだですか?

440 ::03/01/14 16:46 ID:LLwCQc5W
>>439
豆鉄砲さん。。!!お久しぶりで。。(涙

考えておきま。。。

441 :豆鉄砲*`σ゚)ノ:03/01/14 16:54 ID:BIHrS3mN
まぼちゃん、いたとは思わなかったですよヽ(´ー`)ノ
内容は私とコロッケの大恋愛の末無残にもコロッケ爆死という方向で!

442 ::03/01/14 17:24 ID:LLwCQc5W
>>441
やっと復活できました。。。(涙

コロッケさんの事をよく知らないんで。。が。。(汗

443 :豆鉄砲*`σ゚)ノ:03/01/14 18:04 ID:BIHrS3mN
俺も実はよくしらないんだけどだいてんの妹でしょ?

444 :21世紀の名無しさん:03/01/14 18:18 ID:???
ついに「ID全取り条例」から初逮捕者がでた罠!!!
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/shar/1042119493/l50
今は祭り中の予感!記念真紀子しまくれい!!


445 ::03/01/14 22:38 ID:ZqIQU7Ie
>>443
それはそれは。。。(ニヤリ

446 ::03/01/14 23:06 ID:ZqIQU7Ie
種ケ嶋「(トイレ行こ…)」 種ケ嶋は立ち上がった。工藤達の前を通る種ケ嶋。
種ケ嶋「あら、工藤君ー。工藤君も来たの?梅田君も…。」
工藤「は、はぅ………」
梅田「うん、ちょっとね(汗」
種ケ嶋「あっちに田中先輩と江口君が居るから、あっちの方に行っててね。」
工藤「あ、あ………」 種ケ嶋はトイレに行った。
梅田「見つかっちゃったね。」
工藤「…………………」
梅田「仕方ないからあっちに行こうか…」
工藤「………………………(ガクリ...」
工藤と梅田は田中達の方へ向かった。

447 :21世紀の名無しさん:03/01/14 23:06 ID:ZqIQU7Ie
梅田「せ、先輩……」
田中「おぅ、梅田じゃねーか。ん?工藤も一緒か!?」
梅田「えぇ、たまたま先輩と同じ店に入っちゃったみたいですねー……(汗」
田中「まぁいい、座れや。」
梅田「はい……。」
工藤「……………」 工藤も無言で座った。
江口「梅田先輩、飲みましょ〜よ☆」
梅田「う、うん……」
工藤「………………」
種ケ嶋「折角だもんね。」 種ケ嶋がトイレから戻ってきた。
田中「(種ケ嶋ちゃんといちゃつけ……)」 田中は江口にボソッと言った。
江口「(えっ、でもぉ……(照」
田中「(工藤に取られたいのか?)」
江口「(そっ、それは嫌です……)」
田中「(だったらやれ……)」
江口「(よぉ〜し……)」 江口は酔った勢いもあったせいか……
江口「せんぱぁ〜い☆☆☆(*゚▽゚*)」 種ケ嶋に抱きついた。
工藤「!!!!!!!!!!!!!(゚д゚lll)!!!!!」
種ケ嶋「やだぁ、江口君たらぁ!(ケラケラ」
江口「やめませ〜ん(スリスリ」
田中「うひゃひゃひゃひゃ………」
梅田「江口君………(汗」
工藤「……………………」 呆然とする工藤。

448 :大天才.ac.jp ◆wW1ZwOwwBE :03/01/15 01:23 ID:???
あい「はっあぁぁん・・・先輩・・・」
先輩「ん?どうした?顔が赤いぞ。」
あい「ん・・・はぁっ・・・あっ・・・」
先輩「どうした・・・・なにやってる」
あい「いやっ・・あっあっ・・・せ、先輩・・・・」
先輩「どうした?ん?w」
あい「へっくしょん」

449 ::03/01/15 14:58 ID:S9bW6AJV
>>448
あい「何でもありません…」
先輩「何で裸なんだ?風邪ひくぞ。」
あい「せ、先輩……」
先輩「どうした…?」

450 ::03/01/15 15:10 ID:S9bW6AJV
田中「この2人はお似合いだぜ〜」
梅田「先輩っ……(汗」
田中「何だ梅田?」
梅田「工藤君が傷付きますよ……」
田中「工藤に種ケ嶋ちゃんなんて勿体ないだろ!?それに工藤が好かれる訳ないし…」
梅田「そ、そうですけど…でも……」
江口「種ケ嶋先輩、チューして☆」
種ケ嶋「ダメよ、江口君!(ケラケラ」
江口「ん〜」 江口は種ケ嶋にキスをしてしまった(一瞬)。
工藤「━━━━━━━━━━━━━━━━━━!?」
種ケ嶋「いやっ、江口君てば!!」 バシィッ!!
江口「痛っ……!!痛いですよ、先輩ぃ………(涙」
種ケ嶋「ごっ、ごめんなさい!だって江口君がキスしてくるから……」
田中「いいじゃないの…」
梅田「………………(ドキドキ」
工藤「(え…ぐち……ぃ……〜〜〜〜〜………怒…………)」
江口「テヘッ☆先輩、結婚しましょう☆☆」
種ケ嶋「何言ってるのよ〜」
江口「先輩って素敵だもん☆」
種ケ嶋「えー、でもねぇ……」
梅田「(工藤君がキレそう!!!)」
種ケ嶋「一緒に暮らすなら工藤君の方がいいな……」
工藤「えっ…………!?」

451 ::03/01/15 15:12 ID:S9bW6AJV
田中「おいおい、マジかぁ!?」
梅田「(取り敢えずよかった……)」
種ケ嶋「工藤君って、家事の事は頼りになるじゃない(それしか取り柄がないもの…)。」
田中「仕事はできねぇけどな。」
種ケ嶋「(´∀`;)」
江口「僕だってできますよぉ〜」
種ケ嶋「工藤君みたいには無理でしょ。」
江口「まぁ……ね。」
田中「そんな事言ったら調子にのるぜ、アイツ。」
工藤「(せ、先輩が……僕の事を………!!!ドキドキ)」
種ケ嶋「ね、工藤君………」
工藤「はっ、はいっっ!?(汗」
種ケ嶋「勘違いしないでね(ニコ」
工藤「…………………………………(グサッ」
                終わり

452 ::03/01/15 15:30 ID:S9bW6AJV
豆鉄砲「あ………」
            。。一目惚れだった。。
コロッケ「…………?(何、この人………)」
豆鉄砲「あの…すいません…ちょっといいですか?」
コロッケ「はい?」
豆鉄砲「あなたの家に行ってもよろしいでしょうか?(ドキドキ」
コロッケ「ハァ!?」
豆鉄砲「行きたいんです………(ドキドキ」
コロッケ「ど、どうぞ……(ポッ」
               こんな風にして僕等は知り合った。
豆鉄砲「家の人は居るの?」
コロッケ「両親は仕事なの。お兄ちゃんも居るけど、一人暮らしのために家を出てるから……」
豆鉄砲「俺なんかが居るの見たら怒るだろうね……」
コロッケ「かなぁ………」
豆鉄砲「君の部屋は?」
コロッケ「私の部屋が見たいの?」
豆鉄砲「普通…部屋に行くでしょ。」
コロッケ「そっか…じゃあついてきて。」
豆鉄砲はコロッケの部屋に入った。
コロッケ「狭いけど………」
豆鉄砲「(女の子の部屋だぁ………(涙)」
コロッケ「どうしようか……突然だったし………」
豆鉄砲「………………(ドキドキドキドキ」
コロッケ「……………………………(ドクンドクン」
豆鉄砲「き…き……」
コロッケ「え……?」
豆鉄砲「き……ス………………」
コロッケ「何……………??」
             その時・・・バタン!!

453 ::03/01/15 15:40 ID:S9bW6AJV
コロッケ「お母さんかな!?にしては帰るのが早すぎるし……」
豆鉄砲「どっ、どうしよう(汗」
コロッケ「ここで待ってて!」
コロッケは玄関へ向かった。
豆鉄砲「見つかりませんように…見つかりませんように……」
コロッケ「あっ………!!お兄ちゃん!?」
兄「よぉ」
コロッケ「どうして突然帰ってきたの!?」
兄「自分の家なんだからいつ帰ってきたっていいだろ。」
コロッケ「連絡くらいくれればいいのに……」
兄「どーでもいいだろーが。それより腹減った。」
コロッケ「台所にある物適当に食べてて。」
兄「冷たいな。」
コロッケ「今、友達が来てるの!」
兄「友達?あぁ、あの靴か…その友達も足でかいな。」
コロッケ「……………………」
兄「ちょっとその友達に会わせろ。」
コロッケ「どうして!?」
兄「男だろ?」
コロッケ「………………………」
兄「だろ?」
コロッケ「だっ、だから何?」
兄「俺や両親の居ない間に男を部屋に連れ込むとは…お前も変わったなぁ。」
コロッケ「そんなんじゃないもん!」
兄「とにかく挨拶くらいしとかないとな。」 兄はズカズカと妹の部屋へ向かった。
コロッケ「待って、お兄ちゃん、お兄ちゃ………!!!」

454 :21世紀の名無しさん:03/01/15 15:47 ID:1Xf+lEpI
http://www6.ocn.ne.jp/~endou/index2.html
    ★YAHOOOプロフィール★

455 ::03/01/15 15:53 ID:S9bW6AJV
豆鉄砲「(マズイ、誰か来たっ!!)」 豆鉄砲は咄嗟にベッドの下に隠れてしまった。
バタッ!!!部屋のドアが開いた。
コロッケ「(あ…居ない……)」
兄「隠れてるのか!?ますます怪しいな。」
コロッケ「……………………(汗」
兄「この部屋で隠れる所は一つしかない。ベッドの下だ。」
コロッケ&豆鉄砲「………………(ドキドキ」
兄はベッドの下を覗いた。
兄「やっぱり!!」
コロッケ「もう出てきて…豆鉄砲さん………(涙」
兄「豆鉄砲!?」
豆鉄砲「……………………」 豆鉄砲はのそのそとベッドの下から出てきた。
兄「おっ、お前…!!!!!!!」
豆鉄砲「え……?……あ!!!!!!」
コロッケ「?????????」
豆鉄砲「大天才!!」
兄「豆鉄砲!!!」
コロッケ「知り合い??(汗」
大天才「何でお前が俺の妹と……」
豆鉄砲「そっちこそ、なんでコロッケの兄なんだ!?」
コロッケ「友達…なの…………?」
大天才「友達っつーかなんつーか!(怒」
豆鉄砲「…………………………(怒」
コロッケ「(仲悪いのかな………)」
大天才「俺の妹に手を出すとはなぁ……」
豆鉄砲「まだ出してないよ。」

456 ::03/01/15 15:56 ID:S9bW6AJV
>>454
ん。。。

457 :ディアスマイン:03/01/15 17:13 ID:dkhdAbaw
だいてん+テッポ=義兄弟

458 :コロッケ ◆56w9PwlPXY :03/01/15 17:27 ID:cFXcxIk2
私が出演しています!!

