5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

徴兵制を夢見る小林よしのり

1 :土井 たか子:2001/05/05(土) 16:51 ID:TBsHhPMI
小林よしのりの狙う日本軍国主義復活を阻止しましょう。

119 :名無しかましてよかですか?:2001/07/28(土) 11:30 ID:kNwZU996
コヴァなんて、現状でも使えないクズ人間だから、
仮に徴兵制になっても軍属あつかいで後方支援専門だろ?

だから気楽に「徴兵賛成!」とかいってるんだね(藁

120 :名無しかましてよかですか?:2001/07/28(土) 12:15 ID:1MOMfetk
コヴァだって役に立つぞ!
人間の盾ってのは、その辺の防弾チョッキより
防御能力が高いらしいし。

121 :名無しかましてよかですか?:2001/07/28(土) 14:11 ID:lR4F9nkI
>>114
シエラ・レオネでは

ドキュン反政府軍20000人
 VS
イギリス軍落下傘部隊500人

でイギリス軍が勝ったね。

122 :名無しかましてよかですか?:2001/07/28(土) 14:17 ID:lR4F9nkI
>徴兵制の軍隊の方が強くなるに決まってる。
>志願兵はどこの国でも屑ばかり集まるそうだし。

逆。徴兵制の部隊は士気も練度も低いから、戦力にならない。現代戦では。
むしろ志願制のエリート部隊の方が圧倒的に強い。
現代の戦闘は兵器も装備も高度化してるから、練度の高い専門職には勝てない。

123 :レボリューション21:2001/07/28(土) 14:19 ID:OpkatI5s
見てもいないくせに(w

124 :名無しかましてよかですか?:2001/07/28(土) 14:28 ID:1MOMfetk
>>121 まあ、ああいった所は軍隊というより、武器を持っている集まり
 ですから。
>>122 北朝鮮とかは士気が強いように思われる。ただし、イラクなんか
 では徴兵の多くはすぐに降伏しました。

125 :名無しかましてよかですか?:2001/07/28(土) 15:03 ID:vLPPEunY
>>124
>北朝鮮とかは士気が強いように思われる。

北朝鮮は燃料不足による訓練回数の激減と、食糧不足のせいで
士気は低下しっぱなしだという話だけど。それから、余計なこ
とかもしれないけど、士気は高かったり低かったりはしますが、
強かったり弱かったりはしませんよ。

126 :右翼学者:2001/07/28(土) 17:28 ID:.4wrRnQU
徴兵制のほうが軍隊が強くなるというデマは一体どこの馬鹿が流してるんだ?

127 :名無しかましてよかですか?:2001/07/28(土) 20:24 ID:rkCrrx.k
例えば>>118のような下衆は、映画「フルメタルジャケット」(だったと思うが)
よろしく自分の気に食わない奴(所謂サヨクとか)が地獄のシゴキで
事実上廃人になる様を、自分は安全圏から眺めて楽しみたいのだろう。
賛成している自分達にはお目こぼしがあるものと信じきってるらしいが…。

128 :名無しかましてよかですか?:2001/07/28(土) 20:29 ID:j3Sxaxp2
おい、右翼学者よ。
徴兵制のもとで大多数の者が訓練されるわけだから
集団戦では強くなるのが道理じゃないのか?

右翼のふりはもうやめたらどうか?

129 :名無しかましてよかですか?:2001/07/28(土) 20:37 ID:lR4F9nkI
コヴァは独自に軍隊を組織して、竹島でも奇襲攻撃したら?
お国のためにやってくれよ(藁

130 :名無しかましてよかですか?:2001/07/28(土) 20:44 ID:j3Sxaxp2
>129
いや、まずお前を攻撃した方が国益のためであるな。

131 :名無しかましてよかですか?:2001/07/28(土) 21:55 ID:XHXxQuNI
小林よしりんも「ネオ盾の会」を作ればいいのに
みんな、入るはずだよ。コヴァだけは。

132 :名無しかましてよかですか?:2001/07/28(土) 22:07 ID:rkCrrx.k
ムリムリ、イザという時に自分の腹切る勇気(匹夫の勇だけど)なんか
あるわけないもの。
あ、その時の為にアシ飼ってるんだっけ。

133 :死んでいる兵隊:2001/07/28(土) 23:18 ID:WYO5T0rs
>>126
デマどころか大概の本に書いてある定説ではないでしょうか。
最近では、CATVの「ヒストリーチャンネル:戦争と兵器」だったと思いますが、
ナポレオンは徴兵制の導入により近代戦の時代を拓いたとのコメントがありました。
その他にもいろいろ証拠あり。
志願兵による軍隊は弱い。
精強な軍隊を構築するために徴兵制は必要という議論は根拠がありますよ。