459 ::03/01/15 17:56 ID:???
>>457
。。。。。。。。。(ニヤリ

>>458
はい。。豆鉄砲さんからのリクエストで。。。(ニヤリ

460 ::03/01/15 18:12 ID:9ONR5mpJ
大天才「つべこべ言わずに早く出てけやゴルァ!!」
豆鉄砲「わ、わかったよ……(怒」
コロッケ「豆鉄砲さん……!!」
豆鉄砲「…………………………」
大天才「早く出てけってば!!!!!」
コロッケ「お兄ちゃん、やめて!!!」
大天才「俺はお前の為に言ってるんだぞ!!」
コロッケ「お兄ちゃんには関係ないでしょ!?」
大天才「コロッケ……。だってお前、変な事されたんじゃ……」
コロッケ「豆鉄砲さんがそんな事する訳ないじゃない!!紳士だし、お兄ちゃんとは違うんだから!!」
豆鉄砲「(早まってキスしなくてよかった・・・)」
大天才「何だ、その口の利き方はっ……」
コロッケ「私は豆鉄砲さんが好きなの!!」
豆鉄砲「。。。。。。。。。。(ドキッ!」
大天才「コロ……ケ…………………」
コロッケ「お兄ちゃんが出てってよ!!!(泣」
豆鉄砲「そ、それは言い過ぎなんじゃ……」
コロッケ「何言ってるの!?家のお兄ちゃんの方がひどい事言ったのに!!」
大天才「そうか……わかった………」
コロッケ「お兄ちゃ……」
大天才「皆殺しじゃぁぁああ!!!!!!!!!!!」
豆鉄砲&コロッケ「!!!?」
大天才「折角…折角お前の為にできたてのコロッケをスーパーの惣菜コーナーから買ってきたってのに……」
コロッケ「お兄ちゃん…………」
大天才「俺の気持ちをわかろうとしない奴なんて死んじまえぇぇぇ!!!!!!!」
豆鉄砲「コロッケ、逃げよう!!このままだと本当に殺されてしまう!!」
コロッケ「豆鉄砲さん……!!はい、逃げましょう!」
豆鉄砲とコロッケは部屋を飛び出し、走った。
コロッケ「もうすぐ玄関よ!!」
豆鉄砲「思いっきり走るんだ!!」

461 :21世紀の名無しさん:03/01/15 18:14 ID:3RvpIY4j
★あなたの力で森有生をデビューさせて下さい★

シンガーソングライター“U-say”こと森有生がこの度、
自身のHP上にて「10000人ぽちっと押したらデビューします」プロジェクト
を始動させました。
あなたのお力でU-sayのデビューを後押ししてあげてください。
ご協力お願いします。

森有生HP http://www.u-say.net/

462 :コロッケ ◆56w9PwlPXY :03/01/15 18:17 ID:cFXcxIk2
コロッケ「もうすぐ玄関よ!!」
豆鉄砲「思いっきり走るんだ!!」

映画みたいですね!!

463 ::03/01/15 18:19 ID:9ONR5mpJ
>>462
私も一瞬、書きながら思いました。。

464 ::03/01/15 22:23 ID:9ONR5mpJ
豆鉄砲とコロッケは勢いよく階段を駆け下りた。
大天才「待てゴルァァァァァァァ!!!!!!!」 後ろからはもの凄い勢いで大天才が追ってくる。
コロッケ「ハァハァッ」
豆鉄砲「ゼェゼェッ」
大天才「覚悟しやがれ…お前等まとめてあの世逝きじゃぁぁぁぁ!!!!!くらえっ!!!」
大天才はスーパーの袋からコロッケを取り出して投げつけた。
豆鉄砲「うわぁ、コロッケだ!!!」
コロッケ「普通のコロッケじゃないわ!!爆弾入りよ!!」
大天才「ヒヒヒヒヒヒ!!!!!」 爆弾入りコロッケを投げ続ける大天才。
コロッケ「あっ!!!!」
豆鉄砲「危ないっ!!!」
豆鉄砲はコロッケをかばうため、自ら爆弾入りコロッケにぶつかった。
豆鉄砲「ぐぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!」
コロッケ「豆鉄砲さん!!!!!!!!」
大天才「命中…っと………(ニヤ」
コロッケ「豆鉄砲さん!!豆鉄砲さん!!目を開けて!!!」
豆鉄砲「…………………………………………………………………」
コロッケ「うっ……うっっ…………………」 コロッケは泣いた。
大天才「お前を誘惑する奴はもう居ない…目が覚めたか?」
コロッケ「うぅっ……………」 コロッケは大天才を睨み続けた。
大天才「何か言ってくれよ、お兄ちゃんに………」
コロッケ「くっ………!!」 コロッケは爆弾入りコロッケを掴み、思い切り自分の体に叩きつけた。
大天才「コロッケ!!!」
コロッケ「あぁぁぁぁぁあぁあぁぁあ!!!!!!!」 爆発したコロッケで、コロッケは命を絶った。

465 ::03/01/15 22:24 ID:9ONR5mpJ
大天才「バッ…バカなっ………そんな……お前はバカだよ………」
豆鉄砲「んっ……………」 豆鉄砲がピクリと動いた。
大天才「豆鉄砲!?生きてたのか!?」
豆鉄砲「う゛ぅ………?コロ…ケは……?」
大天才「お前の為に…死んだよ…お前のせいでな……」
豆鉄砲「そっ、そんな!!」
豆鉄砲の横にはコロッケが横たわっていた。
豆鉄砲「コロッケ……うぅ…………」 豆鉄砲は号泣した。
豆鉄砲「大天才………」
大天才「何だよ?」
豆鉄砲「俺が嫌いなら殺せ。」
大天才「豆鉄砲………」
豆鉄砲「さぁ、早く殺してくれ!!コロッケの所に行ってやらないと!!」
大天才「わ、わかったよ………」
豆鉄砲「………………っ………………………」 豆鉄砲は目を閉じ、口をギュッと結んだ。
大天才「いくぞ……」 大天才は爆弾入りコロッケを豆鉄砲に投げつけた。
豆鉄砲「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁあぁああああぁぁ!!!!!!!!!!」 ガクッ。。
大天才「ふぅ……まるでロミオ&ジュリエットだな……」
大天才の目から涙がこぼれた。
大天才「俺は…何て事……したんだろう………」
大天才は悔い改めた。豆鉄砲とコロッケは死んでからもお墓の中で…手を繋ぎ、ずっと、ずっと一緒に寄り添っていたそうな………。

466 ::03/01/15 22:28 ID:9ONR5mpJ
お互い、死んだと思いこみ自殺。。目が覚めると相手が死んでいると思いこみまた自殺。。を繰り返そうとも考えましたが。。あんまりなのでやめまし。。

467 :/,,' ゝ`ヽなっしゃん ◆SEGApSaId. :03/01/15 22:29 ID:HO/NL1Tu
ああああ!!最近あんまりボビー見てなかったらマボタンが復活してるぅ!!不覚ぅぅ!!
マボタンおかえりなさい!!
しかも早速オレのお話を考えてくれるなんて(感涙

468 ::03/01/15 22:30 ID:9ONR5mpJ
>>467
はい。。。(涙

(6302-9999)さんの密かな恋心で。。よ。。。

469 :/,,' ゝ`ヽなっしゃん ◆SEGApSaId. :03/01/15 22:31 ID:HO/NL1Tu
激しくヲタク心をそそる設定で(;´ロ`)d
流石はマボタン

470 ::03/01/15 22:37 ID:9ONR5mpJ
>>469
そそりますか。。?(・・;)

471 :コロッケ ◆56w9PwlPXY :03/01/15 23:02 ID:cFXcxIk2
死にましたね!!

472 ::03/01/15 23:06 ID:9ONR5mpJ
>>471
す、すいませ。。。

473 :コロッケ ◆56w9PwlPXY :03/01/15 23:06 ID:cFXcxIk2
きにしないでくさい!!

474 :人間座椅子:03/01/15 23:53 ID:BQyuEjNq
マボーヾ(;´Д`アハァアハァ

475 ::03/01/15 23:57 ID:9ONR5mpJ
あ。。

476 :人間座椅子:03/01/15 23:58 ID:BQyuEjNq
今死にそうになった!!かなり焦った!
学校が明日からなんて知らなかった

477 ::03/01/16 00:01 ID:PMn/uzyg
>>476
幻「全然やってない。成績表もなくなった」
祖母「のんきだな・・・」

478 :人間座椅子:03/01/16 00:02 ID:2fU5PLn1
論文原稿なくしました

479 ::03/01/16 00:17 ID:PMn/uzyg
>>478
ノートに書け。。

480 :人間座椅子:03/01/16 00:23 ID:2fU5PLn1
>>479
無理。書けないよ・゚・(ノД`)・゚・。ウワーーーン
明日が学校という気持ちの整理が出来ていない

481 :人間座椅子:03/01/16 00:23 ID:2fU5PLn1
日付が変わって今日!!!

482 :人間座椅子:03/01/16 00:24 ID:2fU5PLn1
不登校キボン

483 ::03/01/16 00:28 ID:PMn/uzyg
>>480
自分だって今日書いたのに。。(しかもまだできてな。。)

484 :人間座椅子:03/01/16 00:38 ID:2fU5PLn1
それにしても何でさっき明日が登校日だとふと気付いたのか。。
ここで溜まってた事を吐き出します。
林檎のでぶいでにはエロシーンがない!
バイト先の人が客の時計壊した!60万。
昨日ヤングが来て、学校が明後日からだと聞いた!
インスーは学校出張ライブをやっていて色んな所へ行き、女子高で20人程度の前で歌を披露したが女子高生は興味ナシに見てた!ちなみに孤児院みたいな所にも行った、うちの学校で呼べばよかったのに!
AIRのカッコ良さに気付いた!
松本が痩せた!
壊れたテレビは伝行動でタダで交換してもらった!

485 :人間座椅子:03/01/16 00:41 ID:2fU5PLn1
スマイリーが金魚グッズをまた買った!
ヨボヨボの客がVシネ買った!
ゴムを買う世代が高齢者になった!


486 ::03/01/16 00:43 ID:PMn/uzyg
>>484
何で壊したん。。?

仙台に泊りに行ったらインスーのサイン入りCDもら。。た。。ヽ( ゚∀゚ )ノ

487 :人間座椅子:03/01/16 00:49 ID:2fU5PLn1
>>486
うちの店では時計の電池交換をやっていて、電池は入れてフタをしたがフタがはまらなくなってしまった。
一応うちではブランド時計の電池は交換しないんだけど、事務の人がブランド品だって事をしらないで交換した。
地元では直す事ができず、A市内の時計屋に店長が持っていった。様子を見るには一週間かかるらしい。

インスーのサイン良かったね( ´∀`)

488 :人間座椅子:03/01/16 00:53 ID:2fU5PLn1
学校かなり心配
みんなに嫌われたりして

489 ::03/01/16 00:54 ID:PMn/uzyg
>>487
最悪だ。。ていうか。。ホームセンターにブランド時計を持ってくる客って一体。。

仙台ラブホ情報。。室内にはお菓子があった。。それも「牛丼」の。。仙台っていうのはわかるけど。。どこにでも売ってるような数十円のやつじゃなくても。。

490 ::03/01/16 00:55 ID:PMn/uzyg
>>488
まずは人をいじめない事だな。。

491 :人間座椅子:03/01/16 01:01 ID:2fU5PLn1
>>489
おかしいよね。普通の時計屋さんに持っていけばいいのに。
専務に時計交換を頼まれて持ってきたらしいが・・・・・

ラブホで思い出した。今日彼にキスマークを首のあらゆる所に20個付けたら大変な事になった!
鹿も免許の更新で新しく写真を撮らなきゃいけなくて、明らかにカナリ目立ってしまう事に気付いた。
喉仏にも付けた。ラブホも経営不振で安いお菓子なのか。。。?