134 :名無しかましてよかですか?:2001/07/28(土) 23:22 ID:JKLn3S2g
軍隊を強くしたかったら戦争する以外方法はない。
ここにいる強い軍隊がほしいなぁと思っている人間はせいぜい北朝鮮でも
煽っていなさい。(無責任な事を書いてしまった)

135 :名無しかましてよかですか?:2001/07/28(土) 23:25 ID:lR4F9nkI
>>133
19世紀以前の話してたのぉ(゚Д゚)ハァ?

136 :死んでいる兵隊:2001/07/29(日) 00:06 ID:v2cEdLrs
>>135
志願兵制は、志願してくる人が特定の階層、身分に偏りがちという点で
19世紀も21世紀も差がありません。
軍隊の国軍としての存在基盤は徴兵制のもとではじめて存在しうるものであり、
ナポレオンはそれを発見した人といえましょう。
憲法9条云々の議論がありますが、自閉隊はこの意味で軍隊といえる組織
ではありません。

137 :蒼い夜:2001/07/29(日) 00:12 ID:AG/9cg66
え、それならアメリカ軍も軍隊じゃないのね。

138 :死んでいる兵隊:2001/07/29(日) 00:32 ID:v2cEdLrs
アメリカは、ただいま現在は徴兵制を停止している状態と考えるべきで、日本とは
事情が異なります。米軍は国軍ととしての存在基盤を十分持っています。
もっとも徴兵制だった時代に比べ、兵士の質はずいぶん低下してきているようですが。

139 :名無しかましてよかですか?:2001/07/29(日) 05:20 ID:qiIgXkQQ
それは違う。
十九世紀はそうかもしれないが、
現在の場合、
軍隊の装備の高度化、複雑化だけでなく、
将校の兵隊の運用にたいする研究が進み、
二年や三年でそれをこなすことができないのだ。

まあ、例えば、ヘリコプターや航空機の運用、
射撃の腕、
近接戦における練習、
潜水艦の運用、
そして、将校の兵法理論、
どれも一朝一夕でできるものではない。

志願の場合
特定な層に偏ると言う指摘であるが、
それよりも、上記の技術は経験量が大きい。

また、ナポレオンの徴兵制は
ナショナリズムと言う風が
前提にあることに気付かなくてはならない。
昔の日本兵が強かったのは
強固なナショナリズムによって突き動かされていたからだ。
今ではその風はないことに気付くだろう。
逆に、現在の日本ではその風に逆行している。
そんなん徴兵してもへたれで使い物にならない。

140 :名無しかましてよかですか?:2001/07/29(日) 05:25 ID:qiIgXkQQ
また、日本の場合、
ナショナリズムで統制された軍隊が、
時に、攻撃的すぎて、
戦略的撤退を敢行できず、
無駄に戦力を消費したということもある。

ナショナリズムで統制された軍隊は強いが、
戦争に無知であるというよい例である。

141 :名無しかましてよかですか?:2001/07/29(日) 05:27 ID:qiIgXkQQ
引用になるが、
121の事実について、
徴兵制はどう答えるのか聞いてみたいものだ。

142 :死んでいる兵隊:2001/07/29(日) 09:40 ID:v2cEdLrs
>>141
121の事例は 志願制>徴兵制 の証左にはなりません。徴兵制>志願制が必ずしも
正ならずくらいにはなるかもしれませんが。
>>140
必ずしも 士気の高さ=軍隊の強さ 軍隊の強さ=軍事的勝利 にはならないと言うことですね。
しかし同様のインフラを持つ軍隊であれば 士気の高さ=軍隊の強さ であり
国家意識=士気の高さ であり 国家意識は徴兵制度を受け入れるか否かにより
軍隊の強さは判断されるべきものではないでしょうか。
また日本軍が(必ずしも弱体でない局面でも)負けたのは戦争(戦闘)の目的性が途中から
訳の分からないものになっていったのも一つの原因だと思います

143 :レボリューション21:2001/07/29(日) 21:25 ID:RcPDgKGA
その前に白兵戦のアナログ思考を改めたらどうなの。
日本の地勢的側面も考慮に入れてね。

144 :名無しかましてよかですか?:2001/07/29(日) 21:42 ID:u0NdUcfA
小林よしのりって人が言ってることなんて
はじめから気にしない方がいいんじゃない?
漫画家ってのをバックに好き勝手にメチャクチャ
やってるだけの人なんじゃない?

145 :名無しかましてよかですか?:2001/07/29(日) 23:01 ID:9tXo1H.2
徴兵制と志願制って経済的にどれだけ差がでてくるのかな。

私なんか最低限今の仕事レベルの収入と、除隊後の復帰の
保証をしてくれない限り、士気が下がりっぱなしになるんだけど。

146 :ちょっと一言よろしいかしら:2001/07/29(日) 23:09 ID:5HAkhR.E
日本は永世中立国にして、徴兵すべきです!いつまでも、アメリカの犬で、沖縄をレイプさせつずけるわけにはいかないですよ!思いやり予算を他の景気対策に回して、不況対策、徴兵でどうでしょう?

147 :レボリューション21:2001/07/29(日) 23:12 ID:lqlIP7tA
対米貿易額をご確認ください。

148 :右翼学者:2001/07/29(日) 23:24 ID:sqQ46AyQ
>>128

日本軍が一体どこで集団戦をするのか良く考えてみろ。
というか集団戦ってなんだ。

>>133

21世紀の戦争の役に立つかどうかを問うているんだ。

149 :名無しかましてよかですか?:2001/07/30(月) 00:08 ID:s44FEWug
思いやり予算と徴兵と、どちらが予算的に無駄かじゃないですか?
徴兵で在日アメリカ軍並の戦力になるんでしょうか?

150 :128:2001/07/30(月) 03:00 ID:KHUn98bE
>148
軍隊と軍隊がぶつかり合う。これが集団戦。
そうじゃないのかね?
集団として強くなければ意味ねえじゃん。
圧倒的な高性能な戦闘機1機と中国軍のぼろい戦闘機100機では
どっちが勝つかは明白じゃろうが。
 パイロットの数でも勝敗は決まるし、パイロットになるのには
やはり年月はかかる。
 装備だけの問題じゃねえんだよ。戦争はよ。
あんた、だけん知識つまりすぎの馬鹿なんだよ。
わかる?

151 :128:2001/07/30(月) 03:04 ID:KHUn98bE
おれはちなみにJJだ。
馬鹿は言い過ぎだったな。あやまるぜ。
>右翼学者。

152 :右翼学者:2001/07/30(月) 15:42 ID:mShePy86
JJよ、アホなのもいい加減にせよ。

貴様を徴兵で引っ張ってきて、
3ヶ月や半年で戦闘機を操縦できるというんだな?

操縦できたとしてもそんなど素人なんかミサイル一発喰らって死ぬだけだ。
第一まともにパイロットを養成するには億単位で金がかかるんだぞ?

パイロットは徴兵制で養成できないだろ?(笑)

153 :死んでいる兵隊:2001/07/30(月) 21:43 ID:gD3MVL.6
ふつうに考えていただきたいのですが、
ある土地を占拠して支配する意図が争われる場合は、必ず地上戦が行われます。
地上戦では一定の比率の将校と兵卒が必要です。将校のみでは地上戦はできない。
また、現在の自衛隊は他の国の軍隊に比べ将校の比率がかなり高い。このことの
意味は、よく考える必要があります。将来的に徴兵制が必要になることは防衛庁も
よく認識しているものと思います。

154 :名無しかましてよかですか?:2001/07/30(月) 21:54 ID:nc3oOL9U
>>153
ああ、わかったわかった。
さっさと自衛隊に志願…じゃないな、どっか徴兵制のある国に
帰化してご高説を存分に証明してきてチョウダイな。
言っとくけど徴兵されたらPCの前でぬくぬくと妄想コイてる
時間なんか全くもらえないからね。

155 :名無しかましてよかですか?:2001/07/30(月) 21:54 ID:FU8DXrVQ
>>152
プロペラ機の戦闘機でも大量に採用するってことじゃない?
それでも結構大変そうだけど。

156 :ゆけゆけ公明党:2001/07/30(月) 22:00 ID:thezcssc

犬死衛兵倶楽部へようこそ!