492 :人間座椅子:03/01/16 01:02 ID:2fU5PLn1
>>490
学校行っても私あまり喋らないと思う

493 ::03/01/16 01:06 ID:PMn/uzyg
>>491
はぁ。。怒ったべな。。

実はそれをすごく嫌って迷惑がる男性もいます。。

セイーリ中セクースの場合。。シーツは血まみれ。。大惨事の光景。。(To:ころちゅ様。。)

494 :人間座椅子:03/01/16 01:09 ID:2fU5PLn1
>>493
怒ってなんかないよ。過去の事だから諦めたって。本人いってる時にやったからなー。
迷惑がってはいなかったが。はぁ彼に嫌われたら最悪だな。口から泡出そう。

495 ::03/01/16 01:12 ID:PMn/uzyg
>>494
えぇ客や。。。(涙

学校での性格じゃあ明らかに嫌われますな。。

496 :人間座椅子:03/01/16 01:12 ID:2fU5PLn1
セイーリ中にセクースするとチンコで人を刺したように赤く染まるみたいです。

497 ::03/01/16 01:14 ID:PMn/uzyg
>>496
デスネ。。(ノД`)ウゴカストキハユックリトネ。。

498 :人間座椅子:03/01/16 01:14 ID:2fU5PLn1
>>495
ごめん!レス勘違いした!494のレスは全て彼についてのコメントです!

客が怒ったかどうかは聞いていないです。聞けません。

499 :人間座椅子:03/01/16 01:16 ID:2fU5PLn1
学校での性格少し落ち着いてきたんじゃない???

500 ::03/01/16 01:16 ID:PMn/uzyg
>>498
何だゴルァ!!感動して損した。。!!!

501 :人間座椅子:03/01/16 01:19 ID:2fU5PLn1
>>500
ごめーん!キスマークについて怒ってなかったという事です

502 ::03/01/16 01:19 ID:PMn/uzyg
>>499
。。。。。。。。。。。。

503 :人間座椅子:03/01/16 01:20 ID:2fU5PLn1
>>502
あのさ。。。。。。が多いよ。
減らそうよ。

504 ::03/01/16 01:22 ID:PMn/uzyg
>>501
はぁ。。。

505 :人間座椅子:03/01/16 01:22 ID:2fU5PLn1
さびし〜ん棒〜夜があけて少し汁が出ました〜♪

506 :人間座椅子:03/01/16 01:23 ID:2fU5PLn1
最近パンばっか食ってて痩せたと思う

507 :人間座椅子:03/01/16 01:25 ID:2fU5PLn1
ヘルマンは最高だと思う

中村の曲で何が好き?

508 ::03/01/16 01:30 ID:PMn/uzyg
>>503
。。。←こんな感じ。。?
ころちゅ様がお怒りになっています。。。

>>506
パンって太るんじゃ。。。

>>507
♪僕は今歩いてる 雨あがり 君の家へ。。。っていうやつ。。

509 :21世紀の名無しさん:03/01/16 01:31 ID:Ui879InE


http://www.lo-po.com/?2301

510 :人間座椅子:03/01/16 01:32 ID:2fU5PLn1
>>508
ころちゅには黙っとけ

え〜太るの?!

わからない。昔の曲?

学校本当に行きたくない。集団行動に慣れていない。

511 ::03/01/16 01:36 ID:PMn/uzyg
>>510
見てるよ。。。(ニヤ
しかも。。呼び捨て。。て。。

体育教師の話聞いてんのか。。

♪終わりだと言って健康に生きてる 殺風景よさよなら また今度ね
「太陽」というアルバムに入ってる「太陽」という曲。。

集団行動に慣れていない=就職してもやっていけない

512 :人間座椅子:03/01/16 01:39 ID:2fU5PLn1
>>511
2ちゃんの私は本性ではありません!

聞いてない

なるほど

慣れないっすよ。。でもバイトはやってる

513 :人間座椅子:03/01/16 01:41 ID:2fU5PLn1
太陽っていうアルバムに太陽っていう曲ないよ

514 ::03/01/16 01:42 ID:PMn/uzyg
>>512
ある意味。。な。。。

聞けじゃ。。

バイトして客相手にしてるんだったら問題ナシだべ。。

515 ::03/01/16 01:44 ID:PMn/uzyg
>>513
じゃあ「夕凪」かな。。

516 :人間座椅子:03/01/16 01:44 ID:2fU5PLn1
>>514
あら。。

授業は苦手

客に意外と好評

517 :21世紀の名無しさん:03/01/16 01:45 ID:PMn/uzyg
わかった。。!!「再会」だ。。!!

518 ::03/01/16 01:45 ID:PMn/uzyg
ななしになった。。

519 :人間座椅子:03/01/16 01:45 ID:2fU5PLn1
>>515
わかった!

520 :人間座椅子:03/01/16 01:46 ID:2fU5PLn1
>>517
頭が混乱。

>>518
ナナーシー

521 :人間座椅子:03/01/16 01:48 ID:2fU5PLn1
学校かなり不安。
休んだらごめんね。

522 ::03/01/16 01:48 ID:PMn/uzyg
>>516
調理大嫌。。

不評の時もある。。と。。

523 :人間座椅子:03/01/16 01:50 ID:2fU5PLn1
>>522
学校自体嫌!またケーキ作るの知ってる?

まあそんな日もあるよ!

524 ::03/01/16 01:50 ID:PMn/uzyg
>>520
つまり好きな曲は「再会」だという事になります。。

>>521
そうなったら中さんハッピーだな。。休むなら嫌な授業の日にしとけ。。明日は早く終わるんだから。。

525 :人間座椅子:03/01/16 01:51 ID:2fU5PLn1
>>524
再会ラジャー!

中サソ来ないに賭ける

526 ::03/01/16 01:52 ID:PMn/uzyg
>>523
知らね。。。何回作れば気が済むのや。。。(最悪

って。。何でこのスレで会話してるのか。。

527 ::03/01/16 01:54 ID:PMn/uzyg
>>525
でも。。終業式の日。。来たよ。。

528 :人間座椅子:03/01/16 01:54 ID:2fU5PLn1
>>526
きっと納得いくまで作らされると思う

ウチら貧乏じゃん。節約を。。。

529 :人間座椅子:03/01/16 01:55 ID:2fU5PLn1
>>527
絶対母の強制です!!!!

530 ::03/01/16 01:55 ID:PMn/uzyg
>>528
あんこがきにくわねぇ。。。!!。。ガシャン!!

何の節約。。

531 :人間座椅子:03/01/16 01:56 ID:2fU5PLn1
病気になりたい。入院したい。

532 ::03/01/16 01:57 ID:PMn/uzyg
>>529
最後だったし。。早く終わる日だったし。。

>>531
勉強遅れるだけだ。。

533 :人間座椅子:03/01/16 01:58 ID:2fU5PLn1
>>530
皿割るな!まあどうせ学校は終わるんだし、皿は不要になるけど。

メール代

534 :人間座椅子:03/01/16 01:58 ID:2fU5PLn1
>>532
中さん君って奴は!

遅れてもいい

535 ::03/01/16 01:59 ID:PMn/uzyg
>>533
材料の無駄だよ。。な。。

いや。。ナゼ物語スレで会話してるのかって事。。

536 :人間座椅子:03/01/16 02:01 ID:2fU5PLn1
>>535
無駄っすな

じゃあ面倒だけどザイスのスレで会話する?どっちでもいいよ。気付いたら会話してた。
マボチャンとの会話楽しいから夢中になってた。

537 ::03/01/16 02:02 ID:PMn/uzyg
>>534
笑ってたよ。。

まぁ。。学校では控えめにする事で。。な。。(先生に対する暴言とか。。)

538 :人間座椅子:03/01/16 02:03 ID:2fU5PLn1
>>537
ヤパーリザイスがいないと楽しいのか!

暴言は止まらない

539 :人間座椅子:03/01/16 02:07 ID:2fU5PLn1
落ちた

540 ::03/01/16 02:10 ID:PMn/uzyg
>>536
無駄すぎ。。ご飯代わりにするなど。。信じられん。。

そっちの方で。。

>>538
嬉しくて安心するんだべ。。(ニヤリ

先生がかわいそ。。。

541 :人間座椅子:03/01/16 02:13 ID:2fU5PLn1
マボよスレ来い


542 :大天才.ac.jp ◆wW1ZwOwwBE :03/01/16 11:52 ID:???
あぁ、二人とも殺してしまった。。。


















ヒャハハハハハハハハ

543 :山崎渉:03/01/17 08:05 ID:???
(^^;

544 ::03/01/18 01:01 ID:2oefdS1d
>>542
悪魔じゃぁ。。

>>543
謎じゃぁ。。。

545 :21世紀の名無しさん:03/01/18 08:13 ID:???
まぼ様!
『田中夢子・団地妻』で一作お願いします!

546 ::03/01/18 18:55 ID:NTeVCamA
『田中夢子・団地妻』
田中「夢ちゃん、いってきま〜す!!今日はちょっと遅くなるけど我慢しててね〜!!」
夢子「はいはい、行ってらっしゃい。」 笑顔で田中を見送る夢子。
夢子「ふぅ・・・パパ今日は遅いんだって、元輝・・・」
元輝「遅いの・・・?」
夢子「そうよ。ママと元輝二人だけね。」
元輝「はぁ〜い」
夢子は元輝の遊び相手をして、疲れ切っていた。
夢子「元輝、ねんねしましょーね(汗」
元輝「やぁだぁ!!」
夢子「コラッ、ねんねしなさい!」
元輝「・・・はい・・・・・」 落ち込む元輝。
夢子は元輝を寝かしつけた。
夢子「ふぅ〜〜〜〜〜っ・・・元輝にはついてけないわ・・・」 夢子は横になった。
。。♪ピンポ〜ン。。。。。
夢子「もう、誰かしらこんな時に・・・ゆっくりできないぃ・・・」
夢子が出ると・・・
荒岩「ヨォ」
夢子「あら、係長さん!?」 夢子の疲れが吹っ飛んだ。
荒岩「ちょっと元輝君と君の顔が見たくなってな。」
夢子「元輝は今寝てるんです。さっきやっと寝かしつけた所で・・・」
荒岩「おっと、そりゃスマンな。じゃあまた今度来るよ。」
夢子「いえいえ、どうぞー」
荒岩「そ、そうか?じゃあ上がらせてもらうぞ。」
夢子「はいっ。」

・・・・・・・・・・・・・・続く・・・・・・・・・・・・・・・・

547 :/,,' ゝ`ヽなっしゃん ◆SEGApSaId. :03/01/18 19:00 ID:S3qlhUHD
ちんちんはナゼちんちんという名前になったのでしょうか

548 ::03/01/18 19:08 ID:NTeVCamA
>>547
犬のちんちんはナゼちんちんというのでしょうか。。

549 ::03/01/18 19:16 ID:NTeVCamA
荒岩「可愛い寝顔だな・・・」 荒岩は元輝を見つめながら言った。
夢子「はい・・・(ニコ」
荒岩「最近どうだ?」
夢子「何がですか?」
荒岩「田中との結婚生活さ。満足してるのか?」 タバコに火をつけながら荒岩は言った。
夢子「え、えぇ・・・幸せです。」
荒岩「本当か?」
夢子「えぇ・・・多分・・・・・どうしてそんな事聞くんですか?」
荒岩「刺激というものが欲しくなる時期なんじゃないかと思ってな。」
夢子「刺激・・・?」
荒岩「一緒に暮らしてると・・・何ていうか・・・新鮮味がなくなって、うんざりした気持ちになったりしないか?」
夢子「まぁ・・・不満はそんなにありませんけど、色々な事がマンネリ化してるような気はします。」
荒岩「だろ?」
夢子「はい・・・?」
荒岩「刺激を味わってみたくないか?」
夢子「・・・・・・・・・・・・係長さん・・・・・・・」
荒岩「な、いいだろ・・・」
夢子「・・・・・・・・・・・・・」
荒岩は夢子を抱きしめた。
夢子「かっ、係長さん・・・ダメっ・・・ダメですよ・・・!!」 抵抗する夢子。でも正直、悪い気はしなかった。最近の田中は、休みの日となればパチンコばかりなので冷めてしまっていたからだ。
荒岩「木村君・・・」
夢子「私・・・もう、田中なんですよ・・・」
荒岩「もう一度あの頃に戻りたいな・・・」
夢子「え・・・?」
荒岩「君がオレに好意を抱いていたのはわかっていた・・・」
夢子「主任さん・・・」 いつの間にか二人の頭は昔へ戻っていた。
荒岩「しかし・・・しかしっ・・・君を愛人にしたくても・・・周りの目があって・・・できなかった・・・チャンスがあればいつも田中に邪魔され・・・結局君は田中のものに・・・」
夢子「主任さん・・・私だって・・・私だって・・・・」
荒岩「何だ・・・?」
夢子「主任さんが振り向いてくれないから諦めたんですよ・・・私には田中君しかいないんだなぁ・・・って・・・」
荒岩「すまない・・・」