157 :右翼学者:2001/07/30(月) 23:12 ID:eArpZIag
>>153

日本で大規模な地上戦が発生するには、
制空権と制海権をまず失う必要があります。
在日米軍と日本軍から、制空権と制海権を奪うことができる軍隊を挙げてください。

小規模なゲリラ戦には、特殊部隊で対抗すべきで、
徴兵制で数だけそろえた素人が幾ら多くても損害が増えるだけです。

158 :右翼学者:2001/07/30(月) 23:16 ID:eArpZIag
結論:日本に徴兵制は不要です。

反対する奴は過去ログを読めない馬鹿です。

159 :名無しかましてよかですか?:2001/07/31(火) 00:31 ID:gqm1mo1g
 >>158
空自のレーダサイトとAAGPなどが防空体制に移行するのでほとんど無理だが万が一上陸されそうになれば
FI要撃戦闘機が出動するし上陸が予定される地点には航空科のATH
H(MSCA)を派遣して対人地雷を散布するはず
自衛隊には特殊部隊は存在しないよ
しかし、GF活動には対GFを持って対処するはず
もっとも、AEWG活動で上陸地点が分かればそれが一番良いはずだな?

しかしながら自衛隊には予備がいない駐屯地の警備は有事の際にはSta司令から
GSVC長に移行するが残留人員だけでは絶対に足りなくなるのだがその点は心配
その点はどう考えているのか?

160 :右翼学者:2001/07/31(火) 00:39 ID:c47Q8a0E
>>159
>自衛隊には特殊部隊は存在しないよ

問題点の一つだよな。
しかしこれは徴兵制を導入すれば解決する問題じゃない。

>自衛隊には予備がいない
即応予備自衛官制度があるのではなかったか?

どちらにせよ現役も予備も全部使い切るような陸上戦は、
発生しないと考えるのが普通だろう。

161 :名無しかましてよかですか?:2001/07/31(火) 00:51 ID:gqm1mo1g
 即応予備は(軽)普通科連隊配属なの
つまり即応予備は駐屯地警備には回されないので予備自衛官が警備になる
GF活動には人海戦術で包囲殲滅が一番早いしかし、ただ人がいれば良いのではなくて各個戦闘画できるくらいの錬度を持った人
>役も予備も全部使い切るような陸上戦は、
発生しないと考えるのが普通だろう。
6割負傷すれば通常は全滅扱い(再編制という方法があるが)

162 :右翼学者:2001/07/31(火) 00:59 ID:c47Q8a0E
>>161
>各個戦闘画できるくらいの錬度を持った人
徴兵制が役に立たない、
という事だな。

あと日本軍が6割損害を受けるような戦いが、
発生するような可能性なんてほとんど無いと思うが。

ところでキミは何が言いたいんだ?
1)日本軍には徴兵制が必要
2)日本軍には徴兵制が不要
3)お前軍事に詳しそうなこと言ってて、
AAGPとかGF活動とかAEWG活動とか何のことかわかんねーだろ。

163 :名無しかましてよかですか?:2001/07/31(火) 09:25 ID:axkuN1LQ
>>159
 AAGPは基本的に365−24で防空体制を維持しているが、1個中隊のミサイルを使い切ることはないが
もっとも、ECMにはECCMで対抗
H(MSCA)対戦車地雷地雷(アンチベータ)をちょっと改造すれば立派な対人地雷の出来上り

>6割負傷すれば通常は全滅扱い(再編制という方法があるが)
もっとも、負傷しなくても弾薬、食料が無ければ闘えないのである意味戦力の大幅減により部隊活動不能
後方支援連隊補給大隊弾薬中隊の保持弾薬を使いきることはその状況により異なる
師団交付所に無ければ方面交付所まで(弾薬支処)まで受領することになると各部隊の自隊輸送能力にも
限界があるから無意味にTeanを活用しても活動(燃料 般命)の限界を考えないと非効率になってしまう 

164 :名無しかましてよかですか?:2001/08/05(日) 12:10 ID:g9ZLuY6w
 再編制をしようにも予備役がないとSta警備にも困るぞ
もともとiは大隊規模しかないのに特科連隊みたく 中隊―連隊みたくなるのが
大問題でなんでもかんでも米軍の真似をすればいいという話ではなかった

165 :666:2001/08/05(日) 12:33 ID:JHB4iKXE
机上の空論に酔いしれてねえで身体鍛えろヴォケ。自衛隊入れ。
結局戦うのは兵士だろが。

166 :名無しかましてよかですか?:2001/08/05(日) 13:09 ID:g9ZLuY6w
 俺は現職だ
ちなみに施設科で補給係 S−4で部隊補給       
                   以上

167 :名無しかましてよかですか?:2001/08/05(日) 13:51 ID:Vgsn/sn.
最近きたけど右翼学者とレボリョーション21はお互いいいこというね。
前者の方が好きだけど。

168 :名無しかましてよかですか?:2001/08/05(日) 14:00 ID:Vgsn/sn.
あ、このスレでは似たようなもんか

44 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)