550 ::03/01/18 19:35 ID:NTeVCamA
夢子「主任さん・・・」
荒岩「できる事なら・・・オレは・・・オレは・・・」
夢子「もう遅いですよ・・・係長さん・・・」 夢子は涙を流した。
荒岩「木村君・・・」
夢子「も、もうやめて下さい・・・」
荒岩「木村君・・・!!」
夢子「・・・・・・・・っ・・・・」
荒岩「1度だけでいい!!君とあの頃できなかった事を・・・今・・・!!」
夢子「いっ、いやぁっ、主任さん!!」
荒岩は強引に夢子にキスをした。
夢子「んんっ・・・・・」
荒岩「ハァハァ・・・」
夢子「しゅ・・にん・・さ・・・」
荒岩「自分に正直になるんだ。」
夢子「もう・・だめ・・・」
荒岩「いいんだな、木村君?」
夢子「・・・・・・・・・・・・」 夢子はコクリと頷いた。
荒岩「あのバカ田中が君を抱いたなんてっ・・・!!(悔」
夢子「あぁ・・・主任さんっ・・・」

551 :545:03/01/18 20:49 ID:???
ドキドキ…!!

552 ::03/01/19 18:53 ID:NInYfjDL
クッパパ物語スレたてよ。。かな。。

553 :21世紀の名無しさん:03/01/19 19:08 ID:???
クッパパスレで夢子景品ネタを依頼した者です!
それがいいかもしれませんね!?

554 ::03/01/19 21:33 ID:???
>>553
続きお願いしま。。ハァハァ。。

555 :21世紀の名無しさん:03/01/19 22:51 ID:???
>>554
どっちを?ここで?


556 ::03/01/19 23:21 ID:???
http://ton.2ch.net/test/read.cgi/bobby/1042970297/l50
↑ここで。。

557 ::03/01/20 04:15 ID:quebH3fB
ハァハァ。。!!
http://www.fsinet.or.jp/~futo/majo/gomon001.html

558 :山崎渉:03/01/20 10:28 ID:???
(^^)

559 :ディアスマソ:03/01/20 12:04 ID:www90Np8
猿ベージ

560 ::03/01/21 02:46 ID:???
パン を 食 べて 死  ぬ   い 命   浸  透   愚  命
名  哀   殺   死    結   日     か    な

561 :545:03/01/21 03:01 ID:???
>>560
あっち荒れちゃったな…!大丈夫?

562 ::03/01/21 03:15 ID:???
>>561
どうしましょ。。このまま続けるべきか。。

563 ::03/01/21 03:19 ID:???
sage。。でいくかな。。

564 :545:03/01/21 17:39 ID:???
sage!

565 ::03/01/26 09:06 ID:cp2I6jy3
ころちゅ「ガソシ先生。。まだ帰ってこないんで。。か。。?(涙」 ころちゅは独り言を言っていた。
大天才「よ、ころちゅ!」
ころちゅ「あ、大天才さ。。。」
大天才「暗い顔すんじゃねーよ。」
ころちゅ「だ、だって。。ガソシ先生が。。。(涙」
大天才「ガソシ先生?あぁ、そんな奴もいたっけな。」
ころちゅ「そんな奴って。。そんな言い方。。」
大天才「いーの、いーの。もう居なくなった奴なんて忘れちまえ!!ぎゃはははkfまふぉりぱfpff」
ころちゅ「。。。。。。。。。」
大天才「そんな事よりさぁ、オレ達と悪い事しよ〜ぜぇ〜☆」
ころちゅ「悪い事。。?」
大天才「その辺の女拉致ったりよぉ、金奪ったり、その金でゲーセン行ったり。」
ころちゅ「そ、そんな事。。私は悪い事なんて。。。しいて言えば幻さんを殴ったりグリグリしたりだけで。。。」
大天才「甘いぜころちゅ!!そんなのはただのお遊びだ。」
ころちゅ「そ、そうで。。?あ、さっき言ってた“オレ達”って。。?」
大天才「あぁ、山嵐の事に決まってんじゃん。」
ころちゅ「げ。。山。。嵐。。。!?」
大天才「そっ。あ、来た来たー。おい、山嵐!!」
山嵐「・・・大天才か・・・・・」
大天才「見ろ、ころちゅ。山嵐が持ってるもの!!」
ころちゅ「え。。。。?」
山嵐は手らしいものを持っていた。
大天才「な?な?」
ころちゅ「え。。えぇぇ!?ちょっと、これって。。人間の手じゃ。。!?(驚」
大天才「見りゃわかるだろ。」
山嵐「ぐへへへへへへ。。。」 山嵐は持っていた手をかじった。
大天才「オイオイ、生はやめとけって〜(w」
山嵐「刺身にして食いたいんだけど。」
大天才「オレは燻製だな。」
ころちゅ「。。。。。。。。。。。(汗」

566 ::03/01/26 09:22 ID:cp2I6jy3
ころちゅ「ちょっと君達。。一回ゆっくり落ち着いた方が。。。(汗」
山嵐「あ?何だ、お前は?」
大天才「ころちゅだよ。友達だ。」
ころちゅ「(べ、別に友達になった覚えは。。。)」
山嵐「ケッ、これが友達かよ。」
大天才「んー・・・まぁな。」
山嵐「コイツは何ができんだ?」
ころちゅ「はい。。?」
山嵐「どんな残酷な事ができるかって聞・い・て・ん・の!!!」
ころちゅ「だ、だから私は。。。(汗」
大天才「山嵐、コイツはまだ初心者だ。これからだよ。」
山嵐「・・・・ケッ。大して期待できねーな。」
ころちゅ「じゃあ私はこれで。。。」
山嵐「待てよ。」
ころちゅ「。。。。。。。。(泣」
山嵐「大天才の友達なんだろ?勉強しに行かねーと。」
ころちゅ「勉。。強。。。?」
大天才「どんな酷い事をしてあるくかだよ。」
ころちゅ「私にはできません。。!!」
山嵐「てめぇ、殺されてえのか?」
ころちゅ「。。。。。。。。。」
大天才「まぁころちゅ、見学でもしてってくれや。」
ころちゅ「(。。。クソッ)」
山嵐「じゃあ行くか。」
ころちゅ「(先生。。幻さん。。助けて。。。!!(泣)」

567 :山崎渉:03/01/28 12:23 ID:???
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉 

568 :人間ザ椅子:03/01/29 19:35 ID:???
>>567
またお前か!!

569 ::03/01/30 07:12 ID:fu+0fxXP
山嵐「じゃあ今日は何からするかな・・・」
ころちゅ「。。。。。。。。。(ドキドキ」
山嵐「老人の杖奪おうぜ。」
ころちゅ「。。ハ。。!?(く、くだらなっ。。。)」
大天才「いいなそれ。」
山嵐「ジジイ、いい杖だな。」
老人「は、はぁ、どうも・・・」
すぐさま山嵐は老人から杖を奪い取った。
老人「あ、あぁっ・・・!」
ころちゅ「ひ、ひど。。。(涙」
山嵐「へへーーーーんだ」
大天才「やったな、山嵐!!」
山嵐「あーおもしれ〜」
大天才「見たか、ころちゅ。楽しいだろ。」
ころちゅ「。。。。。。。(全っ然。。ガキっぽ。。。)」
山嵐「言葉を失ってんだろ。」
大天才「ころちゅもデリケートなお年頃だな!!」
ころちゅ「(わけ。。わから。。ん。。。)」
大天才「次は何にするかな・・・」

570 ::03/01/30 07:13 ID:fu+0fxXP
ころちゅ「あのー。。。」
山嵐「ん?」
ころちゅ「バカらしいので、帰らせていただきます。それじゃ。」
山嵐「オイ、待て!!(怒」
ころちゅ「。。。。。。。」 ころちゅは無視して歩き続けた。
山嵐「ナマイキな奴だな!!このオレをバカにすんのか!?」
ころちゅ「もうバカじゃないですか。。。(ニヤリ」
大天才「ころちゅが普通に喋ってる・・・」
山嵐「ぬぉぉぉおおぉぉおぉぉぉおおおぉぉぉ!!!!!!!!!!!」
ころちゅ「(うるせぇ。。)」
大天才「ころちゅ、コイツを怒らせたら大変だぜ!!・・・なんつってな♪」
山嵐「ころちゅーーーーーーーー!!!!!!勝負だーーーーーーーーー!!!!!!」
ころちゅ「私は紳士なので争い事は嫌いでして。。。」
大天才「うへへへへへ・・・」
山嵐「な〜にが紳士だよ、このクソバカがっ。」
大天才「クソバカって何だよ(w」
ころちゅ「いつまでもそうやってなさい。。」
山嵐「お前、まだしらねーのか?ガソシを殺ったのはこのオレだよ。」
ころちゅ「えっ。。。」
山嵐「お前はずっとバカみたいに帰りを待ってたみたいだけどな!!」
ころちゅ「そ、そんな事。。それにあなたのような弱い人間が人を殺せるなんて。。そんな事。。。(汗」
大天才「面白くなってきたぞ・・・」

571 ::03/01/30 07:14 ID:fu+0fxXP
山嵐「ホレ、先生のカ・タ・キ!!」
ころちゅ「私は。。暴力などで物事を解決させるような人間では。。。(涙」
山嵐「バカころちゅ♪お前の母親がどうなってもいーのかな?」
ころちゅ「いーよヽ(°▽、°)ノてゆーかまぢで殺って」
山嵐「・・・・・・・・・・・(汗」
大天才「クックックッ・・・・」
山嵐「こ、このっ・・・」
ころちゅ「でも。。本当に、先生をどこにやったんで。。。?(怒」
山嵐「オレと勝負した後だ。」
ころちゅ「。。。。。。。。。」
山嵐「オッパイの感触がするクッションもやる。」
ころちゅ「おぱーーーーーい。。。。!!!。。しょーがない。。やってやるか。。」
大天才「単純・・・!!」
山嵐「よ、よし、じゃあ勝負だ!!!」
ころちゅ「かかってきなさい。。。」
山嵐「ゴルァァァァァァ!!!!!!!!!」 ころちゅに突進する山嵐。
ころちゅ「おぱーーーーーーーい!!!!!!」 山嵐に突進するころちゅ。
大天才「いいぞぉぉぉぉぉ!!!!!」 ビールとつまみを持って観戦する大天才。
山嵐「ヴッッッッ!!!!!!!!!」 山嵐に、目玉が飛び出るほどの衝撃がきた。
ころちゅ「。。。。。。。。!!!!!。。きまっ。。た。。。」
山嵐は倒れこんだ。

572 ::03/01/30 07:16 ID:fu+0fxXP
ころちゅ「フゥ。。。ガソシ先生の恨みも晴らしたし。。。さ、先生解放とおぱーいをもらおうか。。」
大天才「もう1回やってくれ!!!」
ころちゅ「無理。。。」
大天才「もう終わったのかよ、つまんねーな。酒がまずくなる!!」
ころちゅ「早く。。おぱーい。。おぱーい。。。」
山嵐「・・・・んなもん・・・ねぇ・・・よ・・・・・」
ころちゅ「ない。。。!?」
山嵐「・・・たりめー・・・だろ・・・が・・・・」
ころちゅ「こっ。。このっ。。。!!!!(怒」 ころちゅは拳を握った。
大天才「おっ、また始まるか!?(ワクワク」
・・・と、その時・・・
幻「あ、ころちゅさ。。。ころちゅさ。。。!!!!」
大天才「何だありゃ。幻じゃねーか。」
ころちゅ「幻。。さ。。何してるんで。。?」
幻「散歩で。。よ。。。(ニヤリ」
「ころちゅさん、お久しぶりです」

573 ::03/01/30 07:16 ID:fu+0fxXP
ころちゅ「こ、この声は。。せんせ。。。!?」
ガソシ先生「はい、そうです。」
ころちゅ「先生、どこに行ってたんで。。?(号泣」
ガソシ先生「ちょっと入院してただけですよ・・・」
幻「だから今、私と気分転換に散歩を。。。」
ころちゅ「そ、そうだったんで。。よか。。た。。。(涙」
ガソシ先生「ころちゅさんも散歩しますか?」
ころちゅ「はいっ。。。!!ハァハァ。。」
幻「(ころちゅさんもくるのか。。)」
そして3人は散歩へ行った。
大天才「ポカーーーーン。。。」
山嵐「こ、ころちゅ・・・は・・・?」
大天才「散歩だよ・・・・」
山嵐「散歩・・・か・・・・・」
大天才「うん・・・・・」
山嵐「はは・・あはははははは・・・・・」
大天才「ふははははははっ・・・・・」
二人は公園でむなしく笑った。

574 :人間ザ椅子:03/01/30 22:45 ID:???
>>573
朝から頑張るね☆

575 ::03/02/01 17:54 ID:OEsinyi0
出張帰りのディアスマイン「疲れたな・・・早く家に帰ってゆっくり・・・」
大天才「ディアっさ〜ん」 大天才が現れた。
ディアスマイン「(うわ、やっかいな奴に会っちまったなぁ…)何だ…?」
大天才「あ、出張帰り?」
ディアスマイン「そうだ。疲れてるんだ。またな。」
大天才「なぁ、遊ぼうぜ。」
ディアスマイン「ガキと遊んでる暇はないんだよ。」
大天才「ガキじゃないぜ。」
ディアスマイン「そうか…。」
大天才「お金貸してくれません?」
ディアスマイン「もうお前には貸さない!!前に貸したやつ返せよ。」
大天才「生活が苦しくて………」
ディアスマイン「真面目に働けよ。」
大天才「………………………」
コロッケ「おにいちゃん」
大天才「コ、コロッケ!!何しに来たんだよ。」
コロッケ「おにいちゃんの監視。」
大天才「ケッ」
コロッケ「ねぇ、家に帰ろうよ〜」
ディアスマイン「そうだ、帰った方がいいぞ。」

576 ::03/02/01 17:54 ID:OEsinyi0
大天才「うっせぇよ!!オレの勝手だろ。」
ディアスマイン「コロッケ、連れて帰れ。」
コロッケ「はーい。」 大天才を引っ張るコロッケ。
大天才「やめろ、バカ!!今、金を借りようと……」
コロッケ「やめてよ、恥ずかしい!!」
大天才「オレはてめーの方が恥ずかしいよ!!」
ディアスマイン「じゃーな、大天才。(あーよかった)」
大天才「お前のせいだからな!!!(怒」
コロッケ「あらそ。」
大天才「離せよ。」
コロッケ「やだ。」
大天才「離せ。」
コロッケ「ヤダ」
大天才「離しやがれってんだよ!!!!!!!」
コロッケ「うるさい!!!!!」
大天才「そう言ってられるのも今の内だからな!!山嵐に頼んでお仕置きしてやる!!!」
コロッケ「そう………」

577 :人間ザ椅子:03/02/01 17:57 ID:???
うんこ

578 ::03/02/01 17:59 ID:OEsinyi0
>>577
。。。。。。。。。。クダラネ

579 :人間ザ椅子:03/02/01 17:59 ID:???
>>578
氏ね

580 ::03/02/01 18:01 ID:OEsinyi0
>>579
取り憑いてやる

581 :人間ザ椅子:03/02/01 18:05 ID:???
>>580
親戚の霊をマボに取り憑かせてやる。。。

582 ::03/02/01 18:09 ID:???
>>581
うちはちゃんと備えてあるから大丈夫。。(多分 

583 :人間ザ椅子:03/02/01 18:12 ID:???
>>582
栃木で買った線香使ってる?

584 ::03/02/01 18:20 ID:???
>>583
使ってる。。

585 :人間ザ椅子:03/02/01 18:34 ID:???
>>584
あら。。。使ってみて普通の線香と違うかな?

586 ::03/02/02 03:44 ID:/53xFES/
大天才「離せ、ゴルァ!!!!!」 大天才はコロッケから離れた。
コロッケ「あっっっ!!」
大天才「フン、バカめ!!!!」 大天才は逃げた。
コロッケ「待てやゴルァァァ!!!」
大天才は走った。山嵐の所へ行くのだ。
コロッケ「逃がさない!!!!!」 コロッケは追いかけた。
大天才「お待たせ〜」
山嵐「Die天才、金取れたか?」
大天才「ディアスのオッサンに頼んだけど、全然ダメ。コロッケの野郎がじゃましやがってよぉ。」
山嵐「後ろ。」
大天才が後ろを振り返ると、コロッケがいた。
大天才「このバカヤローーーが!!!!」
コロッケ「許さないから!!」
大天才「しつけーんだよ、バカ!!」
コロッケ「逃げんなよ、バカ!!!」
山嵐「威勢の良い妹だな……」
大天才「だろ?これが妹なんだぜ。」
山嵐「使えるかもな。」
コロッケ「?」

587 ::03/02/02 03:45 ID:/53xFES/
大天才「何に使えるってんだ?」
山嵐「か・ね・か・せ・ぎ」
コロッケ「はぁ?」
大天才「というと……?もしかして……」
山嵐「売り飛ばしちまえよ!ひゃはははははは!!!」
コロッケ「!!!!!」
大天才「オイ、こんな奴でもオレの妹だぞ。」
コロッケ「おにいちゃん………」
山嵐「嫌なのか?」
大天才「無理だって、こんなスタイルじゃ。」
コロッケ「シネ!!(怒」
山嵐「十分大丈夫だろう。」
大天才「いいか、コロッケ?」
コロッケ「いい訳ないじゃん!!!!!」
大天才「だよなぁ……」
コロッケ「おにいちゃん、帰ろう。」
山嵐「大天才、金があったら風俗行けるぞ。」
大天才「よしっ!!さぁコロッケ、行くぞ。」
山嵐「そうそう、その意気!」
コロッケ「やめてよ!!冗談でしょ!?」
大天才「いや。」
山嵐「本気だよな。」
コロッケ「ほ、本当なの……おにいちゃん………」
大天才「気やすくおにいちゃんなんて呼ぶなよ。ヘドが出る。」
コロッケ「おにいちゃ……(殺す…絶対殺してやる!!!!!!!)」
山嵐「じゃあ行こうぜ〜」
大天才「おうっ!♪」
コロッケ「誰かっ………!!!!!」

588 :21世紀の名無しさん:03/02/02 03:54 ID:???
>>586-587
つまんねえよ

589 ::03/02/02 03:56 ID:???
四六時中山嵐

590 :山嵐 ◆imodeJv5E. :03/02/02 04:01 ID:JIdWIToZ
どこでも山嵐

591 ::03/02/02 04:03 ID:???
好きだからやっとこう。。
http://member.nifty.ne.jp/qbic/sv/svtop.htm

592 ::03/02/02 04:06 ID:???
最高
http://member.nifty.ne.jp/qbic/sv/sv12.htm

593 :岡田克彦ファンクラブ:03/02/02 12:11 ID:???


2ちゃんの糞スレの皆様に、作曲家・岡田克彦ファンクラブからのご案内です。
ご高承のとおり、岡田克彦氏の卒業した早稲田大学政治経済学部と、ひろゆきの卒業した中央大学文学部夜間は
比較にならないほど差があります。中央大学文学部夜間のようなヘボい大学に共通しているのは、文化水準が
低いということ。18歳から22歳をヘボい大学で過ごすということは、感受性において致命傷と言えます。
2ちゃんねらーの大半は岡田克彦氏に比べて、著しい低学歴で頭が悪いだけでなく、感受性も愚鈍で腐っている
という、取り返しのつかない状態なのです。
せめて、http://www.geocities.co.jp/MusicHall/5933/で、岡田氏の作品に触れましょう。
また、学歴至上主義は、学歴がないか、東大のような高学歴であっても学歴に相応しいだけの自分の特技
等を持っていない人が不愉快に思っているだけのことです。2ちゃんのひろゆきの卒業した中央大学
文学部夜間のようなものは、学歴と言えるようなものではなく、これは、拭うことの出来ない、生涯つきまとう
汚点で、絶対に取り返すことは出来ません。2ちゃんの皆さんの大半は、波風を立てずにその場限りの平穏無事を保守する
という、下らない事なかれ主義にうつつを抜かしていますが、私共は心優しい仲間なので、はっきり申し上げられます。
ひろゆきは、感受性において、まさに取り返しのつかない状態にある、ということです。
従って、阿呆のひろゆきのやっている2ちゃんは阿呆の危険集団だということです。


594 :(6302-9999) ◆6302JeKTYM :03/02/02 23:17 ID:i/8WFHf4
コロッケさんの本性が滲み出てておもしろいです!

595 :人間ザ椅子:03/02/02 23:18 ID:???
>>594
むさおにーさん!!!

596 ::03/02/02 23:20 ID:???
>>594
そーなんでせうか。。?

597 :人間ザ椅子:03/02/02 23:21 ID:???
>>596
いい評価されて良かったね!

598 ::03/02/02 23:22 ID:???
>>597
う〜ん。。。>>588みれ。。だったら読むなよな(w

599 :人間ザ椅子:03/02/02 23:24 ID:???
>>598
>>588は何とも言えないね。。
だったら自分でオモロイ物語作ってみろやって思う。。

600 :人間ザ椅子:03/02/02 23:26 ID:???
うんこ

601 ::03/02/02 23:26 ID:???
>>599
ま、それはいいとして。。>>592見た。。?あれ学校でやりたい。。O先生に。。!!!

602 :人間ザ椅子:03/02/02 23:26 ID:???
>>600
その書き込みは非常識なんじゃないんですか??

603 :人間ザ椅子:03/02/02 23:27 ID:???
>>601
見た見た!!!!O先生にコピーして見せたらどう?

604 ::03/02/02 23:29 ID:???
>>602
は。。?

>>603
「幻さん、やめてよ〜!!ちょっと!!」

605 :人間ザ椅子:03/02/02 23:29 ID:???
>>604
あはは。。。O先生のその姿が想像できる。。

606 ::03/02/02 23:31 ID:???
>>605
リンチの読んで「もう読めなくなってきて。。」って言ってたからなぁ。。

607 :人間ザ椅子:03/02/02 23:32 ID:???
>>606
読めなくなったらザイスが朗読します!!

608 ::03/02/02 23:34 ID:???
>>607
「それよりも手動かしなさい!」

609 :人間ザ椅子:03/02/02 23:35 ID:???
>>608
それじゃオナニーじゃねーかよ!!!!!!!

610 ::03/02/02 23:40 ID:???
>>609
作業。。

611 :人間ザ椅子:03/02/02 23:42 ID:???
>>610
ザーメン撤去作業

612 :(6302-9999) ◆6302JeKTYM :03/02/03 00:10 ID:???
今気づいたんですがTHE椅子さんのアドレスが

613 :人間ザ椅子:03/02/03 00:12 ID:???
>>612
そうですね。。
思いっきり晒してますね。。。。
でもメールする人いないと思います☆

614 ::03/02/03 00:13 ID:???
>>612
本人が。。。(ニヤリ 

615 :人間ザ椅子:03/02/03 00:13 ID:???
>>614
ん??

616 :ひよまん:03/02/03 05:37 ID:QxogaW1K
「おちんちんがイライラするぅぅぅ!!」
「お、おしりはらめれしゅう!」
「ぴゅうってなる! ぴゅうって!」

みさくらなんこつっていいよね。

617 :人間ザ椅子:03/02/03 13:21 ID:???
>>616
チンコがイライラする気持ちわかります!

618 ::03/02/04 00:16 ID:???
宮崎勤は悪くない。。

619 ::03/02/05 04:50 ID:e+WMEiYj
山嵐「良い客がいるといいな。」
大天才「オレもそれを願ってるぜ、コロッケ。」
コロッケ「シネシネシネシネ!!!!!!!」
山嵐「黙れ!!!大人しくしてろ!!犯すぞ!!」
大天才「それは許さねぇ………(怒」
コロッケ「………………………」
山嵐「ス、スマン……」
「お前ら、何してる?」
山嵐「あ?誰だよ?」
見知らぬ男が立っていた。
「そんな女捕まえて何が面白いんだ?」
山嵐「うるせぇ、てめーには関係ねーだろ!!!大天才、やっちまうぞ!!」
大天才「…………………」 大天才は呆然としていた。
山嵐「大天才………?」
コロッケ「あ…………」
大天才「う、嘘…だろ……何であんたが………」
山嵐「知り合い?」
コロッケ「昔の知り合いよ。」
山嵐「で?」
コロッケ「突然消息を絶ったの。」
山嵐「で?」
コロッケ「死んだっていう噂だったのに…今…目の前に…いる………」
山嵐「はぁ!!?死んだ人間がここに!?」

620 ::03/02/05 04:51 ID:e+WMEiYj
大天才「うぅっ……椎原………」
それは、紛れもなく椎原先生だったのだ。
椎原「大天才、お前も相変わらずだな…前よりひどくなったんじゃないか?ズンズン」
大天才「オレ…オレ………」
椎原「やるなら幼女をやれ……ズンズン」
山嵐「幼女?」
コロッケ「幼女をいたぶるのが好きなの。」
山嵐「良い趣味してんな。」
大天才「いや、これは…オレの妹で………」
椎原「妹!?パンパン」
大天才「わ、悪い、ちょっと変な事考えちまって………(汗」
山嵐「大天才が狼狽えてるぞ。」
コロッケ「偉大な人だもん。」
椎原「見損なったぞ大天才!!!」
大天才「悪い………。で、椎原はどこに行ってたんだよ?」
椎原「ちょっと…な……」

621 ::03/02/05 04:52 ID:e+WMEiYj
コロッケ「何だかさびしそう……」
山嵐「そーか?」
大天才「またすぐ、どっか行っちまうのか?ディランみたいに……」
椎原「あぁ……。」
大天才「そうか……」
椎原「だが、お前の根性をたたき直してからだ!!ズンズン!!」
大天才「!!!!」
椎原「まず、お前!!大天才の妹よ!!パンパン!!」
コロッケ「はっ、はいっ、コロッケ…です……」
椎原「兄には必ず復讐をしてやるのだ。逆にアイツを売るがいい!!!ズンズン!!」
コロッケ「はい………(汗」
椎原「次はお前だ!!そこの、人相の悪い奴!!!パンパン!!」
山嵐「オレかよ!?悪かったな、人相悪くて。」
椎原「もっとちゃんと生きた方がいいぞ。ズンズン」
山嵐「あんたに言われなくても、オレは正しく生きてますよ〜」
大天才「違うぞ。」
椎原「そう言ってられるのも今の内だ。」
コロッケ「椎原先生、この二人にお仕置きして下さい!!」
椎原「わかった。」
大天才「ちょっと待てよ!!糞コロッケ!!!」
山嵐「ただじゃおかねーからな!!!!!」
椎原「うるさいな、お前等。」
大天才「…………………」
山嵐「偉そうな事言うんじゃねーよ、変態が!!!」
大天才「いや、椎原にはそれ以上の素晴らしいものを感じるぞ。」

622 ::03/02/05 05:50 ID:e+WMEiYj
>>616
。。。。。。。。。(ニヤリ

623 :(6302-9999) ◆6302JeKTYM :03/02/06 09:55 ID:LQ1ZzytQ
椎原先生。。!

624 :人間座椅子:03/02/06 12:02 ID:???
>>623
ムサオニサン。。。。。

625 ::03/02/07 00:51 ID:???
山嵐「ケッ」
椎原「山嵐に大天才、幼女の首に鎖を巻いて誘拐してこい。」
山嵐「はぁぁぁ!?」
大天才「それいいな……ハァハァ…」
山嵐「お前等、それちょっとおかしいぞ。」
コロッケ「椎原先生だから許されるんだもん。」
山嵐「お前は黙ってろ。」
コロッケ「ま、今にわかるよ。」
椎原「幼女はイイぞ…本当に………」
山嵐「お前のような頭の変な奴は死んでりゃよかったんだよ!!」
大天才「口が悪いぞ、山嵐!!」
山嵐「こんな奴のどこが偉大なんだよ。」
大天才「お前は見た事がないから言えるんだよ。
山嵐「何を?」
大天才「椎原の今まで苦労して集めた……」
椎原「見せてやろう。」
そう言うと、椎原は鞄からビンを取り出した。
山嵐「何だそれ?」
大天才「よく見ろよ。」
山嵐「ん……?え、これって……」
椎原「見ての通り目玉だな。」
コロッケ「うわぁ……」
山嵐「人殺しか!?」
大天才「勝手に死んだからもらったんだろ。」
山嵐「はぁ!?」
椎原「この娘は鍛え甲斐があったな。」
大天才「随分しぶとかったらしいな。」
椎原「うん。でも結構限界まできてたからな…。」

626 ::03/02/07 00:52 ID:???
山嵐「お前等、狂ってるぞ!!!」
大天才「ん?お前に言われたくないんだけど。」
椎原「慣れてない奴は仕方ないだろ。」
コロッケ「山嵐が遅れてるだけ!なっしゃんだって平気だもん。」
山嵐「俺様を呼び捨てにすんじゃねぇ、大天才の妹が!!!(怒」
大天才「落ち着けよ、バカ。」
山嵐「うっせーよ!!!!!(俺はなっしゃんよりも下なのか……)」
椎原「今からでも間に合う。早く幼女の素晴らしさをわかってもらいたいんだ。ズンズン!!」
山嵐「あのさぁ……」
大天才「ホラ、行くぞ!!」 大天才は山嵐を引っ張った。
山嵐「離しやがれ!!!!!!!」
大天才と山嵐は幼女探しに出かけた。
椎原「ふぅ………」
コロッケ「行っちゃった…………」
椎原「お前は家に帰れ。」
コロッケ「折角会えたのに、帰れません!!」
椎原「後悔するんじゃないぞ。」
コロッケ「はい。」
大天才と山嵐は・・・
大天才「良い娘いねーかなー」
山嵐「いいか、大天才。これは犯罪だぞ。」
大天才「何が犯罪だぞ…だよ。お前が今までしてきた事は犯罪じゃないってのか?」
山嵐「人は殺してない。」
大天才「は?殺人の経験あるって言ったくせに。」

627 ::03/02/07 00:53 ID:FXnX/vs8
山嵐「……………………」
大天才「嘘かよ……。ま、お前の事だからそーだろうと……あっ!!!」
山嵐「何だ?」
大天才「あのガキにしよう!!!」
大天才は幼女に近づいた。
大天才「お嬢ちゃん、何才でちゅか?」
山嵐「やめろ、気持ち悪い。」
幼女「ん…6才」
大天才「おにーさん、迷子になっちゃって…道教えてくれる?」
幼女「怪しい……」
大天才「本当におにいさん達困ってるんだ。教えて。ね?」
幼女「…………どこに行きたいの?」
大天才「そーだなぁ……トイレどこかわかる?」
幼女「公園のトイレならすぐそこだよ。ちょっとね、右に行った所。」
大天才「ありがとう。でも見えないからわからないなぁ……」
幼女「もう。ついてきて。」
大天才「(よしっ!!)ごめんねぇ〜」
山嵐「…………………」
大天才と山嵐は幼女についていった。
幼女「ここだよ。」
大天才「本当にありがとうね。助かったよ。お礼に犯しあげようか?」
幼女「お菓子?」
大天才「うん、そう。犯し。」
山嵐「(大天才もよくやるな……)」
幼女「でもね、知らない人から物をもらっちゃいけないんだよ。」
大天才「いいの、いいの。お世話になったんだから、お礼をするのは当然でしょう?」
幼女「でも………」
大天才「だから、ちょっとトイレで……」
山嵐「あっっ!!!」
怪しんだ幼女は逃げ出した。
大天才「クソッ、あのガキ!!捕まえろ!!!」

628 ::03/02/07 00:53 ID:FXnX/vs8
山嵐「うしょ。」
山嵐は簡単に幼女を捕まえた。周りには誰もいない。
大天才「結構賢い奴だな。」
幼女「離して!!」
山嵐「離さな〜い」
大天才「トイレに連れ込むぞ!」
山嵐「大人しくしな。」
幼女「助けて!!助けて!!!」
大天才「この叫びがたまんねぇんだよな。」
山嵐「俺にはうるさくしか聞こえん。」
大天才「今にわかるさ。」
山嵐「……………………」
大天才と山嵐は、人気のない公園のトイレに幼女を連れ込んだ。

629 ::03/02/07 01:01 ID:FXnX/vs8
>>623
会いたい。。。(涙

630 :(6302-9999) ◆6302JeKTYM :03/02/07 15:57 ID:???
幼女。。。(*´Д`)

631 ::03/02/08 04:21 ID:LNVUJn3e
山嵐「大人しくしやがれ!!」
大天才「さ、北朝鮮方法で拉致るか。」
山嵐「ゴミ袋は?」
大天才「ある。ガムテープで縛ろう。」
そして大天才と山嵐は幼女を誘拐した。
大天才「椎原ぁぁぁ!!」
椎原「おっ、早かったな。」
大天才「ちょっと強引にだったけどな。」
山嵐「このガキをどーすんだよ。」
コロッケ「ハァハァ……」
椎原「見てみよう。」
椎原はゴミ袋を開けた。
大天才「どうだよ?」
椎原「うん、まぁいいだろ。」
大天才「よしっ!!」
山嵐「お前は手下かよ……」
椎原「本当は幼女がもう2人いればもっと楽しかったのだが……」
大天才「公園には一人しかいなかったんだ。」
椎原「そうか。」
大天才「早く始めようぜ。ハァハァ……」
椎原「まずは首輪と指錠だな。」
そう言うと、椎原はパンパンと手を叩いた。すると男が現れた。
椎原の弟子「椎原先生」
コロッケ「(あっ、椎原先生の弟子……(照)」
椎原「よく来てくれた。今すぐ首…」
椎原の弟子「申し訳ありませんが、間に合いません。」
椎原「ん?」

632 ::03/02/08 04:22 ID:LNVUJn3e
椎原の弟子「早く戻らねば……」
椎原「そんな…もう少しで久々に幼女を……」
椎原の弟子「地獄をさまよってもいいんですか!?」
山嵐「何だコイツ?」
大天才「椎原の弟子。こいつも行方不明だったんだ。」
山嵐「何なんだ………」
椎原「そうか……なら仕方がない………」 椎原は残念そうな顔をした。
椎原の弟子「でも、幼女は連れていっても問題はありません。」
椎原「なにっ!?それを早く言え!!」
椎原の弟子「申し訳ありません…」
椎原「という訳だ。大天才、山嵐、コロッケ。」
大天才・山嵐「はぁ?」
椎原「オレは戻らねばならない。ズンズン!!」
大天才「どこにだよ?」
椎原「それは言えないんだ……」
大天才「行っちまうのか?」
椎原「うむ……」
山嵐「勝手な奴だな。」
コロッケ「椎原先生……どうして行っちゃうの……(涙」
椎原「コロッケ…泣くな……」
椎原の弟子「椎原先生。時間が……」
椎原「わかってるよ!」
コロッケ「椎原先生の弟子も……(涙」
椎原の弟子「えっ、オレのために泣いてくれるの?」

633 ::03/02/08 04:22 ID:LNVUJn3e
コロッケ「………………(涙」
椎原の弟子「な、泣かないで……(涙」
山嵐「何だこいつらは……」
コロッケは椎原と椎原の弟子に恋心を抱いていた。しかし、椎原に対しては憧れ、椎原の弟子に対しては恋愛感情だったと思われる。
大天才「早く行かなくて大丈夫なのか?」
椎原「そうだったな…じゃぁ…またな。」 椎原は幼女の入ったゴミ袋を持った。
椎原の弟子「お世話になりました。」 礼をする椎原の弟子。
山嵐「ほーぅ……」
大天才「また来いよ。」
椎原「あぁ。」
コロッケ「またいつか……(泣」
椎原「元気でな……」
椎原の弟子「コロッケちゃん、また会えたら遊ぼうね。」
コロッケ「はい………(泣」
椎原と椎原の弟子はスッと消えた。
山嵐「幽霊か!?」
大天才「こえぇ〜〜〜〜!!」
コロッケは泣いているだけだった。
大天才・山嵐「ボケーーーーーーーーーーーーーーーッ………………………」
大天才「あ、そーいえば幼女!!!くそっ、取られたんだった!!覚えてろ、椎原!!!(泣」
山嵐「(………………椎原って……カコイイ………………)」 山嵐は空を眺めながら思った。
                 おわり

634 :21世紀の名無しさん:03/02/08 04:27 ID:inZCLMg3
これでおわり?

635 ::03/02/08 04:28 ID:LNVUJn3e
>>634
すいません。。

636 :21世紀の名無しさん:03/02/08 04:29 ID:OmatcwUH
そっか、お疲れ様でした
いま上がってきた、やぷーでした

637 ::03/02/08 04:32 ID:LNVUJn3e
>>636
あれま。。

638 :やぷー ◆p1lPe6tSdk :03/02/08 04:36 ID:/ptxNcDO
いつも行ってるお水板にある、あゆみのスレ
に行ったらチャット化してて、今からじゃ
入る気しなくて。
みんな会話を読んで面白いけど


639 :ひよまん:03/02/08 04:36 ID:fQLZKUiT
『お医者さんといっしょ』レベルのおもしろさを感じました。

640 ::03/02/08 04:38 ID:LNVUJn3e
>>638
ここもたまにチャット化。。(ニヤリ
>>639
聞いた事な。。
出ます。。?(ニヤリ

641 :やぷー ◆p1lPe6tSdk :03/02/08 04:46 ID:/ptxNcDO
お水板に入ろうとしたら荒らしみたいのが来たから、
なんとなくタイミング的に俺みたいに間違われ
そうで気が引けて…

今日のコピペは何時間で書いたの?
なぜこんな時間に‥‥て思ったけどね


642 ::03/02/08 04:52 ID:LNVUJn3e
>>641
大丈夫じゃないですかね。。?

30〜40分くらい。。かな。。

643 :やぷー ◆p1lPe6tSdk :03/02/08 04:58 ID:MrKdZJHB
3、40分か。相当文章書くのが好きっぽいね。
俺は作文とか嫌いだったし。
いや、もう寝るので落ちます…zzZ


644 ::03/02/08 04:59 ID:LNVUJn3e
>>643
論文とかで批判的な事を書くのも好き(大好き)です。。

じゃあ。。また。。

645 :やぷー ◆p1lPe6tSdk :03/02/08 05:05 ID:YOI0Ec66
>>644
批判的なことを書くのが大好き。。。てのが気になるけどw
お水板を覗いてみたら
「人体実験や死体洗いで大金稼げ!」みたいな話題になってるし…w
ちょっと俺では話しについていけそうにない。
試しに覗いてみたら
面白いよ
おやすみ


646 ::03/02/08 05:08 ID:???
>>645
しかも作文書けって言われて物語(残酷)書いた事も。。怒られなかったけど。。

それは私の興味をそそる内容ですね。。ハァハァ。。
(見つけやすいスレなのかな。。)

647 :コロッケ:03/02/08 08:50 ID:J/xE+PPF
幻さんはすごいですね!!

648 :やぷー ◆p1lPe6tSdk :03/02/08 09:04 ID:/ptxNcDO
>>646
スレは
☆☆さらなる飛躍〜☆☆
てやつです。
☆を目印に探せばすぐに見つかるでしょう。
夜中に人が多いスレだから、今は動いてないかなー。


649 ::03/02/08 09:14 ID:???
>>647
異常な考え方が。。?(ニヤ

>>648
見ました。。あんなに続いてなんですね。。。(←結局起きてやがる。。)

650 ::03/02/08 09:15 ID:???
>>649
「るんですね」の間違。。(ボケ始め)

651 ::03/02/08 09:30 ID:???
なっしゃんは歩いていた。
「あっ、ファービー人形だ!!」
なっしゃんはファービーを拾った。
「ファービーベイビーじゃん…まだ使えるし。落とし物かも。」
そう思いながら、なっしゃんは家まで持ち帰った。
なっしゃん「ほったらかしにすると泣くんだったっけ……」
ベイビー「君の事ダイスキ☆」
なっしゃん「あっそう……」
ベイビー「ベイビーね、こちょこちょ、すき。」
なっしゃん「あっそう……」
ベイビー「お腹ぺこぺこ。」
なっしゃん「ふーん……」
ベイビー「痒ぅい。」
なっしゃん「性病?」
ベイビー「ベイビー性病じゃないもん。なっしゃん、イジワル。」
なっしゃん「!?今、オレの名前言わなかった!?しかも性病とかなんとか……」
ベイビー「グルゥ〜〜〜〜〜〜〜ッ」
なっしゃん「誤魔化すなよ。」
ベイビー「君の事ダイスキ☆」
なっしゃん「もう聞いた。わかったから。さっきと同じ事言ってみろ。」
ベイビー「君の事ダイスキ☆」
なっしゃん「違ーーう!!意味は合ってるけど!!!」
ベイビー「…………………」
なっしゃん「喋れ。」
ベイビー「…………………」
なっしゃん「喋れ!!」
ベイビー「…………………」

652 ::03/02/10 00:51 ID:???
なっしゃん「なら……」
なっしゃんはファービーベイビーを持ち上げ、傾けた。
なっしゃん「これならどうだ。」
ベイビー「うわぁい、高い、高い。」
なっしゃん「チッ。」 なっしゃんはベイビーを振り回した。
ベイビー「こわぁい。おろして。」
なっしゃん「やだよ。オレの名前呼ぶまではな。」
ベイビー「あぁぁぁ…あぁ……」
なっしゃん「早くしろよ〜」
ベイビー「なっしゃん。コロス。」
なっしゃん「え………」
ベイビー「ベイビーね……」
なっしゃん「うるさい!!!!!!」 何故かキレたなっしゃん。
なっしゃん「うっとおしい!!!!!」
なっしゃんはファービーベイビーを床に投げつけた。
ベイビー「ブクブクブクブクブク。。。。。」
なっしゃん「水の中で喋ってるように聞こえるな。」
ファービーベイビーは動かなくなった。
なっしゃん「もーヤダヤダ。早く捨てちゃお。」
なっしゃんは窓からファービーベイビーを放り投げた。
それを(6302-9999)は見ていた。
(6302-9999)「なっしゃん、何投げたんだろう……」
(6302-9999)は気になって仕方なかったので外に出て見に行く事にした。
「あ……」
(6302-9999)はファービーベイビーを発見した。

653 ::03/02/10 00:53 ID:xbp02AjS
「ファービーベイビー…何で投げたんだろ…こんなに可愛いのに……」
(6302-9999)はファービーベイビーを抱きしめ、家に戻った。
なっしゃんはネットで遊ぼうとしていたが、ちょっと気になって窓から外を見た。
「あれ!!!???」
ファービーベイビーが消えていた。
「えっ、だってまだ、5分も経ってないのにっ……」
なっしゃんは驚いた。
「まさか、オレを殺すために動き出したんじゃ…今、ドアの外に居たりして!!!」
なっしゃんは部屋から出るのが怖くなった。
「そ、そーだ、携帯……」 家の電話へかけてみる。誰も出ない。
「くそっ、誰もいなかったっけ?」
「どーしよう…部屋から出られない……」
……と、そう思った時………
ピンポ〜ン。。
「誰か来た!!」 急いで出たかったが、怖くて出られない。
玄関の外にいたのは(6302-9999)だった。
(6302-9999)「なっしゃん……確かに居るはずなのに……」
なっしゃん「出たいよぉ、出たいよぉ。でも怖い(泣」
(6302-9999)はもう一度インターホンを押してみた。
なっしゃん「あ、そーだ。オレの部屋の下は玄関だったんだ。」
なっしゃんは急いで部屋の窓を開けて下を見た。
(6302-9999)「仕方ない、帰ろ……」
(6302-9999)がそう思った時・・・
なっしゃん「待った!!」
(6302-9999)「??」 声のする方を見ると……
(6302-9999)「あっ…!!」
なっしゃん「(6302-9999)だろ!?ちょっと、ちょっと。」
(6302-9999)「居たの?」
なっしゃん「うん、手が離せなくて……」
(6302-9999)「そう。あのね、さっきこれ投げたでしょ?どうしてかなと思って…」
なっしゃん「そ、それ…!!!」

654 :やぷー ◆p1lPe6tSdk :03/02/10 01:41 ID:qyHyA8bf
ファービーベイビー可哀想。。。
人形は大切にしなきゃ駄目だぞゴルァ〜!
(塘D刀j

655 ::03/02/10 01:56 ID:???
>>654
ですよね。。(ニヤリ

656 :コロッケ:03/02/10 02:26 ID:Cf6LPn2R
ニヤリが気になる

657 ::03/02/10 19:38 ID:Pbmd5onU
>>656
悪い人形はお仕置きをしないと。。(ニヤ

658 ::03/02/10 19:39 ID:Pbmd5onU
(6302-9999)「ファービーベイビー……」
なっしゃん「気持ち悪いから捨てたんだ。お前が拾ったのか。」
(6302-9999)「うん。何で気持ち悪いの?」
なっしゃん「話すから家に入って。」
(6302-9999)「(え…なっしゃんの家に……(ドキドキ)」
なっしゃん「その人形はどっかに捨てといて。」
(6302-9999)「うん……」
(6302-9999)は、ファービーベイビーを玄関の前に置いたままなっしゃんの家に入った。
なっしゃん「誰も居ないけどー…」
(6302-9999)「えっ……(ドキドキドキドキドキ)」
なっしゃん「何?」
(6302-9999)「え、でも、私………(ドキドキ」
なっしゃん「だから遠慮しなくていいんだってば。」
(6302-9999)「う、うん……」
(6302-9999)はドキドキしながらなっしゃんの部屋へ入った。
なっしゃん「その辺に座って。」
(6302-9999)「うん……(なっしゃんの部屋だぁ…)」
なっしゃん「あのファービーベイビーさ…さっき拾ったんだ。」
(6302-9999)「拾った物なの?」
なっしゃん「何となく持ってきた…」
(6302-9999)「誰かの忘れ物じゃ?」
なっしゃん「さぁ……(汗」
(6302-9999)「で、何で捨てたの?」
なっしゃん「喋るはずのない言葉を言ったから……」
(6302-9999)「どんな?」

659 ::03/02/10 19:40 ID:Pbmd5onU
なっしゃん「なっしゃんコロス…とか……」
(6302-9999)「えぇ?信じられない。」
なっしゃん「まぁ、信じられなくて当然だよ。」
(6302-9999)「もう……動かないよね………」
なっしゃん「あれだけ叩きつけたんだから、無理だと思う。」
(6302-9999)「ちょっと持ってくる。」
なっしゃん「ドコに置いてんの!?」
(6302-9999)「玄関の所…」
なっしゃん「ゲ。そんな場所に………」
(6302-9999)「ごめんなさい…。」
なっしゃん「じゃ、見に行ってみるか。」
(6302-9999)となっしゃんは玄関の前まで行った。

660 :(6302-9999) ◆6302JeKTYM :03/02/10 19:56 ID:???
(*´Д`)ハァハァ

661 :やぷー ◆p1lPe6tSdk :03/02/11 15:33 ID:???
幻さん。。。
コロス、壊すなどの破壊的な文字が目立ちますねw

あなたの「血の採取が趣味」ってのは、マジで怖いから
手遅れになる前にやめておいた方がいいと思いマツ。。。


662 :やぷー ◆p1lPe6tSdk :03/02/11 21:38 ID:???
ごめんなさい。
いま見直したら上のレスは荒らしみたいで感じ悪かったかも・・・。
変な意味は無かったんだけど。

気にせず物語を書いていって下さい〜。


663 ::03/02/12 20:12 ID:???
>>660
ハァハ。。

>>661
ま、本気じゃないで。。から。。(ニヤリ

664 :おやしお:03/02/13 19:26 ID:???
幻さん、私を物語に登場していただけませんでしょうか?

年齢:不明
性別:男
性格:消極的で、吉野家好き。口癖は「さいで」

どうぞ、検討のほどよろしくお願いします。


665 :なま ◆2zvXfrzglE :03/02/13 20:08 ID:???
どーも、お久しぶりです…。
いや…いろいろあって…。
それにしても、幻さん。お元気そうでなによりです。
ではでは…。アヒャ!

666 :山崎渉:03/02/13 21:04 ID:???

----------------------------------------------------------------
                                      山発第250号
                                   平成15年2月13日
 2ちゃんねる
 関係者各位
                               山崎渉実行委員会
                                 実行委員長 山崎渉

             【(^^)山崎渉再開のお知らせ(^^)】

  拝啓 余寒の候、毎々格別のご厚情を賜り、まことに有り難うございます。
平素は山崎渉をひとかたならぬご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
  さて、早速ではございますが、先日サービスを終了させていただきました
山崎渉を皆様からのご声援とご要望にお応えして、再びサービスを再開する
運びとなりましたのでお知らせいたします。
  つきましては、関係者の皆様には既に山崎渉の使用をお止めになった
方もいらっしゃると思いますので、この機会に再度ご使用いただけますよう
お願い申し上げます。

  これからも何卒変わらぬご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。(^^)

                                           敬具
----------------------------------------------------------------

667 ::03/02/14 01:25 ID:3GFXYAXS
>>664
さいで。。って。。どういう意味ですか。。?

>>665
オヒサシブリで。。!!
お元気そうで何よりで。。(涙

668 :おやしお:03/02/14 19:22 ID:Az+HCGlY
>>667
すみません。説明不足でした。
「さいで」は「そうですか」を興味なさそうに言ったものです。

669 ::03/02/14 19:23 ID:+4yjEoHX
>>668
あぁ、なるほ。。わかりました。。

670 :RON ◆lXRON0e2sY :03/02/14 21:34 ID:31wUTgAx
とりあえずざーっと読んでみました。。

年齢20
性別男
性格 誠実そうに見えるが実は全部ネタかもしれない奴

でお願いします。拷問OKです。

671 :なま ◆2zvXfrzglE :03/02/14 21:39 ID:Az+HCGlY
>>667
幻さんの小説は好きなんでこれからも頑張ってください…。
アヒャ!!

672 ::03/02/14 22:08 ID:+4yjEoHX
>>670
はい。。(ニヤニヤ

>>671
有難うございます。。(涙
また久々に。。(ニヤリ

673 :RON ◆lXRON0e2sY :03/02/14 22:12 ID:???
>>672
ドキドキだぁー・・・。w

674 ::03/02/14 22:23 ID:+4yjEoHX
>>673
あ、ついでに、悪役と普通の役とどっちがいいで。。?

675 :RON ◆lXRON0e2sY :03/02/14 22:26 ID:???
>>674
どっちの方がおいしいんだろ??w

最初はいい奴で途中からすごい悪役になるってのはどう?

676 ::03/02/14 22:30 ID:???
>>675
はい。。じゃあ。。(ニヤ

677 ::03/02/14 23:46 ID:+4yjEoHX
(6302-9999)「ここに…あれ、ない……」
なっしゃん「怖い事言うなよ!!!」
(6302-9999)「だ、だってないんだもん…(涙」
なっしゃん「誰かが持ってったのかも……」
(6302-9999)「私、帰るね………」
なっしゃん「ちょっ、ちょっと待って……」
(6302-9999)「?」
なっしゃん「もう少し…一緒に……」
(6302-9999)「なっしゃん……(ドキドキ」
なっしゃん「じゃあ部屋に…うわっ!!!!!!」
なっしゃんが部屋に戻ろうと後ろを向いた時・・・
(6302-9999)「キャァァァァ!!!!」
なっしゃん「こ、こいつ……!!!!!」
目の前には、玄関の前に置いたはずのファービーベイビーがあった。
(6302-9999)「どーゆー事!?」
なっしゃん「きっと、家の誰かが帰ってきて…それでこれを家の中に…」
(6302-9999)「誰も帰ってきてないよ……(汗」
なっしゃん「……………………」
確かに、誰かが帰ってきた気配などどこにもなかった。
なっしゃん「気味悪いなぁ……」
(6302-9999)「イヤナヨカン………」
なっしゃん「(6302-9999)、ちょっとこの人形どけてくれない?」
(6302-9999)「怖いよ…」
なっしゃん「こんな人形が…こ、怖い…のか?」
(6302-9999)「動くかも。」
なっしゃん「床にたたきつけたうえ、窓から放り投げたんだぞ。動くはず…」
(6302-9999)「動いてる……」
なっしゃん「え?」

678 ::03/02/14 23:47 ID:+4yjEoHX
ファービーベイビーが動いていた。
(6302-9999)「しっ、しかも歩いてるぅぅぅ!!!!!」
なっしゃん「こんな事、ありえない!!絶対!!!(泣」
(6302-9999)「いやぁぁぁぁ!!!!!!!」
(6302-9999)は外へ飛び出そうとした。しかし、ドアが開かなかった。
なっしゃん「早く!!早く開けろ!!!」
(6302-9999)「だって、開かないんだもん!!(泣」
なっしゃん「仕方ない、オレの部屋まで走ろう!!!」
(6302-9999)となっしゃんは、なっしゃんの部屋まで走った。そしてドアを素早く閉めた。
なっしゃん「はぁはぁはぁ……」
(6302-9999)「ドックンドックンドックン」
なっしゃん「何あれ……」
(6302-9999)「きっと見間違い……」
すると、ドアの向こうから機械音が聞こえてきた。
なっしゃん「まさか、追って来た………!!!?」
(6302-9999)「。。。。。。(号泣」
なっしゃん「何か言ってる……」
ベイビー「な……しゃ………コロ…………」
なっしゃん「オレの事殺すって…(怖」
(6302-9999)「なんでぇぇ……」
なっしゃん「オレがからかったからだと思うけど。」
(6302-9999)「でも、あんな人形、なっしゃんなら余裕で倒せるんじゃない?」
なっしゃん「バカ!!チャイルド・プレイ見た事ないのか?」
(6302-9999)「知らない……」
なっしゃん「そ……。とにかくどうにかしないと!!」
(6302-9999)「携帯、携帯!!」
なっしゃん「あ、そーだ!!」
なっしゃんは咄嗟にころちゅ先生へ電話をかけた。

679 ::03/02/14 23:47 ID:+4yjEoHX
ころちゅ「もしもし。。只今入浴中で。。」
なっしゃん「先生、それどころじゃないよ!!」
ころちゅ「何が。。?」
なっしゃん「俺達殺されるよ!!!」
ころちゅ「殺されるって。。誰に。。!?」
なっしゃん「ファービーベイビーに」
ころちゅ「ファービ。。?あはははは。。」
なっしゃん「本当だってば!!!」
ころちゅ「そう言われてもねぇ。。」
なっしゃん「オレの事殺すって言って、部屋まで追ってきたんだ。」
ころちゅ「ん。。?それ、何かに似て。。あっ!!(ニヤリ」
なっしゃん「?」
ころちゅ「チャッキー。。。(ニヤリ」
なっしゃん「そう、それ!!」
ころちゅ「じゃ、今すぐ行きま。。ハァハァ」
なっしゃん「急いで来て下さい!!!」
(6302-9999)「誰にかけたの?」
なっしゃん「学校の先生。すぐ来てくれるって。」
(6302-9999)「良い先生だね。」
なっしゃん「いや、興味があるから来るだけだと思う。」
ドアがゴトゴトと鳴った。
(6302-9999)「!!?」
なっしゃん「ファービーが開けようとしてるのかも!!」
(6302-9999)「コワイヨーーーーー」
・・・と、その時・・・
「ごめんくださ。。!!!」 玄関から声が聞こえた。
なっしゃん「ころちゅ先生だ!!」
(6302-9999)「助かったぁ〜」

680 ::03/02/14 23:48 ID:+4yjEoHX
ころちゅ「あがらせていただきま。。。」
ふと階段を見た時、ころちゅ先生はゾッとした。
ころちゅ「人形が。。歩いてる。。」
ベイビー「君の事ダイスキ☆」
ころちゅ「ファービーベイビー。。じゃん。。へぇ。。歩くファービーも出てたのか。。」
なっしゃん「ころちゅ先生!?その人形、油断したら…」
ころちゅ「え。。。?」 ころちゅはもう人形を抱えていた。
ベイビー「コロ。。ス。。」
ころちゅ「い、今なんて。。?ハァハァ。。」
突然、ファービーベイビーはころちゅに噛みついた。
ころちゅ「う、うわぁぁぁぁ」
なっしゃん「先生!?」
(6302-9999)「ドア開けて!!!」
(6302-9999)となっしゃんは部屋から飛び出して、ころちゅの元へ行った。
なっしゃん「先生、大丈夫!?」
ころちゅ「血が。。出た。。。」
なっしゃん「先生、ごめん……」
ころちゅ「いえいえ。。大丈夫で。。」
(6302-9999)「早く殺して下さい!!!」
ベイビー「シネ…コロ…ス……」
ころちゅ「それはダメで。。(ニヤリ」
なっしゃん「そいつをどうすんの?」
ころちゅ「幻さんとおもちゃにして遊ぶんで。。“チャッキー2号”として。。(ニヤニヤ」
なっしゃん「ふ、ふーん……」

681 ::03/02/14 23:48 ID:+4yjEoHX
ころちゅ「それじゃ。。」
なっしゃん「それ…じゃ……」
ベイビー「はなせ…お前…ころす……」
ころちゅ「私の名前はころちゅで。。。」
ころちゅはファービーベイビーをしっかりと抱えたまま、家へ帰った。
(6302-9999)「行っちゃった…ね……」
なっしゃん「うん…何だったんだろう……」
(6302-9999)「さぁ……」

682 :(´ん` )6302 ◆KINGmcu0OA :03/02/15 16:50 ID:???
何者。。。殺したる。。(@皿@#)

239 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)